婚活サイト&アプリを徹底比較した究極のおすすめランキング

婚活サイト&婚活アプリ失敗しない選び方

婚活歴5年!やっと理想の相手との婚約にこぎつけた私が、今まで使った婚活サイト・婚活アプリについてまとめました。

私が5年間で使ったアプリはなんと26個…!日本国内の婚活サービスは、ほぼ全て網羅しています。

これから婚活を始める人、今婚活がうまくいっていなくて新しい出会いの場を探している人。どちらにも参考になる情報です!

使ってみた!独自ランキング

まずは私独自のランキングです。

総合:総合的なオススメ度(MAX20点)

コスパ:料金と会員数から割り出した、1人出会うまでのコストパフォーマンスの良さ

真剣度:本気で結婚したい会員の多さ

年齢層:利用者のメイン年代

※サイト名をクリックで解説へ飛びます

サイト名 総合 コスパ 真剣度 年齢層
Omiai 18.5 10 8.5 20代~30代
ブライダルネット 18 8 10 30~39
ゼクシィ縁結び 17 8 9 28~35
マリッシュ 17 9 8 35~50
with 16.4 10 6.4 20~29
ペアーズ 16.2 8.2 8 20~50
ユーブライド 15 7 8 35~45
ヤフーパートナー 14.5 7 7.5 38~55
マッチコム 13 7 6 30~45
エン婚活 12 2 10 30~40
ゼクシィ恋結び 11.5 6.5 5 20~33
パートナーズ 11 5 6 40~50
エキサイト婚活 10 5 5 30~40
ラブサーチ 10 5 5 40~55
エンジェル 10 5 5 30~39
ノッツェネオ 10 5 5 40~50
プレマリ 10 1 9 35~45
e-お見合い 9 2 7 40~50
再婚.jp 9 3 6 40~50
アエルネ 8 3 5 25~35
クロスポート 7 1 6 30~45
アイキューピット 6 1 5 30~35
ルミエール 6 1 5 35~45
華の会 3 2 1 45~55
Raitai - - - 会員少
婚活サプリ - - - 会員少

※最終評価日:2018年1月9日

以下、解説付きランキングとなりま~す!

※この記事は少し長めです。すべて読むと約20分ほどかかります。

「今すぐ結婚!」というよりも、「まずは恋愛から始めたい」と考えている人は、婚活サイトよりもマッチングアプリのほうが向いています。

>>マッチングアプリランキングへ

おすすめランキング1位~5位の解説

まずは、私がおすすめする人気の婚活サイトを5位までご紹介!それぞれのサイトの特徴など、詳しく解説します。

おススメランキング1~5位

1位「Omiai」アラサー世代向き

Omiai

真剣恋活「Omiai」

Omiai

  • Facebookアカウントがないと登録できない
  • ルックスが良い男女の会員が多く、他のアプリよりもレベルが高い
  • 男性料金 女性料金 会員数
    月額3980円 無料 累計210万人

    無料登録はこちら


Omiaiのお勧めポイント

  • 20代~30代の婚活アプリといえばコレ
  • 婚活アプリの中では真剣度が高い
  • 焦って結婚よりじっくり婚活派向き
  • 他の婚活サイトと比較して利用料が安め

Facebookアカウントと連動する婚活アプリOmiai。若い世代に支持のあるアプリのなかではユーザーの真剣度が高めで婚活向き。

男性は高収入、女性は美人が多いと好評で、20代~30代なら一番初めに使ってみてほしい婚活アプリ。

私は使い勝手が良いので、Omiaiがとても好きです。今回、紹介したなかでは会員数もダントツに多いため、出会えるチャンスも豊富。毎日のように新しい出会いがあります!

「たくさんの人と知り合いたい」と考えている人には最もおすすめしたい婚活アプリですね。

Omiai関連記事

2位「ブライダルネット」真剣度No1

ブライダルネット

ブライダルネット

bridalnet

  • 日本で最初のインターネット結婚情報サービスとして2000年に誕生。株式会社IBJが運営
  • 30代~40代中心。真面目に真剣に婚活しているユーザーが多い
  • 登録時に本人確認書類の提出は必須で信頼性が高い
男性料金 女性料金 会員数
月額3,240円 月額3,240円 40万人以上

登録はこちら


ブライダルネットのお勧めポイント

  • 東証一部上場企業のIBJが運営。安全性が高い
  • 男女ともに有料だから真剣度が高い
  • 料金は月3,000円で安い
  • コミュニティや日記などの機能が充実。

婚活パーティーの「PARTYPARTY」、結婚相談所の「IBJメンバーズ」、婚活サイトの「ブライダルネット」と、婚活に特化した企業なので、安心して利用することが可能です。

婚活のプロ企業ということもあり、真剣度の高いユーザーの集客に成功。結婚を真剣に考えている男女が集まっているので、IBJブランドなら間違いなし!

