【千葉市】千葉県立中央博物館を中心にまわる、自然に癒やされるほっこりデートプラン

今回紹介するのは、千葉の中心エリアで自然を楽しみながら生物や歴史についても学べる、ちょっとアカデミックなデートプランです。

デートのメインとなる千葉県立中央博物館は、千葉の自然や歴史について学べる博物館です。展示物が標本や模型で視覚的にわかりやすい工夫がされているため、博物館にあまり馴染みがないカップルでも楽しめます。

迫力の館内展示はもちろんですが、併設された野外博物館の「生態園」で四季折々の植物鑑賞や、野鳥観察など、豊かな自然に触れられるのもこの博物館ならではの魅力です。

自然に囲まれてのんびりとスローな時間を恋人と二人で過ごしてみてはいかがでしょうか。

このデートプランの特徴
おすすめ年代:10代~50代
おすすめカップル:自然や生物が好きなカップル、歴史に興味があるカップル
どんなデート?:学び、自然
目安時間:半日
目安予算:2人で10,000円~

概要:都心から約1時間、学びと散策で癒されるデートプラン

今回は車移動を前提としたデートプランです。

千葉県立中央博物館見学からスタートして、広々とした公園を散策、最後は関東を一望するパノラマビューでドラマチックに締めくくるプランです。

13:00~14:30 千葉県立中央博物館到着・館内観覧
14:30~15:30 青葉の森公園散策
16:00~17:00 千葉ポートタワー 展望台
17:00~18:30 千葉ポートタワー シーガルキッチンでディナー

では、千葉県立中央博物館の紹介からスタートです。

自然と人間がテーマの「千葉県立中央博物館」

千葉県立中央博物館の外観

千葉県立中央博物館は、「千葉県の自然と人間」がテーマの総合博物館です。

ナウマンゾウやマッコウクジラの骨格標本に地形のジオラマ、さらには地層や地形についてわかりやすく解説した動画など、誰でも楽しめるよう展示方法が工夫されているのが特徴です。

また、日本で唯一、隣接する野外に生態園を併設した博物館でもあります。自然の中で植物や野鳥の生態を観察できるため、「博物館はちょっと堅苦しいイメージがあって苦手...」という方でも楽しめます。

今回、千葉県立中央博物館広報担当の石井さんに見どころや楽しみ方についてお話をお伺いしました。

ユニークな展示で臨場感を演出

編集部

展示を見るだけでなく、「生態園」で動植物の生態を実際に観察するという体験的な要素が、とてもユニークな博物館だと思いました。

改めて、千葉県立中央博物館について教えていただけますか?

広報担当:石井さん

千葉県立中央博物館は、「房総の自然と人間」を常設展示の全体テーマとし、千葉県の自然と歴史について学べる総合博物館です。常設展示は「房総の自然誌」「房総の歴史」「自然と人間のかかわり」の3つの主要なテーマで構成されています。

展示室ではナウマンゾウやクジラの骨格標本、スズメバチの巣の標本、縄文時代の土器などさまざまな資料を展示しています。

また、房総の代表的な自然を再現した野外博物館である「生態園」では、生き物の自然の中での暮らしぶりを間近に観察していただけます。

編集部

ナウマンゾウやクジラの骨格標本と聞くだけで、とても迫力がありそうですね。

ちなみに、石井さんが思う「千葉県立中央博物館の魅力」はどういったところでしょうか?

広報担当:石井さん

当館の魅力は、千葉県の自然と歴史について楽しみながら学ぶことができる点です。

動物、植物、地学、歴史、生態、環境など、総合博物館ならではの多彩な展示は当館だからこそだと思います。

編集部

「博物館」と聞くとどうしても難しそうなイメージを抱く方が多いと思います。ただ、実際に展示を見てみると、「あれは何だろう?」「ここはどうなっているんだろう?」と興味がわいてきます。

さまざまな展示があると思いますが、石井さんが特に好きな展示はありますか?

