モテOLゆゆこの東カレデート婚活体験「超ハイスぺ港区男子とデート!」

東カレデートで出会ったハイスペ男性レポート

マッチングアプリ大学 ゆゆこ

こんにちは。自称アラサーモテOLゆゆこです。

ハイスぺ男性との出会いを求めて、ついに東カレデートの利用を開始!今回は、一流企業の役員・年収2000万円超えの超ハイスぺエリートさんとの出会いについてレポートします。

東カレデート利用開始!

これまでゼクシィ縁結び、Pairs、Omiaiといった有名どころのマッチングアプリを利用してきました。

が、私が思い描くようなハイスぺイケメン男性との出会いはなかなか難しいのかな・・・と感じ始めた今日この頃。

しかし、妥協や諦めなんて文字は私の辞書にはありません!!

ハイスぺ男性が集まると評判のマッチングアプリ『東カレデート』を使ってみることにしました。

東カレデートは男女ともに入会審査があり、それを通過しないと会員になれないというなんとも敷居の高いアプリです。

具体的な審査基準は不明ですが、外見や年収などのスペックで判断されるとのこと。(詳しくは東カレデートの解説記事にて)

無事入会審査を通過し実際に利用してみると、他のマッチングアプリではあまり出会うことのないようなハイスペックな方がずらり!目移りしまくりながらも、いいねやメッセージをくださった方から選りすぐりの男性数名とマッチングしていきました。

一人目:エリートさん(一流企業の取締役、40歳バツイチ、年収2000~3000万円)
二人目:アナさん(フリーのアナウンサー、39歳バツイチ、年収1500~2000万円)
三人目:キャプテンさん(パイロット、32歳、年収2000~3000万円)

華々しい職業の方ばかりで、皆さん当然のように年収1000万円超え。なんだか感覚が麻痺してしまいそう・・・果たしてこの中から、素敵な出会いはあるのでしょうか?

一人目:エリートさんのスペック

  • 40歳、170cm、普通体型
  • 一流企業の取締役や顧問を兼任、年収2000~3000万円
  • バツイチ・子供別居
  • 港区で一人暮らし
  • お酒飲む・タバコ吸わない
  • 車持ち(外車)
  • 趣味は読書、ゴルフ、映画鑑賞、音楽鑑賞、ドライブ、海外旅行

一人目は、上品で知的な雰囲気がいかにも都会のエリートといった様子なので、エリートさんと呼ぶことにしましょう。見た目は名脇役と名高い滝藤賢一さんにそっくりです。

東カレデートで出会った滝藤賢一似のエリート男性イメージ

過去最高レベルのハイスぺ男性!?

東カレデートでは『いいね!』に対して『ありがとう』を送ってマッチングするだけでなく、直接気になるお相手にメッセージを送ることでやり取りを開始する方法もあります。(自分からメッセージ送信するには有料会員登録が必要です!) エリートさんも素敵なメッセージを送ってきてくださいました。 

エリートさん「はじめまして。私は〇〇と申します。品があって柔らかい雰囲気がとても素敵だったのでメッセージを送らせていただきました。私は複数の会社で役員や顧問をしており、現在は港区に住んでいます。休日は読書やゴルフをすることが多いです。もしよければお返事いただけると嬉しいです。よろしくお願いします。」

これまで利用してきたマッチングアプリでは出会ったことのないようなタイプの方で、そのスペックの高さにしりごみしそうになりました。

しかし、こんなチャンスを棒に振るわけにはいかないので、マッチングしてみることに。

ゆゆこ「はじめまして、メッセージありがとうございます。ゆゆこと申します。私は東京ではなく〇〇県に住んでいるのですが、それでもよければ仲良くしていただけると嬉しいです。」

このアプリは東京在住の人が多いのね~!と、利用開始当初は不思議に思っていました。(私は関西住みなので。)東カレが『東京カレンダー』の略であると知ったのは、かなり後になってからのこと・・・

エリートさん「お返事いただけて嬉しいです。僕は全国各地へ出張することが多いので、東京でなくても気にしませんよ!実は来週の土曜日に関西方面へ出張予定なんです。ただ、夜には東京へ戻らないといけないので、ほんの1、2時間お茶をする程度になってしまうかと思いますが、それでもよければ一度会っていただけませんか?」

メッセージ交換開始一往復目にして、早速お誘いいただきました。遠距離ということもあって会える時に会っておいた方がよさそうだし、メッセージの文面や写真の雰囲気から怪しさは全く感じなかったので、とりあえず会ってみることに。

いざ、ご対面!

