マッチング後の初回メッセージの例文!連絡頻度とデートへの誘い方

マッチングアプリダニエル

どっも!マッチングアプリヘビーユーザーのダニエルです。
今回はメッセージで悩む人のために、僕が送っている初回メッセージ連絡頻度誘い方を大公開~!

マッチング後のメッセージで一番苦労するのは「初めのメッセージに返信がないこと」です。

マッチングしたんだから、こちらに興味あるんじゃないの?と思いきや、かなりの確率で返信がありません。

なぜか?

女性はたくさんの男性を見ているため、

  • 写真で選定

  • プロフィールで選定

  • メッセージで選定

という手順を踏みます。

女性によってはマッチングまでの障壁を低くして、メッセージで選定する女性は多く、モテる女性ほど1通目のメッセージで「返信しにくい...」「この人とは合わないかも...」なんて思うと、すぐに返信が来なくなります。

そうなると、何より重要なのは、メッセージ送り方のコツでも書いた通り、

返信に迷わないメッセージ

です。

そんなことは分かったから、具体的に教えてくれー!!

という人のために僕が使っている初メッセージのテンプレ(例文)を公開していきます。

文章の変更の仕方も詳しく説明しますので、ぜひ活用してくださいね!

返信率の高い初回メッセージのテンプレート

初メッセージの例文はこうです。

初めまして、ダニエルと申します。マッチングありがとうございます!

僕も神奈川出身なので色々話ができたらうれしいです!

3枚目のうさぎの写真かわいいですね^^
家で飼ってるんですか?

返信が来ない女性の特徴として、すでにたくさんの男性とメッセージしている人が多く、他の男性とメッセージがうまくいかなかった経験もしているということになります。

こんな時、女性はどういう気持ちでしょうか?

「もっと話が合う人と出会いたい」

こう思っているはずです。

なので、最初のメッセージでメッセージが続きそうだと思ってもらう必要があるわけです。女性が他の男性とやりとりをしていればしているほど、ここをクリアできないと返信が返ってきません。

このテンプレート、一見なんてことない文章に見えますが...ポイントがあります。
文章の作り方を解説していきます。

最初の2行でお礼

完全テンプレで大丈夫です。
名前を名乗って、マッチングしたお礼を言います。

真ん中の1行で共通点を

相手と自分の共通点を入れます。
この共通点はのちのちメッセージしていくうえでのネタ振りに使っていきます。

下の2行で質問

ここは質問をすることによって、返信しやすいようにします。ただ、なんでも質問すればいいわけではありません

抑えるべき重要なポイントは「3枚目の写真は~」この部分です。

この部分のポイントは

女性のアップした写真を話題にしている

ってところです。

写真に触れると返信率が上がる!

写真に触れると返信率が上がる!

例えば、あなたはどんな写真をアップしてますか?

自分が写った写真、旅行に行った時の写真、作った料理の写真、ペットの写真、etc...

いろんな写真をあげてると思います。

どれも思い出深いでしょうし、なにかしらの理由があってアップしているわけで、そこには何か思い入れがある可能性が高く、そうあればあるほど潜在的にその話したいという気持ちが人間にはあります。(ツッコまれたくなければ載せませんので)

ですから、写真について触れることにより、女性が話したい話題に触れられる可能性が飛躍的に高まります

そこをうまくつければ、返信を貰うことはそんなに難しいことではありません。

参考にして初回メッセージを送ってみてください!

適切なメッセージ頻度とは!?

適切なメッセージ頻度とは!?

さて、初回メッセージでテンプレートを使い、返信が来たら、メッセージのコツを使いながらやりとりを進めていきます。

そこで、気になるのが適切なメッセージの頻度です。

ここで女性との感覚がずれてしまうと「合わない人」という判定をされてしまいます。

女性に合わせるのが基本的

なので、基本的にはすべて女性に合わせてください。

例えば文章の長さ。
自分が4行で送ったのに、女性が2行で返して来たら2行で返します。

返信の感覚も。
女性が5分で返信してきたら、5分で返します。

これが可能であればこれがベストです。

しかし、文章を短くし、返信感覚も短くしたりすると、自分の意図を伝えるのが難しくなったり、話題が尽きてしまったりと、なかなかそううまくはいかない時もあります

そこで、こちらです↓

理想は1日1往復

でも、もし女性の感覚とそこまでかけ離れていなければ、1日1往復が理想です。

僕の場合は、返信感覚が短いレスポンスの早い女性の場合、10分後に返信があったら20分後、30分後、1時間後と様子をみながら長くしていき、最終的には1日1往復にしていきます。

