結婚できる確率が高い婚活アプリ&サイト

婚活サイト&アプリで結婚した人に聞いた、結婚確率の高いアプリランキング

マッチングアプリ大学編集部

婚活歴5年!国内の婚活サービスはほぼ調べ尽くし、やっと理想の相手と婚約した私が解説します。

この記事では本気で結婚したい人のために、800人を超えるインタビュー・アンケートと私の経験・知識を元に、結婚相手と出会える確率の高い婚活サイト&婚活アプリを紹介しています。

注意

紹介する婚活サイトは真剣度高めです。「まずは恋愛から始めたい」と考えている人は、婚活サイト・アプリよりも恋活マッチングアプリが向いています。

>>女性向けおすすめマッチングアプリへ
>>【男性向け】可愛い彼女が作れるおすすめマッチングアプリ厳選6つ

結論!結婚した人が一番多い婚活アプリ&サイト

まずは統計データから。婚活サイト・婚活アプリを利用した経験がある約800人にアンケートやヒアリングを行なった結果、「結婚しました」と回答した人が一番多かったアプリはペアーズでした。

ペアーズ

ペアーズ

公式発表ではペアーズで付き合った・結婚した人は20万人以上。

マッチングアプリ大学での調査では、ペアーズを利用したと回答した250名のうち、結婚できたと答えたのは24名(約10%)でした。

この10%という数値、実は結婚相談所の成婚率と同じくらい高いんです。

男性は飲み代1回分、女性は無料で使えるのにも関わらず、結婚できる確率が高い、使って損なしの婚活アプリです。

>>ペアーズに無料登録する
>>ペアーズの評価・料金・特徴へ

ただ、ペアーズは純粋に利用している母数が多いため、それだけ結婚までたどり着く数も多いです。

そのため、結婚した数だけではなく、成婚率・評価・安全性・真剣度(プロポーズまでの速さ)などを細かく調査。私の経験もプラスして総合的に結婚できる確率が高いサイト・アプリのランキングを算出しました。

結婚しやすい婚活サイト&婚活アプリランキング

このランキングは以下3つの方法で調査し、総合的に計算し算出しました。

ランキング評価の算出方法

※サイト名をクリックで解説へ飛びます、またタブで情報を切り替えられます。(最終評価日2020年5月22日)

まずは婚活アプリから紹介します。

評価 真剣度 年齢層 料金 会員数 一言感想 リンク

match.
100点
真剣度高い
20代20代の人数
30代30代の人数
40代40代の人数
50代50代の人数
60代60代の人数
男性3,980円/月
女性3,980円/月
※半額クーポン有
187万人

■1年以内に結婚したい
真剣度が1番高いアプリ。出会ったカップルのうち44%が1年以内に結婚しているので、本気の婚活なら登録必須。

無料登録
詳細

ペアーズ
99点
真剣度高い
20代20代の人数
30代30代の人数
40代40代の人数
50代50代の人数
60代60代の人数
男性3,590円/月
女性無料
1000万人

■初めてアプリを使う人
利用者数No1アプリのため、初心者でも理想の相手を見つけやすい。首都圏はもちろん地方でも出会いやすいため、インストールして損なし。

無料登録
詳細

Omiai
98点
真剣度高い
20代20代の人数
30代30代の人数
40代40代の人数
50代50代の人数
60代60代の人数
男性3,980円/月
女性無料
累計400万人以上

■同時利用したいアプリ
他アプリよりもハイスペや美女が多いので併用して使ってほしいアプリ。会員数が多く地方エリアの婚活にも◎!

無料登録
詳細

マリッシュ
95点
真剣度高い
20代20代の人数
30代30代の人数
40代40代の人数
50代50代の人数
60代60代の人数
男性3,400円/月
女性無料
30万人

■再婚したい人
バツイチ、シンパパ、シンママの優遇プランがあってお得に使える。会員の半数が離婚歴ありのため、理解ある人と出会いやすい。

無料登録
詳細

ブライダル
ネット
90点
真剣度高い
20代20代の人数
30代30代の人数
40代40代の人数
50代50代の人数
60代60代の人数
男性3,980円/月
女性3,980円/月
31万人

■婚活で悩んでいる人
結婚相談所のように専任の担当が付くから相談ができるため、婚活に悩みや疲れを感じている人向き。

無料登録
詳細

ゼクシィ
縁結び
82点
真剣度高い
20代20代の人数
30代30代の人数
40代40代の人数
50代50代の人数
60代60代の人数
男性4,378円/月
女性4,378円/月
30万人

リクルート運営の婚活アプリ、精度の高い性格&相性診断が結婚して幸せになれる相手を教えてくれる。

無料登録
詳細

with
76点
真剣度高い
20代20代の人数
30代30代の人数
40代40代の人数
50代50代の人数
60代60代の人数
男性3,600円/月
女性無料
72万人

会員数の半数が20代。同年代と婚活したい20代ならwithで間違いなし。

無料登録
詳細

ユーブライド
70点
真剣度高い
20代20代の人数
30代30代の人数
40代40代の人数
50代50代の人数
60代60代の人数
男性4,300円/月
女性4,300円/月
100万人

mixiグループの婚活サイト、30代~40代がズバ抜けて多くそれ以外の年齢だと少し厳しい。

無料登録
詳細

ペアーズエンゲージ
68点
真剣度高い
20代20代の人数
30代30代の人数
40代40代の人数
50代50代の人数
60代60代の人数
男性9,800円/月
女性9,800円/月
非公開

関東エリア限定の本気の婚活アプリ。相談や仲介役がいて、独身証明が必須と結婚相談所並みに真剣活動ができます。

無料登録
詳細

料金は税込み、1カ月プランのクレジット決済で記載しています。

より真剣度の高い婚活サイト一覧

結婚相談所や大手企業が運営しており、オンライン結婚相談所とも呼ばれる、より真剣度の高い婚活サイトです。

サイト名 特徴 リンク
naco-donaco-do 婚活アプリを使っているような感覚で、結婚相談所に入会している真剣な会員と出会える。料金も婚活アプリと変わらない安さ。 詳細
スマリッジスマリッジ

Zoomを活用してお見合いまでオンラインで完結。さらに低価格で結婚相談所レベルのサポートが受けられる。

詳細
プレマリプレマリ 結婚相談所に加入している全国8万人以上から探せるシステム。結婚相談所に入っている真剣な人と出会いたいけれど、できるだけ費用を抑えたい人にぴったりです。 詳細
エン婚活エン婚活 オンライン結婚相談所。婚活サイトに比べると費用は高いがサポート体制が万全。 詳細

年代別に結婚確率が高かった婚活アプリ

婚活マッチングアプリ利用者へのアンケートで、年代別に結婚した人が多かったアプリを調査しました。

なぜ、年代によってバラつきがあるかというと、登録ユーザーの年齢分布がアプリによってバラバラだから。詳しくは後ほど解説していきますが、恋愛対象となる会員がより多いアプリを選ぶ方が出会いの確率は高くなります。

自分に合う婚活アプリ・サイトを診断しましょ

また、もっと詳しく自分に合うアプリを知りたい方のために、自分の年齢層と結婚への真剣度から簡単に自分向きのアプリを探せるツールを準備しました。

Qあなたの性別は?
Qあなたの年代は?
Q結婚願望は?