登録はもちろん無料ですが、月額使用料も3,000円と安いうえ、婚活相談も可能なんです。サービスがこれほど充実しているのに、料金が安いという点でかなりの高評価ですよね。

女性無料の婚活サイトが多いなか、ブライダルネットは男女ともに有料です。だから、他の婚活サイトや婚活アプリよりも、真剣な出会いを求める女性が多いのです。

実際に使ったときは、男性のあまりの真剣度の高さに感激しました。

また、ブライダルネットには日記機能があって、SNSのような気軽なコミュニケーションがとりやすいという最大の特長があります。

私も日記にコメントをくれた人と仲良くなって、お付き合いにいたったことがあります。リアルに「出会える」という意味では、一番成果があったサイトでした。

男性は真剣に結婚を考えているだけあって、高収入・高学歴の人が多い印象でした。付き合った男性に聞いたときは、「女性は品のあるキャリア系の人が多い」といっていました。

ブライダルネット関連記事

3位「ゼクシィ縁結び」アラサーの真剣婚活

ゼクシィ縁結び

ゼクシィ縁結び

男性料金 女性料金 会員数
月額4298円 月額4298円 30万人以上

無料登録はこちら


ゼクシィ縁結びのお勧めポイント

  • あのゼクシィブランド、リクルート運営だから安心できる
  • 価値観診断で幸福度の高いマッチングができる
  • デートセッティングの代行サービスがあり、会いやすい
  • 婚活サイトの中では若めのアラサー中心

ゼクシィブランドの婚活サイト。多くの婚活サイトが30代~40代が中心なのに対し、ゼクシィ縁結びは28歳~30歳までがボリュームゾーンのアラサー向き婚活サイト。

男女ともに有料にはなりますが、有料会員のみに顔写真を公開することが出来たりと、真剣な人同士が出会える仕組みが整っています。

また、性格診断や相性診断などの機能もあり、検索で相手を探すだけではないアプローチ方法が可能です。

ゼクシィ縁結びの関連記事

4位「マリッシュ」バツイチの再婚活ならココ

マリッシュ

マリッシュ

マリッシュ

男性料金 女性料金 会員数
月額2980円 無料 6万人

無料登録はこちら


マリッシュのおすすめポイント

  • バツイチの人への優遇プログラムを導入したアプリ
  • 実際にシンママ、シンパパも多い
  • 年齢層は30代~50代が中心
  • 「結婚」を意識したプロフィールの人がほとんど

バツイチ、シングルマザー、シングルファザーが多いのが特徴のマッチングアプリ。30代~40代の男性が多くて、アプローチもたくさんもらいました。ただし、初婚の人と結婚したいという人には、あまりおすすめしません。

会員数も増えていて、バツイチの人にはちょっとした割引制度があります。

コスパも真剣度もどちらも高め。バツイチならまずはマリッシュから使ってみるのが良いですよ。

マリッシュ関連記事

5位「with」20代向き

Omiai

With(ウィズ)

with

  • 20代の会員が圧倒的に多い
  • メンタリストDaigoが監修した恋愛メンタリズムを元に、自分と共通点のある異性と出会える
  • 趣味や価値観を重視した出会いを求めてる人向き
男性料金 女性料金 会員数
月額2800円 無料 27万人以上

無料登録はこちら


withのお勧めポイント

  • 数少ない20代若者向きの婚活アプリ
  • 恋活や出会い系に抵抗があるけど、出会いが欲しい人へ

今回ご紹介した婚活サイトはどれも年齢層が高めなので、20代~アラサー世代までならwithとOmiaiの併用をお勧めします。

withは会員の7~8割が20代。同年代と出会いたい20代の人や、年下の20代を狙っているアラサーの人にはwithがピッタリです。

Omiaiは結婚に対する真剣度の高い人が多いですが、withはどちらかといえば気軽な恋人探しの人が多いアプリ。恋愛を楽しんでから縁があれば結婚したいというような人には、withの方が合っているかもしれません。

