婚活サイト&アプリを徹底比較した究極ランキング

婚活サイト&婚活アプリ失敗しない選び方

婚活歴5年、やっと理想の相手と結婚できた私が、今まで使った婚活サイト・婚活アプリについてまとめました。

5年間で調べてきたアプリはなんと26個…!日本国内の婚活サイトはほぼ全て網羅しています。

これから婚活を始める人、今婚活がうまくいっていなくて新しい場を探している人。どちらにも参考になる情報です!

使ってみた!独自ランキング

まずは私独自のランキングです。

総合:総合的なオススメ度、MAX20点

コスパ:料金と会員数から割り出した、1人出会えるためにかかるコストパフォーマンス

真剣度:本気で結婚したい会員が多いかどうか

年齢層:利用者のメイン年代

名前をクリックで解説へ飛びます。

サイト名 総合 コスパ 真剣度 年齢層
ブライダルネット 18.5 8.5 10 30~39
ユーブライド 16.5 8 8.5 35~45
Omiai 16 10 6 20~35
with 14 10 4 20~29
ヤフーパトナー 13 7 6 38~55
マッチコム 13 7 6 30~45
ゼクシィ縁結び 12.5 5 7.5 28~40
エン婚活 12 2 10 30~40
ペアーズ 12 8 4 20~50
ゼクシィ恋結び 11.5 6.5 5 20~33
パートナーズ 11 5 6 40~50
マリッシュ 10 5 5 35~50
エキサイト婚活 10 5 5 30~40
ラブサーチ 10 5 5 40~55
エンジェル 10 5 5 30~39
ノッツェネオ 10 5 5 40~50
プレマリ 10 1 9 35~45
e-お見合い 9 2 7 40~50
再婚.jp 9 3 6 40~50
アエルネ 8 3 5 25~35
クロスポート 7 1 6 30~45
アイキューピット 6 1 5 30~35
ルミエール 6 1 5 35~45
華の会 3 2 1 45~55
Raitai - - - 会員少
婚活サプリ - - - 会員少

※最終評価日:2017年11月2日

以下から解説となりまーす。

※この記事は長めです。すべて読むと約20分ほどかかります。

結婚よりもまずは恋愛から始めたいと考えている方は、婚活サイトよりもマッチングアプリに向いています。マッチングアプリのランキングはこちらから。

>>マッチングアプリランキングへ

おすすめランキング1位~5位の解説

まずは人気やおすすめの婚活サイトが多い5位までを解説します。

おススメランキング1~5位

1位「ブライダルネット」真剣度No1

ブライダルネット

ブライダルネット

bridalnet

  • 日本で最初のインターネット結婚情報サービスとして2000年に誕生。株式会社IBJが運営
  • 30代40代中心。真面目に真剣に婚活しているユーザーが多い
  • 登録時に本人確認書類の提出は必須で信頼性が高い
男性料金 女性料金 会員数
月額3240円 月額3240円 40万人以上

無料登録はこちら


ブライダルネットのお勧めポイント

  • 信頼できる企業が運営、安全性が高い
  • 男女ともに有料で真剣度が高い
  • 料金は月3000円で安い
  • システムや機能も充実

ブライダルネットは婚活業界のボスとも言われる、株式会社IBJが運営しています。

婚活パーティーのPARTYPARTY、結婚相談所のIBJメンバーズ、婚活サイトのブライダルネットと婚活のみに特化した企業ですので、安心して利用することができます。

婚活するならIBJブランドを選んどけばまず間違いないです。

婚活のプロ企業ということもあり、真剣度の高いユーザーの集客に成功。結婚したい男女が集まっています。

利用料も登録無料、活動する場合は月額3000円で婚活相談まで可能です。サービスの良さのわりに料金が安い点でかなりの高評価!

