野﨑家塩業歴史館(旧野﨑家住宅)で江戸期の邸宅を満喫する大人デート|岡山県倉敷市

この記事では、岡山県の倉敷市児島に建つ「野﨑家塩業歴史館(旧野﨑家住宅)」を訪ねて、地元に伝わる塩作りの伝統に触れるとともに、江戸期以来の日本建築・庭園の美を堪能するデートプランを紹介します。

野﨑家塩業歴史館は、江戸後期から製塩業と新田開発で財を成した野﨑武左衛門が建築したもので、瀬戸内地方を代表する邸宅です。

国の重要文化財にも指定され、ちょっと知的なデートを楽しみたいカップルや、地元の歴史・文化に触れるきっかけがほしい二人には、ぴったりのスポットになると思います。

今回は、そんな野﨑家塩業歴史館の展示内容や魅力、デートでの楽しみ方などについて、同館の学芸員・三宅さんにお話を伺ってみました。 

江戸から伝わる本物の邸宅こそ野﨑家塩業歴史館の展示

「野﨑家塩業歴史館(旧野﨑家住宅)の表玄関」
▲表玄関は、岡山藩主(お殿さま)など貴賓をお迎えするのに使われていた。江戸期のままで保存されている

足袋(たび)の製造・販売を広く手掛ける野崎家は、江戸後期に入浜式塩田(※1)を用いた製塩業に進出しました。経営する塩田の規模は170haほどにも及び(東京ドームが約4.7ha)、現在のJR児島駅辺りにも塩田が広がっていたそうです。

(※1)江戸期以来の製塩方法で使われる塩田。満潮時の海水面よりも標高の低い塩田に海水を流し込んで乾燥させ、塩分を帯びた砂を集める。その後、さらに海水をかけて高濃度の塩水を作り、それを煮詰めて塩を作る。

それでは、「野﨑家塩業歴史館(旧野﨑家住宅)」の展示内容について、具体的に見ていきましょう。

ジーンズストリートも目の前!敷地3,000坪に建物1,000坪

編集部

今回初めて野﨑家塩業歴史館に伺いましたが、想像していた以上に規模感のあるお屋敷で、和の世界にたっぷりと浸れる感じですね。

最初に、施設のコンセプトやロケーションの魅力などについて、お話しいただけますか?

三宅さん

当館は、江戸期に製塩業と新田開発で財を成した大庄屋・野﨑武左衛門が築いた屋敷です。敷地の広さは約3,000坪で、建物面積が1,000坪ほどにも及びます。

「野﨑家塩業歴史館(旧野﨑家住宅)」敷地内に建つ茶室の外観
▲広大な敷地内には、何とも趣(おもむき)を感じる茶室も設えて(しつらえて)ある

規模もさることながら、訪れた人それぞれの楽しみ方が可能なことは、当館の最大の魅力かもしれませんね。江戸期の建築や庭園の美しさを堪能したり、展示されている意匠を凝らした調度品を鑑賞したり、そして何より製塩の歴史について知ることができます。

カップルでいらっしゃる皆さんも、それぞれのお好み・スタイルでお過ごしいただければ幸いです。

また、当館の前から約400mにわたって、人気スポット「児島ジーンズストリート」が通っています。オリジナリティと高品質にこだわる国産ジーンズのショップが集まっており、最近は海外からのお客さんもめっきり増えましたね。

>>児島ジーンズストリート(公式サイト)

和の世界を堪能できる野﨑家塩業歴史館の常設展

編集部

野﨑家塩業歴史館のメインの展示について教えてください。メイン展示の魅力にも触れていただけると嬉しいです。

三宅さん

年間を通して見学できるのは、国の重要文化財に指定されている建物や庭、そして製塩に関する資料館です。これらが当館のメイン展示だと言えるでしょう。

「野﨑家塩業歴史館(旧野﨑家住宅)の展示館内部の様子
▲製塩に関する資料を展示した展示館の内部。江戸期の蔵を改装したもの

入口の幅24mほどにもなる壮麗な長屋門(ながやもん)(※2)をくぐると、本瓦の豪壮な建物群が目に入ります。枯山水(かれさんすい)(※3)の日本庭園が奥に広がっており、なまこ壁(※4)の堂々たる6棟の蔵が立ち並んでいる様子も圧巻です。

