富山県高岡市の「射水神社」へ神前式についてインタビューしました!

今回は、富山県高岡市に鎮座する「射水神社(いみずじんじゃ)」をご紹介します。自然豊かな高岡古城公園に位置するこちらの神社では、神前式を挙げることができます。

射水神社の神職の田中天美さんと、ウェディングプランナーの方のご厚意に預かり、神前式の歴史や射水神社の魅力について話を伺うことができました。

神前式を挙げたい!と考えている方はもちろん、どんな結婚式を挙げれば良いか迷っている方もぜひこちらの記事を参考にしてみてください。

射水神社の神前式のメリット・流れ

射水神社の神前式のメリット・流れ

神前式を行うようになったきっかけを教えてください

神職

神前式は、明治33年(1900年)、当時皇太子殿下(後の大正天皇)と久條節子様の「御成婚の礼」が執り行われたことを契機として、日比谷大神宮(現在の東京大神宮)で創設されたことにより一般へも広まったと言われています。

富山県でも、ご神前でこのように素晴らしい結婚式が行えるのかとの思いが高まり、徐々に神社への要望が強くなっていったのだと考えられます。

現在、結婚式・披露宴会場を備えた最も歴史ある神社のひとつにも数えられます。それを裏付けるように、古いものでは、昭和2年(1927年)の『結婚式依頼書綴』が所蔵され、当時の「結婚申込書」が大切に保存されています。

なかには、親御さまも射水神社で結婚式を挙げられた方が、ご両親の「結婚申込書」を複写して感謝のサプライズとして贈られる方もいらっしゃいます。申込書には媒酌人や引き出物等の記載があり、当時を懐かしく思い出して涙されるご両親のお姿に、喜びも倍となっているように感じます。

当神社の御祭神である「瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)」は〝結びの神様〟として親しまれています。当神社では大正時代からの伝統と格式ある結婚式を守り伝えつつ、時代に即した新たな取り組みに挑戦しながら、洗練された披露宴を行っています。

インタビュアー

戦前から神前式を執り行ってきたのですね。また、何代にもわたって神前で挙式されるご家族もいらっしゃるということで、〝結びの神様〟のお力を感じさせるエピソードですね。

神前式とその他の結婚式で、大きな違いはありますか?

神職

神社は「結婚式」だけを挙げる場所ではありません。結婚式を挙げられた後も、神様との特別な〝ご縁(ご神縁)〟は永遠に続いていきます

例えば、新たな命をお授かりになりましたら安産祈願に訪れます。そして、初宮詣や七五三詣、元服・髪上祝などのように成長の節目で訪れることができます。

厄年祓や還暦をはじめとする身祝いなど、人生の大切な節目にも訪れることができます。更には初詣、四季折々のお祭りも、ご家族みんなにとっての人生の大切な節目、節目にお参りいただくことで、特別な思い出ともなり、神様からのお守りをもいただけます。

悠久の歴史ある神社ですから、この先もずっと、末永く〝お二人の特別な思い出の場所〟があり続けるということは大きいと思います。

インタビュアー

神社は日本人にとって人生の節目に欠かせない存在ですよね。結婚式だけでなく、その後の人生においてもお世話になることは多いです。「神様とのご縁が続いていく」というのは非常に日本人らしい感性だと思います。

射水神社における神前式の流れについて教えてください

射水神社における神前結婚式の流れについて教えてください

神職

当神社では人生最良の日に相応しく、古式ゆかしい次第に則り、結婚の儀を執り行っております。

【手水の儀】

巫女によるお手水で、心身を清めます

【参進の儀】

新郎新婦を先頭に、一歩ずつ、ゆっくりと参道を歩み、気持ちを整えます

【修祓の儀】

社殿内所定の席にお掛けいただき、
お祓いをします

【献饌の儀】

ご神前に神様へのお供えをします

【祝詞奏上】

「祝詞(のりと)」をご神前に奏上して、お二人の千代万代の契り(結び)を奉告、末永くお幸せでありますようにお祈りします

【三献の儀】

神様からいただいたお神酒を、新郎新婦のお二人が盃(さかずき)で互いに三度ずつ酌み交わし、絆を固く結びます

【結い紐の儀】

目には見えない赤い糸を、目に見える”かたち”で表し、互いの左手の小指へと結び合う、

射水神社ならではの特別な結びの儀です

※希望の方は、同時に「指輪の交換」も行えます

【誓詞奏上】

神様への誓いとなる「誓詞(せいし)」を、お二人で読み上げます

【玉串拝礼】

玉串(たまぐし)に神様への”祈り”を込めて、お参りします

【神楽奉奏】

巫女による神楽舞を奉納して、お二人の門出をお祝いします

【福鈴の儀】

福鈴を振り、神様の”お力”をいただきます

【撤饌の儀】

神様へのお供えをお下げします

【親族盃の儀】

「三献の儀」でお二人の絆をお結びしたように、ご家族・ご親族・ご友人の皆様ご一緒に乾杯し、ご両家の”絆”を固く結びます

※神前式の所要時間 約35分

なお、結婚式の結びには、宮司よりお祝いの言葉をお贈りし、新たにご夫婦となられたお二人だけに特別に授与されている『夫婦結び絵馬』を進呈申し上げ、めでたく祝い納めております。

