日本郷土玩具館で博物館デート。倉敷川のほとりで四季もや老舗お土産も堪能|岡山県倉敷市

この記事では、岡山県倉敷市にある「日本郷土玩具館」を訪ねて、全国各地から収集された1万点にも上る郷土玩具を見学し、ハイセンスなアイテムのお買い物も楽しむという、ちょっと欲張りなデートプランを紹介します。

日本郷土玩具館は、倉敷市の美観地区内に建っており、江戸期の米蔵を改装した建物も情感たっぷり。中庭を囲むようにギャラリーやショップも併設されていますから、おしゃれ気分で、知的な雰囲気のデートにもぴったりのスポットだと思います。

今回は、そんな日本郷土玩具館の魅力や見どころ、デートでの楽しみ方などについて、同館スタッフの鈴木さんにお話を伺ってみました。

全国の郷土玩具が1万点以上!江戸期の米蔵で味わう「和の懐かしさ」

「日本郷土玩具館」の展示室内の様子
▲展示室内の様子。全国各地の郷土玩具が豊富に展示され、眺めていて飽きない

「日本郷土玩具館」に展示される玩具の数々は、現館長の大賀さんと義父である初代館長の手で、全国各地から時間をかけて集められたもの。2棟に渡って展示されており、醸し出す雰囲気はどの玩具も優しく、懐かしさにあふれています。

ここからは、同館の展示内容について、具体的に伺っていきましょう。

倉敷川のほとりの和風博物館。カフェやショップも併設

編集部

初めてお邪魔しましたが、和の風情たっぷりの蔵のような建物で、柳がなびく倉敷川が目の前に流れ、古きよき日本を体感できそうな施設ですね。

最初に、コンセプトやロケーションなどについて、お話しいただけますか?

鈴木さん

私ども日本郷土玩具館は、地元では「gangukan」の愛称でも知られ、倉敷市の「美観地区」に位置しています。目の前には倉敷川が流れ、柳が風になびく光景は美しく、和の風情にあふれた景観です。

公式:倉敷市役所「美観地区」

建物も、倉敷が天領であった江戸期から当地で商売を営んでいた先人が残した米蔵をそのまま利用しておりまして、地元の豊かな歴史も感じていただけると思います。開館は1967(昭和42)年で、全国の郷土玩具を展示する「博物館」を中心とした複合施設です。

公式:日本郷土玩具館「玩具の博物館 日本郷土玩具館 gangukan」

日本郷土玩具館別棟入口

敷地内には、「博物館」のほかに、玩具・雑貨を取り扱う「ショップ」、全国の作家によるクラフトやアートの展覧会を催す「プラスワンギャラリー」、 日常使いできる器を取り扱う「サイドテラス」がありますよ。

公式:日本郷土玩具館「ショップ SHOP」

公式:日本郷土玩具館「プラスワンギャラリー +1GALLERY」

公式:日本郷土玩具館「サイドテラス SIDE TERRACE」

それと、テイクアウトも可能な併設の「サイドテラスカフェ」がリニューアルオープンしました!詳細は以下のインスタグラムをチェックしてみてくださいね!

公式インスタグラム

米蔵の土壁や中庭の紅葉!日本の四季を堪能できるスポット

編集部

展示品の見学する際に、おすすめの方法や頭に入れておくとよいポイントなどがあれば、併せて教えてください。

鈴木さん

当館では、なるべく自然に近い状態で玩具を保存する目的で、エアコンを設置していないんですよ。江戸期以来の米蔵が持つ本来の特性を活かして、展示室として利用しております。

「日本郷土玩具館」正面外観(お祭りの夜)
▲お祭りの夜の「日本郷土玩具館」。江戸期に建てられた、本物の米蔵の特性を活かした博物館

耐火や断熱の性能を高めるために、分厚く造られている土壁が生み出す室温・湿度をリアルに体感いただけるでしょう。真夏の館内は暑く、真冬には寒くなりますから、気候の穏やかな時期にお越しいただくと、ゆったりと快適に展示品をご見学いただけるかと思います。

編集部

展示内容以外の見どころが館内にありましたら、ご紹介いただけますか?

