利用前に必読!Tinder(ティンダー)向いてる人・向いていない人解説

利用前に必読!Tinder(ティンダー)向いてる人・向いていない人解説

この記事では、これからTinderを使ってみたいと思っている方に向けて、どんなアプリなのか、基本情報の解説から、使ってみた感想までまるっと紹介します!

tinder

Tinder

tinder

料金 無料
※有料オプションもあり
対象者 独身
年齢層 18歳~25歳が特に多い
目的・真剣度 デート・恋活
運営会社 MG Japan Services 合同会社
※インターネット異性紹介事業届出及び受理済み
無料登録はこちら

Tinderに向いているか簡単チェック

あなたはTinderに向いている?向いていない?簡単に判断。

はじめに、あなたがTinderに向いているかどうかを簡単に判断できる項目をまとめました。

Tinderを使うべき人

  • 20代で出会いが欲しい男女
  • 無料で出会いたい男性
  • 遊べる友達を探したい人
  • 同性の友達を探したい人
  • 都会(東京・大阪・福岡など)に住んでいる人

>>当てはまる人は無料登録へ

別のアプリが向いている人

  • 遊ぶ、飲むなど気軽に出会いたいタップル
  • 30代以上で出会いを探している人ペアーズ
  • 真剣に恋人を探しているOmiai
  • アプリに慣れていない初心者with

Tinder以外のおすすめアプリ

真剣な恋人探しや婚活は以下のアプリがおすすめです。

アプリ 特徴 リンク
ペアーズ
ペアーズ
■会員数No1
国内登録者数1500万人超のNo1アプリのため、好みの人が見つかりやすい。恋愛〜結婚、20〜50代など幅広い目的・年齢の人が使っている。まず使うべき王道アプリ。
無料登録
解説
タップル
タップル

■気軽に出会いたい
今日・明日遊べる人と出会える「おでかけ機能」がある。遊ぶ・飲むなど、まずは気軽に出会いたい人向け。

タップルを無料で使う方法

無料登録
解説
Omiai
Omiai

■30代以上の会員が多い
アプリ名が「お見合い」なだけあって真剣に恋愛・結婚を考えている30代が多い。1〜2年以内に結婚したい人におすすめ。

Omiaiを無料で使う方法

無料登録
解説
with
with
■アプリ初心者
相性診断・性格診断で性格の相性が良い相手がわかる。アプリに慣れていない初心者向き。
無料登録
解説

もっと多くの候補から選びたい場合は、以下の記事も参考にしてください。

Tinderとは?恋愛に囚われないマッチングアプリ!

Tinderとは2012年9月にリリースされたアメリカ発のマッチングアプリです。

Tinderの特徴3つ

  • 位置情報(GPS)を使い近い相手と出会える
  • 恋愛に囚われない出会いをテーマにしている
  • 男女ともに基本無料で出会える

マッチングアプリといえば恋人探しのイメージですが、Tinderは同性の友達探しや就活などでも使ってOK。簡単にいえば、恋愛縛りのないマッチングアプリと考えるとわかりやすいです。

利用者の目的は様々で、こんな感じ。

  • 異性の友達を探したい
  • 同性の友達を探したい
  • 恋人を探したい
  • 就活の情報収集をしたい
  • 人脈を広げたい
  • 同じ趣味の仲間を見つけたい

