彼女の探し方14選!1カ月で彼女候補10人と出会う方法

出会いがあれば彼女は出来る!

彼女いない歴10年をついに迎えたオレ。

地元の高校時代に付き合った彼女、どーしてるかなー。東京来て、大学生になって社会人になって、もうずーっと淋しい境遇です。

そろそろ彼女を作ろうと思って、14の方法で彼女を探してみたんだけど・・・

その結果!

身長はちょい盛って170センチ、20代なのにメタボ気味で外見に自信がないっていうオレだけど、実は今モテ期到来。出会いがあれば彼女は出来る!

なぜかって?それもこれも、マッチングアプリを使ってみたら、最初の1ヶ月で彼女候補が10人以上見つかったから。

しかも、驚くほど簡単に…。

メインで使用したマッチングアプリ

彼女探しに使ったマッチングアプリ

彼女を探すために、メインで使っていたマッチングアプリは以下の3つです。

アプリ名 アプリの特徴 参考リンク
ペアーズ
ペアーズ
■ココが1番会えた!
利用者数No.1!多くの人が利用しており俺でも簡単にマッチングできた。最初にインストールして試して欲しいアプリ。
公式
Omiai
Omiai
■真剣交際向き
真面目に真剣婚活中という女性が多い。結婚を前提にお付き合いできる彼女探しならココ。
公式
with
with
■性格を重視したい人
メンタリストDaigo監修の診断ツールが人気。女性誌によく取り上げられており、20代の女性が多く登録している。
公式

彼女と出会える場所 14選

ここからは、彼女と出会える場所を14箇所を全て解説していく。

それぞれの場所に向いてる人・向いてない人の特徴をまとめたから、参考にしてくれ!

今回解説する場所の一覧。

  • マッチングアプリ・婚活サイト
  • バイト先・職場
  • 合コン・街コン
  • 婚活パーティー
  • 友人の紹介
  • 社会人サークル・オフ会
  • 結婚相談所
  • SNSで友達から始める(Twitter、Instagramなど)
  • 趣味の活動を増やす【習い事】
  • 知人の結婚式【二次会も!】
  • 自分が常連のお店
  • 同窓会
  • ボランティア活動
  • 相席居酒屋

マッチングアプリ・婚活サイト

結論:イチオシ!場所も時間も選ばず活動でき出会もかなり多い!

向いてる人:

  • 文章で思いを伝えるのが得意
  • ネット上の出会いに抵抗がない
  • コツコツと活動ができる
  • 自分を魅せるのが上手い

向いてない人:

  • 実際に会って相手を探したい
  • コツコツ活動するのが苦手
  • すぐに結果が欲しい
  • 自分の顔写真を載せるのに抵抗がある
  • 業者などを信じやすい
  • 複数人と同時に連絡を取るのが苦手

何の手間もいらない、ただスマホいじるだけ。毎月かかるお金は数千円。で、やる気になれば女の子20人だって30人だって100人だって(いや、大げさじゃないんだよ)出会える。

そのアプリに登録している女性の数だけ出会いの可能性があるから、出会いが多い。さらに女性も出会いが目的だから、彼女探しには最適な場所といえる。あと相手のプロフを見れば趣味や性格がすぐわかるから、女性を探す際の判断材料が豊富。

出会えた先は、また別モノだが。でも彼女候補10人は必ず出会えてしまう魔法ツール。そう、出会いさえあれば、あきらめず行動し続ければ、そのうち彼女候補はできるし、本気で交際につながる相手も見つかる。はず!

マッチング後にはメッセージのやり取りが可能になる。そこでお互いのことを知れるので、盛り上がったタイミングで食事やお出かけに誘えば成功率も高い。はず!

※似たもので彼女募集の掲示板や変なサイトは避けるべき。このあとで安全で信頼できるマッチングアプリやサイトの見分け方も教えます。

【彼女探し】おすすめアプリ
真剣 omiaiOmiai
1番会えた! pairsペアーズ
性格を重視 withwith

バイト先・職場

結論:職場の環境次第!恋愛対象になる女性社員がいるなら積極的に関わってみて。

向いてる人:

  • 別れた後、同じ職場にいても苦じゃない
  • テキパキ仕事ができる(仕事ができる男はカッコいい!)
  • コミュニケーション能力がある
  • 今のバイト先・職場に気になる女子がいる

