【千葉県】「道の駅ちくら潮風王国」で南房総の鮮魚&海辺の絶景を楽しみ尽くすデートプラン

今回ご紹介するのは千葉県にある「道の駅ちくら潮風王国」をメインに、南房総のグルメと景色を楽しむデートプランです。

道の駅というとお土産を買ったり、運転の休憩がてらにちょこっと立ち寄ったりするだけの場所というイメージをお持ちの方も多いかもしれませんが、この道の駅ちくら潮風王国はデートのメインスポットとしても楽しめるような見どころがたくさんあります。

特産品のショッピングだけでなく、その日に近くの港で水揚げされたばかりの新鮮な魚介をお腹いっぱいいただけます。さらにそのあとは広大な芝生で海風を感じながらお散歩も楽しめるので、おいしいものを食べるのが好きなカップルや、海・自然に癒されたいカップルは必見です。

こんなカップルにおすすめ!
おすすめ年代:30~50代
おすすめカップル:食べことが好きなカップル、海が好きなカップル
どんなデート?:グルメ、ドライブ、景色、自然
目安時間:半日
目安予算:1人3,000~5,000円

道の駅ちくら潮風王国からスタートするグルメ&絶景満喫デートプラン

今回のデートは、道の駅ちくら潮風王国をメインスポットとして食事やショッピングを楽しみ、近くの神社で料理の神様を参拝したあと、灯台にのぼって夕暮れの絶景で1日を締めくくるというコースです。南房総の食と景色を満喫できる、そんな贅沢なデートプランを考えました。

11:00〜12:30 道の駅ちくら・潮風王国でショッピング
12:30〜14:00 道の駅内のレストランでランチ
14:00〜14:50 屋外公園で食後のお散歩
15:00〜15:30 高家神社を参拝
16:00〜 野島崎灯台で夕日を見る

※空いている時間は移動時間です

道の駅ちくら潮風王国は、ショップやレストランのほかに屋外公園があり、海風や波の音を感じながらまったりとした時間を過ごすことができます。海や芝生、花畑など豊かな自然を背景に写真撮影を楽しむのもいいでしょう。

そのあとは車で10分ほど走ったところにある高家神社へ。「料理の神様」が祭られたユニークな神社を参拝すれば、料理の腕前が上がるような気がしてきます。料理人の彼氏や料理好きの彼女にはぴったりのデートスポットですよね!

そして1日の最後は、サンセットがきれいに見える野島崎灯台にぜひ行ってみてください。ふたりでベンチに腰掛けながら太陽が沈んでゆくのをゆっくり眺めれば、ロマンチックな雰囲気を味わうことができますよ。新鮮な海の幸を楽しみたいカップルや、きれいな景色に感動したいカップルにおすすめのデートプランです。それではまずは道の駅ちくら潮風王国を詳しくご紹介します。

新鮮な海の幸&広大な自然を満喫できる「道の駅ちくら潮風王国」

道の駅ちくら潮風王国と漁船「第一千倉丸」の写真

道の駅ちくら潮風王国は、房総半島南端近くに位置する南房総市千倉にある道の駅です。都心から車で2~3時間程のこの町は昔から漁業が盛んな港町で、今でも新鮮な海産物が毎日水揚げされています。

そんな千倉の海産物を満喫できるのが、この潮風王国です。施設内には、地元の港で採れたばかりの新鮮な魚介や、干物などの加工品を中心に販売するショップと、カフェ・レストランが併設。他ではなかなか手に入らない珍しいお土産を購入できたり、鮮度抜群の贅沢な海の幸をお腹いっぱい食べることができます。

さらに周辺を取り巻く自然の美しさも魅力的です。海岸線沿いに立地しているので、広大な太平洋から吹く海風の心地さを感じられます。そして施設の横には約2000坪もの広大な芝生が広がっており、芝の緑と空や海の青との美しいコントラストに心を奪われることでしょう。

グルメと自然の両方を満喫できる魅力あふれる道の駅ちくら潮風王国は、ドライブの途中にショッピングをしに立ち寄るだけでなく、デートのメインスポットとしてももってこいです。

今回はそんな道の駅ちくら潮風王国のさらなる魅力を、支配人の宇畑延輝(うばたのぶてる)さんに伺いました。

当日水揚げされた鮮魚から、特産品を使ったスイーツまで揃う!

