小倉城で歴史を体験&天守閣から夜景も観賞するデートプラン|福岡県北九州市

この記事では、福岡県北九州市にあるお城「小倉城(こくらじょう)」を中心に周辺の観光名所を訪れ、福岡の観光を満喫するお散歩デートをご紹介します。

小倉城はJR小倉駅から徒歩約15分、北九州都市高速の大手町・勝山ランプからは車で約2分の場所に位置し、全国有数の好アクセスの上、自然を感じながらしっかりと歴史を学べるお城です。

また小倉は、世界中に知られる宮本武蔵が長く暮らした場所でもあり、宮本武蔵ファンにとっては聖地とも言える場所です。

その他にも、お城周辺には緑鮮やかな庭園をはじめ、ひと休憩するのにちょうどいいスポットなど、カップルで楽しめることがたくさんあります。

今回はそんな小倉城の魅力をたっぷりご紹介します!北九州でのお散歩デートを計画しているカップルは、ぜひ参考にしてみてください。

こんなカップルにおすすめ!
おすすめ年代:20〜40代
おすすめカップル:パートナーとゆったり散策をしたいカップル
どんなデート?:自然の中を散歩、歴史巡り、和スイーツを食べる

概要:都会のオアシスの中で歴史を感じるゆったりデート

小倉城は、北九州市小倉北区に位置するお城です。天守閣内ではお城の歴史を体験しながら学ぶことができます。ランチやデート前後には周辺の定番デートスポットに足を運ぶのもよいでしょう。

今回は小倉城を中心に、奥深い歴史にふれるデートプランをご提案します!

今回のデートのメイン
小倉城
周辺のデートスポット
・松本清張記念館
・門司港レトロ
休憩・ランチにおすすめのお店
・小倉城庭園「立礼席」
・しろテラス「辻利茶屋」

北九州市出身の歴史小説作家、松本清張の生涯を知ることができる「松本清張記念館」は小倉城から歩いて2分。清張の生涯や、当時のニュース映像を使って構成された長さ22mの巨大な年表を見ることができます。

ちょっと歩き疲れたら、小倉城の城内にある“しろテラス”の「辻利茶舗」で、スイーツを味わうのもおすすめ。疲れた足を癒しながら、辻利ならではの和の空間を感じてみましょう。

また、フォトジェニックなスポットで溢れる「門司港レトロ」までは車で30分以内です。ドライブしたり海のそばを散歩したりすると、ロマンチックな気分も高まりますよ。

では初めに、今回のメインスポットである小倉城を詳しく紹介します。

まさにテーマパーク!様々な楽しみ方がある「小倉城」

小倉城庭園の書院棟から望む天守閣

「小倉城」は北九州市の都市部に位置し、城内に構えた立派な庭園と、体験を中心とした歴史学習が魅力の、自然と歴史を一度に感じられるデートスポットです。

1602年から7年の歳月をかけて造られたお城は、5階の方が4階よりも大きい「唐造り」と呼ばれる天守閣が特徴。最上階からは小倉の街並みを一望でき、周囲には人気観光スポットも多いため、たくさん動いて心地よい疲れを感じられるような、充実したデートが可能です。

今回は、そんな小倉城で城代を務める小倉さんに、魅力や見どころについてお話を聞きました。

歴史を体験しながら学べる、エンターテインメント城ミュージアム

小倉城の天守閣2階の歴代城主や小倉の歴史・文化の展示
▲天守閣2階には歴代城主や小倉の歴史・文化についての展示がある

編集部

都会の中に突然立派なお城が現れるなんて、驚きです!交通アクセスがよいと、道に迷う心配もかなり減るため、デートによりいっそう集中することができそうです。では改めて、小倉城について教えてください。

城代:小倉さん

小倉城エリアは、新幹線が必ず停まる小倉駅から商店街などの中心部を歩いて15分以内の場所に位置しており、大変便利です。ここまでアクセスの良いお城は珍しいと思います。

