【千葉県】山武市の体験農家「旬菜里」で旬の食材&農業の魅力を堪能できるいちご狩りデートプラン

今回ご紹介するのは、千葉県山武市の体験農園「旬菜里」でのいちご狩りをメインにした、自然・農業・グルメを体験できるデートプランです。

旬菜里では、その時期の旬な食材について、来園者に収穫や植え付けの体験を案内しています。1~5月上旬には、さまざまな品種を食べ放題で食べ比べられるいちご狩りも開催しており、非常に人気です。

いちご狩りのあとは、里山散策やたけのこ掘り、お弁当ランチなどがセットになったプランもあります。周辺にも道の駅やレストランなど、地元食材を生かしたメニューを扱う飲食店があるので、山武市のグルメをお腹いっぱいいただきましょう。

今回はそんな、いちご狩りをはじめ、自然体験と一緒に旬の味覚を満喫できるグルメデートをご紹介します。

こんなカップルにおすすめ!
おすすめ年代:30〜50代
おすすめカップル:アウトドアが好き、グルメ好き
どんなデート?:いちご狩りを楽しむ、里山散策をする、道の駅へドライブ、地元食材を使ったレストランで食事

概要:旬のグルメと自然に触れるいちご狩りデート

今回ご紹介する「旬菜里」は、いちご狩りと併せて里山散策や農業体験ができる農園です。さらに旬菜里のある千葉県山武市は、新鮮な海産物や農作物に恵まれた地域なので、周辺には地元食材を活かした飲食店が複数あります。そのため、自然とグルメの両方を満喫できるようなデートプランをご提案します。

今回のデートのメイン
旬菜里でのいちご狩り
周辺のデートスポット
・浪切不動尊
・道の駅「オライはすぬま」
・有野実苑
食事におすすめのお店
・道の駅「オライはすぬま」内のレストラン
・有野実苑内の「農園リストランテ・ヴェルデューレリッコ」

まずは旬菜里でいちご狩り体験をしましょう。プランによっては、そのあと周辺の里山散策に案内してもらえたり、お弁当をいただける場合もあります。

旬菜里での体験のあとは、車で15分ほど移動して道の駅「オライはすぬま」へ行くのはいかがでしょうか。新鮮な野菜や魚が買える直売所や、地元食材を使ったメニューをいただけるレストランがあります。お弁当なしのプランでいちご狩りに参加した場合は、ここでのランチがおすすめです。

そして食後はぜひ浪切不動尊に行って、高台にある本堂へ。たどり着くまでの階段が、食後の運動にぴったりです。

それでは今回のメインスポットである「旬菜里」について詳しくご紹介しますね。

旬の食材のすばらしさを伝える体験農園「旬菜里」

旬菜里で案内しているいちご狩りの様子
▲旬菜里が案内しているいちご農園でのいちご狩りの様子

旬菜里は、千葉県山武市にある体験農園です。代表を務める川島さんは、13年ほど前からこの地で農業をはじめ、普段は都会で仕事をしながら、週末のみこの山武で暮らしています。そんな都会と田舎の両方のよさを知っている川島さんが「旬の食材は、その時期に必要な栄養素をたっぷり含んでいる」という考えに基づき、旬の食材のおいしさを伝えたり、栽培体験などをおこなったりしています。

17アールほどの自身の畑では、落花生・さつまいも・そら豆などさまざまな農作物を栽培しています。その畑を活かして、参加者に作付けや豆まきを体験してもらう取り組みをおこなっています。

植えたあとの成長状況を川島さんがブログで発信してくれるので、参加者は自分が植えた農作物の成長状況をこまめにチェックすることができますよ。体験して終わりではなく、農作物ができあがっていく喜びや、農業の大変さも身近に感じることができるのが魅力です。

例年1~5月上旬におこなっているいちご狩りは、自身の畑ではなく近隣のいちご園と提携して案内しています。提携園は、土づくりにこだわって複数種類のいちごを栽培しているため、絶品いちごの食べ比べでき、毎年好評です。

さらにいちご狩りと併せて周辺の里山を案内、たけのこ掘り体験ができるプランも提供しています。そちらに参加すれば、自然や農業の魅力により一層浸ることができますよ。

そんな旬菜里の代表である川島さんに、詳しいお話を伺ってきました。

提携の3園で40分食べ放題のいちご狩りができる

編集部

旬菜里では、その時期の旬の食材のおいしさを人々に知ってもらうために、さまざまな農業体験ワークショップをおこなっているそうですね。

代表:川島さん

例年1月から5月中旬にかけておこなっている「いちご狩りの体験」をおこなっています。2022年は1月5日~5月中旬に開催予定です。

料金も時期によって変わるのですが、1,200円~2,000円でいちごを40分食べ放題で召し上がっていただけますよ。

旬菜里で案内しているいちご園になっているいちご
▲苗になっているいちごを食べたいだけ摘み放題!

