【沖縄】観光農園「美らイチゴ南城ハウス」でSNS映えいちご狩りデートを楽しもう

今回ご紹介するのは、沖縄県南城市にある「美らイチゴ南城ハウス」でのいちご狩りをメインに、沖縄ならではのさまざまな体験に参加するデートプランです。

美らイチゴ南城ハウスは、複数品種の食べ比べができるいちごハウスに加え、摘みたてのいちごを使ったおしゃれなスイーツやドリンクをいただけるカフェを併設しています。いちご好きなカップルはもちろんのこと、SNS映えするカフェが好きなカップルにもぴったりのデートスポットです。

いちごをお腹いっぱい食べたあとは、近くの世界遺産「斎場御嶽」や、体験施設「おきなわワールド」で、沖縄ならではの文化や歴史に触れてみましょう。

今回はそんないちご狩り、世界遺産見学や体験への参加を通して沖縄の魅力を満喫できるデートをご紹介します。

こんなカップルにおすすめ!
おすすめ年代:20~40代
おすすめカップル:いちごが好き、沖縄が好き、アクティブなデートが好き
どんなデート?:いちご狩り、世界遺産見学、エイサー鑑賞、琉球ガラス吹きなどの体験

概要:いちご狩り&文化体験で沖縄の魅力満喫デート

今回メインで紹介する「美らイチゴ南城ハウス」のある沖縄県南城市は、那覇空港からも車で約30分とアクセスがよく、周辺には世界遺産や体験施設など魅力的な観光スポットが複数ある街です。

そこで今回は、いちご狩りと併せて、沖縄の文化や歴史の魅力に触れるデートプランを考えました。

今回のデートのメイン
美らイチゴ南城ハウス
周辺のデートスポット
・斎場御嶽(せーふぁうたき)
・おきなわワールド
・ニライ橋カナイ橋
・知念岬公園
・あざまサンサンビーチ
ランチにおすすめのお店
・おきなわワールド内の飲食施設

まずは、おいしいいちごがハウス内に最もたくさんある午前中に、いちご狩りを楽しみに行きましょう。ハウス内でいちごを食べたあとは、併設の農園カフェ「美らイチゴ南城本店イチゴバナレ」に寄るのがおすすめです。お土産のスイーツが買えるほか、いちごを使ったドリンクなどがいただけるので、それらを片手にゆっくりお話をお楽しみください。

そのあとは近くの世界遺産「斎場御嶽」までドライブしてみましょう。途中にあるニライカナイ橋や知念岬公園からの景色が絶景ですよ。

そして最後はぜひ沖縄の文化を体験できる「おきなわワールド」へ。エイサー鑑賞や琉球ガラス体験、南国フルーツウォッチングなど、さまざまな沖縄らしいアクティビティがあります。飲食施設も併設されているので、少し遅めのランチもとれますよ。

それでは今回のメインスポットである美らイチゴ南城ハウスについて詳しくご紹介します。

沖縄南部いちご狩りができる「美らイチゴ南城ハウス」

美らイチゴ南城ハウスのハウス内にあるいちごの写真

美らイチゴ南城ハウスは、沖縄県南城市にあるいちごの観光農園です。2018年1月にオープンした施設で、沖縄県南部にはそれまでいちごハウスがほとんどなかったため、待望のオープンとなりました。いちご栽培が難しいとされる温暖な気候の沖縄南部で、いちご狩りが楽しめる貴重な施設として、地元の方々や観光客から人気を集めています。

施設の特徴の1つは規模の大きさです。大型のハウスが3棟並び、一度にたくさんのいちごを栽培できます。品種も複数同時に栽培しているので、食べ比べも楽しめますよ。40分の食べ放題プランと、摘み取り&持ち帰りプランの2つがあり、好みやお腹の空き具合に合わせて選べるのも魅力的です。

今回はそんな美らイチゴ南城ハウスの取締役副社長である渡嘉敷さんにインタビュー取材をしてきました。

美らイチゴ南城ハウス代表取締役社長の渡嘉敷真倫さんの写真
▲今回インタビューに答えてくださった取締役副社長の渡嘉敷さん

沖縄でもいちご狩りができる!県内最大規模の広々ハウスが特徴

編集部

渡嘉敷さん、本日はどうぞよろしくお願いいたします!まずは美らイチゴ南城ハウスのロケーションの魅力や、ハウスの特徴などから教えてください。

渡嘉敷さん

「美らイチゴ南城ハウス」は、沖縄県南城市にあるいちご狩り観光農園で、那覇空港から車で30分ほどで来られます。約750坪の大型ハウスが3棟並んだ、沖縄県内最大規模のいちご農園です。広々としたハウスでゆっくりといちご狩りが楽しめますよ。

