北海道十勝の神前結婚式|自然に囲まれた空間が魅力の「浦幌神社」とは?

今回ご紹介するのは、北海道十勝にある「浦幌神社(うらほろじんじゃ)」。小高い丘の上にあり清々しい空気に満ちた浦幌神社は、木々に囲まれた静謐な雰囲気漂う境内で神前結婚式を執り行うことができます。

そんな浦幌神社の宮司である背古宗敬さんへ、神前結婚式や浦幌神社の歴史などについてお話を伺いました。

この記事を読むことで、西洋とは違う、日本の奥ゆかしさを感じる結婚式を思い描くことができるでしょう。

いつか神前結婚式を挙げたいと思っている方はもちろん、まだどのような結婚式にするか決めていない方も、ご自身の結婚式をより良いものにするためにぜひ参考にしてくださいね。

浦幌神社の神前式について

浦幌神社の神前式について詳しく伺いました

神前結婚式を始めた時期について教えてください

宮司

神前結婚式は昭和40年頃から行われておりますが、平成になって次第に神前結婚式を挙げられる方も少なくなって参りました。

そこで平成23年より浦幌神社神楽舞月姫会という小中学生の巫女さんの神楽舞の会を発足し、神前結婚式で奉納させて頂いております。地元の子どもたちが舞う可愛らしい神楽舞に心が癒されると評判です。

インタビュアー

小中学生の神楽舞とは、想像しただけでも愛らしく惹かれてしまいますね。私も子供の頃に巫女さんの服装に憧れた時代があります。神楽舞を舞う小中学生の子どもたちにとっても、きっと良い経験となられているのではないでしょうか。

地元の方と協力し合って盛り立てられているという点も、現代は失いつつある日本の良さを伝承されているような気がして胸を打たれる思いがしました。

教会式と比べて神前結婚式の良い点はどんなところですか?

浦幌神社宮司 背古宗敬さん

宮司

神前結婚式は、日本の伝統文化の良さや和装の美しさ、日本ならではの奥ゆかしさ、慎ましさを再認識できます。

日本人は初詣をはじめ、初宮参り、七五三参り、合格祈願、厄祓いなど、人生の節目ごとに神社に詣でることを大切にしてきました。

ご両親がご神前で、ご誕生から新郎新婦へと結ばれる今日までの幸せを祈ってくれたように、新郎新婦も喜びや感謝の想いをご神前にささげることで、その想いが重なり、共感し合える結婚式となります。

インタビュアー

振り返ってみると、人生のあらゆる場面で神社に赴くことが慣例となっていますよね。新しい家族の絆を築いていくという意味でも、よいきっかけになりそうです。

浦幌神社における神前結婚式の流れを教えてください

浦幌神社における神前結婚式の流れ

宮司

まず、控室へご案内致します。定刻となりましたら、下記のとおり、進めて参ります。 

  • 新郎新婦、親族ご社殿へ参進
  • ご社殿へ着座
  • 開式
  • 修祓(おはらい)
  • 斎主一拝
  • 献饌(神様へお供え)
  • 祝詞奏上(神様へ結婚奉告・感謝・祈り)
  • 三献の儀(三三九度の盃)
  • 神楽舞奉納(巫女による舞)
  • 誓詞奏上(新郎新婦による結婚の誓い)
  • 指輪交換の儀(指輪を交換)
  • 新郎新婦玉串奉奠(玉串をお供え)
  • 御両家玉串奉奠(上に同じ)
  • 親族固めの盃(御神酒汲み交わし、親族の絆を結び固める)
  • 撤饌(神様へのお供えを下げる)
  • 斎主一拝
  • 閉式
  • 親族紹介(御両家の紹介)

地元小中学生の巫女による神楽舞

インタビュアー

修祓から始まり、厳かな雰囲気の中でお式が進んでいく印象ですね。先ほどもお伺いした小中学生の巫女さんたちの舞は、お式全体を和やかなものにしてくれるようです。とても可愛らしいですね。

日本式ではありますが、西洋式と同様指輪の交換もあります。現代的なニュアンスも入り、受け入れやすいお式だと思います。

神前式での印象深いエピソードを教えてください

神前結婚式にまつわる印象深いエピソード

宮司

当社で縁結びのご祈願をされた女性の方が想い慕う方との交際が叶い、昨年めでたく当社で結婚式を挙げました。

その後すぐに子宝にも恵まれ、安産祈願に来られました。当社は子宝安産の神様である乳神神社をおまつりしておりますので、お導きに感謝しております。

インタビュアー

それはスゴイ!私もぜひ、浦幌神社さんで縁結び祈願をしたいです!!しかも結婚だけでなく、子宝にも恵まれるなんて、さまざまな縁を結びくださったという感じですね。

結婚を通して、神様との縁もより深まっていきそうです。人生の節目を見守っていただいているような、心温まるエピソードですね。

浦幌神社で神前式を挙げるメリットはどんな点でしょうか

 浦幌神社で神前結婚式を挙げるメリット

宮司

結婚式の受付は、一日一件までとしておりますので、結婚式後の境内での記念撮影や会食なども時間制限を気にせず、ゆっくりお過ごし頂けます。ご希望であれば、北海道十勝ならではの大自然を背景にした記念撮影場所へもご案内致します。

