マッチングアプリの本人確認・年齢確認が怖い?必要性・安全性を解説

マッチングアプリの本人確認が怖い人向け!必要性・安全性を徹底調査!

ぐりこ

マッチングアプリで恋活中のぐりこです!

ほとんどのマッチングアプリでは、身分証を提出して「本人確認」や「年齢確認」をする必要があります。

「マッチングアプリは安全!」なんて言葉をよく聞きますが、それでも免許証や保険証、パスポートの画像を提出するのって正直ちょっと怖いし、「そもそも、なんのために必要なの!?」と感じますよね。

今回は、どうしてマッチングアプリでは身分証を使った本人確認が必要なのか、身分証を提出して悪用されることはないのかなどを徹底的に調べました!

→マッチングアプリの安全性の解説はこちら

マッチングアプリの「本人確認」や「年齢確認」ってなに?

マッチングアプリの年齢確認や本人確認がわからない女性のイメージ

多くのマッチングアプリは、免許証や保険証といった身分証の提出を行わないと、メッセージのやりとりなどができないようになっています。

身分証を提出し、マッチングアプリの運営側で内容の確認を行うことを「本人確認」や「年齢確認」と呼びますが、本人確認や年齢確認は、主にユーザーが18歳以上であることを確認するためのものです。

本人確認をしているか、年齢確認をしているかはマッチングアプリによって異なります。また、本人確認か年齢確認かによって、確認する部分にちょっとした違いが!

年齢確認と本人確認の違い

年齢確認
提出された身分証明書の生年月日が18歳以上のものであるかどうかを確認。年齢の偽りやなりすましは防ぐことができない。

本人確認
アプリを操作している人物と提出された書類が同一人物かの確認。写真を手に持って身分証の顔写真と一致しているかをチェックするため、安全性が高い。

実は、出会い系サイト規制法で義務付けられているのは年齢確認のみで、本人確認の実施は自由です。ただ、直近1年ほどで外国人が日本人の身分証の写真を手に入れ、なりすましをしてマッチングアプリに登録しているケースが増えています。

そのため、安全性を重視するなら、「本人確認」を実施しているマッチングアプリを使ってください。

より安全なのは本人確認をしているマッチングアプリ

現時点で本人確認を実施しているのは、Omiaiのみです。

アプリ名 アプリの特徴 参考リンク

ペアーズ
ペアーズ

■年齢確認+本人確認
身分証の写真の送付が基本だが、本人確認で認証マークをもらえる

詳細
レビュー

Omiai
Omiai

■本人確認
銀行なども導入しているオンライン本人認証システムを利用

詳細
レビュー

with
with

■年齢確認
身分証の写真の送付のみ

詳細
レビュー

タップル
タップル

■年齢確認
身分証の写真の送付のみ

詳細
レビュー

Omiaiでは、銀行なども利用している eKYC というオンライン本人認証システムを導入しています。Omiai自身が本人確認を行なっているわけではないため、送った個人情報は銀行と同等のレベルで厳重に取り扱われます。

また、この本人認証が導入されることで、業者など迷惑ユーザーがなりすましで登録できない仕組みとなりました。

結果的に、Omiaiは個人情報の流出リスクも少ないし、業者など迷惑ユーザーもいない、というとても魅力的な環境です!

▼Omiaiの詳細について

Omiai

真剣恋活Omiai

Omiai

料金 登録無料
男性のみ有料月額プランあり
対象者 独身のみ(既婚者禁止)
年齢層 20代~30代が特に多い
目的・真剣度 婚活と恋活の間
運営会社 株式会社ネットマーケティング
インターネット異性紹介事業届出及び受理済み
無料登録はこちら

料金や口コミ評価、詳しいシステムについては以下の記事で解説中です。

マッチングアプリでの年齢確認の義務とは?

マッチングアプリのように「インターネットを通じて男女が出会うサービス」は、インターネット異性紹介事業と呼ばれます。

「利用者が18歳未満じゃないことを運転免許証や保険証で確認してくださいね〜!確認するときは、生年月日、書類の名称、書類の発行・発給者の名前は絶対に確認してくださいよ!これは義務なんで、守ってない事業者はインターネット異性紹介事業者として認めませんし、停止処分とか罰金とかの刑に処しますからね!」

といった出会い系サイト規制法というのがあるので、マッチングアプリは身分証を使ってユーザーが18歳以上であることを確認をしています。

出会い系サイト規制法で定められているのは「生年月日」「書類の名称」「書類の発行・発給者」この3点の確認だけので、「身分証で確認に不要な部分に関しては塗りつぶしてもOK!!」としているマッチングアプリもあるのです。

また、本人確認や年齢確認には、18歳未満の子供だけでなく、業者やなりすましのような悪質ユーザーの登録を防ぐ効果もあり、ユーザーが安全に安心してマッチングアプリを使うためには非常に大切なものです。

悪質ユーザーからすると、わざわざ他人の身分証を用意してマッチングアプリに登録するくらいだったら、身分証の提出が不要なアプリを使ったほうが早いですからね!

