【2021年最新】20代におすすめの婚活アプリ解説!結婚前提の真剣な恋人探し

20代向き婚活サイトまとめ

マッチングアプリ大学編集部

編集部の中本です。

この記事は、結婚前提の恋人を探している20代男女におすすめしたい婚活アプリを紹介しています。

婚活アプリは20代の利用者が多く、どれを使っても出会いには恵まれるでしょう。

しかし、婚活アプリそれぞれに特徴や利用者の違いがあるため、自分に合うアプリを選ぶことでより理想的な異性と早くに出会える確率を高めることができます。

結論:20代におすすめの婚活アプリ・婚活サイトまとめ

まずは年代別の婚活アプリの一覧・比較表です。どんなアプリがどのくらいの種類あるのかざっと理解してもらえると思います。

【20代前半】おすすめの婚活サイト・婚活アプリ

20代前半の利用者が多いアプリがこちら。いずれも婚活目的が2〜3割、恋愛目的が6〜7割。利用者の半数以上が20代です。

アプリ名 アプリの特徴 参考リンク
with
with
相性を重視するなら!
心理テストで相性が良い異性を紹介してくれる!メンタリストDaiGo監修の婚活・恋活マッチングアプリで、20代の登録がメイン。恋活アプリの中でも真剣度は高め。
【女性無料/男性一部有料】
公式
解説
ペアーズ
ペアーズ
地方住みの人におすすめ
国内最大手の婚活・恋活マッチングアプリ。年齢層も幅広く、さまざまなタイプの異性と出会うことができる。地方に住んでいる人にもおすすめ!
【女性無料/男性一部有料】
公式
解説
タップル
タップル
ゲーム感覚で進められる
お出かけ機能ですぐデートできる!20代の登録者が多く、恋人探しから飲み友達なども探せる。同じ趣味をもつ異性と出会える。
【女性無料/男性一部有料】
公式
解説

「結婚まではいかないなぁ」でも彼氏・彼女は欲しい20代向けとしては、次の記事がより参考になりますよ。

>>20代の恋人作り!コツや手段を解説

【20代後半】おすすめの婚活サイト・婚活アプリ

こちらはより婚活目的の人が多いアプリです。

20代後半〜30代までの利用者が多いので、婚活アプリの中でも真剣度が高い登録者が多いです。

アプリ名 アプリの特徴 参考リンク
ペアーズ
ペアーズ
好みの異性と出会いやすい
累計会員数1000万人突破。真剣度の高い登録者も多く、婚活目的の人にもおすすめ!コミュニティが充実していて、共通の趣味嗜好を持つ相手と出会える。
【女性無料/男性一部有料】
公式
解説
Omiai
Omiai
真剣度高めの恋活アプリ
ペアーズに次いで、会員数が多い!結婚を視野に入れた恋活アプリで20代後半から30代前後の会員が多い。会員質が高いと噂。
【女性無料/男性一部有料】
公式
解説
マッチドットコム
match
手軽に始められる婚活
男性・女性ともに有料なので、真剣度が高い婚活アプリ。AIを利用して、相性の良い人をピックアップしてくれる。
【男女ともに有料】
公式
解説

年代別の紹介の次は「いつまでに結婚をしたいか」に合わせたおすすめアプリ・サイトを紹介します。ご自身の真剣度に合わせてアプリを選んでみてください。

【真剣度:高】1年以内の結婚を目指す人におすすめの婚活アプリ・サイト

1年以内に結婚を決めたいくらい、結婚願望が強い人におすすめしたい婚活アプリや婚活サイトを紹介します。

向いているタイプ

  • 1年以内に結婚したい
  • 真剣に婚活している人に出会いたい
  • 自分に合う人を紹介してほしい
  • メッセージでの交流よりまずは話してみたい
  • 毎月安定した収入がある

上記に当てはまる人におすすめしたいのが、結婚相談所のようなサービスを受けることができる婚活アプリ・婚活サイトです。

メリット

  • 入会時に証明証が必要なため、結婚に真剣な独身しかいない
  • アドバイザーがつくため、紹介や相談ができる
  • あって話すこと前提なので面倒なメッセージの交流がない
  • サクラや業者、ヤリモクなどの迷惑ユーザーがいない

