大阪府箕面市の神前式|紅葉が美しい箕面で和婚が行える「阿比太神社」とは

阿比太神社は、大阪府箕面市にある神社です。西暦927年に編纂された延喜式神名帳に名を載せる式内社で、御祭神に素戔嗚尊(すさのおのみこと)をお祀りしています。

そんな阿比太神社では神前結婚式を行うことができると、地元民の間では有名。千年を優に超える歴史のある神社で、凛とした空気に包まれながら心地よい緊張感のもと結婚式を挙げられると人気を集めています。

今回は阿比太神社の禰宜である内藤景都さんに神社の由来や結婚式について詳しくお話を伺いました。

日本古来の神前結婚式に興味がある方、神社での挙式を考えている方はもちろん、多くの方々にぜひご覧いただきたいです。

阿比太神社「神前結婚式」の内容について

阿比太神社「神前結婚式」の内容について

阿比太神社で神前結婚式を行うようになったのはいつ頃からですか?

禰宜

特にいつごろから始めたということはなく、昔から要望があれば神前結婚式は行って参りました。

ただ昔はホテルなどの結婚式場で大きく派手にというのが主流でしたので、阿比太神社のような小さなお宮での挙式というのはほとんどなく、年に1件有るか無いかというような状況で、家族や親せきの挙式がほとんどでした。

少し状況が変わったと感じたのはここ10年以内のことです。昔からお参りしている地元のお宮でぜひ挙式をという方や、大きく派手な結婚式ではなく、双方の家族と限られた友人のみでの挙式といった結婚式自体の変化から阿比太神社へお問合せ頂く機会が多くなりました。

インタビュアー

「慣れ親しんだ神社で一生の思い出となる結婚式を挙げられたら…」と考える新郎新婦が増えているのですね。

馴染みのある神社で結婚式を挙げられるのは、神前式ならではの魅力。いつでも存在し続ける神社なら挙式後も訪れやすく、子供が生まれたらお宮参りや七五三など親子で訪れる機会も増えます。
家族の思い出の場所として親子代々大切にしていけるので、結婚式の場として選ばれるのでしょう。

今日は阿比太神社での神前結婚式について色々とお伺いしたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

阿比太神社ならではのメリットなどはありますか?

同じ神前結婚式でも、阿比太神社ならではのメリットなどはありますか?

禰宜

恥ずかしながら、当社は他の大きなお宮や結婚式場ほどの設備や人手は全くございません。

ですので我々ができることは、当日の挙式を奉仕する宮司、禰宜が直接新郎新婦様と最初のお問い合わせから挙式終わりまで細かに打ち合わせをし、できる限りお二人の希望に沿う形での挙式をさせて頂くということしかございません。

あとは、拝殿内は冷暖房が完備されておりますので、季節を問わず挙式は可能です。

インタビュアー

神社によっては、挙式の打ち合わせは宮司さんではない挙式担当者が行うところもあるので、打ち合わせの段階から宮司さんや禰宜さんにお世話になれるのは安心感に繋がると感じました。

また必ず決まった形式に当てはめられるのではなく、希望を挙式に反映させられるというのもとても嬉しいです。後悔のない結婚式ができそうですね。

神前結婚式では実際にどのようなことを行うのでしょうか?

阿比太神社の神前結婚式では実際にどのようなことを行うのでしょうか?

禰宜

式次第と致しましては、このようになっております。

1. 参進
2. 修祓
3. 献饌
4. 祝詞奏上
5. 三献の儀
6. 誓詞奉読
7. 指輪交換(希望があれば)
8. 斎主玉串奉奠
9. 新郎新婦玉串奉奠
10. 参列者代表玉串奉奠
11. 撤饌
12. 親族固めの盃
13. 退下

時間はおおよそ45分程度です。また、希望される場合には神楽を追加することも可能です。

インタビュアー

日本の伝統の素晴らしさを実感できる挙式スタイルですね。
三献の儀で同じ盃からお神酒を飲むなどの儀式をとおして、より新郎新婦2人の絆が強まりそうです。

阿比太神社では雨天でも挙式は可能ですか?

阿比太神社では雨天でも挙式は可能ですか?

禰宜

控室から挙式を行う拝殿まで屋根付きの回廊がございますので、雨に濡れずに挙式可能です。

インタビュアー

天候に関係なく挙式が行えるのは安心ですね。6月に結婚式を挙げると一生涯にわたり幸せになれることから、「ジューンブライド」に憧れを抱く花嫁も多いでしょう。
阿比太神社さんなら、そんな6月の梅雨の時期でも安心して挙式することができますね。

神前式の予約は何ヶ月前頃から可能でしょうか?

禰宜

予約は一年前でも二年前でも、いつからでも大丈夫です。お問い合わせ頂いた翌日でも、予約が空いていれば挙式を行うことは可能です。神社の方でも、頑張って急いで準備致します。

インタビュアー

日程が空いていれば、翌日でも挙式を受けてくださるなんてスゴイ!

さすがに頻繁にあるケースではないでしょうが、それだけ柔軟な対応ができるというのは日本全国の結婚式場を含めても数少ないと思います。最近は交際0日婚やコロナ婚で、衝動的に結婚する男女が増えているので、昔よりもニーズはありそうですね。

神前式の申し込み方法について教えてください

神前式の申し込み方法について教えてください

禰宜

気軽にお電話頂ければ結構です。ご希望日をお伝え頂き、空いておればその場で予約可能です。阿比太神社に直接お越しいただき、実際に社殿や控室をご覧いただくことも可能です。

インタビュアー

電話一本でも予約できるとは驚きました!
また実際に見学できるのなら、神前式当日のイメージも湧きやすいですね。

着付、ヘアメイク、写真などをお願いすることはできますか?