ここに結果が表示されます!

以下、解説付きランキングとなりま~す!

では、ランキング上位アプリがなぜオススメなのか、その理由を解説していきます。

1位「マッチ・ドットコム」

マッチドットコム

マッチ・ドットコム

マッチ・ドットコム

料金 年齢層 真剣度
男性3,980円/月
女性3,980円/月
20代20代の人数
30代30代の人数
40代40代の人数
50代50代の人数
60代60代の人数

真剣度高い

無料登録はこちら

*クレジットカード決済・1ヶ月プランの税込料金です。プランによって月額料金が変わります。

2002年からサービスを開始している老舗の婚活サイトマッチドットコム。全世界で1500万人が利用し、数えきれないほどのカップル、夫婦がマッチドットコムで出会っています。※正式名称は「match」なのですが日本ではマッチドットコムの方が馴染みがあると思います。

マッチドットコムが1位の理由はこの3つ。

理由1:結婚への真剣度が高く、1年以内に結婚する確率が高い

婚活していると「来年までには結婚を決めたいな」なんて時期を考えると思います。でも、実際結婚できるかは相手の本気度次第。

特に女性はプロポーズ待ちでモヤモヤ悩むことも多いです。「結婚したいけど彼はいつ結婚の話をしてくれるの?」と私自身、とても悩みました。

マッチドットコムを1位にしたのは、マッチドットコムで出会い結婚したカップルの44%が1年以内に結婚していると分かったから

これってつまり、マッチドットコムのほとんどが真剣に結婚したいと考えて利用している証拠です。

また、無料の恋活マッチングアプリがたくさんある中、マッチドットコムは女性も有料です。無料サービスがあるのにも関わらず、なぜ、わざわざ有料のアプリを選んだの?と利用者に聞いたところ

お金を払ったほうが活動するモチベーションに繋がる。

女性無料のアプリは女性の外見を前面に出し、商品のように見せるサービスが多くて嫌だった。

なんて意見が。確かに、わかる!と納得しました。

男性側にも、マッチドットコムを選んだ理由を聞いてみたところ、

わざわざお金を払ってまで入会しているんだから本気度が高い女性ばかりだと考えた。

一番結婚した人が多いのは確かにペアーズですが、お付き合い後に結婚までたどり着ける確率ではマッチの方が高く、結婚をゴールと考えマッチドットコムを1位にしました。

>>matchで1年以内の結婚を目指す

理由2:AIが相性がいいユーザーを選んでくれる仲人機能が優秀

マッチドットコムはアメリカで開発しており、最新のAI技術を利用しています。このAIはマッチドットコムが利用者の好みの異性を分析し、それに近い相手を毎日紹介してくれるというもの。

この機能、要はデジタル仲人のようなもの。しかも、自分では気づかない無意識な異性の好みまで拾い上げて反映してくれるので、かなり精度が高いです。

マッチドットコムで結婚された方に話を聞くと、このAIがオススメしてくるユーザーから始まって結婚しました。なんて声もありました。

↓こんな感じのイメージ

マッチドットコムデイリーマッチ・AIのイメージ図

実はこの機能、婚活サイトの弱点をカバーする機能なんです。

婚活サイトでは条件で異性を検索できるため、無意識に理想を追い求めてしまいます。そうすると、もっといい人がいるのでは?と高望みをして付き合えるのに付き合わず、結論を先延ばしにしてしまい、婚期が遅れる原因に。

でも、マッチのAIが自分の行動や好みを分析して相手を選んでくれた場合。好みのタイプではあるけど、自分で選り好みしていない状態で出会うことができます。

だからこそ、プロフィールではなくコミュニケーションを重要視して相手を知ることができ、結果、結婚できる確率が高まると私は分析しました。

さらに、あれこれ検索する時間をかけずとも婚活ができるので効率も良い!

>>無料登録でmatchのAI技術を体感する

理由3:プロフィール上でお互いに恋愛対象か確認できるから、話が早い。

一般的な婚活アプリやマッチングアプリのプロフィールには、相手に求める条件は書いていません。

ですが、matchでは相手に求める条件がわかるから、自分が相手にとって恋愛対象になりやすいか先に知ることができます。

婚活アプリmatchでお互いの条件が一瞬でわかる

こんな風に、自分が求める条件と一致しているか/相手が求める条件に自分があっているかを一瞬で見ることができます。まさにマッチの名にふさわしい機能ではありませんか!(^^)

上記の例を説明すると、「この男性は小柄な女性が好みなんだな、私の身長は条件に当てはまっていないから厳しいかな」といった情報を出会う前に理解できます。

もちろん、恋愛や結婚に必要なのは条件だけではありません。ですが、条件が合うほうが恋愛に発展しやすいのは確かだと思います。

実際に使っていても、お互いに好印象である率が高かったです。

マッチドットコム無料登録へ

マル特情報
実は、マッチドットコムに無料登録をすると月に数回、半額になるクーポンがメールで届きます。もしどうしても料金を抑えたいのであれば、クーポンを待ってから有料プランへ登録するのがおすすめです。(料金についての詳細はこちらで解説

2位「ペアーズ」会員・実績数No1

Pairs

ペアーズ

Pairs

料金 月額3,590円(税込)~(女性無料)
対象者 恋人のいない独身のみ(既婚者禁止)
年齢層 20代~30代
目的・真剣度 婚活と恋活の間
運営会社 株式会社エウレカ
インターネット異性紹介事業届出及び受理済み

