withアプリの口コミ評判でわかった!ウィズを使ってはいけない人・使うべき人

口コミ評判でわかった!with(ウィズ)アプリで出会えない人・出会える人の特徴

編集部ダニエル

こんにちは、編集部のダニエルです。今回はマッチングアプリwithについて解説していきます。

最近では、様々なマッチングアプリが登場しています。注意しなければいけないのは、アプリの良し悪しより、「あなたに合ったアプリなのか?」が最も重要だということです。

このページでは、withの特徴を解説し、『ウィズで出会いやすい人』・『不向きな人』をお話していこうと思います

まずは、『60秒でわかる!with(ウィズ)を使うべき人』からご覧ください。

60秒でわかる!withを使うべき人

60秒でわかる!withを使うべき人①60秒でわかる!withを使うべき人②

60秒でわかる!withを使うべき人③

withを使うべき人

  • 年下の恋人が欲しい男性
  • 結婚相手よりまずは恋人を探したい人
  • 趣味や価値観など内面重視で出会いたい人

withを使うべきじゃない人

withは会員の70%が20代なのが特徴で、「20代の恋人作り」や「年下彼女を作りたい30代40代の男性」におすすめできるアプリです。

また、相性診断や「好みのカード(趣味コミュニティ)機能」が充実。

「見た目だけで出会いたくない!」「趣味の合う相性のいい人と出会いたい」って人に向いています。

料金 月額3,600円(税込)~(女性無料)
対象者 恋人のいない独身のみ(既婚者禁止)
年齢層 20代中心
目的・真剣度 恋活
運営会社 株式会社イグニス/株式会社アイビー
インターネット異性紹介事業届出及び受理済み
with公式

withと大手アプリの総合評価

「withを使うべきじゃない人」は、withと大手アプリの評価比較を参考にして、自分に合ったアプリを選んでみてください↓

1位 ペアーズ  → 100点

2位 with → 96点(ココです)

3位 Omiai → 90点

4位 タップル → 88点

5位 マリッシュ → 84点

withは2位。

趣味コミュニティが充実しているところや、独自の相性診断で相性の良い相手を見つけられるところから、この順位になりました。

それぞれのアプリの特徴を詳しくみていきましょう!

1位:初心者はペアーズから

Pairs

ペアーズ

料金 月額3,590円(税込)~(女性無料)
※男性3ヶ月プランがおすすめ
対象者 恋人のいない独身のみ(既婚者禁止)
年齢層 20代~30代が多い
目的 恋活・婚活
運営会社 株式会社エウレカ
インターネット異性紹介事業届出及び受理済み

ペアーズが1位の理由はこちら。

  • 累計会員数1,000万人突破=出会いやすい
  • 新規会員数がダントツで多い=流行っている
  • 会員数が多く地方でも出会いに困らない
  • とても使いやすく初心者向けである

この後、詳しくペアーズ(Pairs)のメリット&デメリットを紹介していきますが、なんだかんだ言って「会員数=出合いやすい」に直結することは間違いないです。

初心者はまずペアーズから始め、ある程度コツを掴んでから別アプリに広げていくのがとても効率的な使い方です。

withOmiaiなどと併用し、出会いの母数を増やして、短期間で一気に恋人を作るなどもおすすめです。

登録すべき人!

  • アプリを初めて使う初心者の人
  • 出会いが少ない地方住みの人
  • すぐに結婚というより恋人を探したい人

<初心者ならまずコレ>
→ペアーズはこちら

2位:相性のいい人と出会いたいなら「with」

with

with(ウィズ)

料金 月額3,600円(税込)~(女性無料)
対象者 恋人のいない独身のみ(既婚者禁止)
年齢層 20代中心
目的・真剣度 恋活
運営会社 株式会社with
インターネット異性紹介事業届出及び受理済み
無料登録はこちら

withの最大の特徴は、会員数が多く20代が中心なので、「20代の恋人作り」や「年下彼女を作りたい30代40代の男性」に最適なところです。

また、相性診断や「好みのカード(趣味コミュニティ)機能」が充実。

「見た目だけで出会いたくない!」「趣味の合う相性のいい人と出会いたい」って人に向いています。

withに登録すべき人!

  • 年下彼女を作りたい30代40代の男性
  • 20代で恋人作りたい人
  • 相性や価値観など性格重視する人

<相性のいい人と出会いたい>
→Withはこちら

3位:将来を見据えた恋人作りならOmiai

Omiai

真剣恋活Omiai

Omiai

料金 登録無料
男性のみ有料月額プランあり
対象者 独身のみ(既婚者禁止)
年齢層 20代~30代が特に多い
目的・真剣度 婚活と恋活の間
運営会社 株式会社ネットマーケティング
インターネット異性紹介事業届出及び受理済み
無料登録はこちら

Omiaiは25〜35歳くらいの将来を見据えた出会いを求める人にぴったりです。

会員数もペアーズに次いで多く、ペアーズやwithと併用することで、出会いの確率をさらに上げることができます。

ガチ婚活ほどではないけど将来を考えられる人を見つけたい人や、ペアーズ以外で出会いの母数を増やしたい人が向いています。

あと、Omiaiは美女やイケメンが多いので、容姿を求める人にも向いています。

登録すべき人!

  • 将来を考えられる恋人が欲しい人
  • 安全性が高いマッチングアプリが良い人
  • 容姿を求める人

<将来を見据えた恋人探しなら>
→Omiaiはこちら

4位:すぐに出会いたい人はタップル

タップル誕生

タップル

タップル誕生

料金 月額3,700円(税込)~(女性無料)
対象者 独身のみ(既婚者禁止)
年齢層 18代~30代前半
目的・真剣度 婚活と恋活の間
運営会社 株式会社タップル
インターネット異性紹介事業届出及び受理済み
無料登録はこちら

タップルの最大の特徴は、「おでかけ機能」を使ってその日や週末に会える相手を探せること!

年齢層は20代が中心です。

マッチングできる数も他のアプリに比べて多いので、アプリを使って出会うことに抵抗のない人にはぴったりなアプリです。

登録すべき人!

  • たくさんの異性とやりとりしてみたい人
  • 20代の人
  • 速さ重視!すぐに出会いたい人

<スピード重視で出会いたいなら>
→タップル(R18)

5位:バツイチ・再婚目的ならマリッシュ

マリッシュ(marrish)

マリッシュ(marrish)

マリッシュ(marrish)

料金 月額3,400円(税込)~(女性無料)
対象者 独身のみ(既婚者禁止)
年齢層 20~50代
目的・真剣度 真剣婚活
運営会社 株式会社マリッシュ
インターネット異性紹介事業届出及び受理済み

無料登録はこちら

マリッシュの特徴を完結にまとめると、シンパパ・シンママなど「バツイチ・再婚活向きのアプリ」となります。

離婚歴がある人が、恋人探しや、再婚を考えるとき、ネックになるのが

「離婚歴や子供のことを理解してくれる人に出会えるか?」

というところです。

マリッシュでは、他のアプリよりバツイチや子持ちに理解のある人が集まっているので、当然マッチングもしやすく、お付き合いや結婚に繋がりやすくなっています。

登録すべき人!

  • シンママ・シンパパ
  • 趣味で出会いたい人
  • 恋活スタートで再婚希望の人
  • 再婚活がうまくいっていない人

<バツイチ・再婚活なら>
→マリッシュ

ここからは、withの更に詳しい情報を解説していきます!

withの良い口コミ評判

withの良い口コミまとめ

withの評判を調べたところ、良い口コミは以下の3つが多かった印象です。

CHECK
withの良い口コミ
  • withで恋人ができた
  • 相性診断・性格診断で自分と合う人を見つけやすい
  • アプリ初心者・恋愛下手でも出会いやすい補助機能が多い

良い口コミの傾向をまとめると、結婚よりも恋愛したい・ステータスだけじゃなくて性格の相性も大切・アプリ慣れしていない人は、withを使ってみる価値ありです!

それぞれ詳しく紹介していきます。

1.withで恋人ができた

withの良い評判・口コミを調べていて最も多かったのは「恋人ができた」という良縁報告でした!傾向としては、「結婚した」よりも「恋人ができた」が多かった印象です。

▼各アプリの恋人・結婚できた人の割合

恋人ができた 結婚できた
with 31.7% 3.5%
ペアーズ 28.7% 10.6%
タップル 22.54% 6.1%
Omiai 22.45% 4.2%

マッチングアプリ利用者300人にアンケートしたところ、「恋人ができた」と回答した人が最も多かったのは31.7%のwithでした。恋人ができた、付き合えたといったクチコミが多いのも納得できますね。

▼with利用者の目的

実は、with利用者の82.9%が「恋活目的(恋愛・恋人がほしい)」で利用しています。

▼各アプリの利用目的の割合

恋活 婚活
with 82.9% 8.5%
ペアーズ 72.6% 19.6%
タップル 77.7% 12.3%
Omiai 76.7% 22.3%

withは「ペアーズ」「タップル」「Omiai」よりも恋活目的の人が10%以上も多いです。

そのため、恋愛・恋人探しが目的の人はwithを使った方が良いと言えそうです!

