マッチングアプリ後の最初のメッセージ例文!話題・頻度・やりとりのコツを公開

マッチングアプリダニエル

こんにちは、マッチングアプリ大学教授のダニエルです。
今回はメッセージで悩む方のために、僕が送っている初回メッセージ、連絡頻度、誘い方を大公開です!

【女性の方はこちら】
>>女性版メッセージのコツへ

マッチングアプリで女性と出会うまでにもっとも難所になるのがメッセージです。メッセージで話題がなくなって、返信がこなくなったりと、慣れていないととにかく大変なメッセージ。

多くの男性が難しいと感じる部分だと思います。

しかし、ある程度どんな相手でも、鉄板のメッセージの型(テンプレート)を使えば、スムーズに会話を進めていくことができます

今回は、僕が生み出した『最初のメッセージのテンプレ(例文)』を公開していきます!

返信率の高い1通目のメッセージ例文

では、早速ですが、初メッセージの例文はこうです。

初めまして、ダニエルと申します。マッチングありがとうございます!

僕も神奈川出身なので色々話ができたらうれしいです!

3枚目のうさぎの写真かわいいですね^^家で飼ってるんですか?

この例文をうまく使ってもらえば、返信率を大幅にあげることができると思います。

このテンプレート、一見なんてことない文章に見えますが...

ちゃんとポイントがあります!

また、メッセージを送る相手の年齢によってポイントが違います。

年代別の最初に送るメッセージのポイントの解説はこちら!

この例文の返信率が高い理由

重要なのは、的確な質問をして【女性が返信に迷わないメッセージを送っている】ところになります。

文章の作り方を解説していきます。

1:まずは挨拶を入れる

初めまして、【名前】と申します。マッチングありがとうございます!

単なる挨拶なので、完全にコピーでOKです。

2:プロフィールを見て共通点を伝える

僕も神奈川出身なので色々話ができたらうれしいです!

共通点を入れることで次の話題を作りやすくなります。

また、私のプロフィールをちゃんと読んで連絡くれたんだなと思ってもらえることで、好印象につながります。

3:プロフィールに関連して質問を一つ入れる

3枚目のうさぎの写真かわいいですね^^家で飼ってるんですか?

質問を入れることで、返信内容に悩ませないようにします。

ここは質問をすることによって、返信しやすいようにします。ただ、なんでも質問すればいいわけではありません

抑えるべき重要なポイントは「3枚目の写真は~」この部分です。

この部分のポイントは

女性のアップした写真を話題にしている

ってところです。(※触れる写真がないよってケースも後述しますね。)

写真に触れると返信率が上がる!

写真に触れると返信率が上がる!

サブ写真としてアップしている写真はこんなふうに選んでいることが多いはずです。

  • 好きなもの
  • 興味があるもの
  • 旅行など思い出に関係あるもの

マッチングアプリで異性に見られることをわかって登録しているのだから、なにかしら語れる内容がある写真である可能性が高く、女性が話したい話題に触れられる可能性が飛躍的に高まります

本当に1行でサラリと触れるだけでOKです。例えばこんな感じ。

「プロフィールの写真、すごく素敵な景色ですがどちらですか?」「うさぎ可愛いですね、飼われてるんですか?」「美味しそうな写真ですね!どこのお店ですか?」

サブ写真の登録がない場合は出身地やコミュニティに触れる

このテクニックはサブ写真を登録している女性相手にしか使えません。1枚しか写真がない場合、まずはコミュニティなど、趣味・好きなものにまつわる内容を同じように拾ってください。

1通目の返信が返ってきたら、次は2通目以降のやりとりになります。2通目以降は「会話の楽しさ」がポイントとなってきますので、こちらの記事で詳しいコツを読んでみてください。

テンプレートを使っても1通目の返信がこない場合

使ってるアプリがあなたに合ってるか確認を

きちんと1通目のメッセージを送っているのにもかかわらず、返信がこない場合は2つの理由が考えられます。

  1. 恋愛対象に見れない属性だった
  2. プロフィールを見て返信しなくていいと思われた

まず、対策が難しい1番の「恋愛対象に見れない」から解説します。簡単にいうと、剣度、年齢差や遠距離など恋愛へのハードルが高い相手だと返信が返ってきません。

例えば、30代で若い女性と気軽に付き合いたい男性が、今すぐにでも結婚したい女性が集まるアプリをやっていても、うまくいくはずがありません。

この場合の対処法は2つです。

  1. 自分を好いてくれそうな女性を選んでいいねする
  2. 自分が求める相手が多く利用しているアプリへ乗り換える

簡単な解決法はアプリの乗り換えです。

自分を好いてくれそうな女性を判断するのは難しいです。1通目のメッセージは無料のことが多いので、いくつかのアプリを併用して、返信率が高いアプリをメインに選べばOKです。