ホテルのラウンジ
夜のフライトで東京に戻られるということなので、空港までのバスが出ている某有名ホテルのラウンジでお茶することになりました。

普段、休日はデニムにスニーカーというカジュアルな恰好で過ごすことが多い私。しかし、さすがにホテルのラウンジでエグゼクティブな方とお会いするのには似つかわしくないと思い、いつもより少しよそ行きな格好で待ち合わせ場所へ向かいました。

休みの日にヒールを履くのはかなり久々で、心なしか背筋も伸びます。どんな方なんだろうな~わくわく。

前の予定が押していて私の方が遅れてしまうため、エリートさんには先にお店の中へ入ってもらっていました。私が近くまで来たと連絡すると、わざわざお店の外へお迎えに来てくださいました。

おそらくオーダーメイドと思われる上質なスーツに、オシャレなメガネで清潔感のある佇まい。

これが港区在住のアッパー層、港区男子ってやつなのね。

ゆゆこさんですね。はじめまして。今日はこちらの都合でわざわざ時間を合わせていただいてすみません。

はじめまして。いえいえ、こちらこそお忙しいのに時間を割いていただけて嬉しいです。

そういえば、甘いものがお好きってプロフィールに書いてらっしゃいましたよね。美味しそうなケーキとか色々あるのでいかがですか?僕もスイーツ男子だから何か食べちゃおっかな。

こちらのプロフィールにしっかりと目を通してくださっており、細やかな気遣いはさすがだなと感じました。 ”スイーツ男子”というワードが若干気になったけど、あえてスルーしておくことにしましょう・・・

そうなんですよ~甘いもの大好きなんです!じゃあせっかくなので・・・私はフルーツタルトにしようかな。

さすがホテルのラウンジ。ケーキとはいえそのお値段にビックリしました。(コンビニのケーキなら5つくらい食べられるかも!?)

いいね~、僕もフルーツタルトは大好きだよ。タルトならこの辺りだと〇〇というお店が有名だね。あそこは店内のインテリアもアンティークで素敵なんだ。

お仕事柄、接待や会食で全国各地を飛び回っておられるエリートさん。かなりグルメなようで、一流かつ美味しいお店をたくさんご存知のようです。一見クールで寡黙な印象でしたが、実際お会いしてみると常に話題を提供してくださる気さくな方でした。 

パパ活?港区女子?

あ、いまさらだけどね、僕バツイチで息子が一人いるんだけど大丈夫?

はい、プロフィールにも書かれていましたし、そこは全く気にしません。

それならよかった。今でも元嫁と息子には月一くらいで会ってるけど、離婚して長いからもう一人でいることにもすっかり慣れてしまったね。

離婚されてからお付き合いはされなかったんですか?

彼女がいた時期もあったけど、長く続くことはなかったね。東カレで出会った子とも付き合ったこともあるよ。いやーあれはひどかったね。

そうなんですか!何がひどかったんですか?

ゆゆこさんと同い年のバツイチの子でね、その子の元旦那さんはとあるベンチャー企業のやり手の社長さんだったんだ。

結婚した途端に旦那さんの態度が急変したせいで、彼女が精神的にやられちゃって離婚したって聞いてたんだけど・・・実は僕と付き合ってた当時、まだ離婚してなかったみたいでね。

えー!どうして離婚してないって分かったんですか?

その子ね、テレビに出てたんだよ。玉の輿に乗る方法っていう特集で。旦那の稼いだお金で贅沢な暮らしをしている様子が放映されていたよ。僕と付き合ったのもお金目的だったんだろうね。

私にとってはあまりに異次元な出来事すぎて、返す言葉も見つかりませんでした。東京、こわい。港区女子、恐るべし。

どういうことだって問い詰めたら泣きつかれたよ。テレビだから仕方なかった、離婚したいのは本当なのってね。

でもさすがにその時はもう彼女の言うことは何も信用できなくなっていたから、それ以来連絡を絶ったよ。

私の日常とはかけ離れすぎててあまり想像できないのですが・・・とにかく災難でしたね。それは人間不信になってしまいますね。

本当にそうだよ。東カレを使ってる女性って綺麗な人多いけど、パパ活目的の子も多いからね。

もうそういう港区女子は懲り懲りだから、東京に住んでいなくてガツガツしていない雰囲気のゆゆこさんに惹かれたんだよ。

ほーう。なるほど。都会のキラキラ女子たちに気疲れしているアッパー層の男性にとって、地方住みの田舎女子は安心感があるのでしょうか。まぁ、若干なめられてる感は否めませんけどね。(ひねくれすぎ?)

そうだったんですね。私は純粋に出会いを求めて利用してるだけなので、安心してください。パパ活や港区女子なんて単語を知ったこと自体、つい最近ですから。

それならよかった。東カレで出会った他の男性とは会ったことある?

いいえ、エリートさんが初めてですよ。

そっかー。聞くところによると、男性会員は既婚者で完全に遊び目的っていう人がほとんどみたいだよ。僕みたいに真剣な会員からすると迷惑な話だよ。

えー!やっぱりそうなのか・・・

東カレで真剣な婚活は厳しいのか?