本人確認&年齢確認をしていないマッチングアプリは危険!

身分証の提出が不要なマッチングアプリがあったりもします。

そういったマッチングアプリは、ズバリ、危険です!!

というのも、日本では出会いを提供するアプリでは年齢確認が必須と決められています。その中で法律に基づいていないアプリを利用するのは危険です。

身分証を提出するのが怖かったり面倒だったりして、身分証の提出が必要ないマッチングアプリに流れてしまう人もいるのですが、安全対策が甘いアプリを使うと、トラブルに巻き込まれる可能性が出てきてしまいます。

もし、いま使っているマッチングアプリや、新しく始めようとしているマッチングアプリが本人確認も年齢確認もしていないものであった場合、危険な目に遭わないためにも速やかに利用を中止してくださいね。

>>年齢確認が必要で安心して利用できるアプリはこちら!

【Q&A】マッチングアプリの「本人確認」と「年齢確認」よくある質問

マッチングアプリの本人確認や年齢確認について質問する男性イメージ

マッチングアプリでは、必ず身分証を用いた本人確認や年齢確認をする必要があること、本人確認や年齢確認をしているマッチングアプリのほうが安全性が高いことはわかりましたね!

でも、やっぱり「提出した身分証が悪用されることはないのかな……」「どんな身分証を使えばいいの?」などと気になることは色々あるはず。

ここからは、本人確認や年齢確認に対するよくある疑問にお答えしていきます!

Q1:本人確認や年齢確認に使える身分証は?

一般的に、本人確認や年齢確認は、運転免許証・保険証・住民基本台帳カード・マイナンバーカードなどでできますが、アプリによって多少の違いがあります。

以下の表では、マッチングアプリのなかでも特に人気の高い「Omiai」「Pairs(ペアーズ)」「with」「タップル」の4つについて、本人確認や年齢確認に使える身分証をまとめました!

身分証種類 Omiai ペアーズ with タップル
免許証
保険証
パスポート
住基カード ×
マイナンバーカード × ×
その他 × ×

withのその他本人確認書類

障がい者手帳、療育手帳、在留カード、特別永住者証明書、自衛官診療証、年金手帳

タップルのその他本人確認書類

基礎年金番号通知書、共催組合員証、年金手帳、外国人登録証明書、在留カード、特別永住者証明書、障がい者手帳、大学もしくは専門学校の学生証など

Q2:確認時に顔写真や住所を塗りつぶしてもOK?

本人確認や年齢確認の際、「できれば身分証の顔写真や住所を隠したい!」と感じますよね。身分証の顔写真ってだいたい変な顔をしていますし、住所が流出したら取り返しのつかないことになりかねないですし……。

しかし、「Omiai」「Pairs(ペアーズ)」「with」「タップル」で身分証の塗りつぶしについて調査してみたところ、この4つのマッチングアプリはすべて、身分証を塗りつぶしたり指で隠したりすることは禁止されていました。

この4つのマッチングアプリで出会いを探すのであれば、顔写真も住所も、すべてさらけださないといけないわけですね。

顔写真も住所も隠せないとなると、ますます悪質ユーザーの登録は抑止されることでしょう。

私は過去に「提出する身分証は、確認が必要な3点以外すべて塗りつぶしOK」といったマッチングアプリや、「身分証を使った本人確認や年齢確認をしていないマッチングアプリは違法」なんてことを知らず、身分証の提出が不要なマッチングアプリを使ったこともあります。

それらのマッチングアプリで出会ったのは、31歳なのに26歳と名乗っていたり、職業も住んでいる地域も名前も異なっていたり、本気の恋活・婚活中にはふさわしくない男性のオンパレードでした。

もちろん、すべての方がそうとは限りません。本気で真面目な出会いを探している方もいるでしょう。でも、厳しめの本人確認、年齢確認を行なっているマッチングアプリの方が安全であることは間違いありません。

ですので、「顔写真や住所まで提出するのは嫌!」と感じるかもしれませんが、安全にマッチングアプリを使うためだと思って、ぐっと堪えることをおすすめします。

Q3:マッチングアプリのセキュリティって安全なの?

