【秋田県】男鹿真山伝承館でナマハゲ体験!伝統文化や雄大な自然を満喫するデートプラン

今回ご紹介するのは、秋田県男鹿市にある「男鹿真山伝承館(おがしんざんでんしょうかん)」を中心にしたデートプランです。敷地内には150枚以上の本物のなまはげ面が見られる「なまはげ館」や、ナマハゲゆかりの「真山神社」もありますので、男鹿半島ゆかりの伝統文化をリアルに体感することができます。

本物のナマハゲと対面する体験型デートになりますので、普段は見えない相手の一面を発見するかもしれませんね。そもそもユネスコ無形文化遺産にも登録された男鹿ナマハゲの歴史や魅力を学べる機会は、ほかではあまりないでしょう。

JR男鹿(おが)駅からは、あいのりタクシー「なまはげシャトル」も利用できますが、二人で周辺も含めて回るならば、車利用がおすすめです。男鹿水族館GAOに足を伸ばしたり、入道崎から絶景の日本海を眺めたりと、デートでの機動力が格段に上がります。

こんなカップルにおすすめ!
おすすめ年代:30〜50代
おすすめカップル:歴史や伝統文化に興味があるカップル
どんなデート?:ドライブ、歴史、伝統文化、自然
目安時間:半日〜1日
目安予算:2人で6,000円程度

概要:男鹿真山伝承館で伝統を体感!地元再発見のデート

今回は、「男鹿真山伝承館」でリアルなナマハゲ文化を体験してから、自然の豊かさが感じられるスポットを車でめぐるデートプランになります。味わいある古民家カフェでランチを堪能した後、「男鹿水族館GAO」や「入道崎」にも足を延ばすことで、さらに充実したデートになるはずです。

ちなみに「男鹿真山伝承館」と「なまはげ館」、「真山神社」は、同じ敷地内にあります。男鹿真山伝承館からスタートするプランを紹介していますが、施設の混雑具合などに合わせて、回る順番を入れ替えることも可能です。

10:30〜11:00 「男鹿真山伝承館」でナマハゲを体験
11:00〜12:00 「なまはげ館」の見学・「真山神社」への参拝
12:00〜13:00 「里山のカフェ ににぎ」でランチ
13:00〜13:30 「八望台」の展望台で景色を眺める
13:30〜15:30 「男鹿水族館GAO」に入館、館内のカフェで小休憩
16:00〜 「入道崎」で夕日を堪能し、ロマンチックなひとときを

※移動時間は省略しています。

まずは「男鹿真山伝承館」と「なまはげ館」、「真山神社」を訪ねて、ナマハゲの文化や歴史を学んでみましょう。なまはげ館では、本物のナマハゲ装束を身につけて記念写真を撮ることができます。二人の変身した姿をInstagramに投稿したり、共通の友人に送ったりすれば、デート後にも盛り上がるかもしれませんね。

伝統文化を体感した後は、古民家カフェ「里山のカフェ ににぎ」に移り、こだわりのランチをいただきます。男鹿産の玄米を始め、地元産食材がふんだんに使われた手作りメニューは、心とお腹をしっかりと満たしてくれるでしょう。

その後は水族館、絶景スポットなど、地元で人気のデートスポットに足を伸ばします。少々疲れたら、「男鹿水族館GAO」内にあるレストラン「フルット」で、二人で男鹿の海を眺めながら小休止してください。

そしてデートの締めくくりには、絶景スポットとして名高い入道崎まで車を走らせましょう。雄大な日本海にゆっくりと沈む夕日を並んで眺めれば、お互いの親密度がさらに上がること請け合いです。

それでは今回のメインデートスポット「男鹿真山伝承館」について、体験内容や施設の雰囲気などを紹介します。

伝統のナマハゲ文化を体感できる「男鹿真山伝承館」

「男鹿真山伝承館」は、これまで地元の方以外ほとんど体験できなかったナマハゲ文化を、世の多くの方に知ってもらうために生まれた体感型の施設です。建物も秋田県男鹿地方の典型的な曲家(まがりや)民家となっており、リアルな雰囲気を味わうことができます。単なる観光客向けアトラクションではなく、地元の本物の伝統文化に触れられる貴重な施設です。

同館では、ナマハゲの歴史や地元ならではのしきたりについても広く学べるため、一般的なナマハゲのイメージが大きく変わるかもしれません。

今回は「男鹿真山伝承館」館長の高森博光さんに、施設の魅力や特徴について詳しくお話を伺いました。

築100年超の曲家(まがりや)で「大晦日のナマハゲ」を体験!

