長崎県雲仙市の「橘神社」に安産祈願についてインタビュー!

この記事でご紹介するのは、長崎県雲仙市にある「橘神社」さんです。

橘神社さんが祀っている神様・橘中佐は、安産祈願の神としても知られているため、安産を祈って多くの参拝者が橘神社さんに訪れています。

今回は橘神社の権禰宜である橘豊美さんに、神社の見どころや安産祈願の方法などについてお伺いしました。

新しい命を宿した方や、新しい命を迎えることを考えている方は、ぜひ記事を読んでみてくださいね。

橘神社について

長崎県雲仙市にある「橘神社」の大門松と橘中佐像

インタビュアー

どのような神社か教えてください。

橘さん

昭和15年に軍神・橘周太命(通称:橘中佐)をお祀りするため、長崎県社として創建された神社です。

橘中佐は27歳という若さで東宮侍従武官(大正天皇の教育係)に抜擢され、名古屋陸軍幼年学校校長などを歴任しました。

慈愛に満ちた教育と克己心の重要性を説いた教育を行った、人徳に優れた人物として知られています。

インタビュアー

橘中佐は、明治時代に活躍した軍人ですよね。

日露戦争が起きて橘中佐が大隊長に任ぜられると、部下たちの幕舎から歓声が上がったという逸話も残っています。

当時から今日まで、多くの人に慕われ続けている方ということがよくわかります。

橘中佐像や元祖大門松が見どころ

長崎県雲仙市にある「橘神社」の花手水・夏

インタビュアー

橘神社を訪れた際の見どころはどこでしょうか?

橘さん

年間を通じての見どころとしては、やはり橘中佐像でしょうか。長崎平和祈念像で知られる彫刻家・北村西望氏作が手掛けたものです。

季節限定のものとしては、12月末~1月に飾る元祖大門松があげられます。世界一の大門松として初めてギネスに登録され、その大きさは13~14mほどです。

また、800本ある桜が咲き誇る中で行われる花祭りと、松明武者行列の観櫻火宴もぜひご覧になっていただきたいですね。

桜以外の花木も見どころでして、去年には手水の柄杓を撤去した代わりにひまわりや色とりどりの花を浮かべた花手水を用意しました。

そして、神事や行事なども通年行っています。とくに、大寒の日に清流千々石川で行われる「大寒禊」は見ごたえ充分だと思いますよ。

インタビュアー

ギネス記録の大門松の飾りや桜並木など、季節ごとの魅力がたくさんあるのですね。

「花手水」というかたちで華やかに彩るところに、神社として神様や参拝者への温かなお気遣いを感じます!

橘神社の安産祈願の内容について

長崎県雲仙市にある「橘神社」の絵馬

インタビュアー

安産祈願の神様としての由来を教えてください。

橘さん

軍神というと戦いのイメージが強いかもしれませんが、橘中佐は国の御盾になった国家鎮護・御国護りの幸せの神様です。

人がいて国が成り立ち、国があって人の生活が成り立っているということは、国と家族は強いつながりがあるということです。共存共栄の関係といえるでしょう。

国を支える家族に新しい命が宿り、無事に生まれてくることは御祭神にとっても喜ばしいことなのです。

人間の力では及ばない神の領域でもある出産が無事にすみますようにと、国家鎮護の神様に安産の御祈願をすることは自然なことと言えます。

インタビュアー

そのような由縁があって、軍神である橘中佐が安産祈願の神様として親しまれているのですね。

国を護った英雄に、国に宿るあたらしい命と母体を護っていただく。

そう思いながら参拝をすれば、大きな存在に守られたようで安心すると感じる方も、きっと少なくないとおもいます。

ちなみに安産祈願の御利益を得たい場合は、何をすれば良いでしょうか?

橘さん

安産祈願に限らず、神社に祈願やお参りされる際は神様に失礼のないようにしましょう。

参道の端を歩き手水で清め、二礼二拍手一礼の作法で静かに祈ります。

当社でしたら、ご住所やお名前などを奏上しますので安産祈願を受けることもよいと思います。

インタビュアー

神社への参拝の際の、基本的なマナーですよね。

マナーは「人相手のもの」というイメージがありますが、お願いごとをするのですから、神様を敬う気持ちを大切にしたいところですね。

奏上は、神様に加護や利益をいただこうとお願いをすることですよね。

ご住所やお名前などを伝えることによって、よりご神様との絆を深められそうです!

安産祈願は妊娠五ヶ月目の戌の日に行うのが適切

長崎県雲仙市にある「橘神社」での祈祷

インタビュアー

安産祈願はいつ行うのが適切でしょうか?

橘さん

妊娠五ヶ月目の戌の日に行うことがよいとされています。犬はお産が軽いから(安産だから)です。

また、妊娠安定期に入るからです。現代の医学で証明された妊娠安定期を、日本の昔の人は感覚でわかっていたのですね。すごいと思います。

必ずしも五ヶ月目の戌の日でなければならないということではなく、妊婦さんの体調やご家族のご都合に合わせて受けていただくことも一般的になっています。

インタビュアー

妊娠5ヶ月目の戌の日に祈願を受けるのが、昔ながらの慣習なのですね。

一方、適切なタイミングを重視して、妊婦さんが体調を崩してしまったら本末転倒です。

参拝者の方には、体調と相談しつつお参りに伺ってほしいですね。

初穂料は5000円からのお志を

インタビュアー

安産祈願の初穂料について教えてください。

橘さん

5,000円からのお志をお願いしております。

インタビュアー

初穂料とは、行事の際にお納めする謝礼のことですよね。

神様にお納めすることになるので、お札をはだかで渡すのではなく、きちんとのし袋に包んでお渡しするように気をつけたいです。

ちなみにパートナーや友人のために参拝してもご利益を授かれますか?