編集部コメント
マッチングアプリ大学教授ダニエル

ダニエル

結婚を考えていないときに婚活目的の人が多いアプリを使ったことがあるけど、マッチング率は低かった。相手がいての恋愛・結婚、目的や結婚に対する意識が近い人が多いアプリを選ぶのが成功の近道!

2.相性診断・性格診断で自分と合う人を見つけやすい

with独自の心理学を用いた機能「性格診断・相性診断がよく当たる」「自分と相性の良い人を見つけやすい」という口コミも多かったです。

不定期開催ですが、以下のような心理テストで性格の相性が合う人を探せます。

withの心理テスト

また、withは性格・相性診断以外にも「趣味で繋がれる好みカード」という機能もあります。他アプリよりも性格の相性が良い人と出会いやすい機能が多いんです。

▼各アプリの性格・好みが合う相手を探せる機能

機能
with

・性格診断
・相性診断
・好みカード

ペアーズ ・コミュニティ
タップル ・デートプラン
Omiai ・キーワード検索
match なし

withは性格の相性が合う+ステータス(年収・学歴など)まで揃った「理想の相手」を見つけやすいアプリと言えそうです!

編集部コメント
マッチングアプリ大学教授ダニエル

ダニエル

性格診断をやると「毎日10回いいね!が無料」「期間中は相性が良い相手へのいいね!が無料」などの特典が貰えます。マッチング数を増やせるチャンスなので参加しなきゃ損です!

3.アプリ初心者・恋愛下手に優しい補助機能が多い

withはどのアプリよりも、マッチングするために大切なこと、出会うためのアドバイスをしてくれるという口コミが目立ちました。

マッチングアプリの認知度は20代:68%・30代:54%・40代:33%MUFGの調査結果より)なので、これから使う人がどんどん増えていくはずです。

withはアプリを初めて使う人が躓くポイントをフォローしてくれるので、アプリ初心者におすすめです!

▼withからのアドバイス一部(メッセージの話題・メッセージ1通目の良い例・悪い例)

withのアドバイス

withは他アプリと比べても出会える確率をアップする機能・アドバイスが多いです。

▼各アプリのアドバイス機能

出会うための補助機能
with ・相手との共通点の数がわかる
・メッセージのアドバイス
・プロフ写真・自己紹介文へのアドバイス
・自己紹介文の例がある
・相性診断
・性格診断
ペアーズ ・コミュニティ
・自己紹介文の例がある
・相性の良さが%で表示される
タップル ・プロフ写真へのアドバイス
・マッチした相手との共通点をお知らせ
・アプリの使い方ガイド
Omiai ・プロフ写真へのアドバイス
・自己紹介文の例がある
・相性の良さが%で表示される
match なし
withは異性と出会いやすくなるサポートが充実しているので、アプリ初心者・恋愛下手に優しいアプリと言えそうです!
編集部コメント
マッチングアプリ大学教授ダニエル

ダニエル

アプリでマッチングするにはプロフィール、出会うためにはメッセージが重要です。どちらかが欠けてもダメです。人気会員のプロフやメッセージ例もみれるので、初めてでどうすればいいかわからない人は使ってみるといいでしょう!

withの悪い口コミ評判

続いては、あまり良くない口コミを紹介していきます。特に目立ったのはこちらの3点。

CHECK
withの悪い口コミ
  • 男性の料金プランが高い
  • マッチングしない
  • 年齢層によってはマッチングしづらい

1.男性の料金プランが高い

「料金が高い」という口コミがありました。withの場合、女性無料なのですが、男性は有料です。女性とメッセージをするためには、有料会員への登録が必要になります。

本当にwithの料金は高いのか、他の大手アプリと料金を比較してみました。

▼大手アプリとの料金比較表

アプリ名 クレジットカード Apple ID Google play

ペアーズ
ペアーズ

3,700円 4,300円 4,300円

Omiai
Omiai

4,800円 4,800円

with
with

3,600円 4,000円 4,000円

タップル
タップル

3,700円 4,000円 4,000円

マリッシュ
マリッシュ

3,400円 3,400円 3,400円

※税込表記です。
※それぞれ1ヶ月プランの料金です。

比較して見るとwithの料金は平均的、もしくは安い部類になります。

口コミなどの情報を鵜呑みにせず、きちんと比較して判断しましょう。

また、マリッシュの方が料金的に安いですが、withよりも会員数が少なく年齢層は40〜50代がメインのため20〜30代の人はマッチングしづらい環境です。

▼料金重視!年齢別のおすすめマッチングアプリ

  • 20〜30代→with
  • 40〜50代→マリッシュ
編集部ダニエル

withの料金は他社と比較しても平均的と言えます。安心して使えるアプリですよ

2.マッチングしない

「マッチングしない」という声も多く見られました。

マッチングしない原因の99%はプロフィールにあり、これはwithだけでなく他のマッチングアプリでも同じです。

実際にアプリを利用している女性が最も重要視しているのは「プロフィール写真」↓↓

逆にプロフィールをきちんと作れば異性から高評価を得られ、マッチングしやすくなるということです。

アプリ初心者の方はプロフィールの作り方を解説した以下の記事を参考にしてみてください。

>>【男性】モテるプロフィールの作り方

>>【女性】モテるプロフィールの作り方

3.20代の会員が圧倒的に多い

「会員の年齢層が若い」という評判がありました。

そこでwithにいる会員の年齢層を調べてみました。

with会員の年齢層の調査結果

口コミの通りでwithは20代が65%と、アプリ全体で見ると年齢層が若いという結果になりました。

30代も27%と一定数はいるため出会いのチャンスはあります。

40以降は割合がガクッと減るため、そういった場合は、同世代狙いに切り替えてアプリを探してみましょう。

下に年代別のおすすめアプリを紹介しておきます↓

編集部ダニエル

自分の年齢に合ったアプリを使うことでマッチングしやすくなりますよ!

withに登録しているのはこんな人達です

編集部ダニエル

withユーザーの『利用目的』と『年齢層』です

withユーザーの『利用目的』と『年齢層』

他のアプリに比べて特質すべきは、20代の会員が圧倒的に多いというところです。

なので、20代の異性と出会いたい人向けのアプリと思って使っていきましょう。

年齢層と比例するように利用目的も、『婚活』よりも『恋活』が主です。

35歳以上の人結婚を急いでいる人は、相手との結婚への温度差がでてしまう可能性があるので、Omiaiなどより婚活よりのアプリを使用することをお勧めします。

withの「男性」ってこんな人!

万人ウケする爽やか系が多いですが、文化系の大人しめ系も多数。

年齢層が若い分、ハイスペック男性は少ないです。結婚を強く意識しているなどの理由から、年収を求める女性には少し物足りないかもしれません。

年の差が上下3歳くらいの間で彼氏を探している20代の女性にはwithは最適です。

with特有の相性診断やコミュニティ機能で相性のいい男性が探せるので、見た目も中身もぴったりな友達のような彼氏を探しに向いているかも。

withの「女性」ってこんな人!

20代が中心なので、仕事をバリバリやっているキャリアウーマンタイプは少なめ。

逆に、癒し系や清楚系など満遍なくいろんなタイプの女性がいます。会員数が多いので自分の好みの女性を見つけることができると思います。

ただ、withの特徴は相性診断やコミュニティ機能などを使って、「相性が良い」「共通点が多い」女性を見つけれるアプリ。

当然、「中身の相性を求める女性が多い」ので、男性もそれを念頭に、趣味や相性の良さをアピールしていけば成功確率が上がるかもしれません。

こんな人には要注意!withのサクラ(業者)の見分け方

withにはサクラはいないので安心してください。でも、人を騙してお金を搾取する「業者」と呼ばれる人には遭遇することがあります。

前提としてお話ししておきたいのですが、よく「サクラ」と呼ばれる存在は主に3種類あります。

  • 利用を促すためにアプリ運営側が雇った偽の会員 → サクラ
  • メッセージの返事がない会員 → サクラと疑われることもあるが一般の会員
  • アプリに潜入して外部サイトへ誘導し、詐欺行為を行う会員 → 業者

withには1つ目の運営が雇った偽の会員はいないので、今回は3つ目の「業者」の見分け方と対処法を説明していきます。

業者の見分け方(早見表)

業者は大きく分けて2種類いますので、それぞれ分けて説明していきます。

  • 【日本人】外部サイトへ誘導し高額なお金を騙し取る業者
  • 【外国人】ロマンス詐欺を行う業者

しかし業者といっても多種多様で、もちろん、上記に当てはまらない業者も存在します。

業者は日々手法を変えてマッチングアプリに潜入してくるので、違和感があれば慎重にメッセージのやりとりを行なってくださいね。

【日本人】外部サイトへ誘導し高額なお金を騙し取る業者

日本人の業者の特徴はこちらです。

メイン写真 イケメン・美女が多い
サブ写真 なし、または1枚程度で少なめ
プロフィール 男性:経営者や600万以上に設定されていることが多い
初回メッセージ 男性:よかったら仲良くなりましょう(^^♪ など。顔文字を使うことが多い
女性:女性から送ってくることが多い(一般会員はどちらかといえば男性から送る方が多い)
メッセージ 2通目など早い段階でLINEに移行したがる
その他 「本日入会」「今週入会」であることが多い ※業者はすぐに利用停止されるため
LINE移行後 「携帯が壊れた」などの理由で別サイトに誘導してくる

