婚活がうまくいかない…結婚相談所の現役アドバイザーに悩み相談しました!

婚活がうまくいかずにエリナさんへ相談しにきた34歳の女性

婚活がうまくいかないと悩む34歳女性が、結婚相談所の現役アドバイザーに結婚するためのコツを聞きました。

婚活パーティー結婚相談所マッチングアプリ婚活サイトなど様々ことをやってきた相談者が伝授された極意とは…?

結婚相談所の現役アドバイザー登場

相談者
今日は結婚相談所でアドバイザーをされているエリナさんに婚活のアドバイスをお伺いしようと思います。
エリナ
よろしくお願いします。
相談者
私は3、4年ぐらいずっと婚活をしているんですけど、なかなかいい相手が見つからずに悩んでいるんです。今34歳なんですが、35歳までには結婚したいと思っていて。

エリナさんは結婚相談所でいろんな方の結婚を見届けてきたんですよね?
エリナ
そうです。

結婚したいなら男性はちゃんと女性の話を聞いて

女性の話をちゃんと聞いていない結婚できない男性の例
相談者
結婚が決まる人は何か特徴があるんですか?
エリナ
女性は「気持ちを分かってほしい」という動物なので「気持ちを分かってるよ」と伝えられる方。そして女性が話していることを覚えていてくれた方。男性はよく女性の話を聞いてあげて
相談者
それは普段の会話の中で「こういうふうに思うんだよ」と言ったら「そうなんだ」と言ってくれるという。
エリナ
そうなんです。女性は覚えてくれていたということが思いやりと思うらしいですね。
相談者
私のことを理解してくれてると思ってもらえる男性。
エリナ
女性はどうしても「理解してほしい、分かってほしい」という気持ちが強いので、男性はその部分を「分かってるよ」と伝えてあげるのが大事だと思います。

あとは友達、家族などを大事にしてる人は思いやりがあるし、優しい方だと思いますので、そういう方も結婚決まりかなという感じですね。
相談者
家族に対する態度を見れば、将来の自分に対する態度を見られるとよくいうじゃないですか。あれは当たってるんですか?
エリナ
当たっていますね。家族構成とか生い立ち、環境は大きく影響されると思います。
相談者
例えば、バツイチだったり親が離婚されてる方はどうなんですか?
エリナ
それはいろんな理由があっての離婚だったりしますから。それよりも自分の生い立ちを振り返って、弱点などをプラスに変えられる人かどうか。
相談者
自分は昔親が離婚して寂しかった、同じようにしたくないから子どもを大切にしたいと思えてる人はいいということですね。
エリナ
そうです。人間的にそう思えるかどうかですよね。

精神力の強い男性が人気…どうやって見分ける?

婚活でいい男性を見分ける方法ってなんですか?
エリナ
あとは仕事を頑張ってる男性は女性から人気があります。「どうでもいい」という話をされたり、会社の愚痴を言う男性は将来的に暗いなという感じが伝わってしまいます。

だから何事も一生懸命な人、仕事に対しても趣味に対しても愚痴ばかり言わない、精神の強い男性がいいですね。何があっても動じない!
相談者
それはどこで見分ければいいんでしょう?
エリナ
いろんなシチュエーションで、そういった行動は無意識に出てしまいます。例えばこんな話がありました。結婚が決まりそうなカップルが軽い事故にあってしまったんです。

そのときに男性がまずお母さんに電話をしてしまった。女性のほうがすごくしっかりしていて、保険屋さんだの警察だのを全部やったということで。これは結婚するには…。
相談者
確かに頼りないですね。
エリナ
本当に結婚を決めてたらしいんですけど、このことがあってやめたそうです。ふとしたところで出てしまいますよね。

あとは楽しい人。やっぱりポジティブな人です。暗くなったり愚痴ばっかりではなくて、変換してユーモアもある人は心の余裕があるから「頼れる男性かな、この人と一緒にいると楽しく何でも乗り越えていけるかな」と女性が思うらしいですよ。
相談者
そこは好きという感覚につながりますよね。
エリナ
そうですね。

