Omiaiでいいね数600超え!人気男性とマッチング&デートした話【実録!Omiaiで出会ったハイスペ男6】

Omiaiでいいね数600超え!人気男性とマッチング&デート

マッチングアプリ大学 ゆゆこ

こんにちは。自称アラサーモテOLのゆゆこです。イケメン&ハイスペック男子を見つけようと日々Omiaiで探索中!

このシリーズでは、私ゆゆこがOmiaiでデートしてきた男たちのレポートをまとめています。

ゆゆこがマッチングしたハイスぺ男性一覧

※今回は、⑥の人気者さんの記事です。

これまでは、いわゆる「ハイスペ」「ハイステ」系男子が多かったんですが、今回は純粋に「いいね」が多い人気男性を狙い撃ち。いいね600越え男子とマッチングした体験談です。

>>Omiaiの詳細情報はこちら

いいね600越え「人気者」は本当にモテる男なのか~?の巻

オシャレなメガネ男子のイメージ

いいね600越え「人気さん」のスペックは以下の通りです。

  • 32歳、167cm、体型はふつう
  • 大手メーカー勤務(営業・企画職)
  • 婚姻歴無し、年収は500~800万円
  • 一人暮らし
  • お酒飲む・タバコ吸わない
  • 趣味は買い物・カフェ開拓・映画鑑賞・ジム・散歩など。
  • いいね!数600超え

眼鏡で適度にオシャレな今時のアラサー男性といった風貌。

笑顔が素敵で、確かに良い人そうなんですが、ものすごいイケメンというわけでも、高収入というわけでもなく、プロフィールを見る限りわりと普通。あえて雰囲気を例えるとすれば、おぎやはぎの矢作兼さん

にも関わらず、女性から貰ったいいねが600を超えていたので、何かものすごいものを秘めているのかも?ということでマッチングしてみました。彼のことは人気者さんと呼ぶことにしましょう。

やりとりも至って普通

人気者さん「はじめまして。〇〇と申します。とても笑顔が素敵だったので、マッチングできて嬉しいです!良かったら仲良くしてください。」

ゆゆこ「はじめまして。ゆゆこと申します。〇〇さんのいいねの数がすごかったので、ちょっとビビッてしまいました笑 私でよければ宜しくお願いします!」

早速、彼の多すぎるいいねの数についてつっこんでみました。これには何かわけがあるのでしょうか?

人気者さん「いやいや、業者とかではありませんよ!僕自身もどうしてこんなに貰えているのか謎なんです!至って普通のサラリーマンですよ。

ご本人もなぜここまで支持されているのか自覚がない様子でした。まぁ、業者ではなさそうだしいい人そうだし、とりあえずやり取りを続けてみることにしました。

ゆゆこ「お仕事は何をされているんですか?」

人気者さん「メーカーで営業や企画をしています。ここ最近は内勤が多いですね。数回転勤もあったんですけど、今はもう本社で落ち着いてる感じです」

その後もお仕事の話や、休日の過ごし方などの無難な話題を一通りこなしました。それでもまだ、彼の人気の秘密はわかりません。

つまり、いたって普通ということ。

会ってみないことにはわからないので、とりあえず近場で食事をする約束をしました。

人気者さんとご対面

金曜の夜に会う約束をして、いざ待ち合わせ。私がお肉を食べたい!というリクエストをしていたので、繁華街の中にあるオシャレな雰囲気の肉バルを予約してくださいました。

人気者さん「はじめまして!今日はわざわざ遠くまで来ていただいて、ありがとうございます。」

人気者さんは私より2歳年上ですが、年齢よりもずっと若く見えました。オシャレ眼鏡に白シャツ、デニムのファッションで、写真の印象通りさわやかな雰囲気。多くの女性には、これくらい無難にまとまったファッションが最も受けるのだと思います。

ちなみに私の場合は、スキンヘッドに髭、片耳ピアス、全身真っ黒の洋服にドクロアイテムという、どぎつい風貌の元カレの横を平気で歩いていたので、個性的な人でも全然OKなんですけどね。

ゆゆこ「はじめまして!こちらこそお店の予約ありがとうございます。お肉楽しみです!」

人気者さん「そうですね!いきましょうか。」

お洒落な雰囲気の店内は、金曜の夜だったのでかなり賑わっていました。予約無しであればきっと待つことになっていたでしょう。好き嫌いや食べたいものを事前に聞いてくださり、お店選びから予約まで全てしてくださったので、そこは男性としてのスマートさが垣間見えるところですね。

ゆゆこ「〇〇さんはいつから彼女がいないんですか?」

人気者さん「まだ2か月前くらいですね。前もアプリで知り合った女の子で1年半ぐらい続いたんですけど、ダラダラ付き合ってたのが良くなかったんでしょうね。最後らへんなんて、1か月くらい会わないなんてのもザラでしたから」