併用することで、出会いのチャンスが広がります!

with関連記事

→結論!婚活サイトを比較して分かった「良いサイト」とは

気に入れば使ってみて 5位~の解説

婚活サイト・アプリおススメランキング5位以降

続いては、ランキング5位以降のご紹介。ユーザーの真剣度は高くても、5位以内と比べるとコスパが悪かったり、ユーザー数が少なかったり、真剣度が低かったりと利用してみて出会いの質がイマイチだった婚活アプリ&サイトです。

ペアーズ

Pairs

ペアーズ

Pairs

男性料金 女性料金 会員数
月額3480円 無料 600万人以上

アプリ無料インストールへ


ペアーズはマッチングアプリと呼ばれるもので、婚活だけでなく恋活で使っている人も多いです。ただ、とにかく会員数がマンモス級なので、いろいろな人と出会えます。なかには、結婚願望が強い人もかなり多いです。

会員数が多いので、その分、出会える可能性も高いという意味では、積極的に活用すべきアプリだと思います。

ペアーズの関連記事

「ユーブライド」mixiグループ!


ユーブライド

ユーブライド

  • 1999年リリース、現在はmixiグループが運営
  • 長年運営している実績があるから安心
  • 24時間監視サポート体制あり
男性料金 女性料金 会員数
月額3600円 月額3600円 130万人以上

無料登録はこちら


ユーブライドのお勧めポイント

  • mixiグループの婚活サイト
  • サクラゼロ宣言をしている
  • アプリ版があり使い勝手が良い

女性主導のマッチングアプリ「swish」、街コン「ecle(えくる)」、ユーブライドの公式婚活パーティー「YUCO」などを運営する株式会社Diverseの婚活サイト。男女ともに有料ですが、女性は無料プランでも活動が可能です。

検索機能が豊富で、「年齢」や「住まい」はもちろん、医師や看護師、公務員などの「職業」の検索、「喫煙」や「結婚願望」の有無まで細かく検索ができます。

私が使っていて良いと思ったのは、1通目からきちんとしたメッセージをくれる人が多いこと。丁寧なメッセージからは、相手の人柄がわかりやすく、開始率も高い印象がありました。

ただ、恋愛対象外にしていた40代男性からのアプローチが多く、個人的に出会いの質はイマイチかなと思います。

ユーブライド関連記事

「ヤフーパートナー」40代向き


ヤフーパートナー

ヤフーパートナー

男性料金 女性料金 会員数
月額2900円 無料 300万人以上

無料登録はこちら


ヤフーパートナーのお勧めポイント

  • 40代以上が多い婚活サイト
  • ヤフー運営の安心感
  • 同じ趣味の人と出会える

withとは逆に中高年が多めのヤフーパートナー。とはいっても、18歳から最年長70代まで、ユーザーの年齢層がかなり幅広いのが特徴。

また、コミュニティ機能があるので、同じ趣味の異性と出会いやすいのもポイント。使いやすさや機能の豊富さは、さすがのヤフーブランド!

真剣度はまずまず。本気で結婚したいと活動している人から、まずはお友達からと考えている人まで様々でした。

会員数も多く、多種多様な人が集まっているという意味では出会いへの期待値は高め。

ヤフーパートナーの関連記事

マッチコム

マッチドットコム

マッチドットコム

マッチドットコム

男性料金 女性料金 会員数
月額3980円 月額3980円 187万人以上

無料登録はこちら


海外発のマッチングサイト。そのため、外国人の登録が多かったり、LGBTのお相手探しができたりと、かなり幅広い出会いが期待できます

ユーザー数も多く、料金も定額なので、ちょっと変わった出会いを求める人にとっては利用する価値ありのサイトだと思います。

マッチコムの関連記事

エン婚活

エン婚活

エン婚活

男女料金 会員数
入会金10,584円
月会費12,960円
1万人以上

無料登録はこちら


「オンライン結婚相談所」というコンセプトのエン婚活。婚活サイトは自分で相手を検索する必要がありますが、エン婚活では基本的に月間6名以上を紹介してくれます。

位置づけとしては、婚活サイトと結婚相談所のちょうど中間あたり。自力での婚活に限界を感じていたり、客観的に見て自分に合う人を紹介してほしいという希望があったりする人にはピッタリです。

