山口県長門市の寺院「二尊院」に仏前式についてインタビュー!

「仏前式がおこなえる趣深いお寺を紹介!」でご紹介するのは、山口県長門市にある「二尊院」です。

二尊院では、縁結びの祈願に訪れたカップルがフォトウェディングを希望したことをきっかけに、仏前式の企画も行っています。

縁結びや安産といったさまざまなご利益はもちろん、「夜の坊主バー」や「厄払いクルージング」などユニークな体験も魅力的です

2021年には、環境省主催の『第16回 エコツーリズム大賞 特別賞(環境大臣表彰)』を受賞されました。

今回は二尊院の住職である田立智暁さんに、こちらの歴史や仏前式の特徴についてお伺いしました。

仏前式を検討しているという方や、お寺でゆったりと過ごしてみたいという方はぜひ最後までご覧ください。

二尊院の仏前式の内容について

山口県長門市にある二尊院で行う仏前式の指輪交換

縁結びを願ったカップルが仏前式のきっかけ

インタビュアー

二尊院で仏前式を行うようになった時期やきっかけを教えてください。

田立さん

2020年8月からです。

こちらで初デートの折、縁結びの祈願をされたカップルがめでたく婚約となり、当山でフォトウエディングを希望されたのがきっかけです

写真だけでなく実際に結婚式を挙げることができたらよいなと思い、宿坊を開業すると同時に受け付けることにしました。

また、自身も自坊で仏式の結婚式を挙げ、当地域ではあまり見かけない荘厳な雰囲気に、妻の親族・友人などからも高い評価をいただいたのも一因です。

インタビュアー

二尊院は縁結びや安産・子宝・婦人病封じなどさまざまなご利益があるそうですね。

こちらでの祈願をきっかけにフォトウェディングをされたというエピソードは、お二人の一生の思い出になったことでしょう。

さらにフォトウェディングだけでなく仏前式にも対応しているとは、とても柔軟だと思います。

仏前式ならではの厳かな雰囲気で、気持ちが引き締まるような式になりそうです。

非公開の本尊(国指定重要文化財)特別拝観と本尊御前での記念写真も可能

山口県長門市にある二尊院で行う仏前式の様子

インタビュアー

二尊院の仏前式ならではの良さを教えてください。

田立さん

当山の本尊は鎌倉期に造られた国指定重要文化財の釈迦如来立像と阿弥陀如来立像です

本堂での式後には、住職の案内により、おふたりだけで遣迎殿にご入堂いただき、御法楽(般若心経)をお勤めののち、通常非公開の本尊を特別参拝いただくことができます。

本尊の四方には、鎌倉時代建立の四天王立像(山口県指定有形文化財)もお祀りしております。

遣迎殿の静寂の中、由緒ある数々の仏さまの御前で、おふたりのご縁が結ばれ、ご夫婦になられた幸せや感謝の気持ちが来世まで末永く続くよう、思いを巡らせてみてはいかがでしょうか。新生活に向けて、おふたりの気持ちをあわせる、かけがえのない時間になることと思います。

インタビュアー

日本の宝とも言われるほど貴重な国指定重要文化財の仏さまの前で幸せをかみしめ、気持ちを整えることができるというのは、おふたりが素晴らしいスタートを踏み出すうえで、またとない経験になりそうですね!

おふたりのためだけに、住職自らがご案内くださるというのも、このうえなく贅沢なお話です。

ちなみに、仏前式では実際にどのようなことを行うのでしょうか。

田立さん

  • 灌頂作法(お清め)
  • 新郎新婦念珠交換・指輪交換
  • 授戒作法(戒律を授かります)
  • 訓戒(住職からの戒めの言葉)・誓約(新郎新婦誓いの言葉)
  • 三三九度(新郎新婦、親族一同)
  • 法楽(読経)

仏前式はこのような流れとなっています。

所要時間約30分です

式後には、本尊御前で新郎新婦とご親族が記念写真を撮影することもできます。

インタビュアー

仏前式は「仏さまとご先祖さまに感謝を捧げ、来世までの結びつきを誓う」という仏教の考えに基づいているとお聞きしました。

住職から数珠を授かる「念珠交換」は、仏前式ならではですね。

歴史の重みを感じながら新郎新婦の愛を誓うことができそうです。

また、結婚式では写真をたくさん残したいという方も多いですが、こちらで撮影した写真は一枚一枚が貴重な宝物になりそうです。

二尊院で行う仏前式は一か月前までに申し込み

山口県長門市にある二尊院で行う仏前式の様子

インタビュアー

挙式申し込みまでの流れを教えてください。

田立さん

メール・お電話でご予約ください。

その際、日時・参加人数などの詳細をお知らせください。

参列については両家合わせて最大30名(15人ずつ)になります。

インタビュアー

近年では温かみがある少人数婚も人気ですよね。

公式サイトにはメールフォームもあるので、仏前結婚式を検討している方は問い合わせてみるとよさそうです。

挙式の予約は何ヶ月前頃から可能でしょうか?