ペアーズやOmiai、タップル、withなど恋活マッチングアプリは恋人が欲しい独身者のみとしていますが、Tinderは18歳以上であれば誰でも利用できます。

自由度が高いためいろいろな使い方ができるのがメリットですが、その分、希望していないお相手とマッチングしてしまうデメリットもあります。

記事の後半では、デメリットの回避や安全対策についても解説しています。

大きな特徴 男性も無料で利用できる

大多数のマッチングアプリは男性がメッセージをする場合、平均して約4000円ほどの月額有料プランへの課金が必要です。

一方で、Tinderはメッセージは無料、課金要素は便利に出会うための機能のみなので、男性も無料で出会いを探すことができます。

登録や退会は数分と簡単です。もし興味があればまずは一度使ってみてください。

Tinderを無料で使う

ただし、無料プランだと出会いづらいです。

実際に編集部が使って出会いにくいと感じたレポートをまとめたので、気になる人は読んでみてください。

Tinder使うべき?向いている人・向いていない人を解説

無料なのでまずは体験してみることをおすすめしますが、それでもインストールして大丈夫なのかな?と不安に思う方もいると思います。

ここでは実際にTinderや他のマッチングアプリを使った経験を踏まえて、どんな人に向いているか逆にどんな人はTinderより別のアプリの方が良いか解説します。

Tinderに向いているのは、いろいろな人と繋がりたい20代

Tinder利用者うち50%が25歳以下と若い世代の利用者が多いです。

Tinderの強みは、て普通では出会えないような相手とも簡単に友達になれることです。

Tinder自体、恋愛目的で使っている人と友達その他を探している人と半々のため、とにかく人と繋がりたい20代におすすめできます。

>>Tinderのインストール

もう少し詳しい情報を知りたい方は以下から気になる情報を読んでみてください。

  • Tinderとは?
  • 向いている人の詳細解説へ
  • Tinderを使ってみた体験談&口コミ評価
  • どんな人と出会える?
  • 安全性は?
  • 料金プランの解説

真剣に恋愛したい人はTinderに向いていない

恋愛前提で早く彼氏、彼女が欲しいと思っている場合、Tinderよりも別のアプリをおすすめしています。

また、相手の目的を見極められない人もTinder以外を使う方がストレスフリーに出会えると思います。

Tinderは無料だからこそ、本当にいろいろな人が利用しています。迷惑行為はNGとしていますし、通報機能など安全対策の機能もついています。

しかし、実態としてTinderで真剣に恋人を探している人は多くないので、恋愛目的でいえば、恋人探し専用のアプリを使うことをおすすめします。

恋愛目的の人におすすめのマッチングアプリ

ではどのアプリを使えばいいかについてですが、年代によっておすすめが変わります。

恋活アプリ

いずれも無料登録で、男性が女性とメッセージをする場合のみ有料です。無料でもマッチングまではできますので、恋愛目的の方は試してみてください。

この3つのアプリについてさらに詳しい情報をチェックしたい方は以下から。

Tinderの料金プラン解説

Tinderは基本無料で、便利な機能が月額課金型です。

もし機能に物足りなさを感じたり、無料でも出会えているのであれば、有料プランの利用を検討してみても良いと思います。

料金プランは『Tinder Plus』『Tinder Gold』『Tinder Platinum』と3つずつあります。以下に、簡単な料金表をまとめてみました。

Tinder Plus Tinder Gold Tinder Platinum
料金(1ヶ月) 974円 2,924円 4,300円
料金(6ヶ月) 3,678円  10,992円 15,800円
料金(12ヶ月) 4,872円  14,616円  21,800円

※税込価格。各データは時期によって変わることがあります。

3つのプランの主な違いは、グレード(機能の多さ)です。プラス<ゴールド<プラチナという順番でグレードが高くなり、ランクが高いプランほど利用できる機能が増えていきます。

Tinderと他アプリとの料金比較

他のマッチングアプリの1ヶ月の料金は以下です。

プラン

料金

タップル
タップル
3,700円
Omiai
Omiai
4,800円
ペアーズ
ペアーズ
3,700円
with
with
3,600円

Tinderはすべての機能を使えるようになる「Tinder Platinum」は1ヶ月4,300円です。マッチングアプリの料金相場は1ヶ月3,500〜3,800円ほどのため、Tinderの料金は若干高めです。

Tinderよりも他アプリの方が真剣に恋人・結婚相手を探している人が多いため、真面目に恋活・婚活をしたい人は、他のアプリを使う方が良いです。

3つのプランのさらに細かな違いは以下の記事で解説しています。

>>tinderのプラン詳細についてはこちら

Tinderを使ってみた体験談&口コミ評価

27歳女性の筆者がTinder使ってみた感想をお届けします。

まず総評まとめとして、ゆるくのんびり使う分には楽しめる!という印象です。SNSと同じような感覚で使うのがいいと思いました。

Tinder使ってみてよかった点

  • とにかく自由で楽
  • 同性ともマッチングできる
  • テンポよく使える

逆にいまいちだった点は、目的が多目的すぎて自分に合わない人も多いということ。

順に説明をしていきますね。

1:メリット Tinder最大の魅力は自由で楽なところ

Tinderはアメリカ発祥のマッチングアプリで、日本にはないざっくり感や自由さを感じます。

やることは単純で、出てくるプロフィールを見て話したいかスルーするか決める。相手も話したいと思ってくれて、マッチしたらチャットをするだけ。

細かい検索条件を指定したり、一人ずつじっくりみていく必要がないので、2ステップで完了するのはとにかく楽でした。

また、マッチの解除をすぐにできる点も気軽でした。

一度解除したら再度出会うことはほぼなく、一期一会な感覚なので、ちょっと目的が違うなーと思ったら解除していました。感覚で言うとTwitterやインスタのフォローとリムーブに近いです。

