60代・シニアの出会いに最適なマッチングアプリ7選!パートナー・友達・恋活婚活におすすめ【登録無料】

60代におすすめのマッチングアプリ

この記事では60代・シニア層におすすめのマッチングアプリ・婚活アプリを紹介します。

この記事のまとめ
  • 60代の利用者が一番多いアプリはペアーズ
  • 迷ったらペアーズを使っておけばOK(登録無料)
  • 目的によって利用するアプリを使い分けよう

60代になると仕事をリタイアして自由な時間が多くなる一方、社会とのつながりが希薄になると言われています。一緒に趣味や好きなことを楽しんでくれる友人や、悩みに寄り添ってくれるパートナーが欲しいと思う人も多いのではないでしょうか。

この記事ではパートナー・友達・恋人・結婚相手を探すことのできるマッチングアプリについて紹介しています。出会いを求める60代・シニア層の人は、実際に出会っている人も多いため使ってみる価値がありますよ!

60代おすすめの大手アプリ

60代の登録者数No1

ペアーズ

pairs

バツイチ
理解者と出会う

マリッシュ

marrish

結婚・パートナー
生涯の伴侶探し

ブライダルネット

bridalnet

ここからはさらに詳しく60代・シニア層におすすめのマッチングアプリを解説していきます。

60代の5人に1人がマッチングアプリ経験あり!

シニア層のスマホ普及率が上がっている影響もあり、マッチングアプリに興味を持つ60代の方が増えています。

当サイトで「60代で5年以内に恋人・結婚相手・パートナーと出会った場所」を100人にアンケート調査をしたところ、マッチングアプリで20%もいました。

60代の100人に聞いた恋人・結婚相手・パートナーと出会った場所

※2023年2月、アプリ大学のアンケートにて60代100人を対象に調査

60代でも利用している人が意外にも多いと驚いた人も多いのではないでしょうか。今回は100名の調査だったので、実際はもっと多いか、これからの日本市場的にさらに多くなるかもしれません。

つまり今から始めてもまったく遅くないので、登録だけでも始めてみてはどうでしょうか。

→60代におすすめマッチングアプリを確認する

60代・シニアが使っているマッチングアプリ一覧

60代に人気のマッチングアプリ

60代がリアルタイムでも2,000人以上いる!

【ペアーズ】
アプリストアへ

60代・シニア層におすすめしたいマッチングアプリベスト7はこちらです。

▼60代におすすめマッチングアプリ一覧

アプリ名 特徴 参考リンク
ペアーズ
ペアーズ

60代の会員数No.1!ユーザーの多さで選ぶなら
登録者数2,000万人以上いる国内No1マッチングアプリ、60代の登録人数が最も多い。シニアだけが集まれるコミュニティもある。迷ったらこれを選べばOK!初めてでも機能が使いやすくアプリ初心者向き。安全対策もされている。

公式
詳細
マリッシュ
マリッシュ
60代の登録者数2位!バツイチの人で、再婚したいなら
60代の登録者数はペアーズに続いて2位。バツイチ・再婚を応援がコンセプトのアプリなので同じ境遇の人が多い。バツイチや再婚に理解ある人がほとんど。マッチング率が高いのでまずはメッセージから始められる。
公式
詳細
ユーブライド
ユーブライド
真剣な婚活なら
会員の80%が5ヶ月以内に相手を見つけて退会している。真面目に活動している40〜60代が多いため、おなじ年齢の人と出会いたいならコレ。昔からある婚活サイトで安心して利用できる。婚活初心者が選ぶ「真剣な婚活ができる婚活サイト」のNO1に選ばれた実績あり。
公式
詳細
Omiai
Omiai
アプリ初心者向け
真剣に恋愛から結婚を考えている人が多い。機能がシンプルなので初めてマッチングアプリを使う人でも操作に迷わないのでおすすめ。ただ若い人が多いので他アプリと併用がおすすめ。
公式
詳細
アンジュ
アンジュ
30歳以上限定のアプリ
会員全員が30歳以上だから60代も多い。メイン層は30〜50代のため年下と出会いたい人にも向いている。ただ会員数がそれほど多くないのでペアーズやマリッシュなどと併用がお勧め。

公式
詳細
ブライダルネット
ブライダルネット
サポートがほしい人
結婚相談所を運営する大手企業IBJの婚活サイト。専任アドバイザーに質問できるので安心。多少値が張っても婚活のサポートが欲しい人におすすめ。
公式
詳細
順位 アプリ名 累計登録者数 60代登録者の割合 60代の登録者数
1位 ペアーズ
ペアーズ
2000万人

