ブライダルネット大解剖!実際に登録して会員数、料金、評判調べました

Omiai

ブライダルネット

bridalnet

結婚情報サービスとして実績豊富なIBJによる「婚活サイト」です。結婚を前向きに意識している「真剣度」の高いマッチングサービスを行っています。

料金 会員数 主な年齢層
3000円~ 40万人~ 20代~40代

無料登録はこちら

ブライダルネットの基本情報

ブライダルネットの最も基本的な情報、料金と使い方などを説明します。

料金

会員登録やプロフィールの閲覧は無料です。

有料会員の料金は以下です

有料会員のコース 料金
月会費コース 3000円(税抜き)/月

料金は男性・女性ともにかかります。

女性無料という婚活サイトやマッチングアプリも多いのですが、女性もお金を支払って利用している分「真剣度が高く」マッチングの成立、実際の出会いにつながる確率も高くなっています。

有料会員と無料会員の違い

無料会員は「ビジター」と呼ばれています。プロフィールの閲覧はできますが、写真にぼかしが入っていてわかりづらく、実質的には有料会員にならないと使えません。

無料会員 有料会員
プロフィールの閲覧 写真が見られない すべて閲覧可能
いいね
日記利用 日記上の写真が見られない
メッセージ交換 ×

「コミュニティ」が新たに登場(※2017年9月~)

「映画好き」「旅行好き」「猫好き」「一年以内に結婚したい」「歳の差OK」「〇〇オタクです」など、バラエティ豊かな32種類のコミュニティの中から好きなコミュニティにいくつでも参加する事ができます。

参加中のコミュニティで自分の興味や意見を投稿したり、他の会員の投稿にコメントが可能。同じコミュニティの中で気になる人がいたら、コメントやいいねをして積極的にアピールをするとよいでしょう。

コミュニティに参加中のメンバー全員を一覧で見ることもできるので、そこから相手のプロフィールを見て検索すれば、同じ趣味の人を効率的に探すことも可能です。

趣味が同じなので「いいね」が成立すればメッセージも盛りあがりそうですね。

婚活コンシェルジュによるサポート

婚活のプロフェッショナルが婚活のノウハウや成婚した人のインタビュー記事など、役立つ婚活情報を常時掲載しています。

  • いいねが増えるプロフィール写真の撮影術
  • 自己紹介のポイントとは?
  • プロフィールに書いたら効果的な内容
  • 初デートに誘うタイミング

など実際の婚活に役立つ情報ばかり。自分の悩みが解決するきっかけになるかもしれません。

「日記」にも婚シェルがたびたび登場し、会員の出会いに繋がる話題を提供してくれます。

また、写真の写り方のアドバイスの撮影会も定期的に開催しています。

「お問い合わせ」や日記で機能改善を伝えられる

ブライダルネットは、実際に使っていて疑問に感じた事や分からない事を「お問い合わせ」から運営元のIBJへ直接質問をする事が出来ます。

また、「日記」で「もっとこうして欲しい!」という意見を自由に投稿も可能。

様々な会員の意見を反映して、常に会員が使いやすい婚活サイトの改善への努力が感じられます。

例えば、皆の意見を反映して、日記の機能がバージョンアップ予定(2017年10月4日以降)など。

投稿に対するコメントが全員閲覧できる&写真の投稿も可能になるとのことで、更にアピールや交流が盛り上がりやすくなりそう!

そんな会員同士だけでなく、運営元とも距離が近い感じが安心感につながります。

ブライダルネットでの出会い方

ブライダルネットの特徴として、「出会いの方法が豊富」な点が挙げられます。通常の条件検索だけでなく、日記やコミュニティから相手を探す機能が利用できます。

検索機能(条件で探す)

  • 年齢
  • 居住地
  • 血液型
  • 写真掲載有無
  • 最終学歴
  • 職業(一覧からチェック)
  • 年収
  • 体型
  • 身長
  • お酒
  • 喫煙の有無
  • 婚姻歴
  • 子どもの有無
  • キーワード(自己紹介内を検索)
  • ニックネーム
  • 本人証明提出有無

2017年8月末のリニューアル前よりも検索条件の項目はシンプルになり、あまり時間をかけずに条件を入れやすくなりました。

また、自分と相手の『共通点』の数が相手のプロフィールに表示されるように。

※共通点とは:同じコミュニティへの参加、出身地や学年などが同じなど

共通点が多い相手は自分と相性が良い可能性が高いので、検索時の参考にしてみましょう!

