つべつ木材工芸館キノスで木の温もりを感じるのんびりデート|北海道津別町の博物館|縁結び大学

この記事でご紹介するのは、北海道網走郡津別町の地域博物館「つべつ木材工芸館キノス」を訪ねて、木の温もりを体感したり、木工を体験したりしながら、木材の生産に支えられてきた郷土の魅力を再発見するデートプランです。

地元の木材で作られたバラエティに富む遊具も室内に整備されているので、子供さん連れのカップルにもぴったりのスポットだと思います。入館料が無料というのも、嬉しいポイントですね。

今回は、つべつ木材工芸館キノスの特徴やデートでの楽しみ方などについて、津別町産業振興課商工観光係の主事で、同館を担当されている稲部(いなべ)さんにお話を伺いました。 

つべつ木材工芸館キノスの展示は木の温もりがいっぱい

「つべつ木材工芸館キノス」の正面外観
▲「つべつ木材工芸館キノス」の外観は、木の温もりを感じる洗練されたデザイン。スウェーデンやフィンランドあたりで見かけそう。

「つべつ木材工芸館キノス」は、木材の年間生産量が国内トップクラスという、北海道・津別町に建つ木の温もりにあふれた地域博物館。北欧で見かけそうな、ウッディで洗練されたデザインの外観にも目を奪われます。

ここからは、つべつ木材工芸館キノスについて、具体的に見ていきましょう。

2019年リニューアルオープン!大人も子供も楽しめる博物館に

編集部

三角形の外観が特徴的な建物で、館内も木の温もりにあふれた空間作りをされていますね。今回初めて「つべつ木材工芸館キノス」にお邪魔したのに、何だかホッとしてくつろげる感覚です。

最初に、つべつ木材工芸館キノスのコンセプトやロケーションについて、おおよそのところをご紹介お願いします。

稲部さん

当館は、津別町の特産である木をテーマにする博物館であり、2019年にリニューアルオープンしました。開放感いっぱいの吹き抜け空間には巨木が並び、津別産の木材をふんだんに使った大型遊具なども館内に設置されています。

「つべつ木材工芸館キノス」1階の遊具広場の様子(その1)
▲1階の遊具広場の様子。木の温もりにあふれる居心地の良い空間。こちらは子供向け

地元で産出する木と触れ合い、木から学ぶことで、子供さんたちの豊かな心を育むことを狙いとしている施設です。

ほかにも、津別町の産業や歴史を紹介する展示パネルや、地元のウッドクラフトの販売コーナー、屋外には水遊びができる噴水広場もありまして、もちろん大人のカップルも楽しめます。

「つべつ木材工芸館キノス」1階に設置された津別町の産業・歴史を紹介するパネル
▲1階に設置された津別町の産業・歴史を紹介するパネル。こちらが大人向け。ウッディな空間が落ち着く

また、当館は、豊かな自然に囲まれており、広大な「津別21世紀の森」に隣接したロケーションです。森には、マスなどが釣れる津別川が流れ、キャンプ場も整備されていますよ。子供さん連れのカップルのデートにも、使いやすいロケーションではないでしょうか。

>>津別町役場「21世紀の森キャンプ場」(公式サイト)

大人向けの見どころも!木の温もりたっぷりの遊具広場

編集部

次に、つべつ木材工芸館キノスのメインコーナーについて、お話しいただけますか?

稲部さん

2019年4月のリニューアルオープン時に、新たに館内に「遊具広場」を設けました。木製の吊り橋と滑り台を組み合わせた大型遊具を設置したほか、木の玉が転がる玩具や、クライミングウォールも導入していますよ(遊具広場の対象年齢:0歳~小学校6年生)

身体をたくさん使って楽しめる遊具がメインとなり、子供さんをお連れのカップルにはおすすめできます。津別町は寒冷地なので、冬季には屋内の公園のような感覚で使うことが可能ですよ。

「つべつ木材工芸館キノス」1階の遊具広場の様子(その2)
▲1階の遊具広場の様子。木製の吊り橋と滑り台を組み合わせた大型遊具や、クライミングウォールが見える

小さな子供さん連れのカップルならば、子供さんを遊具広場で遊ばせながら、お二人でいろいろとお話をしたり、作り込まれたウッドクラフトを見て回ったりなど、落ち着いてできるのではないでしょうか。

※現在の社会情勢を考慮し、暫定措置として、一部遊具の撤去や2階スペースの閉鎖を行っている(2022年11月時点)。

編集部

館内で、稲部さんが特にお好きなコーナーなどがありましたら、ぜひ教えてください。

稲部さん

私のお気に入りは、津別町産の木材で造られたクライミングウォールですね。もちろん私自身は使えませんが、子供さんたちが頑張って登っている場面を見かけるたびに、つい心の中で「がんばれ!」と声援を送ってしまいます。

豊かな木の温もりを体感!つべつ木材工芸館キノスの魅力

「つべつ木材工芸館キノス」の「ウッドクラフト販売コーナー」で取り扱われる木製の玩具

編集部

稲部さんが思われる、「つべつ木材工芸館キノス」の一番の魅力とは、どこにあるのでしょうか?