(※2)日本の伝統的な門形式の一つで、江戸期に多く建てられた。諸大名の城郭や陣屋、武家屋敷の門として発生した形式。
(※3)水を使わずに、石や白砂を用いて水の流れを表現した日本庭園の一形式。鎌倉期に禅宗が伝来すると、本格的な広まりを見せた。
(※4)平瓦を貼り付け、目地を漆喰で海の生物・なまこのように盛り上げた壁。防火性や保温性、保湿性に優れている。

「野﨑家塩業歴史館(旧野﨑家住宅)の敷地入口の長屋門
▲敷地入口の豪壮な長屋門。幅は約24mにも及ぶ

「野﨑家塩業歴史館(旧野﨑家住宅)」の敷地内に並ぶ土蔵群
▲なまこ壁も見事な土蔵群。野崎家が豊かな大庄屋だったことが偲ばれる

そして、野﨑家の人々の生活や仕事の中心であった主屋(おもや)は、約42mもの長さがあり、9つの座敷を見通すことができます。圧倒的なスケール感ですから、ぜひご覧になってみてください。

「野﨑家塩業歴史館(旧野﨑家住宅)」の主屋(おもや)
▲主屋(おもや)は、約42mもの長さを誇る。9つの座敷を見通せて、まさに圧巻の眺め!

編集部

野﨑家塩業歴史館をデートの一環で訪れた際に、三宅さんおすすめの見学方法などありましたら、ぜひ教えてください。

三宅さん

建物の周囲をぐるりと回って見学できるようになっていますが、順路上にご自身のスマートフォンで読み取るQRコードをご用意しています。そのシーンに合った音声ガイダンスをお聞きいただけるので、ぜひご活用ください。

それぞれの建物や庭園について、初めての方にも分かりやすく解説されていますから、目の前の対象を理解しながらお二人で回れますよ。

企画展にも注目!貴重な雛人形や別邸の特別公開も魅力がいっぱい

編集部

三宅さんが特にお好きな展示やコレクションがありましたら、ご紹介いただけますか?

三宅さん

私のお気に入りは、先日の企画展にも出品した藤井松林(ふじいしょうりん)(※5)の「福山左義長図」です。

(※5)幕末~明治期の画家で、元福山藩士。花鳥画、人物画、そして山水画と、いずれにも優れていた。

「野﨑家塩業歴史館(旧野﨑家住宅)」所蔵の「福山左義長図」
▲藤井松林(ふじいしょうりん)の手による「福山左義長図」。観衆の表情が生き生きと描かれている

明治21(1888)年に描かれたもので、左義長とはいわゆる「とんど祭り」を意味しています。使い終えた正月飾りや御守などを焚き上げて、無病息災を祈るお祭りですね。

福山城を中心とした周囲の様子が描かれており、大きな櫓(やぐら)飾りの迫力に惹き込まれ、生き生きと描き込まれた人々の姿に気持ちが和みます。とは申しましても、実際に展示できる機会はあまり多くないですから、公式サイトのブログ記事を一度ご覧になってみてくださいね。

>>公式サイト・ブログ「もう一つの左義長図と藤井松林from福山の美術」

編集部

野﨑家塩業歴史館で過去に人気があったり、繰り返し開催されたりするような企画展・特別展などがありましたら、お話しいただけますか?