向いてない人:

  • 仕事先で問題を抱え込みたくない(別れた後の人間関係)
  • そもそも職場に女性がいない

そりゃまぁね、職場に女子がたくさんいるならいいよね。なんていったって、一緒にいる時間が長いんだから。出会うためのコストはかからないし、仕事や飲み会の席で相手のことをある程度知るれる機会もあるし。職場が同じなら毎日会えるのもいいよな。

同僚に相談すれば、自分とその女子の恋を応援してくれるかもしれない。自分だけじゃなく、サポートしてくれる人がいる環境があるのが、職場恋愛の強み。

特に大手企業は女性社員の数も多いからそれだけ出会いのチャンスも多いってこと。

合コン・街コン

合コン・街コン

結論:女性から好かれるテクニックに自信がある人ならマル!

向いてる人:

  • 容姿に自信がある
  • トークで相手を楽しませることができる

向いてない人:

  • トーク力に自信がない
  • 人見知り

合コンは、女性とうまく会話できるタイプであれば、出会いの場としてはあり。

規模にもよるが一度に多くの女子と会えるから、出会いのチャンスも多い。

ただ、女性は真剣に彼氏を探しにきているか、友達に誘われてなんとなくきているかで反応が全然変わってくる。ここを選べないのはデメリット。

婚活パーティー

結論:カップリングのために努力できるなら良い

向いてる人:

  • 結婚を前提とした出会いを探している
  • 真剣に出会いを求めている
  • 顔に多少の自信がある(イケメン過ぎなくてOK)
  • その場の会話を盛り上げるトーク力がある(短時間で盛り上がれる)

向いてない人:

  • 目的が結婚を前提とした出会いじゃない
  • あまりコストをかけたくない
  • その場の会話を盛り上げるのが苦手

婚活パーティーは合コンと同じく、短時間で女性と仲良くなるテクニックや努力が必要。

また、意図的に男女比を集めるのが難しい。男性7名、女性3名のパーティーもよくある。また、パーティーの雰囲気は会社や司会者によっても変わる。

ほとんどは第一印象で決まるから、ファッションに気を配り、清潔感ある男に見せる演出して、笑顔で積極的に話しかける努力も必要。

参加費は1回で5,000円くらい。合コンよりも真剣度は高く、結婚相手を探している女性がほとんどで成功率は悪くない。出会いに積極的な女子に自分からアプローチできれば、多くのチャンスがある。

が、繰り返すようだが婚活パーティーは「選び方」次第だし、自分の理想の女性が参加しているかは運次第。

友人の紹介

友人の紹介

結論:紹介してくれる友人がいるかどうか

向いてる人:

  • 信頼できる友人がいる
  • 恋愛経験が豊富な友人がいる
  • 女子の知り合いが多い友人がいる

向いてない人:

  • 恋愛経験がある友人がいない
  • 友人との関係を崩したくない

友人からの紹介は共通の知り合いがいて安心だ。相談すれば友人が自分に合う女子を探してくれるし、恋愛のアドバイスもくれる。初めから二人きりで会うのが厳しいなら、その友人に同席してもらうこともできるしな。

でも、女の子の知り合いが山ほどいて、幹事役とか紹介役を喜々として請け負ってくれるような熱い友情をもつ友達なんて、そうそういないのが現実。

せいぜい、紹介してくれたって1人か2人。友人の紹介って、絶対数が少なすぎる。その極小チャンスで運命の相手と出会えるラッキーなヤツになれたらいいんだけどな。

期待せずに周りに彼女募集中!と公言しておく程度の期待がちょうどいい。

社会人サークル・オフ会

結論:彼氏が欲しい女性と出会える確率は低め

向いてる人:

  • 時間とお金にある程度の余裕がある
  • 初対面の人と会話をするのが得意

向いてない人:

  • 忙しい
  • 金銭的に余裕がない
  • 初対面の人と上手く会話ができない

本当に好きな趣味のサークルで、独身の女子と仲良くなれれば最高。趣味を楽しみながら恋愛もできたら最高。趣味が同じ恋人って付き合っても楽しそう。

でも、恋活サークルに入らない限り、彼氏がいる女性や既婚女性もいるし、独身か確認するまでにも時間が必要。

さらにサークルの規模によっては女子が少なく、出会いのチャンスがないこともあるし、そもそも恋愛NGとしているところもある。

女性との出会いを求めて参加すると考えると効率が悪く、出会える確率は低い。趣味を楽しむ中で自然と仲良くなって恋愛に発展する程度の期待値で、意図的に彼女を探すのはなかなか難しい。

