歴史と海の良いとこ取り!和歌山市立博物館と新和歌浦を巡るデートプラン

今回は、和歌山市の歴史を学んだ後に海辺を散策する、和歌山の良さを満喫できるデートをご紹介します。

メインのデートスポットとなる和歌山市立博物館は、紀州徳川家ゆかりの品々も多く、和歌山市の歴史に焦点を当てた展示が充実しているスポットです。アッと驚く名品や貴重な史料が展示されることもあり、何度訪れても飽きずに見学ができる博物館ですよ。

和歌山市立博物館を中心に地元を知ることができるので、年齢問わず、和歌山在住や和歌山出身のカップルに特におすすめのデートコースです。若い人には新しい発見があり、長く和歌山市に住んでいる人には懐かしい気持ちを思い起こさせるデートになるでしょう。

こんなカップルにおすすめ!
おすすめ年代:20~50代
おすすめカップル:歴史が好き、海が好きなカップル
どんなデート?:歴史、海、海鮮グルメ、温泉
目安時間:6時間30分
目安予算:2人で9,000円

概要:和歌山の歴史と海を知り尽くすデートプラン

このデートプランでは、和歌山市立博物館、和歌山城、新和歌浦を公共バスで巡り、和歌山の歴史と海を満喫します。

バスは10分~15分くらいの間隔で走っています。どの施設にも駐車場がありますので、バスの代わりにドライブデートも可能ですよ。

9:00~10:00 和歌山市立博物館を見学
10:00~10:30 和歌山城へバス移動
10:30~11:30 和歌山城を見学
11:30~12:00 和歌山城から新和歌浦へバス移動
12:00~13:00 和歌浦漁港(おっとっと広場)でランチ
13:00~16:00 「萬波 MANPA RESORT」で日帰り温泉
16:00~16:30 バスで和歌山市駅へ移動

予算は2人で約9,000円です。内訳は200円(和歌山市立博物館入館料)+820円(和歌山城入城料)+3,000円(ランチ)+3,080円(日帰り温泉)+2,020円(バス)です。

和歌山市立博物館で和歌山市の歴史を学んだ後に和歌山城を登って現在の和歌山市を見ると、どのように発展してきたのかを感じられます。

和歌浦漁港(おっとっと広場)には多くの海産物を扱う店舗が並んでいるので、2人で「何を食べようか」と話しながら選ぶのも楽しいですよ。

「萬波 MANPA RESORT」の日帰り温泉は、日帰りでの入浴は15時までですが、その後ホテルのテラスでのんびり過ごしたり、フォトスポットで2人で写真撮影を楽しめます。

新和歌浦は遊歩道が整備されているので、日帰り温泉を利用しないカップルは、ランチのあとで海岸線の素晴らしい景色を眺めながら散歩するのもおすすめです。

では、今回のデートのメインとなる和歌山市立博物館について、詳しく見ていきましょう。

和歌山市立博物館では和歌山の歴史を幅広く学べる

和歌山の郷土玩具の展示

和歌山市立博物館は、安土桃山時代に建てられた和歌山城の築城400年を記念して、1985年に開館しました。南海電鉄和歌山市駅から徒歩6分の場所にあり、市民から親しまれている博物館です。

主な展示品は和歌山市の歴史に関する資料で、原始時代から戦後まで幅広く学ぶことができます。

Twitterでの発信も積極的で、企画展などの展示物をツイートでも紹介されています。博物館を訪問する前にチェックすると、見学がより楽しくなりますよ。

合わせてチェック:和歌山市立博物館公式Twitter

今回は、和歌山市立博物館で学芸員として働いておられる山下奈津子さんに、博物館の魅力などのお話を伺いました。

和歌山の郷土資料が充実している和歌山市立博物館

和歌山城復元模型の展示
▲和歌山城の復元模型で当時の様子がイメージできます。

編集部

和歌山市博物館は地域の史料が数多く展示されていて、和歌山市に根差した博物館というイメージですが、主にどのような展示をされているのでしょうか。

山下さん

和歌山市立博物館は、和歌山市の歩んできた足跡を、各時代の資料を通じて知ることができる施設です。原始時代から近現代にいたるまで、さまざまな資料を展示しています。

常設展示は「資料が語る和歌山の歴史」をテーマとしています。和歌山市には歴史的なトピックがたくさんあり、珍しいモノや出来事があったりするのですが、それをまとまって知ることが出来る機会はあまりないと思います。

