石和いちご館青柳で温泉や散策も楽しむフルーツ狩りデート|山梨県笛吹市の観光農園

この記事では、山梨県笛吹市石和町(ふえふきしいさわちょう)にある「石和いちご館青柳」を拠点として、温泉や自然散策も満喫するデートプランをご紹介します。

石和いちご館青柳はいちごをメインに栽培している観光農園で、12月中旬~5月中旬頃までいちご狩りや食べ比べなどのメニューを楽しめるスポットです。また、8月中旬頃からはぶどう狩りも行えるため、時期に合わせて予約を入れるといいですよ。

今回はそんな石和いちご館青柳の特徴を詳しくご紹介するので、フルーツ狩りデートを企画しているカップルはぜひ参考にしてみてくださいね。

こんなカップルにおすすめ!
おすすめ年代:10代~40代
おすすめカップル:フルーツ狩りを楽しみたいカップル
どんなデート?:フルーツ狩り、温泉、自然散策

概要:フルーツ狩りを満喫!温泉や散策も楽しむデート

石和いちご館青柳は自然環境に恵まれた山梨県笛吹市石和町にあり、周辺を移動するには車が便利です。ここでは、石和いちご館青柳から車で立ち寄りやすい観光名所やランチスポットを厳選してご紹介します。

今回のデートのメイン
石和いちご館青柳
周辺のデートスポット
・石和温泉郷
・昇仙峡
ランチにおすすめのお店
ケパサカフェ

石和いちご館青柳でフルーツ狩りを満喫したら、車で2分ほどのところにある「ケパサカフェ」へ。オーガニック素材にこだわったカフェで、身体に優しい絶品イタリアンを味わえます。

その後は車で10分ほどの「石和温泉郷」にて足湯や日帰り温泉を堪能したり、温泉郷から車で40分ほどの「昇仙峡」を訪れて日本遺産に認定された渓谷美に癒されたりと、リラックス感満載のデートを楽しまれてはいかがでしょうか。

それでは、メインとなる石和いちご館青柳のおすすめポイントからご紹介していきます!

旬のフルーツ狩りが大人気!「石和いちご館青柳」

石和いちご館青柳はJR中央線「石和温泉駅」からタクシーで約10分、「笛吹八代スマートインター」からは約10分ほどのところに位置する観光農園です。いちご狩りとぶどう狩りを期間限定で楽しめるスポットで、それぞれのシーズンにはカップルやファミリーなどで大変賑わいます。

石和いちご館青柳で栽培されているいちごは、日照時間の長い山梨県の風土によって甘みが強く、みずみずしさが抜群です。また、周辺を流れる清流・笛吹川からの地下水を使用していることから、自然のミネラルを豊富に含んだ栄養たっぷりのいちごに仕上がっています。

さらに二酸化炭素を発生させる装置によって成長を促したり、ハウス内にクラシック音楽を流して上品に育つ環境を整えたりと、独自の工夫が至るところに見られる農園です。

そんな石和いちご館青柳の経理担当である青柳さんにインタビュー取材をさせていただき、石和いちご館青柳のさらなる魅力を探ってみました。

「食べ放題」と「食べ比べ」を満喫できる観光農園

編集部

石和いちご館青柳では2種類の「いちご狩り」を楽しめるそうですね。内容や時間、料金について詳しく教えてください。

青柳さん

当園のいちご狩りには、「章姫コース」と「食べ比べコース」の2種類があります。

章姫コースはいちごの品種「章姫」の30分食べ放題コースで、料金は大人2,200円程度です。また、食べ比べコースは10種類以上の品種を60分間食べ比べできるコースで、料金は大人4,400円程度でご案内しております。

なお、いちごの収穫時期は12月中旬~5月中旬までの年間5ヶ月間ほどで、いちご狩りの料金は時期によって異なります。ご予約いただく際にぜひお問い合わせください。

編集部

いちご狩りを行えるだけでもウキウキしますが、10種類以上の品種を食べ比べできるコースはさらにテンションが上がりそうです。1日5組限定のようなので、デートの日程を早めに決めて予約を入れるほうがよさそうですね。

ちなみに、どのような品種の食べ比べができるのでしょうか?主な品種の味の違いを教えてください。

青柳さん

たとえば「章姫」は酸味が少なく、一番食べやすい品種です。また、「かおり野」も甘みや酸味のバランスが良いので人気がありますよ。

「紅ほっぺ」は鮮赤色が美しく、味も濃厚で美味しいです。

編集部

ほかにも、香り豊かでジューシーな「アスカルビー」や爽やかな甘さの「かなみひめ」、コクが強く濃厚な「星の煌き(きらめき)」などがあるのですね。カップルで食べ比べをしたら、「こっちのほうが甘いね」「私はこの品種が一番好き!」などと盛り上がりそうです。

食べ比べコースではせっかくなのですべての品種を味わいたいところですが、青柳さんが特におすすめの品種があれば教えていただけますか?