0.6%

12万
2位 マリッシュ
マリッシュ
100万人 4.6% 4.6万人
3位 ユーブライド
ユーブライド
220万人 1.5% 3.3万人
4位 Omiai
Omiai
700万人 0.4% 2.1万人
5位 アンジュ
アンジュ
60万人 2.3% 1.4万人
6位 ブライダルネット
ブライダルネット
31万人 2.6% 8000人

60代・シニアの方に上記6つのアプリをおすすめする理由は以下の通りです。

おすすめ理由・ランキングのポイント

  • どのアプリも同世代である60代の利用者が2万人以上いる
  • 恋愛・結婚・パートナーを探している人が多い
  • 本人確認や監視体制のセキュリティが万全

ランキングのポイントとしては、単純に「会員が多い=高順位ではない」ということです。それぞれのアプリには特徴があるので、「会員数+60代が使いやすいか」でランキング付けしています

男性・女性ともに登録自体は無料なので、気になるマッチングアプリはとりあえず登録してみるといいでしょう。

1番人気はペアーズで、60代が12万人も利用しています。「出会いの母数が大きい=出会いやすい」ため、こだわりがなければ会員数が多いペアーズを使っておくのが吉です。

ここからは、60代・シニア層におすすめのマッチングアプリを1つずつ解説していきます。アプリの特徴・目的・年齢層などを把握しましょう。

60代の利用者数NO1・初心者向け「ペアーズ」

Pairs

ペアーズ

Pairs

累計登録者数

2000万人

利用目的

婚活・恋活

年齢層 20~60代
男女比 男性:60%
女性:40%
月額料金

男性:月額3,700円~
女性:無料
(男女ともに登録無料)

追加オプション

プレミアムオプション:月額2,980円〜(男性)
レディースオプション:月額2,990円〜(女性)
プライベートモード:月額2,560円/月〜

安全対策 公的な書類での年齢確認
パトロールで違反者の退会対応
24時間メッセージなどの監視
運営会社 株式会社エウレカ
インターネット異性紹介事業届出及び受理済み

ペアーズの特徴

  • 女性は無料で利用できる
  • ユーザー数が国内トップクラスで、60代の会員も累計12万人も登録している
  • 全国にユーザーがいるので、地方在住者でも相手を探せる
  • 同じ趣味を楽しめる相手を探せるコミュニティ機能がある
  • パートナーを探しているシニア層のコミュニティ・お茶友達を探しているだけのコミュニティもある

ペアーズは大手マッチングアプリの代表格です。それだけ会員数も多く、60代の利用者から、60代に近い年齢のシニア層もいるため、60歳前後の方と出会いたい人におすすめです。

ペアーズ会員の利用目的・年齢層

ペアーズの男性・女性の会員の利用目的を調査して、以下の表にまとめました。

ペアーズの利用目的、年齢層(60代向けに解説)

※2023年2月、アプリ大学独自アンケートにてペアーズ利用者100人を対象に調査

利用目的としては、多くの人が「恋活」を目的にしています。

真剣に結婚を望む人もいますが、どちらかというとパートナー探しをしている人が多い傾向があります。

60代の人の割合は0.6%と少ないように見えますが、ペアーズは全体のユーザー数が2,000万人いるため、0.6%ほどでも12万人近くいることになります。12万人もいればよりマッチングもしやすくなりますね。

本当に60代のユーザーはいるのか?ペアーズを調査した結果

実際に使ってみてペアーズ内でどれくらい60代の利用者がいるのか、検索してみました!

▼実際にペアーズで60代以上の人を検索した結果

ペアーズの60代のユーザー数を実際に検索したところ2000名以上がヒットした

実際にはペアーズには2,000人以上もいるということがわかりました。

2,000人もいればマッチングできる確率は高いですし、50代も含めればもっと多くの人がヒットします。

またペアーズには50、60代のコミュニティグループもあるので、共通の趣味を楽しめたり、一緒に楽しく過ごせる相手と出会える可能性がかなり高いと言えます。

ペアーズを使ったことがある60代のリアルな口コミ評判

ここからはペアーズの口コミをまとめて紹介します。

コミュニティ機能で「お茶友達」「パートナー」も探せる
4.5
Kさん
50代 
pairsにはコミュニティ機能という検索機能があって、「お茶友達」や「パートナーがほしい」といったものもあるので、シニア層でもうまく使えば出会えます。
実際、私の前の職場の人がペアーズで結婚まで進みました!
タイミングがあった?
4.0
Sさん
60代
omiaiが一番会えたり良かったりしたんだけど今回はなぜかペアーズの方が良かったです!タイミングの問題ですかね!?どのアプリが一番得意でした!?