ただし、入会金がかかることと、月額利用料は高めです。数カ月で相手を見つけたい短期集中型におすすめですね。

【参考記事】

ゼクシィ恋結び

ゼクシィ縁結び

ゼクシィ恋結び

ゼクシィ縁結び

男性料金 女性料金 会員数
月額3110円 無料※ 30万人以上

無料登録はこちら

※女性、初月のみ108円 本人確認手数料として


「ゼクシィ縁結び」よりは、少しライトな出会い向けの恋活サイト。こちらは、「ゼクシィ縁結び」とは違って、アプリが中心です。男性有料、女性無料のため会員数は比較的多め

「ゼクシィ恋結び」は20代~30代前半の比較的若い層向けなので、30代後半以降は「ゼクシィ縁結び」のほうが向いていると思います。

ゼクシィ恋結びの関連記事

パートナーズ


パートナーズ

パートナーズ

男性料金 女性料金 会員数
月額2980円 無料 24万人以上

無料登録はこちら


使い勝手がよく、サクサクと登録や検索ができます。アクティブユーザーも多く連絡もよくもらえるのですが、40代~50代のユーザーが圧倒的に多い…。

アラサー世代の婚活希望者にはちと活動しにくいサイトでした。

エキサイト婚活


エキサイト婚活

エキサイト婚活

男性料金 女性料金 会員数
月額2980円 無料 6万人

無料登録はこちら


大手「エキサイト」の婚活サイト。婚活サイトの規模としては中規模で、関東エリアの会員が多いですが、地方でもある程度は出会える会員数だと思います。

男女の月会費は同額。女性が無料の婚活サイトと比べると、断然真剣度が高いので、男性側も本気で結婚したい人が多い傾向にありました。

30~40代が中心なので、多少年齢層は高めでしたが、サイトが見やすくて私は結構好きな婚活サイトでしたね。

ラブサーチ


ラブサーチ

ラブサーチ

男性料金 女性料金 会員数
月額3980円 無料 155万人以上

無料登録はこちら


婚活サイトの中では気軽に連絡をとりあえる。サイト自体もスマートフォン、パソコンどちらでも見やすく、使い勝手はよいです。

実際に少し使っていましたが、男性からのアプローチが少な目だったのでなかなか出会いにつながらず…。

また、年齢層も40代以上がほとんど。40代の人には良いですが、初婚を望む30代はほかの婚活サイトを検討してみた方が良いでしょうね。

→結論!婚活サイトを比較して分かった「良いサイト」とは

登録前に考えて!デメリットありの婚活サイト

個人的におススメできない婚活サイト・アプリ

ここから先は個人的に登録はお勧めできません。料金が高すぎるか会員数が少なすぎてなかなか出会えないか。

ただ、なかには結婚相談所直営でサポートが充実しているサービスもあるので、人によっては良いサイトもあるかもしれません。飽くまでも私が自分で使ってみた評価となります。

エンジェル

サービスが充実していることと、入会時にきっちりと審査をしているのは好印象でした。デメリットとして入会金がかかってしまうため、私は今回登録しませんでしたが、口コミなどを見ると会員の質は高いようです。

とくに男性は大手企業に勤めている人が多く、年収も600万円以上が約4割。

ノッツェネオ

デメリットは会員数がかなり少ないことと、ガラケー向きのデザインになっていること。日記投稿機能もあるのですが、見ると1年以上前の日付のものが最新になっていたこともあって、ここで出会うのは非常に難しいのでは…?

ノッツェも婚活に力を入れている企業ですが、一番力を入れているのはおそらく結婚相談所の方。ネオは、おまけという感じを受けます。

プレマリ

結婚相談所が運営している婚活サイト。相手は自分で探さないといけないけれど、実際に会うときのお見合いセッティング、成婚までのフォローなどのサポート体制はかなりしっかりしています。

自分ひとりで全部やるのはしんどい、でも、結婚相談所を使うほどでもない…という場合には良いかもしれません。

デメリットとして、成婚料が10万円もかかること。上手くいってしまった場合に、料金的にはほかの婚活サイトに比べると非常に割高になります。

e-お見合い

相手からアプローチを受けた場合には無料ですが、自分が選んだ相手とメッセージをやりとりしたければ、男性3000円、女性2000円の費用がかかります。

これ、料金がめちゃくちゃ高いですよね。だって、Omiaiやペアーズであれば、月額プランの4,000円以内で5人でも、10人でも好きなだけメッセージの交換ができるんですから。