女性が無料のサイトが多い中、ブライダルネットは男女ともに有料。だから他のの婚活サイト・婚活アプリよりも真剣度の高い女性が多いです。

実際に使ってみて真剣度が高い人が多いことは体感済み。ここで出会い付き合ったこともあります。リアルに出会えるという意味では一番成果があったサイトです。

男性は全体的に高収入や高学歴の方が目立ちました。女性も日記などを見る限り、品のあるキャリア系が多いように見えました。

ブライダルネット関連記事

2位「ユーブライド」mixiグループ!


ユーブライド

ユーブライド

  • 17年前からミクシィグループが運営
  • 婚活サイトでは最大級の累計会員数なので、出会える可能性が高い
  • 24時間監視サポート
男性料金 女性料金 会員数
月額3600円 月額3600円 130万人以上

無料登録はこちら


ユーブライドのお勧めポイント

  • mixiグループの婚活サイト
  • サクラゼロ宣言をしている
  • アプリ版があり使い勝手が良い

街コンえくる、婚活パーティーYUCOなど運営している婚活企業の婚活サイト。男女ともに有料ですが、女性は無料プランでも活動が可能です。

検索機能が豊富で、年齢や住まいはもちろん、医師や看護師、公務員など職業での検索や、たばこを吸わない、結婚願望が強いなど価値観での検索まで可能です。

私が使っていてイイネ!と思ったのは、1通目からきちんとしたメッセージをくれる人が多い。相手の人柄がわかりやすく、メッセージ開始率がとてもよかったです。

ただ、ちょっと冴えない40代男性からのアプローチが多めだったので惜しくも2位に。

ユーブライド関連記事

3位「Omiai」アラサー世代向き

Omiai

真剣恋活「Omiai」

Omiai

  • Facebookアカウントがないと登録できない、24時間365日徹底した監視体制で安心安全に利用できる
  • ルックスが良い男女の会員が多く、他のアプリよりもレベルが高い
  • 30歳以上の女性でも、人気があるとゲスト会員という無料で活動できるサービスが付与されることがある
男性料金 女性料金 会員数
月額3980円 無料(29歳以下) 210万人以上

無料登録はこちら


Omiaiのお勧めポイント

  • 20代~30代の婚活アプリといえばコレ
  • マッチングアプリの中では真剣度が高い
  • 焦って結婚よりじっくり婚活派向き
  • 婚活サイトの中では安め

フェイスブックアカウントと連動する婚活アプリOmiai。若い世代に支持のあるアプリの中では真剣度が高く、婚活向き。

男性は高収入、女性は美人が多いと好評で、20代~30代なら一番初めに使ってみてほしい婚活アプリです。

私はOmiai、使い勝手が良くてとても好きです。今回紹介した中では会員数が多いため出会えるチャンスが豊富。毎日新しい出会いがあり、数多くの人と知り合いたいと考えている人には向いている婚活アプリです。

Omiai関連記事

4位「with」20代向き

Omiai

With(ウィズ)

with

  • 20代の会員が圧倒的に多い
  • メンタリストDaigoが監修した恋愛メンタリズムを元に、自分と共通点のある異性と出会える
  • 趣味や価値観を重視した出会いを求めてる人向き
男性料金 女性料金 会員数
月額2800円 無料 27万人以上

無料登録はこちら


withのお勧めポイント

  • 数少ない20代向きの婚活アプリ
  • 恋活や出会い系に抵抗があるけど出会いが欲しい人へ

20代~アラサー世代までならwithとOmiaiの併用をお勧めします。今回紹介した婚活サイトはどれも年齢層が高めで、30代以降の利用者が多いです。

withは会員の7~8割が20代です。自分自身が20代で同年代と出会いたい人、20代の年下がタイプの人はwithが合っています。

withはどちらかといえば恋人探しで真剣度はあまり高くありません。唯一の20代向きということで上位に入れました。

with関連記事

5位「ヤフーパートナー」40代向き


ヤフーパートナー

ヤフーパートナー

  • 20代の会員が圧倒的に多い
  • メンタリストDaigoが監修した恋愛メンタリズムを元に、自分と共通点のある異性と出会える
  • 趣味や価値観を重視した出会いを求めてる人向き
男性料金 女性料金 会員数
月額2900円 無料 300万人以上

