【長野県】根羽村の「茶臼山高原カエル館」でカエル&パワースポットを満喫するデート

今回は、長野県下伊那郡にある茶臼山高原両生類研究所(カエル館)を訪れ、茶臼山を登るデートプランをご紹介します。

茶臼山高原両生類研究所(カエル館)は、「ワン」と鳴くことで有名な「ネバタゴガエル」をはじめとした日本国内のカエルを展示している博物館です。パワースポットとしても知られており、来場者の中には実際に不思議な体験をしたという人も。

近くには茶臼山もあり、トレッキングデートを考えているカップルにもぴったりです。

カエルが好きなカップルや茶臼山高原の自然を楽しみたい方は、ぜひ今回ご紹介するデートプランを参考にしてみてください。

こんなカップルにおすすめ!
おすすめ年代:20~50代
おすすめカップル:カエル好き、自然が好き、パワースポットが好き
どんなデート?:カエルと触れ合う、自然を満喫
目安時間:4時間
目安予算:2人で800円(入場料のみ)

概要:カエルとパワースポット&自然を満喫するデートプラン

今回ご紹介する「茶臼山高原両生類研究所(カエル館)※以下:茶臼山高原カエル館」では、カエルに餌をあげたり一緒に写真を撮ったりすることができます。お弁当を持参することができるので、館内でランチタイムを過ごすのもおすすめです。また、「磁場スポット」と言われるパワースポットも要チェックですよ。

今回のデートのメイン
茶臼山高原カエル館
周辺のデートスポット
・茶臼山(ちゃうすやま)
・萩太郎山(はぎたろうやま)

茶臼山高原カエル館の近くには、茶臼山・萩太郎山があります。体力に自信のある人であれば、茶臼山を登るのもおすすめ。コースによっては、往復1~2時間でトレッキングを楽しむことができます。自然を満喫したいカップルは茶臼山を登るプランを立てても良いでしょう。

萩太郎山は茶臼山の南側に位置しており、南アルプスを望む絶景でも有名です。茶臼山スキー場にあるリフトを利用すれば、すぐに山頂に行くことができます。また、5月上旬~6月上旬には芝桜を見ることもできますよ。使用済みのリフト券を持って茶臼山高原カエル館に行くと、入館料が100円引きになるところも嬉しいポイントです。

では、メインの施設である茶臼山高原カエル館について解説します。

ワン!と鳴くカエルと出会える「茶臼山高原カエル館」

茶臼山高原カエル館で見られるネバタゴガエル

茶臼山高原カエル館は、飯田山本ICから約1時間、茶臼山高原スキー場から車で3分ほどのところにある博物館です。カエルをメインに展示しており、茶臼山高原(根羽村)で発見された新種のカエル「ネバタゴガエル」を間近で見ることができます。ネバタゴガエルは「ワン」と犬のような声で鳴くことでも有名です。

また、茶臼山高原カエル館は「パワースポット」としてもよく知られています。施設内にあるパワースポットにはベンチが設置され、ゆったりとくつろぐことも可能です。実際に来場した人からは「ピリピリした」「なんだかポカポカする」と身体的な変化を訴える人もいるそうですよ。

カエルグッズの品ぞろえも豊富なので、カエル好きのカップルであればお土産選びに悩んでしまうかもしれません。

今回は、茶臼山高原カエル館の館長である熊谷さんにも話を伺いました。

13種類のカエルを展示している私設博物館

茶臼山高原カエル館で飼育しているシュレーゲルアオガエル

編集部

茶臼山高原カエル館では、さまざまな種類のカエルと出会えると伺いました。展示内容について詳しく教えていただけますか?

