鳥取の中心にある「竹灯籠工房」で和のテイストにあふれる竹灯籠や箸を作るデート|縁結び大学

この記事でご紹介するのは、鳥取県東伯郡湯梨浜町(ゆりはまちょう)にある「竹灯籠(たけとうろう)工房」の体験教室に参加して、二人で和のテイストあふれるオリジナルの竹灯籠や箸を作るデートプランです。

竹灯籠工房は、人気観光スポットの「東郷池」にほど近く、「道の駅 燕趙園(えんちょうえん)」に隣接するという恵まれたロケーション。竹細工は完全初心者というカップルや、外国人の体験参加も多く、ドライブデートでも利用しやすいと思います。

今回は、竹灯籠工房の体験教室参加にフォーカスし、特徴や魅力、デートでの楽しみ方などについて、同工房代表で竹灯籠職人の森下智道(もりしたともみち)さんにお話を伺いました。

竹灯籠工房の体験教室で和と竹の魅力を再発見

「竹灯籠工房」の外観入口付近の様子
▲「竹灯籠工房」の外観入口付近の様子

「竹灯籠工房」代表であり、ベテランの竹灯籠職人である森下さんは、長年外国人を含めた多くの方に竹細工の魅力を伝えてきたという、教え上手の実力派アーティスト。

まずは、そんな森下さんに、体験教室を始めたきっかけや想いなどを語っていただきました。

意外に雨が多い鳥取!竹を使って、旅の思い出作りをお手伝いしたい

編集部

今回初めて竹灯籠工房さんにお邪魔していますが、「東郷池」に近い「道の駅 燕趙園」を目指して来ましたので、すぐに分かりました。

最初に、体験教室を始めたきっかけや想いなどについて、お話しいただけますでしょうか?

森下さん

私ども竹灯籠工房は、国内最大級の中国式庭園である「燕趙園」に隣接しておりまして、無料駐車場も完備されていますから、観光に多くの方がお出でになります。また、鳥取は雨の日が比較的多く、屋外での体験や観光がしづらい日があることも事実です。

「竹灯籠工房」の正面外観
▲「道の駅 燕趙園(えんちょうえん)」に隣接する「竹灯籠工房」は、中国風の外観が特徴

何より、モノづくりの体験は、一番の旅の思い出になると思っています。そこで、工房内での体験教室を始めました。

広々とした会場!ベテラン職人と空間演出のアーティストが講師に

編集部

体験教室では、どのような方が教えてくださいますか?工房代表の森下さんから直接指導を受けられるのでしょうか?

森下さん

はい、竹灯籠づくり体験では、私も講師として直接お教えしますよ。これまで出張教室や体験教室で数多くの方々を指導させていただきました。教えることには慣れておりますので、工作に慣れていない方にもていねいに、分かりやすくお話しできます。

「竹灯籠工房」の制作体験で作業する皆さんの様子
▲教え上手なベテラン職人さんが講師で、分かりやすい指導が好評!

また、県内外のイベントで空間演出(ライトアップ)を手掛けるアーティストの洋子さんも、竹灯籠制作の講師として、お教えしているんですよ。より素敵な作品になるよう、効果的なアドバイスがもらえるでしょう。

箸づくり体験についても、出張教室や体験教室、箸の販売も行っているベテラン職人がお教えします。いろいろな角度からのアドバイスができますから、使い勝手のよいお箸をお持ち帰りいただくことが可能ですよ。

編集部

実際の制作体験は、どのような場所で行われるのですか?

森下さん

体験教室は、こちら竹灯籠工房内の広いスペースで行っております。竹灯籠づくり体験は、一度に最大50名さままで対応可能なんですよ。広々としてスペース的にも余裕がありますので、周りに気兼ねすることなく、作品制作に集中いただけるかと思います。

「竹灯籠工房」の体験教室が開かれる会場の様子
▲体験教室の会場は広々としている。ゆったり、周りに気兼ねなく参加できそう!

「竹灯籠工房」らしい最大の魅力は講師のお二人!