三宅さん

毎年開催している企画展では、野﨑家に代々伝わる雛人形や雛道具の展示したり、普段は非公開の別邸を特別公開したりしております。2~3月を中心とする寒い時期なのですが、毎年多くの皆さんにご来館いただく企画展ですよ。

「野﨑家塩業歴史館(旧野﨑家住宅)」所蔵の野崎家に伝わる雛人形や雛道具
▲野崎家に伝わる雛人形や雛道具。ていねいな仕事が光る、味わい深い作品が多い

野﨑家縁(ゆかり)の雛人形の精緻な造作をじっくりとご覧いただけますし、別邸「迨暇堂(たいかどう)」では、100畳敷の大広間いっぱいに、地域の方々から寄せられた雛人形が飾られます。ほかの施設にはない、当館らしい見応えある光景ではないでしょうか。

編集部

今お話しいただいた企画展について、人気の理由はどこにあると思われますか?

三宅さん

野﨑家は、岡山藩主であった池田家から、高さ80cmほどもある大きな享保雛(きょうほびな)(※6)を拝領しています。これだけの大きさで、今に至るまで伝わっているものは、ほかにはなかなかないでしょう。

(※6)江戸期の享保年間に、京都で生まれて各地に広まった雛人形。贅沢で華美な時代背景だったため、豪華で高級なものが制作された。各地に広まるにつれて大きくなり、高さ60cm程度のものもあった。

「野﨑家塩業歴史館(旧野﨑家住宅)」所蔵の野崎家に伝わる享保雛
▲藩主の池田家から拝領した貴重な享保雛。女雛は冠まで入れると高さ80㎝にもなり、享保雛の伝来品としては全国最大級

美しく貴重な享保雛を鑑賞できる上、当館の目玉イベントとして長年続いていることがメディアでも取り上げられました。さらに、ご来館になった皆さんによる口コミの助けもあって、一層人気が出ているのだと思います。

なお、今後開催予定の企画展については、公式サイトの「イベント」ページにて告知しますから、時折チェックしてみてくださいね。

>>公式サイト「イベント」

野﨑家塩業歴史館の見どころは建物と庭以外にも!

「野﨑家塩業歴史館(旧野﨑家住宅)」の台所と台所道具
▲かつて使用人たちの食事を作った台所。江戸期以来の台所道具も興味深い

編集部

三宅さんが思われる、「野﨑家塩業歴史館(旧野﨑家住宅)」の見どころとは、どちらになるでしょうか?

三宅さん

先にも話題になった江戸期以来の旧家の建物や、枯山水の庭園、野﨑家に伝わる貴重な美術品・調度品の類(たぐい)は、もちろん大きな見どころになると思います。

何より、当館は製塩業に関わる博物館です。野﨑家の塩田経営には、当時としては画期的なビジネスモデルが採用されていました。製塩方法も、歴史の中でさまざまに変化しています。このあたりも当館での見どころになるでしょう。

入浜式塩田での製塩作業の様子
▲往時の入浜式塩田での製塩作業の様子。瀬戸内の塩は、にがり成分が豊かで美味しいと言われる

人間の生命維持や生活に必要不可欠な塩がどのように作られ、またどのように使われているのか、そうしたことを知ってみると、驚きの気持ちと同時に、改めて大切にしたいという思いが生まれるかもしれません。

皆さんが普段何気なく口にしている塩について、当館が興味を持っていただくきっかけになれば嬉しいですね。

編集部

ほかの類似施設と差別化できる部分や、ちょっと自慢したい部分などがありましたら、ぜひお話しください。

三宅さん

江戸期以来の邸宅として、これほどの規模感で往時の姿を保ったまま、綺麗に維持・保存されてきたことは、特筆すべきことだと思っています。

また、常時4人の職人さんが毎日ていねいに樹木の世話や掃除をしてくれているため、皆さんがいついらっしゃっても、清々しい気分で庭を散策いただけることでしょう。これも、ちょっとした自慢かもしれませんね。

「野﨑家塩業歴史館(旧野﨑家住宅)」敷地内の表書院庭園
▲表書院から庭園を眺める。いつでも見事に手入れされた庭園には、ファンも多い

編集部

野﨑家塩業歴史館を訪れる時期やタイミングによって、おすすめの楽しみ方などがありましたら、教えていただけますか?