港区女子
引用:http://news.livedoor.com/article/detail/15966758/

そもそも、東カレ運営側が公式で『デーティングアプリ』と銘打っていることもあり、真面目な婚活目的として利用するには無理があるのでは?と薄々感じていました。(デーティングアプリとは、恋愛ではなくて会うことやデートを目的としたアプリです)

女性会員は『港区女子』や『丸の内OL』と呼ばれる東京都内在住のキラキラ女子が、美味しいものを御馳走してくれたり、高級なプレゼントを贈ってくれるお金持ちの『パパ』を探すという用途で利用している場合が多いようです。

一方、男性会員は経営者、会社役員、医者、弁護士といった、社会的地位が高いとされる方が大多数を占めています。当然一般のサラリーマンと比べると金銭的に余裕があるため、東カレでパパを探しているモデルやキャビンアテンダントといった美女と知り合ってデートができるのです。

こうした需要と供給が一致しているため、東カレでは暗黙のうちにパパ活文化が広まることになったのでしょう。とはいうものの、真剣に婚活をしている方も当然いらっしゃるので、そこをきちんと見分けるのが東カレ攻略の鍵になりそうですね。

あ、もうこんな時間。そろそろ空港へ向かうよ。短い時間だったけど会えて楽しかったよ。来週もこっちで仕事なんだけど、よかったら今度はゆっくり飲みながら食事でもどうかな?

ほとんどエリートさんが一人で喋っていたけれど、どうやら私は好感触だったようです。話している限り既婚者でも遊び目的でもなさそうなので、その場で次回の食事の約束をしました。

二度目の面談

一週間後、高層商業施設の会員制レストランで食事をすることになりました。エリートさんはお仕事の都合で少し遅れるとのこと。「先にお店に入ってバースペースで飲んでいてね。」と言われましたが、そんな洒落込んだことは私にはできませんでした。汗

20分ほど遅れてエリートさん到着。

遅くなってごめんね。思ったよりかなり会議が長引いてしまって・・・あれ、まだ飲んでなかったの?

お疲れ様です~!お先にソフトドリンクはいただいてますよ。

待たせて悪かったね。お腹すいたでしょ?コース料理で頼んでるからすぐに持ってきてもらうね。

イタリアンのコース料理を楽しみながら、夜景を見ながらのディナー。座席は対面ではなく隣り合って座るタイプのカップルシートなので、前回よりも距離は近めです。

このレストランの東京の店舗で会員になっててたまに行くんだけど、ここに来たのは今日が初めてなんだ。なかなかいいものだね。

そうなんですね。こっちにしかないお店ってなかなかないですよね。大体全部既に東京にはありますもんね。

そうだね。僕は生まれも育ちもずっと東京だから、不便に感じたことは全くないね。あ、僕ね、地方に行くと第一印象最悪ってよく言われるんだよ~

へぇ、どうしてですか?

都会育ちのすかした奴ってね。まぁ、話しているうちに打ち解けるけど。

あー!たしかに!妙に納得してしまいました。本人にその気はないでしょうが、どことなく地方の人間を見下しているような印象を受けてしまうんですよね。

その後もほどほどに会話は盛り上がりましたが、平日だったので早めにお開きになりました。

高層ビルから夜景の見えるカップルシートというかなりロマンチックなシチュエーションであったにも関わらず、恋愛に進展するような気配は皆無

好きなタイプや結婚観など、踏み込んだことを聞かれることも特になかったので、私に興味があるのか無いのか結局よくわかりませんでした。

おそらく、以前東カレで出会ってお付き合いした女性に騙されたということから、出会いに対してかなり慎重になっておられるんじゃないかと思います。

う~ん、もう次はないかな~。

話が面白くない、一緒にいいるのが苦痛ってわけではないんですけど、この方とお付き合いしたり結婚に至ったりする未来が全く想像できないのです。

共通の趣味があるわけでもなく、育った環境も生活も全く違う彼とは、きっと価値観が合わないでしょうね。

というわけで、エリートさんとはここまでです。

エリートさんのまとめ

  • 東京カレでは地方在住でも十分戦える。(むしろ好感度が高い場合もアリ)
  • ハイスぺ男性はお金目的のパパ活女子をかなり警戒している。
  • 遊び目的の既婚者でないか的確に見抜く目を持つことが大事。
  • 東カレはあくまで『デーティングアプリ』なので真剣な婚活には不向きかも…

今回利用したアプリの情報

ゆゆこのハイスペ男性レポ〜Omiai編〜

>>次回:フリーアナウンサーさん編

↓↓計42個使って評価!おすすめマッチングアプリランキングへ↓↓
計42個使って評価!おすすめマッチングアプリランキング

公式アカウントをフォロー

マッチングアプリ大学公式ツイッターマッチングアプリ大学公式フェイスブック

この記事を書いた人

ゆゆこ

自称モテるOL。アラサー。イケメンが好き、でも私を甘やかしてくれるイケメンはもっと好き♪