無料登録はこちら


ヤフーパートナーのお勧めポイント

  • 40代以上が多い婚活サイト
  • ヤフー運営の安心感
  • 同じ趣味の人と出会える

withとは逆に中高年が多めのヤフーパートナー。とはいっても、18歳から最年長70代までかなり幅広いのが特徴。

また、コミュニティ機能があり同じ趣味の異性と気軽に出会えるのもポイント。使いやすさや機能の豊富さはさすがのヤフーブランド!

真剣度はまずまず。本気で結婚したいと活動している人から、まずはお友達からと考えている人まで様々。

会員数が多く、多種多様な人が集まっているという意味では出会い期待値は高め。

気に入れば使ってみて 5位~の解説

婚活サイト・アプリおススメランキング5位以降

続いては5位以降。真剣度は高いけど料金が高めだったり、ユーザー数が少ない傾向にあります。

ヤフーパートナーの関連記事

マッチコム

マッチドットコム

マッチドットコム

マッチドットコム

男性料金 女性料金 会員数
月額3980円 月額3980円 187万人以上

無料登録はこちら


海外発のマッチングサイト。そのため外国人の登録も多かったり、LGBTのお相手探しができたりとかなり幅広い出会いが期待できます

ユーザー数も多く、料金も定額なので利用する価値はあり。

マッチコムの関連記事

ゼクシィ縁結び

ゼクシィ縁結び

ゼクシィ縁結び

男性料金 女性料金 会員数
月額4298円 月額4298円 30万人以上

無料登録はこちら


ゼクシィブランドの婚活サイト。男女ともに有料で、デザインもキレイかつ相手が有料会員かどうかがわかるので、効率よく婚活を進められます。

アプリはなくサイトのみ。会員数はゼクシィ恋結びよりも少なめです。

ゼクシィ縁結びの関連記事

エン婚活

エン婚活

エン婚活

男女料金 会員数
入会金10,584円
月会費12,960円
1万人以上

無料登録はこちら


「オンライン結婚相談所」というコンセプトのエン婚活。婚活サイトは自分で相手を検索するのがメインですが、エン婚活では基本的に月間6名の紹介のみになります。

婚活サイトと結婚相談所の間にある位置づけ。自力での婚活に限界を感じていたり、客観的に見て会う人を紹介してほしいという希望がある人にはピッタリです。

ただし、入会金がかかることと月額利用料は高めです。数カ月で相手を見つけたい短期集中型にお勧め。

ペアーズ

Pairs

ペアーズ

Pairs

男性料金 女性料金 会員数
月額3480円 無料 600万人以上

アプリ無料インストールへ


マッチングアプリの部類で、婚活より恋活として使っている人が多いです。ただ会員数がマンモス級なのでいろいろな人と出会えます。結婚願望が強い人もかなり多いです。

日本全国、津々浦々、どこにいても出会いがあるという意味では活用すべきだと思います。

ペアーズの関連記事

ゼクシィ恋結び

ゼクシィ縁結び

ゼクシィ恋結び

ゼクシィ縁結び

男性料金 女性料金 会員数
月額3110円 無料※ 30万人以上

無料登録はこちら

※女性、初月のみ108円 本人確認手数料として


ゼクシィ縁結びよりももう少しライトな出会い。こちらはアプリ版が中心です。男性有料、女性無料のため会員数は比較的多め

20代~30代前半向き。30代後半~は縁結びのほうが向いている、と切り分けをしています。

ゼクシィ恋結びの関連記事

パートナーズ


パートナーズ

パートナーズ

男性料金 女性料金 会員数
月額2980円 無料 24万人以上

無料登録はこちら


使い勝手がよく、サクサクと登録や検索ができます。アクティブユーザーも多く連絡もよくもらえるのですが、40代~50代のユーザーが圧倒的に多い…。

アラサー世代の婚活希望者にはちと活動しにくいサイトでした。

マリッシュ


マリッシュ

マリッシュ

男性料金 女性料金 会員数
月額2980円 無料 6万人

無料登録はこちら


