象牙と石の彫刻美術館~ジュエルピア~で伊豆高原ドライブデート|静岡県の美術館

今回紹介するのは、静岡県伊東市にある「象牙と石の彫刻美術館~ジュエルピア~」を中心に、見て・作ってアートを味わう、伊豆高原ドライブデートプランです。

象牙と石の彫刻美術館には、美しく迫力のある作品が多数展示されています。また、解説が大変充実しているもの特徴の一つです。ダイナミックかつ繊細な作品に圧倒され、昔の中国の宮廷にタイムスリップした気分を体感することができますよ。

こんなカップルにおすすめ!
おすすめ年代:20代~70代
おすすめカップル:アート好きなカップル、ドライブデートをしてみたいカップル
どんなデート?:アートを堪能し、ドライブで自然に癒されるデート
目安時間:4時間30分
目安予算:2人で10,000~15,000円

概要:貴重な作品を鑑賞し、ガラス作品作りを楽しむ、アートが堪能できる伊豆高原ドライブデート

象牙と石の彫刻美術館は、海と山に囲まれた観光地・伊豆高原にあります。

アート好きな方や、ドライブデートを検討しているカップルにぴったりのプランをご紹介します。

11:30~12:30 「Cucina Italiana ラ・ポルタ」でランチ
12:30~14:30 象牙と石の彫刻美術館で作品を鑑賞
移動 伊豆クラフトハウスへ移動
(車で約5分)
14:40~16:00 伊豆クラフトハウスでガラス作品を作る

まずは、イタリアンレストラン「Cucina Italiana ラ・ポルタ」でランチをとりましょう。ランチは1,100円からとリーズナブルな価格で、ピザ・パスタ・リゾットなどのイタリアンの定番料理を味わえます。

食事を済ませたら、象牙と石の彫刻美術館でアート鑑賞の時間です。象牙と石の彫刻美術館には、他の美術館ではめったに見られないよう作品が数多く展示されています。

アート鑑賞を楽しんだ後は、伊豆クラフトハウスへ行きましょう。吹きガラスやサンドブラストなど、オリジナルのガラス作品を作ることができます。デートの思い出の品にもぴったりです。

伊豆高原は、海と山に囲まれた自然豊かな別荘地であり観光地です。ドライブするときには車の窓を開けて、新鮮な空気を堪能しましょう!

美しく繊細な美術品の数々を、充実した解説とともに満喫できる「象牙と石の彫刻美術館」

象牙と石の彫刻美術館の象牙彫刻展示場の様子

静岡県伊東市にある象牙と石の彫刻美術館は、150点もの象牙彫刻を中心に、翡翠彫刻・宝石屏風などを展示しています。

展示品の中心である象牙彫刻は、昭和の頃に美術館のオーナー夫妻が中国で購入して日本に持ち帰ったコレクションです。所蔵コレクションの象牙彫刻の美しさと貴重さは、中国の歴代皇帝の所有物を展示している博物館・国立故宮博物院(台湾・台北市)に匹敵するともいわれています。

象牙は、平成元年にワシントン条約によって採集や美術作品の制作、彫刻の輸出や輸入が禁止されました。しかし、象牙と石の彫刻美術館では、今となっては二度と作れないような貴重な象牙彫刻を鑑賞することが可能です

また象牙と石の彫刻美術館は、作品の解説が充実しているのも魅力の1つ。展示ケース内のQRコードを読み取って説明動画を見たり、スタッフの方に展示室内を案内(※)してもらうこともできます。 ※現在は感染拡大防止のため休止

展示されている作品と一緒に記念撮影をしたり、象牙のグッズを購入することもできますよ。

他ではなかなか見られないような展示品の数々を、たっぷりとした解説とともにに鑑賞することができるので、アート好きのカップルにおすすめのスポットです。

今回は館長の山元光さんに美術館の見どころや魅力についてお話を伺いました。

国立故宮博物院でも見られないような美術彫刻が鑑賞できる

象牙と石の彫刻美術館で展示している象牙原木の写真

編集部

象牙と石の彫刻美術館では、主にどのような作品を展示しているのでしょうか?

