再婚したいと思ったら…考えるべきことと具体的な行動プラン

再婚したいと思ったら…考えるべきことと具体的な行動プラン

日本の離婚率は34%台、つまり3組に1組は離婚しています。そして離婚して、再婚する確率も年々アップしています。離婚も再婚もそう珍しいことではなくなっているのです。

「離婚したけれど、やっぱり再婚したい」
「パートナーを見つけて、家族を大切にしたい」
「子供の父親(母親)を作ってあげたい」

再婚したい理由は人それぞれですが、このページでは筆者が再婚するまでに考えたことや行動したことを元に、再婚したいへの行動プランをまとめています。

再婚に向けて、事前に考えておきたい思考パートと、実際にパートナーを見つけるまでの行動パートに分かれています。

再建のために出会いを見つける方法

再婚の出会いを探すバツイチ女性のイメージ

再婚するには、理想の再婚相手とどう出会うかが最も重要です。

もし、理想の相手の想像ができない、本当に再婚したいかわからないとお悩みでしたら、こちらから「再婚についての思考編」を先に読んでください。

このパートでは、離婚歴がある人に向けて、具体的な出会いの方法を解説しています。

再婚の相手は「自分から探しに行く、見つけに行く」積極的な行動が重要です!

具体的には、以下の3ステップで行動していくと一番低コストで効率よく活動ができます。

【再婚相手の見つけ方】

  1. 友達や身内に紹介をお願いしておく
  2. 無料〜数千円で始められる婚活サイト&マッチングアプリを利用
  3. 期限を決めるなら、婚活パーティーや結婚相談所でも活動する

友人・知人に紹介をお願いしておく

友人や身内の紹介は相手の身元も信頼でき、安全で、確実な方法です。

なんとも残念なのが「そうそう沢山の人を紹介してもらえない」事です。特に年齢が上がるにつれて、友達も独身の知り合いが少なくなるのでチャンスはどうしても少なくなります。

「私、再婚考えているんだ。いい人いたら紹介してね!」と周囲に伝えておき、紹介してもらえたらラッキー程度に、策の一つとして考えるのが良いでしょう。

ここは無料で言うだけ。活用して損はありません。もっと具体的にお願いの仕方を読むならば↓の記事を参考にしてください。

無料で利用できる婚活アプリやマッチングアプリを活用

婚活サイトやマッチングアプリは、登録が無料で、男性が女性と連絡を取る際に月額料金が発生するシステムです。

登録してどんな人がいるかプロフィールを見てみるまでは無料です。抵抗がある方もいるかもしれませんが、今は安全なアプリも多いため、活用してみてください。

中にはバツイチ向きのものもあります。

サイト名 特徴 バツイチ率 リンク
マリッシュ
バツイチ・シンママ応援プロジェクトを掲げているマッチングアプリ。プロフィールでバツイチOKの異性を探せる。(女性無料) 46% アプリDL
レビュー
ペアーズ
バツイチ率は少ないものの、日本国内で利用者数・知名度共にNo1のマッチングアプリ。(女性無料) 6% 無料登録
レビュー
マッチコム
真剣婚活向きの婚活アプリ。世界各国でサービスを展開していて、最新技術を取り入れている。(男女有料) 35% 無料登録
レビュー
ユーブライド
大手結婚相談所が運営している婚活アプリ。運営年数が長く、30代〜50代の利用者も多い。(男女有料) 19% 無料登録
レビュー

>>再婚活向きアプリの解説記事へ

マッチングアプリの条件検索で「婚姻歴あり」OKで相手を選ぶ場合が多いので、最初から「バツイチの相手でも良い」という人と出会えます。利用料金も安く、ちょっとした時間に使用できるので「手軽・気軽」なのがメリットです。

