地酒を超えた“郷酒”に出会える!大和川酒造店の酒蔵見学の見どころを紹介!|福島県

酒蔵は、建築物や歴史、お酒が好きなカップルから大人気の大人のデートスポット。福島県喜多方市に訪れたらぜひ足を運びたいのが「大和川酒造店」です。寛政二年の創業から九代にわたりお酒を造り続ける歴史ある酒造店で、酒蔵見学では時代ごとに建てられた趣きある酒蔵を見学できます

大和川酒造店では「酒造りは米作り」という考えのもと喜多方の米にこだわり、“地酒”を超える“郷酒”を製造。数あるお酒のなかでも杜氏による伝統の技が光る「純米大吟醸 いのち」は、最上級酒としてファンから愛されています。

今回は、合資会社大和川酒造店の販売課で庶務係長を務める中園智子さんにお話を伺い、酒造へのこだわりや酒蔵見学での注目ポイント、周辺のデートスポットに至るまで幅広く教えていただきました。

飲酒は二十歳になってから

飲酒運転は法律で禁止されています。妊娠中や乳児期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。お酒は楽しく適量を。飲んだ後はリサイクル。

「田んぼからの酒造り」にこだわる「大和川酒造店」

福島県喜多方市に酒蔵を構える大和川酒造店は、寛政二年(1790年)から九代にわたり、230年以上お酒を造り続けています。創業当初から変わらず飯豊山の清らかな伏流水を仕込み水とし、数々の銘酒を生み出してきました。

まずは、大和川酒造店のお酒へのこだわりや銘酒「純米大吟醸 いのち」の誕生秘話をお伝えしていきましょう。

「地酒」を超える「郷酒」造りに邁進

大和川酒造店では「地の水」「地の米」「地の技」を信条に、喜多方産のお水とお米、受け継がれてきた伝統の技により、日本酒を醸しています。特にお米は「酒造りは米作りから」を掲げ、より地域に密着した「地酒」を超える「郷酒」造りに邁進しているのが特徴です。

大和川酒造店・北方風土館の大正蔵
▲大和川酒造店では喜多方産のお水とお米にこだわったさまざまな種類のお酒が製造されています。

「郷酒」の理念が息づく日本酒「純米大吟醸 いのち」にご注目

大和川酒造店の数あるお酒のなかでも、農薬・化学肥料を一切使用しない酒造好適米・山田錦から仕込まれた「純米大吟醸 いのち」は、「郷酒」の理念と、有機米や有機農業への情熱が息づいた最上級酒です。

「食べ物は人間にとって、まさに『いのち』の糧、農業はいのちの産業」と有機農業の意義を説いた元・熱塩加納村農協の営農指導者・小林芳正氏と、その考えに賛同した大和川酒造店の当時専務であった佐藤芳伸氏(現九代目当主・彌右衛門)が昭和55年にタッグを組んだことから誕生しました。

「純米大吟醸 いのち」は華やかな香りと贅沢なコク、優美な余韻が特徴。収穫量が限られたお米を原料とするため、仕込み数が限定された希少な一品です。

金賞受賞のお酒もラインナップ

大和川酒造店の日本酒は、全国新酒鑑評会で過去8回連続の金賞受賞歴があります。令和4年は「純米辛口 弥右衛門」が全国燗酒コンテストの“お値打ちぬる燗部門”で最高金賞を受賞しました。

「大和川酒造店」の酒蔵見学の見どころ

大和川酒造店の酒蔵見学では歴史ある酒蔵を気軽に見学できます。必要に応じて観光スタッフに内部を案内してもらうことも可能です。数々の見どころから特におすすめを、中園さんにインタビューしました。

歴史ある酒蔵の内部を見学できる!

編集部

大和川酒造店の酒蔵見学ではどのような施設を見学できるのでしょうか?