インタビュアー

結婚式は新郎新婦はもちろん御両家の親族やご友人など、様々な方が参列されます。緊張感のある中で、時間を気にせずゆったりと過ごせるのはありがたいですね。

また、十勝といえばどこまでも広がる美しい平野が有名です。そんな豊かな自然に囲まれての記念撮影は、心も体も解放されることでしょう。大切な思い出になると思います。

浦幌神社の神前結婚式における申込予約や衣装について

浦幌神社の神前結婚式における申込予約や衣装

神前式の予約はいつから可能ですか

宮司

1年前から予約は可能です。1ヵ月前までにお申し込みください。

インタビュアー

1か月前でも予約可能というのは、心強いですね。

浦幌神社の予約申込方法

浦幌神社の予約申込方法

神前式に関する問い合わせ・予約は以下の電話またはホームページから行ってください。

神前式の受付 午前9時〜午後7時まで(要予約)
※神前結婚式を希望される方は、年中お電話にて受け付けております。
電話番号 015-576-2448
公式 https://www.urahorojinja.org/

神前結婚式の衣装についてはいかがでしょうか?

宮司

ドレスでの結婚式の列席は今までありません。貸衣装、着付け、ヘアメイク、メイク、写真はこちらでご手配できます。

インタビュアー

ウエディングドレスでの挙式は今のところないんですね。やはり厳かな神前結婚式の雰囲気を守り、白無垢や打ち掛けなどで挙式したいという方が多いということなんでしょうか。

貸衣装や着付け、ヘアメイクなどお式に必要な準備をすべてお任せできるのは安心ですね。

挙式後、境内で披露宴を挙げることはできますか?

浦幌神社 和食御膳

宮司

神社境内に披露宴を行う施設はございませんが、少人数による和食の御膳はご用意できます。対応できる人数は、新郎新婦含めて22名までとなります。

インタビュアー

和やかな雰囲気で、ゆっくりとお食事が楽しめそうですね。移動の手間がないのも、面倒がなくて良いと思います。賑やかな披露宴もよいですが、こういう落ち着いた空間でささやかに行うのも魅力的ですね。

挙式されたご夫婦、または参列者の方からはどのような感想が多いですか?

挙式されたご夫婦、または参列者の方からはどのような感想が多いですか?

宮司

「木々に囲まれた鳥のさえずりが聞こえる自然豊かな場所で、清々しい気持ちになりました」というご感想を頂きます。

また「厳かでありながら、家族の絆を改めて感じることができ、あたたかい結婚式でした」という声も頂きました。

インタビュアー

緑に囲まれた空間で、リラックスしながらお式を挙げることができるようですね。参列される方々にとっても心温まる結婚式になっていることが伝わってきます。

浦幌神社はどのような神社ですか?

乳神神社

宮司

明治29年に北海道十勝の浦幌町を開拓された方々が、伊勢の神宮より天照皇大神宮の神璽を受けて、おまつりされたのがはじまりです。

現在は浦幌町を一望できる木々に囲まれた小高い丘の上に鎮座しています。また、浦幌町の森林公園とも繋がっているため森林浴ができる自然豊かな神社です。

境内には、全国的にもめずらしい「おっぱいの神様」をおまつりしている乳神神社があり、子宝、安産、縁結びのご利益を求めて全国各地からお参りに来られております

浦幌神社おっぱいの神様

何年もの間、子宝に恵まれなかったご夫婦が子宝に恵まれたり、双子や三つ子を授かった方もたくさんおられます。

インタビュアー

全国から参拝者がいらっしゃるなんてスゴイ!。縁結びだけでなく、お子さんを望む方々にも支持されている神社なんですね。

結婚式以外で浦幌神社を訪れた場合の見どころはありますか?

浦幌神社のバイク祈願

宮司

子宝、安産のご利益がある「おっぱいの神様」をおまつりしておりますので、近い将来、子宝に恵まれたいと願う新郎新婦はぜひお参りください。

北海道といえばバイクのツーリングが有名ですが、当社は国道38号線沿いにあることから、「鐡馬御守」(てつうまおまもり)というバイクの交通安全を祈願した御守をご用意しております。

毎年5月から9月にかけて、約2,000名以上のライダーが全国各地から参拝に訪れます。

インタビュアー

北海道は豊かな自然に加え道路が広いこともあり、ツーリングを楽しむには絶好の土地ですよね。ライダーにとっては、とてもありがたい御守だと思います。

子宝や安産のみならず、参拝された方々によいご利益を授けていただけそうですね。

結婚が決まった、結婚を考えているカップルへメッセージ

浦幌神社宮司 背古宗敬さん

宮司

結婚は、新郎新婦の特別な「縁」があって成り立ちます。その「縁」にたどり着くまでには、ご両親をはじめ、ご親族ご友人などのたくさんの支えがあったことと思います。

この「縁」を支えてくれた方々への感謝の想いをこれからも大切にしてください。

「縁」を大切にしますと、「縁」が「円」(和)として広がり、「円」が満ちると円満な家庭となります。

これからもお互いに愛情「伝え上手」なご夫婦でありますように。そして、愛情「感じ上手」なご夫婦でありますようにお祈り申し上げます。

インタビュアー

本日はお忙しい中、貴重なお話を伺うことができました。ありがとうございました。

浦幌神社の基本情報

住所 〒089-5612
北海道十勝郡浦幌町字東山町18番地の1
電話番号 015-576-2448
FAX 015-578‐7071 
公式 https://www.urahorojinja.org/

公式アカウントをフォロー

マッチングアプリ大学公式ツイッターマッチングアプリ大学公式フェイスブック