日記から探す

ブライダルネットには日記の機能があります。

「日記を見ていると、その人のことがよくわかる」

とユーザーには評判が高い機能です。

SNSのように、日々ちょっとしたことをアップできるようになっています。日記は写真も掲載でき、男性は女性の、女性は男性の日記のみ見ることが出来ます。

「いいね」をつけられるので、いいね数が増えるとランキングにも表示されます。

日記はカテゴリー別に登録できます。検索でもカテゴリーやキーワードから相手を探せます。

例えば「カメラ」で検索をすると、カメラ好きの人や撮影した写真が投稿されている日記が出てきます。そこでいいなと思う相手がいたら、ハートボタンを押してアプローチします。

日記はブライダルネット攻略の重要ポイント

毎日日記を更新するのは面倒でしょうが、数日おきでもいいのでアップするといいですね。

プロフィールだけではわからない相手の素顔や、毎日の過ごし方、人柄などもよくわかるので、特に女性は男性の日記をチェックしています。

「スポーツ観戦好き」の趣味でも、サッカーファンなのか野球ファンなのか、どんなスポーツでも好きなのか。「昨日のボクシングの試合は興奮したー!」なんていう日記の方がリアルで、テレビ観戦している相手の姿が目に浮かびませんか?

ブライダルネットの口コミなどを見ると、趣味の欄をチェックするだけの条件検索よりも、日記で検索した相手にアプローチする人が多いようです。

ブライダルネットは婚活に特化しているので、ユーザー層は「まじめに、真剣に」相手を探しています。それだけに、条件だけでなく、日記のチェックも欠かさない会員が多いのでしょう。上手に日記を利用する・検索するのが、ブライダルネット攻略のコツです。

ブライダルネットの無料登録

ブライダルネットの会員データを調査!

実際にブライダルネットを利用しながら、詳細なデータを集めました。

知りたかったリアルな数字をぜひ参考にして下さい。

会員数、男女比

会員数、男女比ともに女性の方が多いですね。女性も男性同様に料金がかかるブライダルネットが、実は女性ユーザーの方が多いというのは意外な結果です。

口コミや評判では

「結局、女性無料のところはナンパ目的みたいな男性も多い」

「男女ともにきちんと料金を支払っているから、会員の真剣さが違う」

「お金を払うとそれだけ積極的に利用しようと思うから、婚活が進む!」

といった女性の声が目立ちます。

実は婚活中男性にはブライダルネット「かなり狙い目」かもしれません。

年齢層

女性は20代から30代前半、男性は30代~40代が主流です。やはり「婚活」がメインのサイトなので、ユーザーの年齢層も高めです。

40代、アラフィフ世代でも利用しやすい婚活サイトとも言えますね。若い女性からみると、「年収の高い、包容力のある男性」との出会いが期待できます。

ブライダルネットの評判では

「40歳女性でも、同年代の男性と知り合えた」

他の婚活サイトは35歳過ぎたら辛いけど、ブライダルネットはマッチングしやすい

と年齢層の広さは特に評価されているようです。

年収

全体的に年収も高めですね。

これはユーザーの年齢層に比例している部分もあるでしょう。年収600万台ともなると、結婚の条件としても問題ありません。

逆に言うと、20代前半の男性で定収入だと少し難しいかもしれません。

やはり「婚活」に特化しているサイトなので、恋人としての「希望」よりも、結婚相手として見たときに「条件が揃っている」人が有利です。

未婚率・離婚率

バツイチの利用者も比較的多いです。

バツイチ子持ち、シングルマザーといった「ちょっと婚活にハードルを感じている人」にも利用しやすいサイトです。

ブライダルネットはどんな人に向いている?