編集部

さまざまなことが楽しめて魅力満載の施設という印象を受けますが、あらめて道の駅ちくら潮風王国とはどんな施設なのか教えてください。

支配人:宇畑さん

潮風王国は平成9年7月に旧千倉町の観光を担う中核施設として誕生し、平成14年8月に改めて「道の駅ちくら・潮風王国」として登録されました。海・花・くつろぎをコンセプトに、地元の特産品やロケーションを生かし、ほかの道の駅では味わえない魅力を提供しています。

編集部

道の駅というと、少し買い物をしておしまいというイメージがありましたが、この潮風王国はまるで複合商業施設のようですね。食事や軽食を楽しんだり、晩御飯のおかずを探したり、海を見ながらひなたぼっこをしたり、いろいろな楽しみ方ができそうです。

ちなみに地元の特産品などが買えるとのことですが、具体的にはどんなものを販売しているのでしょうか。

支配人:宇畑さん

その日に水揚げされた鮮魚のほか、地元の特産品であるアワビ・さざえ・伊勢エビ、干物やクジラ商品などを幅広く取りそろえております。

お土産品コーナーでは地元特産の枇杷や落花生を使ったお菓子やゼリーなども人気です。また、地元千倉出身のイラストレーターの作品を中心にしたアンテナショップなどもあり、いろいろな面でお楽しみいただけます。

道の駅ちくら潮風王国の館内案内図
▲館内案内図

編集部

全部で8つものショップが入っていて見ごたえがありそうです。魚介だけでなく、スイーツや小物も販売されているのですね。甘いものやショッピングが好きな女性にとっても楽しい時間が過ごせそうだなと感じます。

数ある商品の中から、宇畑さんがデートで訪れたカップルに特におすすめしたいものがあれば教えてください。

支配人:宇畑さん

アンテナショップ「海猫堂」で販売しているオリジナルTシャツはいかがでしょうか。千倉出身のイラストレーター山口マオさんが手掛けたもので、マオネコという人気キャラクターをあしらった他では手に入らない商品です。色違いやちょっとデザインが違ったものなど、ペアでそろえて楽しんでいただければと思います。

マオネコが描かれたオリジナルTシャツの写真
▲個性的な猫のキャラクター「マオネコ」があしらわれたTシャツはここでしか手に入りません。

編集部

一度見たら忘れないような、印象的なキャラクターですね。他の人と被りにくいので、2人だけのペアルックを楽しめますし、周りの友人や家族も興味を持ってくれそうです。Tシャツについて聞かれるたびに「これはね…」と、潮風王国でのデートが思い出せそうで素敵ですね。

売れ筋ベスト3は、鮮魚・クジラのたれ・さざえ釜飯!

編集部

ショップで販売している商品の中で、特に人気のあるものはなんですか。

支配人:宇畑さん

ショップでの売れ筋ベスト3は、こんな感じです。

  • 鮮魚
  • クジラのたれ
  • さざえ釜飯

店頭に並ぶ魚の種類はその日の水揚げ状況によって変わりますが、港で水揚げされてすぐ入札されたものが並びますので、鮮度と値段には自信があります。

つづいて人気のクジラのたれは、古くから伝わる地元の伝統料理です。クジラ肉を特製の醤油たれに漬けて干したもので、酒の肴にぴったりです。一度はまると、時々無性に食べたくなるというリピーターの方も多いです。

さざえ釜飯は地元特産のさざえを使用した磯の風味豊かな釜飯のもとで、お土産品の中では人気の商品です。

さざえ釜めしのパッケージの写真
▲さざえ釜飯のパッケージの写真

編集部

やはり海産物が人気なのですね。南房総は黒潮が流れ込むためさまざまな種類の魚介が捕れると伺いました。都心から日帰りで行ける距離なのに、新鮮な海産物が豊富に手に入るのはとても魅力的だと感じました。

クジラ肉は、栄養が高くお酒にも合う食材ですが、なかなか近所のスーパーでは置いてないですよね。干してあって食べやすいので、帰りの車の中で早速つまみたくなりそうです。

鮮度とボリュームが魅力のレストラン

編集部

レストランやカフェではどのようなメニューを取り扱っているのでしょうか。

支配人:宇畑さん

新鮮な魚貝類を使った海鮮丼や地魚のお鮨などの海鮮料理、アジフライやクジラ竜田揚げなどの定食、カレーなどがあります。

海鮮丼の写真
▲海鮮丼

アジフライ定食の写真
▲アジフライ定食

テイクアウトとしては、クジラの串カツやコロッケ、アジフライ、イカメンチなどのほか、季節のフルーツのソフトクリームもお楽しみいただけます。

ソフトクリームの写真
▲ソフトクリーム

編集部

食事メニューから軽食まで幅広く取り扱っているのですね。ランチやディナーの食事をメインに遊ぶに行くのもいいですし、ドライブの合間にデザートを買いに立ち寄るのもいいですね。

