鳥取市歴史博物館「やまびこ館」を中心に地元の歴史を学ぶアカデミックなデートプラン

今回は鳥取県にある鳥取市歴史博物館「やまびこ館」を中心に、鳥取市内の歴史スポットをぐるりと巡るデートプランを紹介します。

鳥取市歴史博物館の魅力は実物資料・映像・模型など、さまざまな展示品を取り入れて、一目見るだけで内容を理解しやすい展示を行っているところです。通年で鑑賞できる常設展示は「時系列になっていてわかりやすい!」と評判になっています。

ほかに訪れるスポットも、戦国時代のお城跡や明治時代の洋館など、鳥取市にまつわる歴史スポットばかりです。歴史好き・戦国ファンのカップルが満足できるデートプランを紹介します。

こんなカップルにおすすめ!
おすすめ年代:10代~
おすすめカップル:歴史好き、戦国時代・幕末や明治に興味がある
どんなデート?:見て、体験して、学ぶデート
目安時間:6時間15分
目安予算:2人で6,000円

概要:鳥取市内の歴史スポットをぐるりと巡るデートプラン

ご提案するのは歴史好き・戦国ファンのカップルにおすすめの、鳥取市内の歴史スポットをぐるりと巡るデートプランです。

9:40 鳥取駅集合
移動 バスで20分
10:00~11:30 鳥取市歴史博物館で展示を鑑賞
11:30~12:30 鳥取市歴史博物館の喫茶「ひすとりあ」でランチ
12:30~13:10 鳥取東照宮にお参り
移動 バスと徒歩で約15分
13:25~15:00 鳥取城跡を散策
15:00~16:00 仁風閣を見学

デートで訪れる場所は少し離れているため、鳥取駅に集合したらバスで移動しましょう。100円バスくる梨の「赤コース」を利用します。

鳥取市歴史博物館に訪れるときに下車するバス停は「樗谿(おうちだに)公園やまびこ館前」、鳥取城跡へ行くとき下車するのは「とりぎん文化会館」です。

一日乗車券を利用すると、今回のデートプランで訪れるスポットの入館料が割り引かれるケースがあります。バスから降りる都度お金を取り出す手間も省けますし、ぜひチェックしてみてください。

まずは今回のデートプランのメインでもある、鳥取市歴史博物館について紹介します。

2,000年以上の地元の歴史と文化を紹介する鳥取市歴史博物館

鳥取市歴史博物館の外観

鳥取市歴史博物館は、地元・鳥取市の歴史と文化を紹介する博物館です。縄文時代から現代まで2,000年以上におよぶ歴史的資料を扱っており、常設展示室では遺跡から出土した本物の土器や、戦国時代に書かれた重要な文書など、実物の資料を多く展示しています。

注目ポイントは、模型や映像などをたくさん使った展示を行っているところです。紹介している時代や、その時起こった事件の雰囲気が想像しやすく、解説への理解度が高まります。

また、基本的に常設展示室内では撮影も可能です。お気に入りの展示品や、興味を持った解説は写真に収めてデート後に2人で振り返ってみてください。

企画展の開催頻度は年に数回です。歴史ネタだけでなく、アニメーション展やねこ展など、さまざまな人の興味を引く展覧会を行っています

今回は、鳥取市歴史博物館の学芸員である千葉さんから、施設の展示や見どころを教えていただきました。

鳥取市歴史博物館のコンセプトは「モノが語る、人が語る博物館」

編集部

鳥取市歴史博物館はJR鳥取駅から車で5分ほどの場所にあるため、市街地の喧騒から離れて静かで落ち着いた印象を受けますね。まずは博物館のコンセプトや、展示している作品について教えてください。

学芸員・千葉さん

本館のコンセプトは「モノが語る、人が語る博物館」です。主に次のようなものを展示しています。

  • 鳥取の歴史や文化に関する実物資料
  • 天正9年(1581年)の羽柴秀吉による鳥取城攻めの模型
  • 鳥取城下町の映像

実物資料を中心とした展示を鑑賞したり、学芸員の解説を聴いたりしながら、鳥取の歴史や文化に思いを馳せて頂ければと思います。

江戸時代の鳥取城周辺地図と現在の様子を比較した展示
▲江戸時代に描かれた鳥取城周辺地図から歴史を学ぶ展示。

編集部

鳥取市歴史博物館は、実物資料・模型・映像と、展示方法のバリエーションが豊富な博物館なのですね。ただ解説文を読むよりも、内容の理解が深められそうです。

学芸員・千葉さんおすすめの展示品は鳥取城攻めの模型

編集部

来館者の理解度を高められるよう、展示の仕方を工夫している鳥取市歴史博物館ですが、千葉さんが思う施設の魅力は何ですか?

