マッチングアプリの人気ランカーが教える、プロフィール作成術!

マッチングアプリ全国ランキング上位2%に入る僕がプロフィールの作り方を教えます

恋愛コンサルタント 内田

こんにちは。アラサー恋愛コンサルタントの内田です。

今回から、全3回に分けて、マッチングアプリの攻略法について解説をしていきます。

恋愛コンサルタント内田のマッチングアプリの攻略法

第1回目は、マッチングアプリでの写真のとり方や、プロフィールの作り方についてです。

マッチングアプリに登録して色々と模索してやってみたけど、全然結果でない!

いいね!が全くもらえずに会話にもならない。

そもそも会えるなんてことあるの?全然イメージがつかない!

ちゃんと写真も用意してプロフィールも作り込んで、紹介文も書いたのに、結果が出ない!

なんでなのか全然わからない!

という方に向けて、今回は、マッチングアプリの基本である、写真とプロフィールの作り方について、全国ランキング上位2.3%にランクインしている僕が説明をしていきます。

写真のとり方について

マッチングアプリでモテるにはプロフィール写真の撮り方が重要!

マッチングアプリの基本中の基本である写真について、これから細かく解説をしていきます。

これまで、あなたが知らなかったことや、え!?ってことが多いかもしれませんが、先入観を持たずに、素直に読んでいただければ結果も自然と出てきます。

実際、僕は結果が出ない人をこれまで、何十人と見て指導をしてきましたが、多くに共通するのは写真に問題がある方ばかりでした。

僕が本気で取り組んで、研究してたどりついた、写真の撮り方についてみっちりと書きましたので、何度も繰り返し読んで自分のモノにしてください。

それでは、早速みていきましょう。

マッチングアプリでは写真が9割

マッチングアプリで出会うには写真の力が9割りだと悲しい事実

悲しいお話をいきなりしますが、マッチングアプリでは、写真が9割ということをお伝えします。

プロフィールとか、年収とか、年齢とか、職業とか、身長とか、そんなものよりも、1番最初に女の子が見るものは写真です。

僕は、これまでマッチングアプリのコンサル指導だったり、自分でもめちゃくちゃにマッチングアプリをやり込みました。

極めるレベルまで極めたくて、女性ユーザーで登録して人気会員の男性を調べまくった位の気合です。

そもそもいいね沢山もらってる男性のプロフってどうなってんだろ?どういう構成にしているんだろう?という部分から徹底して研究しました。

そして、複数のマッチングアプリサイトでそれぞれ、だいたい、100人以上は見て分析しました。

それくらい分析してみてわかったのは、いいねを沢山もらっている男性は、みんなプロフの写真の撮り方が上手ということです。

たとえば、僕は、カメラマンもやっているので自分の写真は何枚も持っています(アシスタントに撮影してもらっています)。

そのときの1枚が、これ。

3日で彼女を作れる恋愛コンサルタントがマッチングアプリで使っている雰囲気イケメン風な写真

※アプリ上ではモザイクなしです。

今、あなたがプロフィールに設定している写真と、僕のこの写真を見比べたときに、あなたが女の子ならどちらを選びますか?

写真はなんのためにある?

マッチングアプリでの写真の意義とは?

そもそもプロフィールの写真ってなんのためにあるのでしょうか。

よく恋愛コラムとかに記載されている、男性はやっぱり内面が大事!みたいな内容を僕は目にすること多いです。

そして、モテない人ほど、これをバカ正直に信じることが多いです。

その昔の非モテ男だった頃の僕がまさにそうでした。

普通に考えてみてください。

女性が内面だけを見るなら、マッチングアプリでプロフィールに写真を設定する項目なんて、いりません。

女の子って、あなたが思っている以上に臆病な生き物です。

合コンや学校とか、職場とか取引先とか、飲み会とか、そういう場面でちょろっとだけ見かけた人と、一度も直接会ったことがない人だと、今いるステージが全然違います。

声も聞いたことない、外見も見たこと無い人と、メッセージして、会ってみてください!

って言われて、OKです!ってできますか?

女の子は身体能力的に男性に劣るので、顔もわからない人と実際に会ったら、キモくて、でも強引に腕を掴まれて…こんな事が起きたらどうしようと心配になります。

だからこそ目指すべきなのは、そういえば飲み会であんな人いたなー!とかそういう感じの温度感が、相手に伝わるということです。

ほんのちょっとの興味と、不安な気持ちの解消をしてもらうために、写真が存在しています。

雰囲気が伝わることが大事

マッチングアプリでの雰囲気の伝え方

写真の大切さはよくわかったけど、でも自分はルックスに自信ないです。。。。

という方が大半でしょう。僕もそうでした。

でもね、なにも正面からの写真をバッチリ撮る必要なんてないのです。

それよりも、あなた自身の全体の雰囲気が分かるような写真を撮ってください。

例えば、こんな感じ。

シルエットで伝える雰囲気イケメン

これは、僕の雰囲気を伝えるための写真です。

こんな感じのスタイルで、こんな感じの服装で、こんな感じの街に出かける人なんだ!