田立さん

1か月前までにご予約ください

インタビュアー

希望の日に式を行いたい方は、早めに連絡しておくことで理想の日程が叶いますね。

お好みの衣装やヘアメイクを用意しよう

インタビュアー

控室はありますか?

田立さん

宿坊内に8畳の和室2室ございますので、そちらをご利用ください。

インタビュアー

こちらの宿坊を利用できる経験もなかなかないですよね。

当日の貸衣装や着付け・ヘアメイク・写真などはお願いできますか?

田立さん

ご自身でご準備いただきます。遠方などで当てがない場合はご相談ください。

インタビュアー

ヘアメイクや衣装をお好みのスタイルにしたいという人も多いですよね。

仏前式の事前準備がわからないという方も、二尊院さんに相談しながら決めることでスムーズに準備できそうです。

二尊院について

山口県長門市にある二尊院の楊貴妃像

創建は大同二年!あの楊貴妃とも関わりのある二尊院

インタビュアー

どのようなお寺か教えてください。

田立さん

二尊院は真言宗御室派に属します。正式名称を龍伏山天請寺二尊院と号し、長門国の古刹(こさつ)です。

山口県長門市油谷にある向津具半島(むかつくはんとう)の中央付近久津地区の小高い丘に、境内を西向きに構えています。

創建は、寺伝によると大同二年(807年)で、天台宗の開祖、伝教大師・最澄の開基とされています。向津具半島内に八つの僧坊と十五の末寺を従え、別名向津具城と呼ばれる大寺院でした。

釈迦如来と阿弥陀如来(両躰ともに国指定重要文化財・鎌倉時代)という仏さまをご本尊としてお祀りしております。

インタビュアー

1,200年も前からこちらで歴史を刻んでいるとは、二尊院さんがこの地でとても大切にされてきたというのが伝わってきます。

またご本尊さまは、2体で1つであることから二尊仏とも呼ばれるそうですが、とても珍しいスタイルだそうですね。

田立さん

この形式でお祀りするのは大変希少であり、どちらの仏さまも仏教界で最も尊いとされる如来でいらっしゃいます。おのおの違う役割を持った仏教界のスーパースターの特別ユニットといえるでしょう。

また、楊貴妃渡来伝説が語り継がれ、境内には楊貴妃の墓(山口県指定有形文化財)と伝えられる五輪塔があります。

こちらにお参りすると「安産・子宝・縁結び」のご利益があり、美麗な子どもを授かるといわれています。また「婦人病封じ」の効験があるとされ、女人済度の寺院として信仰を集めております。

そのほか、境内に隣接して「楊貴妃の里」という中国風の公園が整備され、唐の都、長安を感じさせます。

インタビュアー

二尊院は世界三大美女ともいわれる楊貴妃とも深く関わりがあるそうですね。

なんでも、楊貴妃が亡くなる間際に流れ着いたことをきっかけに、こちらの境内に楊貴妃を丁寧に葬ったのだとか。

縁結びや子宝を願う方はもちろん、歴史が好きな方もぜひ訪れたい場所ですね。

「宿坊えんとき」で1日1組限定の体験を!

山口県長門市にある二尊院の住職ご夫婦

インタビュアー

訪れた際の見どころやオススメなどはありますか?

田立さん

2020年8月29日、ゆったり時の流れる「宿坊えんとき」が二尊院に誕生しました。

「えんとき」とは「しがらみで要らない縁を切るのではなく、自身の縁を自らひも解いて、必要な縁を選んで結び直してみよう」という意味です。

1日1組限定で、座禅や精進料理など宿坊ならではのおもてなしでお迎えします。

宿泊者はさまざまな修行体験をしていただくことができます。体験内容は「朝のお勤め」「写経」「写仏」といったオーソドックスなものだけではありません。

滝行・護摩行・念珠づくりなども体験いただけますし、住職ととことん話ができる「夜の坊主バー」「懺悔(ざんげ)カウンセリング」といった体験もあります

とくに目玉は「厄払いクルージング」です。住職が操縦する船に乗って、北長門海岸国定公園の美しい景色を眺めながら、「角島大橋」や「俵島」をまわるというものです。

土で作られた厄玉に懺悔や感謝を吹き込んで海に投げ、大自然に禊ぎをするといった船上での厄払いを行います。

また、挙式前にお越しになって、交換する念珠をおふたりで手作りすることもできますよ。

インタビュアー

「宿坊えんとき」ではさまざまな体験が可能なのですね!