デメリット

  • 月額1万円前後と、マッチングアプリよりも少し高額
  • 入会の手続きが少々面倒
  • 会員数は数万人レベルで数十万クラスのマッチングアプリより小規模
  • 20代前半〜半ばの人数が少なく、出会える相手は20代後半〜30代前半が多くなる

これらのデメリットがどうしても気になる場合は、次の「2〜3年以内の結婚を目指す」のアプリが向いていると思います。

効果と効率を求めるなら、少し高くてもここで紹介する婚活アプリを使うことをおすすめします。一番大きな理由は、出会う相手の信頼性です。

独身証明や年収証明の提出が必須なので、プロフィールに嘘がなく、身元がきちんとわかる人のみしかいません。そして、全員が同じく結婚を目指して出会いを探している人のみです。

相手の目的や真剣度、信頼できる人かどうかを判断する時間がもったいないと感じるならばこちらを選んでください。

おすすめのサービスを紹介します。

おすすめ:ペアーズエンゲージ

Pairsエンゲージ

ペアーズエンゲージ

ペアーズエンゲージ
料金 入会金 9,800円
月会費 9,800円
対象者 恋人のいない独身のみ(既婚者禁止)
年齢層 20歳〜45歳
目的・真剣度 真剣婚活
運営会社 株式会社エウレカ

公式サイトへ

料金目安:3〜4万円
20代の割合:約20%
活動期間目安:3〜6ヶ月

出会い方・特徴

毎日1名紹介が届き、会ってみたいと思ったら「いいね」を送るだけ。時間がなくても活動ができます。

3ヶ月活動をしてマッチングできない場合は返金もあるため、まずは3ヶ月を目安に活動をしてみると良いです。

現在は東京・神戸・大阪・京都・名古屋での顔合わせにいけるエリアに住んでいる人のみが対象です。これ以外のエリアに住んでいる人は、以下のサイトも合わせてチェックしてみてください。

アプリ名 アプリの特徴 参考リンク

スマリッジ
スマリッジ

■20代割引あり
料金目安:4〜5万(28歳以下は割引あり)
活動期間目安:3〜6ヶ月
20代の割合:女性51%・男性29%

公式
解説

naco-do
naco-do

■長期プランが割安
20代の割合:約27%
料金目安:4〜5万
活動期間目安:3〜6ヶ月
公式
解説

【真剣度:中】2〜3年以内の結婚を目指す人におすすめの婚活アプリ

じっくりいいお相手を探しつつも、次に付き合う人とは結婚を前提にしたい。そんな人におすすめのアプリです。

おすすめ:会員数が多く婚活目的が多いOmiai

Omiai

真剣恋活Omiai

Omiai

料金 登録無料
男性のみ有料月額プランあり
対象者 独身のみ(既婚者禁止)
年齢層 20代~30代が特に多い
目的・真剣度 婚活と恋活の間
運営会社 株式会社ネットマーケティング
インターネット異性紹介事業届出及び受理済み
無料登録はこちら

