オーネットへの入会を辞めた私が「たった3ヶ月」で恋人を作った方法

オーネット入会を辞めた理由と3カ月で恋人を作った方法

以前、楽天オーネットの無料相談に行ったレポートをまとめました。

実は、私はオーネットには入会しませんでした。

そして、その後3カ月で恋人を作ることに成功しました。

今回は私が楽天オーネットの入会を辞めた理由と、3カ月で恋人を作るために考えたことを語らせてください。

>>私が3カ月で恋人を作った方法

私がオーネットに入会しなかった理由

私がオーネットに入会しなかった理由

オーネットの無料相談では「これはすごいぞ、いいぞ!」と思ったのですが…。

自宅に帰って改めて考えた結果、入会は見送ることにしました。

確かに結婚相談所としては料金も安く、サポートも万全です。もし結婚相談所に入るならば、オーネットを選ぼうと思いました。

ですが、私自身が結婚相談所に入る決心が付きませんでした。

その理由は3つ。

周りの真剣度の高さについていけるのだろうか?

結婚相談所というと、半年でプロポーズ、1年で入籍というのが一般的なんだそうです。そりゃそうですよね、皆さん結婚したくて相手を探しているのですから。

でも、私は結婚がしたくてたまらないというよりも、本当に大好きな人を見つけて幸せになりたかったんです。

正直、半年のお付き合いで結婚を決めてもいいものなのだろうか?と考えていました。

私の考えとしては、丸1年お付き合いして、数カ月一緒に暮らして、そこから一生一緒にいるべきかを決めたい。そう思いました。

良い人が見つかってお付き合いしても、たった数カ月の付き合いでプロポーズされ、それを私は受け入れることができるのだろうか…?

そう考えたときに、真剣度が高い楽天オーネットとのギャップを感じました。

傷つかずに婚活できるのか

カウンセラーさんに言われたのです。

「結婚相談所にフェードアウトはありません。必ずYESかNOかで答えを出さなくてはいけません。お断りされてもあきらめずに頑張る気持ちはありますか?」

「皆さん、辛い思いをしたり涙を流しながら、頑張っていますよ」

追い打ちをかけるように、そういわれたのです。

私は正直、気にしいでメンタルも強くありません。そんな中でお断りする・お断りされるの精神的な変動についていけるのか心配でした。

カウンセラーさんは優しくも厳しくも、一生懸命にサポートしてくれます。でも、私はそのサポートを受け入れられるのだろうか…。

メンタルを壊さず、婚活自体を楽しめるのか?そう考えたときに自信がなかったのです。

自分でできる婚活は本当にやりつくしたのだろうか?

オーネットのカウンセラーさんは

「今婚活しないとドンドン結婚できなくなるよ!」

「男はやっぱり年齢で女性を見てしまう」

と喝を入れてくださいました。とてもショックで婚活って辛いなぁと感じ他反面、徐々に本気で頑張ろうという気持ちもわいてきました。

結婚相談所はなんとなく一番高級で確実な婚活サービスというイメージがありました。実際にきっとそうなんでしょうね。婚活のプロがサポートしてくれるのですから、そりゃ結婚相手が見つかる確率は高いです。

でも、今その最終兵器を使うべきなのだろうか?私一人でできる婚活は本当に全てやりつくしてきたのだろうか?こんな疑問が湧いてきてしまいました。

結果的に私が出した結論は、あと3カ月自分で頑張ると決め、積極的に男性に会うこと。楽天オーネットの無料相談はモチベーションをあげる良いきっかけになりました。

本気の婚活を3か月間だけすることにした

婚活サイトで本気の婚活をスタート

そして、その日のうちにすぐに婚活サイト3つに登録しました。

婚活サイトにした理由は今すぐ始められて、時間に縛られずに24時間フル活用できるからです。(実際は1日2~3時間しか使いませんでしたけど)

3つ登録した理由は、3つともよさそうだったから比較している暇もないしまとめて使おうと思ったからです。(ガサツ…)

私が登録をしたのは

の3サイトです。

婚活サイトもオーネットも同じなのではないかと気づいた

オーネットと婚活サイトマッチングの方法は同じ

実際に使い始めて気づいたのが、楽天オーネットの条件マッチングも、婚活サイトも結局は同じという事です。

楽天オーネットでは紹介経由とプロフィールから自分で探す方法と2種類あります。

  • 顔写真から相手を探す(自分で)
  • プロフィールを見て自分から気になる人に申し込み(自分で)
  • データから相性のいい相手と出会う(紹介)
  • カウンセラーからの直接紹介(紹介)