学芸員・千葉さん

鳥取は自然豊かで、多くの歴史遺産を有しています。鳥取県内に住んでいる方だけでなく、遠方から来館された方も、地元が歩んできた歴史を多くの実物資料や映像などで体感できる点が魅力だと思います。

栗谷遺跡から発掘された土器や石器が展示されている様子
鳥取県内にある栗谷遺跡から出土した先史時代の遺物。

編集部

鳥取市歴史博物館の常設展示室では、縄文時代から現代まで順を追って歴史を学べるよう、時系列に沿った展示を行っているのですよね。県内から来館したカップルは「へえ、○○年前には地元でこんなことがあったんだ」と新しい発見ができそうです。

どの展示室でも、ケースの中にはずらりと展示品が並べられていますが、千葉さんが特に好きな展示を教えていただけますか?

学芸員・千葉さん

常設展示室にある天正9年の鳥取城攻めの模型は、戦いの布陣の様子を再現していてとても面白いです。

常設展示されている鳥取城攻めの模型
▲羽柴秀吉陣営がどのように鳥取城を包囲したのかを再現した模型。

また蛍に関係する錦絵のコレクションは、全国的にも珍しいものだと思います。

編集部

天正9年の鳥取城攻めとは、豊臣秀吉(当時は羽柴秀吉)が、織田信長の命で行った兵糧攻めのことですよね。のちに「鳥取城の渇え殺し」と呼ばれるほど、壮絶な戦いだったと聞いたことがあります。

模型の近くの壁には小さなモニターが付いているため、歴史的な知識に自信がなくても画面を見ながら鳥取城攻めについて学べますね。当時の臨場感を想像しながら鑑賞してみたいです。

年数回の展覧会の内容は地元の歴史が中心

編集部

次に、鳥取市歴史博物館の展覧会について伺いたいと思います。展覧会の開催頻度や、今後予定している企画展を教えてください。

学芸員・千葉さん

鳥取の歴史や文化、芸術などに関する企画展を年に数回開催しています。2021年度は以下のような企画展を開催します。

  • 「錦絵の世界Ⅱ」展(2月5日より)

編集部

鳥取県出身の人物にスポットライトを当てた企画展や、博物館が収集した作品をメインで展示する展覧会を開催しているのですね!

ほかにも、今まで次のような企画展を行ってきたと伺いました。

  • 因幡×豊臣~豊臣政権と因幡の大名~
  • とっとりのお宝おひろめ~鳥取県指定文化財新規指定記念展~
  • 日本のアニメーション美術の創造者 山本二三展

戦国ファンや歴史好きだけでなく、ジブリのようなアニメーションに興味がある人も満足できる展覧会を開催されてきたのだなと感じます。公式サイトには具体的な内容や会期が掲載されていますし、デート前に展示の状況を確認した方がよさそうですね。

学習コーナー「まなびのひろば」&ワークショップで理解を深めよう!

編集部

展示室内では昔使われていた本物の道具や、戦の様子を再現した模型を鑑賞できることがわかりました。

展示室以外に体験コーナーのような、実際に手を動かして鳥取の歴史や文化を感じられる場所を設けたり、ワークショップを行ったりしているのですか?

学芸員・千葉さん

館内にある学習コーナーの「まなびのひろば」では、土器パズルや双六の複製、昔のおもちゃなどで遊べます。実際に手を動かして体験することで、より当館の展示や鳥取の歴史への理解が深まりますよ。

鳥取市歴史博物館にある学習コーナー・まなびのひろばの写真
▲常設展示室の隣にある学習コーナー「まなびのひろば」には図書コーナーやモニターブースもあります。

また、当館ではワークショップ・イベントとして次のようなものを実施しています。

  • 和本・メッセージカード・地図作品などを作るワークショップ
  • 鳥取の史跡をめぐる歴史散策

編集部

カラフルでかわいらしい学習コーナーですね!モニターが設置されたブースもありますし、展示を見て気になることがあったときに利用すると、より鳥取の歴史への理解を深められると思います。

それに、和本などは普段作る機会がない分、ワークショップに参加するとデートの思い出に残りそうです。一部のイベントは予約が必要だと伺いました。事前に開催時間や料金もきちんとチェックしておきたいです。

カフェでランチやミュージアムショップでお土産購入もできる

編集部

展示を見終えたら、記念写真の撮影・小休憩・お土産の購入などをしたくなるカップルもいると思います。

鳥取市歴史博物館には、写真の撮影スポットやカフェ、ミュージアムショップなどはありますか?