メッセージでは失礼なことを言ったり、女性に感覚がずれていると思われたり、といった「ミス」をしないことが重要です。

ずっとメッセージが続けられるからといって、回数を重ねれば重ねるほど「ミス」をする可能性は高まってしまいますので、1日1通のやり取りを1週間くらいして、その後デートに誘うのがバランスが良いのです。

時間帯は19時~23時の間

意外と気になる、メッセージを送る時間帯ですが、土日休みの会社員の方が多いでしょうし、基本的に19時~23時の仕事が終わって暇であろう時間に返信するのがいいです。

この時間がベストというよりは、例えば深夜だったり、普通の人が働いているような時間だったりすると、女性によっては「生活リズムが合わない」と思う人や「この人、本当に働いているの?」と思う人が出てきます。

ここは自分のペースで返すより世間一般的なメールをする時間に返すのが無難です。

メッセージの追撃はNG。逆転はない

メッセージの追撃はNG。逆転はない

これはメッセージ頻度とは関係ないかもしれませんが、送ったメッセージに返信が来ないとき、気に入っていた女性であるほど、追撃メールを送りたくなりますよね。

最初に言うと、うまく催促をすれば返信をもらうことは可能です。(実際に、僕は何度も既読スルーから返信をもらったことがあります)

しかし、結局のところ一時的なもので、デートするとか付き合うとか最終的ににうまくいく可能性はほぼないと思っていいです。

返信が来ないとき、確実に言えるのは、

相手の自分に対する好意は低い(or低くなった)

ということです。

もちろん、忙しいとか他の人のメッセージに埋もれているとか理由はありますが、それでも相手がこちらに好意があれば、返信がなくなることは絶対にありません

メッセージにおいて何かの「ミス」をしたことになります。

友達などならともかく、お互いの関係が薄いマッチングアプリにおいて、ぶっちゃけここからの大逆転はありません。

何日空いたら追撃OKとか期間は関係なく、一度送ったものに返事がなければ、もうこちらにできることはないと思っていいです。

気持ちの整理をつけるために、追撃を送ってみるのはいいですが、その労力を次の女性に向け、同じようなミスをしないようにするほうが、結果的にたくさんの女性と会えるし、相性のいい女性を見つけられるようになりますので。

一度落ちたものを取り戻すのは相当困難です。その労力を自分に好意のある女性に使いましょう

鉄板のデートへの誘い方(会う約束をとる)

鉄板のデートへの誘い方(会う約束をとる)

次の山場はデートの約束をとるところです。

いざ誘うとなると、どんなふうに誘ったらいいのか迷うところですよね。
僕が今まで数々の女性とメッセージをしてきて、高確率でデートの約束がとれた鉄板の誘い方をお教えします。

こちらになります。

食べ物の話をしている

ここのお店美味しいですと、美味しいお店の話をだす

女性が美味しそう、行きたい、行ってみます、などの発言をする

よかったら一緒に行きませんか?と誘う

是非行きたいです

都合良さそうな日ありますか?

○○か●●が空いています

では○○にしましょう^^

といった流れになります。

基本的に僕はメッセージで「ご飯やスイーツなど食べ物の話」しかしません
メッセージで親睦を深めるのではなく、デートに誘うのが目的だからです。

「そんなにうまくいくか?」と思うかもしれませんが、女性も基本姿勢として、出会いたい、恋人が欲しい、と思っているということを忘れてはいけません。

マッチングした時点で、少なくともこちらに興味はあるわけですから、誘い方が横暴だったり、気持ち悪かったり、これから話す「女性がデートを断る理由」に触れていたりしなければ、普通にうまくいきます。

特に「美味しそう、行きたい、行ってみます 」の発言が女性から聞けた場合、「是非行きたいです」はほぼ100%引き出せます。

この誘い方は警戒されない

なんでこの誘い方がうまくいくのかというと、「自然な誘い」だからになります。

女性のめんどくさいところなんですが、なんの脈絡もなく

「○○の日空いてますか?ご飯でも行きましょう!」

だと、警戒するのです。

なんでその日なのか?
なんでご飯なのか?
場所はどこなのか?
どんなお店で食べるのか?
何時から何時まで一緒にいることになるのか?

