【秋田県】大潟村干拓博物館で大潟村の今と昔を知るデートプラン

今回は秋田県大潟村の歴史を学び、大潟村のグルメと温泉を満喫するデートプランをご紹介します。

デートのメインスポットとなる大潟村干拓博物館は、大潟村ができる前の八郎潟の姿から、八郎潟干拓事業の様子などを学べる地域に特化した博物館です。

博物館の周りは緑豊かな田んぼや畑が広がり、その風景を見おろしながら食事ができるレストランのほかにも、特産品を販売している道の駅、美肌効果のある温泉など、おすすめスポットが多くあります。大潟村干拓博物館をメインに、1日かけてのんびりデートをしてみてはいかがでしょうか。

こんなカップルにおすすめ!
おすすめ年代:30代~50代
おすすめカップル:歴史が好きなカップル、温泉が好きなカップル
どんなデート?:歴史、買い物、温泉を満喫するデート
目安時間:約6時間
目安予算:2人で5,000円

概要:広大な農地が広がる大潟村を巡るデートプラン

10:00~11:00 大潟村干拓博物館見学
11:00~12:00 道の駅おおがたでショッピング
12:00~14:00 和洋ダイニング風車『モーレン』でランチ
14:00~16:00 ポルダー潟の湯で温泉入浴

大潟村内を巡るには、車で移動するのが便利です。公共交通機関で移動する場合は、最寄りの八郎潟駅から大潟村干拓博物館(道の駅おおがた)へ行くバスを利用しますが、バスの本数が少ないため、時刻を事前に確認しておくのがおすすめです。

車での移動なら、春は「桜並木と菜の花ロード」夏は「ひまわりロード」と名付けられているまっすぐな道をドライブするのも良いでしょう。周りは農地で遮るものはなく、風を気持ちよく感じられますよ。

予算は約5,000円です。内訳は、600円(博物館入館料)+3,000円(ランチ)+800円(温泉)=4,400円です。道の駅おおがたで買い物をすると、5,000円を超えるかもしれません。

このデートプランは、大潟村の良さを存分に体験できる内容となっています。道の駅で車を停めて、村内を歩いて回ると村の雰囲気をより感じられるでしょう。

干拓工事の歴史や入植者の苦労を学べる大潟村干拓博物館

大潟村干拓博物館の「潟の記憶」展示

大潟村干拓博物館は秋田県大潟村にあり、八郎潟干拓事業についての展示をしています。昔、八郎潟は琵琶湖に次ぐ日本第二の広さの湖でした。それが20年かけて干拓され大潟村となりました。大潟村干拓博物館では、その歴史をリアリティのある演出で展示しています。

特におすすめなのが、案内ガイドによる館内の説明です。入植者自身がボランティアとして博物館でガイドをしており、干拓事業についてや自身の生活などを詳しく話してくれます。その土地の「語りべ」のように熱意をもって話されるのが印象的です。案内ガイドは大変人気ですので、早めの予約がおすすめです。

今回は大潟村干拓博物館のスタッフ、生田さんに博物館の魅力などを伺いました。

大潟村干拓博物館の魅力はリアルな展示

編集部

大潟村干拓博物館の主な展示内容と、どのようなことが学べるのかを教えてください。

生田さん

当館のメインは八郎潟干拓事業の歴史と男鹿半島・大潟ジオパークの展示です。

大潟ジオパークの展示

その昔、八郎湖は琵琶湖に次ぐ面積でしたが、戦後の食糧難解消を目的として米を増産するため干拓工事が行われました。

館内の展示では干拓前の湖から現在に至るまでの歴史や、当時新生の大地だった大潟村での営農風景、人々の生活を垣間見ることができます。干拓の様子やそこに生きる人たちが何をしてきたのか、ぜひ学んでほしいと思います。

編集部

小学校の社会科でも八郎潟干拓事業を学んだことを覚えていますが、この博物館ではさらに深い内容を知る学ることができますね。特に、干拓事業がオランダへの第二次世界大戦後の補償の代わりだったとは驚きました。ここに来なければ知らなかったであろう知識が得られますね。

館内には干拓に関わる様々な展示がありますが、見どころや大潟村干拓博物館ならではの展示があれば教えてください。

生田さん

約70年前に始まった干拓計画、その歴史をたどっていくところはとても面白いです。館内には年表もあり、自分が産まれたとき大潟村では何が起こっていたのか?などを知ることができて、なんだか感慨深くなります。