ペアーズは800人へアンケートした中でもっとも「結婚した」アプリでした。

というのも、会員数が累計1000万人と日本で最大級です。公式発表ではペアーズで結ばれた人は20万人以上。確かな実績と人気から第2位としました。

ペアーズはfacebookの婚活マッチングアプリとして始まり、現在は世界最大級のマッチコムと同じグループ会社が運営しているマッチングアプリ。

現在はfacebookなしでも利用できますし、サポートや監視システムも徹底されており安全に利用できます。

ペアーズは相性がいい相手と出会いやすい

ペアーズは自分と似ている人・価値観、好みが近い人と出会いやすいシステムがあります。結婚となると外見や雰囲気だけでなく、価値観が似ているかはとても重要。

ただ、婚活サイトで価値観を確かめるとなると、マッチングしてメッセージして実際にあって…とかなりの労力がかかります。

マッチング前に相手の年齢や住まいだけじゃなく、何が好きでどんな生活をしていてどんな恋愛観を持っているかまでわかれば、もっと効率よく婚活を進められるのでは?と思いませんか。

ペアーズは「相性」と「コミュニティ」の2つで連絡を取る前にある程度の判断ができます。

ペアーズの「相性」は独自のアルゴリズムで出される指標

ペアーズでは自分と相手の相性が見ることができます。この相性はペアーズ内で活動(例えばログイン時間やメッセージを返信する時間)や、プロフィール、いいねを送った・もらったなど様々なデータから導き出されているものです。

自動で出される数値と軽視しがちですが、検証では相性が良い方がメッセージのやりとりが続きやすいという結果も出ています。

指標の一つとしては十分使える機能です。

ペアーズのコミュニティで同じものが好きな人と出会える

コミュニティはプロフィールに書くまででもないけど、こんなものが好きといったちょっとしたアピールができる機能です。

「趣味が同じ人と結婚したい」と考えている人に向いている機能です。

婚活アプリ・婚活サイトペアーズのコミュニティ機能では同じものが好きな人と出会える。

詳しくは別記事で丁寧に解説しているので、気になった方は読んでみてください。

>>ペアーズの公式サイトへ

ペアーズの関連記事

ペアーズ無料登録へ

3位「Omiai」アラサー世代向き

Omiai

真剣恋活「Omiai」

Omiai

料金 年齢層 真剣度
男性3,980円〜
女性無料
20代20代の人数
30代30代の人数
40代40代の人数
50代50代の人数
60代60代の人数

真剣度高い

無料登録はこちら

Omiaiのお勧めポイント

  • 20代~30代向き
  • 焦って結婚よりじっくり婚活派向き
  • 他の婚活サイトと比較して利用料が安め

若い世代に支持のある婚活マッチングアプリのなかではユーザーの真剣度が高めで婚活向き。

男性は高収入、女性は美人が多いと好評で、20代~30代なら一番初めに使ってみてほしい婚活アプリ。

婚活アプリ・婚活サイトOmiaiに登録しているユーザーイメージ

私は使い勝手が良いので、Omiaiがとても好きです。今回、紹介したなかでは会員数もダントツに多いため、出会えるチャンスも豊富。毎日のように新しい出会いがあります!

「たくさんの人と知り合いたい」と考えている人には最もおすすめしたい婚活アプリですね。

Omiai無料登録へ

Omiai関連記事

4位「マリッシュ」バツイチの再婚活ならココ

マリッシュ(marrish)

マリッシュ(marrish)

マリッシュ(marrish)

料金 月額3,400円(税込)~(女性無料)
対象者 独身のみ(既婚者禁止)
年齢層 20~50代
目的・真剣度 真剣婚活
運営会社 株式会社マリッシュ
インターネット異性紹介事業届出及び受理済み

無料登録はこちら

マリッシュのおすすめポイント

  • バツイチの人への優遇プログラムを導入したアプリ
  • 実際にシンママ、シンパパも多い
  • 年齢層は30代~50代が中心
  • 「結婚」を意識したプロフィールの人がほとんど

バツイチ、シングルマザー、シングルファザーが多いのが特徴の婚活マッチングアプリ。30代~40代の男性が多くて、アプローチもたくさんもらいました。ただし、初婚の人と結婚したいという人には、あまりおすすめしません。

会員数も増えていて、バツイチの人にはちょっとした割引制度があります。

コスパも真剣度もどちらも高め。バツイチならまずはマリッシュから使ってみるのが良いですよ。

マリッシュ関連記事

マリッシュ無料登録へ

5位「ブライダルネット」真剣度No1

ブライダルネット

ブライダルネット

bridalnet

  • 日本で最初のインターネット結婚情報サービスとして2000年に誕生。株式会社IBJが運営
  • 30代~40代中心。真面目に真剣に婚活しているユーザーが多い
  • 登録時に本人確認書類の提出は必須で信頼性が高い
料金 年齢層 真剣度
男性3,980円/月
女性3,980円/月
※割引あり
20代20代の人数
30代30代の人数
40代40代の人数
50代50代の人数
60代60代の人数

真剣度高い

登録はこちら

ブライダルネットのお勧めポイント:安全・真剣・システム充実

  • 東証一部上場企業のIBJが運営。安全性が高い
  • 男女ともに有料だから真剣度が高い
  • コミュニティや日記などの機能が充実。

婚活パーティーの「PARTYPARTY」、結婚相談所の「IBJメンバーズ」、婚活サイトの「ブライダルネット」と、婚活に特化した企業の婚活サイト。成果第一で考えるならばブライダルネットだと思っています。

ブライダルネットで一番イイ!と思ったサービスは「結婚相談所で経験を積んだスタッフが婚活や恋愛の相談に乗ってくれる」こと。

しかもこの相談サービス(婚シェル)は月額利用料に含まれているので、会員ならば誰でも使うことができます。めちゃくちゃ心強いっ!

(図解)婚活サイトブライダルネットの婚シェルがいるとどんないいことがあるか

女性無料の婚活サイトが多いなか、ブライダルネットは男女ともに有料です。だから、他の婚活サイトや婚活アプリよりも、真剣な出会いを求める女性が多いのです。

実際に使ったときは、男性のあまりの真剣度の高さに感激しました。

また、ブライダルネットには日記機能があって、SNSのような気軽なコミュニケーションがとりやすいのも特徴。

私も日記にコメントをくれた人と仲良くなって、お付き合いにいたったことがあります。リアルに「出会える」という意味では、一番成果があったサイトでした。

男性は真剣に結婚を考えているだけあって、高収入・高学歴の人が多い印象でした。付き合った男性に聞いたときは、「女性は品のあるキャリア系の人が多い」といっていました。