熊谷さん

当館は茶臼山高原で見つかった「ワン」と鳴く新種のネバタゴガエルをはじめ南信州や奥三河等に生息する13種類の生きているカエルを展示している私設博物館です。

特に茶臼山高原(根羽村)で発見されて、第一発見地の根羽村の名前が和名にも学名にも命名された「ワン」と鳴くネバタゴガエル(学名:Rana neba)がいるのは特徴的だと思います。

茶臼山高原カエル館で飼育しているネバタゴガエル
▲ネバタゴガエルのオス(左)とメス(右)が並ぶ貴重な写真

カエルグッズはおよそ300点、長野県・愛知県・静岡県・岐阜県等の岩石や化石はおよそ100点、茶臼山高原に生息する動植物の写真はおよそ30点展示しています。

また、館内のあちこちで、平均2人に1人がピリピリもしくはポカポカと実感できるパワースポットも存在します。

茶臼山高原カエル館のパワースポットでくつろぐ来場者たち
▲パワースポットでは身体的な変化を感じる人も

編集部

ネバタゴガエルは2014年に正式に新種として認定されたそうですね。「ワン」と鳴くってどういうこと…?と思い、鳴き声が入っている動画を拝見しましたが、本当に犬の鳴き声そっくりでびっくりしました!小型犬に近い声ですよね。

展示スペースはこじんまりしていますが、カエル好きであればすごく楽しめる場所だと思います。日本に生息しているカエルばかりなので、「日本にはこんなカエルがいるんだ!」と驚かれる方もいるかもしれませんね。私個人としては、子どもの頃、池からとってきたオタマジャクシをカエルまで育てた経験があり、カエルを見てちょっと懐かしい気持ちになりました。

また、カエル館の中にあるパワースポットというのも謎めていて気になります。「磁気を感じる場所」として大変有名だそうですね。

熊谷さんが思う、施設や展示の魅力・見どころについても教えていただけますか?

熊谷さん

茶臼山高原で発見された「ワン」と鳴くネバタゴガエルが見られることと、ピリピリ・ポカポカ実感できるパワースポットがあることですね。また、突然変異による水色のアマガエル、年齢29歳のチョウセンスズガエル、年齢22歳のアフリカツメガエルも珍しいと思います。

水色のアマガエル

22歳のアフリカツメガエル

スクロールでカエルの写真が見られます→

編集部

水色のアマガエルのお写真を拝見しましたが、本当にキレイな水色ですね。とても神秘的です。また、29歳、22歳のカエルがいることにも驚きました!カエルって、とても長生きなんですね。訪れたカップルの中には自分たちよりもカエルの方が年上ということもありそうです。

来館者にはどんなことを学び、感じてほしいでしょうか。

熊谷さん

茶臼山高原は豊かな自然の宝庫です。展示物を通して、「カエル館に行けば、茶臼山の自然のことが色々わかるよ」という「茶臼山丸ごと博物館」の入り口的役割を果たしていきたいですね。また、来館者に茶臼山の自然に触れる楽しさを感じて欲しいと願っています。

茶臼山高原カエル館近くの「神秘な森」
▲茶臼山高原カエル館の周辺は神秘的なパワーに満ちた豊かな自然が広がっている

また、疑似科学と思われがちなパワースポットも、ピリピリ・ポカポカ実感できることや、体温上昇の客観的データも得られることを知っていただきたいと思っています。

編集部

茶臼山高原といえば、夏は芝桜、秋は紅葉と1年を通して美しい自然が楽しめる場所ですよね。茶臼山高原カエル館の周辺も緑がいっぱいで、散策するのにも良い場所だと思います。心身ともにリフレッシュできそうですね。

パワースポットについては、公式サイトに来場者について調査したレポートも掲載されていますよね。実際に身体的な変化を感じたという方も多く、私も体験してみたい気持ちになりました。カップルで訪れれば、「なんだかポカポカしてきた」「何か感じる?」など会話も弾みそうです。

アズマヒキガエルとの記念撮影にチャレンジしてみよう

編集部

施設で体験してほしいことをご紹介ください。

熊谷さん

当館でしか見ることのできない「ワン」と鳴くネバタゴガエルをぜひ見ていただきたいです。運が良ければ、ワンと鳴く場面に出会えるかもしれません。アズマヒキガエルは給餌体験のほか、手に取って一緒に記念撮影もできます。アズマヒキガエルとの記念撮影は勇気も必要ですが、良い思い出になると思いますよ。

茶臼山高原カエル館で出会えるアズマヒキガエル
▲日本国内に広く分布しているアズマヒキガエルに餌をあげることもできる

実感できるパワースポットは館外にも何ヵ所かありますが、茶臼山高原で一番のパワースポットは館内にありますので、ぜひ体感していただきたいと思います。

編集部

ネバタゴガエルの鳴き声はぜひ生で聞いてみたいです!また、アズマヒキガエルとの記念撮影は見るのは平気でも触るのが苦手な方には結構ハードルが高いかもしれませんね。ですが、こうやってカエルと間近に触れ合う機会というのは中々ありませんから、デートで訪れたらチャレンジしてみてほしいですね。

イベントやワークショップは何か実施されていますか?