Omiaiは婚活目的での利用が77%と高く、20代の割合は男性が40%、女性が49%です。

男性は月額約4000円、女性は無料で使えるため、本格的な婚活を始める前にお試ししてみたい人にも向いています。

おすすめポイント:安全対策に力を入れている

Omiaiは女性無料かつ会員数も多く、ペアーズ と並ぶ人気アプリです。会員数が多くなれば多くなるほど、迷惑ユーザーも増えてしまう可能性が高くなります。

しかし、Omiaiでは様々な対策をとっており、比較的安全に利用できる婚活マッチングアプリです。具体的な対策は下記の通り。

  1. サクラゼロを公言している
  2. 24時間のパトロール
  3. ヤリモク・ドタキャン・既婚者は発覚次第ペナルティ

特に婚活している人にとって迷惑な言動は取締りを行っているため、自然と真面目に活動している人だけが残る仕組みをとっています。

また、時期は決めていないけど、ゆっくり結婚相手を探したいと考えている場合は、恋愛からスタートできるマッチングアプリの情報をチェックしてみてください。

【注意】遊び目的の利用者が多いアプリ

上記で紹介したアプリ以外についても軽く解説します。有名なTinderなどが入っていないのには理由があります。

以下のアプリは婚活アプリやマッチングアプリではなく「出会い系」に近いため、遊びや不純な目的の利用者が多く存在しています。

おすすめしないアプリ一覧

  • Tinder
  • ポイボーイ
  • クロスミー
  • PCMAX
  • YYC
  • ハッピーメール
  • ワクワクメール
  • 製作者が個人の出会いアプリやSNS

アプリストアで「婚活アプリ」を検索する中で、上記のアプリが出てくることがあります。また、広告でもよく見かけるため、良さそうだなと思う方がいるかもしれません。

しかし、実体は多目的なアプリのため婚活目的で使っている人はわずか。インストール非推奨です。

【料金解説】婚活アプリはどのくらいのお金がかかるか

20代前半の手取り月収は18万前後、20代後半で23万前後が平均です。

その中で出会いにかけられる金額は人それぞれですが、月に1万や2万は決して気軽に出せる金額ではありません。

この章では気になる料金について解説を行います。

  • 婚活アプリの利用料金と年収別の課金額目安
  • 男性に向けて、婚活アプリの料金を抑えるコツ
  • どのくらいの年収があれば結婚ができるか

婚活アプリの利用料金は月額4000円〜1万が目安

婚活アプリの料金は真剣度によって変わってきますが、どんなに高くても月額1万円を超えることはありません。

1年以内に結婚を目指すなら月1万円

1年以内の結婚を目指す人が集まる、真剣な婚活アプリ・結婚相談所と連携した婚活サイトの場合は下記の通り。

  • 初期費用:男女ともに約1万円
  • 月会費:男女ともに1万円
  • お付き合いまでの目安期間:3〜4ヶ月
  • 金額目安:結婚前提の恋人を作る前でに、男女ともに4〜5万円

あくまでも平均ですので、利用している期間によっても変わります。ただ、結婚相談所アプリの場合、会員の入れ替わりスピードはそこまで早くありません。

そのため、半年以上ダラダラと婚活をしていくのは非効率で、3ヶ月程度短期集中で活動し、ダメならば他の方法や他のサービスへ乗り換えの形をとるのがおすすめです。

じっくり婚活なら月4000円

2〜3年以内の結婚を目指し、マッチングアプリで婚活をする場合は下記の通り。

  • 初期費用:なし

  • 月会費:男性約4000円、女性無料

  • お付き合いまでの目安期間:3〜6ヶ月

  • 金額目安:男性1万〜2万、女性無料

男性は1万円あれば3ヶ月利用でお釣りがきます。女性はそもそも利用が無料です。こちらはペアーズやOmiaiなど会員数が多いアプリのため、会員の入れ替わりも多く、より多くの人との出会いが期待できます。

20代前半ならば、こちらのアプリから試してみるのがおすすめです。

男性必見:気になる料金を抑えるポイント

もし、出会いにかけるお金を究極まで抑えたい場合、割引や無料化のキャンペーンを活用してみてください。

割引キャンペーンを利用する

ペアーズは毎週末に割引を実施しています。他のアプリでも大型連休にはいると割引キャンペーンを実施することが多いです。

割引する場合、3ヶ月分の有料会員が約7〜8000円ほどまで安くなります。合コンや婚活パーティー1〜2回分の金額で3ヶ月使えるため、コスパはかなり良いです。

詳しくは下記にて。

無料化キャンペーンの活用

Omiaiやタップルなどには、提携サービスへの申し込みをすることで有料期間を無料で付与するキャンペーンを随時行っています。

多少手間はかかるものの、支払い金額を極力抑えることができるため、まずはお試ししてみたいと考えているのであれば活用してみてください。

詳しくは別の記事で解説をしています。

自分に合う婚活アプリの選び方

20代が使うべきベスト婚活アプリ

婚活アプリの種類は大手だけでも数十あります。この記事で紹介しているアプリでも複数の候補があるため、どれを選ぶか迷う方もいると思います。

いろいろなアプリを使ってきた筆者の意見は、どれもまずは無料登録で使ってみて判断するのがおすすめ。とはいえ、初めの1つが決められない方のために、どれから始めるかのヒントになる内容を解説していきます。