ブライダルネット公式サイトへ

ブライダルネット割引情報

現在、6ヶ月プランが2,000円オフになる割引をやっています。

本格的な婚活サイトでこの料金は安いです。

ブライダルネット関連記事

6位「ゼクシィ縁結び」アラサーの真剣婚活

ゼクシィ縁結び

ゼクシィ縁結び

ゼクシィ縁結び

料金 年齢層 真剣度
男性4,378円/月
女性4,378円/月
20代20代の人数
30代30代の人数
40代40代の人数
50代50代の人数
60代60代の人数

真剣度高い

無料登録はこちら

ゼクシィブランドの婚活サイト「ゼクシィ縁結び」2018年4月にiphone&androidアプリがリリースされたことでとても使いやすくなりました。

多くの婚活サイトが30代~40代が中心なのに対し、ゼクシィ縁結びは25歳~35歳までがボリュームゾーンのアラサー向き婚活サイト。

男女ともに有料にはなりますが、有料会員のみに顔写真を公開することが出来たりと、真剣な人同士が出会える仕組みが整っています。

「相性がいい」結婚相手を探すことができる

ゼクシィ縁結びでは性格診断をもとに、相性がいい相手を探してくれます。これは実際に幸福度の高いカップルを分析した結果なので、別れや離婚のリスクを減らすことができます。

初めての顔合わせも安心のコンシェルジュ機能

婚活サイトでよくある、初回デートに関するお悩み。いつにする?どこに行く?といろいろと面倒で、会う前に自然消滅してしまうことも多いですよね。

ゼクシィ縁結びには、デート日程と場所を設定してくれるお見合いコンシェルジュという機能が搭載されています。

ゼクシィ縁結びのお勧めポイント

  • あのゼクシィブランド、リクルート運営だから安心できる
  • 価値観診断で幸福度の高いマッチングができる
  • デートセッティングの代行サービスがあり、会いやすい
  • 婚活サイトの中では若めのアラサー中心

>>ゼクシィ縁結び無料登録へ

ゼクシィ縁結びの関連記事

「with」20代向き

Omiai

With(ウィズ)

with

  • 20代の会員が圧倒的に多い
  • メンタリストDaigoが監修した恋愛メンタリズムを元に、自分と共通点のある異性と出会える
  • 趣味や価値観を重視した出会いを求めてる人向き
男性料金 女性料金 対象者
月額3,600円 無料 恋人のいない独身のみ(既婚者禁止)

無料登録はこちら

withのお勧めポイント

  • 数少ない20代若者向きの婚活アプリ
  • 恋活や出会い系に抵抗があるけど、出会いが欲しい人へ

今回ご紹介した婚活サイトはどれも年齢層が高めなので、20代~アラサー世代までならwithとOmiaiの併用をお勧めします。

withは会員の7~8割が20代。同年代と出会いたい20代の人や、年下の20代を狙っているアラサーの人にはwithがピッタリです。

Omiaiは結婚に対する真剣度の高い人が多いですが、withはどちらかといえば気軽な恋人探しの人が多いアプリ。恋愛を楽しんでから縁があれば結婚したいというような人には、withの方が合っているかもしれません。

併用することで、出会いのチャンスが広がります!

with関連記事

>>with無料登録へ

「ユーブライド」

ユーブライド

ユーブライド

  • 1999年リリース、現在はIBJグループが運営
  • 長年運営している実績があるから安心
  • 24時間監視サポート体制あり
男性料金 女性料金 対象者
月額4,300円 月額4,300円 独身のみ(既婚者禁止)

無料登録はこちら

ユーブライドのお勧めポイント

  • IBJグループの婚活サイト
  • サクラゼロ宣言をしている
  • アプリ版があり使い勝手が良い

街コン「ecle(えくる)」、ユーブライドの公式婚活パーティー「YUCO」などを運営する株式会社Diverseの婚活サイト。男女ともに有料ですが、女性は無料プランでも活動が可能です。

※YUCOは2018年でサービス終了し、パーティーパーティーと合併しました。

検索機能が豊富で、「年齢」や「住まい」はもちろん、医師や看護師、公務員などの「職業」の検索、「喫煙」や「結婚願望」の有無まで細かく検索ができます。

私が使っていて良いと思ったのは、1通目からきちんとしたメッセージをくれる人が多いこと。丁寧なメッセージからは、相手の人柄がわかりやすく、開始率も高い印象がありました。

ただ、恋愛対象外にしていた40代男性からのアプローチが多く、個人的に出会いの質はイマイチかなと思います。

ユーブライド関連記事

>>youbride無料登録へ

エン婚活

エン婚活

エン婚活

男女料金 会員数
入会金10,780円
月会費13,200円
1万人以上

無料登録はこちら

「オンライン結婚相談所」というコンセプトのエン婚活。婚活サイトは自分で相手を検索する必要がありますが、エン婚活では基本的に月間6名以上を紹介してくれます。

位置づけとしては、婚活サイトと結婚相談所のちょうど中間あたり。自力での婚活に限界を感じていたり、客観的に見て自分に合う人を紹介してほしいという希望があったりする人にはピッタリです。

ただし、入会金がかかることと、月額利用料は高めです。数カ月で相手を見つけたい短期集中型におすすめですね。

【参考記事】

パートナーズ

パートナーズ

パートナーズ

男性料金 女性料金 対象者
月額2980円 無料 独身のみ(既婚者禁止)

無料登録はこちら

使い勝手がよく、サクサクと登録や検索ができます。アクティブユーザーも多く連絡もよくもらえるのですが、40代~50代のユーザーが圧倒的に多い…。

アラサー世代の婚活希望者にはちと活動しにくいサイトでした。

登録前に考えて!デメリットありの婚活サイト

個人的におススメできない婚活サイト・アプリ

アプリ名 感想
エンジェル 審査アリと安全性は高いものの、会員数が少ないことと、入会金が15,000円かかってしまうデメリットが大きい。
ノッツェネオ スマートフォンやアプリ対応がされていなくモバイルから非常に使いづらい。人数も少なく営業電話も多い。
e-お見合い 連絡を取るためには1人につき男性3000円、女性2000円が必要ととてもコスパが悪い。
再婚.jp バツイチの出会いに特化した再婚サイト。真剣度が高く再婚には良いのですがサイトが非常に見にくい。
アエルネ オタクに特化した婚活サイト。日記などSNS機能もあり夫婦で同じ趣味を楽しみたい人に向いています。ただし人数が少な目。
アイキューピット プロフの写真確認に100円、メール送信が1人500円、メアドやLINEのアドレス送信が1500円と出会い系よりも高額。
ルミエール 会員数がかなり少なく、男女合わせて3000名ほど。現在も活動している人数を考えると数100人なのでは。
華の会 公式では婚活サイトと言っていますが、実際には大人の出会いや遊び向きの出会い系サイトなので注意してください。
Raitai 農家の跡取り息子と農業をやりたい女性のマッチングサイト。とてもニッチだが一般受けしないので…。
婚活サプリ 調査当時は会員が男性32人しかいませんでした…。