編集部チャラエル

目的別のおすすめアプリを紹介しておきます。特徴を見ていただき、自分に合ったアプリを選んでみてください。

アプリ名 アプリの特徴 参考リンク
ペアーズ
ペアーズ
初心者はまずコレ
恋人募集中の4人に1人が利用。地方でも出会いに困らない。初心者の恋人探しはまずこのアプリから
公式
アプリ解説
with
with
20代と出会いたい人
20代の恋愛目的の人と出会いたい人向け。趣味や相性重視で出会えるシステムなので、中身重視したい人にも!
公式
口コミ
マッチドットコム
match
安く婚活したいなら
結婚相談所はハードルが高いと感じる人、手軽に婚活を始めたい人にぴったりなアプリ
公式
詳細
マリッシュ
マリッシュ
バツイチ支援アプリ
バツイチや再婚者に理解がある人が多く集まるアプリ。30代~40代が多い。
公式
詳細
タップル
タップル
すぐに会いたい人向け
20代が多いアプリ。「お出かけ機能」でその日や週末に会える相手を探せる。
無料登録
詳細

>>以降のランキングはこちら

事例紹介:アプリを変えるたらいいねが2倍もらえた

「アプリが自分に合っているかどうか?」は、「女性からもらったいいね数」で判断できます。

女性からいいねを送ってくれているということは、自分のプロフィールが好印象だった証拠ですので、メッセージの返信率も高いです。

僕もアプリによって「もらったいいね数」にかなり違いがありました!

僕が女性から積極的に「いいね」を貰えたランキングを紹介しておきます。

アプリによる貰えたいいね数の違い

  • ペアーズ:300いいね
  • Omiai:200いいね
  • with:150いいね

なるべく多くのアプリに登録してみて、その中から自分に一番あったアプリを見つけるのが一番良い方法だと思っています。どのアプリを使うか迷っているなら、まずは年代別のお勧めアプリから選ぶと良いです。

>>20代におすすめのアプリ
>>30代におすすめのアプリ
>>40代におすすめのアプリ

プロフィールで返信しなくていいやと判断される

2つ目の理由です。これは、返信するか迷った結果、プロフィールで話したいと思われなかったケースです。

ちょっと面倒ではありますが、プロフィール文章とプロフィール写真を工夫することで、返信率が高くなる可能性があります。

プロフィールの作り方についてはメッセージから話が逸れてしまうため、別の記事にまとめてます。ペアーズを例に説明していますが、どのアプリでも使えるポイントです。

>>良いプロフィール文章を作るコツ

>>良いプロフィール写真の選び方

送ったらダメ!NGな初回メッセージ

送ったらダメ!NGな初回メッセージ

マッチングアプリをやっている複数の女性に、男性から送られて困るNGメッセージを集め、まとめました。

これは非常に多くの男性が送っているNGな初回メッセージになります。

↓こういう感じで、話題を振らずにメッセージを送っている人は自らチャンスをつぶしています。

はじめまして、よろしくお願いします。
プロフィール見て趣味が近いと思っていいねしました、よろしくお願いいたします。
はじめまして、趣味とか近そうなのでもしよかったらご連絡ください。

これらがNGな理由は

【なんて返信すればいいか悩んでしまう文章】

なのです。

しかも、これらは定型文に見えてしまうので、機械的に送っているの?と思われてしまいます。恋愛に発展するにはポジティブな感情が絶対に必要です。

NGなメッセージって、本当に「挨拶」だけなんですよね、そりゃ返信来なくても文句言えないよ!って感じです。挨拶だけされても挨拶し返すしかないですから。

ちなみに、親切にしてくれたらその気持ちを返そうとする返報性の法則という心理が働きます。これを上手く使って、「あなたのことが気になっていて、お話ししたいんです!」と素直に伝えたら、その気持ちに答えるために返信をくれる可能性が高くなります。

こうした心理学を活用したメッセージテクニックを入れるのもポイントです。

適切なメッセージ頻度とポイント

適切なメッセージ頻度とは!?