ペアーズで実際に出会って結婚した、他のアプリと比べて出会えた、という口コミが目立ちました。

ペアーズは会員数が多いことで出会える確率も多いこと、地方でも出会いに困らないことなどが特にメリットです。地方住みでなかなか出会いがない...という方もペアーズならおすすめです。

他のアプリと併用してみて、マッチしたアプリを主に使っていくのでもOKです。

ペアーズのアプリアイコン

Pairs(ペアーズ)

本命探しの利用率No1アプリ

4.2 ★★★★☆
アプリストア

60代のバツイチ・再婚活を手助けしてくれる「マリッシュ」

マリッシュ(marrish)

マリッシュ(marrish)

マリッシュ(marrish)

累計登録者数 150万人
利用目的 再婚活
年齢層 40~50代が中心
男女比 男性:50%
女性:50%
月額料金 男性:月額3,400円~
女性:無料
(男女ともに登録無料)
追加オプション プレミアムプラン:月額3,000円〜(男性)
安全対策 公的な書類での年齢確認が必須
年中無休のサポートと監視
不快ユーザーの報告システム
運営会社 株式会社マリッシュ
インターネット異性紹介事業届出及び受理済み

無料登録はこちら

マリッシュの特徴

  • 女性は無料で使える
  • シングルマザー・バツイチ・再婚に理解がある人が多い
  • 細かい情報まで知れる(貯蓄額・持ち家か賃貸か・恋人いない歴など)

マリッシュはバツイチの婚活・恋活に特化したアプリです。

会員にはシングルマザーやシングルファザーが多いので、60代シニア層で再婚に理解のある相手と出会いたい人におすすめのマッチングアプリです。

マリッシュの会員の利用目的・年齢層

マリッシュの男性会員、女性会員の利用目的と年齢層を調査して、以下の表にまとめました。

マリッシュの利用目的、年齢層。60代を中心に解説

※2023年2月、クラウドワークスにて利用者100人を対象に調査

マリッシュは、60代の年齢層の割合が他のアプリよりも高く、全体のおよそ5%が60代以上の会員です。5%は少ないと思うかもしれませんが、他のアプリだと60代の割合は1〜2%前後ですので、マリッシュは60代や高齢の方が他よりも多いことが分かりますね。

「恋愛目的」が72.7%と多い理由としては、「離婚歴があるから、慎重に関係を発展させていきたい」というユーザー心理が現れているからです。

そのためマリッシュはすぐに結婚というよりは、「再婚も視野に入れてゆっくり付き合いたい」「終活に向けてのパートナー探しをしたい」と思っている60代の方におすすめです。

シングルマザーやシングルファザーの人も多いので、同じ境遇の人とはお互いへの理解度が高いアプリと言えるでしょう。

マリッシュを使った60代のリアルな口コミ評判

ここからは、マリッシュの口コミをまとめて紹介していきます。

友達にマリッシュを教えてもらった
4.5
Uさん
50代 
久々に友達と飲み。
50代からでも出会えた友達が、マリッシュってアプリがいいよと教えてくれた!ついでにアプリに載せる用の写真撮ってもらった!
マリッシュは40代でも若い方です
4.0
Rさん
60代
最近はアプリを使う50代60代も増えましたよ。マリッシュというアプリは40でも若いほうです。

マリッシュは40代でも若い方、という口コミがありました。

50代60代であるシニア層が全体の3割いるため、同じ年齢層の人と出会いたい、ゆっくり関係を気づいていきたい、と思っている60代の人におすすめ。

またマリッシュは再婚やシングルに理解ある人が多いため、恋活・婚活を再スタートしたい!という方にもおすすめです。

アプリアイコン

マリッシュ

婚活・再婚向けアプリ

3.7 ★★★☆☆
アプリストア

健全な婚活の場を提供・安心して利用できる「ユーブライド」

ユーブライド

ユーブライド

ユーブライド

累計登録者数 220万人
利用目的 真剣婚活
年齢層 20代後半~30代が中心
男女比 男性:70%
女性:30%
月額料金 月額4,300円〜
(男女ともに登録無料)
追加オプション プレミアムオプション:月額2,980円
安全対策 公的な書類による年齢認証
24時間の監視・サポート
違反者への処置
運営会社 株式会社Diverse
インターネット異性紹介事業届出及び受理済み

無料登録はこちら

ユーブライドの特徴

  • マッチングアプリの中でも成婚率が高い
  • 会員の約80%が5ヶ月以内に成婚しているほど真剣度が高い
  • 30〜40代の結婚を意識している異性と出会える

