帯広百年記念館から十勝地方の歴史と文化を再発見するデート|北海道の博物館

この記事では、北海道帯広市の博物館「帯広百年記念館」を見学して、地元の自然や歴史・文化を再発見し、十勝地方ならではの魅力にあふれる周辺スポットも巡るデートプランを紹介します。

帯広百年記念館は、広大な「緑ヶ丘公園」内にあって、十勝の自然や歴史、開拓、アイヌ文化などについて、豊富な展示品を通して体感できる総合博物館。前提知識のない二人でも、十分楽しめそうです。

いつもと違った雰囲気の週末にしたい時、知的な雰囲気を楽しみたい時には、ぴったりのデートコースになると思います。帯広市内でのデートを考えているカップルは、ぜひ参考にしてみてくださいね。

こんなカップルにおすすめ!
おすすめ年代:10代~40代
おすすめカップル:地元に愛着を感じる、歴史・文化に興味がある、自然が好き
どんなデート?:博物館、美術館、公園、ご当地グルメ、豚丼、アイヌ民俗

概要:十勝地方の魅力に気づき愛着が湧くデートプラン

「帯広百年記念館」は、北海道・十勝の自然や歴史・文化を、豊富な展示資料で紹介しています。帯広市を含む十勝地方に関する基礎的な事柄に触れたり、学んだりできる総合博物館なんですよ。

今回のデートのメイン
・帯広百年記念館
周辺のデートスポット
・緑ヶ丘公園(帯広百年記念館がある公園)
・北海道立帯広美術館(緑ヶ丘公園内)
・エスタ帯広
ランチにおすすめのお店
・帯広 炭火焼 豚丼 とんび
・OUTDOOR CAFE Clover(アウトドアカフェクローバー)

帯広百年記念館は、大きな十勝池があり、野鳥も多く見られる緑ヶ丘公園の中に建ち、抜群の立地環境を誇っています。帯広市の文化関連施設が集中している、街中とは思えない広大な公園ですよ。

カップルで、ゆったり気分で展示品を見学できるのが一番の魅力。いつものデートとは一味違う、知的な空気を自分たちのペースで味わうのも素敵です。帯広市や十勝地方に、一層愛着も湧いてきますね。

ランチタイムになったら、車で5分ほどの住宅街にたたずむ「帯広 炭火焼 豚丼 とんび」に移動しましょうか。パッと見は普通の一戸建てでも、帯広のご当地グルメ・豚丼の知る人ぞ知る名店ですよ。

ご当地グルメを堪能したら、広々とした緑ヶ丘公園に戻って、腹ごなしに二人で自然豊かな遊歩道の散策を楽しんだり、公園内の「北海道立帯広美術館」を見学したりしてもいいですね。

ここからは、今回のデートでメインとなる「帯広百年記念館」について、具体的に見ていきましょう。

十勝地方の歩みや魅力を体感できる「帯広百年記念館」

「帯広百年記念館」内に展示されている十勝地方の野生動物の剥製
▲展示されている十勝地方の野生動物の剥製。ひたすらリアル!

「帯広百年記念館」は、JR根室本線の帯広駅から車で10分ほど、徒歩なら約30分の立地。広大な緑ヶ丘公園の一角に建っていて、昭和の雰囲気が漂う、風格ある建物が印象的な市立博物館ですよ。

十勝地方の歴史や文化、自然に加えて、アイヌ文化も紹介しています。他の観光スポットを訪れる前に見学するのもおすすめです。より深く楽しめるようになって、デートの満足度も高まることでしょう。

今回は、そんな「帯広百年記念館」で学芸員を務められる大和田さんにインタビュー取材をお願いし、同館の特徴や魅力について伺いました。

年1回の企画展も必見!十勝地方の成り立ちが分かる総合博物館

「帯広百年記念館」内に展示される晩成社関連の資料と学芸員の大和田さん(その1)
▲展示中の組織的開拓の先駆け・晩成社関連の資料と、今回インタビュー取材をお願いした大和田さん