さて、初回メッセージでテンプレートを使い、返信が来たら、メッセージのコツを使いながらやりとりを進めていきます。

そこで、気になるのが適切なメッセージの頻度です。

ここで女性との感覚がずれてしまうと「合わない人」という判定をされてしまいます。

女性に合わせるのが基本的

なので、基本的にはすべて女性に合わせてください。

例えば文章の長さ。
自分が4行で送ったのに、女性が2行で返して来たら2行で返します。

返信の感覚も。
女性が5分で返信してきたら、5分で返します。

これが可能であればこれがベストです。

しかし、文章を短くし、返信感覚も短くしたりすると、自分の意図を伝えるのが難しくなったり、話題が尽きてしまったりと、なかなかそううまくはいかない時もあります

そこで、こちらです↓

理想は1日1往復

でも、もし女性の感覚とそこまでかけ離れていなければ、1日1往復が理想です。

僕の場合は、返信感覚が短いレスポンスの早い女性の場合、10分後に返信があったら20分後、30分後、1時間後と様子をみながら長くしていき、最終的には1日1往復にしていきます。

メッセージでは失礼なことを言ったり、女性に感覚がずれていると思われたり、といった「ミス」をしないことが重要です。

ずっとメッセージが続けられるからといって、回数を重ねれば重ねるほど「ミス」をする可能性は高まってしまいますので、1日1通のやり取りを1週間くらいして、その後デートに誘うのがバランスが良いのです。

時間帯はお昼または19時~23時の間

意外と気になる、メッセージを送る時間帯ですが、土日休みの会社員の方が多いでしょうし、基本的に19時~23時の仕事が終わって暇であろう時間に返信するのがいいです。

または、相手が仕事終わりの夜の時間に返信できるように、お昼休みの時間に送るのもありです。

この時間がベストというよりは、例えば深夜だったり、普通の人が働いているような時間だったりすると、女性によっては「生活リズムが合わない」と思う人や「この人、本当に働いているの?」と思う人が出てきます。

ここは自分のペースで返すより世間一般的なメールをする時間に返すのが無難です。

また、2通目以降のメッセージのコツはこちらを参考にしてみてください。

メッセージの追撃(催促や連投)はNG。逆転はない

メッセージの追撃はNG。逆転はない

これはメッセージ頻度とは関係ないかもしれませんが、送ったメッセージに返信が来ないとき、気に入っていた女性であるほど、追撃メールを送りたくなりますよね。

最初に言うと、うまく催促をすれば返信をもらうことは可能です。(実際に、僕は何度も既読スルーから返信をもらったことがあります)

しかし、結局のところ一時的なもので、デートするとか付き合うとか最終的ににうまくいく可能性はほぼないと思っていいです。

返信が来ないとき、確実に言えるのは、

相手の自分に対する好意は低い(or低くなった)

ということです。

もちろん、忙しいとか他の人のメッセージに埋もれているとか理由はありますが、それでも相手がこちらに好意があれば、返信がなくなることは絶対にありません

メッセージにおいて何かの「ミス」をしたことになります。

友達などならともかく、お互いの関係が薄いマッチングアプリにおいて、ぶっちゃけここからの大逆転はありません。

何日空いたら追撃OKとか期間は関係なく、一度送ったものに返事がなければ、もうこちらにできることはないと思っていいです。

気持ちの整理をつけるために、追撃を送ってみるのはいいですが、その労力を次の女性に向け、同じようなミスをしないようにするほうが、結果的にたくさんの女性と会えるし、相性のいい女性を見つけられるようになりますので。

一度落ちたものを取り戻すのは相当困難です。その労力を自分に好意のある女性に使いましょう

迷ったらこれを話題に!鉄板のメッセージ内容

メッセージの内容で何を話題にすればいいか?毎回悩んでしまいますよね!

安心してください、初めまして同士の会話の内容でウケるものなんて、ほぼ決まっています。

ここでは女子ウケする鉄板の話題を伝授いたします。

それは...

全女性に通用する話題=「食べ物」

僕はこれまで100人近い女性とメッセージをしてきましたが、ほぼ全員にする話題が「食べ物」の話題です。

「趣味の話」も良いですが、これは共通の趣味があればの話で、相手が野球観戦が大好きでも、自分が野球を知らなければそれで終了。変に合わせても、すぐに好きじゃないのがバレてしまいます。

しかし、食ならば別です。

食べ物を食べない人はいないから!