ユーブライドは過去5年で1万人以上の成婚者を出している(公式より)ため、真剣な婚活をしたいと思っている60代におすすめです。

30〜40代の結婚を意識しているユーザーが多いので、年下と結婚したいと思っている60代の方にも向いています。

ただ60代の方は歳が近い方がマッチングしやすい傾向があるので、年下を狙いすぎても出会えない可能性もあります。そんな時は全年齢の利用者が幅広くいるペアーズがおすすめです。

ユーブライドは会員全体の80%ほどが5ヶ月以内に成婚しているというデータが公式から発表されているほど、婚活・結婚を意識したアプリです。

ユーブライドの会員の利用目的・年齢層

ユーブライドの男性会員、女性会員の利用目的と年齢層を調査して、以下の表にまとめました。

ユーブライドの会員の利用目的・年齢層

※2023年2月、クラウドワークスにて利用者100人を対象に調査

ユーブライドの年齢層は30〜40代がメインで60代の会員は少なめですが、年下の相手を探している60代におすすめのマッチングアプリ。

利用目的は「真剣な婚活」が最多で、気軽な恋愛より最終的に結婚を目的で利用している人が多いです。

そのため、ユーブライドは結婚を前提にお付き合いができる年下と出会いたい60代の方に向いています。

少ないとはいえ、60代と年齢の近いユーザーもいるので、年下を探しつつも年齢が近い人も探したい、と思っている人に特におすすめです。

ユーブライドを使ったシニア層の口コミ評判

ここからは、ユーブライドの口コミをまとめて紹介していきます。

恋愛経験不足は否めませんでしたが、そんな自分でも真面目に恋愛ができそうな感じのアプリでした。何より本気な人が多いです。真剣に使っている人が多いのは安心できますよね。 マッチングした女の子とはメッセージから始まるので、長い間恋愛や女性が遠かった自分にとっては、良いリハビリになったのかなと思います!!!
引用:GooglePlayストアレビュー

優しい人が多いので毎日楽しい話ができています。婚活アプリなので、その他のアプリと比較すると真面目な人が多い印象です。皆さんお金を払って利用しているので、会話を一方的に無視されるということもないですし、マッチングアプリという印象だけで避けてる人なんかにはぜひ活用してもらいたいですね。
引用:GooglePlayストアレビュー

真剣に婚活をしながらも、優しい人が多いという口コミが多かったユーブライド。

会員の約80%が5ヶ月以内に成婚しているほど真剣度が高いため、本気で結婚したい!と思っている人が多いため、60代の方で結婚したいと考えている人に向いています

30〜40代が多いので、年下のパートナーを見つけたい人にもおすすめです。

アプリアイコン

ユーブライド

婚活・再婚向けアプリ

4.2 ★★★★☆
アプリストア

60代以上の恋愛・恋人探しなら「Omiai」

Omiai

真剣恋活Omiai

Omiai

累計登録者数 700万人
利用目的 婚活・恋活
年齢層 20代~30代が中心
男女比 男性:60%
女性:40%
月額料金 男性:月額4,800円〜
(男女ともに登録無料)
追加オプション プレミアムパック:月額4,800円〜(男性)
安全対策 公的書類による本人確認
不正ユーザーへの警告・強制退会
24時間365日の監視体制
運営会社 株式会社ネットマーケティング
インターネット異性紹介事業届出及び受理済み
無料登録はこちら

Omiaiの特徴

  • 女性は無料で利用できる
  • 結婚を意識して恋活・婚活をしている40〜60代もいる
  • 累計会員数700万人と多い
  • 24時間体制で安全管理を徹底している