ゆゆこ「やはりタイミングって大事なんでしょうね。私たち世代の女性は特に、結婚を意識している方がほとんどでしょうし」

人気者さん「そうでしょうねー。結局グダグダになったので別れて、またアプリを再開したわけです」

ゆゆこ「ということは、アプリを再開してまだ2か月くらいってことですか?それであんなにたくさんいいねを貰えるなんてすごいですね~

やはり、最も気になる点を確かめられずにはいられませんでした。今日、人気者さんとお会いした一番の目的といっても過言ではありませんから。

人気者さん「いやぁ、アプリを使う前に結構色々と調べましたからね~。男性のプロフィールってどんな感じなんですか?画面見せてくださいよ~!」

いいねコレクター疑惑

ここから人気者さんに謎のスイッチが入ったのか、マッチングアプリ攻略法の話題に。

どのようなプロフィールにすると女性ウケが良くて、いいねが貰いやすいかということを、彼は相当研究しているようでした。

人気者さん「男の自撮りって嫌でしょう?今まで引いた男性の写真ってありましたか?」

ゆゆこ「そうですね、暗い部屋で真顔の自撮りは結構コワイですね。あと男性でもSNOWとかスタンプで顔の一部隠したりとか、そういう小細工しているとちょっと気持ち悪いって思っちゃいますね」

人気者さん「やっぱりそうですよね。女性は自撮りでも全然ありだけど、男性はそもそも撮り方へたくそだし。自然な感じで写っている写真を選びましたね。あ、多少全体的に明るくするぐらいの加工はしましたよ!」

たしかに、人気者さんの写真はどれも自然な笑顔が素敵な写真でした。あれは意図的に選んでいたということか。

人気者さん「写真やプロフィールを変えると検索の上位に表示されるんですよ。だから、僕もちょくちょく変更してるんです」

いいねを集めるために、マメに努力をされているようです。

人気者さん「いいねを貰わないと何も始まりませんからね。女性ならベタですが水着が断然、効果的だと思いますよ!ゆゆこさんも水着載せましょうよ!

なぜか私もいいね集めを推奨されました。この時の私はお酒が入っていたので完全に思考が停止しており、促されるがまま水着の写真を載せる羽目に。やはり彼の言う通り、次々といいねの通知がやってきます。

人気者さん「ほら!ゆゆこさん、すごいでしょ?結局男なんて単純なもので、女性を選ぶ基準は写真が9割ですよ。自己紹介文なんて見てるようで実はほとんど見てないんです。

かなり饒舌に語る人気者さん。正直、私はそこまでしていいね集めをしたいとも思わないし、水着に寄ってくるような男なんてロクな奴がいないに違いありません。

初めは真面目で優しい印象でしたが、実はかなり計算高いということが分かりました。私以外にも、たくさんの女性を物色中といったところでしょう。

多くの選択肢の中から女性を選びたいのか、ゲーム感覚なのか、はたまた承認欲求を満たしたいだけなのか・・・彼がいいね集めをする本当の理由は謎です。いずれにしても、こんなに手の内を明かされて恋愛に発展するわけはないですよね。

きっと、私は脈無しだったのでしょう。

もう早く帰りたかったので、酔って眠くなったと言って切り上げました。その後お礼のLINEは送りましたが、もうお会いすることはないでしょう。

というわけで、人気者さんとはここまでです。

人気者さんのまとめ

  • 平凡なスペックでもテクニック次第でいいねはたくさん貰える。
  • つまり、いいねが多いからといってハイスぺイケメンとも限らない。
  • 男で計算高い人はあまり信用できない。

いいねが多いと「すごい人気あるんだな」って思うし、人気があるってことは「イケメンじゃなくても、高収入じゃなくても、とっても人柄とかいいのかも」と勝手に想像しちゃいます。でも・・・

いいねが多いからって素敵な人とは限りません。この人気さんもそうでしたけど、マッチングアプリって本気で攻略法を練り始めると、けっこう結果が伴ってくるわけです。中には(たぶん、この人気者さんも!)、いいねが増えることだけに快感を感じている人もいるっぽい。

それって貯金が大好きで通帳見て、お金が増えているのを確認するとニンマリするのと似てない?(笑)

ま、つまり、いいね数だけで相手を判断しちゃダメだよってことが今回の教訓です。本当に彼氏が欲しいならば、いいねの数にダマされず、相手を見極めることが大事!ってよーくわかりました。

次はシャレオツ~な、美容関係の講師さんが登場しまーす!

>>次の話:美容関係の講師編

↓↓婚活サイト&アプリを徹底比較した究極のおすすめランキング↓↓

婚活サイト&アプリを徹底比較した究極のおすすめランキング

公式アカウントをフォロー

マッチングアプリ大学公式ツイッターマッチングアプリ大学公式フェイスブック

この記事を書いた人

ゆゆこ

自称モテるOL。アラサー。イケメンが好き、でも私を甘やかしてくれるイケメンはもっと好き♪