南方熊楠記念館で自然の偉大さを学び白浜の海を満喫するデート|和歌山県の博物館

こちらの記事では、和歌山県西牟婁郡(にしむろぐん)白浜町にある「南方熊楠(みなかたくまぐす)記念館」をメインにしたデートプランを紹介します。

南方熊楠記念館では、世界中に名を馳せた学者・南方熊楠について学べる施設です。自然への思いが強く、エコロジーの先駆けと言われる南方熊楠は、今の私たちにも大きな気づきをもたらしてくれます。

白浜の海を満喫できる周辺のスポットもあわせて紹介しているので、自然や生き物が好きなカップルにはぴったりのデートプランですよ。

こんなカップルにおすすめ!
おすすめ年代:10代〜
おすすめカップル:森林や海が好きなカップル
どんなデート?:生き物、海、学び

概要:自然美に恵まれる白浜町で過ごすデートプラン

和歌山県が生んだ博物学の巨星・南方熊楠について学べる南方熊楠記念館では、実物の研究資料・植物標本・化石などを眺め、自然の偉大さを再認識できます。

南方熊楠の学者としての側面だけでなく人間性を感じ取れるような展示もあり、南方熊楠のことを知らなかった人からも「わかりやすかった」「感動した」と好評です。

本館・新館ともに建築も興味深いので、きっと良い時間が過ごせると思います。

今回のデートのメイン
南方熊楠記念館
周辺のデートスポット
・白浜海底観光船 グラスボート
・京都大学白浜水族館
・三段壁洞窟
・千畳敷
・白良浜
ランチにおすすめのお店

・レストラン珊瑚礁
・お食事処 さいかや
・ペスカトーレ
・kappou kawanishi

「白浜海底観光船 グラスボート」は、臨海浦の海中を見られる遊覧船です。白浜周辺の多彩な海の生き物についてもっと知りたい場合は、「京都大学白浜水族館」も訪れてみてください。

60mの絶壁に作られた「三段壁(さんだんべき)洞窟」や、大きな白い岩盤「千畳敷(せんじょうじき)」も白浜ならではの自然美を眺められる場所です。砂の白さが印象的な「白良浜(しららはま)」も、デートにぴったりだと思います。

昼食は、魚介料理なら「レストラン珊瑚礁」や「お食事処 さいかや」でいただきましょう。洋食が食べたい気分なら「ペスカトーレ」、和食なら「kappou kawanishi(カッポウ カワニシ)」もおすすめです。

まずは、デートのメインスポットである南方熊楠記念館から紹介します。

偉大なる学者・熊楠について学べる!南方熊楠記念館

和歌山県西牟婁郡白浜町にある「南方熊楠記念館」の新館

南方熊楠記念館は、博物学の巨星・南方熊楠の偉大な業績と遺徳をしのび後世に伝えること、そして学術の振興と文化の進展を目指して1965(昭和40)年4月に開館しました。

所蔵しているのは、南方熊楠の没後、遺族から寄贈を受けた文献・標本類・遺品などの資料です。そのうち厳選された約800点が、一般公開されています。

2017(平成29)年3月には新館がオープンし、南方熊楠の実像により一層迫りつつ、身近さを感じさせる展示内容にリニューアルされました

では、南方熊楠記念館の事務長を務める山中さんに、施設の魅力を詳しくうかがいましょう。 

博物学・植物学・菌類学に精通!世界から注目された南方熊楠

「南方熊楠記念館」の展示室にある南方熊楠の経歴について紹介しているコーナー

編集部

南方熊楠は、日本はもとより世界からも注目された偉大な方なのだそうですね。南方熊楠がどのように活躍されたのか、詳しく教えてください。

山中さん

南方熊楠翁は、和歌山県が生んだ博物学の巨星です。植物学・菌類学者としてのみならず、民俗学者でもあります。

19才から約14年間アメリカやイギリスなどへ海外遊学し10数ヶ国語を自由に使いこなした熊楠は、国内外に多くの論文を発表し「日本にミナカタあり」と世界の学者を振り向かせました。

さらに熊楠は、天文学・鉱物学・宗教学などにも多くの足跡をのこした人物でもあります。

編集部

南方熊楠は、東京大学の予備教育機関である東京大学予備門に在学していたそうですが、授業よりも図書館での独学の方に夢中になっていたと聞きました。和・漢・洋に渡りさまざまな書籍を読みつつ、抜き書き帳を独自に作成していたそうですね。

同時に、関東圏を中心にさまざまな地へ土器や魚介類を採集しに行き、実習にも自ら精力的に取り組んでいたと聞きます。きっと、南方熊楠は強い信念の持ち主だったのでしょうね。

エコロジーの先駆者・熊楠の思いは現代の私たちの心に響く!