「食」こそが男女関係なく通じる人類共通の趣味なのです。

プロフィールに「食」の話題を入れておくと◎

食べ物の話題を女性に振っていくための布石として、自分のプロフィールに「食」の話題を入れておくと、スムーズに食べ物の話ができるようになります。

例)食べるのが大好きで、よく〇〇付近のお店を散策しています!

こういう文章をいれておくことで、食好きの印象を与えられるので、食の話題を出した時に不自然にならずにすみます。

旅行・映画の話題も女性は大好き

ちなみに、食に興味がなかった場合、旅行か映画の話題もお勧めです。

何でしょう、男にはよくわかりませんが、女性は「食・映画・旅行」が大好きなんです(笑)

なので、「食・映画・旅行」この3つの話題で、ある程度自分の好きなものを話せたり、流行っているもの知っておけば、ほぼ全ての女性の趣味に対応できると言って過言ではありません!

↓の記事では、実例に沿った練習問題もあるので自分の話題力をチェックしてみてください。

年代別|マッチングアプリで最初に送るメッセージのポイント

マッチングした相手の年齢と自身の年齢によって、最初に送るメッセージは変えた方がいいです。

各年代ごとに最初に送るメッセージのポイントを解説します。

20代の相手に最初に送るメッセージのポイント

20代の相手へ最初に送るメッセージのポイントは3つ。

  1. 短文(2〜3行が目安)
  2. お礼の言葉を入れる
  3. 相手の趣味に関する質問を入れる

20代の相手にメッセージを送るのであれば短文を意識してみてください。

今の若い世代はLINEなどで短文には慣れていますが、長文に慣れていない人が多くいます。そのため、20代の相手には2〜3行を目安に短文のメッセージを送ってみましょう。

【最初のメッセージの例文】

マッチングありがとうございます^^

映画が好きなんですね!

最近みた映画で面白かった作品ってありますか?

そして、最初に送るメッセージには「お礼の言葉」と「質問」を入れてください。

まず、「マッチングありがとうございます」と一言入れるだけで反応が違います。男女問わず「ありがとう・ごめんなさい」を言える異性は好印象です。そのため、第一印象を良くするためにもお礼の言葉を入れてみてください。

次に質問では、相手のプロフィールを見て話題を見つけてみてください。ココで自分が全く知らない分野だと、会話を続けるのが難しいことがあります。なので、自分が少し知っている分野で質問できそうなことを探してみると会話を続けやすいです。

30代の最初に送るメッセージのポイント

30代の相手へ最初に送るメッセージのポイントは4つあります。

  1. 短すぎない文章量(3〜5行が目安)
  2. お礼を伝える
  3. どんな目的で出会いを探しているのか伝える
  4. 相手がどんな出会いを探しているのか質問を入れる

30代の相手に送る最初のメッセージは短すぎない文章量がポイントです。

30代になると結婚を意識して出会いを探している相手が増えるため、短文では真剣度が低くい印章を与えてしますこともあります。そのため、最初のメッセージでは3〜5行を目安にしてみてください。

【最初のメッセージの例文】

マッチングありがとうございます!

〇〇といいます。よろしくお願いします。

自分は結婚を視野に入れたお付き合いができる方を探しています^^

△△さんはどんな出会いを探しているんですか?

そして、初回メッセージの入れておくべき内容は「お礼」と「出会い探しの目的」です。

まずは一言「マッチングありがとうございます」とお礼を伝えましょう。きちんとお礼が言える男性は印象が良いです。

次に出会い探しの目的は早いタイミングでハッキリされておくと、その後の展開がスムーズになります。

自分がアプリをやっている目的が恋活なのか、婚活なのかを最初にハッキリ伝えて、最後に「△△さんはどんな出会いを探しているんですか?」と質問を入れてみましょう。

あとあとになって「自分は結婚したいのに、〇〇さんはまだ結婚を考えていないのか...。別の人を探そうかな」という目的のズレが起こる事態を防ぐことができます。

お互いの時間をムダにしないためにも、出会いの目的はできる限り最初のメッセージで確認しておきましょう。

40代の最初に送るメッセージのポイント

40代の相手へ最初に送るメッセージのポイントは5つです。

  1. 3〜5行ほどで短すぎず長すぎない文量
  2. 相手のどこが気になっていいねしたのか理由を書く
  3. 簡単に答えられる質問を1つ入れる
  4. いきなりタメ口を使わない、最初は年齢関係なく敬語が無難
  5. 「!」「?」「絵文字・顔文字」を多用しない、真剣さが伝わりにくい