また、福岡県唯一の天守閣を持つ(※)小倉城は「エンターテイメント城ミュージアム」というコンセプトを掲げております。日本有数の規模を誇る天守閣内には様々な展示やアクティビティがあるため、飽きることなくお楽しみいただけます。(※参考:小倉城公式ページ

小倉城の天守閣の高さは全国6位ですが、創建当時は床面積が全国一であったため、掛け合わせた天守閣の容積は大阪城、名古屋城に次ぐ大きさなんですよ。

編集部

小倉城がそんなに大きな天守閣を持つお城だとは知りませんでした。

それにしても「エンターテイメント城ミュージアム」とは、他に聞かない面白いコンセプトですね。確かに、お城の歴史やそれにまつわる資料が展示されているだけでなく、体感型の展示が多い印象です。コンセプトに対して、目指しているものなどがあるのでしょうか?

城代:小倉さん

小倉城エリアは公共空間を活用したテーマパークを目指しています。小倉城の3施設「天守閣」「小倉城庭園」「しろテラス」それぞれにテーマを持たせており、それに合わせた工夫を行っています。

例えば、天守閣は「戦」をテーマにサムライ・武士・忍者などの衣装、小倉城庭園は「武家屋敷」をテーマに着物の衣装、しろテラスは「城下町」をテーマに商人や町人の衣装を着たスタッフがお出迎えしていますよ。

武家屋敷をテーマにした扮装をする城代:小倉さん
▲武士の扮装をする城代の小倉さん

また、天守閣では「大迫力の小倉城シアター」「流鏑馬ゲーム」「デジタルなりきり」「駕籠体験」「姫や兜の衣装体験」、小倉城庭園では「目の前でお点前を楽しめる呈茶体験」「夜のレーザーライトアップショー」など、他ではあまり体験する機会のない様々なアクティビティを体験いただけます。

おそらく他にはない面白いお城だと思うので、江戸時代にタイムスリップしたかのようなひとときをお過ごしください。

編集部

まるで時代劇から飛び出してきたような衣装がとても素敵ですね。思わず「ハハ〜」と言いながらひれ伏してしまいそうになります。

エリアごとに違った衣装を着たスタッフさんが対応してくださるとは、その徹底ぶりに驚きました。細やかなテーマ設定が、小倉城の親しみやすさを作っているんですね。

また小倉城で体験できるアクティビティの数にも驚きました。テーマパークとおっしゃる意味がよくわかった気がします。

「巌流島の決闘」で有名な宮本武蔵・佐々木小次郎の専用フロアも

天守閣3階の宮本武蔵、佐々木小次郎の専用フロアの様子
▲天守閣3階は宮本武蔵、佐々木小次郎の専用フロアになっている

編集部

小倉城で見ることができる主な展示について教えてください。

城代:小倉さん

世界中に知られる宮本武蔵・佐々木小次郎の巌流島の決闘は、ここ小倉藩で起こった物語です。佐々木小次郎は小倉藩の剣術師範であり、宮本武蔵はそこに挑み勝利しました。

その後、宮本武蔵の養子である宮本伊織は小倉藩の筆頭家老となり、それ以降宮本家は小倉藩の家老職を務めています。それもあり、宮本武蔵が生涯で一番長く暮らしたのがこの小倉です。

天守閣内ではこうした歴史の紹介はもちろん、天守閣前には二人の銅像も建っています。そのため小倉城は、宮本武蔵ファンにとって聖地とも言える場所です。

また、宮本武蔵のフィギュアと戦うシーンは人気のフォトスポットになっていますよ。

編集部

あの誰もが知る有名な宮本武蔵が生きた地が「小倉」だったとは、恥ずかしながら知りませんでした。時を超えて、いま自分がその場所に立っていると思うと、何だか不思議な気持ちになります。歴史が好きなカップルにはたまらないエピソードですね。