収穫時期は12月~5月中旬で、年間約6か月間、沖縄本島南部産のいちごを味わっていただけます。

美らイチゴ南城ハウス全景を空から撮影した写真
▲こちらは南城ハウスを空から撮影した写真。広大なハウスを有していることが一目でわかります

編集部

ハウスの大きさに驚きです!私が今まで行ったことのあるいちご狩りは、ほとんどがコンパクトなビニールハウスが1つあるのみの園でした。

そのためいちごがすぐに少なくなってしまったり、ほかの参加者が気になってしまったりすることもありましたが、美らイチゴ南城ハウスほどの広さがあれば、食べごろのいちごがたくさん実っていそうでいいですね。

渡嘉敷さん

さらに広々としたハウス内は高設栽培、バリアフリー対応になっています。大駐車場も完備していますので、どなたでもお気軽にご来園いただけますよ。

ハウス内でいちご狩りをしている家族の様子
▲苗の高さがあるので、かがまずにいちごを摘めます

編集部

苗の高さを腰から肩ほどの位置にした高設栽培は、かがまずに実を摘めるので楽ですよね。さらにいちごが地面についていないので、衛生的な印象を受けます。

ちなみにいちごの生産地というと、栃木や九州のイメージがありましたが、沖縄でもいちご栽培が可能なのですね。

渡嘉敷さん

沖縄の温暖な気候でいちごが育つのは、意外に思われるかもしれませんが、実は沖縄の冬~春の気候はいちごの栽培に適しているのです。

また、12月~1月は大粒のいちごが実りやすく、2月は恋みのりが多くなるなど、一言でいちごと言っても、品種によって少しずつ旬が変わります。そのため当園では、いつ訪れてもいちごのさまざまなおいしさを楽しむことができますよ。

編集部

沖縄でいちご狩りができるということ自体、「知らなかった」というカップルも多いのではないでしょうか。きれいな海に囲まれた温暖な気候の沖縄県には、魅力的な観光地がたくさんありますので、ほかのデートスポットと併せていちご狩りを楽しむのもいいですよね。

また、時期によっても楽しみ方が変わるということで、1年のうちに何度か訪れてみるのも楽しそうだなと感じました。

味や香り、大きさの異なる複数品種を食べ比べ可能

編集部

いちごは品種によって味や大きさ、食感が異なりますよね。美らイチゴ南城ハウスでは、どのような品種を栽培しているのでしょうか?

渡嘉敷さん

食べ放題プランでは、よつぼし、かおり野、恋みのりなど、複数品種の食べ比べが楽しめます。

よつぼし:甘味、酸味、風味、美味が揃う4つ星級のイチゴ。
かおり野:大粒で果肉が柔らかく、上品な強い香りが特徴。
恋みのり:ふわっと桃の香りがする不思議な味わい。

このほかにも、シーズンごとに新品種があるので、ぜひこちらもお楽しみに!

「よつぼし」という品種のいちごの写真
▲「よつぼし」は甘さだけでなく、ほどよい酸味が感じられるのが特徴です

「かおり野」という品種のいちごの写真
▲名前のとおり香り高い風味が特徴の「かおり野」

恋みのりの写真
▲「恋みのり」はコロンとしたフォルムがかわいらしい

編集部

それぞれ味や香り、風味に特徴があるので、食べ比べて違いを感じるのもおもしろそうですね。2人でお気に入りの品種を探したりするのも盛り上がりそうです。

天然肥料で環境に配慮。持続可能な栽培方法を重視

編集部

美らイチゴ南城ハウスでは、いちごを栽培するうえでなにかこだわっていることはありますか?

渡嘉敷さん

いちごの栽培は夏の土作りからスタートするので、まずはそこを大切に考えています。当園では、天然原料を使った有機肥料を使用し、それらを過不足ないように調整しながら土と混ぜて、環境と土に負荷をかけないよう持続可能な農業を目指しています。

また普段の水やりも、季節と天気といちごの成長に応じて調整しています。いちごの味が水っぽくならず、元気に育つように最適な水管理を心がけていますよ。

編集部

環境に配慮しながら栽培されているのですね。近頃はサステナビリティが重要視されてきているので、美らいちごハウスの取り組みに共感するカップルも多いのではないでしょうか。肥料も天然原料を使用とのことで、摘みたてをいただく際にも安心感があっていいですね。

家でゆっくり食べられる持ち帰りプランもあり

編集部

美らイチゴ南城ハウスでは、食べ放題プランだけでなく、『摘み取り&持ち帰りカッププラン』もあるのですよね。「量はたくさん食べられないけれど、摘み取り体験を楽しみたい」「自宅でゆっくり食べたい」というカップルにもおすすめできそうですね。

ちなみに持ち帰ったいちごをおいしくいただくコツなどはありますか?