鈴木さん

博物館やショップ・ギャラリーなどは、中庭とテラスを囲んで建っていますから、ぐるりと巡れる楽しさがあると思います。また、江戸期に建てられて以来の姿を可能な限り維持している、米蔵の内部空間も魅力的ですよ。ぜひじっくりとご覧くださいね。

「日本郷土玩具館」のテラスの様子
▲季節を感じられる中庭やテラスも!フォトジェニックなシーンが多い博物館

日本の昔ながらのおもちゃから伝わる、思い・願い・素材の温もり

「日本郷土玩具館」に常設展示される日本各地のお面の数々
▲常設展示される日本各地のお面の数々。個性豊かで、見ていて飽きないコレクション

編集部

鈴木さんが思われる、「日本郷土玩具館」の最大の見どころ・魅力と言えば、どちらになるでしょうか?

鈴木さん

玩具、すなわちおもちゃは、皆さんにとっても身近な存在ではないでしょうか。大きなものから小指ほどの小さなものまで、全国のたくさんの伝統玩具が一堂に会する光景は圧巻の一言です。

プラスチックやビニールの人形などがまだなかった時代に、子供たちに親しまれてきた日本の昔ながらのおもちゃから、そこに込められた人々の思いや願い、素材の温もり感などが伝わってきますよ。

編集部

ほかの類似施設と差別化できる部分や、ちょっと自慢したいスポットなどが館内にあれば、ぜひ教えてください。

鈴木さん

館内の「ショップ」では、現在も作り続けられている昔ながらのおもちゃを販売しており、子供さんだけでなく、大人の方もけん玉や独楽(こま)などで遊べるんですよ。

「日本郷土玩具館」の「ショップ」で展示・販売中の日本各地の郷土玩具の数々
▲「ショップ」で展示・販売中の各地の郷土玩具の数々。全国の昔懐かしいおもちゃを入手できる博物館は、とっても希少な存在!

また、「吉備津(きびつ)土人形」など、選りすぐりの全国の郷土玩具も販売しております。日本中の昔懐かしいおもちゃを入手できる博物館というのは、当館以外では、国内にもほとんどないのではないでしょうか。

そして、お天気がよい日には、季節を感じられる館内のテラスで、米蔵やガラス張りのショップ「サイドテラス」を背景に写真を撮っていただくと、インスタ映えする一枚を狙えますよ。密かな人気撮影スポットです。

故郷の玩具を探してほっこり。ギネス記録を持つ玩具も!

編集部

次に、メインの展示(常設展)について、ご紹介をお願いします。展示品の見どころや楽しみ方などにも、触れていただけると嬉しいです。

鈴木さん

常設展示中の郷土玩具は、日本全国から収集したもので、おおよそ1万点を数えます。地方色あふれる郷土玩具から始まり、中庭を抜けて別棟へ移っていただくと、達磨や土人形などを展示するコーナーです。

「日本郷土玩具館」に展示される日本各地の郷土玩具の数々(一部)
▲常設展示中の日本各地の郷土玩具の数々(一部)。種類の多さ、美しさに驚く

その奥には、珍しい次郎左衛門雛を始めとする雛人形や、天神さんが部屋いっぱいにあふれており、大凧(おおだこ)の展示は天井にまで及んでいますよ。さらに別棟の2階には、木製玩具と独楽(こま)を中心とした展示です。

「日本郷土玩具館」の天井に展示される大凧(おおだこ)
▲天井の大凧。各地の郷土玩具の数々からも、日本という国の文化力の高さを痛感する

ちなみに、1983(昭和58)年の6月22日に、当時の館長が自身で作った直径90cmの大きな独楽を自力で回して、世界最長の1時間8分57秒のギネス記録を打ち立てました。その際の大独楽も見どころになりますよ。

とりわけ日本各地の郷土玩具の展示は、じっくりと見入ってしまう方も多いようです。ご自身と縁があった土地の玩具には、やはり愛着を感じると思いますし、カップルで各地の玩具を見比べながら、可愛らしい玩具を探し出すのも、楽しい一時になるでしょう。

企画展も併設。期間限定の玩具との出会いを楽しんで

編集部

特別展示(企画展)についてもご紹介をお願いします。繰り返し開催されているものなどもあるのでしょうか?