ちなみに、一番人気のあるメニューはなんでしょうか。

支配人:宇畑さん

「市場食堂せん政水産」で提供している「てっぱつアジフライ」です。てっぱつとは地元の方言で大きいという意味ですが、通常のアジフライの2倍近くの大きさがあり、定食のほか単品のテイクアウトとしてもお召し上がりいただけます。リピーターの多い人気のメニューです。

また、デートでお越しなら、レストラン「はな房」の王様丼もおすすめです。1匹まるごと入った伊勢エビのほか、新鮮な魚貝類を10種以上のせた人気の海鮮丼は、見た目もインパクトがありますしボリュームたっぷりですので、2人でシェアして召し上がっていただいても満足いただけると思います。

レストラン「はな房」の王様丼の写真
▲はな房の王様丼(税込6,380円)

編集部

頭付きの伊勢エビと、豪華な金の食器でインパクトがあります。運ばれてきたときに、思わず2人で「おお~!」と声が漏れてしまいそうです。そのあとは写真に納めること間違いなしですね。

1日10食の限定メニューで、当日であれば予約もできるとのことなので、事前に予約してから伺いたいと思います。

アクティビティ&イベントで楽しさ倍増

編集部

ショッピングや食事以外にも、なにか楽しめることはありますか。

支配人:宇畑さん

潮風王国では、南房総市観光協会が運営している「BOSOカート」をお楽しみいただけます。普通免許をお持ちの方なら公道を走行できますので、カップルで楽しまれる方も多いです。

BOSOカートの広告
▲BOSOカートに乗って、南房総の風を感じながらドライブができます

※運営日は、基本的には毎週金曜日~月曜日の4日間で雨天・荒天の場合は中止
※料金やコース、予約等のお問い合わせは、南房総市観光協会(0470-28-5307)へ

そのほかにも、時期によってはイベントを開催しています。毎年GW期間中に開催しているアートフリーマーケットが特に人気でして、普通のフリーマーケットと違い、雑貨やアート・お惣菜など手作りのものに特化しています。

さらに大道芸などのパフォーマンスなども行われます。ここ2年は政府からの自粛要請などもあり中止や規模を縮小しての開催となりましたが*、毎年楽しみにされている方が多いイベントです。
*2021年10月時点

編集部

BOSOカートは、オープンカーのように屋根がないつくりなのですね。風を感じながら走ることができるので、自家用車でのドライブとはひと味違った気持ちよさを体験できそうです。先導車がついてくださるとのことで、運転に自信がない方やこの辺りに土地勘のないカップルでも心配いりませんね。

イベントを開催している時期なら、食事・ショッピング・屋外公園も合わせると、潮風王国だけでデートが終わってしまいそうですね。

連休や土日に合わせて多様なイベントを開催

道の駅ちくら潮風王国で過去に開催されたイベントをご紹介します。

  • 土曜朝市
  • 秋の収穫祭
  • 日光猿軍団の猿回し公園
  • 新春イベント(お菓子・餅投げ、甘酒サービスなど)

朝市や収穫祭では、その時期ならではの海産物や特産品をお値打ち価格で楽しめるイベントです。また、普段は日光でしか観劇できない猿軍団を南房総で見られるのもうれしいですね。

日光猿軍団の公演の様子
▲2020年9月に行われた日光猿軍団の猿回し公演

デートで訪れる際は、イベントの開催に合わせて足を運んでみるのもおすすめです。イベント情報については公式ホームページの新着情報のページで確認ができるので、ぜひチェックしてみてください。

写真映えするスポット多数でSNS映え間違いなし

編集部

デートで訪れるカップルの中には、写真撮影を楽しみにしている方も多くいらっしゃいます。潮風王国では、素敵な写真が撮れそうなスポットはありますか。

支配人:宇畑さん

特におすすめの撮影スポットはこの3つです。

  • 千田の花畑
  • 芝生広場
  • 海岸プロムナード

1月~3月は花のシーズンで、千田の花畑にはきれいな花々が咲きます。それをバックにカップルで写真を撮ったり、花摘みを楽しんだりできます。インスタ映えして、カップルにもおすすめです。