青柳さん

私の一押しは「章姫」です。お客様の一番人気も「章姫」なので、ぜひ味わってみてください。

石和いちご館青柳で栽培されている章姫
▲酸度が低く、後に残る芳醇な甘みが特徴的な「章姫」

編集部

「章姫」は私も大好きな品種です。長い円すい形が特徴的で、後口がとても爽やかですよね。

こちらの農園では「章姫」のみの食べ放題コースもありますが、章姫なら飽きずにたくさん食べられそうだと感じました。

ちなみに、いちご狩りに関してほかの農園さんと違う特徴などがあればご紹介ください。

青柳さん

当園はハウス栽培なので、雨天でもいちご狩りをお楽しみいただけますよ

編集部

雨でデートプランを変更するのは大変なので、天候に関係なく楽しめるのはうれしいポイントだと思いました。また、ハウス内の道幅が広めな点や、高設栽培によって膝をかがめずに済む点も石和いちご館青柳の大きな魅力だと思います。

さらに「プライベートエリア制」となっていて、予約の際にレーンを確保できることもうれしいポイントですね。特にカップルの場合は2人だけの時間を楽しみたいと思うので、石和いちご館青柳ならプライベート感覚でいちご狩りデートを堪能できると感じました。

ちなみに8月中旬頃から始まるぶどう狩りでも、「シャインマスカット」「藤稔(ふじみのり」「クイーンニーナ」といったぶどうを食べ比べできるそうですね。どのように味や香りが異なるのか、ぜひじっくりと比較してみたいです。

石和いちご館青柳で栽培されているぶどう
▲収穫したぶどうは、イートインスペースにある氷のプールで冷やして食べてもOK!

温度・湿度の管理や厳選肥料にこだわった栽培方法に注目

編集部

石和いちご館青柳では、美味しいいちご作りのために栽培方法にこだわっていると伺いました。具体的にどのような方法で栽培しているのか教えてください。

青柳さん

当園では「温度と湿度」に徹底的にこだわっております。ハウス内の温度・湿度管理は温度センサーと日射センサーによって1℃単位で管理していて、自動で天窓が開閉して調節できるシステムです。

また、ヤシ殻の培地に厳選した肥料を取り入れて高設栽培していることも、石和いちご館青柳のこだわりポイントです。

編集部

いちご栽培の環境作りにとことんこだわることで、石和いちご館青柳ならではの濃厚ないちごが生み出されているのですね。

また、二酸化炭素をいちごに与える装置を導入している点や、ハウス内にクラシック音楽を流している点も石和いちご館青柳ならではだと感じました。

カフェの「いちごパフェ」は絶品!お土産も購入できる

編集部

石和いちご館青柳には食事ができる施設や、お土産を購入できる場所はありますか?

青柳さん

ハウスの目の前にカフェがあり、当館のいちごを使用したメニューをお楽しみいただけます。

また、ハウスではいちごのパック売りも行っておりますので、ぜひお土産にご利用ください。いちごのパックは、冷蔵庫に入れておけば2~3日は美味しく食べられますよ。

編集部

目の前のカフェ「HanGing」では、特にいちごパフェが人気だそうですね。石和いちご館青柳で採れたてのフレッシュないちごを使用しているそうで、いちご狩りのあとの休憩を兼ねてぜひ味わってみたいと思いました。

ハウスでは厳選された旬のいちごを販売されているそうで、朝採れいちごをご家族用のお土産に購入したらとても喜ばれそうです。

石和いちご館青柳を訪れた方の口コミ評価

編集部

石和いちご館青柳を利用した方からよく聞く感想があれば教えてください。

青柳さん

「とても美味しい!」と喜んでいただけることが多いです。

「練乳のサービスがうれしい」「いちご狩りしやすい」などの意見も

編集部でも独自に口コミを調査したところ、以下のように満足の声が多く挙がっていました。

アイコン
いちごの種類が豊富で、どの品種も美味しくて大満足!練乳のサービスもうれしかった。
アイコン
高設栽培なのでいちご狩りがしやすい。また、1組あたり通路の両側1列を貸し切れるので、ほかの組のことを気にせずに楽しめた。
アイコン
いちごもぶどうも実が大きく、市販のものより断然美味しい!
アイコン
スタッフの方が親切だった。

