ワイナリーこのはなのワイン「鴇小公子」「鴇ワイングランドロゼ」でおうちディナーデートを満喫

今回ご紹介するのは「ワイナリーこのはな」のワインを味わうおうちディナーデートです。

秋田県鹿角市にあるワイナリーこのはなでは、いつものおうちデートで気軽に飲めるワインから、2人の大切な記念日に開けたい大人のワインまで用意しています。

ワインがあるだけで、おうちデートでの食事が豪華になりますよね。美味しいワインに会話が弾み、2人の仲もさらに深まりそうです。

ステンレスタンクで醸造する「ワイナリーこのはな」

「ワイナリーこのはな」外観の写真

ワイナリーこのはなのワインは、自然豊かな秋田県鹿角市で1本ずつ丁寧に造られています。

ワイナリーこのはなで造るワインの美味しさの秘密は、木樽ではなくステンレスタンクで醸造・熟成している点にあります。ステンレスタンクを使用することで、樽香の香りがなくなり、葡萄本来のピュアな果実味がストレートに感じられる味わいに仕上がるそうです。

「ワイナリーこのはな」ワイン造りの様子

主に日本の葡萄を原料としており、赤・白・ロゼの個性豊かなワインから、鹿角市特産のフジリンゴを使った非発泡のワインまで様々な商品を揃えているので、お気に入りのワインが見つかるはずです。

「ワイナリーこのはな」で造るワインの写真
▲ワイナリーこのはなで造るワインの一部

今回はワイナリーこのはなの代表・三ヶ田さんに、ワイン造りを始めたきっかけやこだわり、おすすめ商品など詳しく伺いました。

地元で醸造したいという農家の声から醸造所が誕生

「ワイナリーこのはな」自社畑の様子

編集部

どのようなきっかけで、ワイン造りを始めたのかをお聞かせください。

三ヶ田さん

秋田県鹿角郡小坂町の鴇(ときと)地区では、33年ほど前から葡萄を栽培しており、そのほとんどを他県のワイナリーに原料として供給していました。

地元で醸造したいという農家の思いを耳にした弊社代表の三ヶ田が「秋田県のワインを造ろう。葡萄があるのだから、ワイナリーをつくればよいのだ」と思い立ち、畑まで車で30分という距離を活かし、鹿角市花輪の商店街に2010年に醸造所を立ち上げたことが始まりです。

「ワイナリーこのはな」で造るワインの写真

編集部

ワイナリーこのはなが誕生したことで遠方のワイナリーに出荷するための計画出荷がなくなり、その結果、葡萄そのものの品質が向上したそうですね。お話からも地元を大切にされているのが伝わります。

自社畑で栽培するヤマブドウ交配種を使用

「ワイナリーこのはな」自社畑の様子

編集部

ワインを造るうえでこだわっていることを教えてください。

三ヶ田さん

秋田県鹿角郡小坂町鴇のヤマブドウ交配種を使って、ワインを製造していることです。

鴇地区にある自社畑では「小公子」と「ヤマ・ソービニオン」を半々ぐらいの割合で栽培しています。鴇地区は、標高約270mの十和田湖の火砕流台地の上に広がっており、酸性で水はけの良い土壌です。

「ワイナリーこのはな」2021年ヤマ・ソービニオンの写真
▲自社畑で栽培する2021年ヤマ・ソービニオン

「ワイナリーこのはな」自社畑で収穫した葡萄の写真
▲自社畑で収穫された葡萄

日本ヤマブドウの血を引くヤマブドウ交配種は、大根も育たなかったこの土地にしっかりと根を張り、これまでに多い時で年間45トンの収穫量がありました。このはなの自社畑はその鴇地区に0.5ha(2,100坪)ほどですが他にもヒマラヤ、岩松4号などヤマブドウ交配種の中でも珍しい品種を育成しています。

自然派を名乗るわけではありませんが、必然的に薬剤の散布は少なく追肥も牛糞を使うなど自然に無理なくやれるのは、このヤマブドウ交配種のおかげだと思っています。

また、2017年からは地元産のリンゴを原料にシードルの醸造も始めました。地元原料にこだわることでその土地の持つ風土の”らしさ”を追求し、無理なく手作業で一本ずつ仕上げることで、日本の繊細な風土を表現したワインやシードルになると考えています。

編集部

ブドウの産地によって味が変わるので、飲んでいるだけで旅行気分が味わえそうです。ワインの味も大切ですが「造られたきっかけ・過程」を知ることにより、いっそう魅力を感じられます。

ワイン造りのほとんどが手作業で行われる

「ワイナリーこのはな」瓶詰めを行う様子

編集部

2010年からワイナリーが誕生し、10年以上続けていくなかでやはり大変なこともあったことかと思います。どのような想いでワインを造っているのですか?

