2020年最新のアラサーの出会い方・恋愛のきっかけはコレ!出会いが無い20代〜30代向け

マッチングアプリ大学編集部

30歳までに結婚したいアラサー、編集部の中本です。

周りが結婚し始めたけど、良い人がいなくてちょっと焦り始めるのがアラサー。

しかし、2020年現在、顔がタイプで価値観も合う異性と出会いやすい時代になっています。そのため、アラサーで出会いがない毎日ても、恋愛や結婚に焦らないで大丈夫です。

そこで今回、最新で効率的な出会い方を紹介します!

アラサーの出会い方はマッチングアプリが主流

普通に生活していて、恋愛対象となる異性と出会う機会は多くありません。職場と家の往復が日常のアラサーならなおさらです。

なので!

マッチングアプリ大学編集部

2020年現在はマッチングアプリで出会うのが主流になっています。

マッチングアプリとか不安...という人は、ひと昔前の出会い系しか知らないだけです。今は、上場企業が運営しているので、本人確認や怪しい人を排除するシステムが万全で安心して使えます。

しかも、今は「20〜30代で恋人や結婚相手を探している人」が集まっているアプリもあります。

20〜30代で恋人や結婚相手を探している人が集まるアプリ

マッチングアプリのペアーズ(Pairs)などです。

アプリ名 アプリの特徴 参考リンク
ペアーズ
ペアーズ
国内利用者数No1
利用者が20〜30、40代と幅広いので、とにかく好みの人が見つかる。特に地方で出会いがない人に使ってほしい。
公式

ペアーズは国内のマッチングアプリで1番人気があり、利用者数は1000万人を超えています。なので、首都圏だけでなく出会いがない地方でもタイプの人が見つかりやすいです。

利用者数が多くてマッチングしやすいのでアプリ初心者におすすめです。

マッチングアプリ大学編集部

ペアーズほど登録者数が多くないアプリですが、下の2つのアプリも恋活・婚活アプリとして人気です。

アプリ名 アプリの特徴 参考リンク
マッチドットコム
マッチドットコム
1年以内に結婚したい
真剣度の高い人だけが使っているので、結婚したいならばイチオシ。年齢層は30代が中心。
公式
Omiai
Omiai
同時利用にオススメ
ペアーズよりも会員数は少ないが、イケメンや美女が多いので、同時利用すべきアプリ。
公式

上記の3つのアプリには

  • 空き時間にスマホだけ活動できる
  • 無料で登録できるから損しない
  • 恋人や結婚相手を探している人と繋がれるからお付き合いに発展しやすい
  • 実名ではないニックネーム制

なので、普段の生活で恋愛や結婚を意識できる相手がいないアラサーにぴったりです。

数ある恋活・婚活マッチングアプリで、断トツで利用者数が多く出会いやすいのがペアーズです。

登録は無料なので、どんな人がいるのか見てみるだけもできますよ。

>>ペアーズ公式

アラサーの「出会いが無い」は深刻…

アラサーの「出会いが無い」は深刻

アラサーになると周りの友達が次々と結婚していき、早くに結婚をした人は2人目の子供が生まれるという時期になることが多いです。一生独身でいると考えている人は良いですが、いつかは結婚したいという願望を持っている人にとっては最も焦りを感じる時でしょう。

さらに、自分の焦りに追い打ちをかけるかのように、親や親戚からも「結婚はまだしないの?」と聞かれることも多いはず。親としては孫の顔が早く見たいですし、娘・息子のことを心配しているからこその言葉なのですが、本人としてはプレッシャーに感じてしまいますよね。

しかし、社会人になると1日の大半を会社で過ごすことになるので、出会いの場がグッと減ってしまいます。そのため、結婚願望があってもなかなか相手を見つけることができないのです。一番可能性が高いのは「社内恋愛」ですが、職場に良い人がいないとなるとそれも難しいでしょう。

では一体、どのぐらいの社会人アラサーが結婚していないのでしょうか。具体的な数字で見ていきましょう。

・社会人アラサーの未婚率

約50%

・社会人アラサーの恋人がいない率

約50%

なんと、2人に1人が結婚していないどころか恋人すらいないという現状です。実は私もアラサー女性の1人なのですが、確かに高校時代の女友達と会うとほとんどの子が結婚していません。

