再婚したいバツイチにおすすめの結婚相談所4選!利用するメリット・デメリットも紹介

altの内容をここに入力

マッチングアプリ大学アカネ

婚活アドバイザーのアカネです

今回はバツイチさん向けの結婚相談所について解説します。

そもそも「バツイチ」「離婚経験者」は結婚相談所を利用できるの?とよく聞かれます。もちろん利用できますよ!

「結婚相談所にバツイチ向けプランとかあるの?」
「どんな結婚相談所がある?」
「お金はいくらくらい、かかるの?」
「バツイチ子持ちだけど、結婚相談所でお相手紹介してもらえる?」

こんな疑問や不安を解決します。

その他のバツイチ婚活

ただし、後ほど後述しますが、婚活を進めるのであればマッチングサービスの方が効率的です。

アプリであれば、3~4,000円ほどで、自分のペースで気軽に進められることができるからです。

再婚でおすすめのアプリがあるので、こちらをいくつか登録してみることをおすすめします。

>>マリマリッジの登録はこちら

>>マリッシュの登録はこちら

バツイチ向け結婚相談所一覧

まずはバツイチプラン・再婚プランがある結婚相談所を一覧にまとめました。

結婚相談所 再婚プラン 料金目安
アイリマリッジ 再婚専門 50万前後
楽天オーネット 子育てママ応援プラン 10万前後
サンマリエ 母子家庭応援プラン 35万前後
ノッツェ シングルマザー限定プラン 8万程度

再婚専門の結婚相談所アイリマリッジ

再婚専門結婚相談所アイリマリッジ

アイマリッジは再婚に特化している結婚相談所です。大手結婚相談所の再婚プランはほとんどがシンママ向きのプランです。シンパパや男性はとなると、通常のプランしか用意されていません。

アイリマリッジは再婚専門。なので、登録者は離婚経験者または再婚の理解者のみ。相手が初婚だと価値観のズレがきになる、子供のこともあるし理解してくれる人がいい。そんな希望があるならば、再婚専門のメリットにぴったり合うはずです。

デメリットをあげるとするならば、少し費用が高い点と事務所が東京新宿のため、関東エリア以外だと会員数が少ない点。

IBJの会員も紹介可能とのことですが、バツイチの方のみとなると紹介数は限られてくるかなと思います。

アイリマリッジ:https://rema.11-deai.com/

格安のシンママプランあり楽天オーネット

楽天オーネットのシンママバツイチプラン

結婚相談所としてはリーズナブルで使いやすいのが楽天オーネットです。テレビCMでもおなじみで、楽天の知名度もあり「大手運営で安心」という声が多いです。

子育てママ応援プランは、顔写真から選ぶマッチングタイプは使えないものの、プロフ検索や紹介など月に10人の紹介で、初期費用5万+月額1万の格安で入会可能です。

多くの人は3ヶ月程度でお相手が見つかるそうなので、平均額は8万〜10万程度。本格的な相談サービスもあってのこの料金は安い!

特に、次の結婚は失敗したくないから客観的な意見が欲しい人は自分での婚活ではなく、相談所に行くほうが安心です。

また、男性は通常プランでOK。オーネット成婚者の25%はどちらかがバツイチというデータも出ているので気にせず入会して大丈夫ですよ。

楽天オーネットの再婚率

楽天オーネット:https://onet.rakuten.co.jp/

サンマリエ シンママは8〜9万引き

結婚相談所のサンマリエでは「母子家庭応援プラン」として初期費用が通常から8〜9万円割引になります。

  • セミナーや婚活パーティーも開催、母子家庭応援プランでは割引あり
  • 成婚料20万円、初期費用約20万円、月会費他

男性は6ヶ月、女性は4〜5ヶ月で成婚退会する人が多いそうです。様々なセミナー、婚活イベントも開催しています。

サンマリエ:https://www.sunmarie.com/

月額3300円、格安のノッツェ

ノッツェのシングルマザープランはなんと月会費3300円(税込)。初期費用が約7万円かかりますが、その後の月額が3300円なので金銭的な負担が軽いです。

  • 全国に支店がある大手結婚相談所、シングルマザーの再婚は特に安いプランあり
  • 成婚料なし、シングルマザー向け限定で情報提供料約4万、入会金3万、月会費3,300円

DNAマッチングを行っています。20代、30代、40代、50代と年齢別に向けたプランもあります。

ノッツェ:http://www.nozze.com/

バツイチの婚活・再婚事情とは?

バツイチの婚活・再婚事情とは?

「そろそろパートナーが欲しいけど、バツイチは結婚相談所での婚活は不利かな?」

「シンママ・シンパパの再婚活はどんな方法が良いんだろう?」

初婚の人よりハードルが多く、悩みが複雑化するバツイチの婚活。

職場や知人の紹介ではなかなか良い人とめぐり合えない時、結婚相談所をはじめとする婚活サービスの利用は確かに効果的ですが、そこの十分なリソース(時間・お金・労力)が割けない、バツイチや子持ちの人は多いのではないでしょうか?