城代:小倉さん

小倉城の展示のなかで特に私がお気に入りなのは、小倉城天守閣にあり小倉城のシンボルでもある「二頭の虎」です。

「迎え虎」「送り虎」という二枚の絵で、大きさは共に日本最大級の高さ4.75×幅2.5mです。作者は宇佐神宮のお抱え絵師であった佐藤高越氏。ぜひ迫力ある二頭の虎をご覧ください。

小倉城のシンボルである「二頭の虎」
▲左が迎え虎、右が送り虎。どちらも大迫力です

この二頭の虎にちなんで作られた小倉城の公式マスコットキャラクター「とらっちゃ」も人気ですよ。天守閣でみなさまをお出迎えし挨拶しています。とらっちゃダンスなどもあり、一緒に記念撮影をしたいというお客様もいらっしゃいますよ。


※音が出るためご注意ください

編集部

二頭の虎はすごいド迫力ですね。大きさもあるからか、目の前で見ると圧倒されてしまいます。小倉さんが一押しとおっしゃる気持ちが分かる気がしました。

それにしても、とらっちゃはとても可愛いですね!とらっちゃに会ったら、ぜひ一緒に3人で記念撮影をしたいです。

城代:小倉さん

天守閣内には、小倉出身の俳優である草刈正雄氏がナレーションを務める大迫力の小倉城シアターなどもありますよ。こちらでは天守閣再建の400年の歴史について知ることができます。

細川家、小笠原家といった名門の大名がその影響を色濃く残した歴史や文化を知り、江戸時代の小倉に思いを馳せてみてください。

小倉城シアター
▲迫力の映像と音で歴史を学ぶ

編集部

草刈正雄さんという有名俳優による素敵なナレーションが聞けて、歴史も学べるなんて一石二鳥ですね!このシアターを訪れるだけでも満足感のあるデートになりそうです。

城代:小倉さん

他にも、天守閣内のギャラリーや企画展示コーナーでは、地元アーティストを中心とした様々な個展も開催しております。小倉城庭園では、常設展示の他、年に1〜2回程度企画展を開催しています。

また今後は、予定している「小倉織」の展示などのような小倉の文化をお楽しみいただける展示を目指したいと考えています。

編集部

天守閣内にギャラリーまであるのですね。お城でアーティストの個展を観覧できるとは、小倉城で楽しめる内容の幅の広さに本当に驚きました。カップルでデートで来た際は、小倉城だけで1日過ごせるほどのボリュームですね。

またしても「テーマパーク」というその表現がピッタリだと感じてしまいました。

天守閣から「日本新三大夜景都市」北九州の美しい夜景を観賞しよう

小倉城ナイトキャッスルの様子
▲天守閣のバーでは夜景を眺めながらお酒をいただくことも!

編集部

これまでもたくさんの小倉城の魅力をお聞きしましたが、その他にも「ここが自慢!」といったサービスはありますか?

城代:小倉さん

小倉城、小倉城庭園はいずれも20時(冬季は19時)まで営業しています。早く閉まるお城が多い中で、季節を問わず夜まで過ごせるのは小倉城だけです。また年中無休で、毎夜ライトアップも行っていますよ。

また、週末を中心に、さらに夜遅くまで小倉城が楽しめる小倉城ナイトキャッスルの営業を行っています。22時までお過ごしいただけ、その時間帯は天守閣でバーも営業しています。

北九州の美しい夜景は、2022年度に「日本新三大夜景都市」で第一位を獲得(※)しました。そんな格別な夜景を眺め、2人でお酒をいただきながら語り合ってみてはいかがでしょうか。(※参考:日本新三大夜景

夜に点灯する小倉城の提灯▲小倉城ナイトキャッスルの日は提灯が灯ります

編集部

北九州の夜景をお城から眺められるなんて、ロマンチックすぎます…!昼だけでなく、夜のデートにも訪れられるスポットなんですね。また、有名な夜景を眺めながらお酒をいただけるとのことで、想像しただけでテンションが上がってきました。