編集部

いちごはフルーツの中でも高価で、スーパーや八百屋では1パック1,000円弱の値段で販売されています。そんな高価ないちごを、この金額で好きなだけ食べられるのはとてもお得ですね。

旬菜里では、近隣にある複数の農園にて、お客様にいちご狩りをご案内しているのですよね。

代表:川島さん

はい。現在は下記の3園でのいちご狩りをご案内しています。

順子のいちご園の入り口の様子
▲いちご栽培一筋35年以上の「順子のいちご園」

緑川苺園の入り口の様子
▲広々としたハウスと、14種類もの豊富な品種を育てているのが特徴の「緑川苺園」

梶いちご園のいちごハウスの写真
▲44年もの間いちごを作り続けている「梶いちご園」

どの農園も土にこだわりを持っていちごを育てています。さらに、低農薬に努めていらっしゃるので、安心してお越しいただけますよ。

旬菜里が提携しているいちご園の方
▲品種の違いや食べごろについて教えてくれる農家さんもあります

編集部

順子のいちご園のオーナーコラムを拝見しましたが、土づくりをはじめ、いちごの栽培環境をとても大切にしている様子が伝わってきますね。とくに堆肥を一から手作りされているのには驚きました。

>>順子のいちご園のオーナーコラムはこちら

いちご狩りをおこなっている園はいくつかありますが、「安心・安全な栽培環境かどうか」というのは、いちご狩り農園選びの決め手の1つになると思います。

希少品種もあり!10種類以上の豊富な品種を食べ比べできる

編集部

いちごは品種によって甘さや酸味、食感が大きく異なりますよね。旬菜里のいちご狩りでは、どのような品種を扱っているのでしょうか?

代表:川島さん

旬菜里がご案内している園では、各園とも10品種以上のいちごを取り扱っています。主な品種はこちらです。

  • さちのか
  • とちおとめ
  • 紅ほっぺ
  • おいCベリー
  • あきひめ
  • ゆめのか
  • 真紅の美鈴(黒苺)
  • チーバベリー

編集部

さちのか、とちおとめ、紅ほっぺなどはスーパーなどでも売られている人気の品種ですよね。そういったメジャーなものから普段なかなか食べることができない珍しいものまで、さまざまな品種をを食べ比べられるのが魅力的です。

2人で「これは甘いね」「これは大きいね」などと品種の違いを比べながら、お気に入りに品種を探してみるのも楽しいのではないでしょうか。

ちなみに数ある品種の中で、特にお客様から人気のあるものはありますか?

代表:川島さん

千葉で生まれた品種、真紅の美鈴(黒苺)が一番人気があります。こちらはとても甘くて、私もおすすめの銘柄です。ぜひご賞味いただきたいです。

編集部

通称黒苺と呼ばれる「真珠の美鈴」は、糖度が20.9度もあるそうですね。一般的ないちごの平均糖度は10度前後とのことなので、非常に甘いいちごだということが分かります。

千葉県の新品種で、希少価値も高いそうですね。旬菜里でのいちご狩りで見かけた際には、絶対にいいただいてみたいです。

座ってゆっくり食べられるビュッフェスタイルを採用

編集部

一括りにいちご狩りと言っても、食べ方などは園によってさまざまですよね。旬菜里で実際にご案内しているいちご狩りは、どのような流れでおこなうのでしょうか?

代表:川島さん

各園ともハウス内で収穫したあと、設置された席にて食べるビュッフェ方式を導入しています。現在は、決められたお席で召し上がっていただきます。

編集部

取ってから、別の場所で食べるのですね。座っていゆっくり食べることができるので、2人で「これが一番甘いね」などと話しながら楽しくいただくことができそうです。

いちご狩りに参加するにあたって、なにか注意点などがあれば、そちらも教えてください。

代表:川島さん

まず、苺を園外へ持ち出したり、パックをハウス内に持ち込んだりすることはご遠慮ください。また、みつばちの巣箱・換気扇には絶対に触れないでください。さらに、いちごが傷ついてしまうので、苗をまたいだり園内を走ったりしないでください。

なお2022年1月現在は、入園時の消毒とマスクの着用をお願いしています。

編集部

いちごがきれいな丸い形に育つのは、みつばちが受粉をしているからだと伺いました。みつばちの巣箱は、いちご農家に欠かせない大切なものなのですね。

注意点のほかに、いちごをおいしく食べるためのアドバイスなどがあればぜひ教えてください。

代表:川島さん

自宅で食べる場合、いちごを洗ってからヘタを取るようにすると、苺の甘みが逃げずおいしく召し上がれますよ。

編集部

今までヘタを取ってから洗っていましたが、それだと甘みが逃げてしまうのですね。手順を入れかえるだけの簡単な方法でおいしく食べられるのであれば、試さない手はないですね!