編集部

初めて伺いましたが、広大な公園の中に建っている博物館ですね。規模感もあって、正直驚きました。

最初に、「帯広百年記念館」のメインの展示について、大まかなところをお聞かせください。

大和田さん

当館は十勝地方の総合博物館でして、郷土の自然・歴史・アイヌ文化などを紹介しています。

「帯広百年記念館」で展示されるアイヌ文化関連の資料(その1)
▲アイヌ文化関連の紹介資料も充実していて、とても見応えがある

開拓期以前の自然のジオラマや、旧石器時代〜アイヌ文化期の資料、かつての農機具などを展示中です。十勝地方を開拓した先駆者である「晩成社」の資料もありますよ。

「帯広百年記念館」で展示される開拓・農業関連の資料
▲開拓・農業関連の展示は、何と言っても充実している。リアリティがあって、思わず引き込まれてしまう

十勝地方について、総合的に学ぶことができる博物館です。

編集部

先に軽く館内を見学させていただきましたが、帯広百年記念館の常設展示は、第1展示室と第2展示室に分けて行われているのですね。

「帯広百年記念館」の常設展示室入口付近の様子
▲常設展示室入口付近の様子

第1展示室では、十勝地方で本格的な開拓が始まって以降の様子が紹介されていました。第2展示室は、日高山脈の形成などの地質に関する展示や、旧石器時代以降の先住の人々の生活・文化を紹介されているんですね。

晩成社は、十勝地方で最初に組織的開拓を行ったそうで、静岡県松崎町出身の依田勉三氏が中心となって立ち上げたとお聞きしました。

企画展を開催されていると思いますが、こちらについても教えてください。

大和田さん

当館では、特別企画展を年1回開催しています。十勝地方の自然や歴史に関するテーマを選び、常設展示室では展示しきれない内容や、最新の研究で明らかになった事柄を特別企画展で紹介中です。

特別企画展やロビー展は随時実施していますので、当館の公式サイトなどを予めご覧になった上、ご来館いただけるとよろしいでしょう。

ちなみに、今年(2022年)は、帯広開拓140周年記念の年に当たり、9月19日(月)まで、先ほど話題に出た組織的開拓の先駆者・晩成社の歴史資料を展示していました。

>>「帯広百年記念館」公式サイト「特別企画展『晩成社展』特設ページ」

「帯広百年記念館」で作成された企画展のポスター(2022年の晩成社展)
▲令和4年(2022年)に開催した特別企画展・晩成社展のポスター

編集部

先に特別展も覗かせていただきましたが、初めて訪れるカップルにも分かりやすい展示かと思います。しっかり見ると、当時の人々の日常がリアルに体感できて、地元の方ほど感無量でしょう。

晩成社の人々は、帯広市の中心部に入植したようですね。こちら緑ヶ丘公園よりも東側、大通よりも東側を開拓したと伺いました。現在とのつながりがよく分かるので、リアリティを感じられますね。

幅広い分野の開催イベントも!アイヌ文化モバイルガイドを体験

「帯広百年記念館」で展示されるアイヌ文化関連の資料(その2)
▲展示されるアイヌ文化関連の資料。「アイヌ文化モバイルガイド」も活用してみよう!

編集部

カップルがデートの一環で「帯広百年記念館」を訪れた場合、館内で体験できることを教えてください。

大和田さん

常設展示室内では、「アイヌ文化モバイルガイド」をお持ちのスマートフォンなどで利用可能です。日本語と英語、中国語(繁体字・簡体字)、韓国語の5言語に対応しており、展示と連動したアイヌ文化に関する40項目の解説に触れられます。

さらに、1階のアイヌ民族文化情報センター「リウカ」では、絵本・論文などの書籍やボードゲーム、アイヌ文化に関連する動植物について気軽にご覧になったり、質問したりすることが可能ですよ。

「帯広百年記念館」の1階にあるアイヌ民族文化情報センター「リウカ」の様子
▲1階にあるアイヌ民族文化情報センター「リウカ」。気軽にアイヌの文化を体感できる

編集部

道内や東北地方には、アイヌ語由来の地名が現在も残っていますから、実はアイヌ文化の片鱗には日常から触れているんですよね。

それでも、道内や東北地方以外から訪れるカップルは、アイヌの文化に触れるチャンスが日常なかなかありません。帯広百年記念館でのデートが、そのきっかけになってくれそうです。

関心がある二人は、帯広百年記念館を訪れる前に、公式サイトの「リウカ」のページに目を通しておくと、より深く展示品を理解できそうだと感じました。

>>「帯広百年記念館」公式サイト「アイヌ民族文化情報センター リウカ」

帯広百年記念館では、折に触れてイベントも開催されているのですよね?