出会いがないことで恋人すらいないという社会人アラサーの悩みは、思ったよりも深刻なものなのです。

社会人アラサーの中にも、タップルとか専用アプリを使って気軽に出会いを楽しむ人も多い時代ですけどね。

>>タップルって本当に出会えるのか(特徴や使い方を解説)

しっかりデートするのはちょっと面倒…、食事だけ一緒にしてみたい男性はDineが向いています。メッセージのやりとりも最小限で済むので、お互い気楽に会えるのがいいところ。

>>Dine(食事する場所を決めてから会える)

結婚につながる出会いがあるかも「アラサー向きの出会いの場」

 結婚につながる出会いがあるかも

しかし、本当は出会いがないのではなく、出会う方法を知らないという人が多いのです。職場以外で探す方法が分からないとか、結婚相手を探すのにふさわしい出会いの場を選んでいないなどが理由として挙げられます。

社会人アラサーが真剣に出会いを探したいのなら、20代の時のような場所で出会いを探してはダメなのです。そういう場所は真剣に結婚を考えている人が来るところではないので、結婚相手が欲しい人にとっては向いていません。

では、社会人アラサーはどんな場所で出会いを探せば、結婚をゴールとした恋愛ができる相手を探せるのでしょうか?下記にまとめてみました。

職場の繋がり

1日の大半を職場で過ごすわけですから、一番出会いを探しやすいのは会社関係です。私が前に勤めていた会社は社内恋愛が多かったですし、実際に社内恋愛をしている友達もいます。

何かと共通する話題が多いので、交流が深めやすいというのが社内恋愛が多い理由の一つでしょう。

「職場は恋愛対象にならない男性ばっかり!」

「女性が少ない上に年齢高めな人がほとんど」

という人ももう一度よく考えてみて下さい。社内だけでなく、実は社外にも出会いは転がっているものです。取引先の営業マンや配達担当の人、営業先の会社の受付嬢などに目を向けたことはあるでしょうか?

社内だけでなく、会社の繋がりから恋愛に発展するケースも意外と多いです。仕事のことで話す機会も多いですから、例え同じ会社ではなくても親近感が湧きやすいからです。

あまり会社の外には関心がなかったという人も、一度周りに目を向けてみて下さい。いいなと感じる素敵な異性がいるかも知れません。

友達の紹介

友達の紹介もいい出会いが隠れていることが多いです。自分のことを理解してくれている人が探してくれる相手なので、理想に近い人を紹介してくれる可能性も高いでしょう。

相手のこともある程度友達から聞くこともできますから、全く何も知らない相手よりも安心感と信頼感があります。

いつも仲良くしている友達だけではなく、久しぶりに会った友達にも「誰かいい人いない?」とさりげなく聞いておきましょう。友達が計画する飲み会や食事会にも積極的に参加すると、より可能性が広がります。

友達の紹介の場合に注意しなければならないのは、紹介された相手への対応の仕方です。

紹介された人がぴったり好みに合って、そのままお付き合いとなれば良いのですが、必ずしもそうとは限りませんよね。今後お付き合いしていくのは難しいかも、ということも十分あります。

そんな時は、相手を傷つけないようにお断りすることが大切です。友達はあなたのためを思って紹介してくれたのですから、ヒドイことをして突き放したりするなんて「恩を仇で返す」ようなものです。

直接断りにくい場合は、「ちょっと合わないかも知れない」と友達に相談してみても良いでしょう。間違ってもそのまま音信不通にしてはいけません。きっと紹介してくれた友達は、二度とあなたに異性を紹介してくれなくなってしまうでしょう。

結婚式や結婚式の二次会

友達の結婚式に出席することが増えるアラサーですが、焦りや嫉妬を感じるのではなく、そこでも「出会い」を探すことがポイントです。

友達の結婚式や二次会には、新郎新婦の友人がたくさん出席しているので、大半が知らない人たちばかりでしょう。その中に素敵な異性がいてもおかしくはありませんよね。

友達の結婚式に出席しているわけですから、気になる人との話題も見つけやすいはずです。「私も早く結婚したい!」と思うだけでなく、少しでもチャンスがありそうな場では積極的に動きましょう。

趣味から出会いを探す

社会人になると学生の頃よりもお金に余裕がでてくるので、趣味で何かを始めたり習い事をしている人もいるでしょう。趣味や習い事関係にも出会いの場は隠れています。

例えば、趣味でジムに通っているのであれば、ジムのインストラクターや一緒に通っている人の中にもいい人がいる可能性はあります。習い事でも同じです。

趣味や習い事の場合も好きなことが共通しているので、全く何も知らない相手よりは会話がしやすいはずです。顔を合わせる機会も多いでしょうから、連絡先を聞いたり食事に誘ったりするチャンスもありますよね。

いつもは1人でもくもくとこなしている人も、少し周りに目を向けて見てはいかがでしょうか?