バツイチ、シングルマザーが多いマッチングアプリ。30代~40代の男性が多く、アプローチ数も多かったです。相手は初婚が良いと思っている人には若干不向きです。

会員数も伸びてきています。最近は遊びたい盛りの20代前半の登録も少し目立ってきました。相手を見極めて使う分にはいい出会いがあるアプリです。

コスパも真剣度も平均的です。バツイチならまずはマリッシュから使ってみてもよいと思います。

エキサイト婚活


エキサイト婚活

エキサイト婚活

男性料金 女性料金 会員数
月額2980円 無料 6万人

無料登録はこちら


大手「エキサイト」の婚活サイト。婚活サイトの規模としては中規模で、関東エリアの会員が多いですが、地方でも出会いはあるレベルの会員数だと思います。

男女ともに同額の月会費。女性の真剣度が高いので本気で結婚したい人が多い傾向にありました。

サイトも見やすくて私は結構好きですね。

ラブサーチ


ラブサーチ

ラブサーチ

男性料金 女性料金 会員数
月額3980円 無料 155万人以上

無料登録はこちら


婚活サイトの中では気軽に連絡をとりあえる。サイト自体もスマートフォン、パソコンどちらでも見やすく、使い勝手はよいです。

実際に少し使っていましたが、男性からのアプローチが少な目だったのでなかなか出会いにつながらず…。

また年齢層は40代以上がほとんど。同年代には良いですが、初婚を望む30代はほかも検討してみるべし。

登録前に考えて!デメリットありの婚活サイト

個人的におススメできない婚活サイト・アプリ

ここから先は個人的に登録はお勧めできません。料金が高すぎるか会員数が少なすぎてなかなか出会えないか。

ただ、結婚相談所直営でサポートが充実しているものもあるので、人により価値は千差万別だと思います。

エンジェル

サービスが充実していることと、入会にきっちりと審査をしているので好印象でした。デメリットとして入会金がかかってしまうため今回私は登録しませんでしたが、会員の質も高いようです。

とくに男性は大手企業が多く、年収も600万円以上が約4割でした。

ノッツェネオ

デメリットは会員数がかなり少ないこと、ガラケー向きの設計になっていること。日記投稿を見ると1年以上前の日付のものが最新になっていたため、ここで出会うのは非常に難しいのでは…。

ノッツェも婚活企業ですが、一番力を入れているのはおそらく結婚相談所の方。ネオはおまけという感じを受けます。

プレマリ

結婚相談所が運営している婚活サイト。自分で相手は探せるけれど、実際に会う際のお見合いセッティング、成婚までのフォローなどのサポート体制がかなりしっかりしている。

自分ひとりの力ではどうにもできない、でも結婚相談所を使うまででもない…という場合に良いかもしれません。

デメリットとして、成婚料が10万円かかるので料金的にはほかの婚活サイトに比べると非常に割高です。

e-お見合い

メッセージ開始のために一人あたり男性3000円、女性2000円かかる。これ料金がめちゃくちゃ高いです。だってOmiaiやペアーズなど月額プランなら4000円あれば5人、10人とメッセージ交換ができるから。

かなりコスパが悪い婚活サイト。

登録はお勧めできない婚活サイト

登録しないほうがいい婚活サイト・アプリ

以下の3つは登録しないほうが良い婚活サイトです。料金がかなり割高だったり、そもそも中身は出会い系のようになっていたり。

会員数がほぼおらず、お金を払っても誰ともつながれないという結果だったり…。

要注意サイトです。

アイキューピット

プロフの写真確認に100円、メール送信が1人500円、メアドやLINEのアドレス送信が1500円と出会い系よりも高額。恐ろしい料金設定。

実際に会うまでに何人かとメールのやり取りをすることを考えると、月額固定のほうがコスパが良いです。

ルミエール

婚活パーティーエクシオの婚活サイト。会員数がとても少なく、男女合わせて3000名ほど。この中で現在も活動している人数を考えると、おそらく全国合わせて数百人なのでは。