いちご狩りの内容を評価する意見はもちろん、スタッフの対応に関しても高評価でした。「毎年訪れています」という方も多い人気の施設なので、フルーツ狩りデートをお考えのカップルは要チェックのスポットだと思います。

石和いちご館青柳の基本情報

住所 〒406−0035
山梨県笛吹市石和町唐柏382
アクセス 【電車】
・JR中央線「石和温泉駅」からタクシーの利用で約10分
【車】
・ETC搭載車の場合:「笛吹八代スマートインター」から約10分
・ETC非搭載車の場合:「一宮・御坂インター」から約15~20分
営業時間 9:00~15:30
駐車場 あり
開園時期 いちご狩り:12月中旬から5月の中旬まで
食べ放題の有無/時間制限 ・食べ放題:30分
・食べ比べ:60分
料金 【いちご狩り】
・食べ放題コース:1,200円~2,200円(時期によって異なる)
・食べ比べコース:800円~1,700円(時期によって異なる)
【ぶどう狩り】
・シャインマスカット:100g 170円
・藤稔(ふじみのり):100g 150円
・クイーンニーナ:100g 160円
・巨峰:100g 110円
公式サイト http://isawaichigo.com/index.html

※最新の情報はホームページ等でご確認をお願いいたします。
※記事中の金額はすべて税込表示です

石和いちご館青柳のあとに訪れたいデートスポット

ここでは、いちご狩りのあとにぴったりなランチスポットや観光名所の情報をまとめました。事前にデートプランを組んでおくと、スムーズにデートできておすすめです。

ぜひ以下のスポットも合わせてチェックしてみてくださいね。

おすすめのデートスポット

ランチに最適!おしゃれなカフェ「ケパサ(QUE‐PASA)」

「ケパサ(QUE‐PASA)」は、身体に優しいオーガニックなメニューが充実している大人気のカフェです。地元の契約農家から仕入れた無農薬・低農薬の野菜をふんだんに使用した、絶品イタリアンを味わえます。

実はこちらのカフェでも、石和いちご館青柳の朝採れいちごを使用したパフェを味わえるのだとか。1日限定5食のみなので、パフェ目当ての方は早めに足を運ぶといいですよ。

公式URL:https://peraichi.com/landing_pages/view/quepasa/

個性的なお風呂が揃う「石和温泉郷」

東京から90分ほどの立地にありながらも、本格的な温泉施設が軒を連ねる「石和温泉郷」。日帰りで入浴できるところもたくさんあるので、ぜひデートの合間に立ち寄ってリラックスされてはいかがでしょうか。

気軽に温泉を満喫したいカップルには、3つの足湯と手湯を楽しめる「足湯ひろば」がおすすめです。

公式URL:https://www.isawaonsen.or.jp/

日本遺産にも認定された渓谷美を堪能できる「昇仙峡」

「昇仙峡」は、国の特別名勝として日本遺産に認定されている渓谷です。長い歳月をかけて形成された花崗岩の断崖や奇岩・奇石を、美しい清流とともに鑑賞できます。

昇仙峡口から仙娥滝上まで遊歩道が整備されており、季節の木々や草花を眺めながら散策をすると気持ちがいいですよ。カップルで語り合いながら、リラックスしたひとときを過ごしてはいかがでしょうか。

公式URL:https://www.shosenkyo-kankoukyokai.com/

まとめ:フルーツ狩りや散策で2人の時間を楽しもう

今回は山梨県笛吹市石和町にある「石和いちご館青柳」をメインに、温泉や散策も満喫するリラックスデートをご紹介しました。

「石和いちご館青柳」では、12月中旬~5月中旬まではいちご狩りを、8月中旬頃からは期間限定でぶどう狩りを楽しめます。10種類以上のいちごの食べ比べができるメニューもあり、甘みと酸味のバランスや香りが異なる多彩ないちごを存分に堪能できますよ。

車の移動であれば山梨名物の温泉や渓谷にも立ち寄りやすいので、ぜひドライブデートで訪れてみてくださいね。

公式アカウントをフォロー

マッチングアプリ大学公式ツイッターマッチングアプリ大学公式フェイスブック