やっぱり女性は愛嬌でしょう

相談者
結婚が決まりそうな女性の特徴はどうですか。
エリナ
やはり何といっても気配りでしょうか。婚活パーティーに出ても、みんなに笑顔を振りまいたり、ちょっとした気配りができる女性は人気ナンバーワンですね。

みんなに優しかったり、明るく笑顔の素敵な素直な女性が一番人気です。
相談者
女性は割と愛想がいいというところに収まると思うんですけど、男性は女性と違って内面的なところを見るより、隣にいてニコニコしてくれるような癒し系の女性がやっぱりいいということですか?
エリナ
そうです。一生懸命仕事して疲れて帰ってきたときにやはり笑顔の1つもないと。男性は笑顔があると癒されるし「また頑張ろう」という気持ちが出るとおっしゃる。何といっても女は愛嬌かなと私は思いますけどね。
相談者
細かいところよりも愛嬌で勝負。
エリナ
やっぱりニコニコしているほうが、婚活パーティーでもダントツ人気ですね。
相談者
そう聞くとやっぱり外見重視な男性が多いのかなと思っちゃうんですけど、そういうわけでもない?
エリナ
外見もそうかもしれないですけど、笑顔は内面から出てきます。どんなにお顔がきれいでもツンとしてる人よりは笑顔のほうがいいかなと。男性は笑顔を向けられると「俺に気があるのかな?」と思っちゃうそうなんですよ。そこから気になり出して進展するケースも多いです。
相談者
ということは愛想がいい人は男性から好かれることが多いから、結婚できる確率が自然と高まっているという感じですね。参考にします。

なかなか結婚できない男性は自分勝手、無関心、優柔不断…

婚活しても結婚できなそうな男性
相談者
なかなか結婚ができないのはどういう人なのかも聞きたいんですけど。
エリナ
人間的なことなので男女共通するところもあるかもしれませんけれども、男性は自分勝手な人ですよね。話を聞かない、そして人の意見を認めない
相談者
否定的な人ということですか?
エリナ
ある女性は何の話をしても「ん!それは違う」といつも否定されて楽しくないし、共通するものがないので話が詰まってしまうと言っていましたね。

あとはいろんなことに無関心な人。女性の趣味に対して、男性が関心がないこともありますよね。例えば女性が好きなフラダンスの話を、男性はやらなくても興味を持って聞いてくれるところが大事です。女性は無関心だと寂しいですよね。
相談者
そうすると好奇心が旺盛な人のほうがいいということですね。
エリナ
好奇心旺盛、彼女がどんなことをやってるか興味があれば聞きたい。「こんなふうにしてるのかな、彼女はこんな思いかな」と理解したいと思えば聞いてくると思うんですけどね。日本人の男性はちょっと言葉が足りないかもしれませんね。

あとは優柔不断な方。どこへ行くにも決められない、デートに行くにもお任せみたいな。
相談者
多いんじゃないですか?そういう人は。
エリナ
多いですね。中には面倒くさいので「女性が決めれば連れて行くよ」といった男性もいます。それは相性というところになりますけど。

あとは連絡もまめにしない、約束を守らないといった男性も難しいかなと思いますね。
相談者
自分がそこに当てはまるのではないかと思う人は改善していかないといけないですね。
エリナ
「俺はこのままでいいんだ」という人に限ってたくさん見直すところがあると思います。

おごってもらうのが当たり前な女性!結婚は遠いよ

結婚できない女性の例「おごってもらうのが当たり前」
相談者
女性はどうでしょうか?
エリナ
女性も男性よりも何でも物事を知っていると、ついつい「それは違うのよ」と出ちゃう場合がありますよね。