三ヶ田さん

早いブドウですと9月の頭には収穫が始まりますが、収穫のタイミングを見極めるのがとても重要でいつも悩むところです。また最近はクマの被害が増えており、私共の自社畑でも収穫量が減っています。

ワイン造りについて私共のような小さなワイナリーではラベル貼りまでほとんど手作業で行っております。そのため大変ではありますが、ワインの苦手な方やアルコールの苦手な方が「これなら飲める!」と言って下さると嬉しく励みになります。

「ワイナリーこのはな」瓶詰め作業の様子

「ワイナリーこのはな」ラベル貼りの様子
▲ラベル貼りも手作業で行う

また、米の国秋田は酒の国です。秋田でワインを作っていると言うと「珍しい」「知らなかった」とよく言われます。その土地に根付く作物があればそれで何かを作ろうとするのはすごく当たり前なことだと思っており、良いものを造ることでお客様に喜んで頂きたいです。

日本のブドウで造る日本ワインは、普段私たちの食卓に並ぶ和食を中心とするメニューによく合うと思っています。海外のワインだけではなく日本のワインもぜひ召し上がっていただきたいと思います。

私共のワインやシードルを通じて、沢山の方に日本または秋田の食材を楽しんでほしいです。

「ワイナリーこのはな」発酵作業の様子
▲ステンレスタンクで発酵させる様子

編集部

確かに秋田はお米が美味しい地域なので、ワインのイメージはありませんでした。秋田の食材にも合うとのことなので、ワインを通して秋田の魅力を知るきっかけになりそうです。

また、ワインが苦手な方からも好評とのことなので、普段お酒をあまり飲まないカップルでも挑戦しやすいのは嬉しいですね。日本ワインデビューにぴったりだと思いました。

ワイナリーこのはなのラインナップを紹介

「ワイナリーこのはな」で造るワインの写真

ワイナリーこのはなは、自社畑で栽培したブドウを使ったワインを揃えています。密閉型ステンレスタンク醸造のため酸化しにくく、どれもピュアな果実味が楽しめるワインです。

ワイナリーこのはなには、辛口から甘口まで現在10数種類の商品があります。主な商品を紹介するので、ぜひ参考にしてください。

豪華寝台列車でも採用の赤ワイン「鴇(ときと)小公子 無濾過(むろか)生詰」

赤ワイン好きにおすすめなのが「鴇小公子」です。小公子(日本に自生するヤマブドウと中央アジアのブドウ数種類を交配したワイン用ブドウ)特有の濃厚さと柔らかなタンニン、爽やかな酸味が魅力のミディアムボディで、スッキリとしたミネラル感がまるで白ワインのような印象です。

なかでも、タンクの上澄みをそのままビン詰めした無濾過生詰タイプは、JR東日本で運行している豪華寝台列車「トランスイート四季島」でも提供されています。

醸造から2、3年目が飲み頃とのこと。お寿司、お刺身、ウニ、イクラ、蒲焼き、照り焼きなどのおつまみと相性抜群で、和食と合わせて楽しみたいワインです。

ワイナリーこのはな「鴇小公子 無濾過生詰」の写真 ワインの種類 赤ワイン
アルコール度数 12%
原材料 ブドウ(秋田県産)、酸化防止剤(亜硫酸塩)
味わい 辛口
価格 720ml:3,520円

希少なブドウを使った白ワイン「鴇ポートランド白甘口」

白ワインのおすすめは「鴇ポートランド白甘口」です。ポートランドは「チャンピオン」と「ルテー」を交配して生まれた北米系のブドウ品種で、果皮が薄く傷みやすいため全国的にも流通量の少ない希少なブドウです。

アルコール度数は7%と低めですが、さらにアルコールを感じさせないスッキリとした飲み口が特徴。フルーティな香りと凝縮した果実味で、気軽に飲めるワインです。

ワイナリーこのはな「鴇ポートランド白甘口」の写真 ワインの種類 白ワイン
アルコール度数 7%
原材料 ブドウ(ポートランド100%)、酸化防止剤(亜硫酸塩) 
味わい 甘口
香り フルーティ
価格 720ml:2,640円