業者は詐欺行為のためにたくさんの人とマッチングする必要があるので、モテそうな容姿やプロフィールであることが多いです。

また、「通知が届かないことがある」「LINEの方が使いやすい」などの理由を付け、やりとり2~5通ほどで「LINEにしませんか?」と言ってきます

もちろん上記特徴に当てはまる人が全て業者ではありませんが、不安な場合は「もうしばらくwith上でやりとりしたい」と伝えてみましょう。

業者だと無視やブロックされるため、やりとりを継続してくれたら一般の会員である可能性が高いです。

また、日本人業者はLINEに移行したあと、「携帯が壊れたからこっちのサイトでやり取りしよう」と、怪しいURLを送ってくることが多いです。

もしそのような連絡を受け取ったら、URLはタップしないよう注意してください。

【外国人】ロマンス詐欺を行う業者

外国人業者の特徴はこちらです。

メイン写真 おそらく海外の芸能人で、整った顔立ちの場合が多い
(国籍は様々)
プロフィール項目 男女ともに経営者や1000万以上の高収入の確率が高い
初回メッセージ 「こんにちは」「お会いできて嬉しいです」「Hi」など
メッセージ かなりカタコトで、翻訳機にかけただけのような内容
数通〜10通程度でLINEに移行したがる
その他 「本日入会」「今週入会」であることが多い ※業者はすぐに利用停止されるため
LINE移行後 ロマンス詐欺を行い、ビットコイン投資やお金を送るようお願いする

外国人業者も、高収入かつすぐにLINEに移行したがるところなどは日本の業者と同じです。さらに、美男美女の写真を使っていることも多いです。

一番の特徴はかなりカタコトの日本語を使っているという部分。翻訳機にかけただけのような、不自然な日本語を使う人とマッチングしたら注意してください。

外国人の業者はLINEを交換したあとに「結婚したい」「愛してる」などと言い、ビットコインを買わせたりお金を送るよう言ってくることが多いです。※一般的にロマンス詐欺と呼ばれます。

そのような発言があったらすぐに無視やブロックで対応しましょう。

業者とマッチングしてしまった時の対処方法

業者とはマッチングしないのがベストですが、完全に避けられないこともありますよね。

もしも業者とマッチングしてしまったら、以下3つの方法で対応してください。

  • 運営に通報する
  • ブロックしてしまう
  • 金銭的な被害に遭った場合は警察に相談する

それぞれ詳しく解説していきます。

対処1:運営に通報する

できれば、運営に通報しましょう。通報することで運営側は業者の存在を把握し、利用停止や今後の監視体制のアップデートにつながります。

with上にまだ相手がいる場合、相手のプロフィール画面右上の「…」から通報が可能です。

業者とマッチングしてしまった時の対処方法

もしもwith上から消えている場合は、すでに運営に利用停止措置を行われたか、ブロックされた可能性があるので通報できません。

その場合はwithサポート窓口へお問い合わせすることにより通報ができるので、「お問い合わせ」から連絡してみましょう。

対処2:ブロックしてしまう

withのブロックする画面
業者はブロックしてしまうのも対処のひとつです。

with上では相手のプロフィール画面「…」から、LINEも同様に相手とのトーク画面右上の「…」からブロックができます。

トーク一覧画面で左にスワイプすることでもブロックできるので、お好きな方でブロックしてください。

気を取り直して、他の相手とメッセージのやりとりを行いましょう!

対処3:金銭的な被害に遭った場合は警察に相談する

もしもお金を払ってしまったあとに業者だとわかったら、すぐに警察に相談しましょう。

アカウントを消された時のために、withのアカウント画面やLINE ID、LINEのプロフィールをスクリーンショットしておくと役立ちます。

金銭的な被害にあった場合は、with側に連絡しても被害額などの対応は行なってもらえないので注意してくださいね。

ヤリモク・既婚者の見分け方

残念ながら、withにもヤリモクや既婚者が潜んでいます。

それに、業者は利用停止になること前提で使っていて、短期間でたくさんの人を騙すことを目的としていますが、ヤリモクや既婚者は通報されないように注意して長く使っていく傾向にあります

そのため、業者よりわかりにくい人が多いことも覚えておきましょう。

ここではヤリモクや既婚者の特徴を解説していくので、相手の言動からしっかり見極めて、少しでも違和感があれば関係を絶ってくださいね。

見分け方(早見表)

メイン写真 他撮りで単体撮影の爽やかな写真が多い
綺麗な背景でモデルのような目線外しなど写真がうますぎる場合は警戒しても良い
既婚者は身バレを恐れているため顔を隠していることも多い
サブ写真 写真を多めに登録している
プロフィール項目 既婚者:結婚に対する意思を「今すぐは考えていない」または未設定のことが多い
メッセージ 「家で会いたい」「ハグしたい」など際どいワードを出す
「最後にしたのはいつ?」などの下ネタを混ぜて様子を見てくることもある
その他 ヤリモク:いいね数が多い(600~を目安)
既婚者:夜の電話を嫌がる
LINE移行後 LINE移行後すぐにwithから消えることも多い 
※通報されないようブロックし「退会した」と嘘をつく
デート どちらかの家や最寄駅、ホテル街の近くで会おうとすることもある
お酒の場を選ぶ
勝手に身体に触ってくる

ヤリモクや既婚者は遊び目的でwithを利用しているため、万人受けするプロフィールであることが多いです。

特に遊び慣れている人は女性にモテる方法を理解しているので、いいねをたくさん集めて人気会員になっていることも珍しくありません。

デートはどちらかの家の近くや、ホテル街の近くで夜にお酒を飲むことも多いです。相手を信用できるまでは最寄駅は避け、昼間の明るいうちにランチデートしてみてくださいね。

でも正直なところ、これだけでは「ヤリモク・既婚者」と言い切れないのが事実です。

例外も多いので、上記ポイントは参考程度に、実際の態度に違和感があるかどうかを注意しながらやり取りしてみましょう。

ヤリモクとマッチングしてしまった時の対処方法

ヤリモクや既婚者とマッチングしてしまった時にどうすれば良いかをご紹介します。

基本的には、業者と同じく「運営に通報」と「ブロック」です。

対処1:運営に通報する

特にヤリモクや既婚者の場合は、通報がとても役立つので通報をおすすめします。

なぜ役立つかというと、個人が悪質ユーザーとしてみなされた場合はwithに再登録ができなくなるため、これ以上の被害を防ぐことに繋がるからです。

相手のプロフィール画面右上の「…」から通報できますが、with上から消えている場合は運営に利用停止措置を行われたか、ブロックされた可能性があるので通報できません。

ヤリモクや既婚者の場合は通報防止のために相手をブロックしていることも少なくないので、その場合はwithサポート窓口へ連絡しましょう。

対処2:ブロックしてしまう

もちろん、ただブロックしてしまうだけでもOKです。

with上では相手のプロフィール画面「…」から、LINEも同様に相手とのトーク画面右上の「…」からブロックができます。

ブロックしてスッキリしたら、気を取り直して他の人を探してみましょう!

対処3:早めに解散する、人通りの多い場所に逃げる

実際に会った時にヤリモクだとわかったら、早めに切り上げて解散してください。

お酒を飲みすぎないよう注意すること、下ネタを言われたり身体に触れてきたりしたときにはっきり断ることも大切です。

もしも危険な雰囲気があれば、人通りの多い場所や近くの交番に逃げると安全です。

withは知り合いにバレる?身バレ防止機能・方法

「マッチングアプリを使って恋人を探したい!!でも‥身バレはしたくない!!」と、友人や知人にマッチングアプリを使っていることがバレるのを懸念し、使うのを悩んでいる方も多いと思います。

withには友人や知人に身バレする確率を低くできる「身バレ防止機能」があるので、身バレしたくない人は使う価値ありです。

withの身バレ防止機能・方法

  1. Facebookアカウントでログインする
  2. プライベートモードを使う
  3. ブロック機能を使う

それぞれ紹介していきます。

身バレ対策① Facebookアカウントでログインする

withはFacebookアカウントでログインすると身バレ防止になります。

withにフェイスブックアカウントでログインする

withはFacebookで友達になっている人を「withアプリ内で検索結果に表示しない」ようになっています。そのためFacebookでログインすると身バレ防止になります。

ただし、Facebookの友達人数が10数人などで少ない人は、あまり効果がありません。

また、Facebookアカウントでログインする場合、4つの注意点があります。

  1. Facebookの友達数が10人未満
  2. 交際ステータスが「交際中」「婚約中」「既婚」
  3. 年齢が18歳未満
  4. Facebookを退会/アカウントが停止している

これらの条件に当てはまっていないFacebookアカウントを持っているのであれば、Facebookアカウントを使ってログインするといいです。友達人数が少なくても、他の方法でログインするよりも身バレリスクを下げられます。