道の駅ちくら潮風王国の周辺に割く花々
▲南房総は海流の影響から春が早く、1月から花が楽しめます。

芝生広場でも素敵な写真が撮れます。

道の駅ちくら潮風王国の芝生広場
▲芝生広場にはベンチもあるので、腰掛けて海を眺めるのもいいですね。

特に漁船「第一千倉丸」のモニュメントは、絶好の撮影スポットです。船をバックに撮影するのはいかがでしょうか?また上部が展望デッキになっており太平洋が一望できますので、そこでも素敵な写真が撮れると思いますよ。

芝生広場の横に停泊している第一千倉丸
▲漁船のモニュメント「第一千倉丸」

第一千倉丸から見える景色
▲漁船のモニュメント「第一千倉丸」は、のぼると海や山々の景色が楽しめます。

さらに潮風王国から徒歩3分のところにある、アートな海の散歩道(海岸プロムナード)も写真撮影にぴったりです。防波堤にいろいろなアーティストが描いた壁画が約700mにわたって続いています。どれも個性的で楽しい絵なので、きっとお気に入りの1枚が見つかると思います。ぜひそれをバックに写真撮影をお楽しみください。

アートな海の散歩道
▲防波堤に描かれたアートは車窓からも楽しめます。

編集部

年始から花が咲き始めるということは、それだけ温かくなるのが早いということですね。1~2月は、首都圏ではまだまだ寒さが厳しい時期でなかなか出かける足が重たくなってしまいがちですが、千倉はそんな時期にこそ行ってみたいエリアだなと感じました。

また展望台を兼ねた漁船は、海辺の景色が楽しめるのも素敵ですし、漁船に乗れるというワクワク感を感じられるのもいいですね。潮風王国を訪れる際には、絶対にのぼってみたいです。

道の駅ちくら潮風王国を実際に利用した人の感想

編集部

実際に訪れたお客様からは、どのような感想をいただくことが多いでしょうか。

支配人:宇畑さん

「魚が新鮮で安い」「レストランの海鮮料理がおいしかった」「海が目の前で開放感があって気持ちいい」などの感想をよく耳にいたします。

編集部

やはり、魚の評判がいいのですね。またグルメだけでなく、海や芝生といった自然を楽しむことができるのも魅力的ですよね。

ネット上の口コミでも海の幸とロケーションが好評

編集部で、ネット上に上がっている口コミも調査しました。SNSやGoogleでの口コミを要約してまとめたので、ぜひ参考にしてください。

アイコン
海鮮丼は、おいしいうえにボリュームもあって大満足です
アイコン
店内の生け簀にエビや魚が泳いでいて、新鮮な印象!
アイコン
太平洋が一望できる最高のロケーションで開放感が感じられます。
アイコン
芝生広場の船・第一千倉丸にのぼって写真が撮れるのが楽しい。

道の駅ちくら潮風王国の支払人・宇畑さんからのメッセージ

編集部

これからデートで訪れるカップルやご夫婦へのメッセージをお願いします。

支配人:宇畑さん

ちくら・潮風王国は、新鮮な魚貝類を中心にした南房総の特産品や海の幸を満喫できる道の駅です。目の前に広がった海や広大な芝生広場、早春の路地花畑などロケーションも大きな魅力で、買い物やグルメはもちろん、ゆったりとした時間をお過ごしいただけますよ。近くに来られた際はぜひお立ち寄りください。

編集部

本日はたくさんのお話を聞かせていただき、ありがとうございました。

道の駅ちくら潮風王国の基本情報

公式サイト http://www.shiokaze-oukoku.jp/
住所 〒295-0025
千葉県南房総市千倉町千田1051
アクセス 【車】
・館山経由
館山富津自動車道→富浦I.C.→千倉
・山間ルート
君津IC→国道410号→千倉
【高速バス】
・JR東京駅八重洲南口発「房総なのはな号」乗車、「潮風王国」停留所下車
・JR千葉駅発「南総里見号」乗車、「潮風王国」停留所下車
運賃/所要時間
・「房総なのはな号」:¥2,700/約2時間50分(片道)
・「南総里見号」:¥1,850/約2時間5分(片道)
【電車】
・JR東京駅「総武線快速 千葉行き」(約44分)→JR千葉駅「内房線 館山行き」(約1時間40分)→JR館山駅「内房線 安房鴨川行き」(約12分)→JR千倉駅
・JR東京駅「京葉線快速 蘇我行き」(約42分)→JR蘇我駅「内房線 館山行き」(約1時間33分)→JR館山駅「内房線 安房鴨川行き」(約12分)→JR千倉駅
・JR東京駅「外房線 特急わかしお号 安房鴨川行き」(約2時間)→JR安房鴨川駅「内房線 館山行き」(約30分)→JR千倉駅
【フェリー】
・久里浜→東京湾フェリー(約40分)→金谷港→富津館山道路→R127→館山→R128→千倉
※運行時間・所要時間・料金は、状況により異なります。あらかじめご了承ください。
営業時間 9:00〜17:00
定休日 水曜日
駐車場 大型10台、普通車170台
飲食施設 ・千倉の海の幸:2店舗
・レストラン&カフェ:4店舗
・雑貨&お土産:2店舗
車中泊