中園さん

江戸、大正、昭和の時代に建てられた3つの酒蔵「江戸蔵」「大正蔵」「昭和蔵」をご見学いただけます。当主の住居スペースから一直線に見通せるような構図で並んでいるので、ぜひ建物の近くに寄って比べてご覧ください。酒蔵は建てられた時代ごとに特色がありますよ

現在は平成2年に建てられた「飯豊蔵」で酒造りをしていますが、それまで実際に使用していた「江戸蔵」の内部は特に注目です。江戸時代にできた当店で最も歴史ある土蔵で、1階の天井にある長い梁は積雪が多い会津喜多方ならではかと思います。

大和川酒造店の江戸蔵の内部
▲大和川酒蔵の江戸蔵。現在は、昔の酒造りに使用されたさまざまな道具が展示されています。

ご案内の際は、当時使われていた酒造りの道具や設備の説明と、大和川酒造店の酒造りへのこだわりについてもご紹介いたします。

有料で高級酒「純米大吟醸 いのち」の試飲ができる

編集部

酒蔵見学ではお酒の試飲はできますか?酒蔵へ訪れたからこそできる体験があれば教えてください。

中園さん

利き酒コーナーにて、定番のお酒から季節限定商品、リキュールや古酒まで幅広く無料でご試飲いただけます。当店の高級酒である「純米大吟醸 いのち」と「純米大吟醸 四方四里」の2点も、有料で試飲が可能です。ご試飲いただけるのは、店頭ならではですよ。

LINEで大和川酒造店をともだち登録していただくと、オリジナルグラス・おちょこをプレゼントしていますので、そちらもぜひご確認ください。

「大和川酒造店」の酒蔵見学は予約不要!案内を希望するカップルは事前連絡を

編集部

大和川酒造店の酒蔵見学には予約は必要でしょうか?当日急に訪れても見学できますか?

中園さん

基本的に予約の必要はなく、自由に酒蔵見学と試飲をしていただけます。団体様や、案内をご希望の方は事前にお知らせください。ご案内時間は15分〜20分ほどです。

「大和川酒造店」の酒蔵見学の予約方法・所要時間・見学料金

酒蔵見学をご検討の際は以下をご参照ください。

予約 団体での見学や案内を希望される方
電話:0241-22-2233
見学方法 個別
見学可能時間 9:00~16:30
見学料金 無料(一部試飲のみ有料)
所要時間 15分〜20分(案内をご希望の方)
※試飲は自由なので上記時間に含みません

「大和川酒造店」の直売所にも立ち寄ろう!売店ならではの楽しみ方

大和川酒造店では、利き酒コーナーの横に売店(直売所)が併設されていて、試飲で気に入ったお酒やオリジナルグッズの購入が可能です。売店での買い物を満喫するコツを教えていただきました。

大和川酒造店・北方風土館内の売店
▲大正蔵の下屋(げや)で、かつては瓶詰作業場だった場所が利き酒コーナーと売店になっています。

お酒選びに迷ったらスタッフに相談してみよう

編集部

お客様のなかには「お酒の選び方が分からない」「酒蔵の方のおすすめを買いたい」といった方もいるかと思います。お酒を選ぶ際にアドバイスをもらうことは可能でしょうか?

中園さん

もちろんです。甘口・辛口、純米酒・大吟醸…といったお客様のお好みや、どなたへのお土産か、などお聞かせいただける範囲でご相談いただければ適したお酒をいくつかご紹介いたします。

あまり日本酒に詳しくない方もご安心ください。定番人気の商品や、飲みやすいお酒をおすすめしています。

限定商品や珍しいお酒もチェックしよう

編集部

普段なかなか手に入らない珍しいお酒や注目のお酒があればぜひ教えてください!