身バレ対策② プライベートモードを使う

withのプライベートモードという機能を利用すると身バレ防止ができます。

withのプライベートモード

プライベートモードとは、自分でいいね!をしない限り相手にプロフィールなどが表示されない機能です。

プライベートモードは有料オプション

プライベートモードはVIPオプション(有料)に加入すると使えるようになります。

  • 男性:月々2900〜3500円
  • 女性:月々2600〜2900円

※クレカ決済、AppleID決済などで料金が異なる

VIPオプションに申し込むと身バレ防止だけでなく、返信率の高い人のみに絞り込むことが可能にもなります。また、お相手のトーク傾向も閲覧可能になるなど、スムーズにお相手を見つけられる機能を多数利用することができます。

身バレ防止もしたいし‥かつスムーズにお相手を見つけたい!」という方は、VIPオプションを検討してもいいです。

身バレ対策③ 知り合いを見つけたらブロックする

身バレ防止策3つ目は「ブロック機能」を使うです。

ブロック機能を使うと以下の状態になります。

  • ブロックした相手は二度と検索に出てこない
  • 相手から自分のプロフィールも見れない

なので、アプリ内で知り合いを見つけたらブロックしましょう。そうすることで身バレする確率を下げれます。ただし、一度ブロックすると解除できないので間違えないように注意しましょう。

ブロックのやり方

withでブロックする方法

ブロックするには、ブロックしたい相手のプロフィール右上にある「三点」をクリックして、「ブロックする」を押すだけです。

身バレしたくない人は知り合いを発見したらブロックしましょう。

withは安全なアプリ?安全対策まとめ

withは利用者が安心・安全に利用できるように対策・体制が整っている大手マッチングアプリです。

withが行っている主な安全対策は以下。

  • 24時間・365日の監視体制
  • 公的証明書による本人確認
  • 通報・ブロック機能

それぞれ説明していきます。

悪質ユーザーと出会わないため、24時間・365日の監視体制

withの24時間管理体制

withは真剣に恋活・婚活をしたい人だけが利用できるように、24時間365日、悪質ユーザーがいないか監視・対応しています。

悪質ユーザーは恋活・婚活以外を目的としているユーザーを指します。

悪質ユーザー例

  • 詐欺目的
  • 勧誘目的
  • 他サービスへの誘導目的

with運営はこれらの悪質ユーザーを発見したら強制退会や警告などの対応するために、24時間体制で監視しています。利用者が安心して活動できる環境を作るための体制が整っているため安心です。

公的証明書による本人確認が必須だから、なりすましに出会わない

withは相手とメッセージをするのに「運転免許証や健康保険証などの公的証明書類の提出を必須」にしています。

withの本人確認

公的書類の提出を必須にすることで、実在しない人物や他人になりすまして活動するユーザーを排除できます。

結果として、詐欺や勧誘、他サービスに誘導を目的としている悪質・迷惑ユーザーの登録を防ぎ、真剣に恋活・婚活をしている人だけが利用できるようになります。

100%悪質ユーザーを排除することは難しいですが、本人確認書類の提出と24時間の監視をしているため、真剣に恋活・婚活をしている人と出会いやすいアプリと言えます。

真剣な出会いの場になるように、迷惑・不正ユーザーを通報・ブロックで排除

withの通報体制

withには本人確認や24時間の監視体制など、運営側が安心して利用できるように対策している部分と、利用者が自分で身を守れる機能もあるので安心です。

主に以下の2つです。

内容
通報 関わりたくない相手を運営側に通報できる。
通報すると運営側から警告や強制退会などの対応をしてくれる。
ブロック 関わりたくない相手をブロックすると、相手と自分の検索結果に表示されなくなる。
メッセージやプロフィールも見れないため完全に関係を断てる。

相手とメッセージをしていて不快なメッセージや写真、言葉がある場合、運営に通報することで注意してくれます。運営が酷いと判断すれば強制退会などの対応をしてくれます。

またブロックは、相手をブロックして即やりとりをシャットアウトすることができます。

運営の監視をすり抜けている迷惑・悪質ユーザーに遭遇したときに、すぐ対処できる機能があるのは安心です。

withおすすめの登録方法

withの登録方法まとめ・おすすめ

withの登録方法は4つあります。

  • 電話番号で登録
  • Facebookアカウントで登録
  • LINEアカウントで登録
  • Apple IDで登録

4つの登録方法の「メリット・デメリットと注意点」を以下の表にまとめました。

登録方法 おすすめ度 メリット・デメリット
電話番号 ★★★★★ メリット
・SMS認証のみでサクッと登録出来る
・外部アカウント情報の登録が必要ない
・再ログインの際にID・PASSがわからなくなる心配がない

デメリット・注意点
・電話番号を変えた場合は、運営へメールで問い合わせる必要がある。

Facebook ★★★

メリット
・友達が非表示になるから身バレ防止になる
・機種変更の際も引き継ぎが必要ない

デメリット・注意点
・Facebookの友だち数がプロフィールに表示される
以下のFacebookアカウントは登録できない
・友達10人未満
・交際ステータスが「交際中・婚約中・既婚」
LINE ★★ メリット
・ラインをインストールしていれば、サクッと始められる

デメリット・注意点
・LINEIDを削除するとログインできなくなる
・登録の際にwithの公式をLINEの友だちに追加する必要がある
・再ログインの際にwithの公式がLINEの友達に追加されている必要がある

Apple ID ★★ メリット
・Apple IDを認証するだけで簡単に登録出来る

デメリット・注意点
・Apple IDを削除するとログインできなくなる
・Andoroid版のアプリではログインできない(ブラウザからApple IDでログインすることは可能)

Facebookの友達が数百人などで多い人はFacebookで登録すればいいです。もしFacebookアカウントを持っていないor友達が数十人で少ない場合は、基本変えることがない「電話番号」で登録すればいいです。

どの方法で登録しても友人・知人にバレることはない

どの方法で登録しても、友人・知人に通知されてwithの利用がバレる心配はありません。

ただし、利用中に友人・知人に登録しているプロフィールなどを見られてバレる可能性はあります。

withには「いいね!を送った相手」「マッチングした相手」以外に自分のプロフィールが表示しないオプションがあるので、身バレが不安な方はこちらの利用がおすすめです。

身バレしたくない人は以下の記事を参考にしてください。

withに登録する流れ・手順

withに登録する流れ・手順


さきほども触れましたが、wiithには以下4つの登録方法があります。

  • 電話番号で登録
  • Facebookアカウントで登録
  • LINEアカウントで登録
  • Apple IDで登録

手順を登録方法ごとに画像つきで解説していきます。

電話番号で登録する

電話番号で登録する場合、トップ画面の「新規登録の方はこちら」から「電話番号で新規登録」をタップします。

電話番号登録手順1

電話番号で登録する際には、SMS認証を行う必要があります。

電話番号の入力画面に利用している電話番号を打ち込むと、SMSに6桁のコードが送信されます。

電話番号登録手順2

コードを正しく入力すると、認証が完了して登録画面に進みます。

Facebookアカウントで登録する

Facebookアカウントで登録する場合、トップ画面の「新規登録の方はこちら」から「Facebookで新規登録」をタップします。

フェイスブック登録手順1

スマホのセキュリティーセンターから通知が来るので、「続ける」をタップしてFacebookのアカウント連携を行います。

フェイスブック登録手順2

Facebookアカウントがスマホに記憶されていない人は、アカウント情報の入力が必要です。

すでにスマホにFacebookアカウントが記憶されている方は、表示されたログインボタンをタップすれば登録画面へ進めます。

LINEで登録する

LINEアカウントで登録する場合、トップ画面の「新規登録の方はこちら」から「LINEで新規登録」をタップします。

LINE登録手順1

認証画面が開くので、下にある「許可する」をタップして次に進んでください。

メールアドレスの項目は任意なので、登録に使用したくない方はチェックを外しておきましょう。

LINE登録手順2

画面が切り替わると、withの公式アカウントをLINEの友達に追加する事が求められます。

友達に追加すると、自動的に認証が完了して登録画面に切り替わります。

withの公式アカウントからの通知が気になる方は、登録後にブロックしても問題ありません。

ただし、再ログインする際にはブロックを解除する必要があるので注意してください。

Apple IDで登録する

Apple IDで登録する場合、トップ画面の「新規登録の方はこちら」から「Appleでサインアップ」をタップします。

appleID手順1

Apple IDのサインイン画面が開くので、認証を行ってください。

appleID手順2

認証が完了すると再びトップ画面に戻ります。

歯車マークが画面の真ん中に表示されているのを確認したら、操作をせずに待機してください。

ここで画面をタップしたりしてしまうと、もう一度認証がやり直しになるので注意が必要です。

5秒ほどすると、登録画面に切り替わります。

withに登録できないときの原因と解決策

withに登録できないときの原因と解決策を以下にまとめました。

解決しない場合は、withのヘルプページを確認してみてください。

電話番号で登録する際にSMS認証コードが届かない

電話番号で登録する際にSMS認証コードが届かない場合の、原因と解決方法は以下のとおりです。

電波が悪い
→認証コードを受信する際には、モバイルデータ通信を使用します。wifiを繋いでいても電波状況が悪いと受信できない場合があるので、屋外など電波の良い場所で試してみてください。

