【名古屋】古川美術館と為三郎記念館で感性を磨き2人の世界に浸る大人デート

今回ご紹介するのは、名古屋市千種区にある「古川美術館」と「分館爲三郎記念館」を中心に、美術鑑賞を楽しみながら風情ある日本家屋や日本庭園で落ち着いた時間を過ごす大人のデートプランです。

古川美術館では実業家・古川爲三郎が収集してきた美術コレクションを鑑賞でき、旧邸宅内部と日本庭園が公開されている分館では、日常から離れて静寂の空間に身を置くことができます。

周辺には閑静な住宅街が広がり、趣のある料亭や個性豊かな雑貨屋が集まったスポットもめぐることができますよ。落ち着いた空間でゆったりとした時間を楽しみたいカップルにおすすめのデートプランを紹介していきます。

こんなカップルにおすすめ!
おすすめ年代:30代~50代
おすすめカップル:美術鑑賞好き、静かな時間を過ごしたいカップル
どんなデート?:美術鑑賞、日本庭園で撮影、上品なランチ
目安時間:4~5時間
目安予算:2人で8,000円程度

概要:古川美術館と為三郎記念館で感性豊かに過ごす大人デート

今回は、静かな住宅地に建てられた古川美術館で美術鑑賞を楽しんでから、風情ある料亭でちょっと豪華なランチをいただくデートプランをご提案します。周辺に広がる覚王山界隈の落ち着いた雰囲気も楽しめるコースを考えてみました。

10:00 地下鉄東山線池下駅で待ち合わせ
10:10~11:10 古川美術館で美術鑑賞
11:30~12:30 松楓閣にてランチ
12:30~13:30 覚王山界隈を散策、雑貨屋めぐり
13:30~15:00 分館爲三郎記念館にて休憩

*空き時間は散策など移動時間

最初に美術鑑賞で感性に刺激を受けたあと、高級住宅街を散歩しながら近くの料亭「松楓閣」へ向かいます。数寄屋造りの建物と趣のある日本庭園に囲まれていただくランチは、とびきり贅沢な気分を味わうことができます。

ランチの後は覚王山界隈を散策。個性的な雑貨屋があつまるスポットでおみやげをチェックしながらリラックスしたら、再び古川美術館の分館爲三郎記念館に戻り、ゆっくりとした時間を過ごすデートコースです。

「爲三郎記念館」では母屋や茶室に置かれた美術品を眺めながら、おいしいスイーツをいただくことができます。四季によって違う景色を楽しめる日本庭園も魅力たっぷりで、思い出の撮影スポットになりますよ。美術に詳しいカップルはもちろん、美術に親しむ機会がなかったカップルにとっても、心豊かな時間を過ごせると思います。

落ち着いた雰囲気のなかでゆっくりと語り合えるデートプランになっていますので、2人の未来についてゆっくりプランを練りたいカップルにおすすめですよ。

まずは、ゆったりとした時間を過ごせる古川美術館の魅力から、詳しくご紹介していきます。

目利きコレクターの収蔵品2,800点を有する古川美術館

古川美術館の外観
▲ギリシャ建築を思わせるような堂々とした外観の古川美術館

古川美術館は名古屋市千種区の住宅街にあり、近代的な造りの外観が印象的な美術館です。日本美術を始め洋画や工芸品など、古川爲三郎が収集した約2,800点ほどのコレクションを所蔵し、随時内容を変えて展示しています。常設展はなく、毎回の展覧会で違う展示物を見られるところが魅力です。

古川美術館では分館も併設され、古川爲三郎が晩年過ごした邸宅内部を「爲三郎記念館」として公開しています。国の登録有形文化財に登録されている建物内部では、床の間や茶室にも美術品が展示され、企画展や茶会などのイベントが行われることもあります。

日本の風情が存分に味わえる上品な庭園も大きな魅力で、カップルにおすすめの撮影スポットになっています。四季折々の景色を楽しみながら母屋内部のカフェでいただく美味しいスイーツも格別ですよ。