大和田さん

はい、年間を通じて博物館講座(講演会・月1回程度)のほか、連続講座や観察会を開催しています。

「帯広百年記念館」の外観と緑ヶ丘公園の様子
▲緑ヶ丘公園でのデートに合わせて、「帯広百年記念館」で開催されるイベントに参加するのもいい

具体的な内容については、都度当館の公式サイトの「月間行事予定ダイジェスト」や「月間・年間行事予定」をチェックしてみてください。

>>「帯広百年記念館」公式サイト「月間行事予定ダイジェスト」

>>「帯広百年記念館」公式サイト「月間・年間行事予定」

編集部

過去分をざっと拝見したら、陶芸教室があったり、十勝のジオツアーがあったりと、幅広くイベントを開催されているようですね。場合によっては、週1回ほどは何らかのイベントがある感じでした。

土日開催が中心ですし、デート前に予め日程をチェックして、興味があれば二人で参加させていただくのもいいですね。無料のものも多そうですし、費用負担があっても少額なので、気軽に検討してみればよいと思いました。

農機具コレクションも必見!観光地を訪ねる前に見学したい博物館

「帯広百年記念館」に展示されている土器・石器
▲展示されている土器や石器。北海道最古の土器の実物資料もあるのだそう

編集部

「帯広百年記念館」を訪れる際、大和田さんが思われる最大の魅力は何でしょうか?

大和田さん

当館は、自然や歴史についての資料をベースにして、十勝地方に関する基礎的な事柄に触れたり、学んだりできるところが最大の魅力ではないかと思っています。

このため、十勝観光の初めに当館を見学していただけると嬉しいですね。

編集部

同感ですね。十勝地方の成り立ちについて、基本的なことを押さえてから観光スポットを訪れた方が、デートの一環だったとしても、より深くその場を理解して、楽しめるようになると感じます。

大和田さんが特にお好きな、見どころと感じられる館内のコレクションも教えてください。

大和田さん

農機具のコレクションが見どころです。かつては、農作業の多くが人力・馬力を頼りに行われていました。これは現在も帯広で有名な「ばんえい競馬(※1)」にも通ずるテーマです。

馬が人間とともに、農業や運搬に活躍してきたことが分かる展示をぜひご覧いただけたらと思います。

(※1)馬が鉄そりを曳きながら速さなどを競う。国内の公営競技(地方競馬)としては、帯広市が主催する「ばんえい競馬(ばんえい十勝)」のみ。

「帯広百年記念館」に展示される農機具類
▲展示されるかつての農機具類。馬たちが開拓の大きな力になってくれたことが分かる

編集部

学生時代に旅行中、ばんえい競馬を観戦したことがありました。体重1トン以上もある「ばんえい馬(ばん馬)」が重い鉄そりを曳く姿を目の当たりにし、その大きさとパワーにたじろいだ記憶があります。

乗馬や競馬で馴染み深い「サラブレッド」などの軽種馬とは別もので、私の目にはまるで象のように映りました。こちらを見学すると、開拓に馬たちが大きな貢献をしてくれたと理解でき、感慨深いです。

マンモス前は撮影ポイント!十勝地方形成の経緯を感じ取りたい

「帯広百年記念館」で展示中の十勝地方で生産される豆類やジャガイモ類などの資料
▲十勝地方で生産される豆類やジャガイモ類などの資料も展示中

編集部

「帯広百年記念館」をデートの一環で訪れたカップルには、どんなことを感じ、学んで欲しいと思われますか?ぜひ、大和田さんの感覚でお話しください。

大和田さん

十勝地方は、農業を基幹とする地域とイメージされる方が多いことでしょう。このような十勝地方がどのような歴史的経緯で形成されてきたのか、実物資料をベースに感じたり、考えてみたりしていただければと思います。

編集部

十勝地方の農作物といえば、ジャガイモと甜菜(てんさい)(※2)、小麦、豆類(大豆・小豆など)の4つが代表的なイメージです。栽培の経緯を知れば、デート中のランチも一層味わい深いと思いました。

(※2)サトウキビと並び、砂糖の原料。サトウキビよりも、マイルドな甘さの砂糖となる。別名は、ビートや砂糖大根。

ちなみに、カップルの記念撮影に適したスポットなどが館内にあれば、ご紹介いただけますか?