稲部さん

建物にも、展示物にも、地元・津別町産の木材をふんだんに使っているところが、何と言っても最大の魅力だと感じます。木の温もり、心安らぐ空間を存分に体感してみてください。

私どもの津別町は、総面積のうち何と86%を森林が占めているんですよ。「愛林のまちつべつ」をキャッチフレーズに、木と身近に触れあい、木の良さを体感し、木に学んでいただきたいと思っています。

編集部

来館する季節や時期によって、そのタイミングならではの楽しみ方などありましたら、ご案内いただけますか?

稲部さん

当館の周辺にも多くある桜の木は、北国なので、例年5月の上旬あたりに見頃を迎えるんですよ。ゴールデンウィークにもかかりますね。満開時はとても綺麗で、カップルで散策されるのもおすすめです。

桜と言えば、当館の裏の丘には「双子の桜」と呼ばれる有名なエゾヤマザクラの木があります。2本のエゾヤマザクラが静かに寄り添って、お互いを庇うように生えていることから、双子の桜と呼ばれるようになりました。

桜や芝桜の開花が重なる数日間のタイミングは、津別の春の絶景を満喫できますよ。

また、夏場でしたら、屋外の噴水広場での水遊びもOKです。夏休み時期の子供さんたちは、よく裸足になって水遊びをしたり、館内の遊具広場で遊んだりと、元気に楽しんでいますね。

ちなみに、噴水広場のご利用は、毎年5月下旬~9月下旬で、天候の良い日限定です。

多彩なデートの楽しみ方!木工製品探しや木工体験も

「つべつ木材工芸館キノス」2階の遊具広場の様子
▲こちらは、2階の遊具広場の様子。地元産の木工品にあふれた、居心地が良さそうな空間

ここまで、「つべつ木材工芸館キノス」の特徴や見どころなど、観光で訪れた際の魅力を中心に伺ってきました。ここからは、デートの一環で立ち寄る場合にフォーカスして、お話を聞いてみましょう。

木工未経験でもOK!ワークショップでのダブルデートも楽しめる

編集部

つべつ木材工芸館キノスでは、デート中のカップルが楽しめるワークショップ(体験教室)なども開催されていますでしょうか?

稲部さん

当館には、木工体験工房が隣接しております。簡単な素材を用いて、木と触れ合いながら、どなたでも木工の楽しさを体験可能です(材料費別途)。オリジナルの木工クラフトを制作いただけます。

教え上手なインストラクターが指導してくれますので、木工未経験のカップルでも、まったく心配は要りませんよ。

なお、ご参加希望の場合は、要事前予約で(電話:0152-76-3335)、売店でのキットの購入が必須となります。3名さま以上での参加限定ですから、カップル2組で、ダブルデートを楽しみながらの木工体験もおすすめですね。

もちろん、子供さんを連れてデート中のカップルが1組で参加されるのも、お互いのコミュニケーションがとりやすくなるいい機会だと思います。

普段使いできる製品が嬉しい!ミュージアムショップでお土産探し

編集部

館内にミュージアムショップがありますが、カップルがデートの記念に購入できそうな、人気のお土産を教えていただけますか?

稲部さん

ウッドクラフトの販売コーナーですね。基本的に、津別町産の木製品を扱っています。シンプルなデザインで、日常使いできるカード立てや、カトラリー類が人気のお土産ですよ。

「つべつ木材工芸館キノス」の「ウッドクラフト販売コーナー」で取り扱われるカトラリー類
▲「ウッドクラフト販売コーナー」では、実用的なカトラリー類が人気。素材の木も、カエデ材やサクラ材などバラエティに富む

木の温かみを感じられて、好き嫌いが別れないデザインのアイテムが多いので、カップルのデート記念以外でも、ちょっしたプレゼントにも使いやすいと思います。

つべつ木材工芸館キノス周辺のデートスポット

編集部

つべつ木材工芸館キノスを訪れる前後に立ち寄れる、おすすめのデートスポットが周囲にありましたら、ぜひご紹介をお願いします。ランチをいただけるスポットがあると嬉しいですね。