近くには覚王山の街並みが広がり、風情のある坂道を散歩がてら美術鑑賞に親しむデートは、訪れたカップルに落ち着いた時間を与えてくれることでしょう。

今回は、古川美術館学芸課の主任学芸員兼広報担当の山内綾子さんに、施設の展示物や魅力についてお話をお伺いしました。

「富士山」「美人画」「地元ゆかりの作品」は人気の3本柱

編集部

名古屋の住宅地のなかに現れた、いかにも美術館というイメージの建物が印象的ですね。起伏のある土地にあって緑の屋根が目印になりそうです。どのような魅力を持つ美術館なのでしょうか。

まずは、主に展示している作品について教えてください。

山内さん

古川美術館は名古屋の実業家・古川爲三郎(1890-1993)が長年にわたり収集してきた美術品をもとに設立された美術館です。

常設展示はなく、内容を変えて年5~6回からの展覧会を開催しています。所蔵品を中心に展示する「所蔵企画展」を2~3回、春と秋に所蔵品以外のものをあわせて展示する「特別展」を開催しています。日本画、洋画、工芸など毎回違う展覧会を楽しめるところが当館の魅力です。

編集部

実業家の方の収集品となると、著名な作品や貴重な美術品が数多く所蔵されていそうですね。開館30周年を迎えて特別な企画展も行われているようなので、展示を楽しみにしているファンの方も多いのではないかと思います。

具体的には、どのような作品が展示されるのでしょうか。

山内さん

所蔵品展では日本画が中心となることが多く、特に爲三郎が好んで収集していた3本柱となる「富士山」「美人画」「地元ゆかりの作家」の作品を軸に展示を構成したりします。

特に人気の作品には、富士山を描いた横山大観「霊峰不二」「三保之富士・松原」、竹内栖鳳「富嶽」、美人画からは上村松園「初秋」「紅葉狩り」、鏑木清方「夏の日盛り」「夕立ち」、地元ゆかりの作家では川合玉堂「春峡萬弦」「驟雨」などがあります。

所蔵品から様々なテーマを立てたテーマ展(風景展、洋画展、色彩展など)を開催していますが、これらの作品は常に観られるわけではないので、ホームページなどで展覧会内容を確認していただけると嬉しいです。

古川爲三郎についてはこちらを参照ください:http://www.tamesaburo.jp/tame.html

編集部

人気の作品は、いずれも有名な日本画ですね。美術鑑賞が好きなカップルなら、じっくり楽しみたい作品も多く話題につきないことでしょう。カップルのどちらかが日本画に詳しければ、パートナーに解説したり、どのように感じたかを楽しく語り合える時間になりそうですね。

過去には、どのような企画展が行われたのですか?また、今後開催予定の企画展があればご紹介ください。

山内さん

2021年春には特別展「若手作家展」、秋には特別展「印象派とエコール・ド・パリ」展(12月19日まで)などを行いました。

今後は「東海ゆかりの芸術家たち」「佐光亜紀子展」「日本現代工芸展」「公募展Fアワード」(洋画を志す学生対象の公募展)「朱生会展」「市野亨&龍興展」などの開催を予定しています。

編集部

公募展はまた違った活気が感じられそうですね。次から次へと工夫を凝らした展示が楽しめるのは、訪れる人にとっても大きな魅力だと思います。

所蔵企画展「今見たい東海ゆかりの芸術家たち」についてはこちらを参照ください:https://www.furukawa-museum.or.jp/show_exhibit?time_seq=1

大変貴重なコレクション「ブシコー派の画家の時祷書」

編集部

たくさんのコレクションの中から、山内さんのおすすめの作品があったら教えていただけますか?