鈴木さん

博物館のすぐそばに、内倉をリフォームして開放した「プラスワンギャラリー」があります。こちらでは、干支の玩具の展示・販売を毎年11月末~年始にかけて開催し、好評を博してきました。各地の職人や作家が手掛ける個性豊かで、可愛らしい干支の玩具を購入できますよ。

「日本郷土玩具館」の「プラスワンギャラリー」で展示される陶器類
▲館内の「プラスワンギャラリー」では、洗練された印象の企画展や展覧会が多く開催される

ほかにも、プラスワンギャラリーでは、さまざまな企画展や展覧会などを随時開催中です。今後の開催スケジュールについては、公式サイトの「展覧会の予定」ページや、プラスワンギャラリーの公式Instagramをチェックいただければと思います。

公式:日本郷土玩具館「展覧会の予定」

公式:プラスワンギャラリー(Instagram)

ちなみに、現在(2023年2月時点)は、小黒三郎の組み木の雛人形や五月人形を中心に、お節句をテーマにした暖簾(のれん)やタペストリーも展示中ですよ。

「日本郷土玩具館」の「プラスワンギャラリー」で展示される小黒三郎の組み木の雛人形や五月人形など
▲「プラスワンギャラリー」で展示される小黒三郎の組み木の雛人形や五月人形など。色合いもカタチも可愛らしい!

博物館・四季の風景・ショップ巡り…多彩なデートスポット

「日本郷土玩具館」で販売される「倉敷うまれ」の商品・須浪亨商店の「いかご(いぐさで編まれたかご)」
▲「倉敷うまれ」の商品・須浪亨商店の「いかご(いぐさで編まれたかご)」。素朴で実用的だけど、どこか洗練されたおしゃれさも

ここまでは、「日本郷土玩具館」のコンセプトや展示内容など、観光で訪れた際の魅力を中心にお聞きしてきました。ここからは、デートの一環で立ち寄る場合に特化して、お話を伺ってみましょう。

倉敷のお祭りやイベント時期に来るのがおすすめ

編集部

「日本郷土玩具館」では、デート中のカップルが楽しめるようなイベントやワークショップの開催はあるでしょうか?

鈴木さん

近年の社会情勢を考慮して、現在はイベント・ワークショップを自粛中です。状況を見て、醤油の試食イベントを始め、以前のようにさまざまなイベントやワークショップを、早々に企画・開催したいと考えています。

ちなみに、当館は「倉敷春宵あかり」や「倉敷屏風まつり」、「倉敷雛めぐり」などの地域イベントにも協賛しているんですよ。お気に入りの写真をSNS投稿して楽しむお二人には、インスタ映えするシーンが多いので、注目してみてくださいね。

ライトアップイベント「倉敷春宵あかり」時の「日本郷土玩具館」の正面外観と倉敷川
▲ライトアップイベント「倉敷春宵あかり」時の「日本郷土玩具館」。夜の水面(みなも)に映る灯りが美しい

また、毎年11月頃には、こちらの美観地区一帯で開催される、ジャズを楽しむ音樂イベント「ジャズストリート」も開かれます。デートのスケジュールを合わせて、カップルで参加するのもおすすめです。

当館のガラス張りのショップ「サイドテラス」を会場として提供していますから、フォトジェニックなテラスの緑をバックにして、ムーディなジャズのライブ演奏を堪能していただけますよ。

「日本郷土玩具館」の「サイドテラス」で開催される「倉敷ジャズストリート」の様子
▲館内の「サイドテラス」で毎回開催される「倉敷ジャズストリート」。可能ならば、スケジュールを合わせてみたい