食前酒やデザートとして飲みたい「かづのシードルフジ」

ワイナリーこのはなでは、秋田県鹿角市産の生食用フジりんごで造る「かづのシードルフジ」も人気です。

非発泡タイプのシードルで、フジリンゴの甘い香りと味わいを活かしたこだわりの商品なので、お酒が苦手な方でも飲みやすいですよ。スッキリとした味わいなので、食前酒やデザートとして飲むのもおすすめです。

ワイナリーこのはな「かづのシードルフジ」の写真 ワインの種類 シードル
アルコール度数 7%
原材料 リンゴ(フジ100%)、酸味料(リンゴ酸)、酸化防止剤(亜硫酸塩、V.C)
味わい 甘口
香り みずみずしいリンゴ
価格 720ml:2,200円

三ヶ田さんからのコメント

女性が甘口のお好きな方でしたら、まるで100%生果汁ジュースのような「鴇ポートランド白甘口」は必ず喜んでいただけます。

ワイン好きにおすすめの商品

普段からワインをよく飲むカップルにおすすめの商品を紹介します。それぞれ相性の良いおつまみも紹介しているので、ぜひパートナーとおつまみを作る時間も楽しんでください。

特別な日に飲みたい「鴇ヤマ・ソービニオン赤辛口」

普段からお酒をよく飲むカップルにおすすめしたいのが「鴇ヤマ・ソービニオン赤辛口」です。山葡萄交配品種「ヤマ・ソービニオン」の豊かな酸味と渋みが特徴の、濃厚で野性味あふれる商品です。香りもポイントで、ヤマブドウの濃厚な野性味とカベルネ・ソーヴィニヨンのエレガントな香りを併せ持っています。

辛口の味わいに高級感のある香りは特別感を演出してくれます。記念日のおうちディナーにはもちろん、パートナーにもピッタリのワインです。

ワイナリーこのはな「鴇ヤマ・ソービニオン赤辛口」の写真 ワインの種類 赤ワイン
アルコール度数 12%
原材料 ブドウ(山ぶどう交配種 ヤマ・ソービニオン100%)、酸化防止剤(亜硫酸塩)
味わい 辛口
香り ヤマブドウの濃厚な野性味とカベルネのエレガントな香り
価格 720ml:3,190円

ボリュームたっぷりの肉料理と相性抜群

鴇ヤマ・ソービニオン赤辛口は、洋食全般と一緒の味わうのがおすすめです。とくにボリュームのある肉料理と相性抜群です。醸造から2、3年目が飲み頃になります。

白ワインのような味わいの「鴇小公子赤辛口」

「鴇小公子赤辛口」は、酸味と柔らかなタンニンが魅力の赤ワインです。スッキリとしたミネラル感が白ワインのようなので、いつも白ワインを選ぶ方も飲みやすいのではないでしょうか。

酸味がある大人の味わいのワインは、おうちデートをお洒落な雰囲気にしてくれそうです。

ワイナリーこのはな「鴇小公子赤辛口」の写真 ワインの種類 赤ワイン
アルコール度数 12%
原材料 小公子100%(秋田県産)、酸化防止剤(亜硫酸塩)
味わい 辛口
価格 720ml:3,190円

和食や餃子と合わせてみよう

鴇小公子赤辛口は和食全般と合うので、お寿司やお刺身など色々試してみてください。蒲焼きや照り焼きなど濃厚な甘辛ダレの料理とも好相性ですよ。餃子もお供としてぴったりです。

甘口ワイン派でも飲みやすい「鴇ポートランド白辛口」

「鴇ポートランド白辛口」は、フルーティな香りと辛すぎない味わいが人気のワインです。フレッシュな華やかさが特徴で、いつも甘口のワインを選んでいる方にもおすすめです。

比較的どのようなジャンルの料理にも合うので、いつものおうちデートで気軽に飲めます。

ワイナリーこのはな「鴇ポートランド白辛口」の写真 ワインの種類 白ワイン
アルコール度数 12%
原材料 小公子100%(秋田県産)、酸化防止剤(亜硫酸塩)
味わい 優しい辛口
香り フルーティ
価格 720ml:2,200円