インタビュアー

日本らしい奥ゆかしさを感じるお式ですね。互いの左手の小指へ赤い糸を結び合う「結い紐の儀」は、こちらの神社ならではの儀式なんですね。とてもロマンチックで素敵です!

「合わせ水の儀」について教えてください

射水神社における「合わせ水の儀」について教えてください

神職

〝合わせ水の儀〟は北陸地方に伝わる儀式です。この儀式は、花嫁が挙式当日に新郎家のご先祖さまにお参りをされる時に、玄関先で新郎家の一員となることを意味する「敷居またぎ」の時に執り行われるものです。

挙式当日の朝一番にご両家の水を容器に入れて用意します。新郎家の玄関敷居の内側から、新郎の父より盃(かわらけ)を新婦に手渡し、新郎家・新婦家の順に水を注ぎます。

これにより、嫁ぎ先である新郎家の水と、これまで生まれ育ってきた新婦家の水とが一つの盃の中で交わり、結婚によって両家の繋がりを生む花嫁が“合わせた水”を飲み干します。

別々の水で育ったお二人が一つとなり、〝かけがえのない両家の絆を大切に、新たな家庭を築いていきます〟という決意をもって頂いた後に、盃は地面に打ち付けて割り、新郎家の敷地へと埋められます。

盃が割れて元通りにならないように、新たな家族として新郎家との絆を結び、新婦の家には戻りません、という強く清らかな決意、そして新郎は新婦の想いを受けとめ、一生家族として幸せにします、という覚悟を形にした伝統の儀式です。

よって、「一生水」とも呼ばれています。日本人の〝和の心〟の表れた素晴らしい儀式といえます。

結婚式場の見学にいらっしゃったお二人に「合わせ水」の説明をさせていただきますと、多くの方が「いいですね。ぜひやりたいです」とおっしゃられます。

結婚式場〝うつくしの杜〟では神社参集殿の大玄関を新郎家の玄関先にみたて、厳粛に執り行っています。

かつて当たり前のこととして人生の節目に執り行われていた儀式、例えば本来、成人を意味する元服祝や髪上祝、そして結納式なども時代の流れとともに行われなくなってきています。

新しい人生の門出にあたり、厳かに「合わせ水の儀」を執り行い、〝互いの心〟を通わせていただくため、謹んでご提案申し上げております。

インタビュアー

北陸地方には挙式当日にそういった儀式を行う慣習があるのですね。「合わせ水の儀」のような古来からの習わしを大切にされているのは素敵なことだと思います。

神前式にまつわる印象深いエピソードはありますか

神前結婚式にまつわる印象深いエピソードはありますか

神職

古来より「男女の縁は〝運命の赤い糸〟で結ばれている」との言い伝えにちなみ、素朴な中にも美しさのある〝和の儀式〟として、赤い水引で編まれた『結い紐(ゆいひも)』をお互いの左手の小指へと結び合う「結い紐の儀」を執り行っております。

また、この儀は埼玉県に鎮座されております川越氷川神社より特別に許された儀式です。全国でも当神社と2社のみで特別に行われています

どうしてもこの「結い紐の儀」を行いたかったという新郎新婦さまも多く、神社の御社紋の入った桐箱に納められている結い紐を〝一生大切にします〟と仰っていただいた時には、この儀の有り難さや重要さを常に感じています。

また、ご結婚後も結婚記念日やお互いの誕生日などの特別な日に、あらためて結い紐を結び合われるご夫婦もいらっしゃると聞いています。

インタビュアー

「結い紐の儀」があることから射水神社で神前式を挙げられる方も多いのですね。結婚式の後も、折に触れて結い紐をむすび合わせることは、ご夫婦の絆を深めるという意味でもとても素敵なことだと思います。記念品として手元に残るところもうれしいですね。