そこは知っていても男性を立てるとか、男性を褒めたりする人のほうがいいです。

わがままだったり、褒めない人、高価なものを欲しがったり、男性を振り回す人はちょっと難しいかなと思いますね。
相談者
初めてのデートに行って、おごってもらうのは当たり前みたいなタイプはちょっと結婚につながりにくいというか…。
エリナ
難しいですね。この間も男性が「僕出すのはいいんですよ。でもせめてお財布を出すふりをしてほしい。

ありがとうの一言は人に対する思いやりが表れる」とおっしゃっていました。そこがどうしても気になるということで破局になりましたけれど。
相談者
そういう女性もやっぱり多いんですね。
エリナ
女性だからと感謝のない人は笑顔で「ありがとう」とは言っていないので。笑顔のない方は男性にとっては難しいかなと。

あとはヒステリック。すぐに怒る女性は嫌だと男性からよく聞きますね。男性は癒されたいと思うので、言葉がきつい人も。
相談者
言葉遣いですか?
エリナ
そうですね。それからうるさい人。休めない。おしゃべりしてくれるのはうれしいんだけれども、男性は癒されたいというのがあるんです。

ああだこうだ口を出しすぎると男性も干渉しすぎ、束縛と感じて嫌がってしまいます。

あとは友達の悪口を言うというのは男性は好きではないようですね。
相談者
自覚があるときはきちんと直していって、思いやりを持った女性にならないといけないですね。
エリナ
人としてというところでしょうかね。

婚活がうまくいかないと悩む人は多い

いろいろと婚活を試すものの、成果が出ないと嘆く相談者
相談者
私は婚活パーティーにも行ってるし結婚相談所も行ったことがあります。Omiai,ブライダルネット,withとかのマッチングアプリとか婚活サイトを使ったこともあるんですけど、なかなか成果が出ないで悩んでいます。

私みたいに何をやってもうまくいかなくて悩んでる人というのは多いのでしょうか?
エリナ
多いですよ、実際に。本当に一生懸命やってると思うんですよ。でもちょっとしたコツで見方とか男性との出会い方は変わっていくんです。

そこさえつかめれば何か変わってくるような気がするんですけれども。
相談者
見方というのは具体的にどういうことですか?
エリナ
婚活していて成果が出ないということは、実は結果ではなくて婚活していることにすごく大きな意味があるんです。その中で経験とか学びというのが必ずあるんですよね。

結婚された方たちからは「何年も婚活していて、いろんな人と会って玉砕して泣いたりもした。でも本当にいい経験で、結婚してそれが生かされてよかった」という声を非常にたくさん聞きます。

ただ婚活するのではなくて、まずしっかりと自分に向き合うことが大事なんです。婚活することによって成長していける人というのは成果が出ています。
相談者
成長できる人、ですか?
エリナ
成長できる人というのは気付ける人なんですね。婚活していく中で自分を見つめていろんなこと、相手の良いところを見たり、条件を変えたり、考え方を変えたり。

そういった人は成果が出ていますね。
相談者
ということは今の婚活の積み重ねで自分を知って、相手の見る目を養っていくことでいい相手と出会えるということですか。
エリナ
そうですね。例えば会ったときに「顔がタイプじゃないからこの人と話をしたくない」という態度に出てしまったら、お話をする間もなくその人との出会いはなくなってしまいますよね。
相談者
それは経験ありますね。初対面のイメージで、パッと見て「この人と恋愛できるかな?」と考えてしまうんですよね。
エリナ
まず「恋愛できるかな?好きになれるかな?付き合えるかな?」ときちゃうと、3つぐらいの段階、イエス、ノーとはっきりするのと、まあいいかなとかいろいろ出てきますよね。

その前にお話しして「この人はどんな人かな、自分にはない素敵なところがあるかな」という人間性を見るということはあまり皆さんされてはいない。

そこで隠れたいい部分を持ってる人を逃がしていることが多いんです。
相談者
婚活するんだったら条件もよくて、性格もよくて、顔もいい人を捕まえたいという気持ちがどこかにあるんですよね。
エリナ
もちろんそうです。でも人柄は最初から全部は出せませんよね。