【おすすめ婚活アプリまとめ】年代別のベストアプリを解説

年代別オススメ婚活サイト

婚活サイトでまず初めに見るべきなのは、「会員の年齢層」です。これは結婚する相手の年齢につながるのでとても重要

例えば、20代前半が多いwithに、50代が登録したら…。55歳男性が23歳の女性とマッチングする可能性はほぼゼロですよね。

逆に同年代と付き合いたい26歳女性がマリッシュに登録すると、アプローチをくれる大半が40代以上の男性。自分の対象外の年齢の男性ばかりでは、なかなか結婚につながりません。

年の離れた異性とお付き合いしたい場合には、これを活用するのもアリですが、同年代と結婚したいなら会員の年齢層をチェックしてから登録したほうがよいですよ。

以下は、ユーザーの年齢層と会員数のマップです。

※こちらは私の独自調査のため、実際の数値とは異なる場合があります。参考までに。

各婚活サイト・アプリユーザーの年齢層と会員数のマップ

それぞれ年代別にお勧めを解説します。

26歳以下は「with」一択!

婚活をしている年代は平均30代。そのため、20代前半が婚活サイトに登録しても年齢層が合わず、なかなかマッチングができません。

withは恋活マッチングアプリに分類されますが、婚活でも恋活でも使えるアプリです。若い世代向きのアプリはほとんどが出会い系に近いですが、withは違います。真剣に恋愛したいと思っているなら、withに登録しておけば間違いないでしょう。

26~33歳のアラサーは「Omiai」

周囲の友人が結婚しはじめて、結婚願望が強くなり始めるのが20代後半。どんな相手と結婚したいか明確に考えられるようになってくるのもこのころです。

20代後半はモテます!だから、いくらでもマッチングできます。

同年代で出会いを探しているなら、婚活マッチングアプリのなかでも真剣度が高く、20代後半~30代前半がボリューム層のOmiaiが良いでしょう。

Omiaiは会員数も多くマッチング率も高いのが特徴です。

30代半ば〜後半は「match」(マッチ・ドットコム)

30代をすぎると、周りが結婚しはじめて焦りが出てくる時期です。より真剣度が高く、同年代と出会えるサイトに登録するとよいでしょう

30代が多く、真剣婚活に向いているのは「マッチ・ドットコム」です。

男女ともに有料のため、本気で活動している人同士でマッチングできます。また返金保証や婚活パーティーの無料券がもらえたりと、数カ月で恋人を見つけたいと考えている人に向いています。

マッチ・ドットコム
https://jp.match.com/

40歳以上は「マリッシュ」

40代に入ると、ここまで来たんだから妥協はしたくない!と逆に希望が高くなる人が増えていくようです。

婚活サイトでも20代に猛烈アタックする40代男性がいますが、難しいです。30代前半の私でも、よほど紳士的で魅力を感じない限り、40代以上はマッチングしません…。

40代男性は30代後半~40代前半の女性を、40代女性は40代~50代男性を希望として活動するのが良いと思います。

中でもおススメなのは30代後半~50代が中心層のマリッシュです。こちらは料金が安めかつ真剣度も高い、バツイチも歓迎。

マリッシュ
https://marrish.com/

【希望別】こんな相手が探せる婚活アプリ・サイトあります

年齢別で選ぶのも良いですし、こんな相手と出会いたい!と出会いたい相手から選ぶ方法もあります。

このパートでは、婚活サイトの機能からこんな相手を効率よく探せる、という点を解説します。

趣味が合う人がいい!オタク同士の婚活サイト

実は私は、アニメやゲームが趣味なので、そういったちょっとオタクな趣味を一緒に楽しめる相手が良いと思っていました。

「大好きな作品について語り合えるパートナーを探したい!」「せめて趣味を理解して否定されない相手がいい」そんな希望を持つ方に向いている婚活アプリと婚活サイトがあります。

オタク専門の婚活サイトアエルネで探す

会員数が少なめで、首都圏以外だと出会いづらいデメリットはあるものの、唯一のオタク専門婚活サイトです。

別の記事でレポートがありますので興味があれば読んでみてください。

婚活マッチングアプリペアーズのコミュニティでピンポイントで出会う

ペアーズにはコミュニティ機能があり、ここで作品名を指定して同士と出会うことができます。

また、アニソンカラオケが好き、コスプレ好き、同人誌作ってます、といった活動の内容から出会うことも可能。

アエルネでは同じ作品が好きな人を探すのが難しいのですが、ペアーズならピンポイントで同クラスタで出会えるのが魅力。

会員数が多いので、全国どこのエリアでも出会いやすいのもメリットです。

>>ペアーズ詳細

バツイチ・シンママ&シンパパでも気兼ねなく活動できる婚活サイト

私の友人がバツイチのシングルマザーなのですが、やっぱり普通の婚活サイトではバツイチと伝えると自然消滅する確率が高いと悩んでいました。

結果的に彼女が再婚したのがマリッシュという再婚向きの婚活アプリです。

バツイチ応援プログラムがあるマリッシュ

マリッシュはごく普通の婚活マッチングアプリですが、バツイチ応援プログラムを導入しているため、登録者の約半数がバツイチです。

プロフィールに「シングルマザーとの出会いも歓迎」という意味を持つピンクリボンのマークをつけることができます。シンママでも受け入れてもらえると理解した上で出会えるのが大きなメリット。

>>マリッシュの詳細へ

とにかく安全&安心な婚活サイトが良い!