この記事では、そんなバツイチ・シンママ・シンパパが理想のお相手探しをバックアップすべく、バツイチの婚活事情、おすすめの婚活サービスの選び方を紹介しています。

結婚相談所ではバツイチの成婚率が高い

成婚数国内トップの成婚数を誇るIBJ(日本結婚相談所連盟)が、成婚者8,000名以上の傾向を分析調査した結果によると、初婚の人より再婚の人の方が成婚しやすいことが明らかとなりました。

「成婚しやすさ」において、「初婚の男性:97.82%」に対し「再婚の男性:117.04%」同様に「初婚の女性:99.38%」に対し「再婚の女性:106.63%」と、その差は「男性:約19%」「女性:約7%」と決して小さくありません。

⽇本結婚相談所連盟 成婚白書~2020年度版~

再婚の人の方が成婚しやすいという結果は、「結婚に対して、変に大きい期待や理想を持っておらず、地に足に着いた考え方を持っている」ことが、一因と考えられます。

初婚だと「年収1,000万円以上ないと...」「上場企業に勤務か公務員がいい」など、結婚相手にあれこれ条件を求める人もいますが、バツイチは離婚を経験したからこそ、自分に見合う現実的な条件と金銭感覚・家事育児などの価値観を大切にしています。

この違いは、お相手候補を受け入れる「間口の広さ」に直結し、出会える人数と質(相性)の差となって「成婚しやすさ」にあらわれるわけですね。

結婚したカップルの26%が再婚

「厚生労働省の婚姻に関する統計」によれば、平成27年の婚姻数、約63万件のうちおよそ26%(約17万件)のカップルの片方、または2人ともが再婚です。

「バツイチの再婚活はハードルが高い」とされている要因として、子どもとの新たに良い関係を作るのが難しいことや、教育費など必要となるお金が大きいことがあります。ただそれが越えられれば、基本的に初めての結婚とあまり変わりませんから、互いに新しく家族になることを選ぶ人が多いことが分かります。

「出会いがない」は行動あるのみ!

特にシンママ・シンパパは、(近所に協力者がいなければ)仕事や家事、育児の全てを1人でこなさなければならず、超多忙です。再婚したくても、毎日がイッパイイッパイで恋愛はおろか出会いすら難しい、そんな人も多いでしょう。

しかし再婚活に限らず、出会いを探すなら「とにかく行動あるのみ!」です。自然な出会いを待っていては、いつまで経っても良いと思える人と知り合うことすらできません。婚活サービスを利用しつつ、自分から動くことが重要です。

バツイチで結婚相談所を利用するメリット・デメリット

バツイチで結婚相談所を利用するメリット・デメリット

結婚相談所は、初婚だけでなく離婚歴がある人も多く入会しています。バツイチにとって、結婚相談所の利用はアリなのか?その主なメリット・デメリットは、それぞれ3つ紹介します。

メリット

  • バツイチや子持ちに理解のある人と効率的に知り合える
  • 仲人・アドバイザーのサポート受けられる
  • シングルマザー向けの割引プランがある

デメリット

  • お相手の条件に「初婚」を入れている人が多い
  • 離婚した原因を探られる
  • 子どもとお相手の相性が良い必要がある

詳しく解説します。

メリット1:バツイチや子連れに理解のある人と効率的に知り合える

通常の出会いの場合、いずれはバツイチであることや、子どもがいることを明かす必要があります。しかし、デートでは好感触だったのに事情を打ち明けたとたん、急に距離を置かれてしまった……という経験をした人も少なくありません。

その点、結婚相談所であればバツイチや子持ちなどの情報を、お相手にあらかじめ知らせた状態でお見合いするため、事情を理解した上で将来を見据えたお付き合いができます。

結婚相談所ではプロフィール作成をします。「年齢」「年収」「居住地」「喫煙の有無」などのほか「婚姻歴」「子どもの有無」の項目もあり、それらは異性の会員に共有されるので、「あとで離婚歴を知ったら、ドン引きされないだろうか?」と不安に思わなくても良いわけです。

メリット2:仲人・コンシュルジュに相談できる

離婚によって精神的に傷ついた、疲れてしまった経験がある人は、時が経ち再婚へ向けて動こうとしても、「バツイチ」や「子持ち」であることで、「自分(や子ども)を受け入れてくれる良いお相手なんて、この先見つかる希望が持てない」と急に自信を失うことがあります。

そんな人にとって、結婚相談所の仲人・コンシュルジュからのアドバイスやサポートは、とても心強いもの。「自分の魅力は何か?」「その魅力を最大限、お相手伝えるためにはどうしたら良いか?」などの提案が受けられます。

もしお見合いを申し込んだ相手から、「婚姻歴あり」であることを理由に断られそうになったとしても、「この人はこんな魅力がある人なんですよ、ひとまず会ってみたらどうでしょう?」と、人となりや性格面で推してくれることも。

プロフィールだけでは分からない内面の魅力も、自分に代わってしっかりとお相手に伝えてくれるのは、結婚相談所ならではのメリットでしょう。

メリット3:シングルマザー向けの割引プランがある

全てではないものの、結婚相談所によってはシングルマザー限定の割安な料金プランがあります。

ただ、シングルマザー限定プランは紹介人数が少ないといった、通常のプランよりサービスと比べ見劣りする場合があるため、注意が必要です。いくら価格が安くても、サービスやサポートの内容に不満に感じてしまったら意味がありません。

シングルマザー限定プランの利用も視野に入れつつ、それぞれの結婚相談所の価格やサービス内容を比べ、最も自分のニーズに合っているプランを選びましょう。

デメリット1:初婚同士を希望する人もいる

離婚歴がある人は、初婚より出会える人数がどうしても少なくなりがち。結婚相談所では、年齢、学歴や年収といった希望する条件で絞ってお相手探しをしますが、その条件際、「初婚」を条件にしている人が多いからです。