結婚相談所

結論:結婚が前提なら、出会える率は高い

向いてる人:

  • 出会いにかけるお金がある
  • 第三者に相談できたり、アドバイスがもらえたりする環境がほしい
  • 真剣な出会いを求めている

向いてない人:

  • 費用を抑えて、出会いを探したい
  • 目的が結婚を前提とした出会いじゃない

結婚を前提に彼女を探している男は、結婚相談所なら出会いが多い。女性側も結婚を前提とした出会いを求めているからな。

結婚相談所には、恋愛をサポートしてくれるアドバイザーがいる。だから恋愛経験が少なくても、アドバイザーのサポートがあれば可能性はグンと上がる。

が、数万円〜十万円ほどのお金がかかる。また、アドバイザーとの相性もあり、自分に最適な結婚相談所を探すことが必要。

SNSで友達から始める(Twitter、Instagramなど)

SNSで友達から始める

結論:時間はかかるが友達から始めたい人には向いている

向いてる人:

  • ネットに抵抗がない
  • SNSに使い慣れてる
  • 友達から始めたい

向いてない人:

  • 実際に会って相手を探したい
  • 人のことをすぐに信じてしまう・好きになりやすい
  • 初めから恋愛前提で出会いたい

SNSは気軽に始められるし、ユーザー数も多いから出会いのチャンスも多い。共通の趣味を持つ女性を探すのに便利なツールではある。スマホがあれば時間と場所を選ばずに、サクサクできるしな。

気になる女子にDMやコメントを送れば、出会いのきっかけになる。そこから趣味の話題で盛り上がれば、徐々に距離は近づく。

ただし、初めから出会い目的でいろいろな女性に声をかけるのはマナー違反だ。あくまでも友達から始める中で、自然と恋愛に進んでいく出会い方。

趣味の活動を増やす【習い事】

結論:アプローチ次第では、チャンスあり

向いてる人:

  • 趣味の活動をする場所がある
  • 出会えなくても趣味を楽しめる

向いてない人:

  • 趣味の活動場所を失いたくない(別れた後が気まづい)
  • 趣味の場所と恋愛の場所を分けたい

趣味の活動の中でお互いに共同作業をする系なら、関わるきっかけがある。そこから同じ趣味を持つ同士で、自然と会話は盛り上がるだろう。

そこから恋愛に発展させるために、アプローチは必要。趣味の活動を目的に参加している女子がほとんどだから、男側から積極的に話しかけていかないと、ただの趣味トモで終わる

趣味を楽しみつつ、彼女を探すのはアリ。

知人の結婚式【二次会も!】

結婚式

結論:結婚式の雰囲気でおせばチャンスあり!

向いてる人:

  • よく結婚式に呼ばれる
  • 初対面の人へ積極的にアプローチできる

向いてない人:

  • 自分の気持ちを優先してしまう
  • 初対面の人へのアプローチが苦手

新郎新婦の姿を見て、憧れを抱く女子がいるはずだ。この幸せな雰囲気を利用すれば、出会いのチャンスはある。

結婚式には新婦側の招待で、一定数の女子の参加が期待できる。だから理想の相手を探すには、良い環境だ。式の最中に話しかけにく場合は、二次会などがチャンス。結婚式よりもユルい感じになるから、そこで近くの席に座ってアプローチするのもあり。

式でも二次会でも接点を持てなかった場合は、新郎新婦に相談し紹介してもらうこともできるしな。

自分が常連のお店

結論:おひとりさまが狙い目

向いてる人:

  • 常連のお店がある
  • 初対面の人へ話しかけることが得意

向いてない人:

  • 常連のお店に通いづらくなりたくない
  • 初対面の人に話しかけるのが苦手
  • 周りの目が気になる

良い感じの雰囲気のバーやカフェには、おひとりさまの女性客がいる。同じお店が好きな者同士、話は自然と弾むことだろう。

女子側も好んでおひとりさまをしている訳じゃ無いかもしれない。誘える友人がいなくて、仕方なく一人でお店に来ている可能性はある。本当は誰かと話したいと思っている女子もいるはずだ。

