日本酒好きも初心者もきっとハマる!三宅本店の「千福」でおうち居酒屋デートしよう

こちらで紹介するのは、広島県呉市にある「三宅本店」の日本酒「千福」をメインにしたおうち居酒屋デートの楽しみ方です。

三宅本店は創業160年以上の歴史ある酒造です。日本酒が好きな方はもちろん初心者にも親しまれるお酒をと酒造りに取り組まれていて、風格ある銘酒からリキュールタイプまで多種多様に揃うんですよ

乾杯酒にはスパークリング、食中酒にはふくよかな吟醸酒、食後にはほんのり甘いリキュール酒といったように多彩な楽しみ方ができるので、ワクワク続きのデートになるはずです!

珠玉のお酒から飲みやすいタイプまで揃う三宅本店

広島県呉市の酒造「三宅本店」の外観

創業160年以上の三宅本店は、広島県呉市にある酒造です。

三宅本店で醸されているのは、広島県を代表するお酒「千福」!呉市の名峰・灰ヶ峰から汲み上げた伏流水と、厳選した酒米でじっくりと丁寧に醸します。手間を惜しまずに良いお酒を造ることにこだわる千福は、日本はもとより世界中から注目されている銘酒なんですよ。

たくさんの幸せを招いてくれそうな「千福」という名前も、二人をハッピーな気分にさせてくれそうですよね。実はこの名前は、三宅本店の初代のお母様と奥様の名前に由来しているのだそう。

女性への敬意を込めて名付けられているので、男性から女性へのプレゼントにもきっとぴったりです。彼女に内緒で用意しておけば、いつものおうちデートが一瞬にして特別なひと時に変わるはず!

そんな千福は、歴史を重んじたお酒や受賞歴多数の銘酒から、日本酒ベースのリキュール酒やスパークリング日本酒まで、多彩な品揃えも魅力なんです。日本酒好きも初心者も満足できるお酒があるので、お気に入りの1本に出会えるはずですよ。

では、三宅本店の社員・向井さんに酒造りの歴史とこだわりについて詳しく伺いましょう。

初代が母と妻への感謝を込めて名付けたのが三宅本店の「千福」

広島県呉市の酒造「三宅本店」の入り口付近

編集部

三宅本店が酒造りを始めたきっかけや、歴史について教えてください。

向井さん

千福の醸造元である三宅本店は、1856年に広島県呉市で創業しました。千福という酒銘は、初代・三宅清兵衛が母「フク」と妻「千登(チト)」の名から一文字ずつとり名付けられました。社業を支え、従業員を心底慈しんだ母や妻の功労への心から感謝の思いが込められています。

縁起の良い酒銘と確かな味わいで地元に根付き、1920年には海軍から「220日余りの航海中、何回かの赤道通過にも変質・変味がなかった」として高い評価をいただいたんですよ。その後、全国の海軍基地へ納入され、日本全国で千福が飲まれるようになりました。

しかし、1945年の呉市街空襲によってあらゆるものが燃え尽き、弊社はすべてを失いました。ゼロからの再出発となりましたが、復興への強い意志と周囲の方々の援助のおかげで再び酒を造れるようになり、現在の弊社があります。

今も変わらぬ思いのもと日々研鑽を重ね、酒米の個性を活かした最高の味わいを追求しています。

編集部

千福というと広島を代表するお酒として有名ですが、その根底には女性への愛情が込められていたのですね。カップルでいただく際、男性からパートナーへそんなエピソードとともに改めて愛の告白をしたら、より思い出深いおうちデートになるかもしれません。

呉市の名峰・灰ヶ峰の伏流水と広島産の酒米で酒を造る

広島県呉市の酒造「三宅本店」が使用している灰ヶ峰の伏流水

編集部

次に、お水や原料米へのこだわりを教えてください。

向井さん

千福では呉の銘水「灰ヶ峰伏流水」を使って酒を仕込んでいます。灰ヶ峰は広島県呉市に大きくそびえ立つ標高737mの独立峰です。灰ヶ峰の地下に流れる伏流水を自社の井戸で地下60mから汲み上げています

ほどよくミネラルを含む軟水に分類される上質な水で、口当たりがやわらかくまろやかで飲みやすいのが特長です。

酒米は広島産の米が中心に厳選しています。広島県の北部はほどよい日照時間や清らかな水、昼・夜の大きな気温差など農産物の生育に必要な条件が揃っており、質の良い米作りが盛んに行われています。中国山地の恵みを酒造りにも存分に活かしています

