モテるプロフィールのコツ!写真例や書き方

マッチングアプリでモテるプロフィールの作り方

ここでは女性にウケる男性プロフィールの作り方について説明していきます。

マッチングアプリは数知れずありますが、どのアプリも大体プロフィールで作成する項目はこの3つです。

  • ①プロフィール写真
  • ②自己紹介文
  • ③詳細プロフィール

3つの中で最も重要な...、いやプロフィールの枠を超え、マッチングアプリにおいてもっとも重要なもの....

それは「①プロフィール写真」です!!!!

ぶっちゃけ、ここさえしっかりと押さえておけば他は適当でも出会えてしまうのです。(マッチングアプリがうまくいかない人は99%プロフィール写真が悪いのが原因です)

なので、モテるプロフィールを作るためには

よい写真を撮る!

これだけに全力を注いでください。

いいねが集まるメイン写真&サブ写真(画像つき)

マッチングアプリ 良い写真の例

では一体どんな写真をとればいいのか!?

ということですが、プロフ画像というと、ほぼすべてのマッチングアプリが

  • メイン写真 →1枚
  • サブ写真 → 3枚~8枚

という構成になっています。

では実際にそれぞれ何を載せればいいのか説明していきます。

メイン写真は、胸から上&横顔で撮れ!

男性写真限らず女性写真にも言えますが、まず、超超超重要なのはメイン写真。

ここは絶対に顔写真を載せてください。

顔が見える写真を載せるのは今や当たり前になっていて、顔写真なしでは「いいね!」ももらえないし、マッチングしないし、絶対に出会えません。

メッセージで会う前に写真交換するっていう手もありますが、昔と違い、今の時代はそもそもマッチングすらしないので何かしらの顔写真は載せないとダメです。

で、どんな種類の写真にするのかの条件はこちら↓

マッチングアプリ メイン写真

①胸から上で写っている
②横顔で写っている
③1人で写っている

①胸から上が写っている

アップ過ぎず、引きすぎず、その人の雰囲気が一番わかるちょうどいいバランスなのが胸から上の写真です。

アップ過ぎると顔のインパクトのみの、顔面勝負になるため、イケメン以外は分が悪くなります。

逆に、全身写真だと雰囲気は伝わりますが、男性一覧などで他の男性の中に紛れると顔がよくみえなくなってしまいます。

②横顔で写っている

横顔といっても、真横ではなく、正面との中間の斜め前向きがベストです。

単純にブサイクでもごまかしがきく角度がこれです。

是非試してください!

③1人で写っている

これも①と同様、複数人で写ってしまうと、男性一覧などで他の男性の中に紛れるとわからなくなってしまうのが理由です。

ぱっと見た時に一瞬で印象づけられなくなるのはメイン写真には向きません。友達と映っている写真などはサブ写真に使いましょう。

サブ写真は全身写真や趣味の写真

さて、サブ写真ですがこれは必要以上にたくさんアップする必要はありませんが、効果的なサブ写真の例を紹介しておきます。

マッチングアプリ サブ写真

①全身の写真
②趣味の写真(旅行や食べ物など)
③友達と写っている写真

ここで注意して欲しいのが、

サブ写真は無理にアップしなくてもいい

ということです。

次で詳しく解説しますが、簡単に言うと、そうでもない写真は印象を下げるので、アップしないほうがマシということです。

ここを踏まえながら、サブ写真のパターンについて説明していきます。

①全身の写真

男性は見た目重視ですが、女性は、その人自身の雰囲気を重視します。

なので、自分の雰囲気をできるだけ伝えるために、全身写真は効果的です。

特に、顔には自信がなくても、「背が高い」「スタイルがいい」「マッチョ」「おしゃれ」な人達は全身写真を載せてアピールが効果的です。

②趣味の写真(旅行や食べ物など)

これは女性に親近感を持ってもらうのに効果的です。

おすすめなのは旅行に行った時の風景写真とかおいしい食べ物の写真です。

女性が同じように旅行好きだったり、食べるのが好きだったりすると、メッセージの時の話題にも使えるので。

③友達と写っている写真

これは自分の人となりを伝えるのに効果的です。

マッチングアプリの出会いでのちのちネックになっていくのが、「その人の交友関係がわからず信頼しにくい」という部分になります。

それを少しでも解消するために、自分の交友関係を伝えることにより女性に安心感を与えましょう。

サブ写真は不要!?1枚の写真でも出会える理由

さて、メイン写真サブ写真で載せるといい写真を紹介しましたが、「そんなにたくさん写真載せるのしんどいよ!!」という人が大半だと思います。でも安心してください。そういう人はサブ写真を載せる必要はありません。