おつまみにはガーリックを使った料理もおすすめ

鴇ポートランド白辛口はさまざまな料理に合いますが、とくにガーリックと相性が良いためイタリアンのお供に最適です。パスタやピザなど合いそうですね。

ワイン初心者におすすめの商品

このはなのワインはステンレスタンクで醸造するため、基本的に全てのワインが飲みやすいのがポイント。赤ワインや辛口のワインが苦手な方からも好評です。

とくに先ほど紹介した「鴇小公子赤辛口」「かづのシードルフジ」はワインデビューにぴったりですよ。また「鴇ポートランド白甘口」「鴇ワイングランドロゼ」もワイン初心者におすすめです。

デザート感覚で飲みたい「鴇ポートランド白甘口」

「濃厚な甘さのワインが飲みたい」というカップルには「鴇ポートランド白甘口」がおすすめです。

アルコール感の少ないジュースのような味わいです。食後のデザートワインとしてはもちろん、誕生日や記念日のお祝いスイーツのお供としても合いそうですね。

ワイナリーこのはな「鴇ポートランド白甘口」の写真 ワインの種類 白ワイン
アルコール度数 7%
原材料 ブドウ(ポートランド100%)、酸化防止剤(亜硫酸塩)
味わい 甘口
香り フルーティ
価格 720ml:2,200円

デートムード満載の「鴇ワイングランドロゼ」

2人の大切な記念日に飲んで欲しいのが「鴇ワイングランドロゼ」です。美しいピンク色にほのかな甘さで、ロマンチックな雰囲気を演出してくれそうですね。

見た目も鮮やかなロゼは、写真映えもばっちりです。ロゼを片手にパートナーと記念写真を撮ってみてはいかがでしょうか。

ワイナリーこのはな「鴇ワイングランドロゼ」の写真 ワインの種類 ロゼ
アルコール度数 12%
原材料 ブドウ(山ぶどう交配種ワイングランド、小公子)、酸化防止剤(亜硫酸塩)
味わい やや甘口
香り フルーティ
価格 720ml:2,640円

ヘルシーな料理とも相性抜群

鴇ワイングランドロゼはヘルシー志向の方も嬉しい、サラダや前菜系のおつまみと相性抜群です。とくにホタテのマリネやカルパッチョなど前菜系の料理がおすすめ。マヨネーズを使ったお料理とも合いますよ。

ワイナリーこのはなのワインの購入方法

ワイナリーこのはなワインショップの外観の写真

ワイナリーこのはなは直営店舗や公式サイト、東北地方の「酒のやまや」の店舗などで購入できます。また、ワイナリーこのはなのワインを取り扱っている飲食店もありますよ。

公式サイトでは販売店を詳しく紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

公式サイトリンク集:https://www.mkpaso.jp/link.html

まとめ:おうちでワインを楽しんだらワイナリー見学&試飲もおすすめ

「ワイナリーこのはな」代表者の写真

今回ご紹介した赤ワインは常温(15度前後)で保存すると良いそうです。白ワインは飲むまでキリッと冷やしておきましょう。グラスの形や材質による香りや味わいの変化も合わせて楽しんでください。

最後に三ヶ田さんからのメッセージを紹介します。

三ヶ田さんからのコメント

ワイナリーこのはなでは、10月から新シリーズ「Champêtre(シャンペトル)」の発売を開始しました。きめ細やかで柔らかい泡が喉を心地よく潤してくれます。

また現在「シャンペトル小公子(375ml:税込1,980円)」を好評発売中です。数量限定のため直営店舗での限定販売となりますので、気になる方はぜひお試しください。今後も「シャンペトルロゼ」「シャンペトルフジ」「シャンペトルヤマ・ソービニオン」を予定しております。

ワイナリーこのはなでは無料で工場のご見学とご試飲が可能です(不定休、要予約)。ぜひ一度お越しください!

パートナーと美味しい料理を作ってワインを開けておうちディナーを満喫したら、お出かけデートとしてワイナリーこのはなを訪れて工場見学をするのも良いですね。ぜひ2人のお気に入りのワインを見つけてみてください。

ワイナリーこのはなの基本情報

住所 〒018-5201
秋田県鹿角市花輪字下花輪171
お問合せ 0186-22-2388
営業時間 月〜土曜日:10:00~17:00
定休日:日曜日
公式サイト https://www.mkpaso.jp/

公式アカウントをフォロー

マッチングアプリ大学公式ツイッターマッチングアプリ大学公式フェイスブック