学芸員・千葉さん

常設展示室は基本的に撮影自由です。休憩スポットですと、ロビーにあるソファがおすすめですね。展示見学の合間や鑑賞終わりにゆったりとくつろげますよ。

また館内には、お食事やお飲み物を提供している喫茶「ひすとりあ」と、ミュージアムショップがあります。

鳥取市歴史博物館の喫茶店「ひすとりあ」
▲喫茶「ひすとりあ」の入口。日替わりランチ・カレー・ケーキセットなどを食べられます。

鳥取市歴史博物館のミュージアムショップの様子
▲ミュージアムショップの様子。缶バッジやマグネットも販売しています。

喫茶「ひすとりあ」の人気メニューは日替わりのランチです。また、ショップでは当館が作成した図録やオリジナル商品などを多数取り揃えています。

鳥取城攻めの資料をあしらったオリジナル缶バッジ
▲鳥取城攻の布陣の様子など、展示内容をモチーフにしたバッジはお土産におすすめ!

編集部

「館内は全て撮影禁止」という施設が多いなか、鳥取市歴史博物館では基本撮影OKなのですね!

鳥取市歴史博物館には1,500年以上昔の遺跡から出土した土器や、戦国時代の文書など、歴史ロマンあふれる展示品が盛りだくさんです。写真に収めたり、ミュージアムショップでグッズを購入したりと、デートの記念を残してみたくなりました。

鳥取市歴史博物館を訪れた人の感想・口コミ

編集部

鳥取市歴史博物館に来館された方からは、どのような感想がよく寄せられるのですか?

学芸員・千葉さん

今まで知らなかった鳥取の歴史がよく分かった」という声をいただきます。また、まなびのひろばでの土器パズルも好評のようです。

編集部

鳥取市歴史博物館は展示の仕方も工夫されていますし、展示室の空間も広くじっくり鑑賞できる環境が整っているからこそ、鳥取の歴史や文化への理解がより深まるのでしょう。

Googleマップにも、130件以上のレビューが投稿されていました。一部を要約してご紹介します。

アイコン
常設展は時代ごとに区切って展示されていました。時系列に沿って鑑賞できるので、とてもわかりやすかったです。
アイコン
もともとは「ねこ」展を目的に訪れたけど、常設展も合わせて観賞。鳥取大火の展示は胸が熱くなりました!
アイコン
学芸員さんがとても親切でした。私の質問に対する回答もわかりやすく、勉強になりました。

特に「常設展が良かった!」という感想が多く寄せられていました。実物・映像・模型・パネルなど、さまざまな手法で展示を行っているため、歴史に詳しくなくても内容を理解しながら鑑賞できるようです。

千葉さんからのメッセージ

編集部

最後に、デートでの来館を検討しているカップルにメッセージをお願いします。

学芸員・千葉さん

当館は、鳥取の歴史を物語る資料を多数展示している博物館です。過去から現在までの鳥取について、来館者様それぞれの関心に沿って、楽しみながら知っていただけると思います

編集部

映像や模型を見て当時の様子を想像したり、解説をじっくり読んで理解を深めたりと、自分たちだけの楽しみ方を見つけるのが鑑賞のコツなのですね。ほかにも鳥取市歴史博物館では無料の音声ガイドも用意されていますよね。展示を楽しむための細やかな工夫をされている博物館だな、と感じました。

千葉さん、本日はありがとうございました。

鳥取市歴史博物館「やまびこ館」の基本情報

住所 〒680-0015
鳥取県鳥取市上町88
アクセス 【JR鳥取駅より】
・徒歩:25分
・タクシー、車:5分
・100円バスくる梨「赤コース」:20分
バス停「樗谿公園やまびこ館前」下車
開館時間 9:00~17:00
(入館は16:30まで)
休館日 ・毎週月曜日
(祝日の場合は開館、翌火曜日が休館)
・祝日の翌日
(翌日が土・日・祝日の場合は開館)
・年末年始
(12/29~翌年1/3)
・施設メンテナンス
(年間3日間程度)
料金 【高校生以下】
・無料
【一般】
・常設展:300円
・特別展:500円
※65歳以上および身体障がい者手帳所有者等は無料
※料金は展示によって異なります
駐車場 【第1駐車場】
・普通車:24台
・障がい者用:2台
・バス:2台
【第2駐車場】
・普通車:34台
・障がい者用:1台
予約 一部イベントは要予約
平均滞在時間 1時間程度
空いている時間帯 平日は比較的どの時間も空いている
お問い合わせ Tel:0857-23-2140
公式HP http://www.tbz.or.jp/
yamabikokan/

