【山形】霞城公園内の「山形県立博物館」デートで、展示物や周辺観光を楽しもう!

「博物館めぐりデート特集」第3弾でご紹介するのは、山形県山形市にある「山形県立博物館」です。

霞城公園内にある山形県立博物館では、山形県の自然や歴史・文化にまつわるさまざまな資料を展示しています。なかでも、全国に5体しかない国宝土偶のうちの1体である「縄文の女神」を見られるのも特徴の1つです。

今回は、山形県立博物館の広報担当である小林透さんのご厚意により、館内の見どころや周辺の観光スポットについて話を伺いました。

山形県の歴史に興味がある方や博物館をめぐるデートプランを立てたい方は、ぜひこちらの記事を参考にしてみてください。

※記事中の金額はすべて税込表示です

山形県立博物館について

山形県立博物館の山形県地形模型

▲山形県立博物館の山形県地形模型

山形県立博物館は1971年に開館し、2021年に開館50周年を迎えました。山形県立博物館では、山形県の自然や歴史・文化にまつわるさまざまな資料を展示しています。

レトロな建築の内部ホールには、南極海のクロミンククジラの骨格標本があります。成体で平均8.5-9mになるほど大きいクロミンククジラなので、とても大きな標本は見応え抜群です

また、博物館がある霞城公園は山形城跡地で、国指定史跡です。春は約1,500本の桜が咲き誇る山形市随一の桜の名所で、落ち着いた雰囲気があるので、カップルでまったりと過ごすのにもぴったりです。

さっそく、山形県立博物館の広報担当である小林透さんに、館内の見どころや周辺の観光スポットについてお話を伺いましょう。

山形県の魅力を発信する総合博物館

インタビュアー

山形県立博物館は、どのような博物館なのでしょうか。

小林さん

山形県の自然や歴史・文化の概要について、地学・植物・動物・考古・歴史・民俗の各分野を通して紹介する総合博物館です。本県の魅力を発信する展示・教育普及活動を行っています。

当館は1971年に開館し、2021年に開館50周年を迎えました。

インタビュアー

山形県の自然・歴史・文化を丸ごと学べる博物館なんですね。多方面の分野から歴史や文化に触れることができるので、見ごたえがあります。

住んでいても意外と知らない山形県の姿を知ることができそうです。

国宝土偶である「縄文の女神」を展示

インタビュアー

山形県立博物館には、どのような展示物がありますか?

小林さん

全国に5体ある国宝土偶のうちの1体である「縄文の女神」を展示しております。

「縄文の女神」は、平成4年(1992年)に山形県北部の舟形町西ノ前遺跡で発掘された縄文時代中期(約4,500年前)の土偶です。高さ45cmで完形立像土偶としては日本最大の大きさです。

縄文時代の土偶造形の1つの到達点を示す優品と評価され、平成24年(2012年)に国宝に指定されました。

国宝展示室に土偶残欠47点とともに展示しています。

また、当博物館には「ヤマガタダイカイギュウ」の全身骨格模型もございます。大型の海生哺乳類の化石の全身骨格模型です。

化石は昭和53年(1978年)山形県中央部の大江町の最上川河床で、2人の小学生によって発見されました。18世紀に絶滅したステラーカイギュウに通じる古い形の海牛の化石です。新種として記載されましたが、現在まで世界に1個体しか発見されていない貴重な化石です。

全身骨格模型と化石の産状模型などを展示しています。

そのほかにも、「てんさらぱさら(ケサランパサラン)」もありますよ。空から降ってきて、持った人に幸せをもたらす謎の毛玉のようなものです。

展示されているものは非常にまれです。

山形県立博物館のホームページでも展示物等を紹介しているので、来館前にご覧いただくのもよいかと思います。

インタビュアー

先ほど「縄文の女神」を見ましたが、その立ち姿の美しさにはしびれました。約4,500年前に作られたとは思えないほど、保存状態もいいですね。国宝に指定されているというのも納得です。