他のマッチングアプリでは不可能な同性とのマッチもTinderは可能なのは私的に嬉しいポイントでした。友達になりましょう。という感じで話が進んでいくので、男女問わずにマッチして「何してる人?」って軽く雑談するのは楽しいです。

TinderのCMでも水原希子ちゃんが同性の友達を作っている描写があったので、友達作り目的での利用でも価値ありです。

Tinderを無料で使う

2:デメリット 相手がどんな目的・意図を持っているかわかりづらい

ペアーズやOmiaiなどの恋活マッチングアプリはそのほどんどが恋愛目的です。

一方でTinderはプロフィール見ても何目的かわからず、twitterやインスタのプロフィールを見ているのと同じ感覚です。

とりあえず写真が気になってマッチしてみたら、「今日会える?」「お酒好き?」なんてお誘いが多かったので、またか〜とそっとマッチ解除することも多々です。

使い方としてはとりあえず数通メッセージしてみて、あわないと思ったらマッチ解除してリムーブするくらいのゆるさでいいのかなと言う印象です。

>>他のマッチングアプリもみてみる

体験談:私が実際にマッチして出会った人

Tinderで私が出会った人

2ヶ月ほどゆるゆるとTinderを使ってきて、最終的に4人と会いました。

ちなみにマッチしたのは100人以上。このご時世のこともあり、きちんと交流を重ねて会いたいと思った人に厳選しています。

女性は二人とも交流が続いていて、社会人になってから新しい友達ができたことがなかった私としてはとても嬉しい出来事でした。Tinderやっててよかったー!

好きになれる人ができたらいいな〜くらいの気持ちで男性とも食事に行きましたが、恋愛にまでは発展していません。ただ、会話と食事を楽しめていい機会だったなと思えています。

会う前の段階でかなり吟味していたので、あって嫌な思いをしたことはありません。大体メッセージでわかりました。

ということで、私がTinderを使っていく中で気をつけていたポイントを解説していきます。

女性がTinderを快適に使うポイント

Tinderの口コミや評判を見ていると、ヤリモクが多い、既婚者が多いなどをよく目にします。これについては、運営の安全強化によって少しずつ減っているものの、正直いうとまだ見かけることが多く、自衛が必要不可欠です。

ということで、Tinderを使ってて嫌な気持ちにならないための自衛ポイントを3つ紹介します。

1:相手のプロフをチェックし、LIKEは吟味すべし

Tinderで不純な男性を見極めるポイント解説図

快適に楽しくやりとりしたいなら、マッチする相手はきちんと吟味した方がよかったです。

というのも、大体直感でLIKE・NOPEしていくのですが、マッチングして1〜2通の段階で違和感を感じ、改めてプロフを読んでみると見ると、「あれれ?」と思うことが書いてあって、すぐにマッチ解除することが何度もありました。

きちんと相手のプロフィール見て、自分の目的に合いそうかを判断してからマッチするだけで、随分と快適にやりとりができました。

2:失礼な人は気にせずマッチ解除しよう

とはいえ、それでも数通メッセージしてみてちょっと違うなって思ったり、プロフィールだけでは見極めきれないこともあります。そんな時は、問答無用でマッチ解除すればOKです。