当館の資料から、意外と奥深い和歌山市の歴史に触れてほしいと思います。

編集部

常設展示では和歌山城を復元したジオラマや、南紀男山焼の美しい壺などを見ることができ、和歌山の方にとっては親しみの持てる展示ですね。和歌山市について知りたいなら、まず和歌山市立博物館に足を運ぶとよいと感じました。

和歌山市立博物館で常設展示されている古写真
▲当時を偲ぶ古写真を懐かしく思う人もいるのでは?

ちなみにどのような点が、和歌山市博物館の魅力だと感じていらっしゃいますか?

山下さん

新しい施設ではないので、施設的には際立って魅力的なところはありませんが、落ち着いてじっくりと資料をみることができる点が魅力だと思います。

誰にも邪魔されず、小声で話したりしながら歴史を楽しむには良い場所だと思います。古墳の内部や古い民家の実物大の模型があり、その大きさや昔の暮らしぶりを体感することもできます。

編集部

歴史ある博物館だからこそ、落ち着いて見学できる雰囲気を醸し出せるのかもしれません。静かな中を小声で感想を言いながら観覧していると、より一層2人の距離が近づきそうな気がします。まさに、博物館デートにピッタリの場所ですね。

おすすめの展示品は「疫病除けマンボウ」や珍しい馬のかぶと

疫病除けマンボウ
▲くるんとした目がかわいい「厄除けマンボウ」

編集部

たくさんの展示品のなかでも、山下さんが特におすすめしたい展示物はどれでしょうか。

山下さん

最近SNSでも話題になった「疫病除けマンボウ」の図がお気に入りです。

江戸時代の終わりごろの刷り物と思われますが、当時の人々が疫病除けのために飾っていたマンボウの絵です。なぜマンボウが疫病除けになるのかわかりませんが、とぼけた顔もかわいいですし、このご時世なので、ご利益にあやかりたいです。

編集部

「疫病除けマンボウ」のクルンとした瞳がかわいいですね。Twitterに「疫病除けマンボウ」を投稿されたところ約1.6万件の「いいね」がついて大変な人気になったそうですが、江戸時代に描かれたものとは思えないキャラクターで、私も好きになりました。

他にも「これは他の博物館では見られない」と思われる貴重な展示品はありますか。

山下さん

全国でも出土例の少ない馬のかぶとや金の勾玉が見られます。このようなレアなものが和歌山にあったということを知るだけでも、話のネタになると思います。

和歌山市立博物館で常設展示されている馬の冑
▲左に馬の冑が展示されています

編集部

馬のかぶとは、馬の頭がすっぽりと入るように作られているのが驚きでした。西洋諸国には飾りのような冑を馬に着けることもありますが、和歌山のかぶとは実用的なイメージですね。先史時代に馬のかぶとや金の勾玉が和歌山で使われていたと思うと、和歌山は古くから発展していた土地なのだろうと推測できます。

企画展やコーナー展示でより深く和歌山を知る

編集部

常設展示も魅力的ですが、企画展や特別展はどのような内容で催されていますか?

山下さん

年に4回ほど企画展・特別展を行っています。また常設展示室でも、2か月ごとに展示のテーマを変える「コーナー展示」を行っています。

過去の展覧会では、原始から近現代まで、和歌山市にまつわるさまざまな時代や人物を取り上げました。中世なら雑賀衆、江戸時代は御三家のひとつ・紀州徳川家、古写真や、かつて和歌山市内を走っていた市電を取り上げたこともあります。

2021年は、10月9日から12月12日まで、市内にある淡嶋神社を取り上げた展覧会を催します。和歌山市立博物館の最寄り駅・和歌山市駅から、電車で加太(かだ)というところに行くことができます。そちらにある淡嶋神社の秘宝や、奉納された品々を展示します。