八郎潟干拓事業の年表「大潟村歴史絵巻」
▲年表では大潟村の歴史が時系列に並べられていてわかりやすいです。

編集部

八郎潟干拓事業は1956年に始まり、1977年に終了しましたが、20年という長い年月を経て広々とした農地ができたと思うと、入植者の皆さんの努力に感動しますね。

干拓の大変さが伝わる展示から土地の歴史を学ぶ

編集部

大潟村干拓博物館で自慢できることを教えていただけますか。

生田さん

日本最大の干拓地を題材とした博物館は当館が唯一です。また、6千年前の地層や鯨の骨の標本も展示されているので、比較的新しい村だけど地球の歴史を感じることができる部分が自慢です。(参照:大潟村干拓博物館公式サイト)

大潟村干拓博物館の地層の展示
▲大潟村はかつて湖の底だったことがわかる展示です。

編集部

大潟村は八郎潟に土を盛って作られたのではなく、堤防を作り八郎潟の水を排水してできているのですよね。本来は湖底にあたる場所になるため、この辺りも昔は貝殻がいっぱい落ちていたと知り、かつての地層などにも興味が湧いてきます。

この博物館で生田さんが一番好きな展示は何でしょうか。

生田さん

私が好きな展示は館内奥にある、埋まってしまったトラクターを運転する人とそれを助ける人たちを模した人形です。その表情はまるで声が聞こえてきそうなほど作り込まれているので、はたして人形はどんな顔をしているのか、ぜひ見に来てください!

大潟村干拓博物館の埋まってしまったトラクターの展示
▲大きなトラクターが埋まってしまうくらい地盤が柔らかかったことがわかります。

編集部

このトラクターも本物だそうですね。最初は地面がぬかるんでいて、トラクターを放っておくと、どんどん埋まってしまっていったと聞いています。干拓事業の大変さが伝わる展示だと思います。

入植者の話が聞ける案内ボランティアは臨場感満載

大潟村干拓博物館の入植者の生活の様子を表した展示
▲入植者の生活は当時の最先端だったそうです。

編集部

大潟村干拓博物館で体験できるイベントなどはありますか。

生田さん

体験メニューとして羽釜でのご飯炊き体験、大型重機の試乗体験などを用意しています。

編集部

羽釜でのご飯炊き体験では、薪でお米を炊くのですね。薪で炊くお米は、炊飯器とはまた違うおいしさを味わえそうです。2人で「おこげができた」「うまく炊けた」などと笑い合いながら食べると、ご飯を食べる時間も一層楽しくなりますね。

重機に試乗できるのも滅多にできない経験ですね。運転するのに免許が必要な乗り物ですが、係の人と一緒であれば、動かせるなんて貴重だと思います。

生田さん

ほかにも大潟村に住んでいるボランティアさんによる、館内の案内ガイドもおこなっています。ガイドでは大潟村の歴史から当時の農業について、どんな家庭や生活だったかなど幅広い話を聞くことができますよ。予約は一週間前までで、費用は一団体200円です。

編集部

案内ボランティアは入植者の方々のリアルな話が聞ける、またとない機会ですね。入植した方々は、以前いた土地を手放して大潟村に来られたと聞きましたし、苦労もあっただろうと思います。

どんな思いで大潟村にやってきたのか、農業で大変だったことは何かなど、興味は尽きません。200円でガイドをお願いできるのならば、ぜひ聞いてみたいです。個人的には案内ボランティアの方々による解説を聞きながら展示を見られるのが、この博物館の大きな魅力だと思いました。

大潟村干拓博物館への訪問を考えているカップルへメッセージ

編集部

この博物館でカップルにはどのように過ごしてもらいたいですか?

生田さん

館内はゆったりとした時間の流れる静かな空間なので、ゆっくり過ごしていただければと思います。また休憩スペースもございますので、大潟村の広大な大地を眺めながら座ってお休みいただけます。

大潟村干拓博物館の休憩スペース
▲休憩スペースからはのどかな田園風景が臨めます。

編集部

落ち着いた雰囲気で、2人のペースでのんびりと見学ができる博物館ですよね。また見渡す限り緑の農地が広がる、周辺の環境も美しいと感じました。ではデートで大潟村干拓博物館を訪れようと考えているカップルへ、生田さんからメッセージをお願いできますか?

生田さん

干拓される以前、八郎湖にはかつて八郎太郎という龍が住んでいたという伝説があり、八郎太郎はその後田沢湖に住む辰子姫と恋仲になりました。そんな円満な二人の伝説が残る大潟村にぜひ足を伸ばしてみてほしいと思います。

編集部

八郎湖にいた八郎太郎は、冬の間だけ田沢湖に行っていたそうですが、今は年中、田沢湖で辰子姫と仲良く暮らしているかもしれませんね。博物館の近くには八郎太郎が祀られている大潟神社もあるので、ぜひ参拝したいです。今日はお話をさせていただき、ありがとうございました。

大潟村干拓博物館の口コミや感想

大潟村干拓博物館の木彫りの船頭の展示

SNSやGoogleに投稿されている口コミをご紹介します。大潟村や干拓の歴史が詳しく学べると評判です。特に地域住民がされている案内ボランティアの話はぜひ聞いてほしい、という口コミが印象に残ります。