課金して利用すると考えると少し物足りないかなという印象。

婚活サプリ

ここは会員数が男性32人しかいなかったので使っていません。

メッセージ以外にもビデオチャットができる婚活サイトです。実際に会わなくても相手の動く姿やしゃべり方などを確認できるのはとても効率が良いです。

人がいないのでほぼ運営放棄しているのではないでしょうか。もったいないです。

華の会

華の会メールは婚活サイトとして広告を打っていますが、実際には大人の出会いやアダルト向きの「出会い系サイト」に分類されます。

PCMAXやワクワクメール、ハッピーメールなどと同じように、掲示板経由で出会うのですが、援助交際の業者やキャッシュバッカーも多いため、登録はお勧めしません。

「特化型」婚活サイト

面白かった企画系の婚活サイト

以下は特定の人同士が出会える婚活サイトです。刺さる人には刺さる。私は無料登録とデータ確認だけしたため、実際にどんな人と出会えるかは未知数です。参考程度にどうぞ。

アエルネ

オタク婚活サイトです。好きな作品をプロフィールに登録したり、日記に好き勝手にオタク愛を語ったり…。そんな中から連絡が始まり、恋が生まれる、的な婚活サイトです。

こちらも特化型で、同じオタク趣味の人と出会いたいという人にはお勧めです。

ただ料金は少々お高め。男女ともに月額3000円台の婚活サイトが多い中、男性5000円、女性2000円です。

再婚.jp

バツイチ同士の出会いを推奨しています。プロフィールに離婚理由や離婚時期などを記載する枠があるため、初婚の場合は登録ができません。

プロフィール登録は面倒くさいと感じるほどの細かさ。その分相手の真剣度もわかるので良いです。

ただサイトがめちゃくちゃ使いづらく、スマホ対応もしていません。パソコンで週に何度かチェックするような使い方になると思います。

クロスポート

まさかの「処女限定」婚活。かなり限られた人しか登録できないうえに、男性側もそれを望んでいる。かなりニッチな婚活サイトです。また男性会員を検索したところ、全国で2700人ほどとかなりの小規模でした。

Raitai(ライタイ)

私は使っていませんが面白い婚活サイトなので紹介します。ライタイは「農業専門の婚活サイト」です。

農家になりたい女性は農家に嫁ぐのが一番、というコンセプトから、農家の跡取り息子と農家をやりたい女性のマッチングサイトです。

このように求めている人にとっては非常にありがたい婚活サイトは面白く、応援したいと感じるものですね。

全26の婚活サイトを見て比較してわかった「良い婚活サイト」って?

いい婚活サイトとは?

婚活するにあたり、現状で調べた26の婚活サイトを比較してみると様々なことが判明しました。

婚活サイトを選ぶうえで重要な情報になるためシェアします。

会員数の多さは重要である

婚活サイトにおける会員数の重要性

会員数の多さ=出会える人数 だと思ってください。

累計会員数÷ 運営年数÷2×エリア倍率(関東50%、地方の政令指定都市30%、それ以外10%)

これは私が独自に編み出した、そのサイトの出会い指数です。

累計会員数が多いということはそれだけ現在の会員数も多く、新規会員として入ってくる数も多いはずです。

そこから、男女半々と計算して2で割り、エリアでの出会い倍率をかけます。

その結果の上位10位は以下になります。

サイト名 出会い指数
ペアーズ 300,000
ヤフーパトナー 125,000
ユーブライド 108,333
Omiai 105,000
with 67,500
マッチコム 51,944
ゼクシィ恋結び 37,500
ゼクシィ縁結び 37,500
ラブサーチ 24,219
アイキューピット 8,929