マッチ解除しても相手のメッセージ欄から消えているだけなので、気まずい感じにはならないのでご安心を。

また、常識の範囲を超える場合は遠慮なく運営に報告をしてください。

解除の方法は以下の通り。簡単です。

Tinderでマッチ解除する方法

3:プロフィールで自分の意思を主張する

プロフィールにこんな人と出会うためにTinderやってるよ!こんな人はお断りだよと書いておくことをおすすめします。

Tinderはマッチ数が多く、男女ともに気軽な気持ちでLIKEをしている人が多いので、マッチングした後プロフィールを見てからがスタートです。

その段階で、自分と目的が合いそうだと思った人だけ連絡をくれるようにしておけば、フィルターがかかって無用なやりとりが減ります。

男性がTinderを快適に使うポイント

男性の場合、多くの人が抱える問題は、なかなかマッチできないことです。

そのため、まずはマッチングしやすくするためのポイントを抑えることが重要だと思います。

100人以上の男性とマッチしてお話ししてきた経験から、女性が好印象に思うポイントをまとめました。

1:プロフィールをきちんと書くこと

Tinderでパッっと表示されるのは1枚目の写真とのMAX5行のプロフィールです。ここの表示をこだわることで、マッチング率は高められます。

具体的には以下のようなポイントに気をつけると良いです。

  • 1行目に目的を書く
  • 好きなものや共通点になりそうなことを書く
  • 1枚目の写真は笑顔で
  • 女性が引いてしまう下ネタなどは書かない

よく見るプロフで無難だなと思うのはこんな感じです。

友達作り。メッセと電話で仲良くなって気が合えば飲み行こ。都内勤務/広告代理店/173cm/嫁・彼女なし。話したいトピックはアクション映画、辛いもの、音楽、ワイン。アマプラのおすすめ教えてください。

2:毎日しっかりLIKEを送る

Tinderでは誰が自分にLIKEしたかわからないので、とにかくLIKEをたくさんすることがマッチを増やす一番効果的な方法です。

くじを10枚ひくより1000枚引く方が当たる回数が増えるように、目的を達成できるまで毎日ひたすらLIKEしてください。

めんどくさい!と思ってしまう場合は、他のマッチングアプリが向いているかも。

3:1通目は丁寧に連絡しよう

無事にマッチできても、1通目のつかみがいまいちだと返信をもらえません。

やってしまいがちなイマイチな1通目は、「こんにちは」「マッチありがとう」など挨拶だけ。

こういわれると、「はいどうも」としか返しようがありませんので、必ず1つ質問をつけて連絡するのがおすすめです。

好印象だった1通目のメッセージ

写真素敵だね。よろしく!最近ハマってるものありますか?僕は〇〇です。
マッチありがとう!お仕事は何されてるんですか?自分は〇〇してます。
はじめまして。プロフの〇〇って具体的に何が好きですか?俺は××とかよく見ます。

1通目からちゃんと話題を提供してくれる人が好印象でした。

当たり前じゃない?と思いがちですが、100人くらいマッチした中でこうしてちゃんと話題を振ってくれるのって2〜3割だったので、ライバルとの差は付けられるはず。

相手のLIKEを見逃さないコツ

Tinder無課金でもLIKEしやすくするコツ

Tinder無料プランでは相手からきたLIKEを判断できません。ですが、そこそこの精度で相手からきたLIKEを判断する方法があります。

まず、検索条件を1km+年齢幅も1歳と条件を最小まで絞ってください。その中でプロフを見ていると、設定した検査条件から外れる人が表示されます。その人は自分へLIKEをしてくれた確率が高い人です。

確実にというわけではないので、判断材料の一つとしてこの技を活用してマッチ率を高めてみてください。

Tinderを無料で使う

Tinderでどんな人と出会える?

ここからはTinderについてもっと深掘りをしていきます。どんな人が多いのか、料金プラン、身バレしないの?などなど解説していきます。

利用者の目的は恋活と遊びが半々

Tinderは、さまざまな目的を持った人たちで溢れているマッチングアプリです。趣味友や遊び仲間を探す人もいれば、恋愛目的で真剣な出会いを求めている人もいます。

マッチングアプリ大学がTinder利用者72名にヒアリングした結果では、以下のような割合でした。

冒頭の評価でお伝えしたように、本気で恋人を探している人には向かないけれど、人脈を増やしたい人におすすめというのは、利用目的がさまざまだからです。

年齢層は18歳〜25歳が全体の50%

Tinderを利用している主な年齢層は、20代〜30代です。ただ全体の50%以上はいわゆるZ世代の18〜25歳。新しい友達を作ることで、自分の世界を広げていきたい感じている世代からの人気が高いです。

「若いうちに多くの出会いを経て、新たな考え方に触れてほしい」という運営側の想いもあることから、若い人たちからの支持が高いです。

実際、アプリを使ってみると30代後半あたりからスワイプ対象者が減っているような感じがあります。

30代以降は結婚前提の真面目な恋人探しをする割合が増え、そういった人はペアーズやOmiaiを選ぶことが多く、Tinderとうまく役割分担・住み分けができているようです。