Omiaiは真剣に恋愛〜結婚したいユーザーを中心に利用されているマッチングアプリです。

利用者の7割が結婚を意識しているほど婚活色の強いマッチングアプリなので、交際後は結婚まで考えている60代の方におすすめです。

Omiaiは累計登録者数は700万人を突破しており、60代以上の会員だけでも2.1万人以上が登録しています

Omiaiの会員の利用目的・年齢層

Omiaiの男性会員、女性会員の利用目的と年齢層を調査して、以下の表にまとめました。

Omiaiの利用目的、年齢層。60代を中心に解説

※2023年2月、クラウドワークスにて利用者100人を対象に調査

年齢層を見ると、60代以上のOmiaiの会員の割合は全体の0.3%となっています。

パッと見だと少ないですが、累計会員数から計算すると2.1万人以上の60代が登録している計算になります。

年齢の近い相手に出会いたい、少し年下の相手と出会いたい60代におすすめのマッチングアプリです。

利用目的は「婚活目的」が76%と最多で、真剣に交際から結婚まで進みたいと考えているユーザーが多くいます。

つまり、Omiaは交際〜結婚相手を探したい60代におすすめのマッチングアプリです。

Omiaiを使ったことがあるシニア層のリアルな口コミ評判

ここからは、Omiaiの口コミをまとめて紹介していきます。

昔からマッチングアプリは利用してましたが、ずっとマイナーなマッチングアプリを使っていました。そのせいかあまりいいと思う人には巡り会えませんでした。ですが最後の望みとしてオミアイを利用してみると、これまでが嘘のように、とてもいい人と巡り合うことが出来ました。最初からこのアプリもしくは利用者が多いアプリを使っていればこんな苦労はしなかったのかなって思います。
引用:GooglePlayストアレビュー

マッチング不要なアプリもいくつか使ってみましたが、大事なやり取りが埋もれてしまうのがネックだと思って、マッチングありのオミアイに移行してまいりました。しっかり恋愛にマジメに向き合っている方ばっかりがオススメに表示されますし、そういった方とマッチング出来るので効率が良いなと感じています。

引用:GooglePlayストアレビュー

Omiaiでは真面目な人が多く、出会うこともできたという口コミがありました。

他にもOmiaiには24時間体制の徹底した監視体制が完備されており、業者や詐欺目的など迷惑ユーザーが入り込みにくい仕組みになっているため、60代のマッチングアプリ初心者にも始めやすくおすすめです。

Omiaiのアプリアイコン

Omiai(オミアイ)

真剣な恋愛がテーマ

3.9 ★★★★☆
アプリストア

会員のメイン層が30〜50代!年下と出会える「アンジュ」

aocca

アンジュ

aocca

料金 登録無料
男性のみメッセージ有料
※定額パック料金 1,566~3,800円 (税込)/月
対象者 独身のみ(既婚者禁止)
年齢層 30~50代
目的・真剣度 恋活・婚活
運営会社 株式会社アンジュ
インターネット異性紹介事業届出及び受理済み

アンジュの特徴

  • 30代以上限定のアプリだから高齢の人も多い
  • 結婚を意識したシニア層も多い
  • 経済的に自立している人が多い

アンジュは30代以上限定のアプリのため、シニア層も多く、60代でもマッチングしやすい傾向にあります。

真面目で、真剣に出会いを求めている人が多く、大人同士の自立した余裕のある関係を築けます。

会員数が少ないため、詳細な利用目的や年齢層のデータは集まりませんでしたが、60代の約10人が「結婚」を意識した出会いや、結婚まで行かずとも仲良くなりたい(パートナーが欲しい)と答えました(※2023年2月、クラウドワークスにて60代の利用者100人を対象に調査)

結婚は考えていないけど、パートナーが欲しい!という人にもおすすめです。

アプリアイコン

アンジュ

30歳〜限定の婚活・恋活アプリ

3.1 ★★★☆☆
アプリストア

>>アンジュの詳細はこちら

真剣度と人柄重視で本気の出会い「ブライダルネット」

ブライダルネット

ブライダルネット

bridalnet

料金 月額3,980円(税込)~
対象者 恋人のいない独身のみ(既婚者禁止)
年齢層 30~40代
目的・真剣度 婚活
運営会社 株式会社IBJ

公式サイトへ

ブライダルネットの特徴

  • 年間11万組のカップルが生まれている
  • 専任アドバイザーがつき、チャットで相談できる
  • 1年以内に結婚したい人が85%もいる

ブライダルネットは公式サイトで、登録しているユーザーの4人1人が交際まで進むアプリと言われています。実際に公式によると年間11万組ものカップルが誕生しています。

1年以内に結婚を意識している人が85%(公式より)もいるため、結婚を考えている60代におすすめです。

しかしブライダルネットはどちらかと言えば若い人向けのアプリ。そのため60代の人で真剣に結婚を考えている人は「マッチドットコム」がおすすめです。

アプリアイコン

ブライダルネット

相談できる本格婚活アプリ

4.1 ★★★★☆
アプリストア

>>ブライダルネットの詳細はこちら

60代シニア層が失敗しないマッチングアプリの選び方

60代がマッチングアプリを選ぶ際のポイントをまとめて解説します。

▼60代がマッチングアプリを選ぶためのポイント

  • 年齢層にあったアプリを選ぶ
  • 安全対策がしっかりしているアプリを選ぶ
  • 目的に合ったアプリを選ぶ
  • 会員数が多いアプリを選ぶ

年齢層にあったアプリを選ぼう!60代の年齢層にあったアプリ

▼画像のアプリアイコンをクリックすると解説に飛びます!