射水神社ならではの神前式のメリットについて教えてください

射水神社ならではのメリットはありますか

神職

当神社は、加賀藩初代藩主である前田利長公が築かれた高岡城の城跡を明治時代に公園として開放された「高岡古城公園」の中心(高岡城の本丸跡)に鎮座されております。

古城公園は国指定史跡で、全国の「さくらの名所100選」に選定され、お花見が楽しめる都市公園としても高い評価・人気を得ている場所です。

あいの風とやま鉄道「高岡駅」から徒歩約10分で訪れることができる高岡市の中心市街地でありながら、春は桜、夏は新緑、秋は紅葉、冬は雪景色という自然豊かなロケーションの中で挙式していただけます。

〝鎮守の杜〟とも言われる神社には、塀やフェンス、ビルのような大きな建物などの視界を遮る人工物が無く、基本的にオープンスペースであることから、二次会から参加予定のご友人も気軽にお祝いに来て、新婦さまの綺麗な花嫁姿を見ることが出来るのも当神社の特徴です。

また、早朝からのお支度、撮影、挙式から披露宴までの全てを移動なく執り行えますので、新郎新婦さまはもちろん、ゲストの方にもご負担をかけることなく、特別なお祝いの一日をゆったりとお過ごしいただくことができます。

特に披露宴では、お色直しでゲストをお待たせする時間が少ないのも大きな魅力と考えています。

インタビュアー

高岡城跡の城跡に立地しているということで、歴史に明るい方にとっても興味深い神社といえそうですね。四季折々の自然も魅力的です。

新郎新婦はもちろん、参列される方々にとってもリラックスできる空間だと思います。

ご夫婦、または参列者の方からの感想を教えてください

挙式されたご夫婦、または参列者の方からの感想について教えてください

神職

射水神社は私たちの郷土、越中・富山県を開かれたという最も格式高い神様として尊崇され、県内唯一の神威霊験ある名神大社です。越中国一宮、または県内最高位の国幣中社との風格ある神社で神前式を挙げることができたことから、緊張したけれどとても嬉しかった、というご感想を頂戴いたしました。

また、神聖な空気が流れる厳かな雰囲気のなかで行える〝日本らしい〟素敵な神前式だとおっしゃってくださる方もいらっしゃいます。

その他にも、初めて神前式にご参列されたご友人の方々からは、厳かな神前式の雰囲気がとても良かったと話してくださることもあります。

披露宴についても新郎・新婦さまのとても幸せな姿を見ながら、すごく幸せで楽しい時間を共有できただけでなく、食材にこだわった季節の婚礼料理がとても美味しかったと言ってくださる方が多くいらっしゃることは、我々にとっても非常に嬉しく感じています。

インタビュアー

厳かで緊張感漂う雰囲気を好ましく思われる参列者の方が多いのですね。お食事の内容に特に満足されている方も多くいらっしゃるようで、どの方にとっても思い出深いお式になったことでしょう。

ドレスで神前式に臨まれる方はいらっしゃいますか?

神職

当神社での挙式を希望される方は、“和婚”への憧れをお持ちの方が多く、神前式では、白無垢はじめ、華やかな色打掛、大振袖、十二単をお召しになり、挙式に臨まれる方が多いように感じます。

もちろんドレスで神前式にお臨みいただくこともできます。

披露宴では、和装で入場され、ウェディングドレスやカラードレスへのお色直しが定番となっています。

特に他のゲストハウスなどの一般的な披露宴のお色直しは、ドレス・洋装から和装へとなるためにお支度の時間がかなり掛かってしまいます。

しかし、射水神社の場合には、和装からのドレスへの流れのため、ゲストをお待たせする時間が少ないところもご好評をいただいております。

また、当社では披露宴会場内にある専用美容室やスタジオで、お衣装、お着付け、ヘアメイク・メイク、お写真など、すべてに対応することが可能となっています。

インタビュアー

神前式では、白無垢などの伝統衣装を選ばれる方がほとんどなのですね。

披露宴ではドレスを着られるということで、和・洋どちらの装いも経験できるのはうれしいです。また、お仕度や写真撮影もお任せできるということですから、安心してお式に臨むことができますね。

神前式の予約・披露宴について

射水神社の神前結婚式における申込予約について

神前式の予約申し込みはいつ頃から可能ですか

プランナー

半年から1年前にはご来社され、ご予約される方が多くいらっしゃいます。

特に、2,000本以上の桜が咲き誇る春の桜のシーズンなど人気な季節、あるいは大安などのお日柄など、人気のあるお日にちは早めにお申し込みする方が多いです。

1年前など余裕を持ったお話であれば、ご希望のお日にちをご案内できる可能性は高くなります。

インタビュアー

桜は日本を象徴する花でもありますし、桜を背景に挙式したいという方が多いのでしょうね。希望の日程を必ず押さえるためには、1年前には予約をしておいたほうが安心ですね。

毎月、何組くらい神前式が執り行われますか?