渡嘉敷さん

美らイチゴのいちごは、洗わずに摘みたてをそのまま食べることができます。タッパーなどに入れて冷蔵庫で保存すれば、比較的長持ちしますよ。

冷凍する場合はヘタを取り、ジッパー付きの袋などになるべく空気を抜いて入れて保存します。冷凍庫に入れておけば、スムージーやジャムを手軽に作れて便利ですよ。

編集部

デリケートないちごは、すぐに傷んでしまうイメージがありましたが、しっかり保存すれば日持ちするのですね!冷凍もできるとのことなので、持ち帰りのカップを追加で頼んで多めに持ち帰ってもいいなと感じました。

簡単にできるいちごのアレンジレシピなどがあれば、ぜひ教えてください。

渡嘉敷さん

冷凍いちごを使った即席いちごジャムのレシピをご紹介しますね。

  1. フライパンに冷凍いちごを(あれば生鮮いちごも)入れ中火にかける
  2. 水分が出てきたら砂糖をお好みで加える
  3. いちごをお好みの大きさにつぶしながら数分かきまぜる
  4. きれいな色に仕上げるためレモン汁を加え、とろみが出てきたら完成

編集部

手作りのジャムはあまり日持ちしないので、一度にたくさん作ると食べきれずに余ってしまうことがありますよね。このレシピなら、食べたい量だけサッと作ることができていいなと思います。

簡単なので、カップルで一緒に手作りしてみるのも楽しそうですね。

ネットで予約&最新情報の確認ができる

編集部

美らイチゴ南城ハウスでのいちご狩りに参加するためには、事前予約などは必要でしょうか?

渡嘉敷さん

基本的には、事前にオンライン予約をしていただいています。また、いちごの生育状況により、日々ご案内する情報が変わるため、最新の開園情報や料金についても事前に公式サイトにてご確認ください。

>>予約フォームはこちら
>>開園情報はこちら

編集部

予約フォームは各日程の空き状況が一目で分かって、とても見やすいなという印象を受けました。ネットで予約や最新情報を確認できれば、当日無駄足になることもないですもんね。

電話予約と違い24時間予約ができるので、忙しいカップルにとってもありがたいと思います。

摘みたていちごのスイーツが楽しめるおしゃれカフェも併設

編集部

美らイチゴ南城ハウスには、いちごを摘めるハウスのほかに、摘みたてのいちごを使用したスイーツがいただけるカフェがあるのも人気のひとつですよね。こちらについても詳しく教えてください。

渡嘉敷さん

美らイチゴ南城ハウスの敷地内には農園カフェ「美らイチゴ南城本店イチゴバナレ」があります。本店・季節限定のフレッシュなイチゴパフェをはじめ、スムージー、かき氷など通年楽しめるメニューも揃っています。

「美らイチゴ南城本店イチゴバナレ」の外観
▲まるで大きなコンテナのような外観がおしゃれな「美らイチゴ南城本店イチゴバナレ」

「美らイチゴ南城本店イチゴバナレ」のいちごパフェの写真
▲取れたての新鮮ないちごをふんだんに使った贅沢な「イチゴといちごと苺のパフェ」
(テイクアウト:1,058円、イートイン:1,078円) ※本店・季節限定です。

いちごのごろっとした食感を楽しめるコンフィチュールをたっぷりのせたプリンやレアチーズケーキも取り扱っています。こちらはお土産にも最適ですよ。

「美らイチゴ南城本店イチゴバナレ」で購入できるいちごとプリン
▲プリンの上にいちごのコンフィチュールが乗った「ごろっとイチゴとなめらかプリン」
(テイクアウト:464円、イートイン:473円)

編集部

美らイチゴ南城本店イチゴバナレのメニューはどれも、おいしそうなだけでなく、見た目もとてもきれいなのが印象的です。パッケージに貼られたロゴマークもシンプルでおしゃれなので、思わず写真に撮ってSNSにアップしたくなります。