ですが、紹介は多くても月に6名ほどで、ほとんどが自分で探して申し込みをするそうです。

ん?まてよ…これって、婚活サイトでプロフィールを検索して探すのと同じだ…

気づいてしまったのです。

顔写真から相手を探すならば、婚活サイトで顔写真一覧をみて選べばいいですよね。

プロフィールを見て自分から申し込みも、婚活サイトと同じです。

データから相性のいい相手を選んでくれるというのも、最近の婚活サイトには備わっている機能です。

カウンセラーからの直接紹介だけはありませんが、そのほかの機能は婚活サイトもオーネットも同じだったのです。

とすると、あとはアドバイスしてくれる人の存在ですが、ブライダルネットはその機能がついていました。

担当の婚シェルという方にオンラインで相談ができたのです。

あれ…これって楽天オーネットなくてもいけるんじゃ…?そう確信しました。

私が使った3サイトの情報は以下のリンク先でかなり詳しく紹介されていますので、もし興味を持ったのならば是非見てみてください。

3つ同時利用が出会いを加速させた

私は1日の時間帯を「朝・昼・夕・晩」と分けて1週間のスケジュールを立ててこの時間はこのサイトを開くと決めていました。

朝:通勤中の45分→マッチコムの返信

昼:お昼休みに20分→プロフィールを見ていいねを送る

夜:通勤中の45分→ブライダルネットの返信

晩:寝る前の1時間→ゼクシィ縁結びの返信

そして、土日は最低2人と会うようにしていました。ひどいときには1週間に10人とアポがありスケジュール帳も頭も情報がぐちゃぐちゃでした。

その結果、3カ月でメッセージした人数は大体300人、その中から実際に会った人数が80人。そして、お付き合いに発展したのが1名。

なかなかのハードスケジュールでしたが、結果として恋人を作ることができました。

婚活は「どこでやるか」ではなく「どれだけの人数と出会うか」だった

婚活の重要ポイントは出会う人数!?

婚活サイト3刀流を初めて2週間ほどするといろいろなことに気付き始めたんです。

プロフィールと写真とメッセージ数通で人柄がわかる

はじめは話してみないとわからない、会ってみないとわからないと思っていたのですが、数人と会った段階で、良い悪いの印象が会う前のメッセージと一致していることに気づきました。

つまり、プロフィールや写真、メッセージで良いなと思っている人は、会っても大体相性が良く、逆に違和感を感じた場合は、会った時もイマイチと感じたのです。

これに気づいてからは、メッセージを5往復までというルールを決めて会う会わないを判断するようになりました。

見る目があるならば、出会う人数が最も重要だった

確率論なのですが…10人デートをすると大体1人は付き合ってもいいかなと悩んでいました。これはおそらくどの婚活方法でも変わらないのではないかなと思います。

結局、変な人につかまらない見る目さえ持っていれば、ネットで婚活しようが結婚相談所に入ろうが同じだと実感しました。

結婚相談所は、悪い奴ら(遊び人)がいない偏差値60の優等生クラス。婚活サイトはちょこっと不良がいる偏差値50の普通のクラス、出会い系や合コンはヤンキーばかりの偏差値40の劣悪クラス。

この中から受験に合格する可能性どれくらいか、と考えてみてもらえれば良いと思います。

優等生クラスは確率は高いですが、劣悪クラスでも母数を増やせば結果的な人数は同じになっていきます。

結局、結婚相談所で10人と会うのか、婚活サイトで30人と会うのか、出会い系サイトで100人と会うのか、この違いなんだなと感じました。

多くの人と会う時間と体力があれば婚活サイトを選べばいい。

逆にお金はあるけど時間と体力がないならば結婚相談所を選べばいい。

結果、本当に好きになれる人を3カ月で見つけられた

婚活で大事なのは何人と出会うか

結果として、性格もスペックもルックスも私好みの、スーパー彼氏を見つけることができました。

3か月間いろいろと考えに考え、頑張ってきました。今はお付き合いが順調に進んでいて、将来の話もし始めています。

婚活はどこでやるかではなく、何人と会うか。

楽天オーネットは素敵な人を紹介してくれると思いますが、自分で選び自分で決める婚活も悪くないですよ。

もし、楽天オーネットに入会するか悩んでいる人の参考になればと思います。

3ヶ月で恋人を作った方法

↓↓婚活サイト&アプリを徹底比較した究極のおすすめランキング↓↓

婚活サイト&アプリを徹底比較した究極のおすすめランキング

読者からのコメント

自分の意見を投稿する

内容
性別
年齢
名前

公式アカウントをフォロー

マッチングアプリ大学公式ツイッターマッチングアプリ大学公式フェイスブック