「婚活サイト・アプリ」と「マッチングアプリ」の違い

そもそも、婚活アプリとマッチングアプリに違いはあるのか?という点からです。

婚活サイトとマッチングアプリの違いは目的になります。

婚活サイトは婚活を目的としており、マッチングアプリは恋活・婚活・友活など幅広い目的を持っています。

大きな違いはないものの、運営者が婚活限定としているか、婚活目的の利用者を集客しているかが違いの一つとなるでしょう。

早く結婚相手を見つけたい、すぐに結婚したい人は「婚活サイト・婚活アプリ」を。まずは恋愛から始めて、ゆくゆくは結婚したいという人は「マッチングアプリ」を利用しましょう!

そのほかに違う点としては、マッチングアプリのほとんどは女性は無料ですが、婚活サイトは女性も有料となります。

>>20代におすすめのマッチングアプリ解説へ

次は、年代に合わせて解説していきます。

20代前半(20歳〜23歳:大学生)アプリの選び方

20代前半で結婚を意識した出会いを見つけるのは、けっこう大変です。

大学生や社会人1年生くらいなら「まさか結婚とかは思っていないだろう」「楽しく遊べたらいいな」と考えて、相手はアプローチしてきます。

そこで目指したいのは、いきなり結婚前提の交際ではなく

自然な流れからの恋愛結婚

です!いい響きですね、恋愛結婚。

20代前半なら次々と「いいね」されるでしょうが、その中で誠実そうな相手を見つけて、まずは恋愛からスタート。アプリの出会いはあくまで「きっかけ」でしかありません。

デートをして、お互いにドキドキするような関係になったら、そこから先は「プロポーズ」に繋げていけるかあなた次第!出会い→デート→結婚と、自然に関係が深まりゴールインするのが目標です。

年上でもよければ、いわゆる恋愛向きのマッチングアプリよりもコンシェルジュなどが相談にのってくれる婚活サイト(ブライダルネットユーブライドなど)を利用しても良いでしょう。

20代中盤(24歳〜26歳:社会人)アプリの選び方

20代半ばになると、特に女性は結婚を意識し出す人もいます。でも焦っていきなり結婚相談所より、まずはなるべく沢山の異性と出会うことが大事です。

まだまだ人生経験も少ない20代、できるだけ多くの異性と出会い、自分がどういう相手と相性が良いのか、本当に好きなタイプはどんな人か、体験しながら学んでいくのが重要なんです。

「お金持ちと結婚したい!」「ショートカットの可愛い子と結婚したい」・・・それだけで大丈夫?

婚活マッチングアプリを利用すれば、1ヶ月で100人の異性と出会うことだって可能です。

たくさんの異性と交流できる、会員数の多いペアーズやOmiaiが向いています。

20代後半(27歳〜29歳社会人)アプリの選び方

20代後半になったら、男女共に結婚を考える人が一気に増えます。30代になるまでに、モテ期を上手に利用して婚活サイト・婚活アプリで出会いのチャンスを逃さないように頑張りましょう!