真剣度には差があるので、例えばOmiaiのように「より結婚(再婚)を意識した出会い」を求めている男女が多く登録しているアプリを利用するのがコツですね。

*どの方法でも出会いはあるでしょう。実際に再婚した人の口コミでは、実は意外と「マッチングアプリで知り合った人と再婚した」というのが多いんですね。料金も安く、気軽に利用できて、大勢の異性と出会えます。母数が多いので、メッセージのやり取りをしながら「本当にバツイチの自分と真剣に付き合ってくれそう」と感じた相手に絞って、ふたりで会うようになります。

ペアーズ、Omiaiなどは利用しているユーザー数がずば抜けて多く、バツイチの登録者も沢山います。マッチングアプリというと婚活よりも恋活よりで、真剣なお付き合いに結びつかないと思っているかもしれません。

しかし、Omiaiは特に「本気度が高い」マッチングアプリとして有名です。また、ペアーズはユーザー数が500万人を越えており、バツイチ同士の出会いも見つけやすいようです。

より早く結婚したいなら、婚活パーティーや結婚相談所も利用してみて

お金がかかってしまいますが、より真剣な相手と出会えます。1年〜2年での再婚を目指し、より真剣に活動するのであれば、婚活パーティーや結婚相談所の併用も検討してみてください。

バツイチ向きの婚活パーティー情報はこちらの記事を参考に。

結婚相談所であれば、こちらの記事が参考になります。

1年以内の再婚をどうしてもめざしたいなら、以下の記事が参考になります。

タイプ別(子どもあり・バツイチなど)再婚相手の見つけ方

では、今度はタイプ別に「ピッタリの再婚相手の見つけ方」婚活方法を教えます。

とにかく早く再婚したい

→婚活サイトやマッチングアプリの併用

出会いの数が多ければ多いほど、「早く再婚できる可能性」は高くなります。登録会員数も多く、たくさんの出会いがある婚活サイトやマッチングアプリの両方を利用するといいですね。

じっくりパートナー探しをしたい

→婚活パーティー 知人や身内の紹介

1回の婚活パーティーで出会える異性の数はそう多くないので時間はかかりますが、再婚・バツイチ向けなどでは「再婚を視野に入れた男女」が集まるメリットがあります。

偶然や運もありますが、行きつけの居酒屋で知り合う・知り合いに紹介してもらうといった「舞い込んでくる出会い」を待ちながら、婚活パーティーに参加してみましょう。

子どもあり・シングルマザー

→マッチングアプリ

子どもがいるママは仕事と育児の両立で時間がありません。マッチングアプリなら、ちょっとしたスキマ時間に利用できます。子どもを預けて出かける準備をするのは大変ですが、メッセージのやり取りなら、子どもが寝ている間や通勤途中でも出来ます。

まずは気楽にスタートして、気が合いそうな相手と仲を深めるとうまくいきそうです。子持ちで再婚希望の人は「焦らず」重く考えすぎず、まずは「出会い」に集中しましょう。

恋愛から自然に再婚へ、子どもがいることもお付き合いの中で理解し合えるようになるのが、結局再婚への近道です。

子どもあり・シングルファーザー

→マッチングアプリ 結婚相談所

ハッキリと条件があるのなら、お金がかかっても結婚相談所で再婚相手を絞り込んで探してもらう方法がいいかもしれません。また、結婚相談所では収入がある男性は人気なので、経済力があれば子どもありのシングルファーザーでも相手が見つかりやすいと言えます。

同時にマッチングアプリで通勤時などに、どんどん積極的に女性と知り合う機会を持ちましょう。シングルファーザーは「新しく女性と知り合う」機会そのものが少ないようです。

女性と話す「恋愛体質」がすっかり錆びついてしまうと、女性との出会いがあってもうまく進みません。マッチングアプリで沢山の女性とやり取りしながら、「ドキドキする感覚」を取り戻していきたいですね。

20代~30代向け

→マッチングアプリ 婚活サイト

そもそもマッチングアプリはどちらかと言えば若い人向けですから、20代から30代向けです。特に子どもがいないバツイチ男女は逆に初婚シングルよりモテたりしますから、マッチングアプリを利用するとたくさんの出会いに恵まれます。