迷惑メール設定でSMSを拒否している
→フィルター設定で登録者以外からのメッセージ受信を拒否していると、認証コードは届きません。使用しているキャリアのサービスページから設定を確認してみてください。

海外からのSMSメッセージ受信を拒否している
SMS認証の通知は海外から送られる事もあるため、メッセージの受信拒否を設定していると届かない場合があります。使用しているキャリアのサービスページから設定を確認してみてください。

Facebookアカウントの連携が承認されない

Facebookアカウントの連携が承認されない場合の、原因と解決方法を以下のとおりです。

10名以上友達がいない
→Facebook上で10人以上の友達がいないと、アカウント連携は承認されません。プロフィールから友人の数を確認して10人以下だった場合は、別の登録方法の利用を検討してみてください。

交際ステータスが「交際中・婚約中・既婚」になっている
→Facebookの交際ステータスが「交際中・婚約中・既婚」になっている場合、アカウント連携は承認されません。プロフィールの「基本データ」から「家族と交際ステータス」を確認してみてください。

プロフィールが設定されていない
→Facebookアカウントで「公開プロフィール・誕生日・写真・メッセージ」を設定していないと、アカウント連携は承認されません。「プロフィールを編集」から情報の入力を行ってください。

withの登録に関するよくある質問

withの登録に関するよくある質問

withの登録に関するよくある質問をまとめました。

登録してもお金はかからない?

withの会員登録は無料で行えます。

女性はメッセージ機能が無料で利用出来るので、基本的に課金なしで使えます。

男性の場合、2通目以降のメッセージが有料対象ですが、相手を探してマッチングするまでの機能は無料で使えます。

有料会員登録をしない限り料金が発生することはないので、まずは気軽に登録してどんな人がのぞいてみるのがおすすめです。

登録するときに必要なものは?写真は必要?

withの登録時には、プロフィール写真の登録が求められます。

写真は顔が写っているものが推奨ですが、良い写真がない方は風景の写真などを登録しておいて後から変更すれば問題ありません。

登録時に必要な書類はありませんが、マッチングした相手にメッセージを送る際に「本人確認」を行う必要があります。

本人確認には以下のうちいずれかの身分証の提出が必要になるので、事前に手元にあるかを確認しておくのがおすすめです。

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート
  • マイナンバーカード
  • 年金手帳
  • その他書類

その他の書類」は以下のような公的機関が発行する書類です。

その他の書類

過去に退会したけど再登録できる?

過去にwithを利用していた方でも、再登録は可能です。

ただし、withでは30日の再登録禁止期間が設けられているので、退会後間もない方は時間を空ける必要があります。

以前の登録時と違う登録方法(以前:電話番号→今回:Facebookなど)を選択すれば30日空けずに再登録出来ますが、規約違反でアカウントが停止される場合があるのでおすすめはできません。

お得に登録できるキャンペーンある?

withでは、不定期で有料会員登録が割引になるキャンペーンが開催されています。

過去に開催されていたキャンペーンを参考にまとめておくと、以下のとおりです。

  • 男性会員の有料会員登録が1ヶ月無料になる
  • 土日限定で有料会員登録が50%オフになる
  • 有料会員登録が最大9,000円OFFになる

with登録後にやること

with登録後にやること<

withに登録できたら、異性と出会うための準備をします。

準備する内容は、主に以下の3つです。

  • 基本情報の入力(年収・休日・子供が欲しいかなど)
  • 写真の設定
  • 自己紹介文の作成

基本情報の入力は登録時にも求められますが、登録後は更に詳細な情報を入力しておく必要があります。

特に、「年収・休日・子供が欲しいか」の3項目は女性が相手を探す際に重視されやすい項目なので要チェックです!

登録時に写真にこだわって設定していなかった方は、以下の内容を参考に選び直してみてください。

  • メイン写真は「胸から上で写ってる、横顔で写ってる、1人で写っている」写真を選ぶ
  • サブ写真は「全身の写真、趣味の写真(旅行や食べ物)、友人と写っている写真」を選ぶ
  • サブ写真がない場合は無理に設定しなくても良い

自己紹介文はすでに用意されている例文を活用すれば、サックと3分程度で済ませられます。

ただし、例文を使うと人とかぶりやすい欠点があるため、以下の記事にあるテンプレートを参考にして作成するのがおすすめです。

上手な写真の撮り方や基本情報の入力のしかたについてもくわしく紹介されてるので、ぜひ参考にしてみてください!

マッチング率に影響あり!withのプロフィール作成時のポイント

withのプロフィール設定

プロフィールを作成するときのポイントは以下の3つ。

プロフィールを作成するときのポイント

  • 基本情報
  • 写真
  • プロフィール文

どれもマッチングに繋がる重要な要素なので詳しく解説していきます。

基本情報

withに登録したら、まず以下の基本情報を入力します。

  • ニックネーム
  • プロフィール情報(年収、学歴、職種など)

特にプロフィール情報は、写真とプロフィール情報をもとに「恋愛・結婚の対象となる人」を探すため重要な項目です。

プロフィール情報のポイントは、「好印象を狙わなくていいので悪印象を与えない」ということです。

withは「真剣に恋愛・結婚を考えている人が多いアプリ」のため、悪印象を与えない「誠実・丁寧」なプロフィールが求められることを覚えておいてください。

それぞれ詳しく説明していきます。

ニックネーム:呼びやすい・覚えやすいシンプルなものが良い

ニックネームは相手が自分のことを呼ぶときに使うため、ふざけすぎない方が良いです。ウケを狙う必要はなく、呼びやすさ・覚えやすさを意識しましょう。

良いニックネーム

良いニックネームの例がこちらです。

ポイント
名前の一部を使う 「龍次郎」なら「リュウ」、「美鈴」なら「すず」というような、名前の一部をニックネームにするパターン。覚えやすい&呼びやすいニックネームになりやすい。
イニシャル 正樹なら「M」など、名前でも苗字でもいいのでイニシャル一文字のニックネーム。悩んだらイニシャルにすればOKです。後から名前を聞かれた際にも答えやすい。
あだ名 須田健太なら苗字と名前で「スダケン」、光弘という名前なら「みっちー」など、名前を少しもじったあだ名。自然と距離感を縮められるのがポイントです。

よく見かけるニックネームですが、「よくある」からこそ覚えやすくて良いです。変に考える必要はありません。

悪いニックネーム

悪いニックネームは以下です。

ポイント
英語 「Perfect boy」などのニックネームは「なんと呼べばいいか分からない…!」となります。英語だとなんて読むのか分からない人もいるので避けた方がいい。
敬称付き 「あーちゃん」というニックネーム。最初のメッセージで「あーちゃんはじめまして!」といきなり馴れ馴れしいのもどうかな?「あーちゃんさん」と呼んだ方がいいのかな?ど悩む人がいるのでやめた方がいい。
ノリが軽い 「お肉食べたいマン」「MK・いますぐ会えます」など、ノリが軽いニックネームはNGです。本名を聞く手間を相手に与えてしまいます。

マッチングアプリで相手を探すとき、ニックネーム・写真・プロフィール情報を確認します。

この中で最初に目に入るのがニックネームです。

ニックネームに違和感があると、写真やプロフィールが魅力的でもスルーされる可能性が高まります。ニックネームで目立つことや好印象を与えたいなどと考えずに無難なものをつけましょう。

プロフィール情報

プロフィール情報は「あなたがどんな人か教えてください」というwithからの質問と思ってください。


withのプロフィール項目

プロフィール情報は恋人や結婚相手を選ぶときの判断材料になる項目です。

年収や身長、学歴などの情報が埋まっていないと、検索されたときに相手側に表示されません。自ら出会いのチャンスを捨ててしまうことになるため、プロフィール項目は全て回答しましょう。

以下、プロフィール情報の中でも重要な項目です。

理由
居住地 相手を探すとき「会える距離にいる人」に絞るため、居住地の入力は必須です。住んでいる場所が近ければ共通の話題もみつかりやすいですし、デートに発展しやすいです。
年収 結婚を視野に入れて相手を探している人は、希望年収を入力して探すことが多いです。抵抗ある人もいますが、婚活・恋活の場と考えると入力した方がいいです。
お酒・タバコ お酒・タバコは好き嫌いが分かれる項目です。付き合っていく上で重要な価値観のため入力しましょう。お酒は「ときどき飲む」「飲む」、タバコは「吸わない」「相手が嫌ならやめる」が好ましいです。
結婚・子供 結婚を考えている人が気にする項目です。結婚を考えていない人、子どもが欲しくない人以外は、結婚に対する意志を「良い人がいればしたい」「2〜3年のうちに」、子どもがほしいかには「はい」と回答するといいです。
初回デート費用 金銭感覚・価値観のズレを確認する項目です。他項目と比べると重要度は低めですが、初デートのため、男性は「男性が多めに払う」か「男性が全て払う」、女性は「割り勘」が無難です。
withに限らず、情報を公開していない人と出会いたいと思う人は少数です。