そこにあなたがアプローチすれば、出会いのきっかけになる。だから、お店のおひとりさまの女性客は狙い目だ。

同窓会

同窓会

結論:ギャップで魅せる

向いてる人:

  • 同窓会に呼ばれる
  • 仲が良かった女子がいる

向いてない人:

  • 学生時代に女性関係でトラブルがあった
  • そもそも同窓会に呼ばれない

同窓会では、久しぶりに会う人がほとんどだろう。そしてライバルの昔人気だった男たちは、きっと結婚済みのはずだ。そこで昔と今のギャップを利用して、女子に自分の変わった部分を魅せるとチャンスはある。

例えば昔は話下手だったけど、同窓会では積極的に話かけてみる。そこで自分に対するイメージがガラリと変わり、そのギャップで高感度が上がる。その効果で、自分を異性として意識してくれる女子が現れる可能性はある!

さらに同窓会の楽しい雰囲気とお酒で、気分はグングンと上がる。さらに昔話で盛り上がれば、出会いの可能性は十分ある。

ボランティア活動

結論:出会いの可能性は低め、人脈を広げる気持ちで参加しよう

向いてる人:

  • コスパよく出会いを探したい
  • ボランティア活動に少しでも興味がある

向いてない人:

  • 早く出会いが欲しい
  • ボランティア活動に全く興味がない

そもそもの目的が違うから、ぶっちゃけ出会える可能性は低め。だが、可能性は0ではない。まずは人脈を広げるという意識で参加してみるのはあり。

ボランティア活動には多くの女性が参加するから、理想の女子を探すには良い環境だろう。あとは自分のアプローチ次第で、恋に発展させていくことができる。

相席居酒屋

居酒屋

結論:出会いの可能性はある

向いてる人:

  • 一緒に彼女探しをできる男友達がいる
  • 初対面の女性との会話が得意

向いてない人:

  • 初対面の女性と会話するのが苦手
  • 女性とゆっくり話をしたい

自分と同じく彼女を探している男友達を連れて行こう。相席居酒屋は基本的に2対2のように、複数人で会話をする。だから一人で会話するのが不安という男も参加しやすい。

で、席に着いたらスタッフが乾杯を促してくれるから、スムーズに会話を始められる。さらに女子もお酒で気分が高まり、素に近い状態が出るはず。だから相性や相手の性格などを知ることができ、判断材料にもなる。

注意点は食事目的の女子がいること、友達と狙う女性がカブる可能性があることだな。

彼女探しに疲れたときの対処法

マッチングアプリで10人以上の恋人候補が見つかったオレだが、最初は全然うまく行かなかった。

職場のちょっと気になる子をデートに誘ってみたが断られ、婚活パーティーに行ってみても準備不足で相手にされず、1週間も経たないうちに彼女探しを諦めようと思っていた。

みんなも彼女探しに疲れたことあると思うけど、そんな時はこの3つのことを試してくれ!

今と違う方法で彼女探しをする

彼女探しを諦めようと思ったときに、マッチングアプリを始めたんだが、そしたらあっという間に恋人候補と出会うことができた

何が言いたいかというと、自分に合った彼女探しの方法がきっとあるはずってこと。

うまくいかないときは、今までとは違う方法で彼女探しをしてみるのがおすすめ。

オレは、容姿に自信がないし、マッチングアプリって外見重視のイメージがあって避けていたが、まさかのまさか、マッチングアプリが合っていたみたい。

いろんな人と会うために外へ出る

彼女探しのためではなく、「人」と会うためにいろんな場所に足を運ぶのもいい!

気分転換になるし、いろんな人のいろんな話を聞いて刺激を受けたり、励まされたりするからな。

毎回、彼女探しを目的にしていると気を張ってしまい、自分でも知らない間にストレスがたまる

だから、彼女探しに疲れたなって思ったときは、ただただ人と会う・話すために、外へ出てみるのをおすすめする。

一度、休憩して自分を磨く

ずっと彼女探しがうまくいかない場合は、一度休憩することも一つの手だ。

ダラダラとうまくいかない彼女探しを続けるよりも、休憩している間に自分を磨いて、磨き終えたら、すぐに彼女を見つけにいく

この方が効率がいいようにも思える。

あと、彼女探しがうまくいかない理由が分かっているのであれば、まずはそこを改善するために時間を使うのも良し。

マッチングアプリをおすすめする理由

一番出会えるツールマッチングアプリ

まぁ、みんな気がついていると思うけど…ズバリ、オレが彼女と出会ったのがマッチングアプリ。

と、言うとだいたい「マジかー」と言われる。危険なイメージが強くて使わない人が多いけど、昔とは状況がだいぶ違う。一番出会えるツールだし使わないと損だよ。ま、よーく考えてみて欲しい。