中園さん

売店にお越しの際は、大和川酒造店の高級酒の先駆けとして登場した「純米大吟醸 酒星眼回(しゅせいがんかい)」というお酒にご注目ください。こちらは、店頭・通販限定の商品です。

お酒の名前は大正9年に六代目当主・彌右衛門(現在は九代目)が茨城県牛久出身の画家・小川芋銭と交流を持った折にいただいた書画・掛け軸が由来となっています。「眼を回すほど酔い心地が良い」という意味で、果実のような吟醸香と爽快な味わいが特徴です。

当店には、戦前から技術を受け継いできた昔ながらの味を満喫できるお酒もあります。「カスモチ原酒弥右衛門酒」は、米麹を通常の約2倍入れ、モチ米四段仕込みで濃厚甘口に仕上げた甘美酒です。

「大和川酒造店」の酒蔵見学に訪れた人の声

編集部

酒蔵見学を検討している方にとって、口コミは大変参考になると思います。実際に酒蔵見学に訪れた方から寄せられた声や感想があればぜひ教えてください。

中園さん

酒蔵見学で時代毎の蔵の構造や当時の酒造りの道具をご覧いただき、感心してくださるお客様が多いです。敷地内には飯豊山系の伏流水が流れており、お酒の試飲ができない方や猛暑日の水分補給に好んで飲んでいただいております。みなさまから「美味しい!」と感想をいただいています

当店はお酒造りにおいて地元産の水・米・造り手にこだわっています。「地酒」を超える「郷酒」造りに取り組んでおりますので、酒蔵見学ではその点にご注目いただけたら幸いです。

「大和川酒造店」からカップルへのメッセージ

大和川酒造店・北方風土館の暖簾側からの外観

編集部

結びに、デートで大和川酒造店の酒蔵見学を検討しているカップルへ向けてメッセージをいただけますか?

中園さん

喜多方には風土やレトロな街並み、日本酒、そして喜多方ラーメンと観光を満喫いただけるポイントがたくさんあります。見る・学ぶ・食べるをお楽しみ頂けるので、ぜひご来訪くださいませ

編集部

喜多方エリアは酒蔵はもちろん、グルメや観光スポットも充実しているのですね。デートにぴったりです!中園さん、どうもありがとうございました。

「大和川酒造店」の酒蔵見学と一緒に楽しめる、周辺のおすすめデートスポット

酒蔵見学で福島県喜多方市を訪れるなら、周辺の観光スポットもチェックしておきたいところです。地元の方ならではの視点で、中園さんに大和川酒造店からアクセスが良いデートスポットを教えていただきました。

「喜多方ラーメン館」で人気ラーメンに舌鼓

大和川酒造店での酒蔵見学の前後に観光するなら「会津喜多方ラーメン館」がおすすめです。会津喜多方ラーメンをレトロな雰囲気の屋台で試食したり、さまざまな製麺所のお土産を買ったり、ラーメン尽くしの時間を過ごすことができます

食つながりで、酒蔵の周辺スポットとして味噌・醤油醸造元の「若喜商店」も人気です。江戸時代から続く老舗で、国の有形登録文化財である店舗とレンガ蔵の見学もできます。

公式URL:会津喜多方ラーメン館
公式URL:若喜商店

車での観光なら「恋人坂」が景色バツグン

恋人坂は、喜多方ロマンチック街道の先にあるゆるりとした坂道で、会津盆地を一望できる絶景スポットです。昼間の景色はもちろん夜景や星空も美しく、デートにピッタリ。カップルからは夕日が望める時間帯が特に人気だそうです。

参考:恋人坂・恋人岬 - ふくしまの旅

道の駅「喜多の郷」でひと息つくのもおすすめ

観光の疲れを癒すなら、道の駅「喜多の郷」にもご注目。軽食をとったりお土産を購入したりできるほか、併設の温泉施設「蔵の湯」で露天風呂やサウナに入ることもできます

公式URL:道の駅「喜多の郷」

「大和川酒造店」の基本情報(アクセス・営業時間)

住所 〒966-0861 福島県喜多方市字寺町4761
アクセス・最寄駅 ・JR磐越西線「喜多方駅」より徒歩約15分
・磐越自動車道「会津若松IC」より約30分
電話番号 0241-22-2233
営業時間 見学時間 9:00~16:30
定休日 1月1日
駐車場 あり
料金 無料
予約 10名以上から要予約
公式URL https://www.yauemon.co.jp/

※最新の情報はホームページでご確認をお願いいたします。
※記事中の金額はすべて税込表示です。