また、「ヤマガタダイカイギュウ」の化石は、世界に1個体しか発見されていないんですね。それが山形から発掘されたと思うと、まさに「ロマン」といった感じですね。

「てんさらぱさら」は謎めいていていて興味をそそられます。

ホームページでも展示物を見れるのですね。実際に行く前に、予習として確認しておきたいと思います。

山形県立博物館のキノコ展示

▲山形県立博物館のキノコ展示

山形県立博物館の「企画展」開催情報

山形県立博物館の考古展示

▲山形県立博物館の考古展示

インタビュアー

山形県立博物館では、常時閲覧できる展示物以外が見られる「企画展」などの開催はありますか?

小林さん

過去に開催したものですが、2021年の3月6日(土)から5月9日(日)間に「第3回やまはくセレクション展」を開催いたしました。

その際には、新たに収蔵した資料、すでに収蔵している資料の中から見出された興味深い資料を展示しました。

また、6月には博物館の創立50周年にかかわる「特別展」、9月には「プライム企画展」という大型の展示会を実施。山形県の自然や歴史を、新しい視点で紹介していくものを、随時開催していくつもりです。

インタビュアー

1年を通して、さまざまな企画展があったのですね。

山形県立博物館の魅力

山形県立博物館で展示しているクロミンククジラの骨格標本

▲山形県立博物館で展示しているクロミンククジラの骨格標本

山形県立博物館では、館内の歴史ある展示物を見て回ったり、周辺スポットを散策したりなど、デートとして楽しめる場所が数多くあります

霞城公園に調和した美しい山形県立博物館の外観を楽しんだあとは、静かな館内で、「クロミンククジラ」の骨格標本や、鉱物・岩石標本の展示コーナーで巨大アメジストを見て、「縄文の女神」を模した木造の彫刻前で記念撮影を行うといった回り方もよいでしょう。

引き続き、山形県立博物館の魅力を小林さんにお伺いします。

霞城公園にあり、博物館内を含めリラックスできる空間である

山形県立博物館の岩石化石鉱物展示

▲山形県立博物館の岩石化石鉱物展示

インタビュアー

山形県立博物館ならではの魅力を教えてください。

小林さん

山形県立博物館は梅や桜の名所、山形城跡地の霞城公園にあり、静かで市民の散歩散策コースになっています。

近くには明治に作られた病院「旧済生館本館」を移築した「山形市郷土館」などもあり博物館を含めてリラックスできる空間です。

博物館内も静かで、レトロな建築の内部ホールに大きな「クロミンククジラ」の骨格標本を上から下から眺めることができますよ。

また、1Fには巨大アメジストがいざなう鉱物・岩石標本を多数展示しているコーナーもあります。

インタビュアー

霞城公園は国指定史跡としても有名ですよね。落ち着いた雰囲気があるので、カップルでまったりと過ごすのにもぴったりです。

また、館内にある「クロミンククジラ」の骨格標本は見ごたえがありますね。私もつい、まじまじと見てしまいました。

1Fの鉱物・岩石標本の展示コーナーも素敵ですね。巨大アメジストには思わず足が止まりました。これだけ見事なアメジストには早々お目にかかりませんね。

また、どの石もケースの中に整然と並んでいるので、とても見やすかったです。

山形県立博物館の国宝展示室付近

▲山形県立博物館の国宝展示室付近の様子

霞城公園に調和した美しい外観も見どころ

山形県立博物館にある民俗農家の囲炉裏展示

▲山形県立博物館にある民俗農家の囲炉裏展示

インタビュアー

山形県立博物館にある、展示物以外の見どころがあれば教えてください。

小林さん

2021年度に開館50周年を迎える本館は、明治百年を記念する事業の一つとして建設されました。

外観は直線を基調としていて、石垣を模した入口や大理石の砕石を吹き付けた白壁など、山形城跡である霞城公園にみごとに調和している美しいものです

インタビュアー

山形県立博物館の外観は、どこか古めかしくも落ち着いた雰囲気があるなあと思っていたのですが、50年前の建築物なのですね。

直線的な造形や大理石の砕石など、シンプルながら手の込んだ建築物であることが伝わってきます。

展示物だけでなく、博物館自体も見どころのひとつなんですね。

記念撮影は「縄文の女神」を模した木造の彫刻前が人気!