このような雰囲気のいいカフェが敷地内にあると、いちご狩りのあともゆっくりデートを楽しむことができていいですね。

美らイチゴはこの南城ハウス以外にも、県内にいくつかカフェを出店しているそうですね。

渡嘉敷さん

そうなんです。ここのほかに「美らイチゴ イーアス沖縄豊崎店」、「美らイチゴ 瀬長島ウミカジテラス店」と、2店の農園直営カフェを沖縄本島南部で展開しています。

それぞれ本店同様、美らイチゴの新鮮ないちごを使ったドリンクやスイーツ、お土産に最適なプリンやレアチーズケーキも揃っています。

人気商品は、濃厚な味わいの「そのままイチゴのスムージー」、イチゴソースの量(20%、30%、50%)が選べる「ボトルドイチゴミルク」、冷凍完熟イチゴをそのまま削った「イチゴの雪山かき氷」です。

「美らイチゴ南城ハウス」本店イチゴバナレのメニュー

また、美らイチゴのフードトラックも県内各地のイベント出店など、スムージーやかき氷を中心に移動販売しています。

編集部

イーアス沖縄豊崎店と瀬長島ウミカジテラスはどちらも大きなショッピング施設で、カップルのデートスポットとしても有名ですよね。SNS上では、美らイチゴのドリンクを手に持って撮影された写真が多くアップされていて、人気のある様子が伝わってきます。

どの商品もとてもおいしそうだなと感じますが、オンラインでの販売などはおこなっているのでしょうか?

渡嘉敷さん

オンラインショップでプリンやレアチーズケーキを通年販売しています。

>>美らイチゴ公式オンラインショップはこちら

編集部

店舗が近くになくても購入できるのはうれしいですね。家族や友人への手土産や贈り物にもぴったりだなと感じました。

いちご狩りだけじゃない!珍しい体験ができて思い出に残る

編集部

広くて摘みやすいハウスや、併設のおしゃれなカフェが魅力的な美らイチゴ南城ハウスですが、ここならではの独自の取り組みなどがあれば、ぜひ教えてください。

編集部

当園では、イベントやワークショップを不定期開催しています。農園では2021年3~4月に、ライトアップしたハウスで夕暮れ以降にいちご狩りをおこなう「ナイトいちご狩り」を開催しました。

そのほかにも、オフシーズン中のいちご苗植付体験(2021年9~10月に開催)や、自分で摘み取ったいちごをプレゼントできるクリスマス限定パックの販売などをおこないました。

編集部

一般的ないちご園では体験できないような、珍しいイベントがたくさんあるんですね!

個人的にはいちごの苗植えができるのが魅力的だなと感じました。カップル2人で一緒に植えて、育つ頃にまた2人でいちご狩りに来てみたら楽しそうですね。

ハウス内だけでなくカフェでもなにかイベントはおこなっていますか?

渡嘉敷さん

「美らイチゴ南城本店イチゴバナレ」でのイベントもありますよ。これまでにいちごパフェ作り体験や、いちごと紅茶を楽しむワークショップなどを開催しました。

編集部

どちらも、2人で一緒に参加したらとても盛り上がりそうですね!ただいちごを摘むだけでなく、併せてこういった体験ができると、デートプランも考えやすいですし、思い出深いデートになると思います。

美らイチゴ南城ハウスの感想・口コミ

編集部

美らイチゴ南城ハウスでのデートを検討しているカップルの参考になるよう、来園者の客層や、よく受け取る感想などについて教えてください。

渡嘉敷さん

お子様連れの家族や女性グループが比較的多いですが、デートで訪れるカップルも2割ほどいらっしゃいますよ。来園者からは複数品種の食べ比べが好評で、リピーターも多くいらっしゃいます

編集部

施設が広くてきれいで、かつバリアフリーなどの配慮も行き届いているので、さまざまな年代の方にとって利用しやすい施設だと思います。

さらに複数の品種の食べ比べができることで、自分好みのいちごが見つけられそうですよね。普段スーパーや八百屋で購入するときのいちご選びの参考にもなると思います。いちごの品種について知るいいきっかけになりますね。

沖縄南部でいちご狩りができる貴重なハウスとしてネット上でも人気

編集部では、SNSやGoogleを使って美らイチゴ南城ハウスの口コミを調査しました。とくに多く寄せられていた意見を要約してご紹介します。

アイコン
沖縄のいちご園は数が少ない上にほとんどが北部なので、那覇空港から近い南部でいちご狩りを楽しめるのがうれしい!
アイコン
ハウスの中は暑いくらいですが、その分いちご狩りのあとに農園カフェで飲む冷たいスムージーが絶品です。
アイコン
広い園内なのに手入れが行き届いていて清潔感がある。40分は短いかと思っていたものの、十分にお腹いっぱいになった。