各ショップの中でもデートに人気なのは「サイドテラス」

編集部

館内に複数のショップがありますが、デート中のカップルのお土産探しに適しているのは、どちらだと思われますか?鈴木さんの感覚で教えていただければ嬉しいです。

鈴木さん

そうですね、倉と癒着していた茶室の柱と屋根だけを残し、ガラス張りの空間として生まれ変わった「サイドテラス」は、陽光が降りそそぐ中庭に面していて、明るく開放的なショップです。おしゃれ感は抜群ですので、デート向きではないでしょうか。

「日本郷土玩具館」にあるガラス張りのショップ「サイドテラス」内の倉敷ガラスコーナー
▲ガラス張りのショップ「サイドテラス」内の倉敷ガラスコーナー。ハイセンスだけど、嫌味のない開放的な空間

「倉敷ガラス」を始めとして、ガラス器や陶器などの普段使いできるテーブルウェア扱っていますよ。
職人の手仕事により生み出されるようなアイテムは人気です。お二人で、デートの思い出になるようなお土産を探しても楽しいと思います。

人気は倉敷産の老舗お土産。お醤油や和小物など多種多様

編集部

日本郷土玩具館さんならではの、最も人気のお土産も教えていただけますでしょうか?

鈴木さん

「倉敷うまれ」という、地元で生まれて、伝統的な材料や技法で製作されてきた、当館選りすぐりのお土産が人気です。エントランスから入ってすぐ右側に、「倉敷うまれ」のコーナーがありますよ。

公式サイトにもご紹介のページがありますので、ぜひご覧になってみてくださいね。

公式:日本郷土玩具館「倉敷うまれ」

「日本郷土玩具館」で販売される「倉敷うまれ」の商品の数々
▲エントランスを入ってすぐ右手にある「倉敷うまれ」の商品を扱うコーナー。まさに郷土の逸品揃い!

中でも「倉敷の老舗」として、倉敷市から顕彰された江戸末期から続く「丸米醤油」は、まろやかな旨味を感じられるお味で本当に美味しく、パッケージは玩具館のオリジナルデザインとなっていますよ。おうちデートのお料理にもいかがでしょうか。

博物館デート前後はくらしき川舟流しで和の風情を味わおう

「日本郷土玩具館」のエントランスからテラスへとつながる通路
▲エントランスからテラスへとつながる通路。右側は、「倉敷うまれ」の商品を扱うコーナー

編集部

カップルが「日本郷土玩具館」さんを見学する前後に楽しめる、周辺のおすすめデートスポットやアクティビティもありますでしょうか?

こちらが複合施設となっていて、館内で相当程度楽しめますから、プラスアルファ的な軽めのご紹介でも大丈夫です。

鈴木さん

当館の前を流れる倉敷川では、川沿いの風情をゆったりと満喫できる、観光川舟か運行されています。「くらしき川舟流し」と呼ばれていて、ゆっくり水面(みなも)を進む川舟に乗って、なまこ壁がある街並みや風に揺れる柳を眺めることが可能ですよ。

参考:公益社団法人倉敷観光コンベンションビューロー「くらしき川舟流し」

「日本郷土玩具館」前を流れる倉敷川の川舟に乗る新郎新婦
▲「日本郷土玩具館」前を流れる倉敷川の川舟に乗る新郎新婦。何ともフォトジェニックな、古き日本の美しい光景

9:30~17:00の間、30分ごとに出発していて、20分ほどの乗船時間となります。とにかくインスタ映え抜群の光景が次から次に展開して、SNS投稿などを楽しんでいるお二人にも、おすすめできるアクティビティです。

倉敷川の川舟から見た当館の姿も、これまた風情がありますし、船頭さんの観光ガイドも、なかなか興味深いものなので、ぜひ一度お乗りになることをおすすめしますよ。

「日本郷土玩具館」の正面外観を堀から眺める(サクラ開花期)
▲満開の桜と「日本郷土玩具館」を川舟から眺める。ただただ美しく、インスタ映えするシーン

郷土の玩具を通じてお互いの故郷に思いを馳せてみてはいかが?