編集部

工房代表の森下さんからご覧になって、「ウチだからこそ!」という、竹灯籠工房らしい最大の特徴・魅力と言えば、どちらになると思われますか?

森下さん

手前味噌になりますが、ズバリ講師ではないでしょうか。竹灯籠職人歴18年のベテラン講師(森下さん)と、英語が話せるバンブーアーティストの講師(洋子さん)が素敵な制作体験になるよう、全力でサポートしますよ。

海外からいらした方々にも、これまで数多く体験いただいてきました。どのような方でも、リラックスして体験教室にご参加いただけることは、一番の魅力かと思っています。

竹灯籠工房で竹を使って和のオリジナル作品を作る

「竹灯籠工房」の体験教室で制作した渋柿塗りの竹灯籠の完成例
▲柿渋を塗った竹灯籠の完成例。ハイセンスなインテリアにもなるし、間接照明で空間を演出するにもぴったり!

竹灯籠職人の森下さんによる体験教室では、和のテイストあふれる世界でもオンリーワンの「竹灯籠」と箸を制作可能。所要30分程度から参加できる手軽さもあり、日本のアート・文化に関心が高い外国人が多く参加するのも頷けます。

ここからは、実際の制作体験について、掘り下げてお話を伺ってみましょう。

所要30分~!世界でオンリーワンの竹灯籠か箸を制作しよう

編集部

体験教室で制作できるものは、竹灯籠と箸の2種類で、どちらかを選択する方式なのでしょうか?竹灯籠と箸の制作体験について、どんなものかを簡単にご説明もお願いします。

森下さん

そうです。竹灯籠か箸、いずれかを選択してお作りいただきます。所要時間は、どちらも30分程度からとお考えくださいね。体験の内容については、年間を通して変わりません。

竹灯籠とは、竹に穴を開けて作るもので、行燈(あんどん)方式のスタンドランプのことです。デザイン例がありますので、チョークや鉛筆でデザインを竹の表面に書いてもよろしいですし、テンプレートを準備しておりますから、それを竹に貼り付けていただいても構いません。

「竹灯籠工房」の体験教室で使用する竹灯籠づくり用のデザインテンプレートの例
▲竹灯籠づくり用のデザインテンプレートの例。デザインが思い浮かばなくても大丈夫!

竹用のドリルの刃がありまして、力はそれほど要りませんので、女性や子供さんでも制作できますよ。

箸は、ご自分に合った長さ・太さ・形で作ることが可能です。名入れもできますし、ご自分で作ったお箸で日々の食事をされると、一層愛着が湧くかと思います。

「竹灯籠工房」の体験教室で制作した竹箸の完成例(その1)
▲箸の完成例。自分好みの長さ・太さ・形で作れるのが魅力!

ちなみに、講師二人のInstagramに、竹灯籠工房の様子を折々で投稿しているんですよ。体験教室に参加される前に、作品のイメージを膨らませたい場合には、そちらを覗いていただくと、参考になるかと思います。

Instagram:竹灯籠職人ともさん(森下智道)

Instagram:バンブーアーティスト洋子さん

編集部

体験教室では、竹灯籠と箸のどちらかを作れるわけですね。一般の方により人気があるのは、どちらの体験教室でしょうか?

森下さん

竹灯籠づくり体験が一番人気ですね。世界でオンリーワンの、自分だけの灯りを作れることが広く人気の理由でしょう。

最初、作ることに自信がなかった方でも、実際に灯りを入れると、「意外と上手くできた!」と言ってくださいますね。ドリルを初めて使う方は、最初は恐る恐るの作業ですが、後半は穴を開ける瞬間が気持ちよくなって、たくさん開けたくなる方もいるようです。

「竹灯籠工房」の体験教室で制作した竹灯籠の完成例と参加した子供さん
▲竹灯籠の完成例と作り手の子供さん。初めてとは思えないほど上手に仕上がっている!