館長・山元さん

当館では国立故宮博物院でも見られないような、貴重で素晴らしい象牙美術彫刻約150点を中心に次のような作品を展示しております。

  • 石の原色を利用して作られた彩石象嵌屏風(「楊貴妃」「西遊記」)
  • 翡翠彫刻

上記のような展示品も含めると、展示している作品の合計は約300点です。

象牙と石の彫刻美術館の玉翡翠展示場
▲玉翡翠展示場の様子。昔の中国では、玉翡翠は美しくて珍しい宝石として重宝された

編集部

国立故宮博物院とは、台湾にある博物館ですね。歴代の中国皇帝が所有した宝物が、70万点近く所蔵されていると聞いたことがあります。

また、象牙と石の彫刻美術館で展示されている象牙作品は、美術館のオーナー夫妻が中国で見つけて日本に持ち帰ったコレクションだと伺いました。中国の皇帝たちが持っていたような、贅を尽くした作品を鑑賞できるなんて、めったにない機会ですね。

「彩石象嵌屏風」の「象嵌」には、「1つの素材に別の素材をはめ込む」という意味があるんですよね。「彩石象嵌屏風」という名称からも、色とりどりの石を使っていることや、象嵌で使われた素材ごとの質感が異なることが読み取れるため、立体的で迫力のある作品なんだと想像できます。

QRコードを読み込んで、YouTubeの解説動画が視聴できる!

編集部

象牙と石の彫刻美術館ならではの取り組みは何でしょうか?

館長・山元さん

まず挙げられるのは、2021年10月現在、入館券をポストカードに変えているところです。絵柄の種類は10種類。お気に入りの入館券に当たればラッキーですよ!

また、展示ケース内にはQRコードを設置しており、お持ちのスマートフォンでQRコードを読み込むと、YouTubeで解説動画を視聴できます。

編集部

ポストカードの絵柄は10種類もあるのですね!

「ポストカードの絵柄見せて!」「この作品、どこに展示しているのかな?」など、展示室に入る前から会話が盛り上がりそうです。

QRコードで解説動画を視聴できるのも魅力的だと感じました。映像が付いていると、作品についてより深く理解できます。ほかのお客様の迷惑にならないよう、イヤホンを使って視聴したいですね。

貴重な象牙彫刻の繊細な彫刻技法をじっくり鑑賞しましょう

50層の象牙多層球を持つ女性

編集部

山元さんが思う、施設の魅力や見どころを教えてください。

館長・山元さん

ワシントン条約によって、平成元年から、象牙の輸出入は牙も彫刻作品も一切禁止になりました。そのため日本国内では、中国の象牙彫刻をほとんど鑑賞できなくなってしまいました。

しかし当館では、台湾の国立故宮博物院でも見られないような、貴重で素晴らしい象牙彫刻作品を多数展示しております。今となっては二度と作れない、貴重な象牙彫刻作品の繊細な彫刻技法等をじっくり見ていただきたいです。

編集部

象牙と石の彫刻美術館の象牙作品のコレクションは、ワシントン条約締結前に中国から日本に持ち帰ったものですよね。

新しい象牙の作品を作るのが難しい現状で、象牙と石の彫刻美術館の展示品は本当に貴重なものばかりなんだと改めて感じました。

山元さんが特に好きな展示やコレクションを教えていただけますか?

館長・山元さん

私が気に入っているのは、次の4点です。

    • 象牙彫刻美術品「娯楽昇平」
    • 彩石象嵌屏風
    • 西遊記
    • 河南玉彫刻

象牙と石の彫刻美術館の象牙彫刻美術品「娯楽昇平」
▲山元さんお気に入りの象牙彫刻「娯楽昇平」。重さ230kg、親子3代で70年かけて完成させた

象牙と石の彫刻美術館の大型彩石象嵌屏風「楊貴妃」
▲長さ75mの彩石象嵌屏風。楊貴妃の生涯を描いている

象牙と石の彫刻美術館が所蔵する「河南玉翡翠彫刻」
▲河南玉彫刻。なんと重さは1.8トン!