山形県立博物館の記念撮影場所

▲山形県立博物館の記念撮影場所

インタビュアー

山形県立博物館内で、記念撮影ができるスポットはありますか?

小林さん

博物館入口にある国宝土偶「縄文の女神」を模した木造の彫刻の前で記念撮影をする人が多いです。

館内では、撮影禁止の表示がある場所以外での撮影が可能です。

インタビュアー

「縄文の女神」を模した木造彫刻と一緒に写真を撮るのはいいですね。デートの記念になりそうです。

場所によっては撮影禁止エリアもあるんですね。写真を撮る場合は、禁止エリアかどうか確認した上で撮影するように気をつけたいです。

「山形の歴史が一通りわかってよかった」との声も

山形県立博物館の昆虫展示

インタビュアー

山形県立博物館は、どのような利用者が多いのでしょうか?

また、利用者からよく聞く感想や嬉しかった声などあれば教えてください。

小林さん

家族連れや旅行者、カップルなどが多いですね。

感想としては、「国宝土偶『縄文の女神』が見られてよかった」「山形の歴史がひととおり分かってよかった」「悩みがあって来たが、展示物を見ているうちに解消した」といったお声を頂戴します。

インタビュアー

年齢問わず楽しめるのが博物館の魅力でもありますよね。皆さん、思い思いに楽しまれているように思えます。

また、「悩みがあって来たが、展示物を見ているうちに解消した」というお言葉も素敵ですね。普段は見ることができない悠久の歴史を垣間見るうちに、自分の悩みがちっぽけなものに思えてくるのかもしれません。

気分のリフレッシュにも繋がりそうです。

「山形市郷土館」や「最上義光歴史館」の観光もできる

山形県立博物館の歴史展示

▲山形県立博物館の歴史展示

インタビュアー

山形県立博物館近くの、おすすめ観光スポットなどがあれば教えてください。

小林さん

山形市郷土館最上義光歴史館などはいかがでしょう。

また、霞城セントラルもおすすめです。

インタビュアー

山形市郷土館は、擬洋風建築の良さがぎゅっと詰め込まれた外観で、とても魅力的なスポットですよね。山形県の近代医学にまつわる資料を無料で閲覧できるのも魅力的です。

また、最上義光歴史館では、最上義光公や戦国時代に関わる展示物が楽しめるので、歴史好きにもいいですよね。

霞城セントラルは、映画館やレストランなどデートでも利用しやすい施設がたくさん入っているので、山形県立博物館を楽しんだ後にランチをする場所としても活用できそうです。

山形県立博物館に行く前に知りたい疑問まとめ

山形県立博物館の受付

▲山形県立博物館受付の様子

展示物や周辺観光スポットなどの魅力がたっぷりで、デートもできる山形県立博物館。デートで訪れる前に、予約やかかる料金などは特にしっておきたいところです。

ここから先の内容は、山形県立博物館前に行く前に知っておくとよいことをお伺いしていきたいと思います。

入館の予約は不要

山形県立博物館の動物展示

▲山形県立博物館の動物展示

インタビュアー

山形県立博物館へ入館するために、予約は必要ですか?