城代:小倉さん

小倉城ナイトキャッスルにおいては、新たなデートの定番スポットになりつつあります。ナイトキャッスルでプロポーズされ、ご結婚されたカップルもいらっしゃるほどですよ。

また小倉城庭園のレーザーライトアップショーを眺めながらの雰囲気は格別で、カップルで愛を語り合うのにピッタリなのではないでしょうか。

小倉城庭園のレーザーライトアップショーの様子
▲赤や青に照らされた庭園の向こうにライトアップされた白い小倉城が浮かび上がり、とてもキレイですね

編集部

さまざまな色のライトが混ざり合って、本当に綺麗です。夜の雰囲気に背中を押されて、普段は言えない素直な思いをパートナーと伝え合えそうですね。

春は桜が見どころ!名所として「桜の城」という異名を持つほどの美しさ

編集部

これまで天守閣を中心に小倉城の魅力について伺いましたが、今伺った庭園などもとてもキレイですよね。ぜひ城内の魅力についてもう少し教えてください。

城代:小倉さん

小倉城庭園は、細川時代は筆頭家老の屋敷、小笠原時代は下屋敷(御遊所)として使用された、池泉回遊式(※)の庭園が楽しめる本格的な武家の書院を再現した施設です。
※江戸時代に発達した、池の周りを一周しながら庭園を鑑賞する日本庭園の一様式。

小倉城庭園にある書院棟
▲小倉城庭園に佇む書院棟

小倉城庭園に入ると「ここが都会の真ん中とは思えない」と感じてしまうほど、穏やかで心安らぐひと時を過ごすことができます。まさに都会のオアシスと言えるのではないでしょうか。おもてなしや文化の発信拠点でもあり、季節に関わらず毎日お点前を見ながら呈茶を楽しめる「立礼席」もございます。

小倉城庭園の立礼席
▲お点前と呈茶の体験ができる

編集部

都会にいながら安らぎを感じられるなんて、日頃の疲れを癒やしたい人にピッタリですね。和風カフェなどでお抹茶をいただくことは出来ますが、普段の生活のなかでお点前を拝見しながら呈茶を頂く機会がないのでぜひ寄ってみたいです。

デートで小倉城を歩き回った後、ホッと一息つきたいときに行くと良さそうですね。

城代:小倉さん

秋の小倉城庭園では、紅葉を見ることもできるんですよ。また同じ頃に「小倉城竹あかり」が開催され多くの人が訪れます。そこでは、幻想的なひとときを味わうこともできます。

春には桜が見られるのですが、その美しさは、江戸時代から続く歴史ある桜の名所として「桜の城」という異名を持つほどです。

小倉城庭園の紅葉
▲小倉城庭園の紅葉

編集部

季節によって表情の違った美しさを感じることができるんですね!一度だけでなく二度三度と足を運ぶきっかけがあると、二人の思い出の場所になりそうです。

あんみつやぜんざいなど和風スイーツも充実!一息つきたいときは"しろテラス”へ

しろテラス外観
▲お土産からカフェまでが揃う"しろテラス”

編集部

一日中小倉城でデートするとなると、ランチやお茶をしたいカップルも多いと思うのですが、城内でレストランやカフェなどはあるでしょうか?