ご自分も知らない人には100%出せていないということは、お相手も出していない。たくさん隠れてる部分はあるけれども、実際は自分は見てない。

そこで「タイプじゃないから」とシャットアウトしてしまっているということが結構多いですよ。
相談者
会ったときの第一印象で決定的に「この人とは恋愛は絶対無理だ」と思わない限りは何回か会って交流を深めてみないと、その先の深い付き合いまではできないということですかね。
エリナ
「そんなにタイプではなかったのに結婚しちゃった」という話はよく聞きますよ。
相談者
そうなんですか!?
エリナ
普通の恋愛は同業者とか同じ会社でずっと見ていて、時間をかけてその人のいいところが見えてきて、だんだん気になって好きになっていくというパターンですよね。
相談者
大体そうですね。普通は友達から始まって「いいな」と思う面がいくつか出てきて、好きになっていくということが多いですね。
エリナ
そして友達になって心が開けて自分の本心を言ったときに、向こうが親身になって話を聞いてくれたり、「この人はこんなにいいところがあるんだな」というところからお互いに惹かれあっていくというパターンも多いのではないかなと思います。

最初会ったときはそこは見えないと思うので、そこでみんな自分がシャッターを下ろしてしまってチャンスを逃してることは多いかもしれませんね。
相談者
自分から拒否してる、婚活をして相手を見つけようとしてるのに、自分がその出会いを断ってしまってることが多いということですね。
エリナ
そうです。「本当は中身を見なければいけないのに、外面的なもの、条件のもの、収入とかそういったうわべのものだけで判断してしまっている自分がいませんか?」というところです。
相談者
なるほど。そこはちょっと考えるところがありますね。
エリナ
たくさん会ってその人その人のいいところをたくさん見習うことができれば自分は成長できますよ。
相談者
「この人のこういうところを見習って自分もこうしなきゃな」と尊敬できる。
エリナ
相手は心を映す鏡といわれています。例えば会った人の笑顔が素敵だと「自分も笑顔にしようかな」と思いますよね。

笑顔が増えている自分を想像すると、周りにも明るくなったりいい影響を与えられるようになる。

どんどん自分も成長していくと人も寄ってくる、こういうスパイラルになっていくんですね。
相談者
いいスパイラルですね。
エリナ
そうです。
相談者
ということは「婚活がうまくいかなくて結婚できない、私駄目だ」というふうに婚活鬱になる人は多いですけど、決して婚活自体は無駄ではなくて、自分の成長ができる過程というか経験の1つと考えれば、決して無駄なことはないということですね。
エリナ
その通りなんですよ。一生懸命やってる自分をぜひ褒めてあげてください。

婚活に疲れたら少し休めばいい

婚活で行き詰まったら一休み
相談者
婚活を諦めてしまう人もいると思うんですけど、実際はどうなんですか?
エリナ
それは年齢的なもので「もうこの年だし1人でいいや」と思う人もいらっしゃるし、婚活疲れして「もういいわ」という人もいます。でも本当にいいんでしょうか?

40代にしてもまだ先は長い人生。そのときは疲れて「もういいや」と思うんですけど、1年2年経つと「やっぱり誰かそばにいてほしいな」と思うはずなんですよね、きっと。

休息は必要だと思います。一生懸命やりすぎたら、そのときは気分転換をして違うものに目をやったりとか、いろんなものを吸収する時間にして、また意欲が湧いたときに頑張っていければいいかなと思います。

婚活うつになりそうな時にはどうすれば…?