60代シニア層の年齢層にあっているアプリ ペアーズ マリッシュ マッチドットコム with タップル ティンダー

60代でマッチングアプリの利用を考えている方は、熟年層の人が多いアプリを選ぶのがオススメです。

例えば、「with」や「Tinder」というアプリは20代が多く、年齢差から60代の方と出会いたいという人が少ないんです。

つまり、熟年層の人が出会いにくいアプリといえます。

60代の方は「ペアーズ」「マリッシュ」「マッチコム」といった同じシニア層が多いアプリの方が出会いやすいんです。

60代が出会いやすいアプリで解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

>>60代の会員数が多いマッチングアプリを確認

安全対策を行なっているアプリを選ぼう!

60代がマッチングアプリを始めるときは、迷惑ユーザーと遭遇しないために安全対策が徹底されているアプリを選ぶことが大切です。

例えば、本記事でも紹介している「ペアーズ」というアプリでは以下のような安全対策を行っています。

▼ペアーズが行っている安全対策

  • 利用者の年齢確認を徹底して未成年の利用を防止
  • 身分証の写真と利用者の顔を照合する本人確認システムで業者を徹底排除
  • 24時間365日、アプリ内の不正な会員を監視

紹介しているアプリの中でも特に安全な仕組みが整っているので、マッチングアプリ初心者の60代の方はペアーズから始めてみるのがオススメです。

恋愛・パートナー・婚活・お茶友達など、目的に合ったアプリを選ぼう

マッチングアプリはそれぞれで利用者層が違います。そのため「どんな相手と出会いたいか」の目的を決めてアプリを選ぶことが大切です。

例えば、本記事で紹介している60代におすすめのマッチングアプリは簡単に以下のように分類できます。

60代シニア層向け目的別アプリの選び方 ペアーズ アンジュ match omiai ブライダルネット ユーブライド マリマリッジ マリッシュ

目的に合ったアプリには「気軽に会える恋人が欲しい、結婚・再婚相手が欲しい」と言ったように、自分と同じ条件で相手を探している人がいるので、マッチング率もグッと上がります。

つまり、同じ目的の人が多いアプリは理想の相手と出会いやすいんです!

会員数が多いアプリを選ぼう「会員の数だけ出会いが増える」

60代シニア層がマッチングアプリを選ぶときに、会員数の多さで決めるのもオススメです。

会員の数だけ出会いの数は増えるため、利用者が多いアプリには次のようなメリットがあります。

  • 同世代の会員と出会いやすくなる
  • 地方など人が少ない地域でも出会いやすくなる
  • 幅広い価値観を持つ人と出会える
  • 振られても次のチャンスがある

今回紹介している中で同世代と出会いたい60代に向いているのが「ペアーズ」です。会員数2,000万人を誇る国内最大規模アプリです。

会員数の多さから60代との出会いの数もずば抜けているので、同世代で相手を探している60代の方は登録しておいて損はないでしょう。

>60代の会員数が多いマッチングアプリを確認

マッチングアプリで60代が出会うための5つのコツ

60代の方がマッチングアプリで出会うなら、以下5つのコツを抑えておくとうまくマッチングできる可能性があります。

▼60代が出会うための5つのコツ

  1. 自分の年齢と近い人へいいねを送る
  2. もらった「いいね」は全てマッチングする
  3. プロフィール写真は自然な笑顔を意識
  4. プロフィールをきちんと埋める
  5. メッセージは敬語で、長すぎない文章にする

→60代におすすめマッチングアプリ一覧表はこちら

①自分の年齢(60代)と近い人へいいねを送る

60代の方がマッチングするコツは、「いいね」を自分と年齢の近い相手に送る事です

10歳以上離れた年下を狙うのはオススメできません

例えば、30代の相手にいいねを送っても「相手は他にもいるし、歳上すぎるのはちょっとな」と避けられる可能性が高いです。

同年代であれば相手もまだ誰ともマッチングしていない可能性が高く興味を持たれやすいため、なるべく自分と歳の近い年代を狙ってアプローチしてみてください。

②もらった「いいね」は全てマッチング!いいねが少なくても大丈夫

相手から「いいね」が送られてきた時は、全てにいいねを返して出会いの機会を増やしましょう

60代は若い世代に比べると、同世代の総数が少ない・同世代の未婚者が少ないなど、年齢的なハンデがどうしてもあります。

そのため、「写真が微妙だな」「条件に合わないな」など、相手を選びすぎてしまうと貴重な出会いの機会を減らすことになります

実際にやり取りしてみることで相手の魅力を感じる事も多いため、いいねをもらった時はとりあえずマッチングしてメッセージを交わしてみるのがオススメです。

③プロフィール写真は自然な笑顔を意識(他の人に撮ってもらおう)