安全性を高めるのであれば、入会時に100%独身であることを証明する、独身証明書の提出が必須のオンライン結婚相談所選ぶのが良いです。

独身証明書が必要な場合、そのほとんどが結婚相談所に入会している会員と出会えるサービスです。交際期間や初回顔合わせのルールなどが決まっているため、確実に安全に出会うことができます。

100%独身のみ安全な婚活サイト

【利用前に知ろう】婚活アプリ・婚活サイトの安全性、注意点を解説

婚活サイト・婚活アプリに対しての不安

婚活アプリやサイト上で出会うことに対して、不安や怖さを感じる人は多くいます。

私自身も、実際に使うまでは怖いものと思っていましたし、使い始めても仲良くなるまでは慎重に交流を進めていました。

長く活動してきた結果、嫌な思いをしたことはありませんでしたが、婚活アプリの安全対策について解説と、注意すべき怪しい人物の見分け方を解説していきます。

婚活アプリ&サイトが実施している安全への取り組み

ほとんどの婚活アプリでは以下のような取り組みを実施しています。

婚活アプリの安全対策

  • 年齢確認、本人確認をしないとメッセージ交換ができない
  • 利用規約の違反がないか随時パトロール、違反したユーザーは強制退会
  • プライバシーマークの取得や、特定人物のブロック機能で個人情報を守っている
  • アプリによっては独身証明や収入証明の提出を義務付け、運営の確認を入れている

もし、100%安心して使いたいのであれば、結婚相談所と会員を共有している婚活サイトを使うと安全です。

要注意ユーザーの見分け方ともしもの対処法

利用に必要な提出書類が年齢がわかるものだけの場合、「業者」と呼ばれる要注意ユーザーが紛れ込んでいる可能性があります。

ただ、そのような迷惑ユーザーと出会ってしまう可能性は、当サイトの調査では10%以下と稀なことです。

業者とは?

一般人を装い自社のサイトへ誘導をしたり、利益を得ようとする行動をとる人のことです。よく「サクラ」と混同されますが、婚活アプリではサクラゼロを宣言しているアプリがほとんどで、サクラは存在しません。

注意すべき業者の手口と見分け方

  • 別のサイトへのアクセス、別アプリのダウンロードをお願いされる
  • 体の関係を示唆するようなメッセージを送る
  • お金がなくて困っていると支援をお願いされる

このような連絡があった場合はやりとりを注意し、すぐにサポートへ通報を行ってください。

9割以上は出会いを求めた通常利用の人のため、迷惑ユーザーからの連絡は明らかにおかしいと気づくはずです。

もし、100%の安全を求める場合、独身証明や本人確認が必要な婚活サイトを選ぶことを推奨します。

>>独身証明が必要なサイト一覧へ

全26の婚活サイトを見て比較してわかった「良い婚活サイト」って?

いい婚活サイトとは?

婚活するにあたって、調べた26の婚活サイトを比較してみると様々なことがわかりました。

これから婚活サイトを選ぶという人にとっては、非常に重要な情報になると思うのでシェアします。

安全・低コスト・確実に出会える婚活アプリの条件とは

はじめに、使っても問題のない婚活アプリの条件をまとめました。

安全な婚活アプリの条件

  1. 料金プランが明瞭で、月額固定の料金であること
  2. 法人が運営者であること
  3. 会員数が5万人以上いること
  4. 利用時に各種証明書での本人確認・年齢確認があること

上記4つに当てはまっていれば、少なくとも危険な婚活アプリではありません。

また、このサイトで紹介している婚活アプリ・婚活サイトは全て上記に当てはまっており、安全です。

では、「低コスト」「確実に出会える」この2つの項目について、比較しながら詳しく解説をしていきます。

【会員数を比較】多い方が理想の恋人と出会える確率が高まる

婚活サイトにおける会員数の重要性

「会員数の多さ=出会える人数」 だと思ってください。

ここは累計会員数ではなく、現在登録している会員数と現在利用中のアクティブユーザー(ログイン3日以内)で比較していきましょう。

サイト名 男性 女性

ペアーズ
ペアーズ

200万人
利用中:22万人
82万人
利用中:17万人

Omiai
Omiai

122万人
利用中:9万人
48万人
利用中:7万人

with
with

40万人
利用中:6万人
22万人
利用中:4万人
ユーブライド
ユーブライド
35万人
利用中:2万人
16万人
利用中:1万人
ゼクシィ縁結び
ゼクシィ縁結び
16万人
利用中:2万人
15万人
利用中:1万人
ブライダルネット
ブライダルネット
14万人
利用中:非公開
17万人
利用中:非公開

※独自調査の非公式の数値、非公開を除く

ペアーズがダントツのNo1、次いでOmiai、それ以外は大体1~2万人程度という割合です。関東エリアならば1~2万人の利用者数でも問題ないでしょう。ただ、より多くのチャンスをと思うならば、会員数が多いアプリ・サイトを使うべきです。

→会員数No1ペアーズの無料DLへ

【料金を比較】月額定額のアプリを選ぶことで、無理なく続く

婚活サイトの選び方はコスパも重要

婚活サイトの中でも入会金がかかるものや、連絡先交換で料金がかかるものもあります。

今回は私なりの考えで、婚活をして結婚するまで各サイトでかかる料金を割り出してみます。あくまでも一つの目安として考えてもらえればと思います。

結婚相談所のパートナーエージェントの統計では「成婚までの平均が22人とお見合いをし、7人と交際した」という結果が出ています。これを婚活サイトに置き換えて、「20人と連絡先交換をし、7人とデート」を想定とします。

利用期間は婚活サイトで恋人ができるまでの平均期間の「3カ月」で計算してみます。

サイト名 男性 女性 かかる費用
ペアーズ 7,050円 0円 月額のみ
with 8,000円 0円 月額のみ
マリッシュ 8,800円 0円 月額のみ
Omiai 9,960円 0円 月額のみ
ブライダルネット 9,800円 9,800円 月額のみ
マッチコム 10,470円 10,470円 月額のみ
ユーブライド 10,800円 10,800円 月額のみ
ゼクシィ縁結び 11,880円 11,880円 月額のみ
naco-do 29,400円 29,400円 月額のみ
スマリッジ 33,000円 33,000円 登録料
月額料
エン婚活 50,380円 50,380円 入会金
月額料
成婚料

ほとんどのサイトで3カ月や6カ月など長期プランで契約をすると割引が利きます。その結果、最も効率の出る3か月間の利用でコスパがよい婚活サイトはこの3つに絞り込めました。

20代前半向き→with
20代半ば~30代向き→ペアーズ
40代~50代向き→マリッシュ

無料の優良婚活サイトはありません。

様々な婚活サービスを調べてみましたが、残念ながら無料の婚活サイトは存在しませんでした。「完全無料の出会い」と謳っているアプリはいくつかありましたが、とても婚活できるようなアプリではなく、質が悪い危険なアプリばかりでした。

そのため、結婚したいと考えているのであれば、月額数千円は未来への自分の投資、として有料でも良い婚活サイトを利用すべきです。

【自分に合う婚活方法の選び方】婚活アプリと他の婚活方法を比較!