婚活パーティー・街コン

「もっと真剣に相手を探したい」という人には、婚活パーティーがおすすめです。県や市が定期的に開催しているものなのですが、参加料金が5,000円前後と比較的安めなので参加しやすいでしょう。

婚活パーティは、立食パーティーや食事会、イベント形式など様々な種類があります。男性も女性もほとんどの人が結婚相手を真剣に探しているので、冷やかし目的の人と出会う確率も低いです。

私も以前、婚活パーティーに参加したことがありますが、和気あいあいとした感じで楽しかったです。気に入った人がいれば連絡先を交換すれば良いので、気軽に参加できます。

合コンの人数をもっと増やしたものが街コンです。一回の街コンで50人前後の参加者がいることもあるので、婚活パーティーよりは1人1人と喋る時間は少なくなってしまいます。

しかし、出会える人数だけで見ると圧倒的に多いので、1人でも多くの人と知り合いたいという人にはおすすめです。

婚活パーティーも街コンも、一度に不特定多数の異性と知り合えるチャンスがありますが、初対面での会話が苦手という人には向かないかも知れません。

相手もまた色んな人と会話するわけですから、積極的に動ける人でないと他の人のアプローチに負けてしまうこともあります。

婚活パーティー参考記事

結婚相談所

出会いの場の一つに「結婚相談所」というものもあります。結婚相談所は、自分に合う相手を見つけてくれたり、仲介をしてくれたりもします。

その他、結婚に対する相談にも乗ってくれるとこともあるので、結婚に対して色々と不安を抱えている方にはおすすめです。

真剣交際できるまでの期間も半年~1年と比較的早いですが、15~50万円ほど費用がかかることがデメリットです。婚活パーティーなどと比べると高額なので、金銭的に余裕がある人に限定されるでしょう。

結婚相談所の参考記事

マッチングアプリ

マッチングアプリ

近頃利用者数が増えているのが「マッチングアプリ」です。マッチングアプリとは、自分のプロフィールと希望する相手の条件を入力すれば、自分にマッチした人を探し出してくれるというものです。結婚前提の婚活サイトに近いですが、女性は無料、恋人探し限定という特徴があります。

マッチングアプリよりも信頼性は薄いため注意が必要な出会い系サイトとは違い、名前と身分証の提示が必要です。本人確認ができる人が登録しているので、信頼性と安心感があるサービスと言えます。

無料で使えるマッチングアプリも多いので経済面の負担にならず、出会える数も多いところが魅力です。社会人アラサーの中には、仕事が忙しくて婚活パーティや飲み会になかなか参加できないという人も多いはずです。

そんな人でも、マッチングアプリであれば隙間時間を使って出会いを探せるのでおすすめです。

ただし、気軽に登録ができる分、登録者の真剣度は少し低いかも知れません。マッチングアプリのみに頼らず、他の方法と平行してマッチングアプリでも出会いを探すと良いでしょう。

マッチングアプリの参考記事

結婚願望があるならば遊んでいる暇は無い

 結婚願望があるならば遊んでいる暇は無い

30歳で未婚の場合、5年後つまり35歳で結婚している人は3人に1人の割合だそうです。35歳を過ぎると、30歳の時よりも結婚率はガクッと下がってしまいますから、本当に結婚したいと考えているのであれば遊んでいる暇はありません。

社会人アラサーは自分から動かなくては出会いはやってきません。「出会いがない」と嘆くのではなく、積極的に自分から動くことが大切です。

いつか結婚できるだろうとのんびり構えるのではく、自分から幸せを掴みにいきましょう。

あわせて読みたい参考記事

読者からのコメント

私の職場は若い男性がたくさんいたけど、ほとんどが結婚している人でした。それなりの年になると友達からの紹介も全然なくなってきて、結局アプリと婚活パーティーを併用して婚活すること2年。とりあえずお付き合いまでいきました。本当出会うのって大変。。。

31歳・女性

自分の意見を投稿する

内容
性別
年齢
名前

公式アカウントをフォロー

マッチングアプリ大学公式ツイッターマッチングアプリ大学公式フェイスブック