編集部

千福は、広島の自然を体現したものと言っても過言ではないですね。ひと口いただくと、呉市の雄大な海や山が目に浮かびそうです。呉市、そして広島を思いながらお酒をいただくと、二人で旅をしている気分にもなるかもしれませんね。

「最高に旨い酒」を目指して革新を続ける

編集部

三宅本店ならではのこだわりや思いについて教えてください。

向井さん

私たちが100年以上に渡り一貫して大切にしているのは、「酒の味」です。人生の様々なシーンで「最高に旨い」と思える酒を生み出すことで、皆様の毎日を幸せな時間に変えるお手伝いをさせていただきたいと思っています。

そんな私たちが起用しているのは、吟醸造り、つまり軟水醸造法を生み出した安芸津杜氏の流れを汲む酒造りです。軟水で時間をかけて仕込むことで、濃醇で旨味に富んだふくよかな味わいに仕上がります。

広島県呉市の酒造「三宅本店」の大名杜氏
▲三宅本店の大名(おおみょう)杜氏。人の和を大切に、若い蔵人たちと共に日本酒の新しい魅力をつくる

広島県呉市の酒造「三宅本店」の瀬戸杜氏
▲20年以上酒造りに取り組んでいる三宅本店の瀬戸杜氏。国内外のコンテストで金賞を多数受賞する酒を造る

また、近年では酒の質をさらに良くしようと、火入れ方法への変更をはじめ酒造りの見直しや改善をおこないました。この結果、2020年にはIWC ゴールドメダル受賞やKuraMasterプラチナ賞・審査員賞など、国内・国際コンテストで多数の賞をいただくことができました。

編集部

軟水での酒造りは、ものすごく大変なのだそうですね。時間や手間を省くことなく、美味しさを追求しようというお気持ちがひしひしと伝わってきます。

伝統を踏襲するばかりでなく、新しい手法やノウハウも取り入れながら革新を続けていらっしゃる点にも感銘を受けますが、それに伴い新しい銘柄も生まれているのでしょうか?

向井さん

はい、新しい酒造りに日々取り組んでいます。定番の日本酒はもちろん、こだわりの酒「神力」や初心者向けのスパークリング酒「シュワルン」、燗で最高に旨い酒「激熱」など幅広く揃えています。

様々な分野とコラボした酒や、広島レモンと純米酒を使ったリキュールなどもありますよ。

広島県呉市の酒造「三宅本店」で造られるサムライソーダの素
▲日本酒の概念を覆す新感覚の味わいのリキュール「サムライソーダの素」

すべては「日本酒の魅力を伝えたい」、その一心です。日本酒は日本の最高の文化のひとつですので、日本酒を後世に残していくためにも、酒好きな方はもちろん初心者の方にも楽しんでいただきたいと思います。

編集部

三宅本店の皆さんの強い思いが込められたお酒だと知ると、千福をより深く味わうことができそうです。ただ飲むのと、ストーリーに思いを馳せながら飲むのとは、同じお酒でも味の感じ方が変わってきますよね。

本日聞かせていただいたお話は、千福をメインにしたおうちデートをより充実させてくれることと思います。素敵なお話をありがとうございました。

三宅本店が醸す千福の主なラインナップ

三宅本店は、千福に一点入魂する酒造です。とは言っても、千福には甘口から辛口まで実に様々なお酒があるので、いろいろと試しがいがあると思います。

千福を飲むのが初めてでどれから試そうか迷ってしまうという方は、まずは以下の看板銘柄から始めてみてください。

三宅本店の渾身の一本「千福 山田錦純米大吟醸35」

「千福 山田錦純米大吟醸35」は、「今の時代にふさわしい最高の純米大吟醸を造りたい」という杜氏と蔵人たちの一途な思いから誕生した日本酒です。広島県産の酒造好適米・山田錦を精米歩合35%まで磨きあげ、麹造りには伝統の技法・蓋麹法を採用して低温発酵で時間をかけて丁寧に仕込んでいます