婚活方法の比較

さんざん婚活サイトや婚活アプリについてお話ししてきたのですが、そもそも婚活アプリや婚活サイトってどうなの?と原点に戻って考えてみます。

私は今まで婚活サイト以外にも婚活パーティーや結婚相談所、街コンや相席屋など様々な出会いの場へ足を運んできました。

そこで婚活サイトと比較して結婚相談所と婚活パーティーの2つを比較しながら簡単に解説します。

結婚相談所と婚活サイトを比較

結婚相談所について

比較的安価なゼクシィ縁結びカウンターを候補に、資料請求や無料相談会などに参加してきました。その結果、私が結婚相談所に入会しなかった理由は、紹介してもらえる人数の少なさがネックだったからです。

また、ここ1年でオンライン完結の結婚相談所が増えてきました。婚活サイトと結婚相談所の間のサービスが出た今、店舗型の結婚相談所のメリットはますます薄くなってきていると思います。

結婚相談所を使うべき人・メリット

面と向かって相談できるアドバイザーに魅力を感じる人

結婚相談所を使う一番のメリットは、一緒に婚活してくれる人がいる心強さ。個人的には自分ではどうにも婚活がうまくいかず、プロに頼りたいと思う人が行くところだと思っています。

一人で婚活を進められない人

婚活サイトは自主性が出会いに直結します。一方で、結婚相談所はカウンセラーやアドバイザーさんからどうですか?と受け身でも婚活は進みます。

紹介された人に会い、良ければ付き合う。自分から探しに行く必要がないので、一人での婚活はどうも気が進まないという人は向いているかも。

婚活で相手を選ぶ基準が「結婚願望の強さ」な人

婚活での費用の高さ=真剣度に直結します。婚活サイトは月額数千円から始められるので、「お試しでやってみるか~」という気持ちの人もいます。

ですが、結婚相談所でお試し入会なんてのはありません。みんな数カ月で結婚相手と出会おうという気持ちで取り組んでます。

絶対に半年で結婚を決めてやる!と結婚することにこだわりがある人は結婚相談所が向いています。

結婚相談所のデメリット

婚活サイトや婚活パーティーよりも精神的な消耗は大きいです。

月間の紹介人数が少ない

婚活アプリ・サイトではうまくやれば月に数十人とメッセージ交換、面談も自分の努力次第で5人、10人といくらでも増やせます。

一方、結婚相談所では月に2人~多くても10人程度しか紹介してもらえません。結婚相手にはこだわりたい!と思っているタイプだと、なかなか決められずにズルズル婚活を続けてしまう可能性があります。

手間がかかる

店舗型の結婚相談所だと、相談しにいったり、お相手を検索したり、初回のお見合いだったりとなんだかんだ店舗に通わなくてはいけません。

自宅で、オンラインで完結する婚活サイトと比較すると時間もお金も手間もかかります。

また、結婚相談所はまず「会う」ところからスタートですが、ここも時間とお金がかかります。

婚活サイトでは詳細なプロフィールや自分自身で書いた文章から相手の性格や雰囲気が判断できるので、実際会った時のギャップが少ないのは婚活サイトだと思っています。

こちらの記事では結婚相談所の入会を辞めた理由について語っています。

代表的な店舗型の結婚相談所

大手の結婚相談所の一覧は以下の通りです。

サービス名 費用感 店舗数 詳細へ
楽天オーネット 安い 40店舗 詳細
ゼクシィ縁結び
カウンター
とても安い 24店舗 詳細
ノッツェ 高い 56店舗 詳細
パートナー
エージェント
高い 30店舗 詳細
サンマリエ 高い 60店舗 詳細
ツヴァイ 安い 66店舗 詳細
IBJメンバーズ とても高い 13店舗 詳細

婚活パーティーと婚活サイトを比較

婚活パーティーについて

次に婚活パーティーと比較をしてみます。ちなみに、私自身は今まで10回以上、6社の婚活パーティーへ参加した経験があります。

婚活パーティーを使うべき人・メリット

相手の外見やしぐさ、雰囲気、話し方を重要視する人

婚活パーティー一番のメリットは対面でお話ができる点。婚活サイトでどれだけ素敵なメールを貰っても、外見がタイプではなかったら、話し方やしぐさが生理的に受け付けなかったら、そこで終了です。

直接話して判断したいならば、1度に複数人と会えるお見合い形式のパーティーのほうが効率的でしょう。

会話がうまく、初対面でもすぐに打ち解けられる人

婚活パーティーでの会話時間は1人3分~長くても10分。この間で自分の魅力を伝え、相手と打ち解ける必要があります。

人見知りには辛いですよ~、とにかく会話を続けることでいっぱいいっぱいになってしまいます。初対面の相手でも緊張せずに話せる人が断然有利です。

人見知りはじっくりメッセージ内容を考えられる婚活サイトが向いています。

婚活パーティーのデメリット

時間と費用が掛かる

婚活パーティーの平均時間と費用は、1回2時間5000円。これに移動時間や交通費がかかるので、いつでもどこでも活動できる婚活サイトと比較するとデメリットでしょう。

忙しくて婚活に時間をかけられない、何度も婚活パーティーに行く経済的な余裕がない、という人は婚活サイトに向いています。

カップリングが難しい

婚活パーティーで異性と会話ができるのはたった数分。それだけで「どの人とカップルになりたいか」をきめるのはなかなか難しいです。

結果的に、愛想が良く可愛らしい女性とステータスが高くさわやかな男性に人気が集まってしまいます。

話術や外見など自分磨きをしないと成果が出せないのが婚活パーティーです。自分に自信がないタイプには向いていません。

代表的な婚活パーティー

私が参加したことのあるパーティーを中心に、全国で参加できる大手の婚活パーティーをまとめました。

サービス名 対応エリア 公式HP
パーティーパーティー 全国48か所 詳細
シャンクレール 全国63か所 詳細
おとコン 全国28か所 詳細
ゼクシィ縁結びパーティー 全国21か所 詳細
ホワイトキー 全国37か所 詳細
エクシオ 全国98か所 詳細