三宅さん

例年5月下旬~6月上旬にかけて、表書院前のサツキの花が美しく咲き誇ります。庭に広がる綺麗な緑と、サツキの鮮やかな朱のコントラストをお楽しみください。実にフォトジェニックで、インスタ映えも抜群の光景が展開しますよ。

「野﨑家塩業歴史館(旧野﨑家住宅)」敷地内の表書院外観(サツキ開花時)(その1)
▲フォトジェニックなサツキ開花時の表書院。緑と朱のコントラストが秀逸!

デートでの楽しみ方も多彩な野﨑家塩業歴史館

「野﨑家塩業歴史館(旧野﨑家住宅)」敷地内の「塩づくり体験館」の外観
▲敷地内に建つ「塩づくり体験館」

ここまでは、「野﨑家塩業歴史館(旧野﨑家住宅)」のコンセプトや見どころなど、観光で訪れた際の魅力を中心にお聞きしてきました。ここからは、デートの一環で見学する場合に特化して、お話を伺ってみましょう。

見学通路内は写真撮影自由!インスタ映えする一枚を狙おう

編集部

最近では、SNS投稿を楽しんでいるカップルも多くなりました。野﨑家塩業歴史館では、デート中のカップルが写真撮影などできるのでしょうか?

三宅さん

見学通路内であれば、どちらでも写真撮影をしていただけますよ。雰囲気ある建物を背景に自撮りしていただくのも、もちろん問題ありません。撮影スポットは豊富だと思うので、インスタ映えする一枚を狙ってみてくださいね。

カップルで参加できるワークショップも!塩作りを体験してみよう

編集部

カップルで参加できるワークショップや、体験教室などを開催されていましたら、ぜひご紹介をお願いします。

三宅さん

参加の1週間前までに電話予約(086-472-2001)をいただければ、昔ながらの製法での塩作りを体験可能です。参加費は無料で(入館料のみ負担)、濃い塩水を土鍋で煮詰めていただき、お二人で作った塩を持ち帰ることができますよ。

「野﨑家塩業歴史館(旧野﨑家住宅)」敷地内の「塩づくり体験館」で作られる塩
▲塩作り体験で作られる塩。塩にぎりを作ったら美味しいかも

当館の学芸員が分かりやすく解説しますので、塩を作りながら、疑問点などもどんどん尋ねてみてくださいね。スーパーマーケットなどに足を運ぶと、現在では簡単に手に入る塩ですが、製造の大変さを知れば、これまでとは違った思いで塩を手にされるかもしれません。

詳しくは、公式サイトの「体験」ページをご覧になってみてください。

>>公式サイト「体験」

それに、「ほん塩500g」を240円/袋で販売もしています。お土産に購入いただき、おうちデートでの料理に使われるのもいいかもしれませんね。

「野﨑家塩業歴史館(旧野﨑家住宅)」で販売中の「ほん塩500g」
▲にがり成分たっぷりの「ほん塩500g」をお土産に買って帰ることもできる(240円)

野﨑家塩業歴史館なら周辺デートスポットも豊富

編集部

カップルが野﨑家塩業歴史館を見学する前後に立ち寄れる、おすすめのデートスポットが近隣にありましたら、ぜひご紹介をお願いします。

三宅さん

当館をお楽しみいただいた後は、先にも話題にした「児島ジーンズストリート」をお二人で散策するのが何と言ってもおすすめです。児島は、国産ジーンズが初めて生まれた聖地とも言われ、通りにはいくつもの個性的なジーンズショップが集まっています。

ジーンズストリートには、ジーンズ以外のショップや、お洒落なカフェも充実しているので、当館と併せて1日中デートできるスポットですよ。

また、当館から徒歩3分ほどの老舗洋食店「ちくりん」のオムライスや、徒歩約6分の天ぷら割烹店「三松」の天ぷらは、地元でも人気の看板メニューでして、ランチデートにもおすすめできます。両店とも味がよく、価格もリーズナブルです。

▼老舗洋食店「ちくりん」(電話:086-472-2187)

▼天ぷら割烹店「三松」(電話:086-473-1060)

野﨑家塩業歴史館(旧野﨑家住宅)からのメッセージ

「野﨑家塩業歴史館(旧野﨑家住宅)」敷地内の主屋庭園
▲見事に苔むした主屋庭園は、まさに侘び寂び(わびさび)の世界。日本庭園ファンの外国人が喜びそうな光景!

