ワンランク上の時間が過ごせる!シャトー酒折ワイナリーのワインでおうちデートしよう

今回、紹介するのは「シャトー酒折ワイナリー」のワインをメインにしたおうちデートの楽しみ方です。

シャトー酒折ワイナリーは、山梨県の美しい自然を見渡す酒折エリアにあるワイナリーです。ぶどうの質にこだわったワインはどれも絶品ながら、リーズナブルな価格設定も魅力的

いつものおうちデートに1本加えるだけで、食卓を華やげてくれること請け合いです!ぜひお試しくださいね。

飲酒は二十歳になってから

飲酒運転は法律で禁止されています。妊娠中や乳児期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。お酒は楽しく適量を。飲んだ後はリサイクル。

ぶどう栽培家と一緒に銘酒を造るシャトー酒折ワイナリー

豊かな自然に包まれた山梨県のワイナリー「シャトー酒折ワイナリー」

シャトー酒折ワイナリーは木下インターナショナルのグループ会社で、海外メーカーとのネットワークを活かし、最新の情報や設備を取り入れてワイン造りに励むワイナリーです。だから言わずもがな美味。さまざまなワインを飲んだことのある方でも、心底惚れるような1本に巡り会えると思います。

シャトー酒折ワイナリーのポリシーは「特別なものではなく、身近なものと感じる」ワインを造ること。だからこそ、上質なワインがリーズナブルな価格で提供されているんです。普段のデートにも取り入れやすいようなものも数多く揃っているので、いつものおうちデートをアップグレードさせたいカップルにはぴったりですよ。

ぶどうそのものの品質の向上に精力を注いでいる点が、シャトー酒折ワイナリーの大きな特長です。ワインに詳しい方であれば知っているような、有名なぶどう栽培家との良好な関係を心がけながら、より美味しいワイン造りを目指しているんです。

シャトー酒折ワイナリーにはなんと、ぶどう栽培家の名前を冠した銘柄もあるんですよ!特別な栽培家が造ったぶどうからできたワインは、香りと味が驚くほどに織り交ざり、至福のひとときへと導いてくれますよ

では、シャトー酒折ワイナリーで主任を務める吉田さんに、ワイナリーの魅力について詳しく伺いましょう!

海外の最新情報を取り入れながら日本ワインを醸造

編集部

甲府盆地を一望する見晴らしの良さも魅力的だと感じますが、まず、シャトー酒折ワイナリーの特長について教えてください。

吉田さん

1991年6月、日本を代表するワインの産地である山梨県の甲府市を一望できる風光明媚な酒折の地に、現在のワイナリーを設立しました。グループ会社である木下インターナショナル株式会社の海外メーカーとのネットワークを活かしているのも当ワイナリーの特長です。

海外のワイン製造技術に関する最新の情報を常に得て、各国から導入した設備を使用し、甲州やマスカットベリーAなど日本固有のぶどう品種を中心とした日本ワインを醸造しています。また、梅酒・柚子酒などのリキュールも製造しています。

私たちが目指すのは毎日の食卓で気軽に飲んでいただけて、「気が付いたら一本空いちゃった」というような美味しいワインです。高いコストパフォーマンスを保ちつつ、世界に発信できるプレミアムワインとして品質を向上できるよう、日々努めています。

編集部

木下インターナショナルは歴史ある企業ですね。ワイン造りだけでなく世界各国の洋酒の輸入・販売をしていることでも有名だと思います。

長きに渡って培われてきた知見と、洋酒への熱い思いに支えられたワイナリーであるとなると、読者の期待もますます高まりそうです。

日本を代表するぶどう品種「甲州」「マスカットベリーA」を使用

編集部

続いて、ぶどうへのこだわりについて教えてください。

吉田さん

アジアモンスーン気候の日本は決してぶどう栽培、そしてワイン造りに適した風土とは言えません。しかし、先人のぶどう栽培家たちはこの気候に適したぶどう栽培方法を確立し、高品質なぶどうを産出してきました。

そんな気候風土で長きに渡り栽培し続けられてきた、日本を代表する醸造用品種である「甲州」と「マスカットベリーA」が、当ワイナリーでのワイン造りの中心です。

編集部

軽やかながら繊細な苦みのある甲州と、甘酸っぱい香りのあるマスカットベリーAは、日本ワインでよく使われる品種ですね。

日本固有の品種である甲州は2010年、マスカットベリーAは2013年に、OIV(国際ブドウ・ワイン機構)のぶどう品種リストに登録されたと聞きました。これからますます注目されそうな2種だと思います。

ぶどうの栽培家と連携してワインの品質向上に努める

編集部

ワイン造りにおいては、どのようなこだわりをお持ちでしょうか?