もちろん、1人ひとりへの本気度は高いと思いますが、メッセージのやりとりが上手くいかなかった場合には、かなりコスパの悪い婚活サイトになると思います。

登録はお勧めできない婚活サイト

登録しないほうがいい婚活サイト・アプリ

以下の3つは、登録しないほうが良い婚活サイトです。料金がかなり割高だったり、そもそも中身は出会い系のようになっていたり。

会員がほぼゼロで、お金を払っても誰ともつながれないという結果だったり…。

つまり、要注意サイトです。

アイキューピット

プロフの写真確認に100円、メール送信が1人500円、メアドやLINEのアドレス送信が1500円と出会い系よりも高額。恐ろしい料金設定ですよね。

実際に会うまでに何人かとメールのやり取りをすることを考えると、月額固定のほうがはるかにコスパが良いのです。

ルミエール

婚活パーティーエクシオの婚活サイト。会員数がかなり少なく、男女合わせて3000名ほど。現在も活動している人数を考えると、全国合わせても数百人なのではと感じました。

課金して利用するには、さすがに母数が物足りないかなという印象。

婚活サプリ

ここは会員が男性32人しかいなかった(笑)ので、全く使っていません。

メッセージ以外にもビデオチャットができる婚活サイトです。実際に会わなくても相手の動く姿やしゃべり方などを確認できるので、そこは良いのですが…。

会員がいないので、運営もほぼ放棄しているのではないでしょうか。せっかく良い仕組みがあるのに、もったいない婚活サイトです。

華の会メール

華の会メールは婚活サイトとして広告を打っていますが、実際には大人の出会いやアダルト向きの「出会い系サイト」に分類されます。

PCMAXやワクワクメール、ハッピーメールなどと同じように、掲示板経由で出会うのですが、援助交際の業者やキャッシュバッカーも多いため、登録はおすすめしません。

→結論!婚活サイトを比較して分かった「良いサイト」とは

「特化型」婚活サイト

面白かった企画系の婚活サイト

以下は、自分に合えば最高!という婚活サイトです。刺さる人には刺さります。私は無料登録とデータ確認しかしていないため、実際にどんな人と出会えるかは未知数。参考程度にどうぞ。

アエルネ

興味本位で登録してみた、いわゆる“オタク”専用の婚活サイトです。好きな作品をプロフィールに登録したり、日記でオタク愛についてどっぷり語ったり…。そんななかでコミュニケーションが生まれ、恋も生まれる的な婚活サイトです。

オタク特化型というおもしろい婚活サイトで、同じ趣味の人と出会いたいという人にはおすすめです。

ただし、料金はややお高め。男女ともに月額3,000円台の婚活サイトが多いなか、男性5,000円、女性2,000円となっています。

再婚.jp

バツイチ同士の出会いを推奨する婚活サイトです。プロフィールには、離婚理由や離婚時期などを記載する枠があるため、初婚の場合は登録自体ができません

プロフィール登録は思わず「面倒くさい」と感じるほどの細かさ。その分、相手の真剣度もわかるので良いという一面もあります。

ただ、サイトがめちゃくちゃ使いづらく、スマホ対応もしていません。パソコンで週に何度かチェックするような使い方になると思います。

クロスポート

まさかの「処女限定」婚活サイト。かなり限られた人しか登録できないうえに、男性側もそれを望んでいるという、かなりニッチな婚活サイトです。また、試しに男性会員を検索してみたところ、全国で2,700人ほどしかいませんでした。

Raitai(ライタイ)

私は使っていませんが、面白い婚活サイトなので紹介します。ライタイは「農業専門の婚活サイト」です。

「農業をやりたい女性は農家に嫁ぐのが一番」というコンセプトの、農家の跡取り息子と農業をやりたい女性のマッチングサイトです。

求めている人にとっては非常にありがたい、ニッチな婚活サイトですよね。こんな婚活もあるんだと、おもしろく感じました。

全26の婚活サイトを見て比較してわかった「良い婚活サイト」って?

いい婚活サイトとは?