例えばこんなシミュレーション・・・

ペアーズの女性会員は「154,824人!」彼氏が欲しい女性15万人と出会えるチャンスがあるんだ。

ペアーズで月間にアプローチできる人数は60人、とする。これ、やってみるとわかるが、たいした数じゃない。

マッチングアプリなんて、通勤の合間に使うだけでも1日4〜5人にはアプローチできるからね。ランチタイムや夜もいれたら、もっと出来る。

でも、まぁ1日2人という、低いハードルにしておこう。

60人×いいね成功率30%と仮定=18人

18人の彼氏が欲しい女の子と直接連絡がとれる! たった1ヶ月で18人だよ。出会いがあれば、その先があるってこと。

>>マッチングアプリを知らない方のための解説記事はこちら

マッチングアプリのメリットとは

  • 料金は飲み会1回分
  • ここで出会って結婚したカップルが大勢いる
  • 悪質な業者はいない

と、実際に使ってみて思ったことをあげてみた。

まずは料金の安さ、ちょっとした居酒屋だって3,000円から5,000円はかかるだろう。マッチングアプリや婚活サイトは月額せいぜい4,000円。

それと意外と知られてないが、婚活サイトで出会って結婚したカップル、実際に多いってことだね。

注意が必要なサイトと同じイメージで敬遠しているのはすごい損。ちゃんとしたマッチングアプリなら警戒すべき業者などもいない。

結婚までいくカップルが多いっていうのは、思った以上に「真剣に」出会いを考えている女性がたくさんいるということなんだ。

気軽に利用できるのに、気が合う子が見つかれば、恋人未満のメッセージ交換から、ふたりでデートへ、真剣交際へと続く。

アプリを使うと彼女ができる確率が10倍かわる

彼女が出来る確率が10倍以上変わる

彼女ができる確率から、考えてみよう。

方式:彼氏が欲しい女性と出会った人数×自分の魅力偏差値

モテ男は出会う人数が少なくてもすぐに彼女ができる。そうでない場合は出会う人数をとにかく増やさなくてはいけない。

なんでもそうだ、需要と供給のバランスだが、イケメンは少ないのに「イケメンと付き合いたい女性」は多いと思う。

が、ルックスが良いとは言えない男を求める女性は少なく、そしてその系列に入る男子は多い・・・。

いや、現実をちゃんと見たほうがいいよ。鏡見ればわかることなんだから。でもさ、イケメンじゃないからって諦める必要なんてないんだよ。

じゃ、ここで男子の脳を刺激する、数字の具体例を出して証明してみせよう!

例として、俺の場合

・マッチングアプリを使う前
フリー女子と出会った数「年3人」×俺の魅力「40点」=数値は120

・マッチングアプリを使った後
フリー女子と出会った数「年40人」×俺の魅力「40点」=数値は1600

彼女ができる確率が10倍以上も変わってるじゃないか。それくらい出会いの数って大事なんだよね。じゃ、どれだけ出会えるか、わかりやすく表にまとめてみよう。

<出会いの方法と出会える女性の数比較表>

マッチングアプリ・婚活サイト 18人/月 使い方によってはもっと多くなる!
バイト・仕事 0〜1人/月 ほとんどゼロ・・・
相席屋・合コン 4人/1回 飲んで終わり・・・
婚活パーティー 8人/1回 カップルになれれば◎
友人の紹介 0〜1人/月 ほとんどゼロ・・・
社会人サークル・オフ会 1〜3人/月 入れ替え少ないからゼロに近くなるが・・・

やっぱ、女子と出会える率はマッチングアプリ・婚活サイトがダントツでしょ。

実際にマッチングアプリを使って彼女を探すステップ

オレがマッチングアプリで彼女を見つけるまでのステップはこう、

それじゃあマッチングアプリを使った3つのを詳しく説明していくよ。

ここが一番重要!アプリの選び方

アプリ選びのポイントは自分が何を求めているか

実は、マッチングアプリで彼女を見つけるために、一番大切なのはアプリとの相性!