城代:小倉さん

小倉城内に"しろテラス”というスポットがあり、そこに「辻利茶屋」という和風カフェが入っており、和風スイーツなどをお召し上がりいただけますよ

他にも"しろテラス”はラウンジやお土産処などもあり、北九州の名産品などここでしかお求めいただけない商品や、日本有数の種類豊富な御城印も取り扱っています。

編集部

お城で和風スイーツがいただけるのは良いですね。ケーキなどの洋風スイーツよりも、よりお城デートの雰囲気を楽しめそうです。

北九州の名産など数々のお土産も購入できるということなので、デートの思い出づくりのためにも、ぜひ"しろテラス”でお揃いのお土産や美味しいものを買って帰りたいですね。

記念撮影スポットがたくさん!「鳥居+天守閣」の写真はSNS映えも

小倉城庭園の書院棟から望む天守閣
▲小倉城庭園の書院棟から望む天守閣はベストスポット

編集部

さまざまな見どころのある小倉城ですが、おすすめの記念撮影スポットがあれば教えてください。

城代:小倉さん

天守閣前のお堀から撮影するスポットが人気です。また、少し引くと天守閣と一緒に鳥居を一枚に収めることができるため、全国的にも大変珍しい写真がお撮りいただけます。

庭園内から天守閣をバックに撮影するスポットも、結婚式の前撮りなどでは定番になっています。

天守閣と鳥居を一枚の写真に収められる珍しいスポットのようす
▲天守閣と鳥居を一枚の写真に収められる珍しいスポット。

編集部

天守閣と鳥居を一枚の写真に収められるなんて、とてもSNS映えしそうです!一番いい角度を探して、二人でああでもない、こうでもないって言い合いたいですね。

また庭園からの天守閣もとてもキレイです。結婚式の前撮りスポットとして選ばれるのも分かる気がします。建物全体と人物を同時に入れる写真はなかなか撮るのが難しいので、絵になる撮影スポットがあるのは嬉しいですね!

庭園の落ち着いた雰囲気を味わいながら、ぜひ写真を撮ってみたいです。

小倉城を訪れた人の感想・口コミ評価

編集部

小倉城を訪れた方からよく聞く感想などがあれば教えてください。

城代:小倉さん

「あまり期待していなかったけど、立派なお城で展示も面白かった」「全国のお城を巡っているが、こんなにおもてなしされたことはない」「初めて本格的な茶道のお点前を見て感動した」など、たくさんのお声をいただいております。

編集部

こういった感想を聞くと、ますますデートで行ってみたくなります。全国のお城を巡られている人が感動されるほどですから、よほどなんだろうなと思ってしまいます。お城に特別な思い入れのないカップルでも楽しめそうですね。

城代:小倉さん

実はご来城される約4割のお客様がカップルなんですよ。若い学生さんカップルから、ご年配の老夫婦まで幅広くご愛顧いただいております。

編集部

それはスゴイ!ということは、北九州では既に定番のデートスポットになりつつあるということですね。これは見逃せないと改めて感じてしまいました。

「バラエティ豊かな歴史体験が魅力」「ライトアップが綺麗」といった声がたくさん

今回ご紹介した「小倉城」に関して、Googleやポータルサイト、SNSなどでもリアルな口コミを調べてみました。

アイコン
お城の中でいろんな体験ができて楽しかった
アイコン
夜のライトアップがすごく綺麗だった
アイコン
かっこいい御城印をゲットできた

この他にも、「春の夜桜がとっても綺麗!」「庭園には趣があってリラックスできた」という声も見られました。古くから北九州の土地に佇むお城の歴史を知ることで、知的好奇心をくすぐるデートが味わえそうです!

小倉城からカップルへのメッセージ

武士をテーマにした扮装をする城代:小倉さん
▲甲冑・陣羽織姿の城代:小倉さん

編集部

最後に、これから小倉城を訪れるカップルへメッセージをお願いします!