熊谷さん

時間的に余裕のある皆さんで希望があれば、絵の具で石に絵などを描く「ストーンアート」の体験ができます。参加費用は300円です。

茶臼山高原カエル館で行っているストーンアート体験
▲美術センスが爆発?!ストーンアートをデートのお土産にするのもおすすめ

編集部

ストーンアートはカップルで絵付けして、完成品を交換するのも良いですね。世界に一つだけの、オリジナリティあふれるデートの記念品になりそうです。300円という手頃な値段も魅力的ですね。

ネバタゴガエルの鳴き声を聞くなら5月中旬がおすすめ

編集部

時期や季節、天気など来館の時期が違うことにより違う楽しみがあれば教えてください。

熊谷さん

「ワン」と鳴くネバタゴガエルが実際に鳴く場面を見たい皆さんは、5月の中旬のネバタゴガエルの繁殖期に来られると確率的には高いでしょう。またパワースポットは、方位磁針のほか磁力計を持って来て測定されますと、磁場の変動を目で確かめることができます。

方位磁針で磁場変動を確かめる茶臼山高原カエル館の来場者
▲方位磁針で磁場変動を確かめてみるのも面白い

編集部

5月中旬というと、ちょうど季節的にも暖かくなってくる頃ですね。冬眠時期を乗り越えた、元気の良いカエルたちに出会えそうです。

また、コンパスで磁場の動きを見るのも面白そうです!最近ではコンパスアプリも色々ありますから、あらかじめダウンロードしておくのも良いですね。

お弁当持参でゆったり過ごせる

編集部

カップルがゆっくり過ごせるおすすめの場所があればご紹介ください。

熊谷さん

「10分の滞在で温泉効果が得られる」と言われているパワースポットにはベンチがあります。来館者が空いている場合は、ご希望によりコーヒーの無料サービスもありますよ。

2階にはソファーもあり、長野県の郷土誌も多く備えてありますので、時間の許す限りゆっくり過ごすことができます。

編集部

パワースポットでゆったりくつろげるというのは、中々レアですね。コーヒーの無料サービスもありがたいです。

館内にショップやカフェ・レストランはありますか?

熊谷さん

レストランはありませんが、お弁当持参でゆっくり過ごしていただけます。販売品は少ないですが、当館特製のカエルコイン(1枚100円)は、競馬が当たった人や宝くじで100万円が当たった人が出たこともあり1番人気です。

茶臼山高原カエル館で販売しているカエルコイン
▲カエルコインで幸運を掴めるかも?!

編集部

飲食の持ち込みが自由なのは嬉しいです。手作りのお弁当などを持ってきて、カップルでいただくというのも良さそうですね。

また、カエルコインはデザインが可愛いなあと思っていたのですが、競馬や宝くじが当たったなど幸運エピソードがあるとは知りませんでした。これはお土産にもピッタリですね。お財布などに入れてお守りにするのも良さそうです♪

茶臼山高原カエル館を訪れた人の口コミ・感想

編集部

来館者さんからよく聞く感想を教えていただけますか?

熊谷さん

DVDも用意はしてありますが、実際にネバタゴガエルが「ワン」と鳴く場面に出会うことのできた皆さんは感激します。アズマヒキガエルの給餌体験では虫を食べるスピードの速さにびっくりされる方が多いですね。パワースポットでピリピリ・ポカポカ実感できた皆さんは、「パワースポットの認識が変わった」と不思議がっています。