いちご狩りと一緒に自然体験ができるのが旬菜里ならでは

編集部

旬菜里ではいちご狩りと一緒に、さまざまな体験ができるプランもあるそうですね。具体的にはどのようなことをご案内していらっしゃるのでしょうか?

代表:川島さん

旬菜里では、各農園さんのいちご狩りと一緒に、散策やたけのこ掘りなどをセットにしてご案内しております。丘陵地で自然にふれあう体験ができますよ。

  • 苺狩りと散策(ランチ付き):4,000円前後
  • たけのこ掘り(ランチ付き):3,000円

編集部

いちご狩りだけでなく、自然体験や農業体験も一緒にできるのが、旬菜里ならではですよね。たとえば散策とセットになったプランでは、いちご狩りのあとに1時間ほど周りの里山を歩くそうですね。

その時期ならではの植物や、道中のお寺や神社などを案内していただけるとのことで、ハイキングやアウトドア好きのカップルにはもってこいなプランだなと感じました。

ちなみに、いちご狩りのオフシーズンにもさまざまな体験イベントをおこなっているそうですね。どのようなものを開催しているのか、こちらについてもぜひ教えてください。

代表:川島さん

時期に合わせて、さまざまな体験イベントをおこなっています。

6月ごろ じゃがいも収穫体験
9月ごろ 落花生収穫体験
11月3日 旬菜里の秋「里の秋ライブ&星空観察」
11月ごろ さつまいも収穫体験
3月〜10月 草木染め体験 

どれも事前の予約が必要です。ご興味を持ってくださった方は、ぜひ旬菜里にご連絡いただければと思います。

編集部

収穫体験では耕運機に乗る体験ができたり、自分が作付けした野菜の成長状況をネットで確認できたりするそうですね。収穫しておしまいではなく、そのあとは次の農作物のために整地もおこなうとのことで、非常に本格的だなという印象を受けました。

いちご狩りのように1日で気軽に自然に触れるのもいいですが、もう一歩踏み込んだところまで体験できるイベントは、学びが多そうで興味が湧きます。

また、季節に合わせて旬の食材の収穫体験があるので、1年のうちに何度も足を運びたくなりそうですよね。「秋はさつまいも掘りに来ようか」などと、次のデートの楽しみが増えるのも魅力的だなと思いました。

ジャムやスイーツの販売もあってお土産にぴったり

編集部

いちご狩りを楽しんだあとは、家族や友人、または自分用にお土産を買って帰りたいというカップルも多いかと思います。旬菜里で案内しているいちご農園では、お土産の販売はありますか?

代表:川島さん

3農園とも、オリジナル苺ジャムを販売しております。さらに梶いちご園ではフィナンシェ、苺大福

順子のいちご園ではお米、いちごプリンといったように、それぞれの農園でお土産になるようなものを販売しています。

順子のいちご園で販売している手作りいちごジャムの瓶の写真
▲順子のいちご園で販売されている手作りいちごジャム(引用:順子の苺園

緑川苺園で作っているいちごレモンのジャム
▲緑川苺園のジャムは、いちごのほかにレモンも入れて作っています(引用:緑川苺園

順子のいちご園の売店に売っているいちごの写真
▲そのほか、売店ではいちごの直売もおこなっています。

編集部

各園とも、こだわりのいちごで手作りしたジャムはとてもおいしそうです。パンやヨーグルト、デザートなどいろいろな食材に合わせられるので、お土産にももってこいですね。

そしてプリンやフィナンシェもあると聞き、甘いものが好きな私はとても興味をそそられました。食べ放題でいちごはたくさん食べたという方も、自分用に買って帰りたくなりそうですね。2人で帰宅後のおうちデートでいただくのにもよさそうです。

旬菜里の提携農園でいちご狩り体験した人の感想・口コミ

旬菜里が案内しているいちご園になっているいちご

旬菜里で体験できるいちご狩りについてよりイメージが湧くよう、提携いちご園にていちご狩りに参加した人の口コミを調査しました。

アイコン
(梶いちご園)農園の方の対応がいい。入場するときに品種に説明があるのがよかった。黒いちごがとにかくおいしい。
アイコン
(順子のいちご園)ヘタのところまで赤くなっていて、練乳なしでも十分おいしい。品種も多く食べ比べできる。
アイコン
(緑川苺園)いろんないちご園に行ったことがあるが、ここが一番おいしい。苗の高さが腰の位置まで上げられているので、かがまずに採れて食べやすいのもいい。

どの園も、味の良さと、食べ比べできる品種の多さについての口コミが目立ちました。こんなにおいしいいちごを、リーズナブルに食べ放題でいただけるなんてうれしいですよね。