50代以上向け

→婚活サイト 結婚相談所

初婚の相手の死去や、成人した子どもがいるなど、それぞれ抱えている環境が違うので、何事も相談しやすい結婚相談所が使いやすいかもしれません。最近は50代もスマホやタブレット利用が普通ですから、婚活サイトもぜひ利用してみて下さい。

再婚の出会いが見つかる「オススメ」婚活方法は

オススメしたいのは

マッチングアプリ+他の婚活方法

併用ですね。

例えば、最初は友人や身内などに「そろそろ再婚したいんだけど、いい人いない?」と声をかけてみながら、マッチングアプリでどんどん新しい相手との出会いをつかんでみる。

知り合いから「紹介するよ」と声がかかるタイミングはいつになるかわかりません。マッチングアプリなら、登録するだけで「好みのタイプ・条件」を入れて検索すれば相手が見つかります。

他にも「1ヶ月に1回、バツイチ向けの婚活パーティーに参加」しながら、マッチングアプリを利用するというのも出会える確率が高くてオススメです。

マッチングアプリ「バツイチ・再婚」にオススメの理由3つ

① 手軽に大勢の異性と出会えるから

② バツイチを前提に出会いを見つけられるから

③ 思っている以上にマッチング率も高い

「再婚したい!」

でも

出会いがない!」

これがほとんどのバツイチ男女の悩みです。婚活の方法は色々ありますが、なんといっても「大勢の異性と出会える」のはマッチングアプリです。再婚だからこそ、たくさんの人と知り合い、本当に気の合う人、これからの人生のパートナーと確信できる人を見つけたいですね。

マッチングアプリは登録する時、自分のプロフィールを入力します。検索では「バツイチでもいいか」のチェック欄もありますから、逆に言えば相手から「イイネ」とアプローチがきたら「婚姻歴があるアナタでもいいですよ」という前提で、アプローチしてきている可能性も高いのです。

マッチングアプリと言うと、顔写真を見て「イイネ」するもの、と考えていませんか? 確かに第一印象は大きいでしょう。でも、意外とプロフィールを見て「この人いいかも」と決める男女が多いようです。アプリで人気が高い男女は、毎日イイネを100も200も貰っていて「手が届きそうにない」感じだけど、バツイチ男性なら「経験豊富で包容力もありそう」「失敗から学んでいて優しそう」と思っている女性もいます。

シングルマザーであっても、再婚や出会いをあきらめる必要はありません。世の中には子ども好きの男性も沢山います。また、ちょっと容姿に自信がなかったり、オクテだったり、「イケメンじゃないけど誠実なところだけは誰にも負けないんだけどな」そんな男性が、ただ華やかなモデルタイプの女性よりも「子育ても経験して大人」「心が広そう」と、逆にバツイチ女性に惹かれる人もいます。

しかも結婚相談所のように「出向いて登録する」敷居も高くありません。最近はOmiaiやペアーズのようにFacebook連動で安心・安全に利用できるマッチングアプリがあります。出会い系サイトとは全く違うものです。それでなければ、500万人もの人がマッチングアプリを利用しないでしょう。

気になる人が見つかったら・・・

いよいよ、気になる人が実際に見つかったら、

(1)「再婚」の前に恋人同士になるのが大切

(2)お互いの事情を率直に語り合えるか

まずこの2つを念頭に置いておきましょう。

再婚を焦るあまりに、相手に迫りすぎるのは禁物です。再婚は「恋愛の結果」です。もちろん、相手の真剣さは重要です。マッチングアプリや婚活サイトならメッセージのやり取りで、何となく相手の熱意や本気度がわかってきます。

真面目に交際を考えている相手とは、次のステップ「ふたりで会う」ことにつなげていきましょう。

そしてデートをするようになって初めて、再婚に向けて少しずつ、自分の環境や相手の思いなどを聞いてみるといいですね。

再婚に向けて考えておくべき4つの項目

再婚したいときの具体的な行動プラン

まずは、私が再婚をしたいと思った時に考え、決めておいたことを紹介します。出会いを探していく中で、あの時考えておいてよかったと思うことばかりです。

特に子供がいる方は時間をとって自分の本当の気持ちを考えて見てください。

本当に再婚したいのか?