60代シニア層のプロフィール例

マッチングアプリでは、スマホで撮った写真をプロフィール写真に設定出来ます。

顔のわからない状態だと相手から興味を持ってもらいにくいため、マッチングアプリを始める時は最初に写真を設定しておく事が必須です。

写真を取る際のポイントは「自然な笑顔」です。

無表情で撮った写真よりも笑顔で撮った写真のほうが、明るく若々しい印象を相手に与えられます。

ただし自分で撮影すると不自然な笑顔になりやすいため、可能であれば友人に撮影してもらいましょう

友人と写っている写真が既にスマホにあるという方は、自分の顔だけをアップにして載せても大丈夫です。

④プロフィールを埋める(きちんと全て書き込んで真剣さをアピール)

60代プロフィール文章をしっかり埋めよう

マッチングアプリでは声や仕草で雰囲気が伝わらないため、プロフィール文章が相手への印象を大きく左右します。

プロフィール文は全てきちんと埋めましょう。しっかり項目を埋めておくことで、相手に「真剣に出会いを求めている人」と誠実な印象を与えられます。

自己紹介文は、休日の過ごし方・お出かけで行きたい場所・求める関係など、相手に自分との未来を想像させるような内容を意識して書くと相手もどういう人かわかるのでマッチングしやすくなります。

⑤メッセージは敬語で、長すぎない文章にする!例文あり

マッチングアプリでメッセージを送る際は、必ず敬語を使い、適度な長さの文章を心がける事が大切です。

相手との距離感が縮まるまでは、「馴れ馴れしいな」という印象を与えないために敬語で丁寧に接するのが無難です。

また、相手に返信のストレスを感じさせないためにも、メッセージの長さは適度に短く抑える事が大切です。

以下のポイントを意識し、簡潔なメッセージを心がけてみてください。

  • メッセージの長さを4行ほどに抑える
  • 一つのメッセージで話題は2つまで
  • 相手を質問攻めにしない
  • 「はい」か「いいえ」で答えられる質問をする

▼初めてのメッセージ例

マッチングありがとうございます!
私はタカシと言います!よろしくお願いします。

サチコさんは料理が趣味とのことですが、どんな料理が得意なんですか?

60代がマッチングアプリを利用するときの注意点

60代がマッチングアプリで失敗しないための注意点を、2つまとめて解説します。

▼60代が失敗しないために気を付けてほしい点

  • 個人情報を載せない
  • 相手は本当に独身で恋人がいないか、目的は恋愛や結婚か確認する

1.個人情報を載せない|写真にも注意

マッチングアプリを利用する際は、本名や住所、電場番号など個人を特定されるような情報をプロフィールに載せないようにしましょう。

最寄りの駅の記載や近い場所で撮った写真を乗せる際にも気を付けましょう。

2.相手は本当に独身で恋人がいないか、目的が同じか確認する

本記事で紹介しているマッチングアプリは全て独身の方のみ登録できます。ただまれに迷惑なユーザーがおり、本来の利用目的と違う人もいます。

マッチングアプリに登録している迷惑ユーザーには、以下のような特徴があります。

▼マッチングアプリにいる迷惑ユーザー

  • プロフィール写真が後ろ姿や横顔など、意図的に顔を隠している
  • マッチング後すぐに夜に会いたがる
  • 外国人のような、日本語が怪しい文章
  • プロフィール写真が美人・イケメンすぎる