城代:小倉さん

小倉城エリアはカップル向けのお城としては全国トップレベルであると自負しております。

閉館後に貸切も可能で、国際会議等のユニークベニューの他、各種パーティーやイベントでも活用していいただけます。実際に施設を活用して、カップリングパーティーが何度も開催されていますよ。

日中はもちろんのこと夜間も開いていることから、仕事の帰りのデートやロマンティックなひとときをお過ごしいただくのにピッタリの場所です。天守閣の最上階で飲食ができるのは、数あるお城の中でもかなり珍しいです。SNS映えする写真撮影も可能ですし、思い出に残るデートができるのではないでしょうか。

天守閣にはエレベーターも完備しており、天守閣内の移動も楽々です。足の不自由な方にも快適にお楽しみいただけますよ。

そんな小倉城へぜひ足をお運びください。皆様のお越しをぜひお待ちしております。

編集部

奥深い歴史や、四季を通して楽しめる景観についてたくさんのお話を伺い、小倉城の魅力をより感じられました。小倉さん、本日はありがとうございました!

小倉城の基本情報

住所 〒803-0813
福岡県北九州市小倉北区城内2-1
電話番号 093-561-1210
営業時間・休業日 ・4月〜10月:9:00~20:00
・11月〜3月:9:00~19:00
※日によって営業時間が異なります。
※詳しくは公式ホームページをご確認ください。
休業日 年中無休
最寄り駅・アクセス 

【電車】
JR「西小倉駅」から下車、徒歩10分
JR「小倉駅」から下車、徒歩15分

【車】
大手町ランプから約2分
勝山ランプから約2分

駐車場 あり(有料)
料金

【小倉城】
一般 : 350円
中高生 : 200円
小学生 : 100円

【2施設共通券(小倉城、小倉城庭園)】
一般:560円
中高生:320円
小学生:160円

【3施設共通券(小倉城、小倉城庭園、松本清張記念館)】
一般:700円
中高生:400円
小学生:250円

公式サイト https://www.kokura-castle.jp/
空いている曜日・時間帯 平日:終日混雑なし
土・日・祝日:夜間は比較的空いている
平均滞在時間 小倉城天守閣:平均1時間10分
小倉城庭園:平均45分
しろテラス:平均15分

※最新の情報はホームページ等でご確認をお願いいたします。
※記事中の金額はすべて税込表示です。

小倉城の周辺デートスポット

ここからは、小倉城の前後にぜひ訪れたい、周辺のおすすめデートスポットを紹介します。

おすすめのデートスポット

「松本清張記念館」で、有名歴史小説のルーツを知る

小倉城から歩いて2分の「松本清張記念館」は、北九州市出身の作家である松本清張の才能あふれる創作を紹介している記念館です。

清張の一生を通じた作家史や、当時のニュース映像等で構成する長さ22mの迫力のある年表、記念館オリジナルアニメ映像などを観ることができます。その他、あらゆる情報を調べられるライブラリや喫茶室などがあるため、ゆったりと館内を散策するのもいいですね。

下記公式サイトでは「松本清張記念館」にて開催される企画展の情報や、松本清張の作家史を知ることができます。

公式URL:松本清張記念館

ロマンチックな記念写真は「門司港レトロ」で

小倉城から車で30分以内の海沿いにある「門司港レトロ」は、北九州のなかでも特に人気の観光地です。ハイレベルな「映え」スポットが集結しており、二人の思い出を残すためにもピッタリの場所といえるでしょう。

明治〜大正時代に主要な貿易港として栄えた、門司港の古き良き雰囲気を感じさせる洋館を巡ると、まるでその時代にタイムスリップしたかのような不思議な感覚が味わえますよ。

下記公式サイトでは「門司港レトロ」でのスナップや、レンタサイクルなどの観光情報があり、その魅力を詳しく知ることができます。

公式URL:門司港レトロインフォメーション

まとめ:お城を歩いて、歴史と自然を味わいつくすデートを

今回は福岡県北九州市にある「小倉城」を中心に、都会の中にありながら、歴史と自然を感じる周辺スポットをまわるデートプランをご紹介しました。みなさんもぜひ一度、歴史を学び体験するデートを試してみてはいかがでしょうか。

この記事を参考に、充実したデートをお楽しみいただければ嬉しいです。

公式アカウントをフォロー

マッチングアプリ大学公式ツイッターマッチングアプリ大学公式フェイスブック