こだわり抜いた上質なお酒なので、お祝いのシーンにもぴったり。大切な方への贈り物にもふさわしい」三宅本店肝いりのお酒です。

「千福 山田錦純米大吟醸35」の受賞歴

三宅本店の渾身の一本「千福 山田錦純米大吟醸35」 アルコール度数 16度
酸度 1.6
日本酒度 -7.0
金額 720ml 5,500円

いちばん人気は「千の福 味わいの純米吟醸」

「千の福 味わいの純米吟醸」は、食中酒として最適な味わいを追求した純米吟醸酒です。和食はもちろん、フレンチやイタリアンにも合うんですよ。

このお酒のポイントは、広島県産の米と広島の酵母。穏やかな香りとフルーティーで豊かな旨味、キレのある酸味と軽快な後口が、料理の美味しさを引き立てくれます。

「2021年度 全米日本酒歓評会」銀賞、「KuraMaster」金賞(2021)、「IWC」推奨賞(2021)など、多数の受賞歴が確かな味を保証!選んで間違いありません。

いちばん人気「千の福 味わいの純米吟醸」 アルコール度数 15.5度
酸度 1.6
日本酒度 +4
金額 300ml 550円
720ml 1,320円
1800ml 2,750円

千福の辛口と言ったらこれ!「千福 辛口本醸造」

「千福 辛口本醸造」は、広島県産の米にこだわって醸したキレのよい辛口の本醸造酒です。ラベルの個性的な三角形のデザインは、辛口を表現したものなのだそう。

スッキリとした辛口の中に旨味が感じられる、飲み飽きしない味わいです。熱燗にすると香りと旨味がより一層深まりますよ。ぜひお試しあれ。

千福の辛口と言ったらこれ!「千福 辛口本醸造」 アルコール度数 15.5度
酸度 1.1
日本酒度 +7
金額 300ml 396円
720ml 979円
1800ml 2,057円

甘口タイプで人気なのは「千福 にごり酒」

「千福 にごり酒」は、毎年10月~2月に発売する限定品です。もろみを独自の製法で濾過することで、さらりとした口当たりと、やさしい甘みと旨味のバランスの良さを実現しています。後にはほんのりとした幸せな余韻が残ります。

冷やして飲むのはもちろん、ぬるめのお燗にしても美味しくいただけます。旨味と甘みがさらに際立ちますよ。

なお、夏には爽やかなテイストの「夏にごり」が限定で登場します。

甘口タイプで人気なのは千福「にごり酒」 アルコール度数 16度
酸度 1.5
日本酒度 -15
金額 300ml 447円
720ml 971円
1800ml 2,321円

広島のフルーツを使ったリキュールもご一緒に

リキュール「広島大長レモンのお酒」「広島温州みかんのお酒」の写真

焼酎やジンも造る三宅本店ですが、「広島大長レモンのお酒」や「広島温州みかんのお酒」などのリキュールもあります。

広島県産の柑橘を使い千福の純米酒をベースにしたリキュール。デート中ずっと、広島ならではの味に浸り続けることができます。

冷やしても温めても美味しくいただけます!価格はいずれも1,100円です。

日本酒好き向けの千福

日本酒を飲み慣れている方向けの千福を3種類紹介します。ふくよかさと清らかさが際立つ銘酒ばかり!自然と杯が進むこと請け合いです。

1位:千福が放つ至高の1本「千福 山田錦純米大吟醸35」

日本酒が好きな方にもっとも向いているのは、千福の看板銘柄として紹介した「千福 山田錦純米大吟醸35」です!

果実を思わせる深い香りがあり、口当たりは至極やわらか。上品な甘味とキレのよい後味が風格を感じさせる1本です。冷やしても常温でも美味しくいただけます。

千福が放つ至高の1本「千福 山田錦純米大吟醸35」 アルコール度数 16度
酸度 1.6
日本酒度 -7.0
金額 720ml 5,500円

生ハムをおつまみにしよう

「千福 山田錦純米大吟醸35」は、素材を活かした料理によく合います。牡蠣の昆布蒸しや生ハムなどを、おつまみにしてみてくださいね。食前酒にも向きます。

「千福 山田錦純米大吟醸35」は冷やしても常温でもOK

「千福 山田錦純米大吟醸35」は、10℃前後でいただくのが良いです。20℃前後でも美味しくいただけるので、好みの温度帯で飲んでみてください。

2位:リンゴのような華やかな香り「千福 純米大吟醸無濾過原酒」

「千福 純米大吟醸無濾過原酒」は、米の旨味がしっかりとしたフルーティーな純米大吟醸です。厳選した酒米と酵母で仕込んだ酒を無濾過の原酒に仕上げることで、酒の旨味がより深まっています。

