【熊本市】熊本県伝統工芸館を中心にまわる、美しい作品に触れるデートプラン

今回ご紹介するのは、伝統工芸品やアート作品などに多く触れるデートプランです。メインとなる「熊本県伝統工芸館」では、熊本県の伝統工芸品を多数展示・販売しています。伝統工芸品に詳しくなくても魅力にハマってしまいそうな、興味深い展示が楽しめますよ。

さらに近くにある「熊本市現代美術館」では、最新のアートを見たりホームギャラリーで美術図書や漫画を観覧したりなど、ゆっくり過ごせます。また、定番観光スポットの「熊本城」「上通アーケード・下通アーケード」にも立ち寄ります。

熊本県に初めて訪れる方はもちろん、近くにお住まいの方も楽しめるデートプランです。

こんなカップルにおすすめ!
おすすめ年代:20代〜
おすすめカップル:歴史好きなカップル、美術館好きなカップル、芸術が好きなカップル
どんなデート?:芸術、歴史
目安時間:半日
目安予算:2人で10,000円前後

概要:伝統工芸品とアート作品に触れて感性を磨くデート

今回紹介するのは、熊本県伝統工芸館で伝統工芸品、そして熊本市現代美術館でアート作品に触れ、感性を磨くデートプランです。

11:00 熊本市現代美術館に到着
11:00〜12:00 熊本市現代美術館でアート作品に触れる
12:00〜12:10 上通アーケード・下通アーケードに移動
12:10〜13:00  上通アーケードでランチ
13:00〜14:00 上通アーケード・下通アーケードを散策
14:10〜15:00  熊本城を散策
15:10〜 熊本県伝統工芸館で伝統工芸品をじっくり見学

また、近隣のデートスポットとしておすすめの熊本城にも立ち寄ります。上通アーケード・下通アーケードでグルメや買い物も満喫してください。

まずは今回のデートのメインである熊本県伝統工芸館を詳しく紹介します。

見て触って伝統工芸品の魅力を知る「熊本県伝統工芸館」

「熊本県伝統工芸館」外観の写真

熊本県伝統工芸館は、熊本県の伝統工芸品の展示・販売をメインに、伝統工芸品の魅力を知ることができるワークショップや講演会なども開催する施設です。

大きく分けて常設展示室と貸し展示室の2つで構成されています。常設展示室では、人々の暮らしと密接に結びついて作り続けられてきた国や県指定の伝統的工芸品が数多く並びます。見るだけではなく、実際に触れることもできますよ。

そして貸し展示室では、週替わりで催しが行われています。毎週、様々な工芸家の方による展示や販売を行なっており、行くたびに新しい出会いがある場所です。

また、実際に見たり触れたりできるだけではなく、施設内のショップでは熊本県内の伝統工芸品やセレクトした工芸品を販売しており、気に入った工芸品を購入することができます。

今回はそんな熊本県伝統工芸館の詳しい魅力を、工芸館の業務班スタッフの方に聞いてみました。

熊本県内の伝統的工芸品が実際に触れて楽しめる

「熊本県伝統工芸館」常設展示室の展示の写真
▲常設展示室

編集部

まずは熊本県伝統工芸館の主な展示や、施設の特徴を教えていただけますか?

スタッフさん

熊本県伝統工芸館では、国指定の伝統的工芸品である「肥後象がん」「小代焼」「天草陶磁器」「山鹿灯籠」のほか、熊本県が指定した県内の伝統的工芸品を中心に展示しております。

「手で観る工芸館」「市の立つ工芸館」「誂えのきく工芸館」の3つの理念に沿った見どころがあります。

・手で観る工芸館…工芸品に実際に触れて観ることのできる常設展示室

・市の立つ工芸館…工芸家による週替わりの展示会(館内の5つの貸ギャラリーにて週替わりで異なる作家の展示会を開催)

・誂えのきく工芸館…常設ショップ「工芸ショップ匠」での熊本の工芸品の販売

熊本県指定の伝統的工芸を中心にご紹介する「常設展示」と「企画展」を一度に見ることができる企画・常設展示室が一番の見どころです。

また、1階にある常設ショップ「工芸ショップ匠」では熊本の工芸品のお買い物ができ、館内の5つの貸ギャラリーでは、週替わりで県内外の作家の展示・販売を楽しむことができます。

「熊本県伝統工芸館」にある工芸ショップ匠の写真
▲1階にある常設ショップ「工芸ショップ匠」では様々な伝統工芸品が購入できる

編集部


常設展示室では、約90品目、2,000点の伝統的工芸品が展示されているんですよね。熊本各地に様々な伝統工芸品がありますが、それぞれの地域で違った魅力があるため興味深いと思いました。