吉田さん

ワイン造りの基本は、やはりぶどう栽培です。ぶどうの品質がワインの品質を大きく左右することは言うまでもありません。

しかし日本は世界的に見て、ぶどうの生育期間中に多量の雨に見舞われるという非常に特殊な環境にさらされております。このような環境下でぶどうの品質を向上させるには、日本独自の栽培技術を確立する必要があります。

そこでシャトー酒折ではワイナリー単独ではなく、栽培家との協力関係を大切にしています。栽培されている皆さんは、果樹王国・山梨で長年培われた栽培経験をもとに、日本の気候・風土に合った日本独自の栽培技術の確立を目指している素晴らしい方ばかりです。

栽培家の皆さんと連携することで、ワインの品質はさらに向上すると考えています。

編集部

HPを拝見したところ、日本ワインが好きな方であれば耳にしたことがあるような名だたる方々が提携先として紹介されていました。「この方にぶどうの栽培を学びたい」という声も多そうですね。

また、「マスカットベリーA 樽熟成 キュヴェ・イケガワ」など、栽培家さんのお名前を冠した銘柄があるのも、シャトー酒折ワイナリーならではだと思います。深い関係性とともに、栽培家さんへの敬意も感じられるようで、胸が熱くなりました。

醸造だけでなくぶどうの栽培にも思いを馳せながらワインをいただくと、より深く味わえそうですね。

醸造期間中も一瞬たりとも気を抜かずワイン造りに励む

編集部

最後に、ワイン造りにおける喜びについてお聞かせいただけますか?

吉田さん

ワイン造りというのは、実は人ではなく酵母菌が行なってくれているんです。ですので、酵母の敵となる雑菌が繁殖しないよう、ワインが触れる器具などを徹底的に洗浄し、酵母が活動しやすい環境をよく観察して整えることが人の役割なのです。

無事に発酵を終え、美味しいワインになり、お客様が飲んで笑顔になってくださると、とても嬉しく思います。

編集部

酵母には休憩も休日もないですから、常に良い状態に整えておくというのはかなりのご苦労があることと思います。そんなきめ細やかな仕事があってこそのワインだと思うと、いつもの一杯がさらにありがたいものに感じられそうです。

シャトー酒折ワイナリーの主なラインナップ

シャトー酒折ワイナリーでは様々な生産者のぶどうが使われており、その違いによって複数のシリーズに分かれています。つまり、ひとつのぶどう品種でも栽培家違いで複数銘柄あるということ。なので、お気に入りのぶどう品種のワインを複数飲み比べるような味わい方もできますよ。

特に好きな品種がないという方や、まずはシャトー酒折ワイナリーらしいものから試したいという方は、下記を参考にしてみてくださいね。

看板銘柄は「甲州ドライ」

シャトー酒折ワイナリーを代表するワインは、「甲州ドライ」です。こちらのワインの最大の特徴は、温度の変化によって表情が変わる点!まずは和柑橘や青リンゴ、パイナップルの香りが穏やかに感じられさわやかな印象がありますが、温度が上がるにつれて白い花や梨、桃などの香りが現れてくるんです。

口に含むとみずみずしい酸味がありキリッとした飲みやすい口当たりで、ジューシーさやミネラル味が広がります。余韻には果実の酸味と甲州特有のほろ苦さがほのかに残り、幸せな気分へ誘ってくれますよ。

そんな表情豊かなワ甲州ドライは、多くの受賞歴を保持するワインでもあります。

甲州ドライの受賞歴
2018年ジャパンワインチャレンジ:金賞
2017年ジャパンワインチャレンジ:金賞
日本ワインコンクール:銀賞

そして、「甲州ドライ」は伊勢志摩サミットで各国首脳に供されたこともあるんです

看板銘柄は「甲州ドライ」 タイプ 辛口
アルコール度数 12%
価格 720ml 1,650円

「甲州ドライ」は和食をおつまみにしよう

「甲州ドライ」と相性が良いのは和食です。天ぷらから刺身までピタリとはまります。鍋料理とも好相性ですよ。

「甲州ドライ」の適温は8℃〜10℃

味と香りが様々に変化する様子を楽しむべく、「甲州ドライ」は冷えた状態でグラスに注ぐのがおすすめです。

万人うけするのは「デラウェア」

グラスに注ぐと、甘いぶどうが主でありながらパイナップルやマンゴーなどのトロピカルフルーツを思わせる香りが立ち込めます。口に含むと、爽快な酸味の後にフレッシュかつフルーティな甘みが追いかけてきて、余韻にはレモネードのような酸味が長く残ります。フレッシュな果実味が心を掴んで離しません。