橘さん

大切な方を思って、ご自分が崇敬して、お祈りして気持ちがいいと感じられる神様に参拝することは、古くから誰もがしていることではないでしょうか。

ご利益が授かれるかどうかより、心の底から湧き出るお気持ちを神様にお伝えください。ぜひ崇敬する神社へお参りください。

インタビュアー

おっしゃる通り、大切な人の幸せを願うことは、読者の方も常日ごろから行っていると思います。

普段から感じている気持ちを神様に聴いてもらう、という姿勢が大切なのだと感じました。

無事出産が終わったらお礼参りに行こう!

インタビュアー

無事に出産が終わった後、お礼参りは行った方が良いですか?

橘さん

初宮詣の御祈願を受けることで、無事に生まれたことのお礼ができます。つまり感謝とご紹介をこめた報告ができますので、ご祈願を受けるのがよいと思います。

受けられない場合でも必ずお礼参りには行きましょう。

当社の場合は、安産祈願を受けられた多くの方はお宮参りに来てくださいます。

その際にご報告を聴かせていただけますと、「この子があのときのお腹の赤ちゃんか」と感無量です。

御守の返納は各神社様によって異なりますので、お近くのお宮さんに確認することをおすすめします。

インタビュアー

命がけの出産を見守ってくれたのですから、やはりそのお礼は大事ですよね。

多くの方から愛されている橘神社さんですから、きっと世代を超えた参拝者が来られるのだと思います。

橘神社さんで祈願を受けた胎児が、無事に生まれてやがて大人になる。

その方がやがて子宝に恵まれて、お母さんと同じように橘神社さんへ安産祈願の参拝にくる、ということも多々あったかと思います。

そうやって人々の命が巡っていることに想いを馳せると、橘さんが感無量とお話しする気持ちがわかるような気がします。

長崎県雲仙市にある「橘神社」の御札・御守

インタビュアー

安産のご利益が得られるスポットやお守り・絵馬などを教えてください。

橘さん

安産祈願の御札や御守です。無事に生まれてくることを願いながら、絵馬に記入する方も多いです。

インタビュアー

白とうすい桃色が基調になっていて愛らしいデザインの御守ですね!

つねに持ち歩きたくなるようなデザインなのは、妊婦さんにとっても嬉しいポイントだと思います。

安産のお守りを身につけ、神様のご加護を感じよう!

インタビュアー

安産のお守りはいつも持ち歩いていた方が効果が高いですか?

橘さん

効果が高い低いということではなく、身につけ日々の生活に感謝することで神様のご加護をより身近に感じていただけると思います。

「神は人の敬いによりて威を増し、人は神の徳によりて運を添う」ということですね。

インタビュアー

医療が発達した現代でも、出産は命がけの大事です。

だからこそ、人よりも大きな存在である神様が見守ってくれているという感覚は、きっと妊婦さんを心強く感じさせてくれると思います。

新しい命を迎える方々へメッセージ

長崎県雲仙市にある「橘神社」の湯立祭

インタビュアー

最後に新しい命を迎える人に向けて一言メッセージをお願いします。

橘さん

産霊神(むすびのかみ)の恵みによりご懐妊、誠におめでとうございます。

妊娠期間中はなにかとご心配事が多いかと思われますが、不安な気持ちも、喜びも、是非ともご夫婦・ご家族で楽しんで過ごしていただきたいと思います。

そうすることで、お子様が生まれたときに、わかち合うって幸せなんだとわかると思います。また、家族が増えればいろいろな人たちにお世話になるでしょう。

どうか、感謝の気持ちを忘れずに、新しい家族との生活を楽しんでいただきたいと思います。

インタビュアー

軍神・橘中佐を祀る橘神社は、国と家族を護るという軍神らしく、安産祈願で多くの参拝者が訪れる神社でした。

また、季節ごとの神事や草花など、四季折々の魅力を大切にしている神社でもあります。

妊婦さんが参拝される際には、安産祈願と合わせて、季節ごとの魅力もきっと味わえるのではないでしょうか。

今回は貴重なお話をありがとうございました。

橘神社が実施している新型コロナウイルス感染症予防対策

新型コロナウイルス感染症対策

  • 体調不良の方のご参拝制限
  • 職員のマスク着用
  • 参拝者の方へのマスク着用のお願い
  • 手水の柄杓・参拝用鈴は感染症予防のため撤去
  • 御札・御守・御朱印などの授与所にアルコール消毒液を設置
  • 定期的なノロノット(バリア型除菌、抗菌剤)の散布

橘神社の基本情報

住所 長崎県雲仙市千々石町己529
電話番号 0957-37-2538
公式サイト https://www.tachibanajinja.com/

公式アカウントをフォロー

マッチングアプリ大学公式ツイッターマッチングアプリ大学公式フェイスブック