40代ともなると人生経験が豊富な人も多く、初回メッセージから趣味や仕事、結婚に対する価値観などをいきなり長文で書いてしまう方もいます。ですが、まずは相手と挨拶をする程度で考えて、簡潔に送ることを心がけると返信率が高まります。

【最初のメッセージの例文】

△△さん、はじめまして。

〇〇です。マッチングありがとうございます。

ランニングの趣味とわんちゃんが好きな部分が同じで、気になっていいねしました。

わんちゃん目がぱっちりしてて可愛いですね、プードルですか?

40代ともなると年下とマッチングする機会があります。このときに年下だからといっていきなりタメ口を使うのはNGです。

タメ口は信頼感を得たタイミングで相手に使うことで距離を縮めることに役立ちます。ですが、初めのうちは相手の年齢関係なくまずは敬語を使うのがいいです。

他にも、絵文字や顔文字を多用すると文章が幼くみえ、真剣度が低いという印象を与えてしまう可能性があります。

「40代=落ち着いた大人」という印象を持つ方のが多いため、落ち着いた文章になるよう、絵文字や顔文字は控えめにしてみてください。

また、40代の同年代が多いマッチングアプリを利用することでマッチングしやすくなります。40代におすすめのマッチングアプリをまとめているので参考にしてみてください。

デートへの誘い方(会う約束をとる)

鉄板のデートへの誘い方(会う約束をとる)

デートの約束をとるのがメッセージの山場です。正直、マッチングアプリでのメッセージは会うまでのつなぎと考えても良いくらいです。

いざ誘うとなると、どんなふうに誘ったらいいのか迷うところですよね。
僕が今まで数々の女性とメッセージをしてきて、高確率でデートの約束がとれた鉄板の誘い方をお教えします。

こちらになります。

食べ物の話をしている

ここのお店美味しいですと、美味しいお店の話をだす

女性が美味しそう、行きたい、行ってみます、などの発言をする

よかったら一緒に行きませんか?と誘う

是非行きたいです

都合良さそうな日ありますか?

○○か●●が空いています

では○○にしましょう^^

といった流れになります。

基本的に僕はメッセージで「ご飯やスイーツなど食べ物の話」しかしません
メッセージで親睦を深めるのではなく、デートに誘うのが目的だからです。

「そんなにうまくいくか?」と思うかもしれませんが、女性も基本姿勢として、出会いたい、恋人が欲しい、と思っているということを忘れてはいけません。

マッチングした時点で、少なくともこちらに興味はあるわけですから、誘い方が横暴だったり、感じが悪かったり、これから話す「女性がデートを断る理由」に触れていたりしなければ、普通にうまくいきます。

特に「美味しそう、行きたい、行ってみます 」の発言が女性から聞けた場合、「是非行きたいです」はほぼ100%引き出せます。

この誘い方が警戒されにくい理由

なんでこの誘い方がうまくいくのかというと、「自然な誘い」だからになります。

女性の面倒なところなんですが、なんの脈絡もなく

「○○の日空いてますか?ご飯でも行きましょう!」

だと、警戒するのです。

  • なんでその日なのか?
  • なんでご飯なのか?
  • 場所はどこなのか?
  • どんなお店で食べるのか?
  • 何時から何時まで一緒にいることになるのか?

全部わからないから不安になって警戒します

聞き返すこともできない女性は、断る、話を流す、メッセージを返さない、などの行動にでてしまうのです。こちらへの信頼が薄ければ薄いほど、それらは不安になり、警戒へ繋がり、失敗の確率が上がります。

逆を言えば、不安がメッセージの中で解消されてさえいれば、信頼が薄くても女性は誘いに応じてくれます。ですから「自然な誘い」は不安を解消しながらの誘いになるので、成功確率があがるのです。

ちなみに自然流れで誘うことができるのであれば、別にご飯の話題でなくても効果あります。

お酒好きな話 → 今度一緒に飲みに行きましょう
カフェ好きの話 → 今度一緒にあそこのカフェ行きましょう
映画の話 → 今度一緒に見に行きましょう
ぜひ、この方法を使って誘ってみてください!