私が実際に使って、もらったアプローチの数と一致して考えると大きくはズレていないと思います。

ダントツで会員数が多いペアーズはそれだけ出会える確率が高いです。

結婚相手を見つけるためには、数多くの異性と会うことが必要不可欠です。そう考えると会員数の比較は婚活サイトを選ぶときの一つの指標になります。

料金とコスパは絶対に確認しておくべき

婚活サイトの選び方はコスパも重要

婚活サイトの中でも結婚相談所に近いサイトは入会金や登録料、成婚料がかかります。また登録は無料だけど、連絡先交換で料金がかかる場合もあります。

そこから、婚活をして結婚するまでのコスパを割り出してみます。

いろいろな説がありますが、人生のうちで仲良くなる確率があるのは「300人」といわれています。

この中の半分が異性だとして150人。新しい出会いが期待できるのが70歳までと仮定すると1年間で2人!

確かに新しい友達って増えても年間1~2人ですよね…。

そして結婚適齢期といわれる25~35歳の10年で考えると20人。

今回は結婚するまでにデートする人数を20人と仮定して計算してみます。

20人と連絡先交換をして退会するまでに必要な経費を比較しました。

※月額性のものは自身の努力次第なので、1ヶ月換算しています。

サイト名 男性 女性
マリッシュ ¥2,980 ¥0
ヤフーパートナー ¥2,900 ¥0
ゼクシィ恋結び ¥3,110 ¥120
ブライダルネット ¥3,240 ¥3,240
クロスポート ¥3,250 ¥0
ペアーズ ¥3,400 ¥0
with ¥3,400 ¥0
エキサイト婚活 ¥3,500 ¥3,500
ユーブライド ¥3,600 ¥3,600
Omiai ¥3,980 ¥0
マッチコム ¥3,980 ¥0
ラブサーチ ¥3,980 ¥0
パートナーズ ¥3,980 ¥0
ゼクシィ縁結び ¥4,298 ¥4,298
アエルネ ¥5,000 ¥2,000
ルミエール ¥14,040 ¥14,040
エンジェル ¥17,980 ¥0
エン婚活 ¥25,541 ¥25,541
華の会 ¥30,000 ¥0
再婚.jp ¥30,000 ¥30,000
アイキューピット ¥40,000 ¥0
eおみあい ¥40,000 ¥40,000
ノッツェネオ ¥90,000 ¥90,000
プレマリ ¥120,000 ¥120,000

ここで気にすべきは月額料金以外の費用です。

  • 入会金や登録料が必要
  • メール開始時に課金が発生
  • 成婚料がかかる
  • メール1通あたりの課金が発生

この4点を採用しているサイトは正直「時代遅れ」です。

月額で使い放題のサイトが多い中で、1人と連絡先交換に2000円というのは非常に効率が悪いです。

1万円以上かかるサイトは上記のいずれかに当てはまるため、よっぽど気に入ったということでなければ外すほうが良いと思います。

使いやすいシステムかどうかは継続のカギとなる

婚活サイトを継続して使うカギは使いやすさ

以下はアプリに対応しているか、スマートフォン対応しているか?の表です。

サイト名 スマホ対応 アプリ対応
ヤフーパートナー
マリッシュ
ゼクシィ恋結び
ペアーズ
with
ユーブライド
Omiai
マッチコム
ブライダルネット ×
クロスポート × ×
エキサイト婚活 ×
ラブサーチ ×
パートナーズ ×
ゼクシィ縁結び ×
アエルネ ×
ルミエール ×
エンジェル ×
エン婚活 ×
華の会 ×
再婚.jp × ×
アイキューピット ×
e-お見合い ×
ノッツェネオ × ×
プレマリ × ×