和歌山県西牟婁郡白浜町にある「南方熊楠記念館」の渡り廊下
▲廊下にも見どころがいっぱい!壁には南方熊楠の履歴書が長さ8mに渡りびっしりと書かれている

編集部

山中さんは、南方熊楠記念館に来館された方に、どんなことを感じて欲しいとお考えですか?

山中さん

なにより、南方熊楠翁の偉大さを理解してもらいたいです。

熊楠が海外へ赴いたのは、まだ開国して間もない頃です。海外滞在中には博物学・植物学・民俗学などの知識の取得に励み、科学雑誌『ネイチャー』や学術雑誌『ノーツ・アンド・クエリーズ』へ英文で繰り返し投稿しています。

日本に帰国した後は、エコロジーの先駆者として神社合祀反対運動など自然環境の保護活動も行いました。現代のSDGsに通じる熊楠の精神を、熊楠の資料とゆかりのある番所山で感じてほしいです。

編集部

世界で活躍した点はもとより、幅広い学問に精通している点にも驚かされます。

南方熊楠は、地域の人々の心のよりどころとなっている、神社や森が失われていくことに強い怒りを感じて、神社合祀反対運動を行ったそうですね。自然と生き物、そして身近な人々への愛情が深い方だったのだろうと思います。

そんな思いの強さが、さまざまな学問への興味関心を掻き立て、精力的な活動の支えとなっていたのでしょうね。

生きた粘菌を観察してドキドキ!熊楠関連の資料を約800点展示

編集部

続いて、南方熊楠記念館の展示について詳しく教えてください。どのようなものが常設されていますか?

山中さん

常設展示室には、熊楠のおよそ800点にわたる実物の研究資料・植物標本・化石などを展示しています。南方熊楠翁が使用していた筆硯、書き写したノート、ご進講時に着用したフロックコートなど、ここでしか見られない貴重な資料ばかりです。

生きた粘菌も展示していますよ。不思議な生態をご観察ください。

編集部

生きている粘菌は私も先ほど拝見しましたが、顕微鏡で見ると粘菌の管の内部を体液が流れているところなどが見られてドキドキしました。カップルで「この粘菌、元気だね」「右の方に移動しているみたい」などと話しながら代わる代わる観察すると、眺めるたびに可愛らしく思えてきそうです。

粘菌に、餌としてオートミールを与えているという点にも驚きました。どのようにして体内へ取り込んでいくのかなど、興味をひかれます。直接見て確かめてみたいですね。

熊楠の好物の紹介も!南方熊楠記念館の展示はすごくわかりやすい

「南方熊楠記念館」の展示室内、南方熊楠の日常生活を紹介するコーナー

編集部

南方熊楠記念館の展示は見応えがありますが、展示の最大の魅力はなんでしょうか?

山中さん

南方熊楠記念館の魅力は、博物学・植物学・菌類学者である南方熊楠翁の生涯を解説した展示のわかりやすさです。

来館するとまず、当館の名誉館長・荒俣宏先生が出演する南方熊楠翁の紹介DVDをご覧いただいています。

また、熊楠の生活スタイルに関する資料を展示している点も特徴的です。熊楠はアンパン好きの無類の甘党で、紅茶と番茶を好んだのですが、そんな熊楠の実像をより深く身近に理解できます。

熊楠の現資料の展示がある点も、南方熊楠記念館の魅力です。レプリカでは味わえない本物の迫力をご体感ください。

編集部

南方熊楠の好物を紹介したコーナーは、親近感がわき思わず見入ってしまいました。南方熊楠はアンパンを夜食として食べるだけでなく、近所の子どもたちに振る舞うこともあったそうですね。身近な人を大切にする優しいお人柄が伝わってくるようです。

ちなみに、山中さんが特に好きな展示はどちらですか?