最初はお茶かご飯に誘う

最初はお茶かご飯に誘う

デートと言ってもやることは様々です。

1.お茶をする
2.ご飯を食べに行く
3.飲みに行く
4.映画を見に行く
5.遊園地に行く
6.ドライブに行く

ここはメッセージの章なので、デートについての詳しい話は省きますが、番号が大きくなるにつれて、デートの約束をとりつけるハードルが高いと思ってください。

顔すら合わせいない状態で、遊園地に行くとかほとんど無理でしょうし、ましてや密室になるドライブなどありえません。逆にその約束がとれるなら、それ以下の番号の約束は簡単にとれると思います。

ですから、「3.飲みに行く」の約束がとれる状態なら、「1.お茶をする」「2.ご飯を食べに行く」の約束もとれることになります。

女性によっては「3.飲みに行く」 すら警戒する女性もいるで、メッセージではなるべくハードルの低いデート、

1.お茶をする
2.ご飯を食べに行く

の約束をとるところを目指します。

女性の不安を消してあげる

誘う前に女性が男性からの誘いを受けて、何を不安に思うかを把握しておきましょう。

この不安が強いと誘いを断られる理由になります。

大きく分けると

  • 不純な目的じゃないか怖い
  • デートの終わりが見えないので不安
  • 場所が遠い
  • 本当に予定がある

になります。

これらの女性心理を理解して、問題が解消できる誘い方をすれば、成功率をぐっとあげることができます。

時間を区切って誘う

まず「不純な目的じゃないか怖い」と「デートの終わりが見えないので不安」という不安は時間を区切って誘うことで解消できます。

お茶に誘えば「不純な目的じゃないか怖い」ではなくなりますが、お茶が終わった後、ご飯に誘われる可能性まで女性は考えます。

「デートの終わりが見えないので不安」というのに該当します。

ですから、

「2時間だけお茶でもどうですか?」

などと時間を区切ることによって、女性の不安を解消し成功率をあげることができます。

遠くない場所へ誘う

ご飯をするにしても、お茶にしても、場所は女性の住んでいるところから遠くない場所にしましょう。お互いの住んでいる場所の中間、もしくは女性に近い場所を指定するのがいいです。

間違っても千葉に住んでいる女性を神奈川に呼んだりしないようにしてください。
関東であれば東京で会うのがいいと思います。

ただ、面倒なのが、住んでいるところを聞かれるのが嫌な女性がとても多いというとこです。

なのでピンポイントに「どこに住んでるんですか?」って聞くのではなく、「普段はどの辺に出かけたりしますか?」など事前にメッセージで活動範囲をリサーチしておくか、「場所は遠くなければ新宿とかどうですか?」などの誘い方をするといいと思います。

どうしてもメッセージをするのが面倒な人へ

さて、ここまでマッチングアプリのメッセージについて詳しく解説してきましたが、ぶっちゃけメッセージのコツを詳しく書いていくとキリがありません。

そのくらい、メッセージって難しいんです。

確かに、面倒と感じてしまうこともあるでしょう。

「メッセージテク」より「女性との相性」が大事

僕も、これだけ色んなことを書いておいてなんですが、ぶっちゃけテクニックよりも、女性との相性が重要だと思っています。

なので、メッセージが面倒と感じる場合、

・あなたがそこまで相手の女性を気に入っていない
・女性がそこまであなたを気に入っていない

どちらかの可能性が非常に大きいです。

お互い気に入っていれば、自然とメッセージは続くものです。

めちゃくちゃ可愛い子とマッチングしたら「メッセージめんどくせ〜」なんて思わないですよね(笑)

なので、メッセージを頑張りたくなるような他の女性を探すべきです。

どんどん、次に行くべき!マッチングアプリの特徴は、たくさんの女性と関われることなんで!

ダニエルの教科書シリーズ一覧

↓なかなかマッチングアプリで出会えない!という人はこちらを参考に。

公式アカウントをフォロー

マッチングアプリ大学公式ツイッターマッチングアプリ大学公式フェイスブック

この記事を書いた人

ダニエル

アラフォーで無謀にも20代女性を狙っている。スレンダーで可愛い子が第一希望。とにかく出会いたい派で色々な出会いを研究中。