その理由として、さっきも書きましたが、良い写真でない写真を載せると女性から減点されるからです。

人はメイン写真でその人に惹きつけられ、サブ写真であらを探します。

せっかく良いメイン写真で目を引いているのに、サブ写真で幻滅させている可能性が高い、ということになります。

こういった感じで、実は一生懸命写真をアップしているにもかかわらず損をしている人はかなりたくさんいるのです。

なので、自信がなければサブ写真を無理に上げる必要はありません。

とにかく、最初は

【1枚でいいのでメイン写真用の素敵な写真を撮る】

これに全力をかけてください。これで十分出会えますので。

NG写真の特徴はコレ

マッチングアプリ 悪い写真の例

最後にありがちなNG写真の例を挙げておきます。

①自撮り写真
②SNOWなどの加工アプリ
③証明写真

「証明写真とかwww、のせねーよ!」

ってて思うかもしれませんが、いるんですよ載せている人(笑)

自撮り、SNOWも同様で、他人から見るとありえないことを不思議とやってしまうものなのです。

1つ1つNGな理由を見ていきましょう。

①自撮り写真

マッチングアプリ 自撮り

「普段、写真なんかとらないからなぁー」
「恋活アプリやるのに人に写真撮ってもらうなんてはずかしい」
「今すぐとれるし!」

そんな気持ちから自撮り写真を載せる男性が後を絶ちません。

しかし!

どんなにきれいに撮れていても、盛れていても、男の自撮り写真はキモいです。

よっぽどのイケメン以外は自撮りは絶対に避けましょう。

気持ちはよーくわかりますが、お金をかけてプロに撮ってもらってもいいくらい写真の効果は絶大です。

騙されたと思って労力をかけてみてください。

②SNOWなどの加工アプリ

マッチングアプリ SNOW

マッチングアプリで最近は減ってきましたが、まだまだSNOWなどで加工して写真を載せている男性はいます。

勘違いしてはいけないのは、仲の良い人が見ると可愛いかったり愛着の持てるものでも、赤の他人が見ると、サムくて気持ち悪いものになるっていうところです。

仲のいい人同士で見せ合ったりするものを、同じ感覚で他人に見せてはいけないのです。

単純に実際の顔がわからないっていうのもありますが、仮に他の写真で顔がわかるものを載せていたとしても、マイナス印象しか与えないのでやめましょう。

③証明写真

マッチングアプリ 証明写真

これはなかなかいないと思いきやいます(笑)

特にまじめでおとなしい30代以降の方に多い印象。

証明写真は顔が正面から写っていることになりますので、完全に顔の作り勝負になってしまい、よっぽどのイケメン以外は、良い印象を与えにくいです。

運転免許がいい例。(みんな犯罪者みたいに写っている)

3分で終わる自己紹介文の書き方

さて、写真の次は自己紹介文です。

自己紹介文は重要に思われていますが、うんうん唸って労力をかけ書く必要はありません

ペアーズwithにあるプロフィール例文を使を使って3分もあれば済ませることができます。

3分で終わる自己紹介文の書き方

これの欠点は「他の人とかぶりやすい」ってところですが、

  • ペアーズを使っている → withで作成したものを載せる
  • withを使っている → ペアーズで作成したものを載せる

これをすれば、かぶる確率を下げることができます。

上記以外のアプリを使用している場合は、ペアーズとwithを無料ダウンロードして自己紹介文の作成だけしてしまえばいいです。

>>ペアーズはこちら

>>withはこちら

無難が一番。好かれるより嫌われないこと

ペアーズなどの例文を使ったものは確かに他の人とかぶりやすいですが、「無難である」というメリットもあります。

プラスはないけどマイナスもないってことです。

たまに他の男性と差別化するために、面白さをアピールしようと変なキャラを演じて書いていたり、奇抜な文章を書く人がいますが、はっきり言ってさむいです

悪い印象を与える確率が高い割に、その文章によい印象をもつ女性はとても少ないです。

差別化するなら写真でしましょう

仮に写真が良くても、自己紹介文の印象が悪いために、マッチングしなくなってしまったり、足を引っ張る原因にもなります。

なので、自己紹介文に関しては、いいアピールをして好印象を与えるよりも「マイナスな印象をあたえない」ってことに注意します。
順番として、写真を見ていいと思うから自己紹介文を見ます。

「写真いいな~気になるな~」って状態なわけなので、【この人で大丈夫か?】を見られているわけです。
マイナスな印象をあたえないってことがいかに重要か分かってもらえると思います。

女性にとって印象的なキーワードを入れていく

可愛い女性にほど自己紹介文を熟読されることはありません
なぜなら彼女たちはたくさんの男性からアピールを受けているため、1人1人のことを詳細に覚えている暇などないからです。
なので、さらっと読まれても心に残るような印象的なキーワードを入れていくのが有効となります。

心に残るキーワードって何!?