>>30代におすすめのマッチングアプリ

サクラや身バレなどの安全性

Tinderを利用するとなると、「安全性は大丈夫?」という疑問が出ることも少なくありません。ここではTinderの安全性について解説していきます。

サクラはいない

先にお伝えしておくと、サクラはいません。サクラは主に以下のような人たちが該当し、Tinderには存在しないんですね。

CHECK
サクラとは?
  • 運営側に雇われている会員
  • 会員数を多く見せるためのアプリ要員
  • アプリユーザーに対して課金させようとする人

サクラというのは、アプリの運営側が用意した架空の会員です。会員数を多く見せたり、メッセージのやりとりをして課金へ促したりします。

Tinderは登録もメッセージ無料ですので、運営側がわざわざ人を雇っても全く利益にならないため、サクラはいません。

※サクラゼロに関しては、運営の方に確認したので確かな情報です。

ただしTinderから他アプリへ誘導する業者には要注意

サクラはいませんが、業者がTinderを利用し、他のサイトの営業や誘導をしているケースがあります。

特にTinderは、メッセージのやりとりも無料かつ、男女どちらともマッチングでき、会員数も多いです。他の有料アプリや婚活アプリよりも活動しやすい状況なのは事実です。

特に注意すべきなのは以下です。

CHECK
注意すべき項目
  • MLMなどのビジネス勧誘
  • 投資の勧誘
  • 外部サービスへの誘導

特にTinderでお金の話が出たときは要注意。Tinderでは24時間365日のパトロールをしていますので、怪しなと思ったら、すぐに運営に通報をしてください。

もし恋愛目的であれば結婚しているか確認を

現在、Tinderでは既婚者の登録を禁止にはしていません。

そのためか、プロフィールを見ているとごくまれに「既婚」と書かれている人もいます。

他の出会い系マッチングアプリの場合だと、『既婚者の利用は禁止』や『18歳以上の独身限定』と規約に書かれていることがほとんど。ただTinderは、さまざまな出会いを作ることができるアプリです。

恋愛目的で利用する人もいれば、友達作りや仕事のパートナー作りを目的として利用している人も少なくありません。

ただ、中には結婚していると伝えずに、恋愛を匂わせる人がいるかもしれません。もしあなたがTinderで出会った異性と二人きりで会う約束をする前は、必ず独身かどうか確認をしましょう。

海外の利用者もいるが、日本人ユーザーが過半数

まだTinderが日本であまり有名でなかった頃は、英語のプロフィールがとても多くありました。旅行にきた外国人が利用していることも多くあり、外国人と出会いやすいアプリと言われていました。

しかし、今現在は旅行の機会が減っていることや日本人の利用者が増えたことで、以前のように頻繁に英語のプロフィールが出てくることはありません。

もし海外の人とお話ししてみたいのであれば、出身国を指定できるペアーズやOmiaiの方が効率が良いかもしれません。

知り合いにバレる可能性もゼロではない

Tinderは基本的に近くにいる人のプロフィールを表示するため、他のアプリよりも生活圏内の知り合いに出会いやすい可能性があります。

Facebookアカウントで会員登録をした場合のみ、Facebook上の友達とのマッチングを防ぐ機能が備わっているので、Facebook上の友達にバレることはありません。

しかし、電話番号またはAppleアカウントにて会員登録をした場合は、友達同士のマッチングを防ぐ機能はありませんので、知り合いが表示される可能性は十分にあり得ます。

ただ、これはどのマッチングアプリでも同じことが言えます。

どうしてもバレたくない方は、有料プランの機能にはなりますが、年齢や位置を隠す機能を使ったり、顔写真をわかりにくくすると言った対応をおすすめします。

位置情報はどのくらい正確?バレる?

Tinderは自分がいる現在地から設定した距離にいるユーザーを表示します。最長で160km先までユーザーを探すことが可能です。

相手のプロフィールに記載されているkmは自分からの距離です。この距離がどのくらい正確かというと、1km=車で10〜15分くらいの範囲という感覚で、正確に半径1kmではありません。

実際に自分から1kmと表示されている人とマッチングをすると、同じ区・隣の区くらいの距離感でした。特定されてしまわないように、詳しい個人情報は伝えないようにしましょう。

Tinderの登録〜交流方法・基本の使い方

Tinderを利用しようと思っても、「どうやって使えばいいの?」と感じる人も少なくありません。そこでここでは、Tinderの使い方に関する疑問に回答していきます。

登録は簡単?