相談者
私は本当に結婚できないんじゃないかと今すごく不安になっていて、どうしたらいいんだろうという、八方塞がりな気持ちなんです。鬱になりそうな不安な気持ちのときはどうしたらいいんでしょう?
エリナ
確かに皆さん同じことをおっしゃいます。「こんなにやっても見つからないし、私結婚できないんじゃないかな」というふうに。

でもその中でも結婚してる人というのは、へこむときもあっても「もう1回頑張ろう」という気持ちを持っている方なんですね。

諦めないという気持ち。そういう方たちはデータ的に結婚されてる率がすごく高いです。

とにかく不安な気持ちも本当に分かります。今度出会う人はすぐ結婚ではなくて「どんな人なんだろう、この人はどんないいところがあるんだろう」とちょっと楽しみな感じで出会われるように考えを変えてみたらどうでしょうか?
相談者
確かに私は「次に会う人も駄目なんじゃないかな」と初めから思ったり、「どうせお断りされるんだろうな」と初めから心をガードして会ってしまってることがあります。

婚活を始めた頃は「次はどんな人とデートができるんだろう」という楽しみがあったような気がします。今は確かにそういう気持ちは薄れてしまっていますね。
エリナ
実はその心の思いというのは、全部非言語といって、無意識に顔の表情などに出てしまっているんですよ。

「どうせ駄目だろう」という顔を想像してみてください。「この人どんな人かな?知ってみたいな、楽しみだな」という顔は想像するだけでも全然違いますよね。

その顔がお相手に映っているんですよ。「絶対つまらなそうだな」と相手も感じたら多分話は弾みませんよね。

実は自分の心構え一つで婚期を逃してるということにもつながっているんです。
相談者
なるほど。本当に楽しい気持ちで相手と会う、デートすることがすごく楽しみという気持ちでいかないと、相手に失礼なことになってしまうということですね。
エリナ
そうするとお互い楽しい会話になってくるかな。もしかしたら「こんな面もあったんだ」ということまで話せる仲になるかもしれない。そうすると変わってくると思いますよ。

一通り経験した私に合った婚活方法って何?

自分に合った婚活方法が分からずに悩む相談者
相談者
私いろんな婚活をして、どれも一通り経験したんですけど、自分に一番いい婚活方法はどれなのか悩んでいるんです。自分にピッタリ合う婚活を探すためにはどういうふうに考えたらいいのでしょうか?
エリナ
一通りしてどれがいいのかなということは、どれもこれもそこそこ楽しんでいらっしゃるのではないかなと思うんですよ。

一通りやって「パーティーは苦手」と感じられる方は1対1がお勧めなので、まず自分がしてみたいことをしてみたらどうでしょう?
相談者
う~~ん。私はワイワイガヤガヤしてるところは苦手なんですけど、みんなで水族館で一緒に散歩したりとか、自然体な婚活パーティーはよかったなと思ってるんです。
エリナ
ちゃんと自分を分析されてるんですね。
相談者
あとは1対1のほうが話しやすいです。

初対面だと緊張してしまうので、ある程度初めにメッセージができるマッチングアプリは結構良かったと思っているんですけど、その通りにやればいいということですか?
エリナ
そうですね。あとは準備をしていくことも大事かな。パーティーならパーティーの特徴がありますよね。

大勢だと1対1よりも話す数は少ないので、多少はリラックスしてみんなの中に溶け込んで楽しむようにすればいいと思います。

1対1だとお話中心になるので、どんなことを聞きたいか、自分のどんなことを伝えたいかをまとめていくといいです。

「昨日寒かったね」とか「どこどこ行ってきたよ」といった会話になると人柄は見えてこないと思いますので。
相談者
そこが難しいところなんですよね。どこまで相手に踏み込んでいいのか、どこまで自分を出していいのか、どういう話をすればいいのか。初めてのデートのときはいつもすごく悩むんです。
エリナ
なるほどね。でも自然に自分が出せる人というのは「話しやすい」とか「話を聞いてくれそう」とつながりませんか?
相談者
そうですね。意識せず、すらすらと自然に話せてしまう人がいいということですか?
エリナ
まずそこが第一段階クリアになりますよね。慣れていってそういう方もいらっしゃるので。

ただ最初からそういう方は話は弾んでいきますよね。それとフィーリングが合うかもしれないので、心地は悪くないなという感覚になると思います。

結婚は一生一緒なので心地悪い人は最初から「何となく難しいかな」となると思いますけどね。

婚活がうまくいかないなら条件を変えるべき?