何より、自分の気持ちが第一です。

「会社から帰宅して暗い家に入るのが淋しい」
「周りはみんな結婚していて遊ぶ相手もいない」
「子どもの為にも新しい家庭を築きたい」

ちょっとした瞬間に「独り身より、やっぱり再婚して家庭が欲しいな」と思うことはよくあるでしょう。

でも再婚は結局「結婚」ですから、「週末一緒に食事する相手が欲しい」のとは違います。

もう1度結婚をして「他人と暮らし、家庭・家族を作る」その意味をよく考えたいですね。

「なぜもう1度結婚する=再婚したいのか」理由はひとつだけではないかもしれません。例えば、思いつくまま再婚したい理由を書き出してみましょう。それを整理していくと、自分の気持ちもまとまりやすいようです。

もし、この時点で「寂しいから」「話し相手が欲しいから」だと思った方は、恋愛ではなく、食事相手や友達を探すところからスタートするのもアリです。

>>寂しい時に話し相手を見つける方法

再婚するメリットとデメリットを考える

まずは、再婚するメリットとデメリットを理解しましょう。

【再婚するメリット】

  • 法的に認められ社会的制度が受けられる
  • 内縁関係と違い周囲から認められやすい
  • 孤独感から解放される
  • 助け合える人生が得られる
  • 子供の父親・母親の存在ができる

再婚する最大のメリットは本来「気持ち」だと思います。孤独感からの解放と書きましたが、そこには多くの意味が含まれます。

例えば一緒にテレビを見たり、買い物に行ったり、普段から「いつも一緒にいる、人生を歩むパートナー」がいる心の平穏は大きなものでしょう。

現実的な面では、再婚は籍を入れると同時に「法的にそれぞれ守られる」ことになります。再婚をすると、周囲の人や会社でも「公的な姻戚関係」として認められます。

日本ではまだまだ「内縁関係」「同棲」に対するカップルへの理解はあまり高くないので、再婚をして社会的制度(社会保険・社内制度など)をきちんと受けられるのは実際に大きなメリットと言えます。

【再婚するデメリット】

  • 双方の身内の理解が必要
  • 資産を持つ場合「相続」などの問題が発生しやすい
  • 子供の苗字が変わったり環境が変わることでのストレス

再婚する場合は、身内との関係が様々に影響します。例えば子連れ再婚では、養子縁組といった事もあれば、相続などの問題があります。

再婚する「ふたり」だけでなく、どうしても周囲を巻き込んで理解を得たり、同意を得る必要も出てくるでしょう。ここで問題が生じると、なかなか簡単に解決しないケースもあります。

解決できない問題があると、身内同士なだけにこじれやすいといったデメリットはあります。

そう考えると、再婚相手の見極めはかなり重要になってきます。

>>失敗しない再婚相手の見極め方

子連れ再婚・子どもと再婚の問題について

再婚では、どちらかに子どもがいる、双方に子どもがいるといったケースも多々あります。

  • 養育費について
  • 子どもとの養子縁組
  • 元夫・元妻と子どもの関係

養育費についてはケースバイケースですね。例えば、あなたがシングルマザーで再婚し、再婚で経済的なカバーをされると、前夫が「養育費を減額したい」と要請してきたら、減額される可能性はあります。