山中さん

熊楠が論文を執筆する際に、執筆内容に関する頭の中の知識を紙の上に書き出した「腹稿(※)」という資料です。新聞大の紙へビッチリと書き込まれた、膨大な知識を見ていただきたいです。

※文章を書く際に心の中で練り上げた文案の意。

編集部

腹稿を見ると、まるで南方熊楠の頭の中をそのまま覗いているような気分になりますね。

幅広い学問の探究で得た知識は膨大でしょうし、論文を書く際はたくさんの物事が想起されて熱量に満ちていたことと思います。貴重な資料を見られてありがたいです。

熊楠が読んだ雑誌やお宝を展示!ユニークなテーマの特別展も好評

編集部

南方熊楠記念館では特別展が実施されることもあるそうですね。これまでどのような特別展を開催されましたか?

山中さん

過去に実施した主な特別展としては、以下のものがあります。

  • 「不思議ないきもの・粘菌展」(2018年度)
  • 「熊楠の鉱物・化石コレクション展」(2019年度)
  • 「熊楠のお宝展Part I、II」(2020年度)
  • 「熊楠が収集した雑誌展」(2021年度)など

特別展は年におよそ4回程度、開催しています。

編集部

面白そうなテーマばかりでワクワクします。特に2021年度に開催された「熊楠が収集した雑誌展」も大好評だったと聞きました。

南方熊楠が集めていた雑誌とともに、南方熊楠と交流のあった柳田国男や河東碧梧桐(かわひがしへきごとう)についても紹介されたそうですね。お二方とも偉業を残した方ですし、交流を通じてお互いどのように刺激し合ったのかと想像することで、南方熊楠という人物についてより理解を深められたことと思います。

特別展の開催時期に合わせてデートの日程を決めるのも良さそうです。

粘菌や昆虫の観察会に参加して自然にもっと魅せられよう

和歌山県西牟婁郡白浜町の「南方熊楠記念館」を含む番所山全景

編集部

常設展と特別展とそれぞれ充実している南方熊楠記念館ですが、続いてイベントについて教えてください。

山中さん

白浜町番所山の周辺の自然に触れ、その豊かさを理解していただこうと、毎年6月から11月にかけて以下のイベントを実施しています。

  • 「粘菌観察会」
    (2023年度は7月に2回実施済み)
  • 「昆虫観察会」
    (2023年度は8月に2回実施済み)
  • 「森林ウォーク」
    (2023年度は7、9、11月に番所山、9、10、11月に鎮守の森で実施予定)

当館が所在する白浜町番所山の辺りは、熊楠熊楠翁が研究のフィールドとした場所でもあるんです。

定員は毎回30名程度で、入館料さえお支払いいただけたら無料でご参加いただけます。大人も子どももご参加ください。

その他、特別展の内容に合わせた講演会や当館学芸員による特別展示のギャラリートークなど、さまざまなイベントを開催しています。南方熊楠記念館の公式サイトで詳細をご確認の上、ぜひお越しください。お待ちしています。

>>南方熊楠記念館公式サイト(お知らせ・イベント一覧)

編集部

粘菌観察会・昆虫観察会は、博物館や大学で活躍されている方が講師をお務めになるようですね。南方熊楠が観察した場所の生態系を解説していただけるのは、すごく貴重な機会だと思います。

森林ウォークでは、歩きながら森林の重要性や魅力についてお話しいただけると聞きました。森林の良さを学ぶと同時に実際に体感できますし、このイベントをきっかけに日常的にハイキングを始めようと考える方もいそうです。

展示を満喫したらショップで記念品を買ってお土産にしよう

編集部

南方熊楠記念館の展示を満喫すると、南方熊楠のファンになってしまい記念品が欲しくなりそうです。館内のショップで扱っているものの中で、カップルにぴったりなのはどちらでしょうか?