結婚したいと考える人は「出会いさえあればスグにでもできるだろう」と思うようですが、ちょっと下の図を見て下さいね。

出会いから結婚までの期間
出会い

デート期間

恋人期間

親に会わせるなどの前段階

プロポーズ

婚約・結婚準備
初日

〜1ヶ月

1ヶ月〜6ヶ月程度

7ヶ月目

8ヶ月目

1年後

あくまで一例ですが、これでも早い方かもしれません。中には出会って数日でプロポーズしたなんてスピード婚もありますが、これは稀なこと。つまり29歳に出会ったら、実際に結婚するのは30歳になっているんです。

婚約までは自分たちでトントンと進められますが、大変なのはそのあと。両家顔合わせ、引っ越し、結婚式決めまでさらに半年くらいはかかります。

そのあとに妊娠・出産ですから、子供を考えているならば、2〜3年はみておく方が良いでしょう。

焦る必要はありませんが、30歳すぎて婚活をする=結婚は35歳前後と考えると、30歳前後で結婚したい場合は20代後半の婚活は決して早すぎることはありません。むしろ20代後半は「婚活適齢期」と言えます。

20代女性の婚活「婚活アプリはこう使う!」

20代女性の婚活「マッチングアプリはこう使う!」

女性の20代は、下心をもつ男性が〝あわよくば〟を狙ってすり寄ってくるので注意が必要です。

大事なのは「相手を見極める力」です。結婚したいな、なんて瞳をキラキラさせていたら、オオカミたちが飛びついてきますよ〜。マッチングアプリの使い方を工夫して、オオカミたちを蹴散らしておきましょう!

下心のある男性の見分け方

大手のマッチングアプリともなれば、本人確認はしていますが、その人が誠実で真面目な人という保証ではありません。

中にはアプリを利用してうまいことしてやろう、なんていう男性もいます。

下心がある男性の特徴

  • 初回のメッセージから馴れ馴れしい、短文
  • すぐにタメ口になり親しい間柄のように錯覚させる
  • 深い話はせず当たり障りない話でとにかく会う流れを作ってくる
  • 会うときは夜だったり車やカラオケなどの密室を狙ってくる

「この人、真剣じゃなさそう」こう思った段階でやりとりはストップすべきです。

プロフィールで男性に「結婚したい」と思わせる方法

婚活サイトやマッチングアプリを利用する時、プロフィールが重要になります。

常識的な男性なら、写真を見て「いいな」と思ったら、次に必ずプロフィールを確認するでしょう。

プロフィールで「私は真剣な恋愛、結婚を意識している」とアピールするのがポイントになります。

結婚相手候補になりそうな人だけにアプローチして欲しいと思うのなら、あなたのことを素直に書くと同時に「男性が結婚したいなと思えるような」プロフィールをある程度狙って書くことも必要です。

ウソを書くのはどうかと思いますが、例えば次のように考えてみて下さい。

好きなこと=食べ歩き
良い例
美味しいものを食べて楽しい時間を過ごすのが好きです。

最近は和食や日本酒にも興味があって、良さそうなお店を探しています。

お店でおいしかったものを家でも作れるようになりたいなぁと思っているのでお料理教室も探しているところです!
悪い例
食べ歩きして、インスタあげるのが趣味。インスタ映えするお店いっぱい知ってまーす!