いずれにしても再婚時に「養育費を払う側・貰う側」両方と再度話し合いが必要な事が多いでしょう。

さらに再婚し、相手の子どもと養子縁組をすると、子どもを扶養する責任は実父・実母より養子縁組をした義親の方が優先になります。

こうした法的な事柄は個々の事情によって違うので、再婚をする前にまず当事者同士でよく話し合い、必要に応じて弁護士等に相談するようにしましょう。

しかし、逆に言えば法的な問題は「法律の解釈」で明確な回答が出ますが、相手の元夫や元妻との関係はもっと微妙な問題になります。

親権だけの問題ではなく、「これまでは子どもと実父(元夫)を定期的に会わせていたけど、再婚したら新しい夫を本当の父親と思って欲しいから、面会は減らしたい」という事もあるかもしれません。

それまでは離婚しても「子どもとの関係があるから」良好に関係を保ってきたけれど、再婚したらなるべく接点を減らしたいという人もいるでしょう。

子どもを介して、必ず子どもの実親との関係が生じてきます。なかなか話しづらい面もありますが、子連れ再婚では避けては通れません。

「子どもあり」シングルマザー&シングルファーザーの再婚事情

実際のところ、離婚して再婚する率は半数近いと言われています。しかし、子連れ・子どもありの女性、いわゆるシングルマザーになると「再婚したい」と思ってもなかなか難しいのが現実です。でも、解決法はあります。

圧倒的にシングルマザーが多いので比べづらいのですが、それは子どものいるバツイチ、シングルファーザーも同じです。

  • 子どもがいるので婚活しづらい(時間や預け先がない)
  • 子どもと相手がうまくいくか不安
  • 子連れと聞いただけで引かれそうで婚活できない
  • バツイチ子持ちを希望してくれるような相手がいるとは思えない・・・

確かに、結婚となれば相手にとって「子どもがいる」と聞けば、これは大きな事です。初婚なら、今だに周囲(特に身内、親)から「バツイチの相手で、しかも子どもがいるのは」と反対されやすいでしょう。

また、お子さんの年齢にもよるでしょうが、なついてくれるだろうか、という不安もあるはずです。それは想像がつくだけに、

「再婚の婚活以前に、バツイチ子持ちだからムリだと思ってしまう」

人が多いのもわかります。

でも、子連れで再婚している芸能人も増えてますよね?

例えば爆笑問題の田中さんと山口もえさんは両方「バツイチ同士」で、山口さんは子連れで再婚しています。芸能人だから出来るというのではなく、これはお互いの気持ち次第。

「どうせムリ」と決めつけて行動しなかったら、もちろん出会えるわけがないのですから。無理とあきらめるのではなく、「いい人がいたらいいな」と前向きな気持ちで行動を起こすのが「子持ちバツイチ・再婚できる最大のコツ」なんですよ!

再婚したい!だからこそ「籍を入れる必要性」を考える

再婚する人が増えていると書きましたが、最近では事実婚というのか、バツイチ同士で「籍は入れないが事実上、夫婦同様に暮らす」カップルも少しずつ増えています。

資産がある場合に「再婚する相手にきちんと財産が渡るようにしたい」と考えた場合、籍を入れた方が法的に守られます。

しかし、お互いに資産があってもなくても「こういう事に関係なく、ふたりで暮らすのが再婚の理由」と割り切るのであれば、籍をいれずとも問題はないとも言えますね。

籍を入れる必要性、についても、再婚を願ったら1度は考えておきたい事です。

「籍を入れる必要性」シングルマザー&シングルファーザーの場合

子どもがいて再婚したいカップルにとっては、籍はかなり重要です。特に学童期のお子さんがいるのなら、名字が変わる可能性もあり、慎重に考えるようにしましょう。逆に成人した子どもがいるのなら、「籍を入れない選択肢」のほうが周囲の理解を得やすいケースもよくあります。

【参考記事】

読者からのコメント

自分の意見を投稿する

内容
性別
年齢
名前

公式アカウントをフォロー

マッチングアプリ大学公式ツイッターマッチングアプリ大学公式フェイスブック