その中でも特に「個人的に好き」な展示があれば教えてください。

スタッフさん

私のお気に入りは「2階企画・常設展示室」にある肥後象がんの展示です。肥後象がん師の作品が複数ありますが、制作工程の見本も展示されています。

「熊本県伝統工芸館」で展示している肥後象がん
▲約400年前から受け継がれてきた、熊本県を代表する金工品「肥後象がん」

鉄の生地に1ミリ以下の刻み目を全体に入れる「布目切り」と言われる作業や、金や銀を嵌め込んで模様を表現する作業、その後の布目消しの作業など、完成品からは想像できない作家の苦労を感じられるところが好きです。

「熊本県伝統工芸館」で展示している肥後象がんの工程の展示
▲肥後象がんの制作工程

編集部

肥後象がんは古くから熊本県で作られてきた金工品だとお聞きしました。1つずつ丁寧に作られている背景も知ると、また違った視点で伝統工芸品を見ることができそうです。パートナーと2人で好きな展示について話しながら鑑賞することで、お互いの趣向や好みを深く知るきっかけになりそうですね。

「工芸ショップ匠」では幅広いジャンルの作品を購入可能

「熊本県伝統工芸館」にある工芸ショップ匠の写真
▲工芸ショップ匠に並ぶ伝統工芸品

編集部

実際に伝統工芸品を深く知り、気に入った伝統工芸品をその日に購入できるのは魅力ですね。「工芸ショップ匠」ではどういったものを販売しているのでしょうか?

スタッフさん

そうですね。工芸品を手で触れて味わう(=観る)ことのできる全国でも珍しい施設です。広い常設ショップでは、国指定の伝統的工芸品(小代焼・天草陶磁器・肥後象がん・山鹿灯籠)をはじめ、県内の陶磁器・竹工芸・木工芸・い草製品・和紙・染織・ガラスなど幅広いジャンルの作品を展示販売しています。

特に肥後象がんは県内でも最大級の品揃えです。常設展示室同様、手に取って商品を選ぶことができ、工芸品の知識を持ったスタッフさんがお買い物をサポートします。結婚式の引出物やお礼の品などをオーダーすることも可能ですよ。

編集部

ショップでは肥後象がんをペンダントやカフスなどのアクセサリー、文具といったグッズにして販売しているとのことで、カップルでお揃いのアイテムを記念に購入するのも良さそうですね。

工芸の魅力をさらに知る企画展やワークショップなど開催

編集部

熊本県伝統工芸館で開催している企画展やワークショップなどあれば教えてください。

スタッフさん

過去には、県内外の優れた工芸品や収蔵品を展示する企画展を多数開催してきました。今後も、収蔵品展「幸せの願いを込めた 郷土玩具展」、「華道展」などを開催予定です。

また、くらしの中の工芸の魅力を知っていただくために、ワークショップや講習会も開催しています。肥後象がん(金工)、陶芸、染色工芸、木工芸、竹工芸などの各種の専門分野の職人を講師に迎え、充実した内容になっています。

さらに毎月第3日曜日には、鍛冶屋さんによる「包丁研ぎ」も開催していますよ。

編集部

企画展やイベントなど定期的に開催されているのは、行くたびに違った楽しみ方ができますね。次はテーマを変えて開催する企画展、次は刃物の作り手に包丁研ぎをしてもらう、など何度でも足を運びたくなります。

伝統工芸品の制作工程を展示で見た後に実際にワークショップで体験してみるもの、より思い出に残るデートになりそうだと思いました。

建物デザインや熊本城の景色も楽しめる

「熊本県伝統工芸館」屋外テラスの写真

編集部

熊本県伝統工芸館でカップルがゆっくり過ごせるおすすめの場所はありますか?