禰宜

申し訳ございませんが、それらは専門の業者様にお願い致します。業者様の紹介や挙式後の食事会場の紹介などについてはお気軽にご相談ください。

インタビュアー

なるほど。ご紹介頂ける業者さんも阿比太神社さんでの挙式に慣れていらっしゃるでしょうし、安心してお願いできそうですね。また自分たちで業者を探す手間もないので、挙式の準備もスムーズに進められそうです。

阿比太神社では毎月、何組くらい挙式が行われますか?

阿比太神社では毎月、何組くらい挙式が行われますか?

禰宜

年に3~5件くらいです。

インタビュアー

神社で結婚式を挙げる挙式スタイルに憧れている方も多くいらっしゃいますから、春や秋の人気シーズンを希望する場合は早めに予約しておくといいですね。

ご夫婦、または参列者の方々からはどのような感想が多いですか?

禰宜

「夫婦が共に生まれ育った地元で、子どもの頃からお宮参りや初詣でお参りしていた神社で挙式ができてとても嬉しい」、また「祖母もこのお宮で挙式をしたので、ぜひこちらで挙式をあげたい」とも仰って頂いております。

地域の方々との繋がりを再確認させて頂き、大変嬉しく思います。

インタビュアー

厳かな雰囲気の中、情緒あふれる挙式を挙げられて皆さん感激することでしょうね。家族の生まれ故郷で思い出を残せるのはとても素敵です。

神前結婚式で印象に残るエピソードなどあれば教えてください

神前結婚式で印象に残るエピソードなどあれば教えてください

禰宜

新郎様が外国の方で当社の雰囲気を気に入って頂き、ぜひここで挙式をと仰って頂いたことがありました。わざわざこんな田舎の神社を選んで頂いたことを大変嬉しく思ったことを覚えております。

インタビュアー

数ある神社仏閣の中から海外の方にも選ばれるなんて、私まで嬉しくなります。縁を感じる場所で挙式ができるなんて、その方が羨ましいです!

神前結婚式の料金・参列者数・時間などについて

料金(初穂料)
50,000円
挙式にかかる時間 約45分
参列者数 両家30名
駐車場
約10台

阿比太神社について

阿比太神社の鳥居

どのような神社か教えてください

禰宜

阿比太神社は応神天皇の御代に創建されたとされ、延喜式神名帳にも名を記された素戔嗚尊をお祀りする神社です。神社には珍しく、本殿へと続く参道が半町(はんじょ)参道、新稲(にいな)参道、桜(さくら)参道と3本あります。

現在は周りを北摂、箕面の静かな住宅地に囲まれ、地域の方々に支えられ、緑豊かな境内地を今もなお保持しております。神社裏には児童公園があり、境内に子供たちの声も響く地域に根差した神社です。

インタビュアー

千年を優に超える歴史のある神社。手入れの行き届いた境内からは、地元民からも愛されている様子が感じられました。

訪れた場合の見どころやオススメなどはありますか?

阿比太神社のゆずみくじ

禰宜

鎮座する箕面の地は紅葉の名所として知られており、秋になると境内も紅葉が大変きれいに色づきます。

また本殿前の大鳥居の〆縄は氏子の方々が、毎年新しいものを手編みし掛け替えを行って頂いております。大社の〆縄にも全く見劣りのない立派な〆縄ですので、お参りの際にはぜひご覧下さい。

またゆずの産地でもある箕面にちなんだ当社の”ゆずみくじ”は、他の神社にはない独自のおみくじとなっております。機会があれば、ぜひ一度引いてみてください。

インタビュアー

神社に参拝に行ったときにおみくじを引くのは、楽しみのひとつですよね。珍しくて可愛い”ゆずみくじ”を見ると、一度は引いてみたくなります。

阿比太神社さんは、大阪府箕面市出身の菅田将輝さんが訪れたことでも有名ですよね。参拝していた地元の神社とあれば、菅田将輝さんが目にしたであろう景色を自分も眺めることで、また別のご利益を得られそうな気がします。

結婚が決まったカップルへメッセージ

阿比太神社の大杉稲荷社前で身を寄せ合う新郎新婦

禰宜

アドバイスなどできるような人間ではございませんが、私の結婚生活について少し触れたいと思います。

私自身この神社で挙式をして約10年になりますが、結婚式について妻と話し合う中で意見の異なること、価値観の違いといったことでいがみ合うことも多々ありました。ですがそうしたことを乗り越え、実際に神前にて結婚の誓いを立てることで、清々しい気持ちで新たな生活へと進むことができました。

ですので、私は新郎新婦様には結婚式について二人でとことん意見を出し、ぶつかり合い、喧嘩し仲直りをし、そしてようやく挙式当日へとたどり着いてほしいと思います。そうしたすべての過程を神様は優しく見守っておられます。

そして結婚生活で悩み行き詰ったときには、ご神前に進み、原点へと立ち返り悩みを吐き出してみてください。静かに手を合わせ5分も経てば、何か良い考えも浮かぶことでしょう。

私たち夫婦は、これで気が付けば10年経ちました。心の中の愚痴を吐き出す場所。神社とはそんな場所でもよいのではないでしょうか。

インタビュアー

恋人時代はケンカを避けようとして本音をぶつけることを恐れてしまいがちですが、結婚する上ではむしろケンカも必要な過程ということなんですね。勉強になりました。

今日はお忙しい中、貴重なお話をありがとうございました。

阿比太神社の基本情報

住所 〒562-0046
大阪府箕面市桜ケ丘1丁目8−1
電話番号 072-721-2096
公式サイト http://abita.or.jp/

公式アカウントをフォロー

マッチングアプリ大学公式ツイッターマッチングアプリ大学公式フェイスブック