新鮮なリンゴを思わせる華やかな香りが特長で、ひと口含むと甘みがあるふくよかな味わいが広がります。そんな奥深さがありながら後味は爽やか。飲みやすいので、日本酒にこだわる方から初心者の方まで美味しくいただけると思います。

「千福 純米大吟醸無濾過原酒」の受賞歴

リンゴのような華やかな香り「千福 純米大吟醸無濾過原酒」 アルコール度数 16.5度
酸度 1.6
日本酒度 +5
金額 720ml 1,705円

食べ応えのある料理と合わせると真価を発揮!

「千福 純米大吟醸無濾過原酒」は、ハンバーグなどの肉料理と合わせても負けることなく、見事なハーモニーを奏でます。焼き鳥のタレなど、濃いめに味付けした料理をおつまみにしてみてくださいね。

「千福 純米大吟醸無濾過原酒」は冷やすと良い

「千福 純米大吟醸無濾過原酒」の適温は10℃前後です。爽やかさが際立ちますよ!

3位:三宅本店のロマンに触れる「千福 神力生酛純米無濾過原酒」

千福の原点とも言えるお米・神力を明治・大正時代の精米歩合に近い85%で精米し、当時主流だった仕込み方法「生もと造り」で時間をかけて丁寧に醸したお酒が「千福 神力生酛純米無濾過原酒」です。まさに杜氏こだわりの1本で、飲みごたえもたっぷり!

酒造りのロマンを感じさせるお酒で、日本酒にこだわる方こそ感銘を受けるはずです。

「千福 神力生酛純米無濾過原酒」の受賞歴

三宅本店のロマンに触れる「千福 神力生酛純米無濾過原酒」 アルコール度数 19度
酸度 2.3
日本酒度 +5
金額 720ml 1,650円

ウニやカニ味噌と合わせて

「千福 神力生酛純米無濾過原酒」は、チーズ・カニ味噌・ウニの寿司・なめろう・チーズグラタンなど、こってりとした料理との相性が抜群です。ステーキや焼き鳥などの肉料理とも合いますよ。

「千福 神力生酛純米無濾過原酒」はどんな温度でも美味しくいただける

「千福 神力生酛純米無濾過原酒」向けの飲み方は冷酒やぬる燗ですが、常温や熱燗でもOKです!その日の天候や気分次第で、色々と試してみてくださいね。

日本酒初心者向けの千福

千福には、「日本酒が初めて」という方にぴったりなものもたくさん揃っています。紹介するものはすべて、日本酒をベースにした飲みやすいお酒なので、きっと日本酒好きへの第一歩を踏み出せるはず!どのお酒も10℃前後まで冷やして飲むとより美味しくいただけるでしょう。

1位:日本酒のリキュール「千福 サムライソーダの素」

「千福 サムライソーダの素」は、炭酸割り向けに造られた新感覚のお酒です。千福のお酒をベースにしながら、「普段日本酒を飲まない方や飲み慣れてない方でも親しめるように」との思いで誕生したそうです。このお酒をきっかけに日本酒を好きになるカップルが増えるかもしれませんね。

炭酸で割ると柑橘を思わせるフルーティーな香りが立ち上がり、その香りだけでも幸せな気持ちになってしまいそうです。いざ、いただくとバランスの良い甘みと酸味があり、弾けるような爽快感が口いっぱいに広がります

日本酒のリキュール「千福 サムライソーダの素」 アルコール度数 15度(希釈前)
テイスト やや甘口で後口は爽快
金額 720ml 1,155円
専用サイト https://sempuku.co.jp/
samurai/

揚げ物をおつまみにすると美味しくいただける

爽快感が強いお酒なので、和食だけでなく洋食や中華などの濃厚な料理や、揚げ物との相性が抜群です。特に鶏の唐揚げやトンカツと合わせると、感涙もの!