山内さん

古川美術館は創設者である古川爲三郎が集めた美術品が元となっており日本画が多いのですが、爲三郎が集めた富士山を描いた絵画と美人画のコレクションがおすすめです。

例えば横山大観「霊峰不二」や、上村松園「初秋」などです。

古川美術館所蔵・横山大観の作品「霊峰不二」
▲横山大観「霊峰不二」1944年作

古川美術館所蔵・上村松園の作品「初秋」
▲上村松園「初秋」1943年頃の作品

編集部

横山大観は近代日本画を代表する画家で知っている方も多いと思います。いろいろな富士山を数多く描いていて「霊峰不二」と題する作品もたくさんあるようですね。

上村松園は知らなかったのですが、美人画で有名な女性画家なのですね。富士山と美人画といえば日本美術の象徴と言っても良い題材ですから、美術鑑賞初心者にとっては、親しみやすい作品ではないかと思います。日本画にはあまり馴染みがないというカップルでも話題にしやすいのではないでしょうか。

数多くのコレクションの中で、山内さんの一押しの作品がありましたらご紹介ください。

山内さん

特に私が好きな作品は、1412年にフランスで製作された装飾写本「ブシコー派の画家の時祷書」です。

これは中世フランスで、主に貴族が時間ごとのお祈りのために作らせた祈祷書です。手の中に納まるほど小さい本ですが、本を開くと祈りの言葉が色鮮やかな装飾文字で手書きされています。聖母マリアの物語の挿絵と共にその美しさに魅了される作品です。

古川美術館所蔵の「ブシコー派の画家の時祷書」
▲「ブシコー派の画家の時祷書」は大変古い貴重なコレクション

加えて制作当時のままの完全な本の形で残っている状態は日本ではほぼないという、大変貴重なものでもあります。大変古いものなので、4,5年に一度しか展示できないのですが、展示するときには是非見に来て欲しいです。

編集部

とてもきれいな色彩で、日本美術とは全く違った刺激を受けられそうですね。手のひらサイズというのがとても興味深いです。貴重な展示の機会には、ぜひ拝見したいと感じました。

毎回展示品が違うとなると、何度も訪れて楽しむ方も多いのではないかと思います。さまざまな美術鑑賞を楽しみたいカップルには魅力的な美術館だと感じられました。

初心者でも楽しめる!どう鑑賞するかは観る人の自由で良い

編集部

一方で、こうした美術作品にあまり触れる機会がなく、どのように楽しめばよいかわからないという人も多いと思います。知識がない人はどのように鑑賞したらよいか、アドバイスをいただけますか?

山内さん

芸術鑑賞は難しいとか、作品をどのように観たらよいかわからないというお声もよくいただきますが、どのように作品を鑑賞するかは、観る方の自由で良いと思っています。

展示作品の前に立って「この色がきれい」「何を描いているのだろう」「作家は何がいいたいのかな」など、作品を見て自然に浮かんだ感想や疑問を大事にして作品を見つめると、それぞれの答えが浮かんでくると思います。もし、それでもわからなかったら、脇に展示してある解説を読んで欲しいと思います。

最初に解説を読んで、その解説の内容を作品で確認するというのも悪くないのですが、それだと学芸員の解釈が入ってします。まずはご自身の心で感じてみる、そんな美術の楽しみ方をしてほしいと思っています。

編集部

それは心強いアドバイスです。美術鑑賞というと、どうしてもかしこまったイメージで緊張してしまいそうですが、自由な楽しみ方をして良いとわかれば、少しリラックスして鑑賞することができますね。

これまで美術館が縁遠かった人も、自由に感じ取るアート体験だと考えて鑑賞のきっかけにできると良いなと感じました。

四季折々で違った景色を見せる「分館為三郎記念館」

古川美術館の分館「爲三郎記念館」の外観

編集部

古川美術館ならではの魅力というと、どのようなところにありますか?

山内さん

古川美術館には分館があります。ギリシャ建築を思わせる外観や内装が特徴の古川美術館に対し、分館・爲三郎記念館(旧古川爲三郎邸)は日本の伝統的な数寄屋建築で造られています。この全く異なる空間を一緒に楽しめるところが当館の魅力と言えます。

趣の異なる二つの建物があるので、1日ゆっくりと楽しんで過ごすことができますよ。

編集部

爲三郎記念館についてはホームページで拝見しました。古川美術館から徒歩1分ほどの場所に、爲三郎が晩年過ごした邸宅の内部が公開されているようですね。数寄屋造りの母屋の茶室や庭園はとても風情があり、美術鑑賞後の余韻に浸るにはふさわしい場所ですね。

爲三郎記念館ではどのような楽しみ方ができるのですか?