結婚相手に求める条件、厳しすぎる?
相談者
婚活する上で相手に求める条件はたくさんあるんですけど、なかなか成果が出ないのであれば見直すべきなのか悩んでいます。

好きになる条件が自分の中にあるので、できれば曲げたくないんですよね。結婚相談所に入ってるほかの方はどうしているんでしょうか。
エリナ
ここは非常に難しいんですけど、まず一番自分がこだわっているのが何かを絞り切れていない

そんなに完璧な方はお互いいらっしゃらないので、あれもこれもと10個もあると非常に厳しいです。

自分が変えられないもので求めているところはまずどこか。そしてもし相手が違っていても変えてくれる人なのか、歩み寄ってくれる人なのかを見極めていかないといけないですね。

結婚してもお互いが直していける部分はあるのか考えると、条件も最初は1個だけだったのが、だんだん歩み寄りながら2人で3も5にも増えていくのではないかと思うんですけど。

10なきゃ駄目!となると難しいかなと思います。
相談者
例えば私はタバコを吸わない人がいいんですけど、子どもができたらタバコをやめてくれる人だったら、その人も対象に含んだほうがいいということですか?
エリナ
そうです。そのほうがそれだけ出会うチャンスは広がるということになりますよね。

絶対駄目という人は難しいと思いますけど「今から君のためにやめるよ」という人はいると思います。

金銭感覚や貯金額をチェックして伸びしろを見極める!

相談者
あと気になるのは年収なんです。例えば600万円欲しいけど相手が600万円に足りず450万円だった。

そういうときに私は切ってしまっているんですけど、そこを将来の成長度を見極めて条件に含めるほうがいいのかなと最近、思ってるんです。
エリナ
実は条件の中にも変えられないものと変わるものがあるんですよ。

こういったご時世なので、もしかしたらどんどん出世して年収はいきなり800万円になるかもしれないです。逆に今600万円あっても500万円になるかもしれないです。

これは予測できないことなので、今時点で600万円欲しいけれど450万円に見合った生活ができているのか。

またその中で600万円の人が0円の貯金で、450万円の人が貯金して600万円の人と同じになるのか。方法はいくらでもあると思うんです。
相談者
パッと見の年収よりもその人の金銭感覚とか貯金できる人なのかどうかを見たほうがいいということですね。
エリナ
お仕事に対する頑張りようで、もしかしたら将来が有望になるかもしれないとか、変わってきますよね。それは一生懸命さとか人柄に尽きると思うので。
相談者
出世をしたくて頑張っている年収450万円と「現状維持でいいや」と思ってる年収600万円だったら、将来的に450万円の頑張ってる人のほうが伸びるかもしれない。
エリナ
そうです。仕事に対する思いやお金の使い方を質問して、その人の考えを知って見極めるようにします。

例えば600万円や800万円もらっていても、今の仕事が合わないから転職しようと思う。そうすると今度は400万円から始まることを聞いちゃったらどうですか?
相談者
ちょっと厳しいですね、そうなると。
エリナ
こればかりは分からないですよね。自分がどういう考えであって相手がどういう考えかということを考えて聞いたらどうでしょうか。

結婚相談所で成婚したカップルは「前から知ってたみたい」?!

結婚相談所で知り合っても気が合うと前から知っていたカップルのように
相談者
結婚相談所で結婚していく方はスピード結婚をされる方が多いと聞きました。「この人と結婚する」と決め手になったのは何だったんでしょう?
エリナ
最初にお見合いしたときから妙に意気投合して、前から知っていたようだったということで。お見合いの時間は本当に短いんですけど…。
相談者
どのぐらいなんですか?
エリナ
大体お茶を飲んだりして2時間ぐらいでしょうかね。人それぞれですけど、あまり長くすると疲れるので。だけどすごく長く一緒にいてデートまでしちゃったという感じで。
相談者
初対面で?
エリナ
初対面で。決まった例でいうと、すごく話が盛り上がってものすごく楽しかった。