アイコン
案内ボランティアの方々が親切で、説明もわかりやすかったです。
アイコン
建物が大きくてかっこいい!
アイコン
干拓の歴史が学べました。小学校で学んだのを思い出しました。
アイコン
リアルな展示で、大潟村の歴史をわかりやすく学べました。
アイコン
今は広々としている大潟村なのに昔はなかったというのが信じられない。干拓時の苦労を知ることができます。

大潟村干拓博物館の基本情報

住所 〒010-0494
秋田県南秋田郡大潟村字西5丁目2番地
アクセス ・秋田空港から車で1時間30分
・JR秋田駅から車で1時間
・JR八郎潟駅(奥羽本線)から車で20分
・JR船越駅(男鹿線)から車で20分
・JR鹿渡駅から車で15分
・琴丘ICから車で15分
営業時間 9:00~16:30
(ラスト入館16:00)
空いている時間帯 平日:比較的どの時間も空いています
土日:午前中
平均的な滞在時間 30分~1時間程度
休館日 4月~9月:第2・4火曜(火曜日が祝日の場合は、その翌日)
10月~3月:火曜日(火曜日が祝日の場合は、その翌日)
12月31日~1月3日(年末年始)
駐車場 あり
料金・予算 大人:300円
小・中学生・高校生:100円
12/1~2/28は入館無料
公式サイト http://museum.vill.ogata.akita.jp/

※最新の情報はホームページ等でご確認をお願いいたします。
※記事中の金額はすべて税込表示です

「大潟村干拓博物館」周辺のおすすめデートスポット

ここからは大潟村干拓博物館と一緒に行くデートスポットをご紹介します。

午前中は大潟村干拓博物館で大潟村の歴史に触れ、そのあとは博物館に隣接している道の駅「おおがた」でお買い物を楽しみましょう。ランチは村内のホテルや温泉のレストランで食事をして、そのままゆったりと美肌の湯を堪能してくださいね。

周辺のおすすめデートスポット

大潟村の特産品が数多く並ぶ「道の駅おおがた」

大潟村干拓博物館に隣接する道の駅おおがたの外観
引用:道の駅公式ホームページ

道の駅おおがた内の産直コーナー「潟の店」では、大潟村で収穫されたお米や野菜などの農産物や八幡平ポークというブランド肉などが販売されています。あきたこまちは農家によって味が違うので、幾つか購入して食べ比べをしても良いですね。

また、大潟村産のカボチャを使ったパンプキンパイはお土産にもおすすめです。レストランでは「米ぬかソフトクリーム」や大潟村の野菜を使った珍しいジェラートも食べることができますよ。

公式URL:https://katanomise.com/

ホテルサンルーラル大潟の和洋ダイニング風車「モーレン」

ホテルサンルーラル大潟の最上階にある和洋ダイニング風車「モーレン」
引用:ホテルサンルーラル大潟公式サイト

ホテルサンルーラル大潟の最上階にある和洋ダイニング風車「モーレン」は、大潟村の素晴らしい景色が見渡せるレストランです。ホテルのレストランですが、あまり気取った雰囲気ではなく、気軽に入ることができます。

サラダとスープはビュッフェスタイル。月替わりのシェフおすすめ料理やビーフシチューが特に人気です。

公式URL:https://sunrural-ogata.com/restaurant

美肌の湯ですべすべのお肌になれる「ポルダー潟の湯」

「ポルダー潟の湯」の寝湯
引用:ポルダー潟の湯公式サイト

「ポルダー潟の湯」はモール温泉という植物が長い時間をかけて堆積した層を通って湧き出る温泉で、植物性の有機物を多く含んでいます。しっとりとまろやかな泉質で美肌効果があり、天然の保湿成分もたっぷりと含まれているので、上がったあとは、すべすべお肌を実感できるかもしれません。温度の異なる2種類の湯舟やサウナなどもあるので、体の芯までぽかぽかと温まりましょう。

公式URL:https://katanoyu.com/

まとめ:大潟村の歴史と魅力を満喫するデートプラン

今回は、大潟村干拓博物館を中心としたデートプランをご紹介しました。大潟村は八郎潟を干拓し、完成までに多くの労力と長い時間がかかったことが分かりました。現在では、区画整備された農地やまっすぐに伸びる道路が、近代的な雰囲気を感じさせてくれますよね。

大潟村干拓博物館で村の歴史を知ることで、デートがより味わい深いものになるのではないでしょうか。ぜひ今回のデートプランを参考に大潟村を訪問してくださいね。

公式アカウントをフォロー

マッチングアプリ大学公式ツイッターマッチングアプリ大学公式フェイスブック