「項目をすべて埋める=出会いやすくなる」と言っても大袈裟じゃないです。出会いのチャンスを増やすためも、基本情報は埋めましょう。

プロフィール写真

withで出会うのに最重要項目と言えるのが「プロフィール写真」です。

プロフィール写真は以下の2つあります。

  • メイン写真
  • サブ写真

“載せるべき写真”と“載せるべきではない写真”があるので解説していきます。

メイン写真

メイン写真は「この人いいかも」と足を止めてもらい、詳細のプロフィールを見てもらうための重要な役割があります。

withのメイン写真

出会えるかどうかを左右するため、ポイントを抑えて写真を選びましょう。

良いメイン写真の例

withの良いメイン写真例

ポイント 理由
顔がはっきりわかる
顔がはっきりと写っていないとスルーする人が多いです。顔がはっきりとわかる写真を設定するのはマッチングアプリで「いいね」をもらうための絶対条件です。
自然な笑顔 証明写真のような真顔で睨んでいるは避けましょう。できるだけ自然な笑顔の写真を選びましょう。
他人撮り 友達やカメラマンなどに撮ってもらった写真は、アップ過ぎない距離や自然体に近い写真になりやすいです。作っていない感じが好印象。
1人で写っている メイン写真は必ず1人で写っているものを選びましょう。友達と写っている写真だと「本人はどれ?」となるため避けましょう。
清潔感がある ボサボサな頭やヨレヨレの服で撮っている写真はやめましょう。必要以上に気を遣う必要はありませんが、異性とデートにいけるかどうかで考えるといいです。

いくつか挙げましたが、メイン写真で特に意識した方がいいのは「顔の分かりやすさ」「清潔感」です。

顔に自信がないからと言ってぼやけた写真や、誰が本人なのか分からない写真は即アウト。バストアップやアップの顔がわかる写真で、「清潔感」のある写真がいいです。

顔は重視していないけれど、清潔感がない人は無理!という人は多いです。散らかった部屋で撮った写真やヨレヨレの服で撮った写真の物は選ばないようにしてください。

サブ写真

サブ写真はメイン写真では伝えきれない部分を伝える役割があります。

withのサブ写真

メイン写真とは違った自分の好きなものや興味があるもの、趣味の写真などを入れるといいです。

良いサブ写真の例

withの良いサブ写真例

ポイント 理由
趣味の写真 釣りが好きならば釣りをしている写真、ライブが好きなならライブ会場にいる写真。自分が写っていなくても「好きなもの」がわかる写真なら興味を持ってもらいやすい。
友達と写っている 友達と写っている写真は普段の姿をイメージしやすいのでありです。ただし、異性と2人で写っている写真は避けましょう。
全身写真や横顔 メイン写真とは違う角度で写っている顔写真・全身写真もありです。いろいろな角度の写真があることで、どんな人かイメージが膨らませます。
食べ物の写真 最近食べた美味しいもの、よく行くカフェなどを載せるのもありです。メッセージでの話題やデート場所の参考になります。料理が好きな人は自分が作った料理の写真も良いです。
旅行の写真 旅行の写真はいつもと違う楽しんでいる表情や雰囲気を伝えられるのと、好きな風景・場所を知ってもらえるので良いです。会話のきっかけにもなります。

サブ写真では「どんな人かを知ってもらうこと」と「仲良くなりたいと思ってもらえる要素」を意識してみてください。

例えば、プロフィール文章に「映画が好きです」「Netflixをよくみます」と書くよりも、最近見た映画一覧のスクリーンショットを載せる方が、相手は「私もこの映画好き!」「趣味が合う!」となりやすいです。

サブ写真で気になるポイントが多いほどいいねをもらいやすくなります。そのため、サブ写真はできるだけ多く登録すると良いですよ。

NGのプロフィール写真例

マッチングアプリでマッチしない人は写真に原因があることが多いです。withで出会いたければ、以下のような写真は載せないようにしましょう。

NG例 理由
顔写真なし 顔写真なしは出会える確率がだいぶ下がります。顔写真を出すのに抵抗がある人は、後ろ姿や横顔、少し口元を隠すなど、雰囲気がわかる写真を設定しましょう。
加工し過ぎ snowなどのアプリで加工しすぎて顔が分かりづらい写真はNGです。加工はしてもいいけど、元の雰囲気がわかるレベルにしましょう。会ったときに違う印象を与えるのはマイナスです。
上半身裸 男性に多いのが上裸の写真。鍛えた肉体をアピールしたいのはわかりますが、抵抗のある女性は多いのでやめましょう。
汚い鏡ごしの写真 鏡ごしで撮るのはアウトではないのですが、生活感のある洗面所や部屋がみえるのはマイナス。キメてる感がでるので避けたほうが無難です。
全てがマスクの写真 このご時世なのでマスクをしている写真があるのは仕方のないですが、全部がマスクありだと顔が分からないのでNG。マスクを外した写真も入れましょう。

「出会いたいから良い写真を設定する!」と気合いを入れて撮る人も多いですが、背伸びをせずにいつもの自分がわかる写真でOKです。

NG写真のポイントを抑えれば大きく外した写真を設定することはないので参考にしてください。

自己紹介文

自己紹介文は「なぜアプリをやっている?どんな性格?」など、写真やプロフィール情報では伝えられない部分を知ってもらう役割があります。

ただ、あくまで「この人についてもっと知りたい、やり取りしたい」と思ってもらうきっかけを作るためのモノのため、書きすぎない・乱暴な言葉を使わないなど意識しましょう。

自己紹介文を作る時のポイント

以下のポイント4つを意識すれば自己紹介文は合格です。

  • 最初と最後の挨拶は書いておいた方が丁寧
    挨拶は基本です。恋人や結婚相手を探す場所であればなおさらです。最初と最後の挨拶は書きましょう。
  • 趣味・恋愛・性格など読みやすいように段落をわけて書く
    わかりにくい文章は読んでもらいにくいです。パッと見て書いてある内容がわかるように、趣味や恋愛感・性格などの段落を分けて書くといいです。
  • 文字数は400文字くらい
    多すぎても読まれませんし、少なすぎてもこの人やる気ないのかな?と思われます。400文字前後にまとめるとちょうどいいです。といいです。
  • マイナス要素になるようなことは書かない
    「飯モクの人はNG」「可愛くて笑顔が可愛い人が良いです」など、特定の人を省く言葉や、特定の人を指定する言葉を書くと「こだわりが強い人」「私は当てはまらない」などと感じて避けられる可能性が高まります。また「恋愛経験が少ないです」なども書かないほうが良いです。

プロフィール文の役割は“仲良くなりたいと思ってもらう”です。

そのため、礼儀・丁寧さに加えて、書くべきことは書くけど余計なことは書かないコンパクトさを意識するといいです。

上記のポイントを抑えた良い自己紹介文と、こんな自己紹介文はダメという悪い例を紹介します。

良い自己紹介文の例

初めましてプロフィールを見てくださってありがとうございます。

職場でも普段の生活でも、なかなか出会いがないので始めました。

僕は普段は新橋のIT企業で営業として働いています。最近は後輩に指導することも増えたので、大変ですがやりがいも感じています。

性格は明るくてよく喋ると言われます(笑)でも、人の話を聞くのも好きです。

美味しいものが好きで、都内で美味しいお店の開拓をしています。「。お酒は好きですが、相手が飲んでも飲まなくても気にしないタイプです!

休みの日はNetflixで映画をみていて、最近はmarvel作品を見返したりしました。ジャンル問わず見るので、オススメの作品があれば是非教えてください!

結婚を考えられる人と出会えればと思っています。お互いに、尊敬できて笑い合える関係が理想です。少しでもいいなと思ったら宜しくお願いします。

最後まで読んでくれてありがとうございました。

良いポイント

  • 出だしである「最初の挨拶」「アプリに登録した理由」が入っている
  • 文字数は400文字前後とベスト
  • 性格・趣味・好きなこと・休みの日の過ごし方・恋愛観が分かりやすく書かれている
  • マイナスの要素は書いていない
  • メッセージのきっかけになるような文章が多い

自己紹介のポイントを抑えるのはもちろんですが、性格で「どんな人か」を書きながら、そこで生まれそうなマイナス要素までをカバーしているところや、メッセージのきっかけになるような文章が多いところもポイントです。

趣味に「Netflixをみることです」と書いて終わるのではなく、「休みの日はNetflixで映画をみていて、最近はmarvel作品を見返したりしました」と具体的に書くことです。

具体的に書くことで「ジャンル問わず見るので、オススメの作品があれば是非教えてください!」との呼びかけもあるので、最初のメッセージで「Netflixで最近見た○○って作品面白かったですよ」と送りやすくもなります。

悪い自己紹介文の例

友達に勧められて始めました!
最近彼女と別れて寂しいので誰か癒してくれる人がいれば嬉しい(笑)
友達からは面白いってよく言われるけど(笑)自分ではわかりません(笑)
こう見えて真面目なので(笑)チャラい人は無理です!ギャルも無理です!
優しくて一途な人がタイプです!
自分からはメッセージあまり送らないので、送って〜!