特に年齢が若いとその傾向は強まり、「結婚は初婚同士で」と考える人は少なくありません。そのため、バツイチは最初からターゲットから外されることになり、その他条件はクリアしていたとしても、「婚姻歴あり」というだけでお見合いに至らないことも。

デメリット2:離婚した原因を探られる

お相手の婚姻歴の有無は特にこだわっていない人でも、離婚するに至った原因はやはり知りたいもの。
もし尋ねられたら、隠さず誠実に答えなければなりません。

また、お見合いして交際OKとなったとしても、お付き合いする中で「良さそうな人に見えるけど、バツイチになるような何か問題を抱えているのではないか?」といった、偏見の目で見られることも大いにあり得るでしょう。

デメリット3:子どもとの相性を見る必要がある

シングルマザー(ファザー)の場合、子連れ再婚に理解があるだけでなく、自分の子どもとお相手の相性がある程度は良くなければなりません。子どもにとって新しい大人と過ごす時間は、大人が想像するより大きなストレスがかかります。

お付き合いする人ができたら、子どもへのメンタルケアは必須ですし、子どもの年齢・性格によってはなかなか受け入れてもらえないことも。そのため子連れでの婚活は子持ちでない人より、どうしても時間がかかりやすくなるのです。

結婚相談所以外の婚活方法メリット・デメリット

結婚相談所以外の婚活方法メリット・デメリット

結婚相談所のデメリットを読んで、私には相談所は難しいかもと思った方へ向けて、相談所以外の婚活方法も簡単に紹介します。

主な婚活方法は「結婚相談所」「婚活アプリ」「婚活パーティー」の3種類あります。

【主な婚活サービスの特徴と比較】

婚活アプリ 婚活パーティー  結婚相談所
利用者の年齢層 男性:20代~30代前半
女性:20代~30代前半
男性:30代
女性:20代~30代前半
男性:20代~60代
女性:20代~60代
利用目的 デート相手、
交際相手を探す
交際相手、
結婚相手を探す
結婚相手を探す
手軽さ 5点/5点中 4点/5点中 2点/5点中
結婚への本気度 5点/5点中 5点/5点中 5点/5点中
婚活のスムーズさ 3点/5点中 1点/5点中 5点/5点中
出会いの精度 2点/5点中 2点/5点中 5点/5点中
出会う人の質 1点/5点中 2点/5点中 5点/5点中
必要なお金
(6ヶ月間)
男性:約2~6万円
女性:0~約2万円
男性:約5~9万円
女性:約3~9万円
男性:約8~30万円
女性:約8~30万円

インストールして登録したら、すぐに利用可能な「婚活アプリ」は、千人万人単位のユーザーからお相手探しができるので、「手軽さ」においては婚活パーティー・結婚相談所と比べてもトップ。さらに利用料が最安で低コストが長所です。

自分の都合の良いタイミングに単発で参加する「婚活パーティー」は、その都度、参加費を支払うため、婚活アプリや結婚相談所と違い、月額料金のような継続的なお金が発生しないことがメリット。

婚活アプリは、マッチングしたらメッセージ交換を重ねる必要があり、結婚相談所は何でも仲人を介するため、お相手候補とサクッと会って話をし、自分で判断できる婚活パーティーは面倒くささがありません。

しかし、婚活アプリ・婚活パーティーの中には、独身・年収・職業・学歴などを証明する機能がないため、虚偽のプロフィールや既婚の人が混ざっていることもあり、自力で見極めが必要なのがデメリット。その点「結婚相談所」は、入会時に各種書類の提出が必須で、会員の信頼度は一番です。

また「成婚」をゴールとしている結婚相談所は、仲人からフルサポートが受けられますが、婚活アプリ・婚活パーティーは「マッチング」をゴールとし、その後のサポートはほとんどありません。

サービスが手厚い反面、入会金・月会費・お見合い料・成婚料とコストがかさみ、「とりあえず始めてみよう」「試しに利用してみよう」という手軽さに欠けるの点は、結婚相談所の数少ないデメリットと言えます。

このように、婚活アプリ、婚活パーティー、結婚相談所にはそれぞれ一長一短があります。以下に、各婚活サービスのメリット・デメリットを簡単にまとめました。

婚活サイト・アプリのメリット・デメリット

婚活サイト・マッチングアプリのメリット・デメリット

婚活サイト・アプリは、始めやすさ・手軽さが最大の魅力ですが、反面、結婚を真剣に考えていないへ利用者も。また、異性の会員へのアプローチやお相手の見極めなども、基本的にすべて自分でしなければなりません。

場所と時間を問わない手軽さがメリット

メリット

  • さまざまな地域に住んでいる人からお相手探しができる
  • 登録すればすぐに利用が可能
  • いつでもどこでも婚活できる
  • 他の婚活サービスと比較して料金が安い

婚活サイト・アプリの最大のメリットは、ネット環境さえあれば、時間と場所を問わず婚活できること。忙しい人でもスキマ時間に使えます。

また、日本中あるいは海外在住の異性とも知り合えるので、直接対面でお見合いをする結婚相談所や婚活パーティーと比べて出会いの数が多く、「色々なタイプの人から選びたい」というに人にピッタリ。さらに、婚活サイト・アプリの利用料金のリーズナブルさは、他の婚活サービスの中でもトップで、手軽さ、始めやすさ、続けやすさも特長的です。