スタッフさん

熊本県伝統工芸館は、目の前に熊本城がそびえ立つ好立地にあり、特に2階のギャラリーは、熊本城の天守閣が一望できるお勧めのスポットです。春は城内の桜、秋は銀杏が楽しめます。

また、当館の建物は建築家・菊竹清訓氏が手掛けており、随所に菊竹氏の建築らしいエッセンスが盛り込まれています。

特に建築を学ばれた学生さんや建築に関心のあるカップルの方には楽しんでいただけると思いますが、建築に詳しくない方でも、熊本城周辺の緑を望むテラスやショップなどでゆっくりとお過ごしいただけると思います。

「熊本県伝統工芸館」階段の手すりの写真
▲叩き跡を残した階段の手すり

「熊本県伝統工芸館」外観の写真
▲外壁を覆う打込みタイル

「熊本県伝統工芸館」外観の写真
▲屋外テラス地面のタイル

編集部

熊本県伝統工芸館の後に熊本城に立ち寄る方は多そうですが、2階のギャラリーからだとまた違った景色が見られそうですね。

また菊竹清訓さんは、ダイナミックなデザインの建物を設計することで有名だとお聞きしました。伝統工芸品を見ながら、施設内のいたるところにある細部のこだわりをカップルで探すのも、楽しみ方の一つだと思います。

熊本県伝統工芸館を訪れた方の口コミ評価

編集部

熊本県伝統工芸館に実際に訪れた方からは、どのような感想をもらいますか?

スタッフさん

「たまたま入ってみたけれど、作家さんと直接お話ができて感激した」「小さい頃家にあった郷土玩具と同じものがあって懐かしい気持ちになった」「ショップでは様々な工芸品を販売していて、見て回るだけでも楽しかった」など、工芸に詳しくない方でも、様々な発見があり喜んでいただいているようです。

編集部

普段なかなか会うことができない工芸家の方から色々なお話を聞けるのは興味深いです。展示と聞くと少し固いイメージを持たれる方もいそうですが、詳しくなくても楽しめる要素があると伝統工芸品に興味を持つきっかけにもなると思います。

何時来ても楽しめるとの口コミが多数

編集部でも、Googleに掲載されていた口コミを調べてみました。

アイコン
いつ行っても素敵な物との出会いがある
アイコン
様々な作家の作品を見ることができて楽しかった
アイコン
季節によって展示品が変わっていくのが楽しみ
アイコン
2階のギャラリーから見る天守閣は圧巻

全体的に「行くたびに変化があるためいつ行っても楽しめる」といった感想が多い印象です。また、2階ギャラリーから見える熊本城についての声も多く見られました。熊本県伝統工芸館に行くなら展示物とあわせて2階からの眺めもチェックしたいですね。

メッセージ:伝統工芸品を通じて日々の暮らしに豊かさと潤いを感じて欲しい

「熊本県伝統工芸館」外観の写真

編集部

熊本県伝統工芸館の利用を考えているカップルに向けて、メッセージをお願いします。

スタッフさん

熊本県伝統工芸館は伝統工芸品の展示や販売、体験イベントなどを通して皆様方の生活と伝統工芸品をつなぐ場所です。

伝統工芸品を「観て」「触れて」「知って」いただき、そして実際に使っていただくことで、皆様方の日々の暮らしに豊かさと潤いを感じていただきたいと願っています。

「工芸はよくわからない…」という方でも是非一度お越しいただきたいです。伝統工芸は古くて畏まったものというイメージがあるかも知れませんが、将来こんなものが家にあったらいいねと想像してみたり、木葉猿やおばけの金太など熊本ならではの郷土玩具を見てクスっと笑ったり、作家と直接お話をしてみたり、いつものデートとはちょっと違う一日になると思いますので、気軽に立ち寄っていただきたいですね。

結婚の引出物やお礼の品に伝統工芸品を選ばれる若いカップルもいらっしゃいますよ。

編集部

伝統工芸品は、普段お店に並んでいるものはよく見ますが、実際にどのようにして作られているのかはあまり考えたことがありませんでした。

伝統工芸品は機械だと再現が難しいあたたかみがあり、その魅力にハマる方も多いですよね。熊本県伝統工芸館のデートがきっかけで伝統工芸品に興味を持ったら、パートナーと色々な伝統工芸品を集める楽しみができそうです。

本日はありがとうございました!

熊本県伝統工芸館の基本情報

住所 〒860-0001
熊本県熊本市中央区千葉城町3-35
アクセス 【バス】
・「通町筋」バス停より徒歩約10分
・「熊本城・市役所前」バス停より徒歩約7分
・熊本城周遊バスしろめぐりん「KKRホテル熊本前」バス停より徒歩約2分