全部わからないから警戒します

聞き返すこともできない女性は、断る、話を流す、メッセージを返さない、などの行動にでてしまうのです。

こちらへの信頼が薄ければ薄いほど、それらは不安になり、警戒へ繋がり、失敗の確率が上がります。

逆を言えば、不安がメッセージの中で解消されてさえいれば、信頼が薄くても女性は誘いに応じてくれます。

ですから「自然な誘い」は不安を解消しながらの誘いになるので、成功確率があがるのです。

ちなみに自然流れで誘うことができるのであれば、別にご飯の話題でなくても効果あります。

お酒好きな話 → 今度一緒に飲みに行きましょう
カフェ好きの話 → 今度一緒にあそこのカフェ行きましょう
映画の話 → 今度一緒に見に行きましょう

ぜひ、この方法を使って誘ってみてください!

最初はお茶かご飯に誘う

最初はお茶かご飯に誘う

デートと言ってもやることは様々です。

1.お茶をする
2.ご飯を食べに行く
3.飲みに行く
4.映画を見に行く
5.遊園地に行く
6.ドライブに行く

ここはメッセージの章なので、デートについての詳しい話は省きますが、番号が大きくなるにつれて、デートの約束をとりつけるハードルが高いと思ってください。

顔すら合わせいない状態で、遊園地に行くとかほとんど無理でしょうし、ましてや密室になるドライブなどありえません。逆にその約束がとれるなら、それ以下の番号の約束は簡単にとれると思います。

ですから、「3.飲みに行く」の約束がとれる状態なら、「1.お茶をする」「2.ご飯を食べに行く」の約束もとれることになります。

女性によっては「3.飲みに行く」 すら警戒する女性もいるで、メッセージではなるべくハードルの低いデート、

1.お茶をする
2.ご飯を食べに行く

の約束をとるところを目指します。

女性の不安を消してあげる

誘う前に女性が男性からの誘いを受けて、何を不安に思うかを把握しておきましょう。

この不安が強いと誘いを断られる理由になります。

大きく分けると

  • ヤリモクが怖い
  • デートの終わりが見えないので不安
  • 場所が遠い
  • 本当に予定がある

になります。

これらの女性心理を理解して、問題が解消できる誘い方をすれば、成功率をぐっとあげることができます。

時間を区切って誘う

まず「ヤリモク」と「デートの終わりが見えないので不安」という不安は時間を区切って誘うことで解消できます。

お茶に誘えばヤリモクではなくなりますが、お茶が終わった後、ご飯に誘われる可能性まで女性は考えます。

「デートの終わりが見えないので不安」というのに該当します。

ですから、

「2時間だけお茶でもどうですか?」

などと時間を区切ることによって、女性の不安を解消し成功率をあげることができます。

遠くない場所へ誘う

ご飯をするにしても、お茶にしても、場所は女性の住んでいるところから遠くない場所にしましょう。お互いの住んでいる場所の中間、もしくは女性に近い場所を指定するのがいいです。

間違っても千葉に住んでいる女性を神奈川に呼んだりしないようにしてください。
関東であれば東京で会うのがいいと思います。

ただ、めんどくさいのが、住んでいるところを聞かれるのが嫌な女性がとても多いというとこです。

なのでピンポイントに「どこに住んでるんですか?」って聞くのではなく、「普段はどの辺に遊びいったりしますか?」など事前にメッセージで活動範囲をリサーチしておくか、「場所は遠くなければ新宿とかどうですか?」などの誘い方をするといいと思います。

マッチングアプリの攻略記事

↓↓計42個使って評価!おすすめマッチングアプリランキングへ↓↓

計42個使って評価!おすすめマッチングアプリランキング
この記事を書いた人
ダニエル

アラフォーで無謀にも20代女性を狙っている。スレンダーで可愛い子が第一希望。とにかく出会いたい派で色々な出会いを研究中。