顔写真や住所をさらけだすことに抵抗を感じる理由のひとつとして、セキュリティ面に対する不安がある人も多いのではないでしょうか。

でも、「Omiai」「Pairs(ペアーズ)」「with」「タップル」のように大手が運営しているマッチングアプリはセキュリティレベルも高いので、個人情報の漏えいや悪用といった危険性は限りなく低いです。

【参考】安全にできる大手のPairs(ペアーズ)を解説!

セキュリティ面が不安な人は、「東証一部上場企業」など大手企業と呼べる会社やその子会社、グループ会社が運営するマッチングアプリを使ってください!

「東証一部上場のような大手企業=セキュリティレベルが高いって考えるのは安直じゃない?」と感じたそこのあなた!

大手企業、特に東証一部上場企業になるためには、数多くの厳しい基準をクリアする必要があり、その基準のなかには、個人情報の取り扱いに関する項目もたくさんあるものです!

なので、東証一部上場企業=相当厳重な体制で個人情報を扱っていると考えてOK!

東証一部上場企業で個人情報の漏えいとか悪用が起きたら、普通にニュースで報道されるレベルの大事件ですからね!

「そう聞いてもまだ不安……」という方には、使おうとしているマッチングアプリはどんな認証を取っているのか、プライバシーポリシーにはどんなことが書いてあるのかを確認することをおすすめします!

WEBサイトによく貼り付けてある「TRUSTe」「JAPHIC」のような認証は、第三者機関がセキュリティや個人情報に関する一定の基準を満たしていると認めた証。専門家のお墨付きというわけですね。

また、プライバシーポリシーには「ウチでは個人情報をこんなふうに扱います」といった内容が明記されており、運営も利用者も、プライバシーポリシーに書いてあることを守らなかったら違反となります。

Q4:本人確認や年齢確認はどうやってやるの?

だいたいのマッチングアプリでは、登録時のチュートリアルに沿って設定を行なっていけば本人確認や年齢確認をすることが可能です!

でも、チュートリアルをスキップしてしまった方のために、後から本人確認や年齢確認を行う方法をアプリごとに紹介していきます。

Omiai

Omiaiはマイページから年齢確認が可能。

アプリ下部の「マイページ」タブを選択し、マイページ内にある「年齢確認」をクリックします。

マッチングアプリOmiaiでマイページに表示されている年齢確認ボタンの画像

年齢確認ページには提出する身分証に関する注意点が書かれており、下のほうには「証明書を提出する」ボタンが。

マッチングアプリOmiaiの年齢確認画面の画像

「証明書を提出する」ボタンを押すと、ライブラリにある身分証明書の写真を使うか、新たに身分証の写真を撮影するかを選択するポップアップがでてきます。

マッチングアプリOmiaiで年齢確認用の身分証明書を提出するボタンを押した後の画像

ライブラリから身分証の写真を選ぶか、新たに身分証の写真を撮るかすると最終確認画面へ。

マッチングアプリOmiaiの年齢確認最終確認画面の画像

「この画像を提出する」ボタンを押せば年齢確認の申請は完了。運営側で内容を確認し、問題なければ最短15分、最長24時間で年齢確認が完了します。

Pairs(ペアーズ)

ペアーズは、その他ページから年齢確認ができます。

まずはアプリ下部の「その他」タブを開き、「Pairsは年齢確認が必要です」のバナーをクリック。
マッチングアプリペアーズの年齢確認バナーの画像

年齢確認画面に移動すると、提出する身分証の種類を選択できますので、自分が使いたい身分証の種類に合ったものを選んでください!

マッチングアプリペアーズの年齢確認ページにある身分証選択画面の画像

身分証の種類を選ぶと、提出時の注意事項と「証明書を撮影する」ボタンがあります。

新たに写真を撮影するだけでなく、ライブラリから写真を選ぶことも可能ですので、安心して「証明書を撮影する」ボタンを押してください!

マッチングアプリペアーズの年齢確認ページにある証明書撮影画面の画像

身分証の写真を新たに撮影するか、ライブラリにある身分証の写真を選ぶかを選択するポップアップが出てきます。

マッチングアプリペアーズの年齢確認ページにある写真アップロード画面の画像

身分証の写真をアップロードすると、そのまま最終確認画面へ進みます。

マッチングアプリペアーズの年齢確認最終確認画面の画像

アップロードした身分証の写真に問題がないか、正しい生年月日が表示されているかを確認して、「送信する」ボタンを押せば年齢確認申請は完了!