「デラウェア」はアルコールが低く、口当たりや飲み心地がとてもマイルドです。

白ワインのおすすめは「デラウェア」 タイプ やや甘口
アルコール度数 10%
価格 750ml 1,650

「デラウェア」は食前酒にもふさわしい1本

果実が持つ甘味と酸味をそのまま感じることのできるワインなので、アペリティフとしても楽しめます。料理と合わせるのであれば、BBQや焼きそば、お好み焼きなど気軽な料理にぴったり。スパイスの効いた料理にもよく合います。

「デラウェア」の適温は6℃〜8℃

「デラウェア」はしっかりと冷やしていただきましょう。酸味とほのかな甘みのバランスの良さがもっとも発揮されます。

赤ワインのいち押しは「マスカットベリーA 樽熟成 キュヴェ・イケガワ」

赤ワインで注目の銘柄は、シャトー酒折ワイナリーのフラッグシップワインである「マスカットベリーA 樽熟成 キュヴェ・イケガワ」です。

カリスマ栽培家と称される池川仁氏による滋味あふれるマスカットベリーAだけを使った、極上の赤ワインです。エレガントな風味と凝縮された果実味、力強さを兼ね備えた1本で、記念日やお祝いのシーンにもぴったりですよ。

香りは閉じ気味ですが、空気と触れることで乾燥イチヂクなどのドライフルーツの香りがふくらんできます。口に含むとアプリコットやスモモなどの香りとともに強いインパクトがあり、アフターにはマスカットベリーAらしいイチゴなどの赤系果実の香りがほのかに漂います。

赤ワインのいち押しは「マスカットベリーA 樽熟成 キュヴェ・イケガワ」 タイプ ミディアムボディ
アルコール度数 13%
価格 720ml 3,674円

「マスカットベリーA 樽熟成 キュヴェ・イケガワ」はステーキとの相性が抜群!

肉料理全般によく合うのが「マスカットベリーA 樽熟成 キュヴェ・イケガワ」です。和牛のステーキとの相性は感涙もの!また、ベリーAは醤油と好相性な品種なので、豚の角煮やタレの焼き鳥、脂ののった魚の煮つけなどともよく合います。

「マスカットベリーA 樽熟成 キュヴェ・イケガワ」の適温は17℃〜19℃

「マスカットベリーA 樽熟成 キュヴェ・イケガワ」は常温でいただきましょう。マスカットベリーAらしい香りがふくよかに広がります。

白ワインで注目の銘柄は「甲州 i-vines vineyard」

「甲州 i-vines vineyard」は先ほど紹介した「甲州ドライ」と同じく甲州種を使用したワインですが、池川仁氏が代表を務める農業生産法人i-vinesのぶどうを使ったワンランク上のタイプです。

はじめは柑橘の爽やかな香りを感じられますが、時間が経過し空気と触れることで黄桃のような甘い香りやツゲ香などが加わり複雑さが増します。口に含むとはつらつとした酸味とミネラル感があり、果実のボリューム感がたっぷりと感じられますよ。

アフターには酸味とほろ苦さが続き、その妙味にうっとりしてしまいそう。

白ワインのおすすめは「甲州 i-vines vineyard」 タイプ 辛口
アルコール度数 12%
価格 720ml 1,870円

「甲州 i-vines vineyard」は天ぷらやアヒージョと相性Good

ボリューム感のある「甲州 i-vines vineyard」は、油分のある料理と合わせるのがおすすめです。焼き鳥など白身の肉料理や天ぷら、アヒージョやオイル系のパスタと合わせてみてくださいね。

「甲州 i-vines vineyard」の適温は9℃〜12℃

香りが豊かな白ワインなので、「甲州 i-vines vineyard」はやや冷ための温度帯でいただくのがおすすめです。冷蔵庫から出した後、しばらく経ってから飲んでくださいね。

お試ししやすいひとくちサイズのリキュールにも注目を

シャトー酒折ワイナリーには、梅酒やあんず酒、ゆず酒などのリキュール類もあります。なかでもおすすめは、ひとくちサイズで果実の形をした「ひとくち梅酒」「ひとくちあんず酒」「もぎたてゆず酒」!