信頼度が低いことがデメリット

デメリット

  • 結婚相談所と比べると安全度、信頼度が低め
  • 会員によって結婚願望に差がある
  • お相手について自力で見極めなければならない

婚活サイト・アプリのデメリットは、結婚願望の強さに差がある点です。他の婚活サービスに比べ、利用料金が割安で気軽に利用できるというメリットがある一方、登録へのハードルが下がることで、冷やかし、ヤリモク、すでに恋人がいる、なりすまし、既婚者のユーザーも少なくありません。

結婚相談所は、入会前に「独身証明」や「年収証明」「卒業証明」といった各種証明書類が必須ですが、婚活サイト・アプリは必須となる提出書類数が少なく、婚活の場としての信頼性・安全性は低いため、お相手は自身で見極める必要があります。

婚活パーティーのメリット・デメリット

婚活パーティーのメリット・デメリット

婚活パーティは直接会って会話するため、短時間に互いの雰囲気や人となりが伝わりやすいのが魅力。マッチングサービスと比較して利用者の結婚への意識が高く、再婚を本気で考えている人には効率的な方法といえるでしょう。

また婚活パーティの中には、「バツあり、バツあり理解者」や「シンママ・シンパパ、子持ち理解者」限定で参加者を募っているパーティもあり、より精度の高いお相手探しができます。

直接会えることがメリット

メリット

  • 1回で多数の異性と直接会って話せる
  • 大半の参加者の結婚願望が強い
  • 直接の会話を通じて、雰囲気や人となりを理解されやすい

婚活パーティーは、1度で多くの異性の参加者と面と向かって会話でき、雰囲気、物腰のようなプロフィールだけでは見えない部分も知ることができることが、大きなメリット。同じように、こちらのこともお相手に伝えられます。

結婚相談所での婚活は、希望する条件を基に仲人・コンシュルジュがお相手を探し、理想の人と出会えるまで、1人ずつお見合いしていくスタイルなので、これが「まどろっこしい」と感じる人には婚活パーティーがおすすめです。

また婚活パーティーによっては、参加申込の際に「独身証明」や「資格証明」など、証明書類の提出を必須であるため、そういったパーティーほど結婚への本気度が高い人が集まります。

会話時間が短く判断が難しいのがデメリット

デメリット

  • バツイチや子連れであることを自ら明かす必要がある
  • 参加者多数だと、気になった相手とじっくり話せず消化不良に
  • 異性との会話に時間制限ががある

婚活パーティーは、「1回で多くの異性と出会える」ことが一番のメリットですが、反面、流れ作業的にりやすく「気になったお相手と話そびれてしまった」り、1人あたりの会話時間が短いせいで「気になった人はいたけどどの人だったか思い出せない」など、せっかくの出会いのチャンスを十分に活かせないというデメリットがあります。

また、参加者が「バツイチ、再婚理解者」「シンママ・シンパパ、子持ち理解者」限定のパーティーでなければ、自分の離婚歴や子どもについて、初対面の異性の参加者へいちいち伝えなければならずストレスとなる上、それを明かした結果、何人もの異性があからさまにトーンダウンするのを見て、精神的に疲れてしまうケースも。

目的・希望別のおすすめ婚活サービス

目的・希望別のおすすめ婚活サービス

バツイチの再婚活と言っても、「子持ちかどうか?」「どんなお相手を探したいか?」「婚活にお金をかけられるかどうか?」「婚活に時間が割けられるか?」などによって、婚活の方法やサービスが異なってきます。

バツイチなら結婚相談所を使えば良い、とは言い切れません。目的・希望別におすすめの婚活プランを作成したので参考にしてください。

たくさんの人と出会いながら相手を探したい人

婚活サイト・アプリや婚活パーティーで、できるだけ多くの人の中からお相手を探すなら、利用者が国内最大級の婚活サービスがおすすめ。会員数が多ければそれだけ選択肢も増え、理想のお相手に出会う可能性も広がります。

↓おすすめサービスはこちら

  理由
ペアーズ
ペアーズ
ペアーズの累計登録者数は1500万人以上と、国内アプリの中でトップクラスです。同じく会員数の多い「Omiai」累計700万人と「with」累計600万人を比べても、その差は歴然。さらに新規会員も日々増えているので、「たくさんの中からお相手を見つけたい」「できるだけ多く出会いのチャンスが欲しい」人にピッタリ。

 会員数が少ないアプリの場合、都市部以外に住む人だと、近辺に異性の会員がまばらにしかおらず、婚活自体できないこともあり得るため、地方在住の方にもおすすめです。
PARTY☆PARTY 「PARTY☆PARTY」は、全国39都道府県で毎月5,000回以上、婚活パーティーを開催していいて。活動エリアが首都圏や大都市でない人も、気軽に参加できます

イベントの実績数・地域数では国内最多級。年齢別、スペック(年収・職業・学歴など)、バツイチ、趣味(アウトドア・旅行など)といった限定企画が豊富で、出会える人数だけでなく理想のお相手の探しやすさも魅力です。