編集部

これから「野﨑家塩業歴史館(旧野﨑家住宅)」を訪れるカップルへのメッセージや、今回のインタビュー取材で伝えきれなかった想いがありましたら、ぜひお話しください。

三宅さん

伝統的な日本庭園や建築に興味がある方ならば、当館は大いに関心を持っていただける施設だと思います。とにかく広い敷地ですから、お二人でゆったりとご覧になってくださいね。加えて、塩作りにも興味を持っていただけたら何よりです。

編集部

確かに、とても広い敷地で隅々までお手入れされているので、デート中のカップルが訪れても、気持ちよく見て回れると感じました。階段もあり、石の上も歩きますから、歩きやすいスニーカーなどを履いて来るとよさそうですね。

三宅さん、本日は年末のお忙しいところに時間を割いていただき、どうもありがとうございました。

野﨑家塩業歴史館(旧野﨑家住宅)の口コミ・感想

デートの参考になるよう、「野﨑家塩業歴史館(旧野﨑家住宅)」を実際に訪れた皆さんの口コミや、感想もチェックしてみました。

アイコン
想像していた以上に立派な庭園と建物!まるで京都に来たみたい。
アイコン
よく手入れされた枯山水のお庭を眺めていると、自然に穏やかな気持ちになります。
アイコン
往時の生活が偲ばれる、見応えある展示品が多かった。苔むした庭も見事!
アイコン
毎日口にしている塩の奥深さ、用途の多さに気付かされました。

全体的に、高評価の印象です。建物にも庭にも、そして展示品にも、皆さん大いに感心している様子が伝わってきました。デートの一環で初めてカップルが訪れたとしても、満足度の高いひと時を過ごせそうですね。

野﨑家塩業歴史館の料金・割引・予約・混雑しない日時

「野﨑家塩業歴史館(旧野﨑家住宅)」敷地内の表書院外観(サツキ開花時)(その2)

料金 大人(高校生以上):1人500円
中学生・小学生:1人300円
幼児:無料
※小学生~高校生までは、土曜日・日曜日・祝日は無料
割引 障害者手帳を持参された方は2割引
※持参した本人および付添者1名が割引対象
予約 一般の見学:予約不要
塩作り体験:参加の1週間前までに電話予約(086-472-2001)
混雑しない日時 曜日に関わらず、どの時間帯でも比較的空いている
※学校関係や団体などの来館があると、一時的に混雑する可能性あり

※金額は、すべて税込表示です

野﨑家塩業歴史館の基本情報(アクセス・営業時間)

住所 〒711-0913
岡山県倉敷市児島味野1丁目11-19
電話 086-472-2001
アクセス 【公共交通機関】
JR本四備讃線(瀬戸大橋線):児島駅下車・東出口から徒歩約16分
※駅前からタクシー利用で約5分
【車】
瀬戸中央自動車道:児島ICから約10分
駐車場 無料駐車場あり
※乗用車36台分
営業時間 9:00~16:30
※閉門時刻は、17:00
休館日 毎週月曜日(祝日の場合は、その翌日)
年末年始(毎年12/25~1/1)
公式サイト https://www.nozakike.or.jp/
公式SNS Instagram
Facebook

※最新の情報は、公式サイト等でご確認をお願いします
※記事中の金額は、すべて税込表示です

公式アカウントをフォロー

マッチングアプリ大学公式ツイッターマッチングアプリ大学公式フェイスブック