小林さん

予約は不要です。

インタビュアー

予約が不要なのであれば、当日急に行きたくなったときでも安心ですね。これなら気軽に足を運べそうです。

入館料金は大人300円、学生150円で高校生以下は無料

山形県立博物館の近代遊び焼き物展示

▲山形県立博物館の近代遊び焼き物展示

インタビュアー

山形県立博物館の入館料を教えてください。

小林さん

料金については以下のとおりです。

大人 学生 高校生以下 障害者と
その付き添いの方
料金 300円 150円 無料 無料

インタビュアー

大人2名でも600円とかなりお得ですね!デートの予算をしっかり抑えつつ、展示物をじっくり楽しむことができそうです。

博物館内は大声や飲食禁止エリアに注意

山形県立博物館のヤマガタダイカイギュウの展示

▲山形県立博物館のヤマガタダイカイギュウの展示

インタビュアー

博物館を楽しむ上でのマナーなどがあれば、教えてください。

小林さん

他のお客様の迷惑になるような大声はお控えください

また、飲食は決められた場所でお願いします。

インタビュアー

気持ちよく展示物を見るためにも、マナーはしっかり守りたいものです。基本的には、他のお客さんの迷惑にならないように気をつけておけば大丈夫そうですね。

撮影禁止の場所もありますから、館内の掲示物などもよく確認しておくといいですね。

博物館デートを考えているカップルへのメッセージ

山形県立博物館の広報担当である小林透さん

▲山形県立博物館の広報担当である小林透さん

小林さん

建物は古く、大きくない博物館ですが、とても静かですから展示しているものをじっくり見て二人で話してみませんか。

人類が生まれる前の大地の様子を語る岩石・鉱物・化石からキノコや木々、昆虫や鳥、魚・貝などの動物を見てその不思議を語りませんか。

土偶や古代の遺跡からの出土品、山形市内で見られる唯一の国宝、地方の武士や町民の暮らし・信仰の品々を見ながら想像をめぐらすタイムスリップも楽しいですよ。

江戸時代以降の激変した地方の習俗や家庭の記録・特産品を見ながら「これは何なのか?」を考えるのも楽しいと思います。

山形県立博物館に来て静かなちょっと知的なデートを楽しんでみませんか。

インタビュアー

山形県立博物館さんは、自然・歴史・文化をトータルで知ることができる場所だと感じました。貴重な資料の数々には知的好奇心を刺激され、私も子どものようにはしゃいでしまいました。

歴史や自然を学ぶデートスポットとしてもぴったりですね。

本日はお忙しい中、貴重なお話をありがとうございました。

山形県立博物館の基本情報

住所 〒990-0826
山形県山形市霞城町1番8号(霞城公園内)
電話番号 023-645-1111
FAX 023-645-1112
開館時間 9:00~16:30
(入館は16:00まで)
休館日 毎週月曜日(祝日の場合は翌日)
年末/年始(12月28日~1月3日)

山形県立博物館のコロナ対策

新型コロナウイルス感染症予防対策

  • 入館者には入口で体温測定
  • 手指のアルコール消毒・マスク着用をお願い
  • 定期的に入館者が触れる場所を消毒

山形県立博物館とあわせて行きたいデートスポット

山形県立博物館とあわせて行きたい、おすすめのデートスポットを以下に2つご紹介します。このスポットは今回お話ししてくれた小林さんもおすすめしているスポットです。

「霞城セントラル」で夜景デートを楽しむ

霞城セントラルはJR山形駅西口にある、レストラン、ショップ、ホテルなどの複合型高層ビルです。現在、山形市内の建築物では最高の高さを誇り、ランドマークとなっています。カップルにおすすめなのが、最上階展望ロビーです。ほぼ全方向の夜景が見下ろせ、迫力満点の夜景を楽しむことができます

霞城セントラル公式ホームページ:https://www.kajocentral.com/

「山形市郷土館」で建築を学ぶ

山形市郷土館は、以前は病院として使われていた建物を霞城公園内に移築した施設です。国の重要文化財に指定されています欧米の建築を日本の職人が真似て建築した擬洋風建築が特徴で、外観は3層なのに実際は4層ある建築様式です。来館すると「絵葉書」と「しおり」を無料でいただくことが可能です。絵葉書は明治末期の済生館の写真を使用したもので、しおりは郷土館のスタンプを押したもので、記念品として人気があります。

山形市公式ホームーページの「山形市郷土館」紹介ページ:https://www.city.yamagata-yamagata.lg.jp/

公式アカウントをフォロー

マッチングアプリ大学公式ツイッターマッチングアプリ大学公式フェイスブック