あと飲むのも大好き!!!ワイン、日本酒、焼酎からテキーラまで何でもござれ〜www

ぜひぜひご馳走してねっ(^_^)v

比べやすいようにちょっと極端に書きました。

良い例文は「素敵な奥さん」になりそうな印象が持てますよね。悪い例文は明らかに軽い感じで、ヘタをするとご飯目的なイメージです。

同じ「食べ歩き」でも書き方ひとつで印象が変わると覚えておいて下さい。

真面目な男性が「出会いたい女性像」を考えて書こう

あなたが求める男性像を考え、その人なら何を知りたいか、どういうプロフィールならアプローチするだろうか、と相手の立場になって考えてみましょう。

真面目で誠実な男性、しかも結婚も意識している人なら趣味の欄を見て「料理」となっていれば「うん、いいな」と思うでしょう。

でも「ショッピング〜!一緒にお買い物とか行ってくれる人いませんかぁ?」こんな文章だったら「ちょっと違うかも」となるはず。

また、丁寧な文章を作ることを意識しましょう。

「よろしくお願いします」と「よろしく〜っ(^_-)」では、これまた全然印象が変わります。少し固いくらいの文章でちょうどいいと思います。

気軽に誘える雰囲気よりも、ガードが堅いくらいイメージでちょうどいいのです。

20代男性の婚活「婚活アプリはこう使う!」

20代男性の婚活「マッチングアプリはこう使う!」

男性の20代こそ、結婚となるとかなり厳しいですね。まず大学生はもとより、社会人になっても数年ということで結婚して家庭を支えるだけの経済力がありません。

そもそも婚活中の女性から、真剣に「結婚相手」の候補として見てもらえないでしょう。

そこで、20代男性は「希望の年齢幅を広げる」ことがポイントになります。つまり年上女性も視野に入れて婚活しましょう。

年上女性もストライクゾーンに入れる

同年代+3〜5歳上の女性を狙う

20代男性なら、自分の年齢層にプラスして3〜5歳年上あたりまで「OKゾーン」にしておきましょう。年上女性とか出会ったこともないし、どうなのかな?と思う人も、ひとまず年齢だけでアウトにしないで下さい。

女性は一般的に年齢が上がれば上がるほど結婚を意識します。その中でも、もっと細かく年齢を区切って見ましょう。

  • 〜29歳=30歳の区切りを前に結婚したいと考える
  • 〜34歳=35歳過ぎるまでに早く結婚しなくちゃ!と考える

結婚相談所に来る女性も、実は31歳の女性よりも「29歳」の女性が多く、30代前半よりは35歳直前の人が多かったりするそうですよ。

実際、婚活している男性も「20代」というくくりで相手を探しがちです。30歳、31歳を候補に入れるだけで結果が変わってくるはず。

27歳の男性なら同い年か年下と限定するより、3歳年上の30歳まで対象にすれば、結婚を考えている女性と出会える確率がアップします。歳はみんな平等に取るものですから、こだわらずに広めに設定するのがコツ。

「でも年上女性とどう付き合ったらいいのかわからない」不安な20代男子の皆さん、大丈夫!中本、実はこんな記事も書いてます。

結婚を意識した女性に向けてプロフィールを作る

ほとんどの女性が20代男性、特に20代中盤だと「結婚なんて考えていないだろう」と思うでしょう。

まずは経済力の問題があります。25歳の一般的な社会人が専業主婦の奥さんを持ってマイホーム購入して・・・は、なかなか難しい。でも今は共働きが当たり前の時代です。

そこでプロフィールでは

  • イクメン(子育て)系男子である
  • 家事・料理などが得意
  • 生き生きと活躍している女性を尊敬する、憧れる

といった点をアピールしましょう。

例えば、こんなプロフィールなら、結婚を意識している女性が反応すると思いますよ〜。

男の料理が自慢です!結婚したら奥さんや子どもの為に休日には腕を振るいたい。

アウトドアも大好きなので、豪快な料理ご馳走します。

ちなみに体育会系で育ったので、自分のことは自分でするのが身についていると思います。

真剣交際を考えている方、よろしくお願いします。
甥っ子が可愛くて、兄夫婦を見ているといつも羨ましくなります。

ひとり暮らしで料理や家事も得意です。趣味はバスフィッシングと海外ドラマ鑑賞です。

口べたですが、よろしくお願いします。
そろそろ真剣な交際をと考えていますが、最初は友だちから気楽にメッセージ交換したいと思っています。

年齢とか特に意識していませんが、しっかりしていて自分の意見を持っている女性はいいな、と感じます。

20代で結婚したいなら「婚活アプリ」で沢山の人と出会うべし

20代で真剣婚活したいなら、婚活系のマッチングアプリを活用するのが一番です。

たくさんの異性と出会うのが大事

という点です。

オススメの婚活サイト・マッチングアプリを紹介しましたが、他に色々なアプリがあります。こちらを参照にして、ぜひ自分に合った、使いやすいマッチングアプリや婚活サイトを見つけて下さい。20代は男女共に「何もしなくてもモテる黄金期」チャンスを逃さず、積極的に行動してね!

公式アカウントをフォロー

マッチングアプリ大学公式ツイッターマッチングアプリ大学公式フェイスブック