クリぼっちも平気!?2020年自粛の冬、20代独身男女のクリスマスの過ごし方を調査

今年もクリスマスのイルミネーションが輝く季節がやってきました。クリスマスはパーティやデートなど誰かしらと楽しく過ごす人がいる一方、一人で過ごす人にとっては少し孤独を感じる日でもあります。

そこで縁結び大学では、30歳以下の独身男女284人に“今年のクリスマスの過ごし方”についての調査を行いました。

恋人がいても二人きりで過ごさない人や、“クリぼっち”が気にならない人の割合など、最近の若者のクリスマスへの意識について、詳しく紹介します。

特定の恋人がいる人は、男性42.9%、女性47%

特定の恋人はいますか

調査対象者に恋人の有無を尋ねたところ、「恋人がいる」と答えたのは男性42.9%、女性47.0%でした。女性の方が少しだけ恋人がいる割合が多いですが、概ね4割強といったところです。

恋人がいる人といない人、それぞれクリスマスの過ごし方について聞いてみました。

クリスマスを恋人と二人で過ごすのは、男女ともに約6割

今年のクリスマスはどう過ごす?

恋人がいる人のうち、クリスマスを「恋人と二人きりで過ごす」のは男性が64.9%、女性が60.6%と約6割です。次に多かったのは、男女とも「まだ決めていない」という回答でした。

二人きりではないものの、「恋人を含めた仲間・家族で集まる」「オンラインで恋人に会う」を含めると、男性では73.8%、女性では64.8%の人が“恋人と会う”ことにしているようです。

反対に「恋人とは会わず一人で過ごす」「恋人とは会わず家族で過ごす」「恋人とは会わず仲間と集まる」など、“恋人には会わない”と決めている人は、男性で12.3%、女性で19.7%となっています。

男性に比べて、女性の方が“恋人がいてもクリスマスに二人きりで過ごさない”という人が多い結果となりました。

「クリスマス=特別な日」と認識する男女が、恋人と二人で過ごす傾向

クリスマスを一緒に過ごすカップル

クリスマスを「恋人と二人きりで過ごす」と答えた人に理由を聞いてみたところ、以下のような回答が寄せられました。

クリスマスを恋人と二人きりで過ごす理由

現在同棲しています。今年は二人でおうちクリスマスを楽しむ予定です。(埼玉県/30歳男性)
特別な日だと僕は思っているので二人きりでおいしいご飯食べて過ごしたい。(愛知県/28歳男性)
毎年彼女とふたりで過ごすようにしている。いつもは外でご飯を食べにいっていたが、今年は家で過ごそうと思っている(広島県/30歳男性)
付き合っている人がいたら、クリスマスを一緒に過ごすことは当然だと思うからです。(東京都/29歳女性)
クリスマスなのでどこかに出掛けたいが 、新型コロナウイルス感染症予防で家で手作り料理を楽しみたいと思います。(大阪府/28歳女性)
今年はあまりイベントごとが出来なかったので、クリスマスくらいはケーキやチキンを買って、家でクリスマスパーティをしたい。(大阪府/24歳女性)

恋人と過ごす予定の人は、多くが「クリスマス=特別な日」と捉えているようです。また今年の傾向として、新型コロナウイルス感染症予防対策のために家でパーティをすると答えた人が多数を占めました。

クリスマスを恋人と過ごさない理由はさまざま

クリスマスを仕事で忙しく過ごす女性のイメージ画像

クリスマスを恋人と二人きりで過ごさないと答えた人にも、その理由を聞いてみました。

飲食店をしているため、毎年クリスマスは仕事で終わってしまいます。(埼玉県/28歳男性)
普段あってるしクリスマスだからって会うとは限らないから。(北海道/30歳男性)
仲の良いカップルがいてちょうどクリスマスに集まれるので、一緒にホームパーティをする。(京都府/24歳男性)
遠距離だから今年は会わない。(兵庫県/29歳女性)
私と彼氏の仕事が年末にかけて忙しい為、まだ会えるかわからない。(埼玉県/29歳女性)
彼氏も友達も感染者の多い都市部にいる上に、私の地域はしばらく感染者がいないためリスクが高すぎると感じるから。(福島県/24歳女性)

「クリスマスが仕事」という理由以外に、今年は新型コロナウイルス感染症予防であえて恋人と会わないという選択をする人もいることが分かりました。

本当は恋人と二人きりで過ごしたい人は、男性45%、女性35.7%

恋人と二人で過ごさないことをどう思う?