山中さん

当館限定のTシャツ・トートバッグ・ハンドタオル・ポストカード、そして南方熊楠翁に関する書籍が特におすすめです。いずれも1階のエントランスにて販売しております。

また南方熊楠記念館の公式サイトでもTシャツなどを販売しておりますので、よろしければご利用ください。

>>南方熊楠記念館公式サイト(オンラインショップ)

編集部

Tシャツもトートバッグも、すごくオシャレでした。普段使いできるのが嬉しいですね。

Tシャツを着ると南方熊楠のように自然や身近な人を大切にしようという気持ちが再認識され、優しい気持ちで包まれるように思います。二人でペアで揃えるのも素敵ですね。

ポストカードはお部屋や玄関に飾るのも良いように思いました。カードが目に入るたび、デートの日のことが思い返されて幸せな気持ちになりそうです。

白浜の街と美しい海を見渡す!新館屋上で眺める爽快な景色に感動

和歌山県西牟婁郡白浜町にある「南方熊楠記念館」の屋上デッキ

編集部

南方熊楠記念館の館内をひと巡りした後、おすすめの過ごし方はありますか?

山中さん

ぜひ、新館の屋上階へお上がりください。屋上からは360度の大パノラマが眺められ、白浜の温泉街から太平洋、紀伊水道に田辺湾、天神崎まで見渡せるんですよ。

南方熊楠翁が愛した神島や、条件が良ければ四国も見えますし、地域でいちばんの眺望ではないかと思います。

また、建物そのものにもご注目いただきたいです。2017年にオープンした新館は、自然豊かな番所山の風景を取り込み自然と一体となる考え方のもと建築されました。特にエントランスは一面ガラス張りでして、建築思想がよく体現されています。

新館の外観は、熊楠の研究した粘菌をイメージしたものなんですよ。非常にユニークですし、魅力に富んでいます。

編集部

屋上からの景色は、晴れた日は特に気持ちが良いでしょうね。記念撮影にもぴったりだと思います。

新館は、モダンな造りで目を引きますね。ガラスが大きく取られた開放的な造りにくわえて、あちこちに配された丸のモチーフからも、包み込まれるような優しい雰囲気を感じました。

エントランスの天井に吊るされているランタンも素敵ですね。テキスタイルデザイナー・安東陽子さんの作品で、ランタンの生地には南方熊楠が書き写した文字やスケッチが印刷されているのだと聞きました。入り口から早速、展示を鑑賞できるようで胸が高鳴ります。

一方の本館は、2019年に国の登録有形文化財に指定されたと聞きました。新館と本館のそれぞれに個性があり、デートの日の記憶をより色濃くしてくれそうに思います。

南方熊楠記念館の口コミ評価

編集部

南方熊楠記念館に来館された方からは、どのようなご感想がありますか?

山中さん

以下のようなお声をいただいています。

アイコン
南方熊楠翁の生涯、その偉大さをよく理解できた
アイコン
最上階からの眺望が抜群だった

編集部

南方熊楠という人物にすっかり魅了されていることが伝わってきます。

屋上からの景色もやはり評判が良いのですね。海も地上から眺めるのとはまた違った趣で、心に響くことと思います。

標本に感動!展示品が豊富!南方熊楠を知らなかった人も大満足

編集部でもインターネットで南方熊楠記念館の口コミを見てみたところ、大満足の声が多数寄せられていました。

アイコン
熊楠ファンの方はぜひ立ち寄ってほしい!熊楠が生涯かけて収集した標本類に感動する
アイコン
説明や展示品が豊富!南方熊楠のことを知らなかったけれど感銘を受けた
アイコン
屋上からの景色がすごく綺麗。白浜にはよく来るけれど記念館からの景色は圧巻だった

特に印象的だったのは、南方熊楠の予備知識の有無に限らず皆さん満喫している様子がうかがえたことです。

展示がわかりやすいようにと配慮されているので、パートナーが南方熊楠のことをまだ知らない場合も、臆せずデートにお誘いしてみてくださいね。きっと喜んでくれると思います。