大和田さん

展示室に入るとすぐ、マンモスの大きなレプリカが展示されています。記念撮影する方には、こちらが人気になっていますよ。

「帯広百年記念館」に展示されているマンモスのレプリカ
▲展示室に入ってすぐ目に飛び込んで来る大きなマンモスのレプリカ。インスタ映えする人気の撮影スポット!

また、最近はアニメ作品や北海道関連のデジタルスタンプラリーのスポットにも設定され、キャラクターなどとの写真を撮影できることも多くなっているようです。

編集部

マンモスの大きなレプリカは迫力と存在感があって、インスタ映えもするスポットだと感じました。あと、ツツジが開花している時期の建物正面なども、フォトジェニックで記念撮影にはよさそうですね。

「帯広百年記念館」の口コミ・評価をチェック!

「帯広百年記念館」内の売店コーナー
▲常設展示室入口の脇にある「売店コーナー」。帯広百年記念館らしいアイテムをでデートの記念に選ぶのもおすすめ

編集部

「帯広百年記念館」を見学された皆さんから、しばしばお耳にされる感想などがありましたら、ぜひ教えてください。

大和田さん

「十勝地方のことがよく分かる。」「展示品を間近で見られるのがよい。」などのお声をよく頂戴していますよ。

編集部

展示資料を通して、十勝地方の成り立ちを立体的に、三次元的に理解できる博物館だと感じます。十勝について知りたかったら、地元のカップルでも、市外から来た二人でも、最初に訪れたい施設ですね。

「見応えある展示内容!」「マイペースで過ごせる!」の声も多数

編集部では、インタビュー取材をお願いするに先立ち、Web上で帯広百年記念館のリサーチを行いました。デートの参考になりそうな口コミ・評価も見かけましたので、いくつか要約して紹介します。

アイコン
アイヌ文化も含めて、常設展示は見応えたっぷりです。
アイコン
見学料が手頃な割に、特別企画展も充実している。
アイコン
ゆったりと、自分たちのペースで回れるのが嬉しいです。

全般的に、見学者の満足度が高い博物館という印象です。前提知識があまりないカップルがデートで訪れても、来てよかったと思える施設のようでした。マイペースでゆっくり過ごせる点も高評価ですね。

「帯広百年記念館」からカップルへのメッセージ

「帯広百年記念館」内に展示される晩成社関連の資料と学芸員の大和田さん(その2)
▲ご多忙のところ、お話しをいただいた大和田さんに感謝!

編集部

最後になりますが、デートの一環で「帯広百年記念館」を見学することを検討中のカップルに向けて、メッセージをお願いします。

大和田さん

当館は、十勝地方のことについて総合的に学ぶことができる博物館です。十勝が好きなお二人ならば、展示している資料や解説などを通じて、デート中の話題作りにもなると思います。

編集部

カップルで楽しむアクティビティや食事も、周辺知識・関連知識を得てから向き合うと、より一層本質を味わえる気がしますね。結果的に、充実したデートにできそうです。

大和田さん、本日はお忙しい合間にお時間を割いていただき、大変ありがとうございました。

「帯広百年記念館」の基本情報

住所 〒080-0846
北海道帯広市緑ケ丘2番地(緑ヶ丘公園内)
電話 0155-24-5352
アクセス 【車】
・音更帯広ICから約15分
【公共交通機関】
・JR帯広駅南口からタクシー利用で約10分
※徒歩なら約30分
・北海道拓殖バス「緑ヶ丘6丁目バス停」下車、徒歩約5分
駐車場 緑ヶ丘公園駐車場(無料)を利用可
※公園内に8ヵ所あり
開館時間 9:00~17:00
※最終入館は16:30
休館日 毎週月曜日・祝日の翌日(土日の場合を除く)・年末年始(12月29日〜1月3日)
見学料 ・(65歳以上)一人190円
・(一般)一人380円
・(高校生)一人190円
※中学生以下は無料
※身体障害者手帳か療育手帳、精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方は無料。これらの方(身体障害者手帳のみを所持する場合で障害等級3~6級までを除く)1名に付、介助者の方1名も無料
売店・飲食施設 博物館グッズを販売する売店あり・飲食施設なし
平均滞在時間 60分程度
空いている曜日や時間帯 曜日・時間帯を問わず比較的空いている
公式サイト http://museum-obihiro.jp/occm/