それからまたとんとんとデートを重ねて「最初から知ってるような人でした」とあれよあれよと進むというのが多いです。
相談者
運命的ですね。

全然タイプじゃないと言われた男性がひたすら待って結婚へ

エリナ
あとは男性が忍耐強く、女性の気持ちがなびくまでずっと合わせて見守っていて、女性がその気持ちに応えて結婚したという例もありましたね。

最初は女性が「全然タイプじゃない、男性のことを好きになれない」と言っていたんですけど、男性の優しさですかね、人柄に惚れて結婚したという。
相談者
自分のことを好きでいてくれる真摯な姿に?
エリナ
大切にしてくれている。女性が「これだけわがままも言ったりしても自分に合わせてくれたり、こんなに優しく自分のことを大事に思ってくれてるんだな」というのが分かったので「結婚もありかな」と言って結婚されましたね。

同時進行は婚活に失敗しやすい

婚活中に数人を同時進行している相談者
相談者
婚活は同時進行が当たり前なので、いろんな人とデートを並行していく中で選んで成婚までいくのはなかなか難しいですよね。
エリナ
なるべく早くに1人に絞るのがポイントです。次から次に来ると思うと「いいかな」と浅い付き合いになってしまうので。やっぱりたくさんの人と会ってしまって同時進行してる方は結婚は遠いですね。

重なる時期も多少あるかもしれないですけど、早めに1人にしたりとか、お見合いが決まったのでほかの紹介はストップするといった方のほうが早く結婚されています。
相談者
それは私も当てはまるところがありますね。いろんな人と出会えちゃうから、次があるだろうと思ってすぐに次々と諦めて「次の人いい人が来るんじゃないかな」と思って切り替えていくところがあります。
エリナ
そうなるとお見合いマニアみたいになって、お見合いばかりしていて本命の人が全然見つからないというパターンが本当に多いですよ。

次から次に来るので。広く浅くしか会っていない、相手のいろんなことを知るということまでしていない。だから何も成長されていなくて同じことの繰り返し。
相談者
なるほど。どこかでちゃんと相手と向き合う時間をしっかり取って1人1人と真摯に向き合っていく作業が大事なんですね。
エリナ
例えばAさん、Bさん、Cさんがいるとします。Aさんのことを「ちょっといいな」と思ってもBさん、Cさんにデートに誘われるとそっちを優先する。

AさんはBさん、Cさんの後になると1、2、3週間先になってしまう。Aさんの気持ちは下がってますよね。自分がもし逆だったら、伸ばし伸ばしにされたらどうですかね?
相談者
「脈なしだな」と思っちゃいますね。
エリナ
そうですよね。もう切り替えられちゃうので、自分で縁を切ってますよ。
相談者
同時進行はうまくやらないと、逆に結婚できない理由の1つになってしまうということですね。
エリナ
同時進行も2、3回会ったら1人にする、これは鉄則ですね。

初デートで見るポイントはこれ!

婚活初デートで相手を見るポイントって何ですか?
相談者
相手のいいところを知るためにはどう接したり、どういう質問をしたらいいのか具体的にイメージできないんです。

お見合い、婚活パーティー、マッチングアプリなどで会話をして初めてのデートに行きますよね。そのときにこういう質問をして相手の本心を知るとか、こういうところを見るべきというポイントはありますか?
エリナ
あります。人それぞれ大事にしているものがあると思うんですよね。例えば友達だったり家族だったり。