Tinderの登録は簡単です。以下のどれか1つの方法を選んで登録をしていけば、すぐに利用することができます。

CHECK
Tinderの登録方法
  • Facebookアカウントでの登録
  • 電話番号での登録
  • Appleアカウントでの登録

FacebookもしくはAppleのアカウント情報にて登録した場合、既存のデータに加えて電話番号の入力を求められます。その後に電話番号を入力して認証コードを入力すれば、アプリの登録が完了です。

電話番号にて登録をするなら、電話番号を入力して認証コードを入力するだけで登録ができます。どの方法を選んでも途中でエラーが起きない限り、作業時間は2〜3分で完了です。

使い方は?

Tinderの使い方は、至ってシンプルです。次々と表示されるプロフィールをみて、話したいと思ったら「LIKE」(右にスワイプ)、興味がなければ「NOPE」(左スワイプ)を選択。

お相手も自分をLIKEしてくれれば、見事マッチング成立となり、チャットができるようになります。

男性も女性もマッチング成立もチャットも全て無料です

公式のyoutube動画を見ると基本的な使い方が3分でまとまっています。

どうやって仲良くなるの?

Tinderにてマッチングした人と仲良くなりたいなら、送るメッセージは気をつけなくてはいけません。最初のメッセージが失敗してしまうと、スルーされてしまうこともあるので注意が必要です。

まず最初の文章は、相手のプロフィールを見たことを伝えていきましょう。自分に興味を持って悪い気がする人は少ないので、どんなところを見て「LIKE」を送ったのか書いていきます。

そして後は相手のことを褒めながら、会話を進めていきましょう。褒めることで返信率は上がっていき、少しずつ関係性が深くなっていきます。

焦って仲良くなろうとするのではなく、ジワジワと心を開いていくのが仲良くなるためのコツですね。

スマホアプリでしか使えない?

TinderはiPhone、Androidの他に、PCにて使用することができます。IDを連携させれば、3つともでデータを共有することも可能です。

またスマホアプリでTinderを利用するメリットは、手軽にどこでも利用できると点になります。ただし、料金プランがWeb版より高めに設定されているというのもデメリットの1つ。

逆にPCにてTinderを利用すれば、アプリのダウンロードをしなくてすみます。しかしどんな場所でも気軽に利用できるスマホとは違って、気軽に利用できないというデメリットがPCにはあるんですね。

どちらを選んでも使い勝手は変わりませんが、課金してアプリを使う予定ならWeb版の方が安いのでおすすめです。

さらに細かい使い方については別の記事で解説しています。

>>Tinderの使い方詳細

Tinderの情報まとめ

最後にここまでまとめてきた情報をおさらいします。

アプリを使ってみたい人は、下記からアプリストアへアクセスし無料ダウンロードしてください。

>>iPhoneはこちら
>>Androidはこちら

■料金について

Tinderの料金は男女ともに基本無料です。もっと効率的に出会いたい人に向けての月額有料プランの詳細はこちら。

■どんな人と出会える?

年齢層は18歳〜25歳が多く、友達、恋人、遊び、暇つぶしと目的はさまざまです。

友達や新しい人との出会いが欲しい人に向いているアプリです。逆に、真剣に恋愛したい人は恋活専用アプリをおすすめしています。

■どういう風に出会う?

年齢・自分からの距離・性別の3つの項目から条件を設定し、出てくるプロフィールを「LIKE(話したい)」「NOPE(スルー)」に振り分けていきます。

お互いに「LIKE」を付けた場合にマッチング成立で二人でメッセージができるようになります。

■安全対策は?

以下のような対策があります。

・18歳未満の利用を禁止するため、年齢確認を実施
・マッチをすぐに解除・ブロックできる機能
・運営への通報機能
・禁止事項や注意するポイントなどがアプリ内で読める

■おすすめ?使った方がいい?

無料で利用することのデメリットはほとんどないので、迷ったなら使ってみて!

Tinderってこんな感じなんだ〜と体感するだけなら、30分もあれば十分。そのまま使い続けるかはその時に決めれば良いので、もし迷っているならば体験してみることをおすすめします。

>>Tinderを使ってみる

公式アカウントをフォロー

マッチングアプリ大学公式ツイッターマッチングアプリ大学公式フェイスブック