また新しく、スプーンやマドラー、へら、バターナイフを制作する体験教室も開催します。開催中の教室はホームページから予約もできるので、ぜひ確認してみてください。

>>開催中の体験教室はこちら(公式予約サイト)

初めてでも分かりやすい!竹灯籠づくり・箸づくり体験の流れ

編集部

体験教室でのおおよおその流れを具体的にご紹介お願いします。

森下さん

まず、竹灯籠づくり体験ですが、以下のような制作の流れになっています。

  1. 最初にいろいろな太さ・長さの竹の中から、お好きな素材を選んでいただきます。
  2. 作品のデザインを決めます。参考になるデザイン例や・作品例を多数ご用意しましたので、アイデアが浮かばない方でも大丈夫です。
  3. 道具類の使い方をご説明。初心者の方でも、安全に作業していただけます。
  4. 制作の途中で、灯りチェックを行います。現状どんな感じにできているか分かるので、その後の作業を続けやすいでしょう。
  5. 作品の完成です

次に、箸づくり体験の大まかな流れをご紹介します。

  1. 最初に、自分にとって使いやすい箸の長さ・太さ・形を決めます。
  2. 道具類の使い方をご説明。カンナを初めて使う方でも、上手く作れるので問題ありません。
  3. 竹を切り、カンナで削って、長さ・太さ・形を整えていきます。
  4. 紙ヤスリで表面を仕上げてから、名入れなどを行います。
  5. 作品の完成です。

「竹灯籠工房」の体験教室で制作した竹箸の完成例と参加した女性2名
▲箸の完成例と参加者の女性。竹細工の未経験者でも、実用的なお箸が完成する

デート中の手ぶら参加OK!完全未経験者のカップルも大歓迎

編集部

私も含めて、竹細工はまったくの未経験というカップルでも、体験教室に参加すれば、ある程度きちんとした作品をつくれるものでしょうか?どうしても上手く作業できない場合など、講師の方にサポートしていただけますか?

森下さん

完全未経験者のカップルの方、大歓迎ですよ。まったくの竹細工初心者の方でも、もちろん問題なく参加して、作品を完成していただけます。これまで体験教室に参加された方は、実際ほとんどの皆さんが初心者でした。

参加される皆さんがどのような点で不安だったり、どこでつまずきやすかったりするのか、私ども講師も十分に把握しています。納得いく作品を完成できるように、必要なポイントでサポートしますから、「工作は苦手だけど上手くできるのかな?」といった心配もご無用ですよ。

「竹灯籠工房」の体験教室で竹箸を制作中の女性(その1)
▲箸を制作中。講師は初心者がつまずくポイントを押さえているので、分かりやすい指導を期待できる

編集部

体験教室に参加する際、必要な持ち物はありますか?また、こういった服装で来た方がよいなど、アドバイスがあればお願いします。

森下さん

素材や道具類など、必要なものはすべて私どもで準備しています。デート中のカップルの方も、手ぶらでお気軽に参加可能ですよ。

服装の指定も特にありません。ただ、軽めとは言え作業を行いますし、竹の削り屑(くず)なども多少出ます。作業しやすく、汚れても差し支えない服装でお越しいただくと完璧ですね。

デート利用にも最適!カップルでの体験教室の楽しみ方

「竹灯籠工房」の体験教室で制作した竹箸の完成例(その2)

ここまで、一般的な参加者の目線で「竹灯籠工房」と、体験教室の内容について伺ってきました。ここからは、デートで参加することに特化して、お話を聞いてみましょう。

ロマンチックな空間演出にも!カップルにおすすめの竹灯籠づくり

編集部

竹灯籠づくりと箸づくり、2つの制作体験が用意されているわけですが、デート中のカップルにおすすめのコースと言えば、どちらになるでしょうか?

森下さん

どちらもカップルの方には人気ですが、竹灯籠づくりの体験が特におすすめです。完成してからお二人それぞれの竹灯籠を点灯して、食事などをされる場で使われると、とってもロマンチックな空間を演出できますよ。

そもそも、世界で唯一のオリジナルの灯りを制作しますので、かけがえのないデートの思い出になってくれるでしょう。

体験中の写真撮影もOK!撮影をしてくれるサービスが嬉しい

編集部

昨今では、お気に入りの写真をSNSに投稿して楽しむカップルも増えています。

体験教室参加中に、写真撮影などを行っても問題ないでしょうか?