今年、恋人と二人きりでクリスマスを過ごさない人の中で、「本当は二人きりで過ごしたい」と考えている人は、男性で45%、女性で35.7%でした。

「クリスマスだから一緒にいたいとは思わない」人は、男性で40%、女性で28.6%です。女性は「恋人より仲間や家族と過ごしたい」人も14.3%いました。

恋人がいても、クリスマスを二人きりで過ごす必要性を感じていない人も一定数いることが分かります。

「クリスマスだから一緒にいたい」という考えは、もう古い!?

クリスマスを一人で過ごす女性

恋人と二人で過ごすつもりがない人にその理由を聞きました。

彼女も私もクリスマスなどのイベントに興味が薄く、何か企画したりお金使ったりするのも、めんどくさいと思うようになった。(大阪府/28歳男性)
地方では街中もきらびやかにはならないし、普段を健康に過ごせていればそれでいい。(山形県/26歳男性)
クリスマスは行事の一つであって、仕事のある平日に二人で過ごす意味があるのか理解できなくなっています。(兵庫県/23歳男性)
恋人と二人より、クリスマスだからこそ友達と騒ぎたい。(北海道/21歳女性)
恋人とより家族と過ごす方が大事、毎年ずらして会ってます。(福島県/24歳女性)
クリスマスは恋人とというイメージがあまりない。どこも混んでいるし特に二人でいたいとは思わない。(東京都/29歳女性)

クリスマスはキリスト教徒にとっては特別ですが、そうでない人にとってはイベントの一つに過ぎません。

トレンディードラマが流行した時代は、「クリスマス=恋人と過ごす」ということがスタンダードとされていましたが、最近の20代はそのような考えを持たない人も少なくないようです。

恋人がいる人のクリスマスの過ごし方|まとめ

クリスマスのイメージ画像

今年のクリスマス、恋人がいる人については以下のことが言えそうです。

  • 「二人きりで過ごす」のは、男女とも約6割
  • 新型コロナウイルス感染症予防対策で「お家でパーティ」の予定が多い
  • 恋人と会わない理由で多いのは「仕事」と「新型コロナウイルス感染症の予防対策」
  • 恋人がいても、二人きりで過ごす必要性を感じていない人もいる

恋人がいない人のクリスマスの過ごし方、男性は「1人で」女性は「家族と」過ごす

恋人がいない人向け クリスマスはどう過ごす?

現在特定の恋人がいない人にも、今年のクリスマスの過ごし方を聞きました。

男性は「まだ決めていない」が27.6%で1位、「誰とも会わず一人で過ごす」が2位で26.3%です。

女性は「家族と過ごす」が38.8%と1位です。2位は「誰とも会わず一人で過ごす」で、21.3%でした。

「まだ予定を決めていない」という回答を除いては、男女ともに一人または家族と過ごす人が多いことが分かります。友人や仲間で集まると決めている人は少ないということも分かりました。

今年は新型コロナウイルス感染症予防対策で「友人と過ごす」人が少ない傾向に

部屋でくつろぐ女性

恋人がいない人は、クリスマスの過ごし方をどう決めるのか、聞いてみました。

こういう日こそ喧騒から離れて一人で過ごしたい(北海道/29歳男性)
街中に行くとカップルや家族連ればかりで気が滅入るから。(福岡県/30歳男性)
今年もクリスマスの日は仕事でなんの予定も決めていない。(東京都/21歳男性)
仕事なので家に帰ってのんびり一人でケーキやお酒を楽しむ予定です(東京都/23歳女性)
友達と過ごすことも考えましたが、お家で家族と料理を楽しみながら過ごします。(滋賀県/27歳女性)
例年クリスマスは家族と過ごすのが慣習なので。友人からの誘いを断ると、以前は周囲の目が気になっていましたが、今年は心置きなく断れて気が楽。(神奈川県/30歳女性)

恋人がいない人はカップルが目に付かないようあえて一人で過ごしたいという意見の他、仕事があるため過ごし方を考えることがないという意見もありました。

例年は友人で集まっている人でも、今年は新型コロナウイルス感染症の予防を考えて一人か家族で過ごすことにするという声も多くありました。「まだ決めていない」という割合が多いのも、新型コロナウイルス感染症予防対策が関係しているようです。

「クリスマスに向けて恋人が欲しい」は、男性の方が12.7%多い

クリスマスに向けて恋人は欲しい?