「日本郷土玩具館」にある「サイドテラス」店内に立つ同館スタッフの鈴木さん
▲今回いろいろお話ししてくださった「日本郷土玩具館」スタッフの鈴木さん。「サイドテラス」店内にて

編集部

これから「日本郷土玩具館」を訪れるカップルへのメッセージや、今回のインタビュー取材で伝えきれなかった想いなどがありましたら、ぜひお話しください。

鈴木さん

誰でも一度は触れたことがある玩具の姿は多様ですが、どんな年代の方に見ていただいても分かりやすく、楽しんでいただける展示内容だと思います。人間に故郷があるように、玩具にも故郷があるんですね。

郷土の玩具を通じて、お互いの故郷に思いを馳せるのも、素敵なひと時だと思いますよ。デートの途中にも、ぜひお気軽に立ち寄って、のんびりとお過ごしください。

編集部

展示された数々の郷土玩具を見て感じたのは、古くから日本には、子供を大切にする文化が根付いていたんだな、ということです。

何より、玩具の多彩さにびっくりしました。世界を見回しても、一つの国の中でこんなにもバリエーション豊かな郷土玩具がある国は、ほかに思い当たらないですね。

鈴木さん、本日はいろいろなお話を聞かせていただき、どうもありがとうございました。

日本郷土玩具館の口コミ・感想

「日本郷土玩具館」内の「ショップ」で販売される日本各地の独楽(こま)

デートの参考になるよう、実際に「日本郷土玩具館」を見学した皆さんが残した口コミや、感想をいくつかご紹介しましょう。

アイコン
大変な数の郷土玩具があるので、しっかり時間をとって見学しないともったいないです。
アイコン
地域や時代ごとに整理して展示されていて、初めて訪れても分かりやすいと感じた。
アイコン
全国の郷土玩具が展示されていますから、旅好きカップルのデートにおすすめです。倉敷らしい和の佇まい(たたずまい)も素敵!
アイコン
周囲も合わせて、風情ある景観を楽しめる博物館。誰もが楽しめると思う。

全般的に高評価の施設でした。とりわけ全国の郷土玩具が一堂に会して圧巻なこと、昔ながらの倉敷らしい和の佇まいが魅力的なことには、多くの皆さんが触れていました。子供さんだけでなく、大人カップルが十分に満足できるデートスポットだと感じます。

日本郷土玩具館の基本情報

「日本郷土玩具館」の「プラスワンギャラリー」で展示される2023年の干支・兎の郷土玩具類

入館料 【博物館の見学のみ有料(ショップのレジでお支払い)】
・大人:一人500円
・中〜大学生:一人300円
・小学生以下:無料
割引 障害者手帳をお持ちの方は、大人300円に、中〜大学生200円に割引となる
※当該の手帳をショップのレジにて要提示
雑しない時間帯 どの時間帯でも、比較的ゆっくり見学できる
※特定の時間帯に、見学者が集中する傾向はあまりない

※金額は、すべて税込表示です

住所 〒710-0046
岡山県倉敷市中央1-4-16
電話 086-422-8058
※平日10:00〜17:00の対応
※店舗混雑時には、応答できない場合あり
アクセス 【公共交通機関】
・JR山陽本線/伯備線:倉敷駅下車・南口から徒歩約15分/タクシー利用で約5分
・水島臨海鉄道線:倉敷市駅下車・出入口から徒歩約15分/タクシー利用で約5分
【車】
・山陽自動車道:倉敷ICより約20分
・瀬戸中央自動車道:早島ICより約18分
駐車場 駐車場なし
※車の乗り入れ不可となっているため、最寄りの駐車場を利用
※芸文館の地下駐車場、もしくは中央図書館の市営駐車場の利用が便利
開館時間 10:00~17:00
※館内の「プラスワンギャラリー」のみ、展覧会等の最終日は16:00まで
休館日 毎年元日(1月1日)
※ほかに不定期で休館となる場合あり(公式サイト・トップページをご参照)
併設飲食施設 サイドテラスカフェ
※リニューアル準備のため休業中(2023年2月時点)
公式サイト https://gangukan.jp
公式SNS Instagram
Facebook

※最新の情報は、公式サイト等でご確認をお願いいたします
※記事中の金額は、すべて税込表示です