男鹿真山伝承館で体感できる「ナマハゲと親方との問答」

編集部

「男鹿真山伝承館」の建物自体に歴史があり、農具なども置かれていることから、一般のテーマパークなどとは異なる雰囲気を感じました。

こちら「男鹿真山伝承館」が果たす役割や施設の目的について、簡単にお話しいただけますか。

高森さん

当館は、男鹿半島の伝統民俗行事「大晦日のナマハゲ」を実際に体験し、本来のナマハゲの意義を広く知っていただく目的で、通年開館している施設となります。

ナマハゲは災禍を祓い、吉事をもたらす来訪神として、地元では丁重に迎えられ、もてなされるものです。来館されるお客さまは、家人という設定で体験いただきます。親方とナマハゲとのやり取りは、すべて男鹿地方の方言でなされますので、分からない部分はぜひ雰囲気で感じ取ってください。

編集部

ナマハゲは突然家に押し入ってくるイメージでしたが、まずは主(あるじ)である親方がナマハゲを家に迎え入れるかどうかを決めていたのですね。

ナマハゲと直接やり取りするのは難易度が高そうですが、迎える家の側の人という設定で立ち会わせていただくことで、リアルな迫力を感じることができました。地元の方言があまり理解できなくても、十分に伝わってくるものがあります。

秋田県にある「男鹿真山伝承館」に入ってくる2匹のナマハゲ
▲迫力あるナマハゲの登場には大人でも驚く!

館長である高森さんからご覧になった施設の魅力、見どころについてお話しくださいますか。

高森さん

建物は築100年以上を経た茅葺屋根の曲屋(まがりや)であり、すべて本物志向である点が魅力ではないでしょうか。ナマハゲに供されるお膳やロウソク、囲炉裏など、ご覧になったお客さまからは「懐かしい」、「初めて見た」など感動の声を頂戴しています。

編集部

伝統文化を大切にしながら、次の世代によいものを受け継ぎたいという熱い思いが伝わってきますね。デートで訪れた場合でも、ナマハゲとは神聖な気持ちで向き合うことが大切なんだ、という気持ちが湧いてきました。

夕方や雪の降る季節には幻想的な世界が広がる

雪の日の男鹿真山伝承館の外観

編集部

築100年を超える「男鹿真山伝承館」の建物は、明治期に建てられた地元の伝統建築と伺っています。今では見る機会がすっかり減った茅葺屋根は、日本の原風景を眺めるようで、カップルで訪れてもとても趣(おもむき)深いものですね。

来館におすすめの時間帯や季節など、もしありましたら教えてくださいますか。

高森さん

夕方の少し暗くなってきた時間帯、または雪の降る季節などに起こしいただくと、独特の雰囲気がありまして、いつもとは違った趣ある光景を味わえます。

編集部

本来のナマハゲは大晦日の来訪神ということで、私も一度は冬に訪れてみたいですね。写真映えする光景が目に浮かびます。

館内でおすすめの写真撮影スポットなどはありますでしょうか。

高森さん

築100年以上の建物ですから、館内にもタイムスリップしたかのような場所がたくさんあります。お気に入りのスポットを見付けて、お二人で記念写真を撮ってください。きっとよい思い出になるでしょう。

編集部

レプリカではない、本物の伝統建築であるからこその趣が、そこかしこにありますね。非日常感がある施設なので、いつものデートとは違う雰囲気を写真にも残せそうです。ナマハゲ体験では、フラッシュを焚くことは禁止ですが、撮影自体は許可されているのですよね。マナーを守って、デートの記念を残したいと思います。

本物のナマハゲ装束を着て記念撮影もできる!