編集部

茶臼山高原カエル館では、珍しいカエルに出会えたり、パワースポットでくつろげたりと特別な体験ができるので、素敵な思い出になったという来場者の方も多そうですね。

口コミでは「珍しいカエルと出会える!」「不思議な場所」といった声が多数

編集部でも独自に口コミを調査したところ、以下のような感想がありました。

アイコン
両生類好きにはたまらないスポットです。珍しいカエルにも出会えました♪
アイコン
ワンと鳴くカエルにんはびっくりしました。
アイコン
館長さんが気さくで親切。
アイコン
磁場を感じるスポット。ピリピリする感じがあって不思議でした。

パワースポットでの体験を語られている方が多い印象です。カップルで訪れて、実際どんな感じがするのか試してみるのもいいかもしれませんね。

茶臼山高原カエル館からのメッセージ

茶臼山高原カエル館の館長である熊谷さん

編集部

最後に、デートでの来館を検討しているカップルやご夫婦へのメッセージをお願いいたします。

熊谷さん

正式名称は茶臼山高原両生類研究所(通称カエル館)ですが、動植物をはじめ茶臼山の自然を幅広く学習できます。パワースポットは、これまでの常識が覆されるでしょう。愛知県のスキー場から2.5km、車で3分です。茶臼山の裏側にも足を延ばして欲しいですね。

編集部

茶臼山高原カエル館はネバタゴガエルをはじめ、色々なカエルと出会えるところが魅力的だと感じました。来館をきっかけにカエルはもちろん茶臼山の自然の虜になってしまう人もいそうですね。また、パワースポットもとても興味深かったです。デートで訪れれば、印象深い思い出になりそうです。

本日はお忙しい中、ありがとうございました。

茶臼山高原カエル館の基本情報

住所 〒395-0701
長野県下伊那郡根羽村茶臼山3370-1
アクセス ・名古屋から車で100分
・鳳来峡から60分
・飯田山本ICから60分
・茶臼山高原スキー場から3分
・休暇村茶臼山高原から徒歩25分
営業時間 2022年のカエル館の開館期間は、4月29日~11月3日
営業時間:10時~15時(土日は16時まで)
休館日 水曜日・木曜日(祝日及び8月を除く)
11月4日~4月28日(冬期休館)
駐車場 自家用車8台ほど
※100mほど離れた所に村営の無料大駐車場有
料金・予算 入場料大人400円
小・中学生300円
カップルの割合 2割ほど
空いている時間帯 月・火・金曜日
土・日曜日は午前中(10時~12時)
平均的な滞在時間 カエルの見学が目的の場合30分ほど
パワースポットが目的の場合は1~2時間ほど
公式サイト http://powerspot.travel-way.net/caerucan2019

※最新の情報はホームページ等でご確認をお願いいたします。
※記事中の金額はすべて税込表示です

茶臼山高原カエル館前後に行きたいデートスポット

茶臼山高原カエル館の周辺は苔が多く、岩の上に樹木が生えている風景は神秘的です。近くを散策するだけでも十分自然を満喫できますが、もっと自然豊かな場所に行きたい!というカップルは茶臼山・萩太郎山にもぜひ足を運んでてみてください。茶臼山高原カエル館からも車で数分のところにあるので、アクセスも良いですよ。

自然を満喫できる「茶臼山・萩太郎山」

茶臼山は標高1,415mの愛知県を代表する山です。遊歩道もしっかり整備されているので、トレッキング初心者でも気軽にチャレンジできますよ。登る場合は事前にコースのチェックや準備を怠らないようにしましょう。

萩太郎山は茶臼山スキー場にあるリフトで頂上まで登ることができます。春は芝桜、夏は緑、秋は紅葉と季節によって景色が変わるところも魅力的。観光ペアリフトは往復800円で、カップルで訪れるのにもぴったりのスポットです。

公式URL:http://www.chausuyama.jp/

まとめ:自然と神秘的なパワーを満喫するデート

今回は、茶臼山高原カエル館でカエルとパワースポットを楽しみ、茶臼山を登るデートプランをご紹介しました。茶臼山高原カエル館はカエル好きにおすすめのスポットです。また、パワースポットとしても有名なので一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

茶臼山・萩太郎山は登山経験の浅い方でも比較的気軽に登ることができる山です。心身のリフレッシュをしたい方はぜひ登ってみてください。

公式アカウントをフォロー

マッチングアプリ大学公式ツイッターマッチングアプリ大学公式フェイスブック