森下さん

写真撮影は、もちろん自由に行っていただいて大丈夫です。

とは言え、参加中はお二人とも作業に集中していますし、一緒に作っているシーンを撮影するのも厳しいかと思います。そこで、私どもで撮影して、体験終了後にその画像をお渡しするようにしているんですよ。これは、かなり喜ばれていますね。

「竹灯籠工房」の体験教室で竹箸を制作中のカップル
▲参加中の写真撮影は自由な上、竹灯籠工房さんで撮影した画像もプレゼントしてくれる。無心に箸を制作中

デートの記念に!よりすぐりの素材で作られた竹灯籠工房のお土産

編集部

デートで体験教室に参加した記念に、何かお土産を購入したいと考えるカップルもいるかと思います。

竹灯籠工房で販売されているお土産類の中で、人気のアイテムや特徴などをご紹介ください。

森下さん

竹灯籠・箸以外で人気のお土産と言うと、キーホルダーや調理用のヘラなどもよく出るアイテムですね。オリエンタルな竹の風合いと、実用性の高さが人気の理由ではないでしょうか。女性には、ピアスやネックレスなど、竹で作ったアクセアリーもあります。

当工房で使っている竹ですが、私どもが竹林まで切りに足を運んでおりまして、厳選したもののみを長年しっかりと乾燥させた上で、素材にしているんです。美しさ、耐久性の高さが違いますよ。

竹灯籠工房周辺のおすすめデートスポット

「竹灯籠工房」の体験教室で竹箸を制作中の一コマ(素材をカンナがけ)

編集部

「竹灯籠工房」の体験教室に参加する前後に、カップルが立ち寄れそうな周辺のデートスポットがありましたら、ぜひご紹介ください。

森下さん

私ども竹灯籠工房は、先にも触れた日本最大規模と言われる「中国庭園 燕趙園」のすぐ近くであり、園内では毎日3回催される本場の雑技ショーを観覧可能ですよ。見事な技を一度はご覧になってみてください。

公式サイト:中国庭園 燕趙園

そして、竹灯籠工房は、「道の駅 燕趙園」に隣接しています。無料駐車場も完備されていますし、ランチや地元のお土産品のショッピングも楽しめますから、ドライブデートでも利用しやすいでしょう。

公式サイト:道の駅 燕趙園

周囲約10キロの汽水湖(きすいこ)(※)「東郷池」も至近で、インスタ映えする美しい景観も楽しめます。特に夕陽が沈む時間帯は絶景で、工房からは徒歩5分ほどで着けますから、カップルの散策にもおすすめです。

(※)汽水とは、海水と淡水の中間の塩分を持つ水であり、その水を湛える(たたえる)湖や沼を指す。国内では、サロマ湖や浜名湖、宍道湖などが特に有名。 

参考サイト:公益社団法人鳥取県観光連盟「東郷池」

また、人気の白砂の海浜公園「ハワイ海水浴場」へも、車ならば10分強で到着しますよ。

参考サイト:湯梨浜町観光協会「ハワイ海水浴場」

何より、私ども竹灯籠工房は、鳥取県のど真ん中に位置していますので、お泊りデートが可能ならば、楽しめる範囲もグッと広がります。

有名な「鳥取砂丘」を始め、世界屈指のラジウム温泉として注目される「三朝(みささ)温泉」や、「名探偵コナン」の原作者にちなむマンガ・アニメミュージアム「青山剛昌ふるさと館」、177体もの妖怪ブロンズ像に出会える「水木しげるロード」など、鳥取を代表する人気観光スポットと組み合わせての観光もしやすいですよ。