編集部

「男鹿真山伝承館」ならでは、というご自慢はありますでしょうか。

高森さん

「男鹿のナマハゲ」は、2018年(平成30年)の冬に「来訪神仮面仮装の神々」として、ユネスコ無形文化遺産に登録されました。「男鹿真山伝承館」は、大晦日のナマハゲ実演を行っている唯一の施設です。

隣接する「なまはげ館(資料館)」や、ナマハゲゆかりの「真山神社」も当館と一緒に見学いただくと、より深くナマハゲ文化を理解することができますよ。

編集部

来館者によるSNS上の口コミでは、「ナマハゲ体験だけでも男鹿まで来る価値がある!」とのコメントもありました。唯一の実演施設と伺えば、それも納得できます。

敷地内の「なまはげ館」には、150枚以上の本物のナマハゲ面が展示されていたり、記念撮影コーナーがあったりしますから、デートで訪れる際も共通券を買って寄りたいですね。ナマハゲの装束を身に着けて二人の写真を撮れば、友人たちにも自慢できると思いました。

なまはげ館に展示されているナマハゲ面
▲「なまはげ館」に展示される実際に使用されてきた本物のナマハゲ面の数々!

また真山神社」では、毎年2月に「なまはげ柴灯(せど)まつり」が開催されると聞きました。柴灯の下で舞っている、迫力満点のナマハゲを見てみたいものです。

ちなみに「男鹿真山伝承館」に来館される皆さんにはどんなことを学び、感じ取って欲しいと思われますか。

高森さん

ナマハゲ本来の意義を知っていただいて、前向きに生きるための心の支えにしてもらえれば、と思っております。

編集部

ナマハゲと聞くと、そのビジュアルから迫力や怖さの気持ちが先立ちます。ところが実際には、子どもたちが病気や怪我をしないで健やかに育つよう、幸せを祈る神事だと分かりました。カップルで「男鹿真山伝承館」を訪れて、本物のナマハゲを体験してみれば、二人の人生に幸多かれと祈ってもらったような、温かい気持ちになれると思いますね。

男鹿真山伝承館の中で四股を踏むナマハゲ
▲親方から供されるお膳に着くに先立って、5回の四股を踏むナマハゲ!

「男鹿真山伝承館」を訪れた皆さんの感想・口コミ

編集部

「男鹿真山伝承館」では、入館者総数の4分の1ほどがカップルだとお聞きしています。

訪れる皆さんから実際よく耳にされる感想などがありましたら、ぜひ教えてください。

高森さん

「ナマハゲは鬼で、ただ子どもを脅し泣かせるといったイメージだったが、実際に体験してみて、そうではないと分かった。」「子どもの躾をしたり、家族や地域の絆を深めたりする来訪神と知り、ちょっと怖かったけれど、とても感動した。」などの感想をしばしば耳にしています。

SNS上にはナマハゲの迫力あるパフォーマンスに感嘆の声が多数!

編集部では、SNSやGoogle上に投稿されている、「男鹿真山伝承館」を訪れた方々の口コミをチェックしてみました。以下、一部を要約して紹介します。

アイコン
大人でもびっくりするほどの迫力!リアルな体験ができてよかった。
アイコン
絶対に共通チケットを買った方がいいです。男鹿真山伝承館に行くためだけに男鹿に来る価値あり!
アイコン
ナマハゲが去った後に落ちていたワラをもらいました。ご利益がありますように〜
アイコン
神聖な雰囲気です。ここでしかできない体験で、よい思い出になりました。

実際に「大晦日のナマハゲ」を体験し、ナマハゲに対するイメージが変わったという声や、感動したという声が非常に多いです。デートでも訪れないともったいないスポットだと感じました。