結論:婚活サイトは他の婚活方法のデメリットをカバーできる

婚活パーティーと婚活アプリを併用していくとより良い結果が出ると思います。

婚活サイトのメリットは費用が掛からず、時間もかからない手軽さ。一方でデメリットは実際に会うまでに時間がかかる点と、会うまで相手の外見や雰囲気がわからない点。

結婚相談所や婚活パーティーはお見合いがスタートなので、婚活サイトのデメリットをカバーすることができますが、逆に婚活費用と時間がかかります。

お互いのメリットとデメリットが真逆になっているのが婚活サイトと婚活パーティー&結婚相談所です。

よって、婚活サイト+他の婚活方法でうまく活動することができれば、悪い部分を補い、より早く良い相手と出会えるのではないでしょうか。

婚活セミナー講師に聞いた、婚活アプリで成功するコツ

最後に婚活アプリで素敵な異性と出会い、スムーズに結婚に進むため、成功のポイントを解説します。

婚活アプリ成功のポイント

  1. 理想の異性とマッチングすること
  2. メッセージで仲良くなりデートに誘うこと
  3. デートを成功させ、恋愛に発展させること

それぞれのポイントを解説していきます。

1:マッチング率を上げるプロフィール作成のポイント

婚活アプリで活動するスタートは「マッチング」です。

人と会うときに一番重要なのが「初頭効果」です。いわゆる第一印象ですね。初対面のたった6秒の印象が強く残り、その後の評価にも影響を与えるのです。

あなたが初めにこの記事を見たとき、どう思ったでしょうか。「信頼できそうだから読んでみよう」「なんだか怪しいサイトだな」その印象のまま読んだ文章は、それぞれ捉え方が違うと思います。

例えば、きちんと外見を整えたA子さんと、寝起き状態の不機嫌なA子さんで比較してみます。

婚活における第一印象の重要度をグラフで紹介

マッチングアプリでの出会いも、このグラフと同じです。

第一印象=プロフィール写真の印象がマッチング率に直結します。

一番早いのはプロのカメラマンにお願いすること。1万円ほどでマッチングアプリ向けのプロフィール写真を撮影してくれるサービスがあります。

また、もし自分で撮影する場合は、以下の記事で細かく解説しているので、読んで実践して見てください。

2:メッセージで仲良くなりデートに誘うこと

マッチングできた後は、メッセージで仲良くなりデートに誘う必要があります。

デートに誘って行くコツは、自分なりにOKをもらえる成功パターンを作ること。この点については、別の記事で詳しく解説していますので、メッセージに苦手意識がある人は参考にしてください。

3:初めてのデートで失敗しない、身だしなみと挨拶のポイント

人を判断するとき、55%が視覚、38%が聴覚、7%が言葉で判断されると言われています。いざ初デートとなると、考えてしまうのは「どこにいこう」「何を話そう」ということばかりです。

ですが、話す内容よりも、声のトーンや表情が重要です。

例えば、同じテーマで会話をしていたとしても、表情や声のトーンが明るい相手と、声も表情もくらい相手では、デートの後の印象が真逆になってしまいます。

特に、ここでも第一印象となる、会った時の挨拶がもっとも重要です。これは直接会う時も、オンラインのビデオ通話で会話する時も共通です!

初めて会った時の挨拶例

笑顔で、普段よりもワントーン高い声を意識して、ゆっくりハキハキと話すと印象が良くなります

言葉については挨拶の例文を準備したので、そのまま使えば失敗はありません。

婚活で使えるあいさつ例文(女性編)

挨拶の例文を2つ出します。

女性アイコン

B男さん初めまして。A子です。よろしくお願いします。(笑顔)私人見知りなのでうまく話せなかったらごめんなさい!

女性アイコン

初めまして、A子です。よろしくお願いします。B男さんですね、素敵なお名前ですね!とても覚えやすいです(笑顔)

ポイント

  • 相手の名前を呼ぶこと
  • 6秒の中で笑顔と目線を合わすことを意識
  • 相手を褒める
  • 自分の弱点や本音をあえて話す

挨拶で成功すると、素敵な女性でよかった、安心した。と思ってもらえますよ。

婚活で使えるあいさつ例文(男性編)

男性の挨拶例2つです。

男性アイコン

A子さんこんにちは(笑顔)!B男と申します。緊張してますがよろしくお願いします。早速ですが、カフェを予約しているので向かいましょう!

男性アイコン

B男です、初めまして。A子さんとお呼びして大丈夫ですか?…よかった。今日はお時間いただいてありがとうございます。

ポイントはとにかく誠実で爽やかな雰囲気を出すこと。

NGポイント

逆によくやってしまうNGポイントは以下の通り。注意しましょう。

  • 目を合わせないで話す
  • 胸や足など体をチェックするように見る
  • 美人、可愛いと顔を褒めてしまう

婚活の場ですから、デート慣れしすぎている様子も女性からすると不安になります。婚活の場では真面目さが重要です。

まとめ 婚活アプリは効率よく結婚相手を探せるツール

婚活サイト・アプリについてのまとめ

婚活サイトを調べた結果、思っていたよりもサイトそれぞれに特徴がありました。

自分に合う婚活サイトを選ぶためには、

  • 会員の年齢層を知る
  • 結婚するまでのコスパを知る

この2点が重要です。

私がおすすめする下記の7つのサイトは、どの年代でも、どのエリアでも出会いが期待できます。つまり、初心者向きってことですね。

全てのサイトが無料で登録できます。

実際に使ってみて、プロフィールを検索してみて、「ああ、こういう感じなんだ」と理解してから、気に入ったらお金を払えばいいのです。

出会いのきっかけは様々。もしも、「自分に合う婚活サイトがわからない!」とお悩みであれば、マッチングアプリ大学の公式ツイッター宛てに連絡してみてください。

わたくしがお答えします^^

→もう一度ランキングを見る

読者からのコメント

残念ながら無料の優良婚活サイトは存在しない、というのが参考になった。確かに、って。日本国内でネットで結婚相手を探すならやっぱりマッチ・ドットコムなんだね。そろそろ有料会員になろうかなって思った(笑)。

39歳・女性

結婚相談所は、確かにやらなければいけない!という思いに追われますね笑。しっかりとコーディネーターがいるので、会うお相手も信頼が出来ますが、私には婚活系アプリの方が気軽にできて合っているかなと思います。自分のその時の状況で上手く使い分けられたら1番かも。

34歳・女性

年代層とかなーんにも考えずに使ってましたが、そんなに色々あるとは………(笑)自分の周りにもマッチングアプリ使ってる人たくさんいます。大体みんなOmiaiとかPairsとかが多いかな。

25歳・女性

婚活パーティー、一度行ってみたいと思いつつなかなか勇気がなくていけない自分。そんな自分にはこのアプリはとても助かります汗。
仕事が忙しくてなかなか街コンとか行けなくても、アプリでならいつでも連絡取れるし。実際会うとなるとちょっと怖いけど、そこは自分の見る目と運ですかね?w

29歳・女性

自分の意見を投稿する

内容
性別
年齢
名前

公式アカウントをフォロー

マッチングアプリ大学公式ツイッターマッチングアプリ大学公式フェイスブック