日本最高のユーザー数で出会いのチャンスも多いアプリ「ペアーズ」

Pairs

ペアーズ

Pairs

料金 月額3,590円(税込)~(女性無料)
対象者 恋人のいない独身のみ(既婚者禁止)
年齢層 20代~30代
目的・真剣度 婚活と恋活の間
運営会社 株式会社エウレカ
インターネット異性紹介事業届出及び受理済み
累計登録者数 1,500万人
男女割合 男性6:女性4
利用者の年代 20代~50代
利用料金 男性:3,590円/月(1ヶ月プラン)~、女性:0円
特 長 ・日本最多のユーザー数で出会える人数が多い
・幅広い年齢層(20代~50代)と出会える
・趣味や興味関心、価値観の共有ができる人と知り合える
サービス開始年 2012年

「ペアーズ」は累計登録者数1,500万人以上と、国内アプリの中で最多を誇ります。

20代~50代と幅広い年齢層に支持され、ユーザー人数が多い分だけ、首都圏や都市部はもちろん地方に住む人にも、出会いのチャンスが広がるのが魅力。

「婚活」や「再婚活」だけでなく「恋活」目的のユーザーもいるため、異性の会員全てが出会いの対象というわけではありませんが、「とりあえずどんな感じの人がいるのか見てみたい」といった婚活アプリ初心者にはおすすめです。

コミュニティ機能で趣味・関心からつながれる

ペアーズは、約3万以上ものカテゴリがあるコミュニティ機能が充実しています。コミュニティに参加することで、共通の趣味・関心、価値観が近い、共有できる人と知り合え、実際に交際や結婚に発展したカップルも。

>>ペアーズを無料でダウンロード
>>ペアーズ(pairs)の詳しい解説記事はこちら

参加人数が日本最多の婚活パーティー「PARTY☆PARTY」

参加のべ人数 約6万人/月
利用料金
(1回あたり)
男性:4,000~6,000円(リアル対面)、約3,000円(オンライン)
女性:約3,000円(リアル対面)、約1,500円(オンライン)
特 長 ・男女比のバランスが取れ、参加者数が安定している
・真面目にお相手探しをしている人が多い
・運営スタッフの質が良い

「PARTY☆PARTY」は、月間で約5,000件ものパーティー・イベントが開かれている、日本最大レベルの婚活パーティー。

コロナ禍でも申込みは増加傾向にあり、今では月間で約5万人もの人たちが参加しています。再婚希望者向けのパーティー開催も盛んで、「シングルマザーキッズ婚活」や「旅行好き限定」といったコンセプトが豊富なのも魅力です。

小規模開催でじっくり話せる

婚活パーティは自社の落ち着いた個室ラウンジで開かれ、一人ひとりの異性とじっくり会話を楽しめるのが特長。基本的に「男性:女性=8:8」の小規模での開催で、大人数で行う他のパーティーと比較すると、1人あたりと話せる時間が長く、よりお互いを知ることができます。

1回あたり会話は約8分間で、時間が経過するたびに進行役から声かけがあり、男性が席を巡っていきます。全ての異性と話をした後、渡されたアンケートに気になった人を3人まで「いいな」をチェック。お相手も「いいな」をチェックしていたら、カップリング成立で連絡先の交換という流れです。

>>PARTY☆PARTYの公式サイトへ
>>PARTY☆PARTYの口コミ情報はこちら

経済力のある男性と再婚したい女性

経済力のある男性と再婚したい女性

経済力のある男性と再婚したいバツイチ・シンママには、ハイクラスな男性だけが入会・参加するマッチングサービスや婚活パーティーがおすすめ。

男女とも入会・参加に一定条件があるため、女性側のスペックもある程度求められますが、求める人を探すための効率の良さ、質の高さは普通のアプリ・パーティーより優秀です。

↓おすすめサービスはこちら

理由
東カレデート
東カレデート
東カレデートは、2段階の完全審査制で会員の質が厳選されており、スペック・容姿が一定レベル以上でなければ入会できません。

男性会員はエグゼクティブ層が多く、東カレデートの公式データによると「学歴:大卒以上、年収:1000万円以上」の割合が高いことから、ワンランク上の出会いを望む女性にピッタリです。
プレミアムステイタスパーティー プレミアムステイタスパーティーは、男性参加者がエグゼクティブ限定の婚活パーティー。外資・大手企業、医師、弁護士、公務員、高収入、自衛官などスペック別のイイベントが豊富で、職業や年収に絞ったお相手探しができるのが魅力です。

男性は、社員証や源泉徴収票、国家資格証明書などの資格証の提示が義務となっていて、参加者の質も担保されています。

二段階審査をクリアしたハイクラスな男性が集まるアプリ「東カレデート」

東カレデート

東カレデート

東カレデート
料金 月額 6,500円(税込)〜
対象者 独身男女
年齢層 25歳〜34歳
目的・真剣度 恋活・真剣婚活
運営会社 東京カレンダー株式会社
インターネット異性紹介事業届出及び受理済み

東カレデートの公式へ

累計登録者数 非公開
利用者の年代 20代~40代
男女割合 男性1:女性1
利用料金 6,500円/月(1ヶ月プラン)~(男女どちらかが有料会員でメッセージ交換可能)
特 長 ・完全審査制でハイクラスな人と出会いやすい
・男女比が1:1でバランスが良い
・自分の容姿に自信がある人向け