クリスマスに向けて恋人が欲しいかという質問には、「とてもそう思う」「どちらかといえばそう思う」と答えた人が、男性で54%、女性で41.3%でした。

女性よりも男性の方が「恋人が欲しい」と思っている人が12.7%も多い結果です。

逆に、「どちらかといえばそう思わない」「まったく思わない」を足した割合は、男性で44.7%、女性で58.8%になりました。

「クリスマスに恋人を作りたい」という考えに拒否感を抱く人も

疑問を抱く男性

クリスマスに向けて恋人が欲しいとは思わない人に、その理由を聞いてみました。

今からクリスマスに向けて彼女を作るのは、難しいし、はたから見てかわいそうなイタイ奴に移りそうだから(沖縄県/25歳男性)
クリスマスは恋人と過ごしたいという考えがないから。また、恋人がいるとプレゼントやデートなどでお金が必要になるから。(福岡県/30歳男性)
昔は欲しいと思っていたが、今はそれほどでもない。それに昔ほどクリスマスが重要ではない。(静岡県/30歳男性)
クリスマスだからと言って恋人を作るのはおかしいと思うので(愛媛県/29歳女性)
クリスマスの為だけに恋人が欲しいなんて思わないしダサい気がするからです。(茨城県/19歳女性)
恋人がいない場合、イベントのために無理に作ろうとは思わない。(東京都/23歳女性)

「そもそも恋人が欲しくない」「お金がかかるのが嫌」といった意見以外に、「クリスマスに恋人を作りたい」という考え方そのものがダサい、イタいと感じている人も一定数いることが分かります。

恋人がいない人のクリスマスの過ごし方|まとめ

クリスマスイルミネーション

恋人がいない人にとってのクリスマスは、以下のことが言えそうです。

  • 今年は一人か家族と過ごす人が主流
  • 例年友人と会っている人も、今年は新型コロナウイルス感染症予防で控える人が多い
  • クリスマスに向けて恋人が欲しい人の割合は、男性の方が多い
  • 「クリスマスのために相手を探す」のは、ダサいと思う人もいる

「クリぼっちは絶対にイヤ」な人は、わずか12.7%

クリぼっちどう思う?

「クリスマスを一人で過ごすこと=“クリぼっち”」について、最近の若者の受け止め方を聞いてみました。

男女と恋人の有無でそれぞれ分けてみたところ、男女とも恋人がいる人は「ゼッタイにイヤ」が12%強となりました。恋人がいない人は男女ともわずか1.3%と、“クリぼっち”でも平気な人が多いようです。

「寂しいけど、しょうがない」と思う人は、恋人ありの男女、恋人無しの男性で約4割です。恋人無しの女性は、他の区分に比べて26.3%と少なくなっています。

逆に「一人でOK。全然気にしない」と答えた人は、恋人無しの女性で72.5%に及びます。男性と比較すると、女性の方が「クリスマスを一人で過ごす」ことに抵抗感がないことが分かりました。

“クリぼっち”についてのそれぞれの意見は?

トナカイのぬいぐるみ

「クリスマスに一人」という状況について、それぞれの意見を聞いてみました。

【絶対にイヤ!誰かを探す】という人の意見

この年で毎年寂しい人だなと思われたくない!(埼玉県/28歳男性)
snsとか見ちゃうと虚しくなるので誰かとは過ごす。(三重県/23歳女性)

クリぼっちがイヤな人は、周囲やSNSなど他人の目を気にしている人が多いようです。

ただ、一緒に過ごす相手は必ずしも恋人である必要はなく、一人でなければ友人・家族でも問題ないという人も少なくありませんでした。

【寂しいけど仕方ない】という人の意見

10代の時はクリぼっちに抵抗があったが、30歳になりイベントのために恋人を作るほど若くなくなったから。(埼玉県/30歳男性)
一人だったらもうしょうがないと割り切るしかない。友達も相手のいる人だったら自分の寂しさのために会ってもらうのも悪いので。(岩手県/29歳女性)