稲部さん

当館のすぐ横には、「Café&Deli Luka(カフェアンドデリ ルカ)」があります。ワンプレートランチやソフトクリーム、季節の生ジュースなどを美味しくいただけるお店です。

>>Café&Deli Luka(公式Facebook)

気の利いた雑貨を扱っていたり、地元・津別町産のお米を量り売りで購入できたりもしますよ。当館をお楽しみいただく前後に、気軽に立ち寄ってみてくださいね。

何よりウッディな温かみのある内装で、お洒落なロッジのような雰囲気のカフェですから、ドライブデート中のカップルが、ゆったりと一休みするスポットとしても向いていると思います。

つべつ木材工芸館キノスからのメッセージ

津別町産業振興課商工観光係で「つべつ木材工芸館キノス」をご担当の稲部主事▲今回お話を聞かせていただいた稲部さん

編集部

これから「つべつ木材工芸館キノス」を訪れるカップルへのメッセージや、今回のインタビュー取材で伝えきれなかった想いなどがあれば、ぜひお話しください。

稲部さん

小さい子供さんをお連れのカップルはもちろん、津別の木工クラフトを購入できる販売コーナーや、地元の産業・歴史を紹介する展示パネルもありますから、大人のカップルお二人でもお楽しみいただけると思います。

ドライブデートの途中にでも、気軽に立ち寄ってみてくださいね。いい休憩スポットにもなりますよ。

編集部

スウェーデンやフィンランドなど北欧の国で見かけそうな、ウッディで、洗練された外観がとても印象に残る博物館でした。メインの展示だけに注目すると、小学生までの子供さんを連れたカップル向けかなとも感じます。

それでも、地元産の木材で丁寧に作られたウッドクラフトの販売コーナーや、隣接のお洒落なロッジのようなカフェを眺めれば、大人カップルだけのデートでも立ち寄りたくなるスポットですね。

稲部さん、本日はお忙しい合間にお時間を作っていただき、どうもありがとうございました。

つべつ木材工芸館キノスの口コミ・感想をチェック!

「つべつ木材工芸館キノス」の「ウッドクラフト販売コーナー」で取り扱われるカード立て
▲「ウッドクラフト販売コーナー」では、シンプルなカード立てもよく出るそう。ちょっとした贈り物にも!

ここまで、「つべつ木材工芸館キノス」について、さまざまな魅力を伺ってきました。デートの参考になるよう、実際に訪れた皆さんの口コミ・感想についてもチェックしてみましょう。

アイコン
実用性に優れる木工製品をリーズナブルな価格で入手できます。子供も楽しかったようで、また来たがっていました。
アイコン
木の良さが分かる場所。リニューアルしてから、家族連れが楽しめるようになった。
アイコン
技術力の高さを感じる、作りの良いウッドクラフトが揃います。木工体験は、参加した価値が十分ありました。

全般的に満足度が高い地域博物館でした。センスが良く、質の高いウッドクラフト製品を入手可能なことや、館内で子供さんを心置きなく遊ばせることができることに、とりわけ高評価が集まっている印象です。

子供さんが一緒のカップルは元より、木の温もりや木工製品が好きな大人二人でも、寄り道して立ち寄ってみたくなるスポットだと感じました。

つべつ木材工芸館キノスの料金・予約・混雑しない日時

入館料 無料
※木工体験(ワークショップ)参加の場合は、材料費別途。
予約 原則不要
※木工体験(ワークショップ)のみ、要事前予約(電話:0152-76-3335)
混雑しない日時 平日であれば、どの時間帯も比較的空いている

※金額はすべて税込表示です。

つべつ木材工芸館キノスの基本情報(アクセス・営業時間)

住所 〒092-0225
北海道網走郡津別町共和127番地2
電話 0152−76−3335
アクセス 【車】
・JR石北本線の美幌駅から車で約22分
※国道240号線経由
・JR石北本線の北見駅から車で約33分
※道道217号線経由
・女満別空港から車で約30分
※国道240号線経由
駐車場 無料駐車場あり
※普通車20台分
開館時間 9:00~17:00
※遊具広場(0歳~小学校6年生までが対象)の使用可能時間は、12:00~16:00
※社会情勢等を考慮して、変更される可能性あり
休館日 ・毎週火曜日
※祝日に当たる場合は開館し、翌日を休館日とする
・年末年始
公式サイト https://www.town.tsubetsu.hokkaido.jp/soshikikarasagasu/sangyoshinko/5/818.html

※最新の情報は公式サイト等でご確認をお願いいたします。
※記事中の金額はすべて税込表示です。