編集部

私が特に印象に残った作品は「娯楽昇平」です。装飾がとても繊細で、葉っぱの1枚1枚までも独立しているのがわかります。「本当に手仕事で彫りすすめたの!?」と思ってしまいました。

それに、象嵌彫刻と河南玉彫刻の迫力にも圧倒されました。部屋の壁一面に展示された屏風に囲まれたり、成人女性の2倍くらいの高さがある大きな彫刻を見たりすると、昔の中国の世界に引き込まれたような気分になりますね。

象牙と石の彫刻美術館では、他にも次のような作品を展示しています。

  • 象牙彫刻の屋形船
  • 高さ2mを超える玉翡翠の彫刻
  • 延べ26,000m、400色のシルク糸を使った刺繍

展示を見るときは「こんなところにも人がいる!」「よく見たらここに模様が彫られているよ」など、自分の発見を相手に伝えながら鑑賞してみたいです。

館内は写真撮影OK!気に入った作品の前でツーショット写真を撮ろう

象牙と石の彫刻美術館の象牙彫刻「娯楽昇平」を見上げる女性

編集部

象牙と石の彫刻美術館には、どんなカップルが訪れますか?また、館内で写真を撮影できるスポットがあれば教えていただきたいです。

館長・山元さん

当館を訪れるのは、年配のカップルが多いですね。

館内は写真撮影OKです。来館された方には「太っ腹ですね」と言われることもあります。素敵な作品の前で、思い出の写真を撮影できますよ。来館の記念に、ぜひツーショット写真を撮ってみてください。

象牙と石の彫刻美術館の「玉翡翠寝台」での記念撮影の様子
▲展示品と一緒に記念撮影。作品に触れたい際は要確認

編集部

作品と一緒に記念撮影できる美術館は、かなり珍しいのではないでしょうか。お気に入りの作品の前で写真を撮るのは、デートの後にも2人で見返しながら、美術館での思い出話に花が咲きそうですね。

美術館で写真を撮影するときは、最低限のマナーとして、次の2点に注意したいです。

  • 三脚や自撮り棒は使わない
  • フラッシュで撮影しない

写真を明るくしたいときは、後から加工でトーンアップする方法もありますよね。

他ではめったに手に入らない!象牙のアクセサリーを購入できる

編集部

展示を見終わったら、ショップで思い出の品を探したくなる方もいると思います。美術館には、買い物ができるお店はありますか?

館長・山元さん

売店では、象牙のアクセサリーや石の小物などを販売しています。象牙のアクセサリーは販売許可が必要なため、他ではめったに購入できないんですよ。

編集部

象牙で作られたグッズを購入できるというのは、象牙と石の彫刻美術館ならではですね。カップルでおそろいのアクセサリーを身につけたり、置物を自宅に飾ってデートの思い出を振り返るのもいいですね。

象牙と石の彫刻美術館の口コミと評価

象牙と石の彫刻美術館に所蔵されている玉翡翠寝台

編集部

来館された方からは、どのような感想を言われますか?

館長・山元さん

象牙と石の彫刻、あまりイメージがわかず半信半疑で入館しましたが、展示品のスケールの大きさ、繊細で緻密な彫刻技法に驚かされました」というお声をいただいております。

編集部

やはり作品の迫力と繊細さが印象に残るようですね。

公式サイトでも、来館された方の感想が掲載されています。「象牙は印鑑のイメージしかなかったので、こんなにも豪華な美術作品があるんだと驚いた」という声などを拝見しました。

また、Googleマップにもたくさんの口コミが投稿されていて、評価も★4以上と高評価です。その中から一部をご紹介します。

アイコン
ものづくりの凄さを味わいたい人・驚きたい人におすすめです!
アイコン
はじめにスタッフの方が館内を案内してくださいました。解説がわかりやすく、後で説明を思い出しながらじっくり鑑賞できました。
アイコン
大型の象嵌屏風「楊貴妃」と「西遊記」は場面ごとに解説があり、作品を鑑賞しながら物語も楽しめた!