※最新の情報はホームページ等でご確認をお願いいたします。
※記事中の金額はすべて税込表示です

鳥取市歴史博物館周辺のデートスポットを紹介

今回提案するデートプランでの鳥取市歴史博物館の滞在時間は、ランチタイムを除くと1時間30分です。午後は丸ごと時間が空いているため、他のスポットも訪れてみましょう。

ここで紹介するのはインタビューに回答してくださった千葉さんおすすめの、鳥取東照宮・鳥取城跡・仁風閣です。

おすすめのデートスポット

貴重な文化財の宝庫:鳥取東照宮

鳥取東照宮の境内の様子
引用:鳥取県観光案内とっとり旅の生情報

鳥取東照宮は、1650年(慶安3)に初代鳥取藩主・池田光仲が建立した神社です。見どころは本殿に彫られた鷹の彫刻です。日光東照宮の眠り猫を彫ったとの伝承が残る、江戸時代初期の伝説的な彫刻職人・左甚五郎作と伝わっています。

境内はこぢんまりとしていますが、本殿・中門・拝殿・幣殿は国指定の重要文化財に指定されており、貴重な文化遺産の宝庫です。穏やかな気持ちでゆっくり参拝してみてください。

鳥取県観光案内サイト:https://www.tottori-guide.jp/tourism/tour/view/14

豊臣秀吉が兵糧攻めを行ったお城:鳥取城

鳥取城は戦国時代中頃に建てられたお城です。織田信長の命で豊臣秀吉(当時は羽柴秀吉)の軍勢が城の周りを取り囲み、のちに「鳥取城の渇え殺し」と呼ばれるほど激しい兵糧攻めを行いました。

現在は石垣とお堀が残っているだけですが、鳥取市歴史博物館の展示を見た後に訪れると「ここで本当に戦が行われたんだ」と不思議な気持ちになります。頂上まで登れるので、時間に余裕がある時は歩いて行ってみましょう。

鳥取市公式サイト:https://www.city.tottori.lg.jp/www/contents/1575443542873/index.html

明治時代の洋風建築:仁風閣

仁風閣の外観
引用:公益財団法人鳥取市文化財団

仁風閣は1907年(明治40年)5月に、元鳥取藩主池田家の14代目・池田仲博侯爵が、片山東熊に依頼して建てた建物です。片山東熊は、赤坂離宮や高輪プリンスホテル貴賓館を建築した人物です。仁風閣は別荘のような雰囲気で、内部のらせん階段や外の庭園など、見どころがたくさんあります。

常設展示では、池田家にまつわる道具や明治時代の鳥取市に関する資料を鑑賞できます。近年では、るろうに剣心の撮影地にもなりました。

公式サイト:http://www.tbz.or.jp/jinpuukaku/

まだまだある!千葉さんおすすめのデートスポット

ここで紹介した場所以外にも、千葉さんにはおすすめのデートスポットを紹介していただきました。時間に余裕があるときや、泊りがけでデートする予定のカップルは要チェックです。

鳥取県立博物館:https://www.pref.tottori.lg.jp/museum/

まとめ:鳥取市の歴史を見て・体感してじっくりと学ぼう!

今回は、鳥取市歴史博物館を中心に、鳥取市の歴史スポットをぐるりと巡るデートプランを紹介しました。

鳥取市歴史博物館は、実物・映像・模型・パネルなどをうまく組み合わせ、理解を深めやすい展示を行っている博物館です。企画展や特別展も見ごたえのあるものを開催しているので、デート前に公式サイトでチェックしておくと良いでしょう。

午後から訪れるのも、全て鳥取市の歴史にまつわる場所です。鳥取市歴史博物館の展示を見て、知識を身につけた状態で行くので「展示で解説していたのはこの場所なんだね」「実際に訪れてみて、やっと展示の意味が分かったよ」など、きっと会話が弾みますよ。

デートで鳥取市を訪れる際は、ぜひ参考にしてみてください。

公式アカウントをフォロー

マッチングアプリ大学公式ツイッターマッチングアプリ大学公式フェイスブック