写経や写仏だけでなく、ここでしか体験できないユニークな内容もあって、思わず何度も訪れたくなります。ご住職とゆっくり話せる機会はなかなかありませんよね。

さらに「厄払いクルージング」では、自然を体感しながら心がスッキリするような体験ができそうです!

二尊院では挙式と新婚旅行を一度に叶えることができる

山口県長門市にある二尊院の客室

インタビュアー

こちらで人気の「宿坊えんとき」の利用料金について教えてください。

田立さん

宿泊料金は、こちらになります。

1人 16,500円
2人以上 13,000円(1人あたり)

※税込み

客室は和室8畳2部屋で、最大8人まで宿泊可能です。1日1組限定で、1泊2食付き(食事は精進料理)ですよ。

修行体験などの料金は公式サイトでご確認ください。

「宿坊えんとき」のご宿泊者さまには、朝夕勤行・密教座禅(月輪観)・写経・写仏・作務・夜の坊主バー・懺悔カウンセリング・占いカウンセリングを無料で提供しております。

挙式とあわせて宿坊えんときでの新婚旅行を楽しんでいただくことも可能です。

無料の体験をおふたりで心ゆくまで堪能していただいてもよいと思いますし、向津具半島は「じゃらん九州・山口人気観光地ランキング2020」の宿泊旅行で行ってよかった観光地の1位「角島周辺」と2位「長門市・長門湯本温泉」の間に位置しています。宿坊えんときを拠点に、様々な観光スポットに足を運んでみられることもお薦めします。

ちなみに、私と坊守は長門市長が認定する長門市観光コンシェルジュの第一期メンバーです。近隣観光についてのご相談にも対応しております。

厄払いクルージングでは、天候が良ければ角島大橋の下をくぐりに行きます。季節によってはイルカの大群と出会うこともありますよ。

また、環境大臣表彰をいただいた際、国定海岸での体験や山岳修行をエコツーリズム化し、信仰と文化を組み合わせたユニークな体験を提供していることや、向津具半島における地域資源の活用と地域活性化の取組を行ってきたことを評価していただきました。

私自身、山伏でもあり、マニアックな僧侶であると自負しております(笑)気軽に体験できるものからストイックな山岳修験まで、わかりやすく楽しい仏教談義を交えてご提供させていただいております。

インタビュアー

とても充実した内容ですね!

二尊院での仏前式を考えている方は、こちらで新婚旅行を行うのも素敵な思い出になりそうです。

仏前式を考えているカップルへのメッセージ

山口県長門市にある二尊院の住職である田立智暁さん

インタビュアー

最後に、仏前式を考えているカップルにメッセージをお願いします。

田立さん

仏前式は違う人生を歩んできた二人が、夫婦として共に助け合いながら歩んでいくことを仏さまと親族の前で宣誓をするものです。

昨今、結婚式自体が形骸化され、扱いが少し軽くなっているように感じます。また全国的な自粛の影響で、結婚式を挙げること自体、躊躇される方もいるかと思います。

ですが、今後一生を添え遂げるパートナーとの契りを交わす儀式ですので大切にしていただきたいです。これは、LGBTQの方も同じです。

昨今、少しずつですが、仏教界においてもLGBTQの方の話題が会議等で見られるようになってきました。性的指向や性自認は古来よりそもそも多様でした。当山は古刹であるからこそ、どなたさまにも一生に一度の節目として、仏前式を挙式する環境をご用意しております。

お寺や仏さまがお好きな方や、ご先祖さまやご縁への想いのある方、結婚を機に厄払いもしっかりしたい方、結婚式とセットで宿坊体験をなさりたい方、人目を気にせずのびのびと自分らしい結婚式を挙げたい方には、特に二尊院での仏前式をお勧めいたします。

インタビュアー

仏前式に馴染みがない方も多いかもしれませんが、これを機に挙式の意味を振り返ることもできそうですね。

また、厳かな雰囲気での儀式によって、二人の今後を見つめるきっかけにもなりそうです。

本日は貴重なお話をしてくださりありがとうございました!

二尊院の基本情報

住所 〒759-4623
山口県長門市油谷向津具下3539
電話番号 090-3889-7696
公式サイト https://nisonin.com/

公式アカウントをフォロー

マッチングアプリ大学公式ツイッターマッチングアプリ大学公式フェイスブック