広報担当:石井さん

私が特に好きな展示は、房総の歴史展示室にある縄文時代のイルカ漁のジオラマです。

そのジオラマは、丸木舟にのった男性がイルカを狙いすまし、銛をなげる緊張の一瞬を切り取ったものです。実際に遺跡から出土したイルカの骨や骨角器をもとに復元されています。

現代に生きる我々にとって、遺跡から出土したものを見ただけでは遠い昔の人々の暮らしや気持ちはなかなか想像しにくいものです。臨場感あふれるジオラマを御覧いただくと、縄文時代の人々のことを身近に感じていただけると思います。

房総の歴史展示室のイルカ漁のジオラマ
▲丸木舟にのった男性がイルカを狙って、銛を投げる瞬間を表現しています。

編集部

博物館で臨場感という言葉を初めて耳にしたような気がしますが、とても想像が掻き立てられます。遺跡から出土したものを単に展示するのではなく、その時代や人々の生活もそこに映し出されているということですね。

そう考えると、「生態園」はまさに臨場感の宝庫と言えそうですね。

生態園で生きた動植物を間近で観察できる

広報担当:石井さん

「生態園」は、日本で唯一博物館と隣接する野外に併設された展示施設です。

園内には、房総の代表的な森や林、草原が再現されていますので、園路を歩きながら自然の中での生きものの暮らしぶりを間近に観察し、房総の自然について学ぶことができます。

園内に生息する動植物の変化を通じて、四季の移り変わりを感じていただけるので、ぜひ博物館の展示とあわせてお楽しみください。

編集部

今まで何となく博物館を訪れていましたが、展示スタイルによって印象や伝わり方が全然違うことに驚きました。とても興味深いですね。

生態園のオリエンテーションハウス
▲「生態園」入口脇にあるオリエンテーションハウス

「バラ」や「縄文時代」など人気のテーマで、企画展・特別展も見逃せない

編集部

常設展示以外のイベントや企画展などについてもお聞かせください。

広報担当:石井さん

既にご来館くださったことがある方でも、新鮮な気持ちでお楽しみいただけるよう、季節にあった展示や多彩なテーマの企画展・特別展を開催しています。

例年、季節展を2回、企画展あるいは特別展を1回開催しており、最近では哺乳類、縄文時代などをテーマに開催しました。

令和4年1月8日(土)~5月8日(日)には春の展示「苔松苔梅-春を寿ぐうめのきごけ」を開催予定です。

また、学芸員が展示について解説するミュージアム・トークや、「化石発掘たいけん」や「昆虫標本整理たいけん」など、さまざまな講座・観察会などのイベントも開催しています。詳細は博物館ウェブサイトでご確認ください。

(新型コロナウイルス感染拡大状況によっては中止になる可能性があります)

編集部

植物に化石に昆虫に、バラエティに富んだ企画が盛りだくさんなので、テーマが変わるごとに何度でも訪れたくなりますね。

写真撮影OKの展示もあり!おすすめはクジラとの2ショット

地学展示室のナウマンゾウの骨格標本

編集部

博物館は魅力的な展示が多いのに、撮影禁止のところが多いので残念に思うことがよくあります。千葉県立中央博物館では撮影は可能でしょうか?

広報担当:石井さん

当館では一部の展示室を除き写真撮影が可能です。館の目玉展示でもある生物の分類展示室のクジラの全身骨格標本の前での撮影は、迫力のある写真が撮れるのでおすすめです。

編集部

クジラの標本との写真は、ちょっとしたタイムスリップ感があって面白い写真が撮れそうです。

観覧した際のインパクトや驚きを写真に残せるのは、そのこと自体が楽しそうですし、とてもよい思い出にもなりそうですね。

カップルでデートで訪れた際などに、ゆっくり過ごせる場所などはありますか?

広報担当:石井さん

館内各所にベンチを設けていますので、休みながらゆっくり回遊いただくとよいと思います。

(新型コロナウイルス感染症拡大防止の一環で、館内のベンチの設置数を一時的に減らしています)

編集部

かなり見ごたえのある展示内容なので、休憩しながらゆっくり観覧できるのはうれしいポイントです。

デートではお土産品を買うのも一つの楽しみですが、千葉県立中央博物館のショップではどのようなものを購入できるでしょうか?