さて、ブライダルネットですが、どういう人に向いているのでしょうか。

タイプ別「ブライダルネットに向いている」

わかりやすくタイプ別にまとめてみました。

とにかく早く結婚したい人

ブライダルネットは「婚活」をしている人が対象となっています。ちょっと一緒にご飯を食べたりする異性の友達が欲しい、くらいの気持ちだと実際に活動しているユーザーと温度差を感じるかもしれません。

今すぐでも良い相手を見つけて結婚したい

結婚観なども細かく条件を入れて検索できるので、婚活を第一に考えている人に特にオススメです。

真剣交際を考えている人

ブライダルネットは女性も有料です。男女ともに一定の料金がかかるので、「興味本位」の人はほとんどいません。真面目に新しい出会いを求め、しかも真剣な交際につながるような相手を探しているユーザーが集まっています。

結婚はしたいが婚活にあまりお金はかけたくない人

結婚を希望しているけど「結婚相談所はお金も高いし」そこまで時間もかけられない・・・でも、なかばナンパのような軽い気持ちでの出会いは求めていない。お金も手間もあまりかけたくないという人にも向いていますね。

30代以降の男女

30代後半からアラフォー世代の登録会員数が、例えばマッチングアプリなどと比べると非常に多くなっています。

特にアラフォー世代の女性は「若い子が多いアプリだと勝ち目がない」「やっぱり20代の女性にばかりイイネがついている」と、結局アプリを使わなくなるパターンが多いようです。

ブライダルネットは男性も真剣に結婚を考えて活動しているので、相手の年齢もただ若ければ良いという人はごく少数派です。

アラフォー世代にもオススメです。

>>アラフォー女性のブライダルネット体験談

ブライダルネットの口コミ

「ブライダルネットで知り合った彼女と婚約」

先月婚約をしました。色々な婚活をしていましたが、ブライダルネットはとにかく女性の反応がよくて、メッセージ交換までいった人は30人以上います。うまくいきやすいのは、やはり共通点が多い人。

今の彼女とは、趣味のテニス、日本酒好き、和食好き、猫を飼っているなど、本当に最初から「こんなに好きなことが一緒の人がいるなんて」と縁を感じた相手です。

ブライダルネットはぴったりの相手を共通点からも探してくれるので、そういう相手がいたらとにかく積極的にいけば、本当に結婚に結びつくと思います

(男性/39歳)

「1ヶ月の利用で3人の男性とデート」

女性もお金払うんだ、と最初思ったのですが、これまで使ってきた女性無料のアプリと違い、やっぱり「お金かけてるから」と一生懸命利用するんですよね。

それでたくさんの男性から「あいさつ」がきて、色々な人の日記も見たりして、短期集中でガツンと婚活にハマれます。1ヶ月の利用で実際に会った相手は3人、かなり絞りこんだ結果ですね。

その内のひとりとは今もデートが続いているので、そろそろブライダルネットは退会するつもりです。

(女性/29歳)

「実際会うところまでいくのがポイント」

正直なところ、プロフィールでいいなと思っても実際に会うと「ダメだな」という事が多い。やっぱり本人に会ってみないとわからない部分は多いので、とにかくたくさんアプローチして、会うところまでいくのが大事。条件検索だけでなく、コミュニティや日記も最大限利用するのがコツです。

(男性/36歳)

「加工なし写真でわかりやすい」

ブライダルネットは顔写真が加工とかされていないのでわかりやすい。もう、アプリ系だとスノーしまくりで、いくら写真可愛くても信じられないですから。

全体的に真面目というか、ノリのいい女性は少ないし、わりと地味なタイプも多いかも。でも結婚相手としては、逆にこのくらいの子がいいのかなぁとかも思ったりする。

(男性/29歳)

「真剣婚活向けです」

結婚に関する具体的なこと、育児の分担とか相手の親との同居についてとか、そういうチェック欄があるので本当に婚活向けです。

3ヶ月ほど利用して、4つ年下の男性と出会いました。キャリア志向の私ですが、共働きでも一緒にやっていけるタイプなので、私からプロポーズしちゃおうかな、と悩み中!

(女性/34歳)

ブライダルネットのよくある質問

Qブライダルネットで連絡先交換はどうやるの?
Aメッセージ交換の間にアプローチしましょう

続きを読む

いいねをしてマッチングが成立すると、メッセージ交換が可能になります。

初回のメッセージから24時間経過し、3往復以上メッセージ交換が続くと、「なかよしステージ」へ移行し、メールアドレスやLINE ID等の連絡先の交換ができるようになります。

もちろんメッセージ交換中はお互いに個人の連絡先を教えなくても、通数や期限の制限はがなく自由にやり取りができます。

相手と盛り上がった時など、お互いのタイミングで連絡先交換ができるので安心です。

Qブライダルネットの退会方法は?
Aビジター(無料会員)になってから退会手続きをします

続きを読む

ブライダルネットの退会方法は少し複雑でわかりづらいんですね。これはちょっと評判が悪いところです。

まず、ビジター、つまり無料会員へと移行します。

それからビジターメンバーのマイページを開き、

よくある質問

コース変更・退会について

ブラチナメンバーからビジターメンバーに移行するには?