2位:アルコール度数5度で飲みやすい「千福 シュワルン」

「いつもは日本酒を飲まない方にも気軽に楽しんで欲しい」という蔵人たちの熱い思いと遊び心から生まれたのが、低アルコールのスパークリング清酒「千福 シュワルン」です。瀬戸内をイメージしたブルーと招き猫を描いたポップなラベルデザインもキュート!見た目もおしゃれでデートにぴったりです。

新緑を思わせる爽やかな香りと炭酸の軽やかな刺激で、すっきりとした飲みやすいテイストです。やさしい甘味とまろやかな酸味が、幸せなほろ酔い気分を高揚させてくれます。

アルコール度数5度で飲みやすい「千福 シュワルン」 アルコール度数 5度
テイスト やや甘口で後口は爽快
金額 250ml 363円

濃いめの味のイタリアンと合わせよう

「千福 シュワルン」は、チリドッグやトマトソースのパスタと好相性。イタリアンと日本酒の、意外性ある合わせ方はやみつきになる美味しさです。

3位:気分を華やげてくれる「千福スパークリング」

「千福スパークリング」は甘味と酸味のバランスを徹底的に追求したスパークリング清酒です。純米大吟醸をベースにしていて、ほのかに立ち上がるフルーティーな香りと上品な甘味が特長

シュワっとした炭酸が華やかな気分を盛り上げてくれるので、誕生日のお祝いや二人の記念日、乾杯酒としても良いですよ。

「千福スパークリング」の受賞歴

気分を華やげてくれる「千福スパークリング」 アルコール度数 8度
酸度 td
テイスト やや甘口で後口は爽快
金額 720ml 2,200円

トマトソースのピザと相性抜群!

「千福スパークリング」と相性の良いおつまみは、濃いめの味の料理やイタリアン。トマトソースのピザやカプレーゼなどともピタリとはまります。

千福の購入方法

広島県呉市の酒造「三宅本店」の直営店の内観

多数のラインナップを誇る千福のお酒をじっくりと吟味したいという方は、広島県呉市にある直営店「ギャラリー三宅屋商店」で購入するのがおすすめです。直営店限定の無濾過原酒「たれくち」をはじめ、アイスクリームや猪口など直営店限定のものもいっぱい並んでいますよ

他にも広島県内の酒販店や、全国の取り扱い店舗で購入することも可能です。

遠方に住んでいるけれども商品をひと通りチェックしたいというカップルは、三宅本店のオンラインショップ「千福&SETOUCHI DISTILLERY」を利用すると便利です。オンラインショップでは、千福の定番銘柄がひと通り揃うはもちろんのこと、季節商品の予約を都度受け付けているんです。特に「千福 にごり酒」が気になった方は、お見逃しなく!

千福&SETOUCHI DISTILLERY オンラインショップはこちら

まとめ:魅力あふれる日本酒とともに幸せなひと時を!

広島県呉市の酒造「三宅本店」の日本酒「千福」を注ぐイメージカット

三宅本店の向井さんから、おうちで美味しい日本酒をと考えている読者へのメッセージをいただきました。

向井さんからのコメント

千福は長年に渡って「支えあうパートナーの名前を由来に持つ、縁起の良い酒」として親しまれてきました。千福のお酒を通じて、お二人で過ごす時間がより充実するよう、またお二人の将来にたくさんの幸せが訪れるよう願っております。

三宅本店が造る千福には、日本酒を飲んだ人が楽しい時間を過ごせるようにとの願いが込められています。

日本酒らしいタイプが好きな人でも、逆に日本酒に慣れていない人でも、幸せな気持ちになれるお酒がきっと見つかるはずです。おつまみとの相性を試しながら美味しさを分かち合い、二人の仲を深めてくださいね。

三宅本店の基本情報

住所 〒737-0045
広島県呉市本通7-9-10
お問合せ 0823-22-1029(代表)
営業時間 9:00〜17:00
公式サイト・公式SNS ・公式サイト:
https://www.sempuku.co.jp
・Twitter:
https://twitter.com/
sempuku_1856

・Facebook:
https://www.facebook.com/
sempuku.miyakehonten

・Instagram:
https://www.instagram.com/
sempuku_miyakeya/?hl=ja

・千福&SETOUCHI DISTILLERY:
https://sempuku-miyakeya.com/

※最新の情報はホームページ等でご確認をお願いいたします。
※記事中の金額はすべて税込表示です。希望小売価格と異なる場合があります。

公式アカウントをフォロー

マッチングアプリ大学公式ツイッターマッチングアプリ大学公式フェイスブック