広報担当:石井さん

当館のミュージアムショップでは、動植物の図鑑やおもちゃ、文房具、Tシャツなどを主に販売しています。またそれ以外にも、季節展や企画展・特別展に関連したグッズなどもありますので、ぜひチェックしてみてください。

編集部

期間限定で行われる企画展や特別展の関連グッズは、デートの良い記念になりそうです。忘れずチェックしたいと思います。

千葉県立中央博物館のクチコミ評価

編集部

来館者の方からはどんな声が聞かれますか?

広報担当:石井さん

千葉県にこんな生き物がいるなんて知らなかった、こんな歴史があったなんて知らなかったというお声をいただきます。展示を通じて、新たな千葉県の魅力を知っていただけているようです。

普段見なれた風景も、詳しく見ていくと驚くような発見があります。展示を通じて、千葉県ならではの自然や歴史の魅力を感じてほしいと思っています。

編集部

千葉県がこんなにも自然豊かで歴史ある街だということを、私たちも改めて学ばせていただきました。

地元の人にとっては、自分が住んでいる街に関する内容なので、県外の私たちとは違う捉え方や学びがありそうです。展示のひとつひとつに工夫があって、堅苦しくないのでデートとしても楽しく学べるのも嬉しいですね。

ポータルサイトやSNSなどのクチコミ情報

編集部でも千葉県立中央博物館の口コミをインターネット上で調べてみました。実際に来館された方々からの次のような口コミが見られました。

アイコン
独特の目線の展示で、来館者を飽きさせない工夫が随所にあり
アイコン
展示は質量ともに充実している
アイコン
学芸員やスタッフの方々がとても親切でした
アイコン
生態園は手入れが行き届いており、山中のハイキング気分を味わえる
アイコン
季節によって雰囲気が全然違うので、四季が楽しめる

多くの方々が展示の充実ぶりとユニークな展示方法がよかったとコメントされていました。博物館の伝えたいという思いがきちんと伝わっていることが何より素晴らしいです。

千葉県立中央博物館・石井さんからのメッセージ

編集部

では最後に、デートで来館を検討されているカップルやご夫婦へのメッセージをいただけますか?

広報担当:石井さん

当館は千葉県の自然と歴史について詳細に解説しているので、県内にお住まいの方にとっても、今まで知らなかったふるさとの意外な一面を発見できるかもしれません。

また千葉県がどんな場所なのかを知るのにうってつけの場所ですので、県外からいらっしゃる方にとっても、ご旅行のはじめなどにお立ちよりいただければ、千葉県をより深くお楽しみいただけるのではないかと思います。

編集部

本日はお話を聞かせていただき、ありがとうございました。

千葉県立中央博物館の基本情報

住所 〒260-8682
千葉県千葉市中央区青葉町955−2
アクセス 【電車+バス】
JR千葉駅,京成千葉駅から:
・JR千葉駅東口の7番乗り場から京成バス「千葉大学病院」「南矢作」行きのいずれかに乗り,「中央博物館」で下車(所要時間約15分),徒歩約7分
・JR千葉駅東口の6番乗り場からちばシティバス「川戸都苑」行きに乗り,「中央博物館」で下車(所要時間約15分),徒歩約7分
・JR蘇我駅東口の2番乗り場から小湊鐵道バス・千葉中央バス「千葉大学病院」行きに乗り,「中央博物館」で下車(所要時間約15分),徒歩約6分
京成千葉寺駅から:
・京成千葉寺駅の1番乗り場から「大学病院」行きに乗り,「中央博物館」で下車(所要時間約5分),徒歩約7分

【電車+徒歩】 最寄りの駅は京成千葉寺駅です。駅前ロータリーのある方へ進んでください。徒歩約20分

【電車+タクシー】
※博物館周辺の駅からのおおよその所要時間です。近隣の他の博物館と区別するため、行き先は「青葉の森公園にある県立中央博物館まで」とご指定ください。
1.JR千葉駅(東口)より約10分 (京成千葉駅も同じ)
2.京成千葉中央駅(東口)より約8分
3.JR本千葉駅(東口)より約7分
4.JR蘇我駅より(東口)より約8分