南方熊楠記念館からカップルへのメッセージ

和歌山県西牟婁郡白浜町にある「南方熊楠記念館」に展示されている南方熊楠が使った日用品

編集部

南方熊楠記念館でのデートを検討しているカップルに、メッセージをお願いします。

山中さん

南方熊楠記念館には南方熊楠翁の本物の遺品、資料がふんだんに展示されていて、熊楠という人物に触れていただけます。

屋上階からの眺望は地域一と自負しておりますので、ぜひお越しください。

編集部

信念が強く愛情深い南方熊楠に、私もすっかり魅了されました。屋上からの景色の美しさも忘れがたいですし、南方熊楠記念館はまさにデート向きの施設ですね。本日はどうもありがとうございました。

南方熊楠記念館の基本情報

住所 〒649-2211
和歌山県西牟婁郡白浜町3601-1
アクセス 白浜駅からバス「明光バス循環」または「三段壁行」に乗り「臨海バス停」で下車後、徒歩8分
営業時間 9:00~17:00(入館は16:30まで)
休館日 ・木曜日
・6月28日~30日
・12月29日~1月1日
※ただし7月20日~8月31日は無休、別途休館日があればトップページにてお知らせします
駐車場 第1駐車場(無料):普通車15台、バス2台
第2駐車場(無料):普通車15台、身障者用3台
入館料 大人(高校生以上):600円
小人(小・中学生):300円
比較的空いている時間帯 ・平日
・土日の15:00以降
平均的な滞在時間 1時間〜2時間程度
公式サイト http://www.minakatakumagusu-kinenkan.jp/

※最新の情報はホームページ等でご確認をお願いいたします。
※記事中の金額はすべて税込表示です。

南方熊楠記念館の前後に立ち寄りたいデートスポット

南方熊楠記念館の周辺にある、おすすめのデートスポットを紹介します。

おすすめのデートスポット

海中にいる生き物を眺めよう「白浜海底観光船 グラスボート」

「白浜海底観光船 グラスボート」は、臨海浦から出航している遊覧船です。周囲の景色はもちろんのこと、船底に降りるとガラス窓から海中の様子を眺められます。

二人で仲良く観覧しながら、南方熊楠記念館で学んだ海の生き物を探すのも良さそうです。

「白浜海底観光船 グラスボート」は事前予約が不要なのも嬉しいポイントだと思います。白浜の観光名所である円月島の辺りまで走る約25分間の間、神秘的な海の世界をじっくり堪能してくださいね。

公式URL:白浜海底観光船 グラスボート

紀州の伊勢エビがお手頃価格でいただける「レストラン珊瑚礁」

「レストラン珊瑚礁」は、海を眺めながら新鮮な魚介料理をいただけるレストランです。店内には水槽があり、生きている魚や伊勢エビも見られます。

ランチにおすすめなのは、伊勢エビ1尾をまるごといただける伊勢エビランチ!ホタテのバター焼きや串カツ各種、サザエの壷焼きなどが付いた豪華な内容でありながら、3,850円とお手頃な価格設定なのも魅力です。

魚を食べたい気分なら、お刺身が3〜4種盛り合わせられたお造り定食をお試しください。

公式URL:レストラン珊瑚礁

その他のおすすめスポット

京都大学白浜水族館:白浜周辺の無脊髄動物を真近で見られる
三段壁洞窟:絶景はもちろん、パワースポットや恋人の聖地も
千畳敷広い岩畳を思わせる大岩盤で美しい景色を楽しめる
白良浜「日本の快水浴場百選」にも選ばれており、和歌山でリゾート気分を味わえる
お食事処 さいかや定食はボリューミー!一緒に分けて食べるのがおすすめ
ペスカトーレ:予約必須のイタリア料理店風通しの良いテラス席で海を見ながら食べられる
kappou kawanishi:和歌山の食材と手作りにこだわった創作割烹料理

まとめ:感じたことを語り合って二人の仲を深めよう

本記事では、南方熊楠記念館をメインにしたデートプランを紹介しました。

自然や生き物への愛情が深い南方熊楠について学ぶと、自然がいかに偉大であるかを改めて感じさせられると思います。「生き物も自然も大切にしたいね」「未来に残したいね」など、展示を通じて感じた思いを共有し合うと、お互いをより深く知ることができるはずです。

白浜の美しい海や生き物を眺めながらじっくり語り合って、二人の仲をさらに深めてくださいね。