山内さん

旧古川爲三郎邸は昭和9年に創建され、建物内部の床の間や部屋の各所に展示された美術品を鑑賞することができます。

また爲三郎記念館でも、陶芸や絵画の展覧会を開催することがあります。美術館とは異なる、“日本家屋”という和室空間が作り出す独特の空気感は、作品の見え方を大きく変えてしまいます。

ただ、爲三郎記念館は美術館のように空調管理ができません。そのため、作家さんにその旨ご了承いただいた上で、展示に参加していただくのですが、最近では「記念館で展示したい」という作家さんが結構いらっしゃいます。

古川美術館分館「爲三郎記念館」桜の間全体の様子
▲爲三郎記念館「桜の間」では、田村能里子氏による壁画「季の嵐」が見どころの一つ

編集部

実業家が生前過ごした広い邸宅の内部を見学できるのは貴重な機会ですね。美術品と合わせて爲三郎という人物像もうかがえそうで、どのような感覚を味わえるのかとても興味を惹かれます。情緒あふれる庭園もすばらしく、分館すべてが大きな鑑賞作品のように感じられますね。

建物や庭園の魅力について、もう少し聞かせていただけますか?

山内さん

爲三郎記念館は傾斜地に建てられていますので、採光のために部屋の窓がとても大きくとられています。四季折々に差し込む日の光が変化し、また、1日の中でも午前と午後でその様子が変わります。

古川美術館分館「爲三郎記念館」のひさごの間
▲爲三郎記念館「ひさごの間」は母屋のなかで最も格調高い部屋で、襖にはひょうたんの模様が漆で型押しされています。

冬の午前中は広間に差しこむ日差しが暖かで柔らかく、それらが作り出す優しい時間が私は一番好きです。そのほか晴れた日、雨の日、雪の日と、それぞれ趣の違う姿を見せてくれます。

年間パスポート会員の方などは、ご自身の好きな時間にご来館され、ゆったりとカフェを利用されています。雪景色を好む方が多いですね。

古川美術館の分館「為三郎記念館」の呈茶席
▲爲三郎記念館の呈茶席では日本庭園を眺めながらゆったりとした時間が過ごせます。

編集部

日本庭園や和風好みのカップルにとっては大変魅力的なデートスポットだと思います。どの季節に訪れても素敵な思い出が作れそうですね。これはぜひ、カップルで立ち寄っていただきたい空間ですね。

爲三郎記念館でイベントやワークショップなどを実施することはありますか?

山内さん

季節ごとにお茶会やワークショップなどを開催していますが、現在は社会状況に合わせて実施しておりません。再開情報に関しては美術館ホームページや展覧会チラシなどでご確認下さい。イベントは基本的に事前予約制です。

編集部

ホームページ上で学芸員によるギャラリートークの映像が観られたり、リモート講座もあるようですね。美術館の見どころや作品の知識を深めることができる催しが工夫されているようですから、興味のある方はホームページをチェックしてみるとといいですね。

美術館と記念館共通のチケットで1日ゆっくり過ごす

爲三郎記念館の入口付近の様子
▲爲三郎記念館の入口風景

編集部

爲三郎記念館へ行くには美術館を出て1分ほど細い坂道を上っていくようですが、このあたりは丘陵地で坂も多く、周辺を散策するとさまざまな景色が楽しめそうだと感じました。

美術館で鑑賞してから少し散歩を楽しんで、その後また記念館を訪れるということもできますか?