【高速道路】
 1) 東京 ・成田方面から:
・京葉道路にのり千葉・蘇我方面へ。「松ヶ丘IC」でおりる。
・料金所を出て坂をのぼり最初の交差点を右折して大網街道(主要地方道 20号)に入り千葉市街方面へ。「千葉市ハーモニープラザ」が右前方に見える交差点を右折、さらに矢作トンネルの手前を右折してください。
 2) 木更津・館山方面から:
・館山自動車道にのり千葉方面へ。京葉道路の「松ヶ丘IC」でおりる。
・料金所を出て最初の信号を左折し大網街道(主要地方道 20号)に入り千葉市街方面へ。「千葉市ハーモニープラザ」が右前方に見える交差点を右折、さらに矢作トンネルの手前を右折してください。
駐車場 青葉の森公園北口駐車場(有料)
電話番号 043-265-3111
営業時間 午前10時~午後4時30分
(入館は午後4時まで)
休館日 毎週月曜日(月曜日が休日の場合は開館し、次の平日が休館)
年末年始(12月28日~1月4日)
料金 ・通常期間
 一般:300円(240円)
 高・大学生:150円(120円)

・企画展開催期間
 一般:500円(400円)
 高・大学生:250円(200円)

・特別展開催期間中
 一般:800円(640円)
 高・大学生:400円(320円)
※( )内は20名以上の団体料金

【以下の方は入場料が無料です】
※中学生・小学生、学齢未満児
※65歳以上の方(年齢を示すものをご提示ください)
※障害者手帳等をお持ちの方(手帳をご提示ください)、及びその介護者1名
※生態園への入場は無料です。
※県民の日(6月15日)と文化の日(11月3日)は、入場料が無料となります。
公式サイト http://www.chiba-muse.or.jp/NATURAL/
空いている時間帯 ・平日
・土日の午後3時以降

※最新の情報はホームページ等でご確認をお願いいたします。
※記事中の金額はすべて税込表示です。

千葉県立中央博物館の後にめぐるおすすめデートスポット

千葉県立中央博物館の滞在時間は、平均1~2時間ほどです。観覧後に訪れたいおすすめのスポットを紹介します。

千葉県立青葉の森公園

千葉県立青葉の森公園内の風景
出典:千葉県立青葉の森公園オフィシャルホームページ

博物館と隣接する千葉県立青葉の森公園は、レクリエーションゾーン、カルチャーゾーン、ネイチャーゾーン、スポーツゾーンの4つのエリアからなる広大な公園です。開放感あふれる園内を、季節の花を眺めながら散策するだけでも楽しそうです。

千葉県立青葉の森公園の住所・アクセス

名前 千葉県立青葉の森公園
住所 〒260-0852
千葉県千葉市中央区青葉町955−2
アクセス 【お車でお越しの方】
・京葉道路松ヶ丘ICを降り、1つ目の信号を千葉方面へ(大網街道)。2つ目の信号を越えると右手に南口駐車場があります。約5分。
・千葉東金有料道路千葉東ICより車で10分

【公共交通機関でお越しの方】
1. 公園センター・芸術文化ホールをご利用の方
・JR千葉駅東口より2番のりばで千葉中央バス「鎌取駅行」「大宮団地行」「千葉リハビリセンター行」のバスに乗車(約10~15分乗車)「ハーモニープラザ」下車。徒歩4分。
・JR蘇我駅東口より2番のりばで「大学病院行」乗車「芸術文化ホール前」下車。
・京成ちはら線千葉寺駅より徒歩約8分

2. 県立中央博物館をご利用の方
・JR千葉駅東口より7番のりばで京成バス「大学病院行」乗車「中央博物館」下車。徒歩7分。
・JR蘇我駅東口より2番のりばで「大学病院行」乗車「中央博物館」下車。徒歩7分。
・京成ちはら線千葉寺駅より徒歩約20分