マッチングアプリを選ぶときは、自分が何を求めているかに合わせて登録しよう。

まぁ、大きく分けてこの3つだと思う。それぞれでおすすめのアプリを紹介する。

結婚はまだ先だけど彼女が欲しい

これがまさにオレだが、結婚となるとちょっと重すぎる。

でも、中途半端な関係は嫌かな。ちゃんと恋愛したいっていうかね、とりあえず恋人が欲しいって思った時に使えるマッチングアプリはこれ。

アプリ名 アプリの特徴 参考リンク
ペアーズ
ペアーズ
初心者向け!会員数が多く出会いやすい
国内最大級のマッチングアプリ。会員数が多いため好みの異性と出会いやすく、コスパも良い。
公式
解説
with
with
20代におすすめ。相性重視の恋人探し
メンタリストDaiGoが監修する心理テストや相性診断を取り入れたマッチングアプリ。
公式
解説

恋人募集中という女子が沢山いる。コミュニティで趣味や好きなことが一緒の子を見つけて、そこから性格も合いそうな子を見つけるのがコツだよ。

結婚を前提にした彼女探し

20代後半から30代半ばになってくると、結婚を真剣に考えることもあるだろう。

真剣交際を考えているなら、同じように「結婚相手を探している」女性が多い婚活サイトを利用するのがテッパンだ。

アプリ名 アプリの特徴 参考リンク
Omiai
Omiai
20代~30代におすすめの恋活アプリ
真剣に恋愛したい人向きのマッチングアプリ。清楚系美人が多い。
公式
解説
マッチドットコム
match
真剣度が高い婚活寄りのアプリ
全世界で利用されている婚活アプリ。女性も有料なので、真剣度が高い!
公式
解説
マリッシュ
マリッシュ
バツイチ歓迎
バツイチ、再婚希望者が多く登録しているマッチングアプリ。
公式
解説

比較的、真面目に真剣婚活中という男女が多い。それだけにプロフィールでも、年収や職種を見られるし、あとはメッセージ交換で誠実なタイプを選ぶ傾向が強い。

イケメンじゃなくても、安定した職業に就き、真面目な人間だってことをアピールするのが大事だな。

デートに行ける相手を探す

とりあえず、彼女というよりライトに一緒に楽しめる女性と知り合いたい、気軽な女友達からスタート、って感じかな。

アプリ名 アプリの特徴 参考リンク
タップル
タップル
その日に会える相手を探せる
ゲーム感覚でスワイプしながら好みの異性を探せるマッチングアプリ
公式
アプリの解説
クロスミー
クロスミー
近くにいる人と会える
すれ違いでマッチングできるアプリ。近所で出会えるため、実際に会いやすい。
公式
解説

女性会員の年齢層も若いし、全体的にノリがいい。見た目・ルックス勝負になりそうなところだが、外見に自信がないタイプは行動力で勝負だ。

アウトドアやスポーツ観戦、ペットショップ、流行の店、ディズニーランドや富士急ハイランドとか。

とにかく旬の話題とスポットの情報をかき集めて、メッセージを気楽にやり取りしながら、どんなネタでも「あ、それならさ」と会うきっかけが出来るようにしておくおといい。

いいねを送る・もらうコツ

「いいね」は相手へのファーストアプローチ

そもそも、いいねとは何か?