山内さん

美術館で使用したチケットはその当日であれば、チケットを受付提示していただくと何度でも入退館ができます。美術館で展覧会を鑑賞後、近くでお食事をしてから分館・爲三郎記念館に戻ってゆっくりお茶とお菓子で舌つづみ、という楽しみ方もおすすめですよ。

美術館は平日の午前中、土日の15時以降、記念館は平日、土日ともに午前中が比較的空いています。利用の際の参考にしてみてください。

古川美術館でゆっくり美術鑑賞をしたあとは、ぜひ記念館でも素敵な時間を過ごしながら美術館デートをお楽しみいただきたいと思います。

編集部

これだけの魅力のある建物ですから、ゆっくり楽しみたいカップルには嬉しいご提案ですね。周辺の景観も楽しみながら、記念館の素晴らしい庭園でのんびり過ごす時間は、カップルが落ち着いて語り合うにはふさわしいひと時になると思いました。

古川美術館の分館「為三郎記念館」の中庭
▲爲三郎記念館の中庭の様子

結婚式の前撮りでも人気の日本庭園

編集部

爲三郎記念館でカップルが思い出に残せるような写真撮影は可能でしょうか?おすすめのフォトスポットがあればご紹介ください。

山内さん

爲三郎記念館には素敵な日本庭園があります。邸内では決められた場所以外での自由な撮影はできませんが、庭は自由に撮影ができるので、ここでぜひ記念撮影をどうぞ。

また、記念館では邸内と庭を使用して結婚式の前撮りをされるカップルもいらっしゃり、撮影スポットとしても人気があります。

結婚式の前撮りなどは予約制になっておりますので、ホームページに掲載の「フォトプラン」からお申し込みください。

フォトプランについてはこちら:https://www.furukawa-museum.or.jp/photo

編集部

日本庭園は季節や時間帯によっても景色が変わって見えますから、訪れたその時にしか出会えない瞬間があると思います。2人の思い出作りにはふさわしい撮影スポットになりそうですね。

古川美術館のらせん階段1
▲古川美術館のらせん階段で撮影できるウェディングフォトプランもあります。

古川美術館のらせん階段2
▲ゴージャスな雰囲気で満ちた美術館内部のらせん階段

日本庭園と美術鑑賞でくつろげる「数寄屋 de café」

「数寄屋 de café」の呈茶席
▲数寄屋de caféの呈茶席の様子

編集部

爲三郎記念館にはカフェもあるというお話ですが、詳細を教えてください。

山内さん

爲三郎記念館の邸内には「数寄屋 de café」があります。邸内の美術作品を鑑賞しながら抹茶やコーヒーなどをお召し上がりください。広くとった窓からは日本庭園も楽しめるので、素敵な時間を過ごすことができますよ。

メニューは季節の上生菓子やミニ洋菓子、アイスクリーム(各種)などのお好きなお菓子とお飲みもののセットです。飲み物メニュは抹茶、コーヒー、紅茶、ジュース(各種)などがあります。

そのほか少し変わったものとして餡子(あんこ)と一緒に食べるあん珈琲、甘酒などもご用意しています。古川美術館と爲三郎記念館共通入館券をお持ちの方はすべて700円です。

「数寄屋 de café」の抹茶と季節の上生菓子
▲「数寄屋 de café」の抹茶と季節の上生菓子

「数寄屋 de café」のあん珈琲
▲「数寄屋 de café」のオリジナル「あん珈琲」

数寄屋 de café:https://www.furukawa-museum.or.jp/teicha

編集部

美術鑑賞で感性に刺激を受けたあと、いろいろな感想を語り合うにはぴったりで、とてもぜいたくな空間が用意されていると思いました。日本庭園の四季を感じながら、カップルで「あん珈琲」を頂くと、ほっと癒されそうですね。ゆったりとした時間の中で、普段とは違った2人の会話が生まれそうですよ。

古川美術館を利用した方の感想及びクチコミ

編集部

来館した方からはどのような声が聞かれますか?

山内さん

「記念館のcaféでは季節に合わせてお菓子がかわるのでとても楽しみです」という声をいただいています。また「展覧会がいつも違うものを開催しているのでパスポート会員になって年間何度も来るようになった」という方もいらっしゃいます。

編集部

何度も足を運ぶ方がいることで古川美術館の魅力が伝わりますね。編集部でも、事前に口コミを拝見したので、一部を紹介させていただきます。

アイコン
こじんまりとして静かな美術館でコレクションは立派な作品が多い。
アイコン
ブシコー派の画家の時祷書が見られて感激した。
アイコン
記念館の部屋を見て回るのが楽しかった。また来たい。
アイコン
記念館は街中にあって別世界のような気分に浸れる。