悪いポイント

  • 友達に勧められたという自分の意思ではないことをアピール
  • 否定的な文章
  • (笑)の多用
  • 他人に行動を委ねる
  • 文章が短くて内容がないので何もわからない

悪い自己紹介文は、敬語で丁寧な文章を書くことや書きすぎないというポイントを無視しています。

また、(笑)の多用は基本的には嫌われやすいです。これはプロフィールの文章だけでなく、メッセージでも言えます。

「〜という人は無理」のような否定的なマイナス言葉も、わざわざ書かなくていいことです。相手からのメッセージを待つ言葉も真剣ではない印象を与えるので避けたように注意しましょう。

何より短い文章な上に内容がないのでどんな人なのか伝わりません。知らない相手だからこそ丁寧に書くことが大切です。

最後になりましたが、Withは結婚を視野に入れたユーザー層が多いアプリです。そのため、基本情報・自己紹介文・写真の全てを丁寧に作ることを意識しましょう。

withの心理テストとは?参加〜攻略・活用法まで徹底解説

withの心理テストとは?参加〜攻略・活用法まで徹底解説

withの心理テストは心理学に基づいて行われ、価値観が近いまたは似ている相性のいい相手を探せる機能です。

withの心理テスト・イベントとは
  • 無料会員でも参加できる
  • 参加できる期間が決まっている
  • 参加すると相性の良い人がわかる
  • メッセージ付きいいね!が無料で送れる
  • やり直しはできない 

心理テストへの参加は無料会員でもできて、参加費もかかりません。

また、通常であれば3pt消費するメッセージ付きいいね!が、心理テストの結果で相性がよかった相手には無料で送れます。

心理テストの注意点はやり直しができないことです。本当に相性がいい相手と出会いたいのであれば、しっかり診断を受けましょう。

他にも、期間限定の心理テストは期限が決まっています。期間終了後には参加できませんので、後回しにして期限切れにならないように注意してくださいね。

心理テストに参加する流れ

さっそく心理テストに参加する流れを解説します。

▼Step1:まず開催中の心理テストをチェック

withの心理テストに参加する流れ①

「さがす」画面の下にある黒枠で囲まれた部分をタップし、開催中の心理テストの中から受けたい診断を選択してください。

▼Step2:開催中の診断を探して参加する

withの心理テストに参加する流れ②

次に黒枠で囲まれている「診断する」をタップして、「診断をはじめる」から参加してください。

以上が心理テストの参加方法です。

過去の心理テスト・イベントは「お知らせ」から確認できる

これまでに開催された過去の心理テスト・イベントの確認方法を紹介します。

▼過去の心理テスト・イベントの確認方法

withの過去の心理テスト・イベントは「お知らせ」から確認できる

画面の下の「マイページ」にある「お知らせ」をタップすると、過去に行われた心理テストをチェックできます。

ただ、期限切れのイベントをタップしても「この心理テストは終了しました。」と表示され、参加することができません。どんな心理テストだったのか内容の確認のみ可能です。

心理テストは毎回参加するべき!活用・攻略法を紹介

心理テストの活用・攻略法は以下の3つ。

CHECK
心理テストの活用・攻略法
  1. 心理テストは即日に参加すべき
  2. 相性の良い相手にアプローチすべき
  3. 無料メッセージ付きいいねを送るべき

withの公式が言っているマッチング率を3倍もアップさせる方法も紹介します!

1.心理テストが公開されたら即参加!毎日いいねが送れる特典をフル活用

心理テストが公開されたら即参加!毎日いいねが送れる特典をフル活用

期間限定の診断は毎日10回までいいねが無料のため、初日から参加した方がより多くの相手にアプローチできます。

下記に「初日から参加したAさん」と「2日遅れて参加したBさん」のいいね数の差をまとめてみました。

▼限定イベントの参加日によるいいね数の差

日数 初日から参加のAさん 2日遅れで参加のBさん
初日 10いいね ×
2日目 10いいね ×
3日目 10いいね 10いいね
4日目 10いいね 10いいね
最終日 10いいね 10いいね
合計 50いいねが無料! 30いいね無料
(20回分少ない...)

上記のように参加日が2日遅れだけで20回分いいねが少なくなります。

金額にすると10pt(10いいね)が1,220円なので、合計2,440円ほど捨てているイメージです。

だいたいの心理テストはカップラーメンができるよりも早く終わります(2〜3分ほど)

サクッと短い時間やるだけで数千円分を失わずに済むので、診断は面倒くさがらず初日から即参加した方がお得ですよ!

2.無料でいいねできる!相性の良い相手にアプローチしよう

相手のプロフィールにある「診断結果」を見ると、相性の良い結果があると「相性ぴったり!」と表示されます。

▼相性がいい相手の「診断結果」の画面

withの相性がいい相手の「診断結果」の画面

この相性がいいポイントを話題にしてアプローチしてみましょう!

例えば、上記の画像の場合は「雨の日の過ごし方が一緒ですね!〇〇さんは雨の日の外出はどんなところに行きますか?」といった感じです。

期間限定の診断では相性がいい相手には1日10回分のいいねが無料でできるので、気になる相手にはどんどんアプローチしてみてください!

3.マッチング率が3倍!無料メッセージ付きいいねを送ろう

期間限定の診断で相性がいい相手には、「メッセージ付きいいね!」も無料で送ることができます。

▼「マッチング率3倍」と書かれている!

withのメッセージ付きいいね!はマッチング率3倍

with公式によると通常のいいねよりもマッチング率が3倍も高いとのこと。これは超気になる相手にはメッセージ付きいいねを送るしかありませんね。

▼「メッセージ付きいいね!」でマッチングしやすい相手がわかる

メッセージ付きいいね!でマッチングしやすい相手がわかる

また、メッセージ付きいいね!でマッチングしやすい相手は「〇〇さんはメッセージ付き良いね!を送る相手とマッチンする傾向があります」と出ます。

マッチング率を高めたい人は上記のメッセージが出たらチャンスです!

メッセージの内容は共通点や、相手のプロフィールで好印象だった部分をメインに書いてみてください。

withの通話機能とは?特徴と使い方

withはアプリ内に通話機能が搭載されています。

「話したいけどLINEや電話番号を交換するのに抵抗がある人」でもマッチング相手と通話できるため安心&便利な機能です。

通話機能について簡単にまとめました。

  • 本人確認(年齢確認)が必須
  • 通話料は無料(男性は利用の際に有料会員への加入必須)
  • 1回で30分間だけ話せる
  • メッセージ5往復以上やり取りした相手とだけ通話できる

詳しく説明していきます。

マッチング相手と通話する手順

with通話を使ってマッチングした相手と通話を開始する手順は、以下のとおりです。

  • 手順1.本人確認(年齢確認)を完了させる
  • 手順2.メッセージ画面右上の電話アイコンをタップ
  • 手順3.相手が通話に応じるまで待機

1~3の手順を説明していきます。

手順① 本人確認をする(男性は有料プランに課金も必要)

まずwith通話を利用するためには「本人確認を完了」させる必要があります。

男女で本人確認の手順が違うので、簡単にまとめました。

  • 女性:マイページから本人確認をする
  • 男性:マイページから有料会員になった後に本人確認をする
本人確認する手順

会員ステータス→有料プラン一覧

女性の場合、マイページの会員ステータスが「本人確認前」となっているので、そこから本人確認書類を提出して完了です。

男性の場合はマイページの「会員ステータス:無料会員」から、有料会員なったあとに本人確認をすると通話機能が使えるようになります。

そのため、男性はまず1ヶ月・3ヶ月などの有料プランを選んで加入しましょう。

有料会員契約→本人確認

withで本人確認に利用できる書類は以下です。いずれかの書類を持っていないと通話機能は使えません。

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート
  • マイナンバーカード(通知カード不可)
  • 住人基本台帳
  • 障害者手帳
  • 療育手帳
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書
  • 自衛官診療証
  • 年金手帳

本人確認は書類をスマホのカメラで撮影して画像を送信するだけです。早ければ30分以内、遅くても1日あれば完了します。

完了通知

送信した書類が無事承認されると、登録しているメールアドレス宛に完了の通知きます。このメールがきたら通話機能を使うための一歩目は完了です。

手順② 通話したい相手と5往復以上メッセージをする

withの通話機能を使うには本人確認だけでなく「マッチングしてから5往復以上のメッセージをしてる必要」があります。

この制限がないと、やり取りしていないよく知らない人から、いきなり電話がかかってくることになりますし、ひどい場合、適当にいいねを送ってマッチングしたすべての相手にいきなり電話をする迷惑なユーザーも現れるかもしれません。

メッセージを5往復もすれば「ほんの少しだけ相手のことを信頼できている状態」だと思います。with内の通話機能を使いたければ、まずメッセージ5往復が必要なことを覚えておきましょう。

手順③ メッセージ画面の「電話アイコン」で発信

本人確認と相手とメッセージ5往復の条件を満たしたら、メッセージ画面の右上にある電話のアイコンから通話ができます。

通話開始画面

発信画面が表示されたら相手の応答まで待機してください。相手が応答すると音声通話がスタートします。

ちなみに、音声通話開始後は、通話画面にあるビデオのアイコンをタップすることで、ビデオ通話に切り替える事も可能です。

withビデオ通話ボタン

ただし、ビデオ通話に切り替わるのはお互いに合意をした場合のみです。

双方の合意なしに勝手にビデオ通話が開始することはないので、顔を出したくない方も安心です。

通話料は無料・1回で30分間だけ話せる

withの通話機能は以下の特徴があります。

  • 通話料金は無料(ギガを消費、Wi-Fi経由だと安心)
  • 1回の通話は30分まで

1日の通話時間の上限は2時間で、上限のカウントは毎日午前4時にリセットされます。

1回につき30分という時間制限に「短い」と感じる方もいるかと思いますが、切るタイミングを失ってダラダラ通話が長引かないメリットもあります。

また、終わりの時間が決まっているので、平日の夜や朝の出勤前などのちょっとした空き時間を有効活用したい方にも使いやすいです。

トークが盛り上がったら「もうすぐ制限時間だから、続きはラインでしない?」とナチュラルに連絡先交換の流れを作れるので、気になる相手へのアプローチにとっても有効です!