ビジターメンバー移行フォーム

へと進みます。

Qブライダルネットにサクラは本当にいないんですか?
A有料会員のみなのでサクラは少ないはずです

続きを読む

婚活サイトやマッチングアプリ、ネット婚活ではたとえどれほど本人確認をしても、Facebook等と連携しても、業者やなりすましといったサクラは存在します。しかし、ブライダルネットは男女ともに料金がかかりますから、他のサイトと比較すると格段にサクラは少ない方だと思います。

口コミや評判でも「サクラにだまされた」というのはほとんどありません。

Qブライダルネット会員がログインしているか、わかりますか?
Aログイン状況が表示されます

続きを読む

1日以内

3日以内

1週間以内

1週間以上

4種類の表示でわかります。1ヶ月ログインしていなくても「1週間以上」ですから、ログイン表示で少なくとも1週間以上ログインしていない相手は避けたほうがいいですね。

攻略テクニックとしては、やはり「1日以内」「3日以内」くらいまでの相手がオススメです。ある程度、頻繁にログインしている人は「それだけ相手探しに熱心な人」つまり、マッチングが成功する確率も高いからです。

Qアップする写真の審査が厳しいって本当?
A厳密な写真審査を行っています

続きを読む

顔の一部を隠している

複数の人が写っている

プリクラ写真

サングラスやマスクで顔を隠したもの

加工した写真

背景等が暗くてわかりづらいもの

こうした写真は掲載が許可されません。写真の信憑性を高めて、信頼できるプロフィールとなっています。

Qブライダルネットのビジターって何?
A無料会員のことです。

続きを読む

ブライダルネットでは、無料会員を「ビジター」と呼んでいます。有料会員は「プラチナメンバー」ですね。でも実際にそう呼び合っているわけでもないようですが。

ブライダルネットの無料登録

+リニューアル前のサービス

「あいさつ」システム(※2017年8月末でこのサービスは終了しています)

あいさつは、いわゆる「いいね」と同じです。検索した相手に「あいさつ」を送り、マッチングが成立すると7日間メッセージ交換ができます。これは相手にメールアドレス等の個人情報を知らせることなく、サイト内でやり取りが出来るので安心です。

みんなのマップ(※2017年8月末でこのサービスは終了しています)

これもブライダルネット独自の機能です。地図が表示されたら、特定の場所にチェックインします。

短いコメントも入れられるので「ここ最近お気に入りのカフェです?」「ワンコの散歩でよくきます」など、エリアからのアピールをしましょう。お気に入りスポットを登録し、同じところに興味がある人との繋がりが出来ます。

検索する側はエリアを指定して、そこからアイコンのついている相手を見て、コメントなどをチェックします。「いいね」をして、あいさつが返ってくればメッセージ交換ができます。

みんなのマップは、何かの条件を入力して「検索する」探し方ではありません。

例えば、地図上のアイコンを見て「あ、この店自分もよく行くな」と思ったら、いいねをしてみましょう。そこでメッセージ交換ができれば

「ここはカレーもおいしいですよ?」
「営業回りの時にランチで行った事あります」
「カフェ好きで名前だけ知っていました、今度ぜひ行きたいと思ってます」

と、こんな風にいろいろと共通の話題で盛り上がれます。

場所で共通点を見つけるというのが、新しい「出会い方」ですね。

偶然の出会いや行きつけの店で出会うような感覚に近いかもしれません。

いつもの検索では「どうも変化がない、うまくいかない」なんていう時こそ、みんなのマップでお相手探しをしてみるといいかもしれません。

ぴったりのメンバー(※2017年8月末でこのサービスは終了しています)

会員登録をする時に入力したプロフィールをもとに、共通点の多い相手を自動的に探してくれます。

「似たもの同士」がうまくいくのは、よくあるコトですよね。それに共通点が多ければ、それだけ会話のネタも多く、メッセージ交換も盛り上がるでしょう。

細かい条件を入力しなくても、ぴったりのメンバー紹介をしてくれるので時間と手間が省けます。

おすすめされた相手にはぜひアプローチしてみましょう。