編集部

爲三郎記念館の素晴らしさについてのコメントも多く見られました。日本家屋や庭園に魅了される方が多いことがわかりますね。

今回は古川美術館と爲三郎記念館の魅力をたっぷり教えていただきまして、ありがとうございました。

古川美術館の基本情報

住所 〒464-0066
愛知県名古屋市千種区池下町2丁目50
アクセス 【電車】
・地下鉄東山線「池下駅」1番出口より東へ徒歩3分
・地下鉄東山線「覚王山駅」1番出口より西へ徒歩5分
【バス】
・名古屋市バス「池下」下車
開館時間 午前10時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
休館日 月曜日(祝日や振替休日にあたるときは、その翌日)
電話番号 052-763-1991
駐車場 美術館の北側(正面裏側)に6台(そのうち1台は身障者用)
■駐車場の詳細はこちら
入館料 【古川美術館・爲三郎記念館 2館共通入館券】
・一般:1,000円
・高校生・大学生:500円
・小学生・中学生:無料
所要時間 1時間~2時間程度
公式サイト ・古川美術館:https://www.furukawa-museum.or.jp/
・分館爲三郎記念館:https://www.furukawa-museum.or.jp/memorial
・古川美術館ウェブショップ:https://furukawamuse.official.ec/

※最新の情報はホームページ等でご確認をお願いいたします。
※記事中の金額はすべて税込表示です

古川美術館周辺のおすすめデートスポット

古川美術館のもう一つの最寄り駅、地下鉄東山線「覚王山駅」周辺は覚王山地区で、タイ王国ゆかりの「日泰寺」や松坂屋初代社長の別宅「揚輝荘」などがあり、名古屋市でも知られる高級住宅街が広がっています。

美術鑑賞をしたあとは料亭で贅沢なランチをいただいて、覚王山界隈のおしゃれな散策ポイントでリラックスするのがおすすめですよ。

おすすめのデートスポット

贅沢な和の空間「松楓閣」でいただく至福のランチ

古川美術館から覚王山方面へ歩いて数分のところにある「松楓閣」は1,500坪の敷地を持つ料亭で、二十余りのお座敷と日本の四季を感じられる庭園が魅力です。館内では、懐石料理、お座敷天ぷら、お寿司屋やステーキなどを堪能できます。

公式URL:http://www.shofukaku.jp/top/index.php

古川美術館と松楓閣でのランチがセットになったお得なプランを利用するのもおすすめですよ。

お得な古川美術館&ランチセットプラン:https://www.furukawa-museum.or.jp/info/value/setplan

小さな雑貨屋が集結した「覚王山アパート」でリラックス

松楓閣から1分程歩くと日泰寺に向かう参道に出ます。その途中にあるおしゃれな雑貨屋の集合体が「覚王山アパート」です。古い木造アパートを改装した2階建ての建物には小さな個性的なショップが集結しています。

古本や針金細工、ニットアクセサリーなどの可愛らしい雑貨屋や、個展やグループ展も開かれる小さなギャラリー空間もありますよ。

カップルで訪れた思い出にお土産を探すにはちょうど良い空間です。ちょっと立ち寄ってリラックスしてみてくださいね。

公式URL:http://kzapt.nagoya/

周辺のおすすめスポット

歩いて回れる周辺には、立ち寄れるスポットがありますのでご紹介しておきます。

まとめ:感性を高めて贅沢な空間を堪能しよう

今回は、古川美術館と分館の爲三郎記念館で感性豊かな時間を過ごすデートプランをご紹介しました。

芸術に触れ、周辺の景観を楽しみながら2人でゆっくりと散策する時間は、心豊かに過ごせるひとときになると思います。都会のオアシス的な日本庭園で心も満たされて楽しむ会話は、2人の素敵な思い出となって残ることでしょう。

時には贅沢な食事をいただきながら満ち足りた雰囲気に浸りたいカップルは、ぜひデートプランの参考にしてみてくださいね。

公式アカウントをフォロー

マッチングアプリ大学公式ツイッターマッチングアプリ大学公式フェイスブック