※最新の情報は公式サイト等で随時ご確認をお願いします。
※記事中の金額はすべて税込表示です。

「帯広百年記念館」周辺のデートスポット

ここからは、「帯広百年記念館」を見学する前後に立ち寄りたい近隣のデートスポットを紹介しましょう。ランチにぴったりのお店もあって、合わせて訪れれば、デートの満足度が一層高くなりますよ。

おすすめのデートスポット

散策やピクニックに!帯広市を代表する広大な「緑ヶ丘公園」

帯広市を代表する「緑ヶ丘公園」は、街中にあるにも関わらず、50ha超の広さを誇るというスケールの公園。公園内には、今回メインの帯広百年記念館や北海道立帯広美術館もありますよ。

パークゴルフ場やテニス場、全面芝生のグリーンパークなども整備され、桜並木の美しい遊歩道や大きな十勝池もあり、デートに使いやすい公園です。どの季節に訪れても楽しめると思います。

お弁当を持参して、グリーンパークでピクニック気分を味わうのも楽しいひと時になりそうですね。

参考URL:帯広市役所「緑ヶ丘公園」

帯広百年記念館と合わせて訪れてみたい「北海道立帯広美術館」

「北海道立帯広美術館」は、帯広百年記念館と同じく緑ヶ丘公園内にある文化施設です。

作品収集は、3つの柱で系統的に行われていることが特徴。まず、道東に縁(ゆかり)のある作家の油彩画や日本画、彫刻など。次に、近現代の版画・ポスターを中心としたプリントアートとなります。

そして、19世紀フランス・バルビゾン派の作品を中心に、田園の風景や風俗が主題の西洋絵画です。館内では、ミュージアムショップやティーラウンジも運営され、デート利用にも適していますよ。

なお、休館日が不定期ですので、公式サイトのスケジュールを確認してから訪れてくださいね。

>>スケジュールはこちら

公式URL:北海道立帯広美術館

リピーターさんが多い住宅街の名店「帯広 炭火焼 豚丼 とんび」

帯広のご当地グルメ・豚丼の知る人ぞ知る名店が「帯広 炭火焼 豚丼 とんび」です。帯広百年記念館から車で5分ほどの住宅街に建ち、普通の一戸建て住宅のたたずまいで、思わず見落としてしまいそう。

一般のお宅を改装したお店で、玄関で靴を脱ぎ、座敷に通されます。味は確かで、ボリュームも文句なしですから、リピーターさんが多いことも納得。お店の方が親切で、感じがよいことも高評価ですよ。

豚丼は、お肉をロース・バラ・ミックスから選択。タレにもコクと旨味があり、タレと山椒は加減自由です。キャベツや温泉玉子のトッピングも可能で、ご飯とお味噌汁の美味しさにも定評があります。

公式Instagram:帯広 炭火焼 豚丼 とんび

その他の周辺デートスポット

  • エスタ帯広(帯広駅直結の複合商業施設。お土産探しやランチを二人で楽しめるお店も多い)
  • OUTDOOR CAFE Clover(帯広初出店のアウトドアカフェ。キャンプ気分で、楽しく食事できる)

まとめ:先人の奮闘に感謝して十勝地方の魅力を再発見

「帯広百年記念館」に展示中の十勝地方で生産される豆類

この記事では、北海道帯広市にある「帯広百年記念館」を訪ね、地元の歴史や文化、自然について体感してから、十勝らしい魅力が詰まった周辺スポットも巡るデートプランを紹介しました。

地元出身の二人ならば、改めて郷土の魅力に気付いて、誇りを感じるようになるかもしれません。地元以外のカップルならば、十勝地方や帯広市に興味を抱き、親しみを覚えるのではないでしょうか。

土地勘のない二人がデートで帯広百年記念館を見学しても、足を運んでよかったなと感じられると思います。帯広市内でのデートを計画しているカップルに、この記事が参考になれば幸いです。