参考サイト:公益社団法人鳥取県観光連盟「鳥取砂丘」

公式サイト:三朝温泉

公式サイト:青山剛昌ふるさと館

公式サイト:水木しげる記念館「水木しげるロード」

竹灯籠工房からカップルへのメッセージ

素材の竹を採取する「竹灯籠工房」講師の森下さんと洋子さん
▲素材の竹を採取する「竹灯籠工房」講師の森下さんと洋子さん

編集部

これから「竹灯籠工房」の体験教室に参加するカップルへのメッセージや、今回のインタビュー取材で伝えきれなかった想いなどがありましたら、ぜひお話しください。

森下さん

手作りの竹灯籠は、世界でオンリーワンの灯りです。玄関やお部屋で点灯いただくと、空間がとても華やぎます。箸についても、お好みの長さ・太さ・形に仕上げることができますから、おうちご飯をより美味しくいただけるでしょう。

どちらのアイテムも、旅の思い出や出会いの記念の品にされる方もいらっしゃいますし、ご結婚予定のカップルならば、双方のご両親への贈り物にされる場合もありますね。

また、鳥取は雨の日が比較的多いですから、外での観光がしづらい時にも、制作体験はおすすめですよ。

編集部

オリエンタルな雰囲気の竹灯籠づくりは、外国人の彼女や彼氏がいる国際カップルにもおすすめできそうですね。特にヨーロッパ系の人々は、室内を間接照明で演出することを好む場合が多いので、竹灯籠づくりはウケがいいと思います。

森下さん、本日はいろいろなお話を聞かせていただき、どうもありがとうございました。

竹灯籠工房の口コミ・感想をチェック!

「竹灯籠工房」の体験教室で竹箸を制作中の女性(その2)

デートの参考になるよう、実際に「竹灯籠工房」での制作体験に参加した皆さんの口コミや、感想をいくつかご紹介します。

アイコン
最初は上手くできるか不安でしたが、予想以上にいい作品に仕上がりました。
アイコン
思い入れのある竹灯籠が完成して嬉しい!教え方もていねいで、上手だと感じた。
アイコン
作った箸を家で使ってみると、思っていた以上に使いやすくて感動!先生に画像をお送りしました。
アイコン
1人2,000円で素敵な竹灯籠づくりを体験できた。かなり良心的な価格設定だと感じる。

評判のよい体験教室という印象です。とりわけ予想以上に素敵な作品を作れること、竹細工の未経験者でもていねいに、分かりやすく教えてもらえることには、多くの方が感心していました。外国人の体験教室参加者も相当多いようです。

体験教室参加の料金・予約・持ち物・服装

「竹灯籠工房」の体験教室で竹箸を制作中の一コマ(素材を紙ヤスリで研磨中)

体験料金 ・竹灯籠づくり体験:一人2,000円~(税・材料費込)
※デコレーションありで仕上げる場合には、+αの料金が必要
※所要時間は、30分程度~

・箸づくり体験:一人2,000円~(税・材料費込)
※漆塗りなどで仕上げる場合には、+αの料金が必要
※所要時間は、30分程度~
予約 【事前に電話での予約・問い合わせを推奨】
電話:080-8240-9893
※出張教室などで講師が不在の場合もあるため、事前の電話予約を推奨
※当日でも参加可能な場合あり
持ち物 指定なし
※手ぶら参加可
服装 指定なし
※作業を行い、竹屑(くず)なども出るため、作業しやすく、汚れても差し支えない服装が好ましい

※金額は、すべて税込表示です

竹灯籠工房の基本情報(アクセス・営業時間など)

住所 〒689-0715
鳥取県東伯郡湯梨浜町引地563-1 道の駅 燕趙園内
電話 080-8240-9893
アクセス 【公共交通機関】
・JR松崎駅下車・徒歩約15分
・JR倉吉駅下車・北口からタクシー利用で約10分
【車】
・山陰自動車道:はわいICから約10分
駐車場 「道の駅 燕趙園」の無料駐車場を利用
※270台分
営業時間 9:00~16:00
定休日 毎週月曜日(祝祭日に当たる場合を除く)
公式サイト http://taketouroutomo.web.fc2.com/
公式SNS Instagram
Facebook

※最新の情報は、公式サイト等でご確認をお願いいたします
※記事中の金額は、すべて税込表示です