キュートな見た目もデートにふさわしく、49mlという少量規格なのもポイントです。

ワイン好き向けのシャトー酒折ワイナリーの銘柄

ワインに詳しい方向けの銘柄は「エステート シャルドネ 2016」です。フレッシュさと樽香の両面性を持った特別な1本です。

タンクと樽の双方の良さが活きた「エステート シャルドネ 2016」

自社農園で育てられたシャルドネのみで造った白ワインです。これまでのシャトー酒折ワイナリーのシャルドネはすべて樽熟成でしたが、2016年は樽の使用は50%。フレッシュ感と樽熟成らしいニュアンスの両面があるワインです。

柑橘類の香りとミツロウの香りが現れた後、アンズやトロピカルフルーツなどの香りが穏やかに広がるのが特徴です。グラスに入れてから時間が経つと、樽由来のバニラ香も広がりますよ。

口に含むとフレッシュな酸味を持った果実感が広がり、ぶどうの熟度を感じることができます。

タンクと樽の双方の良さが活きた「エステート シャルドネ 2016」 タイプ 辛口
アルコール度数 12.5%
価格 720ml 2,937円

「エステート シャルドネ 2016」は魚介類とともにいただこう

「エステート シャルドネ 2016」はフレッシュな酸味とジューシーさが特徴なので、魚介類がぴったり。アサリやハマグリの酒蒸し、白身魚の塩焼きなどと合わせると最高です!また、オリーブオイルで炒めた野菜料理とも合いますよ。

「エステート シャルドネ 2016」は大きめのグラスに注ぐと香りが際立つ

「エステート シャルドネ 2016」は10℃ぐらいから飲みはじめましょう。少しずつ温度が上昇するにつれて、香りが開いていくのが感じられると思います。グラスは白ワイン用のグラスの中では大きめのタイプを選ぶのが吉です。

ワイン初心者向けのシャトー酒折ワイナリーの銘柄

普段ワインをあまり飲まない方向けの銘柄は、やや甘口のタイプの「甲州セミスイート」です。

甘みがありつつ後味はすっきり「甲州セミスイート」

桃のコンポートのような香りがあるやや甘口タイプながら、酸味もあるのが「甲州セミスイート」です。後味はすっきりしていて飲みやすいので、初めての1本にももってこいですよ。アルコール度数が10%と低めなのも嬉しいポイントです。
甘みがありつつ後味はすっきり「甲州セミスイート」 タイプ やや甘口
アルコール度数 10%
価格 720ml 1,650円

「甲州セミスイート」はアジア料理とも相性良し

「甲州セミスイート」はタレの焼き鳥や魚の煮つけなど甘辛い味付けの料理や、甘味のある寿司と相性が良いワインです。また、スパイシーなアジア系の料理と合わせるのもよいです。海老チリやオイスターソースベースの中華料理、カレーなどと合わせると、ワインの甘さが心地よく感じられますよ。

「甲州セミスイート」はしっかり冷やしていただこう

「甲州セミスイート」は、冷蔵庫で6℃~8℃まで冷やすとより美味しくいただけます。グラスは白ワイン用の小ぶりなタイプがおすすめです。

シャトー酒折ワイナリーのワインの購入方法

シャトー酒折ワイナリーの商品は、直接ワイナリーを訪れて購入するのがおすすめです。すべてのラインナップが揃うのはもちろんのこと、スタッフの方がそれぞれのぶどうの特長からワイン造りまで丁寧に教えてくれるという利点もあります。見学や試飲をすれば、ワインをさらに深く知ることができますよ

またシャトー酒折ワイナリーは、公式サイトでオンライン販売にも対応しています。遠方に住んでいるカップルや、すぐに届けて欲しいという方はぜひ利用してみてくださいね。

>>シャトー酒折ワイナリー公式サイトはこちら

まとめ:1本あるだけでおうちデートがランクアップする

おうちでワインを飲もうと考えている二人へ、吉田さんからメッセージをいただきました。

吉田さんからのコメント

シャトー酒折ワイナリーはリーズナブルで美味しいワインを目指しておりますので、自宅デートにはぴったりだと思います。お二人の得意料理に合うワインを選んでみると、楽しいと思います。

ワインの要であるぶどうにこだわるシャトー酒折ワイナリーには、フルーティながら奥深い味わいのワインばかり。どれも手に取りやすい価格設定でありながら満足度の高い仕上がりなので、きっと時間の質を上げてくれるはずですよ。

シャトー酒折ワイナリーの基本情報

住所 〒400-0804
山梨県甲府市酒折町1338−203
お問合せ 055-227-0511
営業時間 9:00~16:00
公式サイト https://www.sakaoriwine.com/

※最新の情報はホームページ等でご確認をお願いいたします。
※記事中の金額はすべて税込表示です。希望小売価格と異なる場合があります。

公式アカウントをフォロー

マッチングアプリ大学公式ツイッターマッチングアプリ大学公式フェイスブック