婚活するにあたって、調べた26の婚活サイトを比較してみると様々なことがわかりました。

これから婚活サイトを選ぶという人にとっては、非常に重要な情報になると思うのでシェアします。

会員数の多さは重要である

婚活サイトにおける会員数の重要性

「会員数の多さ=出会える人数」 だと思ってください。

累計会員数÷ 運営年数÷2×エリア倍率(関東50%、地方の政令指定都市30%、それ以外10%)

これは私が独自に編み出した、そのサイトの出会い指数です。

まず、1年くらい活動する人が多いという想定で、累計会員数をサイトの運営年数で割ります。

そこから、男女比が1:1と仮定して2で割り、エリアごとの予想出会い倍率をかけます。

その結果、上位10位は以下になります。

サイト名 出会い指数
ペアーズ 300,000
ヤフーパートナー 125,000
ユーブライド 108,333
Omiai 105,000
with 67,500
マッチコム 51,944
ゼクシィ恋結び 37,500
ゼクシィ縁結び 37,500
ラブサーチ 24,219
アイキューピット 8,929

私が実際に使って、もらったアプローチの数と一致して考えると大きくはズレていないと思います。

ダントツで会員数が多いペアーズはそれだけ出会える確率が高いです。

結婚相手を見つけるためには、数多くの異性と会うことが必要不可欠です。そう考えると会員数の比較は婚活サイトを選ぶときの一つの指標になります。

→会員数No1ペアーズの無料DLへ

料金とコスパは絶対に確認しておくべき

婚活サイトの選び方はコスパも重要

婚活サイトの中でも結婚相談所に近いサイトは入会金や登録料、成婚料がかかります。また登録は無料だけど、連絡先交換で料金がかかる場合もあります。

そこから、婚活をして結婚するまでのコスパを割り出してみます。

いろいろな説がありますが、人生のうちで仲良くなる確率があるのは「300人」といわれています。

この中の半分が異性だとして150人。新しい出会いが期待できるのが70歳までと仮定すると1年間で2人!

確かに新しい友達って増えても年間1~2人ですよね…。

そして結婚適齢期といわれる25~35歳の10年で考えると20人。

今回は結婚するまでにデートする人数を20人と仮定して計算してみます。

20人と連絡先交換をして退会するまでに必要な経費を比較しました。

※月額制のものは自身の努力次第なので、1ヶ月換算しています。

サイト名 男性 女性
マリッシュ ¥2,980 ¥0
ヤフーパートナー ¥2,900 ¥0
ゼクシィ恋結び ¥3,110 ¥120
ブライダルネット ¥3,240 ¥3,240
クロスポート ¥3,250 ¥0
ペアーズ ¥3,400 ¥0
with ¥3,400 ¥0
エキサイト婚活 ¥3,500 ¥3,500
ユーブライド ¥3,600 ¥3,600
Omiai ¥3,980 ¥0
マッチコム ¥3,980 ¥0
ラブサーチ ¥3,980 ¥0
パートナーズ ¥3,980 ¥0
ゼクシィ縁結び ¥4,298 ¥4,298
アエルネ ¥5,000 ¥2,000
ルミエール ¥14,040 ¥14,040
エンジェル ¥17,980 ¥0
エン婚活 ¥25,541 ¥25,541
華の会 ¥30,000 ¥0
再婚.jp ¥30,000 ¥30,000
アイキューピット ¥40,000 ¥0
e-お見合い ¥40,000 ¥40,000
ノッツェネオ ¥90,000 ¥90,000
プレマリ ¥120,000 ¥120,000

ここで気にすべきは月額料金以外の費用です。

  • 入会金や登録料が必要
  • メール開始時に課金が発生
  • 成婚料がかかる
  • メール1通あたりの課金が発生

この4点を採用しているサイトは正直「時代遅れ」です。

月額で使い放題のサイトが多い中で、1人と連絡先交換に2000円というのは非常に効率が悪いです。

1万円以上かかるサイトは上記のいずれかに当てはまるため、よっぽど気に入ったということでなければ外すほうが良いと思います。

→コスパNo1?マリッシュを無料DL

使いやすいシステムかどうかは継続のカギとなる

婚活サイトを継続して使うカギは使いやすさ

以下はアプリに対応しているか、スマートフォン対応しているか?の表です。

サイト名 スマホ対応 アプリ対応
ヤフーパートナー
マリッシュ
ゼクシィ恋結び
ペアーズ
with
ユーブライド
Omiai
マッチコム
ブライダルネット ×
クロスポート × ×
エキサイト婚活 ×
ラブサーチ ×
パートナーズ ×
ゼクシィ縁結び ×
アエルネ ×
ルミエール ×
エンジェル ×
エン婚活 ×
華の会 ×
再婚.jp × ×
アイキューピット ×
e-お見合い ×
ノッツェネオ × ×
プレマリ × ×