ということが伝わるのが何よりも大事です。

これが伝わることで、女の子は自分自身で、この人は、こんな人!という思考をして、興味があるかないかを判断します。

そもそも会ってもないのに、写真だけであなたの全てを伝えることは無理です。

なので僕は、こんな雰囲気で、こんな系統で、こんな感じの人なんですよ!

ということを知ってもらうための写真を撮ればいいです。

最低限の努力をすることも忘れない

マッチングアプリで出会うには「恋愛での最低限の努力」は必須!

今はどう考えてもデブなのに、昔の写真を使ったりとかは完全に嘘つきになるので止めてください。

スタイルに自信がない人は、1日5分だけでいいので筋トレをしましょう。

マッチングアプリだから体型がテキトーでも努力しなくても女性とデートができる!

なんてのは幻想ですし、捏造をして出会った所で相手の女性はがっかりするだけです。

僕は実際に女性ユーザとして登録して、それこそ何百人もの男性のプロフィールや写真を見てきました。

そこで感じたのは、本当に写真をテキトーにしている人や、体型や肌や髪型、服装が適当なのに、外見を超努力している女性に無謀にもトライしてくる男性が多すぎるということです。

冷たい言い方になるかも知れませんが、トークがどんなに凄くとも、内面が素晴らしくても、実際に会った時にマイナスの評価が特大だと、巻き返しは無理です。

結果を出したいのであれば、外見もちゃんと磨きましょう。

※この場合の外見とは、顔だけではなく、体型や、髪型、服装など全てを含みます。

外注サービスを利用する

マッチングアプリで使える写真がなければ外注撮影依頼をしよう!

写真の大切さはよく分かったけど、じゃあ実際にどうやって撮影すればいいんだ!と思うでしょう。

特に現状モテない方というのは、あまり友達が多くなかったり、写真撮影を頼める人が周りにいなかったりもします。

僕自身が、モテない頃にそのステージにいたので、物凄いわかります。

自分で撮影するとなると、どうしても自撮り感が出てしまうので、印象としてもキモい印象になります。

なので、頼める人が周りにいない場合は、外注サービスを使って写真を撮ってもらいましょう。

写真撮影の値段も内容も様々

マッチングアプリ用の写真撮影は値段が様々

写真撮影に関しては、値段も様々です。

今はアマチュアカメラマンも多いので、プロに頼まずともそれなりの写真が撮れます。

マッチングアプリ専属の写真撮影をやっている人もいるので、できればそういう写真家に頼むのが1番良いです。

参考までに、マッチングアプリ業界でも使っている方が多いのが、タイムチケットサービスです。

タイムチケットサービスは、その手の分野の人の時間を買うサービスで、最近ではマッチングアプリ専用カメラマンも多くいます。

値段も様々なので、評価がある程度高い人を選んで、あとは値段と相談です。

撮影時は、こちらからあれこれと指示を出すのがポイントです。

写真撮影時のポイントは、

  • 日常の自然な感じの雰囲気のあなたを撮ってもらうこと
  • 正面写真というよりも、横顔や全体の雰囲気がわかる写真を撮ってもらうこと
  • 狙い過ぎず自然な雰囲気を撮ってもらうこと
  • 何枚も連続で撮ってもらい、その中で1番自然なものをチョイスする

参考までにこういう写真が撮れるといいです。

マッチングアプリで使える「秋の雰囲気イケメン」風の構図

※顔は、モザイクになっていますが、実際の写真はモザイクなしです。

プロフィールの作り方

ここまでで、写真の重要性と、撮り方について解説をしてきました。

上で書いた内容のもとに写真を入れ替えて頂けるだけで、今の何倍も結果は変わってきます。

ただし、写真だけでは、成果はいまいちです。

写真の次に大切なプロフィールを作れて、はじめて安定した結果が出てきます。

それでは、写真編と同様に細かく内容を見ていきましょう。

そもそもプロフィールはなんのためにある?

マッチングアプリでのプロフィールの存在意義とは?

写真の準備が整ったら次はプロフィールの作成となります。

プロフィールは、写真がちゃんと整備されて初めて読まれます。

写真がとにかく大切ということを冒頭で述べましたが、写真だけではダメです。

写真は、お店でいう外観の部分と同じ役割だと思ってください。

例えば、めちゃくちゃ外見がオシャレそうなカフェがあったとしても、グラスやカップ、机、椅子、メニューが無かったら入店しても、出て行きますよね?