作品の緻密な装飾や職員の方の丁寧さ、解説のわかりやすさに満足されている方が多くいらっしゃいました。特にスタッフの方の解説(※)は、個人で訪れても詳しく説明してくれるため、気になることがあったらどんどん質問するのがおすすめとのことです。 ※現在は感染拡大防止のため休止

見ごたえのある貴重な作品がたくさんあり、知識が豊富で親切なスタッフの方も多くいらっしゃる象牙と石の彫刻美術館。時間に余裕を持って、展示品1つ1つをゆっくり鑑賞していきたいですね。

山元さん、本日はありがとうございました。

「象牙と石の彫刻美術館~ジュエルピア~」の基本情報

象牙と石の彫刻美術館の外観

住所 〒413-0231
静岡県伊東市富戸1096-1
アクセス 【東名厚木ICより】
東名厚木IC→小田原厚木道路→石橋IC→R135→熱海よりR135を南下

【東名沼津ICより】
東名沼津ICより伊豆縦貫道→伊豆中央道→修善寺→冷川バイパス→伊豆高原

【下田方面より】
R135を北上
※カーナビを利用する方は「伊東市富戸1101-2(アニマル邸江戸屋)」と入力してください
営業時間 9:00~17:00
休館日 火曜日
料金 大人:1,200円
子供:600円
障がい者割引:大人800円
※割引対象は本人のみ
※他の割引サービスと併用不可
駐車場 大型バス:6台
普通車:100台
問い合わせ TEL:0557-48-7777
FAX:0557-48-7788
平均滞在時間 1~3時間
公式サイト https://jewelpia.com/

※最新の情報はホームページ等でご確認をお願いいたします。
※記事中の金額はすべて税込表示です

「象牙と石の彫刻美術館」周辺のデートスポット

象牙と石の彫刻美術館の大型両面刺繍「紅楼夢」

象牙と石の彫刻美術館の滞在時間は平均2時間程度です。じっくりアート鑑賞した後もまだまだ時間があると思いますので、美術館の前後で、もう1~2か所デートスポットを訪れてみましょう。

おすすめのデートスポット

バリエーション豊かなイタリアンが楽しめる「Cucina Italiana ラ・ポルタ」

「Cucina Italiana ラ・ポルタ」は、象牙と石の彫刻美術館から車ですぐの所にある、豊富なメニューバリエーションが魅力のイタリアンレストランです。パスタやピザ、リゾットから肉や魚の香草焼きまで様々なメニューがあります。もちろん、ティラミス、ケーキなどのデザートもありますよ。

特にランチは、パスタやピザといったメインと、サラダ・飲み物がセットになったメニューもあり、お得にお腹いっぱい食べられます。

ログハウス風の内装で、リラックスできるアットホームな雰囲気が漂っています。晴れた日はデッキ席での食事もおすすめです。ランチタイムは11:30~15:00、定休日は火曜日です。

公式サイト:https://i-laporta.com/index.html

「伊豆クラフトハウス」で思い出のガラス作品作り

「伊豆クラフトハウス」では、吹きガラスやとんぼ玉、サンドブラスト、ポタリーペインティングなどの体験ができます。デートの思い出作りに、世界にひとつだけのオリジナルのガラス作品を作ってみましょう。

吹きガラス、ポタリーペインティング以外の作品は、できあがったらそのまま持ち帰ることができます。持ち帰る際に作品が割れるのが心配な方は、宅急便で配送してもらうことも可能です。

年末年始や土日祝日、夏休み期間中は混み合うため事前に予約をしておきましょう。吹きガラス体験は15分ほど、とんぼ玉作りなどは90分程度の所要時間です。定休日は不定期のため、デート前には公式サイトの確認を忘れずに。

公式サイト:https://www.izu-crafthouse.org/

まとめ:伊豆高原でアートと自然を満喫するドライブデート

象牙と石の彫刻美術館所蔵「東洋の七不思議・象牙多層球」の写真

工芸作品を見て・作って満喫する、伊豆高原ドライブデートプランをご紹介しました。

象牙と石の彫刻美術館では、他ではなかなかお目にかかることのできない貴重な象牙の彫刻作品を見ることができます。繊細な装飾が施された華やかな作品を、YouTubeの解説を聴きながら1つ1つじっくりと鑑賞しましょう。

紹介したデートスポットは、すべて静岡県伊東市の伊豆高原にあります。春~秋にかけては、車の窓を開けてドライブするのも気持ちがいいでしょう。デートで伊豆高原を訪れるときは、ぜひ参考にしてみてくださいね。

公式アカウントをフォロー

マッチングアプリ大学公式ツイッターマッチングアプリ大学公式フェイスブック