自分がまず何を大事にしているか。もし家族を大事にしてるのなら、家族とのエピソードなどをまず最初に自己開示して、お相手に「あなたはどうですか?」と聞くと、家族を大事にしているという事柄から、その人が家族に対する思いやら人柄は見えてきませんか?
相談者
それは「私は年末年始やお盆に結構実家に帰るんですけど、そちらはどうですか?」みたいな質問をするということですか?
エリナ
それでもいいと思います。例えば実家に帰って「いつも帰ってないのでたまには掃除を手伝った」とか、「お父さんの肩もみをした」とかいうエピソードが聞ければどうですか?それを聞いたとき「優しい人だな」と思いますよね?
相談者
なるほど「母の日に何かプレゼントをしますか?」とかの質問をするということですか?
エリナ
それはすごく直接的な聞き方ですね。自分が「母の日だったので素敵なお花を売っていたから送ったんですよ」と言ったときの向こうの反応でもいいですよね。

もちろんストレートに聞くのもいいと思いますが、直接的に聞かなくても、そういう話をしたときに自然に「僕も実はね」という人だったらもっと好感度は上がりますよね。
相談者
自分のエピソードを話して、相手の話を聞き出して価値観が合うかどうかを探っていくということですか?
エリナ
そうですね、人間は正直なので興味がないことは言葉数が少なくなります。興味がなくても一生懸命考えてくれるのは何らかの形で分かりますよね。

人は自分から開示したほうが話しやすくなるので、聞くのもいいけど、より深いところを聞くには自己開示してからのほうがいいかなと思います。
相談者
なるほど。ほかにデートのときに見極めるためのポイントはありますか?
エリナ
多分皆さんは自分が大事にしてることや気になってることを整理されていないです。普段の会話だけをしていると焦点が鈍ってしまうので、まず自分が大事にしていることとか気になっていることをどう聞くのかを準備されるといいですね。それによって相手の人柄が見えてくると思います。

デートしてるときにも例えばウエイトレスさんとかに何気なく「ありがとう」と言ったりとか、そういうところを見逃さないで見ておく。自分が気にしていれば見られるので、見逃さないことです。

貯金してますか?ってどうやって聞こう…

婚活中に相手の貯金を聞き出したい相談者
相談者
ちょっと聞きづらい質問はどうやって聞けばいいんでしょうか?例えば「貯金はしてますか?」とか。
エリナ
まだ仲がそんなに進展してないとストレートに聞きにくいですよね。そのときは貯金に対してどういう考えかなどと話したらいいです。

まず自分が「なるべく貯金するように頑張っている」とか「今私は貯金を頑張っているんだけれど、どうですか?」というふうに聞いてみるとか。
相談者
あとはボーナスの使い道を聞いたり・・・?
エリナ
「大きな買い物は何した?」とか「普段どんなものに使ってる?趣味とか?」などお金の使い道を聞くのも1つですよね。
相談者
そう考えると初めて会うときに意味のない話ばかりをするのではなくて、ちゃんと自分が気になってることとか、相手の価値観を知るような質問を意識しながら交流しないと駄目ということですね。
エリナ
そうですね。ウォーミングアップ的に普通の話もいいと思いますけれど。自分の中で整理されて絞った3点か4点ぐらいお話されたら、相手が見えてくると思います。
相談者
今までの婚活の方法と考え方がガラッと変わりました。今日からもう1回頑張ってみたいと思います。
エリナ
きっと違う世界が見えると思いますよ。
相談者
そうですね!今日はありがとうございました。

インタビューを終えて

エリナさんから婚活についてのアドバイスをたくさん聞けた相談者

さすが結婚相談所の現役アドバイザー。婚活に対する考え方は勉強になりました。

今回エリナさんから聞けた婚活のポイントはこれ。

  • 婚活とは自分としっかり向き合うこと
  • 同時進行してもなるべく早く1人に絞る
  • 婚活に成功するためには男女とも人間性を高めること
  • 第一印象だけで決めつけず、相手をもっと知る努力を
  • 婚活は準備が大事!

婚活がうまくいかないと悩んでいるのはあなただけではありません。

婚活にちょっと疲れたら少し休んで、自分を見直し、楽しみながらまた頑張っていきましょう!

あわせて読みたい参考記事

公式アカウントをフォロー

マッチングアプリ大学公式ツイッターマッチングアプリ大学公式フェイスブック