しょうがない派の人は、自分の寂しさを他の人で埋めることに抵抗を感じるようです。

「クリスマスに一人は寂しい」という感覚はあるものの現実を受け止めて割り切れるのは、年齢的にも30歳に近い人が多い印象でした。

【一人でOK、気にしない】という人の意見

イベントごとに興味が無く、どんなときでも一人でいるのが好きだから。そもそもクリスマスに恋人等と過ごさなければいけない理由が全く分からないから。(東京都/25歳男性)
今は簡単にオンラインでも人と繋がれる中で、あえてクリぼっちを選んでいると思うから。(茨城県/28歳女性)

気にしない派の人は、一人でいることを楽しめる人が多いようです。「気にしない」のではなく、「一人でいるほうが好きだから一人でいる」という方が近いのかも知れません。

男女とも「“クリぼっち”対策は何もしない」が1位に

クリぼっちが嫌で取った行動は?

クリスマスに一人にならないために行ったことがある行動については、「何もしたことはない」が38.9%で最も多くなりました。

最近の若者にとって、“クリぼっち”はそれほどネガティブな状態ではないことが垣間見れます。

「出会いを探した」「期間限定で相手を作った」は、合計しても11.1%です。一人で過ごしたくない場合は、友人や家族とパーティを行ったり、イベントに参加するなど、自分の楽しみを恋人以外に見つけているようです。

“クリぼっち”対策で重視するのは、「過ごす相手を探す」こと!

クリスマスデートをするカップル

恋人と二人きりで過ごす以外に、“クリぼっち”を回避するために何かしらの行動をした人に、どんなことをしたかを聞いてみました。

幸せなクリスマスというものを経験したく彼女を作ったことがあった。クリスマスを彼女と過ごした数日後、ふられてしまった(北海道/29歳男性)
恋人を作るのは無理そうだったので、クリぼっち野郎で集まって飲み明かした(北海道/30歳男性)
友達はみんな彼女と過ごすため、自分は仕事で紛らわそうと思いました。(大阪府/30歳男性)
世間が恋人と過ごす風潮があるので探したこともあった。
今は周りの目も気になるので、友人か家族と過ごすようにしている。(福岡県/25歳女性)
できればクリスマスまでに好みの男性を見つけたかったので、彼氏のいる友人にその友達を紹介してもらったり、合コンに参加した。(岐阜県/28歳女性)
クリスマスに仕事をするのは少し寂しいので、
希望休を取って友達とパーティ
をすることにしています。(大阪府/22歳女性)

クリスマスに特定の恋人がいないこと自体は問題ではないものの、「ひとりぼっち」だと周囲に思われることについて、気にする部分もあるようです。

そのために、出会いを探したり、友人や家族と過ごすなど、予定を入れる努力をする人もいることが分かりました。

「クリスマスは恋人と」という固定概念は希薄に。新型コロナウイルス感染症予防で友人と集まらない人も

クリスマスイルミネーションの中を一人で歩く女性

かつてクリスマスを恋人と過ごそうと一生懸命だった世代に比べると、令和時代の独身者はその意識が希薄になってきているようです。

「一人で過ごす=孤独」ではなく、一人を楽しめる人という価値観の変化も影響しているのかも知れません。

イベントのために恋人を探すことについて、ダサいと感じる若者がいることも時代の変化と言えそうです。

今年は新型コロナウイルス感染症の予防対策のため、昨年までのクリスマスの過ごし方とは異なり、家で一人で過ごすことがより一層価値のあることだと捉える風潮もあります。

クリスマスの過ごし方は、人それぞれでOK。寒い季節、思い思いの聖夜を過ごしてくださいね。

調査方法:インターネットアンケート
アンケート母数:計284名
実施日:2020年11月21日~11月27日
調査実施主体:縁結び大学(https://jsbs2012.jp/date/
調査会社:株式会社ネクストレベル

公式アカウントをフォロー

マッチングアプリ大学公式ツイッターマッチングアプリ大学公式フェイスブック