って話ですが、これは

女性が興味のある確率の高いキーワードです

例えば、

・よく言われる芸能人ならその名前
・旅行→国の名前、地名、場所の名前
・映画→女性が見てそうな有名な映画の名前
・グルメ→料理の名前
・仕事→経営、独立、医者、弁護士
・住んでる場所→港区、横浜など

どれが正解とかはなく、女性が興味があったり、自分と共通しているものが印象に残ります

例えば医者だったら「医者の人」と頭に残ります。
出会う前の印象なんて、そのくらいでいいのです。

へんにいろいろアピールして、「こだわりが強い人」とか「この人合わないかも」と思われないことの方がよっぽど重要です。

無難で行きましょう。

くどいようですが、【差別化するなら写真で】です!

詳細プロフィールで身長や年収の嘘、盛るのはあり?

マッチングアプリ 詳細プロフィール

最後は詳細プロフィールです。

この部分は選択式なので、写真や自己紹介文に比べるととっても簡単です。

しかし、

「俺、年収めっちゃ低いけど...」
「低身長がコンプレックスなんだ...」
「離婚しているも負い目だなぁ...」

これらを正直に記載することを戸惑う人がいると思います。

ここで

一番やってはいけないのは空欄にすること

です。

詳細プロフィールは、会話や文章のように「嘘をつくわけではないけれど言わない」という選択ができません。

なので、言いにくい部分を空欄にしがちですが、これは絶対にやめてください。

年収が低いのも、身長が低いのも、あなたがコンプレックスに思っているだけで、必ずしも女性がその数字をNGにするとは限らないし、逆に空欄にしていると、「気になるけど分からない」という状態になり、人間はよく分からないものは排除する行動をとります

ようはマッチングしないということです。
なので、道徳的にどうかはおいて「出会える」という意味では嘘を書いたほうがまだましです。(嘘をつく際は自己責任で!)

多少盛るのくらいにして、きちんと書いておくのがいいと思います。

では、注意すべき項目をピックアップして説明します。

年収は正直に書くほうがいい

年収は女性が一番見ている項目なので、少しでも盛りたいところですが、ここは正直に書くことをお勧めします。

理由としては、年収と自分のレベルが一致しないと、いいことはないからです。

例を出すと、年収が高いのに自己紹介文やメッセージ内容や会話内容がしょぼい場合、女性はその人を「胡散臭い」と感じるようになります。

女性はそういうギャップにとても敏感ですから、嘘がバレなくても必ず不信感を持たれます。

なので、自分のレベルにあった現実の年収を書くのが身のためなのです。

身長は2~3cmなら盛れ!

男性の身長にこだわりをもっている女性は意外と多いです。

175cm以上でフィルターをかけている女性とかいますからね。(日本人そんなに背高くないわ!って感じですが...)

これはやっている人は多いと思いますが、身長なら多少盛っても大丈夫です。

163cmの人が165cmと書くとか。

でもせいぜい3cmくらいまでにしましょう。

それ以上偽ると、実際に会ったときに「思ってたよりだいぶ背が小さいな」と思われます。

これは、いろんな女性に話を聞いていますが、そういうとき女性のテンションはだいぶ下がるので、デートに悪影響がでます。

ほどほどにしましょう。

良いつぶやきとNGつぶやき

マッチングアプリ つぶやき

意外に重要なひとことづぶやきについて説明します。(有名な大手のアプリだとペアーズとwithなどにある機能です)

僕はこの部分を自己紹介文よりも重要だと思っています。

なぜなら、この部分は

写真と一緒に必ず読まれる部分だから

です。

しかし、あくまで写真が素敵ではじめて生きてくるのがつぶやきです。自分の写真がイマイチだと思う人は写真の部分を読み返してみてください。

いいねが集まるつぶやき4パターン

では、いいねが集まりやすいつぶやきから紹介します!

重要なのは「女性の興味をひけて印象に残る」というところです。それを踏まえながら見てみてください!

真剣に出会いを探してる

マッチングアプリ つぶやき1

これは直球ですがよいです。

女性は既婚者やヤリモクなどをやっぱり不安に思っていますから、

まじめに出会いを探していることをアピールすると印象は上がります。

アピールだけでなく、同じく恋人を真剣に探している女性に反応してもらいやすい、というところもポイントです。

マッチングアプリ つぶやき2

「結婚つながる出会いを探しています」とかだと、重いよ....