編集部

沖縄県南部には数年前までいちご狩りができるような場所がほとんどなかったため、美らイチゴ南城ハウスが「空港から好アクセスの貴重ないちご園」として大変重宝されていることが伝わってきました。また、園内のきれいさや、併設カフェのおいしさにも定評があるという印象を受けました。

「美らイチゴ 南城ハウス」の基本情報

住所 〒901-0601
沖縄県南城市玉城垣花555番地
アクセス 世界遺産「斎場御嶽(せーふぁうたき)」から車で10分
営業時間 原則10時から
※売り切れ次第終了
※詳細は公式サイトの南城ハウス最新情報、営業案内を確認

>>営業案内ページはこちら
駐車場 あり
開園時期 いちご狩りは12月から5月中旬の営業を予定
品種 島いちご
食べ放題 あり(40分)
料金 【食べ放題プラン(40分間)】
大人:2,000円
障がい者:900円
※障がいをお持ちのお客様1名につき、付き添いの方1名も同額でご案内可能

【摘み取り&持ち帰りカッププラン】
R(約250グラム):750円(※500円)
L(約350グラム):1,000円(※700円)
※食べ放題プランのお客様が、持ち帰りパックをお求めの場合の料金
公式サイト https://www.chura-ichigo.jp/

※最新の情報はホームページ等でご確認をお願いいたします。
※記事中の金額はすべて税込表示です

美らイチゴ南城ハウスと併せて行きたいデートスポット

美らイチゴ南城ハウスは、いちご狩りのみだと小一時間、併設カフェを利用したり、体験に参加したりした場合は2時間程度滞在できます。周辺には魅力的な観光スポットが多数あるので、併せて足を運んでみてはいかがでしょうか?おすすめのデートスポットをいくつかご紹介しますね。

おすすめのデートスポット

現存する琉球王国の聖地「斎場御嶽(せーふぁうたき)」

南城市に来たのであればぜひ足を運んでみたいのが、美らイチゴ南城ハウスから車で10分ほどのところにある斎場御嶽(せーふぁうたき)です。こちらは琉球王国時代に国の儀式や占いがおこなわれた聖地で、現在は世界遺産にも登録されているスポットです。

奇跡的に戦火を逃れ、戦前の姿を残した御嶽からは、琉球王国時代の気配を感じることができ、神秘的な雰囲気を味わえますよ。むき出しの岩場のようになっているので、歩きやすい靴で向かうのがおすすめです。

斎場御嶽公式サイト:https://okinawa-nanjo.jp/sefa/

「沖縄らしさ」が詰まった体験施設「おきなわワールド」

沖縄らしさを満喫したいカップルは、ぜひ「おきなわワールド」に足を運んでみてください。美らイチゴ南城ハウスから車で15分弱のところにあります。

施設内では、鍾乳洞などを見れる地底旅行や、琉球ガラス作り体験、エイサーショーの鑑賞など、さまざまな沖縄ならではの体験ができます。沖縄グルメを満喫できる飲食店もあるので、ランチにもぴったりですよ。

おきなわワールド:https://www.gyokusendo.co.jp/okinawaworld/

そのほかにも魅力的な周辺デートスポットが多数

上でご紹介したもののほかにも、南城市には魅力的な観光スポットが多数あります。ぜひデートプランを考えるときの参考にしてみてください。

ニライカナイ橋…橋上展望台からの景色が絶景
知念岬公園…一面に広がるコバルトブルーの海がきれい
あざまサンサンビーチ…マリンスポーツやBBQができるビーチ

まとめ:沖縄でもいちご狩りデートが楽しめる

今回は、美らイチゴ南城ハウスでのいちご狩りをメインに、さまざまな沖縄らしさを満喫できるデートプランをご紹介しました。

温暖な沖縄南部でもいちご狩りを楽しめる美らイチゴ南城ハウスでは、複数品種のおいしいいちごを食べ比べることができます。さらに新鮮ないちごを使ったおしゃれなスイーツをいただけるカフェもあるので、いちご狩り後のおしゃべりも楽しめて、デートで行くのにぴったりのいちごハウスです。

沖縄県でデートを検討しているカップルは、ぜひ参考にしてみてください。

(写真提供/美らイチゴ南城ハウス)

公式アカウントをフォロー

マッチングアプリ大学公式ツイッターマッチングアプリ大学公式フェイスブック