「東カレデート」は、男女とも入会時に2段階の審査があり、条件をクリアした人のみが利用できるアプリ。

男性ユーザーは、高年収・高学歴・一定レベル以上の容姿が揃ったハイクラスな人ばかり。経済的に余裕のあるお金持ちの相手を探すのにピッタリです。

デート相手や彼女探し目的の会員が多いため、再婚活にはベストではないものの、中には前向きに結婚を考えている会員もおり、自分のプロフィール内で目的をアピールしておくと効率的。ただ、内容は違えど入会前審査を受けるのは女性も同じなので、自身の容姿などスペックに自信がある人向きと言えます。

各種証明書の提出で安心

東カレデートは入会時に2段階審査があるため、なりすまし等はおらず安心です。また、マッチング後のメッセージ交換機能にも、身分証明書の提出が必須。義務ではないですが、年収や独身の証明書の提出もでき、提出済みの男性だけを検索することも可能です。

>>東カレデートの公式サイトへ
>>東カレデートの口コミ情報はこちら

参加できるのは高スペックの男性だけ「プレミアムステイタスパーティー」

参加のべ人数 8万人/年
参加者の年代 男性:20代~40代
女性:20代~30代
利用料金
(1回あたり)
男性:5,400~5,700円(年齢により変動)
女性:3,300~4,000円(年齢により変動)
特 長 ・高スペックな男性だけが参加できる
・各種証明書の提出義務があり身元が明らか
・立食スタイルのパーティーが多い

「プレミアムステイタスパーティー」は、高収入・高学歴・人気職業などハイスペックな男性だけが参加できる、大規模型婚活パーティーです。

参加希望者は男女とも、身分証をはじめ職業・年収を証明する各種証明書の提出義務があり、身元が明らかな人ばかりなので安心。再婚希望者向けのパーティーはないものの、現在独身であれば離婚歴などが参加の弊害とはなりません。

パーティーは着席スタイルもありますが、大半が立食スタイルのため自らすすんで異性にアプローチできる人に向いています。

≪過去に開催されたパーティー内容≫

  • 『連絡先交換自由!完全着席型で1対1トーク』30代40代のハイステータス男性と27~30代女性が出会える食事付きパーティー
  • 『おしゃれなカフェで婚活パーティー』30代40代ハイステータス男性と27~39歳女性が立食パーティーで素敵な出会い

「年の差婚」年下女性と再婚したい男性

「年の差婚」年下女性と再婚したい男性

バツイチ男性が、年下女性と「年の差婚」をするには、人柄や包容力だけでなく、収入・貯金・職業・学歴・若々しさなどが、一定レベル以上である必要があります。

また、よほど年上好きの女性でなければ、初婚の若い男性と同じ方法でのマッチングは厳しいため、相手に合わせて戦略を練りましょう。

↓おすすめサービスはこちら

理由
with
with
withは女性会員の70%以上が20代で、若い女性が多いのが特長です。with独自機能である「メンタリストDaigo監修の性格・相性診断」が目的で入会する女性が一定数おり、女性比率が高いことから男性はよりマッチングしやすくなっています。また心理学に基づく性格・相性診断による、若いだけでなく相性もバッチリなお相手探しに最適です。
ホワイトキー ホワイトキーの女性参加者の年齢層は、30代がメインで20代は少なめですが、年齢別に絞った企画が多く、募集年齢が「26~39歳」「33~43歳」「41~53歳」と10~13歳幅あるため、パーティーによっては「5歳以上年下」の女性とカップリングも十分狙えます。大規模なイベントでは「30代~40代」とさらに年齢幅が大きくなっており、「10歳以上年下」の女性との出会いのチャンスも。

ゆる婚活中の20代女性も多いアプリ「with(ウィズ)」

with

with(ウィズ)

マッチングアプリwithの特徴

料金 月額3,600円(税込)~(女性無料)
対象者 恋人のいない独身のみ(既婚者禁止)
年齢層 20代中心
目的・真剣度 恋活
運営会社 株式会社with
インターネット異性紹介事業届出及び受理済み
無料登録はこちら
累計登録者数 約600万人
利用者の年代 20代~40代
男女割合 男性1:女性1
利用料金 男性:3,600円/月(1ヶ月プラン)~、女性:0円
特 長 ・女性はメインの年齢層が20代前半〜で若い
・恋活、ゆるい婚活目的の人が多い

「with」のメイン年齢層は20代〜30代、女性は20代前半~の若い人が多く利用するアプリ。独自の心理テスト・性格診断によって、性格・価値観が合う異性を探せるのが特長です。

withはの女性ユーザーは、「飲み友達」や「遊び友達」といったライトな関係よりは、真面目に付き合える「彼氏探し」、いずれは結婚もできればという「ゆるい婚活」目的の人が多いですが、年齢が若いぶん、今すぐ結婚したい「本気の婚活」で利用している人は少なめ。

ゆるい婚活ではなく真剣な婚活目的であれば、「ペアーズ」「マリッシュ」「マリマリッジ」がおすすめです。

>>withの公式サイトへ
>>withの口コミ情報はこちら

年下と出会える企画のパーティーが豊富「ホワイトキー」

参加者の年代 30代~40代
利用料金
(1回あたり)
男性:4,000~5,500円(リアル対面)、3,000円(オンライン)
女性:1,000円(リアル対面)、500円(オンライン)
特 長 ・個室パーティーで一人ひとりとじっくり会話できる
・20~50代まで年代別に絞ったパーティーが豊富