旬菜里の基本情報

住所 〒289-1318
千葉県山武市寺崎
提携園住所 【梶いちご園】
〒289-1311
千葉県山武市早船1482

【順子のいちご園】
〒289-1321
千葉県山武市富田ト249-4

【緑川苺園】
〒289-1321
千葉県山武市富田273
アクセス 【車】
国道126号線沿いにあり

【電車】
JR成東駅下車
基幹バス「蓮沼行き」に乗車後、下記バス停で下車
緑川苺園:協同館下車
順子のいちご園:富田東下車
梶いちご園:早船下車

※成東駅駅前の観光協会にてレンタルサイクルもあり
各園とも10~15分ほどで到着可能
営業時間 10:00~15:00
※その日の完熟苺が無くなり次第、早めに終了する場合あり。午前中の来園がベスト
>>各園の営業状況はこちら
駐車場 各農園とも、売店の反対側にあり
開園時期 1月5日〜5月中旬
食べ放題 あり(40分)
料金 ◆12月中旬~1/4
2,000円

◆1/5~3/24
1,700円

◆3/25~4/6
1,500円

◆4/7~5月中旬
1,200円
※すべて小学生以上料金
公式サイト https://farming
.shunnasato.com/

※最新の情報はホームページ等でご確認をお願いいたします。
※記事中の金額はすべて税込表示です

旬菜里でのいちご狩り後に行きたいデートスポット

旬菜里でのいちご狩りは、単体だと40分、散策などの体験とセットの場合は4~5時間ほどの所要時間です。せっかく自然豊かで作物のおいしい山武市に来たのであれば、併せて周辺のデートスポットをいくつか巡ってみませんか?おすすめの場所をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

おすすめのデートスポット

幅広いグルメが楽しめる道の駅「オライはすぬま」

旬菜里から車で15分ほどのところにある道の駅「オライはすぬま」では、地元産の野菜や鮮魚を直売所で購入することができます。そのほかにも、それらを使ったご当地グルメを扱ったレストランもあり、中でも看板メニューのいわし丼は、タレといわしとの相性がよく絶品です。いちご狩りでランチなしのプランにした場合は、ここでお昼ご飯を食べるのがおすすめですよ。

週末は、インド料理やタイラーメンなどさまざまなグルメイベントを開催することもあります。食事のほかにソフトクリームやたいやきなど、ドライブデートのお供にぴったりな軽食も扱っています。山武市でのデートの際はぜひ立ち寄ってみたいスポットですよ。

道の駅「オライはすぬま」公式:https://oraihasunuma.jimdofree.com/

朱色の本堂からの眺めがきれいな「浪切不動尊」

こちらは今から約1,300年ほど前に建立された寺院で、「浪切=海難除け」を祈念した不動明王が安置されています。全体的に朱色がほどこされており、重厚な印象を感じます。

本堂は高台の上に建てられており、周辺に高い建物がないため、ここからの眺めが絶景です。階段で上までいくのに少し苦労しますが、登ってみる価値ありですよ。

千葉県公式観光物産サイト:https://maruchiba.jp/sys/data/index/page/id/6658

創作イタリアンレストランのあるキャンプ場「有野実苑」

旬菜里から車で20分ほどのところにある「有野実苑」には、キャンプ場のほかに農園・レストラン・キャンプグッズや農作物を買えるお店が揃っています。豊かな自然の中できれいに区画されたサイトは写真映えし、おしゃれキャンパーたちから人気を集めています。

いちご狩りの帰りに立ち寄るのであれば、中にあるレストラン「農園リストランテ・ヴェルデューレリッコ」で食事をするのがおすすめです。ランチとディナーの両方のメニューがあり、房総半島で採れた新鮮な魚や野菜を活かした創作イタリアンは絶品です。店内の雰囲気もログハウス調で、キャンプ場ならではの雰囲気を味わえますよ。

有野実苑公式サイト:https://arinomi.co.jp/

まとめ:いちご狩りと一緒に農業&自然に触れよう

今回ご紹介したのは、千葉県山武市の「旬菜里」でのいちご狩りをメインにした、グルメと自然に触れるデートプランです。

旬菜里でのいちご狩りは、一般的ないちご狩りと違い、里山散策や農業体験も一緒にできるのが特徴です。ただいちごを食べるだけでなく、自然や農業に触れることで、農作物ができるありがたさや、自然の美しさを実感することができます

アウトドアが好きなカップルはもちろんのこと、思い出深いいちご狩りデートをしたいカップルにもおすすめのデートプランです。千葉県でデートを予定しているカップルは、ぜひ参考にしてみてくださいね。

公式アカウントをフォロー

マッチングアプリ大学公式ツイッターマッチングアプリ大学公式フェイスブック