アプリ、スマートフォンに対応しているということは、運営会社も力を入れてサービス運営をしている証拠。

それだけ機能のアップデートやメンテナンスもされています。

1週間のうちでパソコンを開く回数が5回以下という人は、スマートフォン対応しているものを選ばないと婚活が続きません。

またアプリ版があれば毎回ログインをする必要もないですし、LINEでやり取りする感覚でメッセージの送受信ができます。

WEB版もアプリ版も対応しているものを選ぶのがお勧めです。

良い婚活サイトの見分け方の次は、自分に合う婚活サイトの選び方です。

年代別おススメ婚活サイトを解説

婚活サイトでまず初めに見るべきなのは「会員の年齢層」です。これは実質結婚する相手の年齢につながるのでとても重要です。

例えば20代前半が多いwithに50代が登録したら…。55歳男性が23歳の女性とマッチングする可能性はほぼ0です。「おっさん無理ぽよ~」と全く相手にされません。

逆に同年代と付き合いたい26歳女性がヤフーパートナーに登録すると、アプローチをくれる大半が40代以上です。若いというだけで確かにモテますが、おじさんにモテても結婚にはなかなかつながりません。

年の離れた異性が好きという場合は逆手にとって活用するのもアリですが、同年代と結婚したいなら会員の年齢層をチェックしてから登録してください。

以下はユーザーの年齢層と会員数のマップです。

濃い赤の部分は会員数が多く、薄くなるにつれ会員数が少なくなります。こちらは私の独自調査のため、実際の数値とは異なる場合があります。参考までに。

各婚活サイト・アプリユーザーの年齢層と会員数のマップ

それぞれ年代別にお勧めを解説します。

20代前半は「with」一択!

20代前半は婚活市場では需要が少ないです。というのも、婚活をしている年代は平均30代。20代前半が婚活に登録しても「若いね、もっと遊びなよ」と相手をしてくれません。

だからこそ同年代と出会える婚活アプリがオススメ。

withはマッチングアプリに分類されますが、婚活でも恋活でも使えるアプリです。若い世代向きのアプリはほとんどが出会い系に近いものです。真剣に恋愛したいと思っているなら、withに登録しておけば間違いないでしょう。

20代後半は真剣度の高いマッチングアプリ「with」「Omiai」

結婚願望が強くなり始める20代後半。どんな相手と結婚したいか明確に考えられるようになってくるのもこのころです。

20代後半はモテる時期なので、いくらでも選り好みできます。こういっては失礼ですが、需要が少ない30代後半~40代がたくさんいる婚活サイトにいってはもったいないです。