「ホワイトキー」は、バツイチ・子持ち・再婚理解者限定や、年代別に絞ったパーティーが豊富です。

メインの参加者は30~40代で、年齢差が出るように募集年齢を絞り年下女性と出会いを応援する企画や、20代後半~の女性も参加する企画もあります。自社パーティールームの「個室シート」は、周りの視線が気にならなくなり神的な距離も近づくので、親密度のアップにも。

≪過去に開催されたパーティー内容≫

  • 「30代40代★再婚OK&婚姻歴に理解のある方」個室スタイル 33歳~45歳の男性(年収500万円以上・大卒)と30歳~44歳の女性
  • 【オンライン婚活】40代年上男性(年収400万円以上・大卒)×30代年下女性 安心参加!1対1トーク&マッチング&連絡先交換

シンママ・シンパパ「子持ち」で再婚したい人

シンママ・シンパパ「子持ち」で再婚したい人

「そろそろパートナーが欲しい」「子どもも含めに大切にしてくれる人と家庭を築きたい」「再婚して精神的にも経済的にも安定したい」と願うシンママ・シンパパが婚活に成功するには、離婚歴や子持ちであることに理解のある人が集まる環境でのお相手探しが一番。

「シンママ・シンパパ・理解者」限定の婚活パーティーや、バツイチ・子持ちの再婚活を応援するマッチングサービスなら、似た境遇の人やお互いの価値観を共有できる人との出会いのチャンスが広がります。

↓おすすめサービスはこちら

理由
マリッシュ
マリッシュ
「再婚活応援アプリ」をうたうマリッシュは、バツイチの婚活に力を入れています。「離婚歴がある人やシンママ・シンパパも歓迎」という意思表示となる独自機能「リボンマーク」があり、会員検索でリボンマーク付きの人に絞れば、異性のプロフィール閲覧の効率、マッチングの確率が向上。またマッチング後も、おおまかな事情はお互いに了承済みなので、詳細を打ち明けるときの精神的なハードルも格段に低くなります。
ホワイトキー ホワイトキーは「バツイチ&理解者」「シンママ・シンパパ&理解者」限定の婚活パーティーが多く、参加者は境遇や環境に理解のある人ばかり。初婚の人が大半を占めるパーティーではどうしても不利になりがちなバツイチ子持ちの人も、価値観を共有できる理想のお相手探しがスムーズにできます。

再婚希望のユーザーが多いアプリ「マリッシュ」

マリッシュ(marrish)

マリッシュ(marrish)

マリッシュ(marrish)

料金 月額3,400円(税込)~(女性無料)
対象者 独身のみ(既婚者禁止)
年齢層 20~50代
目的・真剣度 真剣婚活
運営会社 株式会社マリッシュ
インターネット異性紹介事業届出及び受理済み

無料登録はこちら

累計登録者数 140万人
男女割合 男性5.5:女性4.5
利用者の年代 30代~50代
利用料金 男性:3,400円/月(1ヶ月プラン)~、女性:0円
特 長 ・男女共、40代以上の割合が多め
・再婚のお相手探しが目的の人が多い
サービス開始年 2016年

「マリッシュ」は、再婚したいバツイチ・シンママ・シンパパが多く集まっている婚活アプリです。

30代~50代という幅広い年齢層に支持され、そのうち実に約60%がバツイチで、初婚の人も登録する普通のマッチングサービスに比べると、バツイチ率の高さが際立ちます。初婚の人も含めユーザーの結婚願望は強く、約60%が出会いから平均3ヶ月以内に、真剣な交際~結婚へ至っているという実績データもあるほど。

再婚希望者のための優遇システムが充実

マリッシュでは再婚希望者が婚活しやすくなるように、独自の優遇システムが充実。アプローチできる数を増やし、マッチングの精度を高めることで、バツイチや子持ちの人のスムーズな婚活をバックアップしています。

  • リボンマーク
     バツありや、シンパパ・シンママへの理解者であることを示す応援マーク。
  • ポイント優遇制度
     シンパパ・シンママは、機能利用で消費されるポイントが優遇される。

>>マリッシュを無料でダウンロード
>>マリッシュの詳しい解説記事はこちら

低料金・コスパ重視で婚活したい人

「シンママ・シンパパで子どもの養育にお金がかかる」「育児のため残業もできず急の休みを取ることも」「元配偶者へ養育費を送っている」バツイチ・子持ちの人は、再婚活のために割けるお金に余裕がないというケースも少なくありません。

そこで、婚活サービスはできるだけリーズナブルなもの選ぶことがカギ。経済的負担が少なければ「続けられなくて途中で挫折してしまう」「終わりの見えない婚活にお金を払い続ける不安を感じる」といったことも避けられます。

↓おすすめサービスはこちら

理由
マリマリッジ
マリマリッジ
マリマリッジは、バツイチやシンママ・シンパパの再婚を応援しているアプリで、経済的な負担が少ないのが特長的。会員は無料プランと有料プランが選べ、使える機能に多少差がありますが、基本的な機能は無料会員でも使えることから、無課金での利用も可能です。
マリマリッジの有料プランの料金は「男性:1,900円/月」「女性:500円/月」で、仮に課金するとしても(特に男性の場合は)他の婚活アプリより安く抑えられます。
ホワイトキー ホワイトキーのパーティーの参加費は「男性:4,000~6,000円」「女性:500~1,000円」で、他の婚活パーティーとさほど大差ないものの、「早期オンライン予約割引」「直前申込割引」「メール会員限定割引招待」といった様々な会員限定の特典を活用することで、割安に参加可能。特に男性の料金は、他サービスより安めになります。