これと同じ感覚でいてください。

女の子が、あなたの写真に興味を持って、せっかく入店してきてくれているのですから、その後は、プロフィールで相手を更に魅了させていくのがポイントです。

プロフィールは正解がないが演出を考える視点が大事

マッチングアプリでの演出

肝心なプロフィールの書き方ですが、ここは、こう書けばいい!というものは、実は存在しません。

※今回は、一応、具体的なテンプレートは用意していますが、そのフォーマットに沿って書いたからといって結果が必ず出るわけではないです。

このフォーマットにそって書けばいい結果がでるんだな!ということではなく、大事なのは、写真で興味付をしてからの、どういう仕掛けでプロフィールを作るか?です。

例えば、飲食店を例にしてみましょう。

外見がカフェっぽい感じなのに、入ったら、ちょっと洒落た和食のレストランでした!

とか、

外見が硬そうな和風旅館なのに、実は、内装はモダンなヨーロッパ風な感じの演出があった!

とか。

外見から判断したとおりの中身でも問題はないですが、それだと他との差別化にはつながらないので、少しギャップを作ったりすることが大事です。

なので、自分の写真がお店の外見だとして、そこからどんな内装にしたら、女の子が興味を持ちそうか?という視点で考えるクセを持ってください。

具体的なプロフィールのテンプレ

マッチングアプリでのプロフィールテンプレはこれ!

具体的なプロフィールのテンプレートを記載しておきます。

この型の流れに沿って文章チックに記載していくのがポイントです。

あくまで僕の文章の型であるので、この通りにやったからといって結果が出るとは限りません。

むしろ僕とプロフィールが被る時点で、差別化出来ていないという点も認識してください。

これをベースにして自分のプロフィールを作り込むことがポイントです。

  • 見てくれてありがとうの挨拶
  • 年齢と住んでいる都道府県の地域orよく行く地域
  • 自分の性格の紹介
  • 簡単な仕事の紹介
  • 趣味の簡単な紹介
  • その趣味でのちょっとしたエピソードor仕事でのちょっとしたエピソード
  • こんな人と出会えたらいいなと思っています

基本的にこの流れで作り込んでいます。

僕のプロフィール文を載っけるとそのまま真似して、なんらオリジナリティが出ないので、あえて記載はしません。

このテンプレートの流れに沿って、自分なりに文章を作ってみるのが大事です。

僕のプロフィールの文章量は、440文字です。

補足ですが、趣味・仕事エピソードに関しては、入れる理由がちゃんとあります。

エピソードを語ることで、女の子が、あ!この人こんな感じの人なんだな!という解釈をするためです。

僕は優しい人です!なんてプロフに書くよりも、優しさが伝わるようなエピソードを書けば、女の子も解釈してくれますからね。

それと、プロフィールが長くなりすぎても読むのがめんどくさいので、350〜500文字くらいがちょうどいいです。

マッチングアプリ大学では、ダニエル教授もマッチングアプリの教科書として、プロフィールの作り方やメッセージの送り方などを紹介しているので、僕の記事と合わせて参考にしてみてください。

アラフォーダニエルのマッチングアプリレビュー

↓なかなかマッチングアプリで出会えない!という人はこちらを参考に。

ダニエルの教科書シリーズ一覧

さいごに

マッチングアプリの基本の型である、写真とプロフィールについて解説をしました。

マッチングアプリで全然結果でない!という人達に共通するのは、写真がダメダメなことがほとんどです。

だから、プロフィールをどんなにかっこよく書こうが、身長が高かろうが、年収が高かろうが、写真がいまいちだと結果は出ません。

そして、写真があっての、プロフィールがちゃんと作り込まれている必要があります。

まずは、基本を忠実に守ることで、今よりも何倍も結果を出すことができるので、写真の作成から準備をしていってくださいね。

プロフィールをしっかりと整えた後は、だんだんとマッチングの数も増えてくるので、次回は、デートの約束をするまでのメッセージのコツをご紹介していきます。

せっかくマッチングしても、メッセージのやり取りが上手くないとデートもできないので、やり取りのポイントについて細かく解説をしていきます。

>>次回:アプリ別メッセージ攻略法!

>>前回:僕が恋愛コンサルになれた理由

↓男性向き:かわいい彼女を探せる婚活アプリ↓

男性向き:かわいい彼女を探せる婚活アプリ

公式アカウントをフォロー

マッチングアプリ大学公式ツイッターマッチングアプリ大学公式フェイスブック

この記事を書いた人

恋愛コンサルタント内田

27歳、普通のサラリーマン。ただ、恋愛経験が人より多く、3日で彼女を作るスキルを持っています。