【市電】
・「通町筋」電停より徒歩約10分
・「熊本城・市役所前」電停より徒歩約7分

【JR(熊本駅)】
・「熊本駅」から市電/バスで約10分「熊本城・市役所前」バス停・電停下車
・「熊本城・市役所前」バス停・電停より徒歩約7分

【JR(新水前寺駅)】
・市電またはバスで約15分「熊本城・市役所前」バス停・電停下車
・「熊本城・市役所前」バス停・電停より徒歩約7分
電話 096-324-4930
営業時間 9:30~17:30
(貸ギャラリーは最終日のみ16:30で閉場)
定休日 月曜日(祝日の場合は翌日)
年末年始は12/28~1/4
料金 入館無料
2階企画・常設展示室の入場料
大人:210円
大学生・短大生・専門学校生:130円
※高校生以下は無料
駐車場 20台(普通車)
公式サイト https://kumamoto-kougeikan.jp/

※最新の情報はホームページ等でご確認をお願いいたします。
※記事中の金額はすべて税込表示です

熊本県伝統工芸館とあわせて行きたいデートスポット

熊本県伝統工芸館の滞在時間は1時間〜2時間程度です。熊本県伝統工芸館とあわせて、立ち寄っていただける近隣のデートスポットをご紹介します。ぜひ行ってみてくださいね。

おすすめのデートスポット

気軽に立ち寄れてアート作品が楽しめる「熊本市現代美術館」

「熊本市現代美術館」は、企画展以外は無料になっており、気軽に立ち寄ることができます。

アーティストの作品がずらりと並ぶギャラリーのほか、館内には、国際的に活躍するアーティストが制作した、建築と一体化した作品が様々な場所に展示されています。

お洒落な雰囲気はデートにぴったりです。伝統工芸品とはまた違った魅力があるアート作品を、ぜひ細かいところまで2人でじっくり見てください。

また、フリースペースのホームギャラリーでは美術図書や漫画の観覧も可能です。休憩がてらゆっくりするのもおすすめです。

公式サイト:https://www.camk.jp/

縁結び大学では、熊本市現代美術館に訪れるデートプランも紹介しています。ぜひ合わせてご覧ください。

ランチは熊本を代表する商店街「上通アーケード・下通アーケード」

熊本市下通アーケード入り口の写真
引用:熊本市観光ガイド公式サイト

昔ながらの良さが漂う商店街、上通アーケードと下通アーケードは、レストランや雑貨店、カフェなど様々なお店が並ぶ、熊本市の中心的なスポットです。

ガッツリ食べることができるお店はもちろん、お洒落なカフェが多いのも特徴です。ランチやお土産探しにぜひ寄ってみてください。

上通アーケード:https://kumamoto-guide.jp/spots/detail/138

下通アーケード:https://kumamoto-guide.jp/spots/detail/107

また「せっかく熊本に来たから熊本にちなんだものを食べたい」という方には上通アーケードの「ビアレストラン 壱之倉庫」がおすすめです。

隠れ家のようなレトロな雰囲気の中で、熊本名物、赤牛の丼ぶりやステーキが堪能できます。オムライスやパスタ、デザートなど種類も豊富ですよ。

ビアレストラン 壱之倉庫:https://www.ichinosoko.com/

日本三名城に選ばれた見どころ満載の「熊本城」

熊本県伝統工芸館からも見える熊本城は、加藤清正によって1607年に建てられました。熊本城は日本三名城の一つで、別名「銀杏城」とも呼ばれているそうです。

城内は天守閣ゾーン、本丸御殿ゾーン、平左衛門丸ゾーンなど様々なゾーンに分かれており、見どころ満載です。なかでも本丸御殿の床下にある闇り通路(くらがりつうろ)と呼ばれる、石垣でできた地下通路は必見です。

地下通路は日本の御殿建築のなかでも異例だといわれており、歴史好きの方なら見ておきたい場所の一つでしょう。

また、四季折々の豊かな自然を感じることができるのもポイントです。桜の名所としても有名なので、春に来ても楽しそうですね。周りをお散歩しているだけでリフレッシュできるのではないでしょうか。

公式サイト:https://castle.kumamoto-guide.jp/

その他のおすすめデートスポット

また、近隣のデートスポットとしては以下もおすすめです。

どれも熊本の人気観光地でもあるので、時間があればぜひ立ち寄ってみてください。

まとめ:美しい作品にたくさん触れるデートを楽しもう

熊本県伝統工芸館を中心に、近隣の人気スポットを巡るデートプランをご紹介しました。

伝統工芸品やアートなど美しい作品にたくさん触れるデートは、感性が磨かれそうです。特に芸術好きなカップルなら、どの作品が好きか感想を言い合って、会話も盛り上がるのではないでしょうか。

公式アカウントをフォロー

マッチングアプリ大学公式ツイッターマッチングアプリ大学公式フェイスブック