編集部

企画展や特別展でも和歌山市の歴史をより深く学べる展示が揃っていますね。

個人的には、2021年夏に行われていた企画展「アッ!と驚く意外な歴史―君も歴史博士になれる―」が面白かったです。夏目漱石の「行人」に登場した屋外用エレベーターの写真や江戸時代に描かれた不思議な雷獣の絵など、楽しい展示が多く、魅力的でした。

また、コーナー展示では陸奥宗光が使っていたスーツケースの展示が興味深かったです。「M.M.」の頭文字がかっこよく、明治時代のおしゃれを感じました。

施設の2階からは紀の川とロマンチックな夕日が見られる

和歌山市立博物館から見た紀の川を照らす夕日

編集部

和歌山市立博物館で思い出の写真を撮影できるスポットなど、カップルにおすすめの場所があれば教えてください。

山下さん

施設内の2階にあるベンチから、紀の川を眺めることができます。時期によりますが、夕日が紀の川に映えて、とても美しくロマンチックです。

編集部

Twitterにも雨上がりの夕日を投稿していらっしゃいますよね。5月21日に撮影された写真だそうですので、春から夏にかけて天気が良ければ美しい夕日を見られそうです。

和歌山市立博物館の口コミや評判

和歌山市立博物館の音楽に関する常設展示

編集部

来館された方々からよく聞く感想や声を教えてください。

山下さん

「入口がひっそりとしているので入りづらかったけど、堅実な展示だ」とのお声をいただきます。また最近は市内の古写真を展示しており、懐かしむ方もいれば、逆に今との違いに驚く方もいらっしゃいます。

和歌山の歴史に関する展示が充実しているとの声が多数!

他にも以下のような口コミがありましたので紹介します。

アイコン
和歌山の歴史を知るならもってこいの博物館です!
アイコン
和歌山城のジオラマがありました。和歌山城に関する展示はここだけと聞き、興味津々で見学しました。
アイコン
「こんなところに名品が!」という驚きの展示があり、良い意味で期待を裏切られます。
アイコン
1日いても飽きない博物館です。

全体的に高評価が多く、展示物に満足している来館者が多い印象でした。

和歌山市博物館を訪れるカップルへメッセージ

和歌山市博物館学芸員の山下奈津子さん

編集部

和歌山市博物館でデートを考えているカップルへのメッセージをお願いします。

山下さん

同じものを見て、それぞれが感じたことを静かに語り合いながら、互いの距離を縮めてもらえれば嬉しいですね。

編集部

和歌山市に住んでいる人はもちろん、和歌山にゆかりのある人々に、ぜひ和歌山市博物館を見て地元の歴史に触れてもらいたいと思いました。

本日はインタビューにお答えいただき、ありがとうございました。

和歌山市立博物館の基本情報

住所 〒640-8222
和歌山県和歌山市湊本町3丁目2番地
アクセス 【電車】
・難波から南海本線特急または急行で約1時間、和歌山市駅下車→南西へ徒歩5分
・JR新大阪駅からJR特急くろしおで約1時間、JR和歌山駅下車→南西へ徒歩5分
【バス】
・JR和歌山駅バスターミナルから和歌山バス(0系統ほか)乗車、南海和歌山市駅前下車、徒歩5分
【タクシー】
・JR和歌山駅よりタクシーで約10分
【車】
・阪和自動車道「和歌山IC」から国道24号線(和歌山市内方面)約20分
営業時間 9:00~17:00
(入館は4時30分まで)
空いている時間 比較的どの時間帯も空いています
平均的な滞在時間 30分~1時間程度
休館日 ・月曜日(月曜日が祝日の場合は開館、翌日休館)
・祝日の翌日
・館内燻蒸期間
・年末年始(12月29日~1月3日)
駐車場 あり
(入庫後15分まで:無料・1時間まで:110円・1時間以降:160円/30分)
入館料 一般・大学生:100円(団体80円)
高校生以下:無料
※ただし、特別展期間中は別料金
問い合わせ 電話:073-423-0003
FAX:073-432-9040
予約 不要