通話できない・声が聞こえない等のトラブル発生時の対応

with通話の使用中にトラブルが発生した際の対処法を、以下にまとめました。

  • 通話が開始できない→withのアプリのバージョンを確認する
  • 急に音声が途切れた→WiFiの設定を確認
  • 声が聞こえない→スピーカーがミュートになっていないか確認

対処法をそれぞれくわしく解説していきます。

通話が開始できない

通話が開始できない時は、withのアプリのバージョンが古い可能性があります。

iPhone・Androidともに音声通話に対応しているバージョンは、「5.0.0以上」です。これ以前のバージョンを使用している場合は、アップデートが必要です。

アプリのバージョンを確認する手順は、以下の通りです。

iPhone:【設定】→【一般】→【iPhoneストレージ】→【withのアプリを選択】
Android:【Playストアアプリを起動】→【withのアプリを選択】→【詳細はこちら】

急に音声が途切れた

通話中に急に音声が途切れた時は、インターネット接続に問題が起きている可能性があります。

キャリア回線から繋いでいた方は、Wi-Fiに接続してもう一度通話を試してみてください。

外出先から利用している方は、電波の弱いフリーWi-Fiを拾っている可能性があります。

使用している端末から以下の設定を試してみてください。

iPhone:【設定】→【Wi-Fi】→【インターネット共有へ自動接続】→しないに設定
Android:【設定】→【ネットワークとインターネット】→自動接続をオフ

声が聞こえない

通話中に声が聞こえない時は、スマホのスピーカーがミュートになっている可能性があります。

使用端末のボリュームボタンから、音量を上げてみてください。

イヤホンを繋いでいる方は、イヤホン本体の音量がオフになっている可能性があります。

イヤホン本体のボリュームを上げてみてください。

withのコミュニティ機能「好みカード」のおすすめと使い方

withの好みカードは「焼肉が好き」「スポーツ観戦が好き」「家でゴロゴロするのが好き」など、自分の価値観や趣味、好きなものを表現できる機能です。

同じような価値観・気の合う人と繋がりやすくなるため活用した方がいい機能です。

好みカードについて以下の内容を説明していきます。

  • 好みカードの登録・相手を探す流れ
  • 出会いに効果的な好みカードの探し方
  • 好みカードを選ぶときのポイント
  • 好みカードを削除する手順

好みカードの登録手順

まず好みカードの登録・探す手順を説明します。

  • カテゴリから探す
  • おすすめから探す
  • 検索する

好みカードの登録手順1


withアプリの画面下の「好みカード」をタップすると、好みカードを探せます。

好みカードのイメージが湧かない人は、人気の好みカードが表示される「カテゴリ」「おすすめ」から探すと楽です。

「お酒が好きな人」「アウトドアが好きな人」など相手に求めることが決まっている人は、「検索」を使えばピンポイントで理想の好みカードを探せます。

好みカードの登録手順2

登録したい好みカードを見つけたら、好みカードをタップして画面下部の「登録する」ボタンをタップすれば登録完了です。

好みカードを使って相手を探す

好みカードは自分の価値観や趣味を登録できると同時に、同じ価値観を持っている相手を探すこともできます。

好みカードを使って相手を探す

気になる好みカードをタップすると「絞り込み」の欄があるので、相手に求める条件を入力して絞っていきます。

絞り込みできる項目の例

  • 年収
  • 学歴
  • 居住地
  • 体型
  • 身長
  • 職種
  • 結婚歴 など

好みカードと絞り込み条件を組み合わせることで「〇〇が好きな人+身長〇〇〇cm以上かつ年収〇〇〇万円以上」など、一度で性格と条件のどちらも揃った理想の相手を効率よく探せます。

withで出会いたい人は、「好みカードから相手を検索」は覚えておいて損しない検索方法です。

出会いやすい好みカードの探し方

好みカードは何百、何千とあるため、どれに登録しようか迷う人も多いと思いますが、好みカードには「出会いやすい好みカードが存在」します。

出会いやすい好みカードの探し方は「登録人数の多さ」で判断すればいいです。単純な話ですが、登録人数が多い好みカードほど、タイプの異性がみつかる可能性が高いです。

出会いやすい好みカードの探し方

気になる好みカードを見つけたら「絞り込み」をタップしましょう。

相手に求める条件を入力する画面にいくと、画面下部に「〇〇〇〇人に絞り込み中」と表示されます。

なにも条件を指定していない状態での人数が多いほど出会いやすい好みカードです。

出会いやすい好みカードの人数基準

  • 0〜10,000人:少ない(出会いにくい) 
  • 10,001〜19,999人:普通
  • 20,000人以上:多い(出会いやすい)

純粋に自分に合う好みカードに登録するのもありですが、効率的に好みの異性と出会いたいなら「登録人数を確認」してから登録した方がいいです。

登録人数が多いおすすめの好みカード

登録人数が多い王道・人気の「好みカード」をまとめました。

好みカード名 登録人数
居酒屋デートあり‼ 男性:503,251人
女性:176,990人
ラーメン大好き 男性:484,074人
女性:133,627人
肉好き 男性:463,966人
女性:195,196人
旅行好きです 男性:378,791人
女性:221,807人
コーヒーが好き 男性:250,744人
女性:112,007人
スイーツ大好き 男性:237,190人
女性:194,092人
音楽がないと生きていけない 男性:155,371人
女性:80,059人
家でゴロゴロするの好き! 男性:117,504人
女性:49,702人
お米が好き 男性:75,313人
女性:38,971人
辛い食べ物がすき 男性:69,125人
女性:60,303人

好みカードによっては40〜50万人も登録しているものがあります。

どの好みカードに登録しようか迷ってしまう人は、ここで紹介している人気の好みカードに登録してみるといいです。

好みカードを選ぶときに意識すべきポイント

好みカードを選ぶときのポイントは以下の2つ。

  • 相手との共通点が増えるため20個前後は登録する
  • 恋人・結婚相手を探している人に見られることを意識して選ぶ

それぞれ説明してきます。

相手との共通点が増えるため20個前後は登録する

同じ「好みカード」に登録している人は「共通点〇」と何個共通しているかがわかるようにプロフィールに表示されます。

共通点が多ければ多いほど気が合う相手のためできるだけ多く登録した方がいいです。登録の目安は20個です。

登録している好みカードの数が30個、40個など多すぎると、「この人は本当はなにが好きなのかわからない」「共通点を増やすために、適当に登録しているのでは」と思われてしまう可能性があるので注意です。

恋人・結婚相手を探している人に見られることを意識して選ぶ

「好みカード」は、メッセージのやりとりや短い時間でのデートでは伝えきれない自分の趣味や価値観・好きなことを相手に知ってもらうのに便利なツールです。

自分の好きなカードを選べば問題はありませんが、あくまでも恋人や結婚相手を探している人が自分の「好みカード」を見ることを意識しましょう。

例えばギャンブルや「タバコの好みカード」を敬遠する人は多いです。

また「マッサージが好き」「すぐ会いたい」などの「好みカード」を選ぶと出会いに真剣ではないと相手に印象づける可能性もあります。

どの「好みカード」を自分のプロフィールに表示するかはよく検討しましょう。

好みカードの削除・解除する方法

好みカードを間違って登録してしまったり、価値観が変わっりしたときは削除・解除もできます。

好みカードの削除・解除する方法好みカードの削除・解除する方法2

マイページの「プロフィールを確認・編集」から削除したい好みカードを選んで「解除する」ボタンをタップするだけです。ちなみに何度でも登録・解除はできます。

withの全情報まとめ

このサイトに掲載しているwithの関連記事をまとめています。

料金やシステムなどの基本情報まとめ
【攻略法】withで出会うコツ
withを使った体験談・評価

公式アカウントをフォロー

マッチングアプリ大学公式ツイッターマッチングアプリ大学公式フェイスブック