プランナー

春は桜、夏の新緑、秋の紅葉、冬の雪景色というように年中を通して豊かな季節感を存分に楽しめますが、春と秋のシーズンに挙式・披露宴が集中する傾向になっています。

また、その年により増減はありますが、月毎では約5組~15組ぐらいの件数になります。

インタビュアー

春と秋は人気が高いのでしたら、挙式したい時期を確認して早めに予約するのがよさそうですね。

射水神社における神前式の料金について

ご家族でゆっくりとお過ごししたい方、ゲストを大切にしたい方、落ち着いた雰囲気を重視されたい方、それぞれにおすすめのプランをご用意しております。

また、お二人のお好きなロケーション、シチュエーションで撮影を行える「前撮りプラン」や、神前挙式プランなど、さまざまなご要望にお応えするためのサービスも充実させております。

お問い合わせ・ご予約は、電話またはホームページからお気軽にご連絡ください。

受付時間 9時30分~18時
※毎週火曜は閉館
(祭事・行事がある場合は開館)
電話番号

0766-22-0808(うつくしの杜 参集殿 結婚式場)

公式サイト https://www.imizujinjya.or.jp/

披露宴を行うことは可能ですか

披露宴を行うことは可能ですか

プランナー

可能です。神社には披露宴会場のほか、美容・写真などのすべの施設が整っておりますので、大きな移動を伴う負担もありません。

射水神社参集殿「うつくしの杜 結婚式場」には、地元富山の伝統工芸の技で彩られた〝和モダン〟を基調とした、或いは〝木漏れ日のある和の風合い〟を基調とした趣の異なる大きなバンケット(披露宴会場)が2つあり、その他にも少人数様でのご会食などでご利用いただける利便性の高い和洋室のお部屋もいくつかご用意致しております。

少人数様での会食から50名程の中規模、100名を超える大人数様でのご披露宴・ご会食まで、人数に合わせて会場をお選びいただくことができます。

インタビュアー

披露宴会場も豪華で華やかな雰囲気ですね。少人数から大人数までご対応いただけるのは有難いです。

射水神社の歴史・見どころについて

射水神社の歴史・見どころについて

射水神社はどのような神社ですか?

神職

射水神社は、悠久の昔に鎮座され、平安時代には越中国内で唯一の「名神大社」、さらには「越中国一宮」であり、明治時代には県内最高位の「国幣中社」となったことから、今日では〝越中総鎮守一宮〟として、広く富山県下一円から尊崇されています。

ご祭神の二上神「瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)」は、神話によると、伊勢の神宮にお祀りされる皇祖神・天照大御神の御代理として神様の世界である高天原から地上に降りられた孫神様で、私たちの故郷・越中の国をもお開きになられた〝みちひらきの神様〟です。

古来より、命の根源である〝稲づくり〟をはじめとする農林水産商工営業全ての諸産業の守り神、また御社名から「水」を司る神様としても広く篤い崇敬が寄せられ、〝お清めの神様〟としても霊験あらたかで、さらには〝結びの神様〟としても親しまれています。

インタビュアー

富山県でもとりわけ由緒正しい神社なのですね。お祀りされている「瓊瓊杵尊」は結びの神様ということで縁結びのご利益もしっかりと授けていただけそうです!

射水神社を訪れた場合の見どころなどはありますか?

神職

地元の方々が「古御城(ふるおしろ)」として親しんできた加賀前田家ゆかりの高岡古城公園は、加賀藩初代藩主の前田利長公が築いた高岡城址を明治時代より公園として開放したもので、昭和40年(1965年)に富山県指定史跡、平成27年(2015年)に国指定史跡とされました。

その中心に佇む射水神社には四季を通じて朝夕に多くの方がお参りされ、その姿は昔も今も変わりません。

「日本さくら名所100選」にも選ばれる公園では、春に約2700本の桜が咲き、夏には鮮やかな新緑がいきいきと生い茂り、秋には紅葉、冬には白銀の雪で見事な景観を創り出し、多くの人々の心を癒しています。