※最新の情報はホームページ等でご確認をお願いいたします。
※記事中の金額はすべて税込表示です

和歌山城と和歌浦周辺のおすすめデートスポット

ここからは和歌山市立博物館の観覧後に回るデートスポットの紹介です。今回は、和歌山市立博物館学芸員の山下さんに教えていただいた、和歌山城や「めでたいでんしゃ」というラッピング電車などを含めて紹介していきましょう。

山下さんからのコメント

当館は和歌山市駅の近くなので、駅前からバスで、和歌山城や日本遺産に認定されている和歌浦方面へ観光されるのも良いですし、秋の特別展に絡めて、電車に乗って加太へ向かい、町の風情や海の幸を楽しむのも良いかもしれません。加太へ向かう電車のなかにはラッピング電車があり、「めでたいでんしゃ」といって、鯛をモチーフにしています。かわいいですよ。

おすすめのデートスポット

四季折々の花を眺められる「和歌山城」

和歌山城は、豊臣秀吉の弟である豊臣秀長が築城した安土桃山時代のお城です。徳川家康の十男、徳川頼宣が和歌山城を居城としてからは、紀州徳川家が代々和歌山を治めていました。

和歌山城の敷地内には、樹齢450年の大楠をはじめとして、梅、スイセン、桜、ツツジ、フジ、アジサイ、ヤマブキ、モミジ、イチョウなどの植物が植えられており、四季折々の風景を楽しめます。

公式URL:http://wakayamajo.jp/index.html

新鮮な海の幸を食べられる「和歌浦漁港(おっとっと広場)」

和歌浦漁港は、通称「おっとっと広場」という名で親しまれています。おっとっと広場の建物内には海産物を取り扱う店舗が並んでおり、しらす丼、海鮮丼、いかめし、柿の葉寿司などを買って食べられます。

定期的に開かれる朝市や夜市は、しらすなどの新鮮な海産物をお値打ち価格で購入できるため、多くの人々が集まる人気のイベントです。

公式URL:https://bayside-w.com/information/

歩き疲れたら温泉で疲労回復「萬波 MANPA RESORT」

「萬波 MANPA RESORT」はホテルですが、11:00から15:00まで日帰り温泉の利用ができます。こちらでは、和歌浦湾を見渡せる絶景の露天風呂や大きな窓から海が見渡せる大浴場が人気です。

筋肉痛や疲労回復、健康増進などに効能がある湯だと言われているので、1日歩いて疲れた体を休ませることができます。タオルの貸し出しもあるので、気軽に入浴できますよ。

また、ホテル内にはフォトジェニックな撮影スポットがあるので、2人で写真撮影を楽しめます。温泉に入った後は、海に面したロビーテラスでのんびり海風に当たり、火照った体を涼ませることもできますよ。

公式URL:https://www.manpa.co.jp/spa/

鯛の絵がかわいい「めでたいでんしゃ」

南海電鉄和歌山市駅と加太駅の間を走るかわいらしい電車が「めでたいでんしゃ」です。4種類ある「めでたいでんしゃ」は、それぞれ名前がついており、お父さんの「かい」、お母さんの「さち」、妹の「なな」、お兄さんの「かしら」という家族の設定です。

テーマカラーやデコレーションもそれぞれ違うので、乗り比べてみたいですね。運行時間は公式サイトで確認してください。

公式URL:http://www.nankai.co.jp/kada/medetai.html

まとめ:和歌山市立博物館デートで地元をもっと好きになる

和歌山市立博物館をメインとしたデートプランをご紹介しました。和歌山出身の人や和歌山市に住んでいる人でも驚く名品が展示されることもあります。

常設展だけでなく企画展も和歌山の歴史を深堀りしたテーマなので、私も企画展の度に見学したくなりました。和歌山の歴史と海を満喫するデートプランをぜひ試してみてください。

公式アカウントをフォロー

マッチングアプリ大学公式ツイッターマッチングアプリ大学公式フェイスブック