ちなみに、ペアーズでは基本的に1時間以内、最長でも24時間以内に年齢確認が完了するようです。

with

withはマイページの会員ステータスから本人確認を行えるのですが、男性は有料会員登録後でないと本人確認ができません。そのため、性別によって本人確認の手順がすこし異なります。

まずはアプリ下部の「マイページ」タブでマイページを開き、「会員ステータス」の部分をクリック。

マッチングアプリwithの年齢確認画面の画像

会員ステータス画面に移動したら、男性の場合は「有料会員プラン一覧へ」から有料会員プラン登録をしてから本人確認。

女性の場合は有料会員登録の必要はなく、現在の会員ステータスが記載されている部分に「本人確認をする」と表示されているので、そこから本人確認を行います。

withは基本は1時間以内、最長24時間で本人確認が完了するようです。

>>withの本人確認についてさらに詳しく解説

タップル

タップルはマイページの設定画面から年齢確認を行えます。マイページの設定画面にたどり着くまでが少々ややこしいのですが、慣れてしまえばパパッといけるので、ひとつひとつ手順を確認していきます!

最初に、アプリ右上に表示されているアイコンをクリック。

マッチングアプリタップルのトップ画面の画像

マイページに移動したら、次は右上にある歯車マークから設定画面へ移動します。

マッチングアプリタップルのマイページ画面の画像

設定画面のなかに「年齢確認」の項目があるので、ここから年齢確認ページへ。

マッチングアプリタップルの設定画面の画像

年齢確認ページでは、年齢確認に使う身分証の種類を選択できるようになっています。自分が使う身分証の種類に合わせて選択してください!

マッチングアプリタップルの年齢確認画面の画像

身分証の注意事項と「証明書を撮影する」ボタンが表示されます。いかにも新たに撮影しなければいけない風に見えますが、新たに撮影するだけでなく、ライブラリにある写真を使うこともできますよ!

マッチングアプリタップルの年齢確認注意事項画面の画像

ライブラリから写真を選択するか、新たに写真を撮影するかを選ぶポップアップが表示されたら、好きなほうをクリック。

マッチングアプリタップルの年齢確認身分証アップロード画面の画像

身分証のアップロードが完了すると、身分証の画像と生年月日を確認するページに移ります。

マッチングアプリタップルの年齢確認最終確認画面の画像

画像と生年月日に問題がないかを確認し、「送信」ボタンを押したら年齢確認申請は完了。送信ボタンを押してから30分程度で年齢確認は完了します!

>>この記事で丸わかり!タップル(tapple)誕生の特徴

Q5:本人確認のアプリと年齢確認のアプリ、どっちのほうがおすすめ?

少し前までは「本人確認のほうが安全!年齢確認は身分証を詐称していても余裕で確認が通る!!」が定説でしたが、いまは本人確認でも年齢確認でも安全性はそこまで変わらないです。

なぜなら、Omiaiやペアーズは「年齢確認」でありながらも、きちんと人の目で確認がされていたりするから。

ただ、人の目で1件1件確認したほうが機械よりも細かい部分まで確認できると考えられますので、「機械で確認をしている」か「人の目で確認しているか」による安全性の違いはあるでしょう。

より安全に、真剣に、質のいい出会いを探したい方は「人の目で本人確認や年齢確認をしているマッチングアプリ」を選ぶことをおすすめします!

本人確認や年齢確認のあるマッチングアプリは安全性が高い!

本人確認や年齢確認をしているマッチングアプリの安全性を保証する男性イメージ

身分証を用いた本人確認や年齢確認に、「個人情報流出しないかな……」「面倒くさいな……」と感じてしまう人も多いですが、年齢確認を行なっているマッチングアプリは、出会い系サイト規制法に乗っ取った運営をしている安全なマッチングアプリという証拠でもあります。

逆に、年齢確認を行なっていないマッチングアプリは、出会い系サイト規制法に乗っ取った運営をしていない危険なマッチングアプリである可能性が極めて高のです。マッチングアプリを使うときには、本人確認や年齢確認を行なっているマッチングアプリを選んで使うようにしてください!

また、東証一部上場企業などの大手企業が運営するマッチングアプリは個人情報を守るための取り組みがしっかりしていますから、安心して身分証を提出して大丈夫ですよ!

本人確認や年齢確認をきちんとして、安全に、安心してマッチングアプリで出会いを探してくださいね!

公式アカウントをフォロー

マッチングアプリ大学公式ツイッターマッチングアプリ大学公式フェイスブック

この記事を書いた人

ぐりこ

男は顔が命!3度の飯よりイケメンが大好きなぐりこがイケメンと出会うためにアプリを使っています。