※最新の情報はホームページ等でご確認をお願いいたします。
※記事中の金額はすべて税込表示です

道の駅ちくら潮風王国を楽しんだあとに行きたいおすすめスポット

道の駅ちくら潮風王国は、ショッピング・食事・お茶・散歩・写真撮影など、さまざまな楽しみ方ができるので、まったりと半日ほど楽しむことも可能です。

でもせっかく南房総まで来たなら、近隣のデートスポットへも足を運びたいですよね。今回は近隣エリアに詳しい、宇畑さんに教えていただいたおすすめスポットをご紹介します。

宇畑さんからのコメント

潮風王国から車で15分ほど走ったところにある「野島崎灯台」は、近くの海岸に朝日と夕日両方を見ることのできる白いベンチが設置してあり、カップルに人気です。
また潮風王国から車で10分ほどのところにある「高家(たかべ)神社」は、日本で唯一の料理の神様を祀る神社で、全国の料理人や味噌・醤油を醸造する業者などからも崇拝されています。お参りすれば料理の腕が上がるかもしれませんよ。

おすすめのデートスポット

絶景とともにロマンチックな時間を過ごせる「野島崎灯台」

野島崎灯台と海の写真
出典:公益社団法人燈光会

房総半島の端にそびえたつ野島崎灯台は、南房総の最南端に位置する日本にある洋式灯台のなかでは2番目に古い灯台です。今から150年以上も前の明治2年より点灯しており、以来数多くの船舶を房総半島へ導いてきました。日本国内に16か所しかない「のぼれる灯台」の1つで、灯台の上からは、黒潮の流れ込む藍色がきれいな太平洋と、房総半島の海岸線を眺めることができます。

宇畑さんのおっしゃるとおり近くのベンチも人気のデートスポットで、腰掛けてサンセットを眺めたり、写真撮影をしたりするのにぴったりです。

道の駅ちくら潮風王国で食事を楽しんだ後は、こちらに足を運んでロマンチックな時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。

料金 300円
参観可能時間 【3~9月】
平日:9:00~16:30
土日祝日:8:30~17:00
【10~2月】
平日:9:00~16:00
土日祝日:8:30~16:00

公益社団法人燈光会:https://www.tokokai.org/tourlight/tourlight04/

「高家神社」を参拝して料理の腕前アップを祈願

高家神社の拝殿の外観

こちらの高家神社は日本で唯一、食の神様を祭っている神社です。5月・10月・11月の年3回、「包丁式」という独特な神事を行っており、それを目当てに訪れる飲食従事者も多くいます。

包丁式の様子
▲包丁と箸、まな板を用いて行う包丁式の様子

普段のデートで足を運ぶなら、ユニークな帆布品が見どころです。包丁を持った宮司のキーホルダーや特製の醤油など、ユニークなアイテムが購入できます。

包丁を持った宮司のキーホルダー

高家神社で販売されている限定醸造醤油

スクロールで高家神社で購入できるお土産を見られます→

飲食関係のお仕事をしている方は絶対に欠かせませんし、「彼の胃袋をつかみたい」「2人の家庭の味がおいしいものになりますように」と願っているカップルも必見でしょう。

御朱印も書いてもらえるので、集めている方もぜひ立ち寄ってみてください。

高家(たかべ)神社公式:https://takabejinja.com/
※高家神社に関する画像はすべて上記公式サイトから引用

まとめ:「道の駅ちくら潮風王国」デートでグルメと景色に癒されよう

今回ご紹介したのは、道の駅ちくら潮風王国で特産品のショッピングと新鮮な魚介ランチを楽しんだあと、料理の神様のいる高家神社にお参りし、灯台から見える絶景を楽しむデートプラン。

首都圏から日帰りで行けるにもかかわらず、都会では味わえないようなご当地グルメと非日常感のある美しい景色で、小旅行気分を味わえますよ。

南房総でのデートを検討しているカップルや、食と自然を満喫したいカップルはぜひ参考にしてみてください。

公式アカウントをフォロー

マッチングアプリ大学公式ツイッターマッチングアプリ大学公式フェイスブック