アプリ、スマートフォンに対応しているということは、運営会社も力を入れてサービス運営をしている証拠

最新のスマホに対応するために、機能のアップデートやメンテナンスもしているということです。

1週間のうちでパソコンを開く回数が5回以下という人は、スマートフォン対応しているものを選ばないと婚活が続きません。

また、アプリ版があれば毎回ログインをする必要もないし、LINEでやり取りする感覚でメッセージの送受信もできます。

つまり、WEB版もアプリ版も対応しているものを選ぶのがおすすめ。

そして、良い婚活サイトの見分け方の次は、自分に合う婚活サイトの選び方を教えます。

年代別おススメ婚活サイトを解説

婚活サイトでまず初めに見るべきなのは「会員の年齢層」です。これは実質結婚する相手の年齢につながるのでとても重要

例えば、20代前半が多いwithに50代が登録したら…。55歳男性が23歳の女性とマッチングする可能性はほぼゼロですよね。「おっさん無理ぽよ~」と全く相手にされないでしょう。

逆に同年代と付き合いたい26歳女性がヤフーパートナーに登録すると、アプローチをくれる大半が40代以上の男性。若い女性のほうが確かにモテる傾向にはありますが、自分の対象外の年齢の男性にモテても結婚にはなかなかつながりません。

年の離れた異性とお付き合いしたい場合には、これを逆手にとって活用するのもアリですが、同年代と結婚したいなら会員の年齢層をチェックしてから登録したほうがよいですよ。

以下は、ユーザーの年齢層と会員数のマップです。

濃い赤の部分は会員数が多く、色が薄くなるにつれ会員数が少なくなります。こちらは私の独自調査のため、実際の数値とは異なる場合があります。参考までに。

各婚活サイト・アプリユーザーの年齢層と会員数のマップ

それぞれ年代別にお勧めを解説します。

20代前半は「with」一択!

20代前半は婚活市場では需要が少ないです。というのも、婚活をしている年代は平均30代。20代前半が婚活サイトに登録しても「若いね、もっと遊びなよ」と相手をしてくれません。

だからこそ、同年代と出会える婚活アプリがおすすめ。

withはマッチングアプリに分類されますが、婚活でも恋活でも使えるアプリです。若い世代向きのアプリはほとんどが出会い系に近いですが、withは違います。真剣に恋愛したいと思っているなら、withに登録しておけば間違いないでしょう。

20代後半は真剣度の高いマッチングアプリ「with」「Omiai」

周囲の友人が結婚しはじめて、結婚願望が強くなり始めるのが20代後半。どんな相手と結婚したいか明確に考えられるようになってくるのもこのころです。

20代後半はモテます!だから、いくらでも選り好みできます。こういっては失礼ですが、需要の少ない30代後半~40代がたくさんいる婚活サイトに登録するのはもったいないです。