バツイチ・子持ちの人専用のアプリ「マリマリッジ」

累計登録者数 非公開
男女割合 非公開
利用者の年代 30代~50代
利用料金 男性:1,900円/月、女性:500円/月
特 長 ・バツあり、シンママ、シンパパに特化
・婚活アプリの中で利用料が最安レベル
・リリース間もないアプリなので競争率が低い
・再婚活する人には優遇制度あり
サービス開始年 2021年

「マリマリッジ」は、2021年にサービス開始したばかりの「バツありの人限定」の婚活アプリ。メジャーな婚活アプリを使ったけれど、なかなか良い出会いに恵まれなかった人も、競争率が低い、穴場的な存在のマリマリッジなら、マッチングもしやすく再婚のチャンスも広がります。

再婚特化型ならではの独自プロフィール

再婚活に特化したマリマリッジは、プロフィールの項目が特徴的で、普通のマッチングサービスと大きく異なります。

特徴的な項目として「離婚原因」や「養育費の有無」といった、再婚を視野に入れる上で重要だけれど直接は聞きにくい、ナイーブな情報がプロフィールで確認できるため、より希望条件の合ったお相手を効率的に探すことが可能に。

また、お相手と自分が共通する項目の表示、お相手が自分の希望を満たしている条件の確認といった、パッと見ただけでお相手と相性が良さそうかどうかが分かり、アプローチ時やアプローチに応える際にもサッと判断でき便利です。

>>マリマリッジの公式サイトへ
>>マリマリッジの口コミ情報はこちら

バツイチ・子持ち理解者限定企画がある婚活パーティー「シャンクレール」

参加のべ人数 約5万人/月
利用料金
(1回あたり)
男性:4,000~6,000円
女性:500~1,000円
特 長 ・1回で大勢の異性と出会える
・初心者にも参加しやすい雰囲気
・外見も重視したい人向け

「シャンクレール」は、PARTY☆PARTYに次いでイベント数の多さが特徴。

PARTY☆PARTYは8対8の小規模型がメインですが、シャンクレールは20対20の中規模型の婚活パーティーを中心に日本各都市で開催しています。

中規模型の婚活パーティーの中では実績が多く、「バツイチ・バツイチ理解者」「子持ち・子持ち理解者」限定イベントでも申込みが安定的に集まるため、一度で20人もの再婚希望者・再婚理解者と知り合えるのが魅力です。

外見重視・第一印象に自信ありの人におすすめ

中規模型パーティーは人数が多い分、少人数制と比べて1人あたりと話せる時間が非常に限られ、2~3分と短いのがデメリット。

そのため、お相手から好感を持ってもらえるかどうかは、会話の中身より第一印象で決まると言っても過言ではありません。お相手の外見も重視している人、自分の外見にも自信がある人にはおすすめですが、そうでない場合はPARTY☆PARTYの方が参加しやすいかもしれません

バツイチの再婚なら「結婚相談所+他の婚活方法」を併用すべき

バツイチの再婚なら「結婚相談所+他の婚活方法」を併用すべき

結婚相談所のメリットは、プロの仲人・コンシュルジュによる充実のサポートが受けられ、成婚まで伴奏してくれるところ。また会員は登録時に、身元・学歴・職業・収入などを確認できる「独身証明書」など各種証明書の提出が必須なので、安心して婚活が進められます。

反面、幅広いサポートがついている分、他の婚活サービスと比較すると料金は高額に。また、1度に何人もの人と話したり、複数人に同時並行でのアプローチはできません。

婚活サイト・婚活アプリは、手軽に登録できて料金も安いのがメリット。いつでもどこでもお相手探しやアプローチが可能です。しかし中には、独身・収入・職業などの証明書類の提出が必須でないものも少なくなく、なりすましや既婚者がいることも。

1回の参加でに数人~数十人もの人と出会え、複数の選択肢から本命のお相手を探せます。ただ、参加人数がキャンセルなどで直前まで確定しないため、実際の参加人数が極端に少なかったり、また男女の比率調整ができず、当日、急遽中止を知らされるケースも、婚活アプリど同様、中には独身・収入等の証明書が求められないパーティーも多いので、冷やかしやなりすまし、既婚者を完全には防げません。

各婚活サービスにはそれぞれ長所・短所があり、1つのサービスだけを偏って利用すると、手軽さ、出会える人数、コストの安さ、会員の信頼性、サポートの手厚さといった、効率的なお相手探しに必須な要素のいずれかが欠けた状態になるため、会員の信頼性とサポートの手厚さに長けた「結婚相談所」をベースに、手軽さと出会える人数、コストの安さに長けた「婚活サイト・婚活アプリ」「婚活パーティー」の併用が、バツイチ・シンママ・シンパパの婚活に最適です。

公式アカウントをフォロー

マッチングアプリ大学公式ツイッターマッチングアプリ大学公式フェイスブック

この記事を書いた人

婚活アドバイザーアカネ

婚活アドバイザーとして、皆様の婚活をお手伝いします。今すぐ役立つ具体的なアドバイスをいたします♪