3. スポーツプラザをご利用の方
・JR千葉駅東口より2番のりばで千葉中央バス「鎌取駅行」「大宮団地行」「千葉リハビリセンター行」のバスに乗車「青葉の森スポーツプラザ」下車。
・JR蘇我駅東口より2番のりばで千葉中央バスまたは小湊バスでJR千葉駅行乗車「松ヶ丘十字路」下車。徒歩3分。

4. つくしんぼの家をご利用の方、お花見の方
・JR千葉駅東口より2番のりばで千葉中央バス「鎌取駅行」「大宮団地行」「千葉リハビリセンター行」のバスに乗車「公園前」下車。
・JR蘇我駅東口より2番のりばで千葉中央バスまたは小湊バスでJR千葉駅行乗車「松ヶ丘十字路」下車。徒歩10分。
駐車場 南口、北口、西口の3ヶ所:
普通車583台、中・大型車24台【6:00~22:00(有料)】
公式サイト https://www.cue-net.or.jp/kouen/aoba/

※最新の情報はホームページ等でご確認をお願いいたします。

千葉ポートタワー

千葉ポートタワーのビュープロムナードから眺める東京湾の夕暮れ時
出典:千葉ポートタワーオフィシャルホームページ

千葉ポートタワーは、千葉ポートパーク内にそびえる125メートルのランドマークタワーです。2011年には「恋人の聖地」に、2012年には「日本夜景遺産」に認定された人気スポットです。

関東を一望する大パノラマビューが広がる展望室からの眺めは必見!もちろん2F展望室の「愛のプロムナード」で愛の南京錠をロックしてもよし。

3Fにあるオーシャンビューレストラン「シーガルキッチン」では、美しい景色を眺めながらお食事が楽しめます。

千葉ポートタワーの住所・アクセス

名前 千葉ポートタワー
住所 〒260-0024
千葉市中央区中央港1丁目ポートパーク内
アクセス

【電車・バスでお越しの方】
・千葉都市モノレール・JR京葉線千葉みなと駅から 徒歩約12分
・JR千葉駅西口26番のりばから 小湊バス「千葉みなとループバス」で
  >>時刻表【千葉駅西口発・千葉ポートタワー行】
・千葉ポートタワー前バス停から
  >>時刻表【千葉ポートタワー発・千葉駅西口行】

【お車でお越しの方】
・東京方面から 東関東自動車道 湾岸習志野IC下車約20分 京葉道路 幕張IC下車約20分
・成田方面から 東関東自動車道 湾岸千葉IC下車約15分
・房総方面から 京葉道路 松ヶ丘IC下車約15分 東金道路 千葉東IC下車約15分

駐車場 千葉ポートパークの無料駐車場(約240台収容)がご利用頂けます。
電話番号 043-241-0125
入館料 一般大人:420円
小中学生:200円
営業時間 [6月~9月]
9:00~21:00(毎日)

[10月~5月]
9:00~19:00(月~金)
9:00~20:00(土日祝)

※最終入館は閉館時間の30分前までになります。
休館日 12月28日~31日、1月1日~1月4日

4月26日(月)、6月28日(月)、8月23日(月)、10月25日(月)、2月28日(月)

※安全上において、強風等により臨時休業する場合があります。
公式サイト https://chiba-porttower.com/

※最新の情報はホームページ等でご確認をお願いいたします。
※記事中の金額はすべて税込表示です。

まとめ:気負わずほっこりデートで癒される

今回は千葉県立中央博物館から始まり、公園を散策し、街のランドマークタワーでディナーというデートプランを、ゆるっとのんびり過ごすイメージでご紹介しました。

千葉県立中央博物館は「自然と人間」をテーマにした、日本で唯一野外施設を隣接する博物館です。館内のダイナミックな展示だけでなく、野外の「生態園」では自然の中での生きものの様子を観察できるなど、単に知識を学ぶだけでないどこか懐の深さを感じます。

カップルでちょっとした発見や驚きを伝え合う楽しさは、こういう場所にあるのではないかと思います。

何てことないのにほんわかするデートがしたい時には、ぜひ訪れてみてください。

公式アカウントをフォロー

マッチングアプリ大学公式ツイッターマッチングアプリ大学公式フェイスブック