「男鹿真山伝承館」の基本情報

住所 〒010-0685
秋田県男鹿市北浦真山字水喰沢地内
アクセス ・秋田自動車道「昭和男鹿半島IC」から車で40分

・「秋田駅」からJRとシャトルバス利用で1時間10分

・「男鹿駅」から「あいのりタクシー(なまはげシャトル)」で15分 ※要予約
開講時間 【通年】
9:30/10:30/11:30/13:30/14:30/15:30
休館日 年中無休
駐車場 250台
入館料 【なまはげ館との共通チケット】
・4~11月:880円(小中高生550円)
・12~3月:1,100円(小中高生770円)
公式サイト https://namahage.co.jp/
namahagekan/
oga_shinzan_folklore_museum/

※最新の情報はホームページ等でご確認をお願いいたします。
※記事中の金額はすべて税込表示です。

「男鹿真山伝承館」周辺のおすすめデートスポット

ここからは、「男鹿真山伝承館」と一緒に巡りたい周辺デートスポットを紹介します。「大晦日のナマハゲ」を体験し、男鹿地方の伝統文化を体感した後は、カフェや絶景スポット、水族館で癒しの時間を満喫しましょう。築100年超の伝統家屋でナマハゲと出会うタイムスリップ感と、自然豊かな癒やし感の両方を、ぜひカップルで味わってみてください。

おすすめのデートスポット

懐かしい古民家で癒しのランチタイム!「里山のカフェ ににぎ」

ゆったりとした時間が過ごせる本格的な古民家カフェが、「里山のカフェ ににぎ」です。懐かしい風景を眺めながら、男鹿市を始めとする地元作家が制作した器で、身体や心にやさしい食事をいただけます。

人気のランチセットは、あらかじめ電話での予約がおすすめ。食事と自然を満喫しながら、デートの会話を楽しんでくださいね。

里山のカフェ ににぎ公式URL:http://ninigi-cafe.com/

かわいい海の動物たちとほっこりタイム!「男鹿GAO水族館」

「男鹿水族館GAO」は、男鹿真山伝承館から車で約20分ほどの場所にあります。ホッキョクグマやペンギン、アザラシなど、かわいい海の動物たちが待っている癒しのデートスポットです。

館内には男鹿の海を一望できるレストラン「フルット」もあり、デートの小休憩にもぴったりです。ホッキョクグマ「豪太」の焼き印が押されたホットケーキは、見た目もキュートなおすすめメニュー。

ミュージアムショップでは、シロクマのぬいぐるみなど男鹿水族館GAOのオリジナルグッズも販売されています。デート記念のお土産を二人で探してみるのも、きっと楽しい思い出になるでしょう。

男鹿水族館GAO公式:https://www.gao-aqua.jp/

男鹿半島の絶景と美しい夕日を堪能できる「入道崎」

男鹿半島の絶景を満喫できる「入道崎」は、デートの締めくくりにも最適な夕日スポットです。雄大な日本海に太陽がゆっくりと沈んでいく光景を二人で眺めれば、とても満ち足りた時間を過ごせることでしょう。

また「入道埼灯台」は、「日本の灯台50選」にも選ばれており、国内に16ヵ所しかない「一般人が登れる」灯台の一つです。ちなみに灯台に登れるのは、4月下旬から11月上旬の9:00〜16:00までとなっています(要事前確認)。

男鹿なび公式:https://oganavi.com/spot/48/

ほかにもある!近隣のおすすめスポット

なまはげ館
真山神社
八望台

まとめ:男鹿の伝統文化や自然を満喫できる大人デート

今回は、本物のナマハゲ体験ができる「男鹿真山伝承館」を中心に、周辺エリアをめぐるデートプランを紹介してみました。

同館は、ユネスコ無形文化遺産にも登録された伝統神事、「男鹿のナマハゲ」を実際に体験できる貴重な施設です。メディアでナマハゲを見たことがあるという方も、実際に本物を体験をすることで、ナマハゲに対するイメージが大きく変わるはずです。

また周辺は自然環境が豊かで、水族館や夕日の名所などカップルで訪れて癒やされるスポットも充実しています。豊かな地元の伝統文化や自然を満喫することで、大人のカップルにも満足できるデートになるはずです。

公式アカウントをフォロー

マッチングアプリ大学公式ツイッターマッチングアプリ大学公式フェイスブック