同年代同士の出会いを探して、マッチングアプリの中でも真剣度が高く、婚活に使っている人が多い「with」もしくは「Omiai」に登録するのがお勧めです。

30代前半

30代前半になると、周りが結婚し始めてすこし焦りが出てくる時期です。より真剣度が高く、同年代と出会えるサイトに登録するのがオススメ

該当するのは「Omiai」と「ブライダルネット」

30代前半って一番いい時期なんですけど、婚活サイトの多くは35歳以上の登録が多いんですよね…。

アラサー世代なら、ガツガツの婚活サイトよりもマッチングアプリで出会いの幅を広げていくのがお勧めです。

30代後半

30代後半は婚活サイトではドンピシャ世代です。どのサイトに登録しても出会いの数は多くなります。

沢山の人と会って短期間で結婚したいのか、1人とじっくり交流しながらマイペースに婚活するのか。自分の婚活スタイルに合わせていくのがお勧めです。

お勧めサイトとしては以下。

  • ブライダルネット
  • ユーブライド
  • Omiai
  • マッチコム

40代

40代に入ると、ここまで来たんだから妥協はしたくない!と逆に希望が高くなる人が増えていきます。

婚活サイトでも20代にアタックする40代男性がめちゃくちゃ多いです。また、容姿重視でかわいい子にアタックしまくっているおじさんもめちゃくちゃ多いです。

女性もおじさんは嫌!と年下君を狙いに行ったりしていますが、美魔女でもない限り無謀です。男性は正直なので見た目年齢を重視する傾向にあります。

30代の私から言わせると、よほど紳士的でお金持ちでない限りはスルーします…。

40代男性は、30代後半~40代前半の女性を狙って活動するのが正解です。

お勧めサイトは

  • ブライダルネット
  • ユーブライド
  • ヤフーパートナー
  • ゼクシィ縁結び
  • エキサイト婚活

50代中高年、60代シニア

再婚活が増える時期。今、50代以上の婚活サイト利用者や出会い系サイト利用者はすごく多いです。ただお金をためてきた人も多いだけあって、悪質な出会い系に引っ掛かる人も多いそうです。

料金が明確で40代~60代の会員も多いサイトは

  • ヤフーパートナー
  • パートナーズ
  • ラブサーチ

あたりです。

バツイチなら、

  • マリッシュ
  • 再婚.jp

ものぞいてみてください。

婚活サイト・婚活アプリに対しての不安について

婚活サイト・婚活アプリに対しての不安

私が始める前に持っていた婚活サイトに対する不安と、実際に使ってみた後の結果について解説をします。

インターネットで出会い実際に会うことの安全性

正直、これは今でも怖さがあります。顔や相手が未知の中会うのは本当に緊張します。ただネットお見合いではその名の通り、ある程度相手を知った後に会うというステップを踏みます。

私は「家から少し離れたエリアで、1時間ほどお茶」をはじめに指定することが多いです。女性は男性側からの指定には従わないほうが良いです。

そういった点では、参入障壁が高い入会金や入会時の審査が必要な婚活サイトは比較的安全です。

サクラ、業者、迷惑ユーザーについて

例えばマルチビジネス、ヤリモクといった婚活以外の目的を持つ人は、その目的を達成するために自分の都合の良い時間・場所で会おうとしてきます。

マルチビジネスなら特定の駅・特定のカフェに呼ぶ。

ヤリモクは自宅に行きたがる、お酒を飲ませたがる、ホテルが多いエリアで会おうとする。

女性側の業者にはいくつかパターンがあります。女性から体の関係を求めてくるのは金銭を要求してくる援助交際の業者。数通目のメールでLINEのIDを教えてくるのはID収集業者です。

詳しく解説するともう少し長くなってしまうのですが、事前知識を持っていればこういった迷惑ユーザーは事前に避けることができます。

注意すべきは…「結婚詐欺」。付き合った後に本性を見せることがあるため注意が必要です。このタイプの人は会社の名刺をもらう、フェイスブックで友達としてつながる、など周りから攻めていくとボロが見つかりやすいです。

サイトの安全性について

また、知らないうちに莫大な利用料が届くのではないか?というのも不安でした。今回紹介しているサイト、特にお勧めしているものはすべて大手企業が運営しています。ですので、架空請求が来たり個人情報を悪用されたりということはありません。

ただ、ポイント課金のものは注意です。

メールの開通に1人1500円といったシステムを取っているサイトは避けたほうが良いです。お金を払ったのに連絡が来なかったということはザラです。

損をしないためにも月額料金のサイトを選びましょう。

まとめ 実は奥が深い「婚活サイト」

婚活サイト・アプリにつてのまとめ

婚活サイトを調べた結果、思っているよりもサイトそれぞれで特徴がありました。

自分に合っている婚活サイトを選ぶときは、

  • 会員の年齢層を知る
  • 結婚するまでのコスパを知る

この2点が重要です。

私がおススメするこの6つのサイトは、どの年代でも、どのエリアでも出会いが期待できるサイトです。つまりは初心者向きですね。

全てのサイトは無料で登録ができます。

実際に使ってみて、プロフィールを検索してみて、ああこういう感じなんだって理解してお金を払えばいいのです。

出会いのきっかけは様々です。もしも「自分に合う婚活サイトのお勧めがわからない!」とお悩みであれば、マッチングアプリ大学の公式ツイッター宛てに連絡してみてください。

わたくしがお答えします^^