と思う人もいるかもしれませんが、婚活目的の女性にピンポイントで刺さります!

対象の人数は減りますが、自分に合った人を見つけやすくなっているのでOKかつ、恋活・婚活に対しての熱量が高い女性が反応しやすい言葉なので、女性からいいね!ももらいやすくなります。

趣味がわかる

マッチングアプリ つぶやき3

マッチングアプリ つぶやき4

マッチングアプリ つぶやき5

「旅行とおいしいご飯が好きです!」「カメラが趣味です」などの趣味がわかるものも、同じ趣味の女性の目につくのでおすすめです。

メッセージでも話題にしやすくなりますし、「カメラの人」など印象を持ってもらいやすくなります。

マッチングアプリはたくさんの異性を見るので、自分を印象付けるのはとても大事です。

その人の特徴が一目でわかる

マッチングアプリ つぶやき6

「脚本を書いてます」など他の人にはない自分の特徴を書くのもいいです。

趣味と同じくこちらも自分を印象付けるという意味で効果を発揮します。上記の場合「脚本家かぁ」とすぐにわかるし、珍しいし、かっこよさそうなので印象にも残ります。

しかし、「サラリーマンです」などの、世間一般的に見て珍しくない部分を書いても意味がないので注意です。

別のパターンでいうと、「○○に似ていると言われます」など似ている芸能人を挙げるとかでも大丈夫です。

ただし、その場合は自称ではなく、他人に言われると書きましょう。嫌な感じになるので(笑)

素敵だなと思う人に足跡つけています

マッチングアプリ つぶやき7

これはちょっと今までとは違い、使い方が重要になってくるつぶやきです。

目的はいいね!をもらうことで、ただ載せるだけでは意味がなく、実際に足跡をつけなければいけません。

ゲスですが、こんなふうにつぶやきながらも、手当たり次第に足跡をつけていくのがポイントです(笑)

女性が足跡履歴を見て、このつぶやきを見て、いいね!してくれるのを狙います。

地味な戦法ですが、よい写真を載せいていれば非常に効果を発揮します。

印象を下げるNGつぶやき

次は書いてはいけないつぶやきです!

男性会員の一覧を女性スタッフに見せてもらうと、ほとんどの人がNGつぶやきをしているので、ここは絶対に避けていきましょう。

ただのあいさつ

マッチングアプリ つぶやき8

マッチングアプリ つぶやき9

ほぼ、未編集のつぶやきです。

全く印象に残らないので、たしかにNGなのですが、変にマイナス印象をあたえるよりはずっといいです。

つぶやきが思いつかない人はむしろこれでもいいかもしれません。

ネガティブ系

マッチングアプリ つぶやき10

マッチングアプリ つぶやき11

マッチングアプリ つぶやき12

やりがちなのが「仕事が忙しい」ネガティブな印象を与えてしまっているつぶやきです。

自分は仕事バリバリやってます!とポジティブに書いているつもりが、相手からすると忙しくて会えなさそう、メッセージ返信遅そうなど、メリットが全くないネガティブな部分になっているわけです。

逆に自分が言われたらどう思うか?というところを考えて書く必要があります。

謎の近況報告

マッチングアプリ つぶやき13

マッチングアプリ つぶやき14

マッチングアプリ つぶやき15

これもかなりやっている人います。ツイッターなどのノリがあるのかもしれませんが、女性はありですけど、男性の近況報告に興味のある人はいません(笑)

僕らは芸能人ではありませんから、存在や近況だけで相手の興味を引くことはできません。

「相手に何があたえられるか?」を伝えるためのつぶやきを書く意識を持ちましょう。

上から目線

マッチングアプリ つぶやき16

マッチングアプリ つぶやき17

マッチングアプリ つぶやき18

これはモテまくる女性が言うのはわかりますが、男性がいうとマジで嫌な感じになります(笑)

「気軽にいいね!してください」などはまだいいですが、それなら「いいね!してくれた人には必ず返信します」くらい異性を敬う気持ちが重要です。

まとめ

いろんな例を挙げてきましたが、良いつぶやきのまとめるとこんな感じです。

  • 自分の特徴が一目でわかるつぶやき
  • 女性が見て、共通点を感じるつぶやき

でも、あくまで良いつぶやきを書くよりも、NGなつぶやきをしないっていうのが重要です。

繰り返しになりますが、結局は良い写真を載せることが第一で、つぶやきもあくまで写真をアシストする役目になるので。

この記事を書いた人
ダニエル

アラフォーで無謀にも20代女性を狙っている。スレンダーで可愛い子が第一希望。とにかく出会いたい派で色々な出会いを研究中。