やり取りしている相手が怪しいな、と感じた時は会う前に上の特徴に当てはまっていないかを確認してみてください。

上の項目に当てはまるようなら、会わない事をオススメします

60代・シニア世代がマッチングアプリを使うメリット

ここからは、60代・シニアがマッチングアプリを使うメリットをまとめて解説していきます。

「マッチングアプリは若い人が使うもの」と考えている方もぜひ参考にしてみてください。

まとめると以下の3点が大きなメリットです。

  • スマホ1つでどこでも利用でき、出会いが見つかる
  • 新しいコミュニティを作ることができる
  • 低価格、短期間で出会える

もっと詳しく見たい人はこちら→【マッチングアプリの利用前に知っておくと安心できる情報まとめ

スマホ1つでどこでも利用できる、出会いが見つかる

マッチングアプリを使えば、どこにいてもスマホ1つで出会いを見つけられます。

直接出会いを探しに行く必要はなく、「自宅でテレビを見ながら、電車やバスで暇つぶしに」といった自分の好きなタイミングで活動することが可能です。

やり取りは全てインターネット上で完結するので、「一人で過ごす時間が寂しい」という方は、お茶友達探し感覚で気軽に登録してみるのもありかです。

新しいコミュニティから出会いを作ることができる!行動範囲を広げよう

60代・シニア世代になると、若い頃と比べて行動範囲が狭まり、会う人や行く場所も限られてきます。

そのため、身近に出会いがなく「パートナーを見つけるのは難しいな」と感じている人も多いのではないでしょうか。

マッチングアプリを使えば、そんな閉塞的なコミュニティーから一歩踏み出して、インターネットという新たな環境の中で相手を見つけられます。

普段とは違う場所で心機一転して出会いを見つけられるのは、60代・シニア世代の方にとって大きなメリットと言えるでしょう。

結婚相談所より低価格・短期間で出会える

月会費のみで利用できるマッチングアプリは、初期費用の掛かる結婚相談所よりも低価格で利用出来るのがメリットです。

CHECK
アプリ・相談所の料金
  • アプリ:月間4,000円ほど
  • 結婚相談所:月1万円〜5万円ほど

また、マッチングアプリには「出会い」を目的とした人が集まっているため、短期間で交際にも発展しやすいです。

短期間で関係を進めたいなら、同じ「出会い目的」で利用している相手を見つけられるマッチングアプリを使うのがおすすめです。

そもそもマッチングアプリとは? 60代・シニア世代で知らない人はチェック!

マッチングアプリとは

マッチングアプリとは、インターネットを通じて「恋人・結婚相手・パートナー」と出会えるアプリです。

マッチングアプリでは、検索機能を使って「年齢、居住地、年収、職業」などの条件で理想の相手を探せます

気になる相手が見つかったら「いいね」を送り、相手からリアクションがあればマッチングが成立してメッセージでやり取り出来るようになります。

メッセージのやり取りで「会ってみたい!」と思ったら、直接連絡先を交換したりデートの約束をする事も可能です。

自宅にいながら気軽に活動出来るのがマッチングアプリの大きなメリットです。

>>60代シニア層におすすめマッチングアプリはこちら!

【表でわかる】結婚相談所とアプリの違い!

マッチングアプリと結婚相談所の違いを以下の表にまとめました。

マッチングアプリと結婚相談所の違い

結婚相談所は登録するのに初期費用が掛かりますが、マッチングアプリは月会費のみで利用可能です。

手頃な価格で始められるため、結婚相談所よりも会員数が多いのがメリットです。しかし成婚まで時間がかかるというデメリットもあります。

ただ、アプリは結婚の意思がなくても気軽に利用できる点で、友達探し・恋人探し・パートナー探しをしている人には向いていると言えるでしょう。

マッチングアプリを使った60代女性の現実!本当に出会えるのか調査

以下の内閣府の発表しているデータを見て分かる通り、2020年の男性の未婚率は25.6%、女性は16.3%でした。

内閣府の日本人男女の未婚率データ

60代時点で見ると、1985年の女性の未婚率は4.0%だったのにも関わらず、2020年では9.0%にも増加しています

顕著に現れているのが30代前後の女性の未婚率で、1985年は14%だったものが、2020年には42%になるなど、全体的に晩婚化の背景が伺えます。

また、三菱UFJリサーチのデータによると、2021年12月時点でマッチングアプリの認知度は20代よりも2倍、利用状況においては4倍もの差がありました。

三菱UFJデータ

ただ、実際にデートをした数を20代・30代・40代で比較すると、確かに20代よりは数を減らすものの、30代と40代では大差がないことがわかりました。

三菱UFJデータ2

これは60代でもまだマッチングアプリを通して会える確率があるということが言えそうですね。

少なくとも40代の人の方がオンランデートをしている割合が大きいので、60代の方もメッセージや通話などのオンランデートを通して、実際に会うところまで進められるのではないでしょうか。

晩婚化が進む昨今は、真剣に出会いを求めれば、60代でもデートをしたりパートナーを見つけたりすることもできると考えられますね。

【まとめ】60代にもマッチングアプリはおすすめ!

「60代の自分に相手なんて見つけられるハズないし、このまま一人で寂しく過ごすしかない。」と諦める必要なんてありません。

技術発展の目覚ましい現代に生きる60代は、元気に満ち溢れておりパワフルに新しいことにも挑戦していける世代です。

実際、今回紹介しているマッチングアプリには、積極的に恋活・婚活に励んでいる同世代の方が多く登録しています。

上手くアプリを活用すれば、楽しみや喜びを共有できる素敵なパートナーを見つけることも難しくはありません!

年齢を理由にあきらめていた60代の方も、ぜひ勇気を持ってマッチングアプリで新しい一歩を踏み出してみてください。