同年代同士の出会いを探しているなら、マッチングアプリのなかでも真剣度が高く、婚活に使っている人の多い「with」もしくは「Omiai」に登録するのがおすすめ。

30代前半

30代前半になると、周りが結婚しはじめて、少し焦りが出てくる時期です。より真剣度が高く、同年代と出会えるサイトに登録するとよいでしょう

そんな30代前半には「Omiai」と「ブライダルネット」がおすすめ。

30代前半って実は一番いい時期なんですけど、婚活サイトの多くは35歳以上の登録が多いんですよね…。

アラサー世代なら、ガツガツの婚活サイトよりもマッチングアプリで出会いの幅を広げていくと良いですね。

30代後半

30代後半は婚活サイトではドンピシャ世代です。どのサイトに登録しても出会いの数は多くなります。

たくさんの人と会って、短期間で結婚したいのか、1人とじっくり交流しながらマイペースに婚活したいのか。自分の婚活スタイルに合わせて。婚活サイトを選びましょう。

30代後半の人へのおすすめ婚活サイトはこんな感じ。

40代

40代に入ると、ここまで来たんだから妥協はしたくない!と逆に希望が高くなる人が増えていくようです。

婚活サイトでも20代に猛烈アタックする40代男性がめちゃくちゃ多いのです。また、容姿重視でかわいい子にアタックしまくっているおじさんもメチャクチャいます。

30代の私でも、よほど紳士的でお金持ちのおじさんでない限りはスルーします…。

だから、40代男性は30代後半~40代前半の女性を狙って活動するのが正解だと思いますよ。

女性も「おじさんは嫌!」と年下君を狙いにいったりしていますが、一部の美魔女以外は無謀だと思います。男性は見た目年齢を重視する傾向にあります。

そんな40代にお勧めサイトはこちら。

50代中高年、60代シニア

再婚活が増える年代。今、50代以上の婚活サイト利用者や出会い系サイト利用者はすごく多いそうです。ただ、お金をためてきた人も多いだけあって、悪質な出会い系に引っ掛かることも…。

料金が明確で40代~60代の会員も多いサイトはこちら。

バツイチなら、

あたりをのぞいてみてください。

婚活サイト・婚活アプリに対しての不安について

婚活サイト・婚活アプリに対しての不安

私が以前、婚活サイトに抱いていた不安と、実際に使ってみた後の感想をお伝えしますね。

インターネットで知り合い、実際に会うことの危険性

正直、これは今でも怖いです。相手の顔もわからないなか、実際に会うのは本当に緊張します。ただ、ネットお見合いではその名の通り、ある程度相手を知った後に会うというステップを踏むことができます。

そういった点では、参入障壁が高い入会金や入会時の審査が必要な婚活サイトは比較的安全な気がします。

サクラ、業者、迷惑ユーザーについて

例えば「マルチビジネス」、「ヤリモク」といった婚活以外の目的を持つ人は、その目的を達成するために、自分の都合の良い時間・場所で会おうとしてきます。

マルチビジネスなら特定の駅・特定のカフェに呼ぶ傾向にあります。

ヤリモクは自宅に行きたがる、お酒を飲ませたがる、ホテルが多いエリアで会おうとするという特徴があります。

だから、私ははじめて会うときは、「家から少し離れたエリアで、1時間ほどお茶」を指定することが多いです。女性は男性側からの指定には従わないほうが無難です。

女性側の業者にもいくつかパターンがあります。女性から体の関係を求めてくるのは金銭を要求してくる援助交際の業者が多いです。そして、メッセージですぐにLINEのIDを教えてくるのはID収集業者です。

詳しく解説すると少し長くなってしまうのですが、事前知識を持っていれば、こういった迷惑ユーザーは事前に避けることができます。

女性がもっとも注意すべきは…「結婚詐欺」。付き合った後に本性を見せることがあるため注意が必要です。このタイプの人は会社の名刺をもらう、フェイスブックで友達としてつながる、など周りから攻めていくとボロが見つかりやすいです。

サイトの安全性について

また、私は婚活サイトを使ったことがなかったころは、知らないうちに莫大な利用料が届くのではないか?というのも不安でした。今回紹介したサイトのなかでも、特におすすめしているものはすべて大手企業が運営しています。だから、架空請求が来たり、個人情報を悪用されたりということはまずありません。

ただ、ポイント課金制のサービスは要注意です。

メールの開通に1人1500円といったシステムを取っているサイトは避けたほうが良いですね。お金を払ったのに連絡が来なかったということがザラにあるようです。

損をしないためにも月額料金のサイトを選びましょう。

まとめ 実は奥が深い「婚活サイト」

婚活サイト・アプリについてのまとめ

婚活サイトを調べた結果、思っていたよりもサイトそれぞれに特徴がありました。

自分に合う婚活サイトを選ぶためには、

  • 会員の年齢層を知る
  • 結婚するまでのコスパを知る

この2点が重要です。

私がおすすめする下記の7つのサイトは、どの年代でも、どのエリアでも出会いが期待できます。つまり、初心者向きってことですね。

全てのサイトが無料で登録できます。

実際に使ってみて、プロフィールを検索してみて、「ああ、こういう感じなんだ」と理解してから、気に入ったらお金を払えばいいのです。

出会いのきっかけは様々。もしも、「自分に合う婚活サイトがわからない!」とお悩みであれば、マッチングアプリ大学の公式ツイッター宛てに連絡してみてください。

わたくしがお答えします^^