また中心市街地でありながら約21万㎡の広大な面積のうち、3分の1が水濠で、水面に映る桜や緑の樹々もとても美しい野趣あふれる公園です。

神社の境内に入り参道を進むと、社殿の近くには伊勢神宮より特別に拝受した「檜鳥居」が建っています。

この鳥居をくぐったところには〝理想の家族像〟を表した石組み〝相生組み〟の『さざれ石』があります。

夫婦であるお二人が互いに支え合う姿を表現されたもので、よくよく観察してみると、更に隠された秘密を知ることができます。

また、従前、神様が鎮座されていた二上山(神社から北へ5kmほどの地に聳える標高274mの万葉歌人・大伴家持卿もこよなく愛された神山)より、現在の鎮座地である高岡城本丸跡地への遷座を記念奉祝して、地元の高岡市白銀町の人々から奉納された『八重の紅梅』は、樹齢400年以上といわれますが、〝幹からも直接花を咲かせる強い生命力〟にあやかろうと花の見頃を迎える3月末には毎年多くの方がご参拝されます。

さらに近年では、幹の一部が空洞となっていて、その箇所がハート形に見えることから、〝縁結びの御神木〟として、神社の新たな名所にもなっています。

その他、水に浮かべる「射水の水みくじ」、一宮の神様のお力をいただく「一守り」「力守」なども人気です。

インタビュアー

自然豊かな高岡古城公園は、地元の方々にとって憩いの場になっているのですね。また、境内にある「さざれ石」にはなにやら秘密が隠されていそう!参拝の際はぜひ見てみたいですね。

縁結びの御神木もあるということですから、縁結び祈願を希望の方はチェックしておくと良さそうですね。

結婚が決まったカップルへのメッセージ

結婚が決まったまたは結婚を考えているカップルへ、アドバイスまたはメッセージをお願いします

神職

結婚式は、お二人の人生の中でも最もめでたく華やかであり、とても重要な儀式であり、大切な人生の節目です。

そして、これまで育ててくれたご両親、ご家族、またお祝いに来てくださる同僚、ご友人の皆さまに「ありがとう」と感謝を伝える場です。

最近の新郎新婦さまは〝お二人ならでは〟〝お二人だからこそできる〟あらゆる演出で、その気持ちを伝えようとされています。

たとえば「折り鶴シャワー」をされたい場合には、千羽以上の鶴をお二人で折られた方もいらっしゃいます。そうした中で、夫婦の絆も芽生え、より深まっていくのだろうと思います。

また、当社の挙式の最後に、宮司より『夫婦結び絵馬』をお贈りしております。

この絵馬の表面にはお二人のお名前と挙式日を、裏面には〝誓い・願い〟をお書き入れいただき、お帰りの際、または後日神社へお越しの際に「夫婦結び絵馬 専用絵馬掛け所」にお掛けいただいております。

なお、一般の祈願絵馬は毎年1月14日に行う左義長(射水の火祭り)でお焚き上げをいたしておりますが、この「夫婦結び絵馬」は〝ご結婚の証〟となる特別な絵馬であるため、決してお焚き上げをせず、おおよそ一年間は専用の絵馬掛け所にお掛けします。

その後は神職の手によって〝神様のお側近く〟へ納められ、お二人とともに末永くお守りいただいております。

さらに、これからの人生で迎えられるめでたい節目、銀婚式や金婚式などでご覧になられたい時に、おふたりのご希望でいつでも見ることができるのも、この絵馬ならではの楽しみであり、幸せを再確認できます。

ご新郎、ご新婦さま、お二人には新たな人生のはじまり、新しい生活をはじめられるにあたり、ご神前で奏上される「誓詞」、またお書きになられる「夫婦結び絵馬」のお言葉を、いつも、どんな時も忘れることなく過ごされることで、神様のお力とお導きをいただかれ、健やかで温かなご家庭をお築きいただきたいと思います。

ご結婚を迎えられた、ご結婚を迎えられる、またはご結婚をお考えの皆さま方の〝お幸せ〟を心からお祈り申し上げます。

プランナー

おめでとうございます!これから結婚式をどうしようかと迷っている方も多いと思います。

写真だけを残すこともできますが、結婚という大きな人生の節目で、ご両親をはじめ、お世話になった多くの方に「ありがとう」と感謝の気持ちを伝えましょう。

このインタビューを通して、神前式について気になることがあれば、いつでもお尋ねください。

これから新しい人生をスタートさせるお二人、そして、ご両親さまの幸せを射水神社スタッフ一同、心からお祈り申し上げます。

インタビュアー

本日はお忙しい中、貴重なお話をありがとうございました。

射水神社の基本情報

住所 〒933-0044
富山県高岡市古城1番1号
電話番号 0766-22-3104(社務所)
FAX 0766-21-3715
公式サイト https://www.imizujinjya.or.jp/

公式アカウントをフォロー

マッチングアプリ大学公式ツイッターマッチングアプリ大学公式フェイスブック