マッチングアプリの基本の基本だ。まず条件、年齢とか入れて検索をする。すると条件に合った子がバンバン出てくる。

そして写真やプロフィールを見て、「お、いいな」と思ったら、すぐに「いいね」をする。

いいね、は、つまり相手へのファーストアプローチ。「気になる相手」に、気になってまーす、どうですかあ???と最初の問いかけを投げるってことだよ。

女性からもいいねは出来るんだけど、基本的に男子がガンガンいいねをする。

石を握っているだけでは的に当たらない。投げないとダメだ。外れることもあるだろうが、投げ続けていれば、いずれ石も的に当たる。そーいうこと。

いいねを送るコツ

といって、やみくもに石を投げても当たる確率は低い。というわけで、石の投げ方が重要になってくる。

マッチングアプリを最初に見た時、うわー、すげー、可愛い子いるーと興奮する。オレもそうだった笑

で、当然、可愛い子やきれいな子にばかり「こっち向いて〜」と石を投げる。

しかし人気会員は山ほど石を投げられているのだ。考えてもみろ、ただの小石とピカピカ光っているダイヤモンド、ふってくる石から宝石を選ぶに決まってんだろ。

ピカピカの宝石の中にまじった小石なんか、目もくれないだろう。たまに好奇心で拾ってくれるかもしれないが。

それよりも、ま、平凡かな?くらいのレベルで良さそうな子を選ぶ。

あとは新規会員かな、そういう子たちはそれほど石、じゃなかった、「いいね」をされてないから、男性からイイネがくれば、パッと受け止めてくれるし、反応がいい。

とにかくライバルが多いのを狙うより、可能性が高い的を選ぶのがコツなんだよ。

まぁちょっと的を女性に例えるのは失礼だったかもしれないが、言いたいのは高望みはするなってことだ。

いいねをもらうコツ

じゃ、女子からいいねを貰うにはどうしたらいいか。

まずプロフィールが重要だ。ルックス(写真)で勝負できないんだから、せめて中身で頑張らないといけない。

でも女子ってかなりプロフィール読み込んだりするし、特に真剣な交際を考えている女子ほど、見た目以上にプロフィールの内容を重要視する。

だから、とにかく空欄など作らず、プロフィールはぎっちり埋めていこう。

それから写真も、自分なりに頑張るのだ。真正面からぶっきらぼうに撮影した証明写真みたいのや、ヘンにふざけたモノはそれだけでスルーされる。

自然体な感じで、野外で動いているところのスナップなんかはわりと評判がいい。

オレも、外でワンコと遊んでるところを撮影した写真をアップしてから、ググっと女子からの反応が良くなったよ

女性とアポとり、メッセージ攻略法

「まともな社会人」をアピール・まずは女性を安心させよう

  • メッセージは短め、こまめに
  • タイミングを見計らって次のステップへ進む
  • 危険がない「まともな社会人」アピール

マッチングアプリで、いいねをして、ありがとうが戻ってきたら、あるいは女子からいいねを貰ったら、さぁ次の段階だ。

メッセージ交換は、まず男性から。

あまり長々としないで、それよりもこまめにメッセージを送ろう。しつこすぎても、メッセージの間隔があきすぎてもよくない。

アポとりのタイミングも、よくメッセージを「5〜6回やり取りしたら」とか「1週間くらいで」なんていうアドバイスがあるが、結局は相手次第。

メッセージ3通目くらいでも、すごい盛り上がって「あ、それなら今週末はどうですか?」って聞けちゃうような流れの時もあるし。

逆に2週間くらい、やり取り自体はあるけど、デートに誘うのは唐突すぎる感じ、なんてこともある。

相手の女性が話題に乗ってきて、パパパッとメッセージがうまく行き交ってる時なんか誘うチャンスだよね。

なんにしても、女性はやはりネット上でのやり取りだけだから、一応は身構えている。ヘンなヤツじゃないか、と、まずは疑ってかかってくるのがフツー。

だから安心させて、まともな社会人であることをアピールするのもすごく大事。

ココをすっ飛ばすと、なかなか実際に会ってもらえないから。

「今日は残業です。上司に付き合わされてるんだ」なんて短いメッセージや「営業がうまくいきました。最高。帰りに同僚と生ビール飲む予定です。

流行のビアホールなんで、良さそうな場所だったら今度誘いますね」こんな感じどうよ?

って、コレ実は今の彼女に送ったメッセージのひとつ。

それで次のやり取りの時に「生ビールだけど、地ビールがおいしかったよ。ドイツソーセージもうまかったし、日曜日とか少し早めの夕方にどうですか?」って送ってみたらOKの返信がきたんだ。

まともに働いている、ちゃんとした男性。いきなり夜遅い飲みではなく、気軽に出られそうなシチュエーションにすれば、応じてくれる可能性は大きい。

マッチングアプリって本当に出会えるのか?

マッチングアプリよくある質問と回答

オレがマッチングアプリで彼女作った、何人もの女性と知り合えたって言うと、群がる男子笑

よく聞かれる質問とオレの回答はこれ。

「悪質なサクラとかいるんじゃないの?」

「大手の婚活サイト・マッチングアプリならほとんどいない」

悪質なサクラがゼロ、とは言わない。たまにアヤシイのはいる。(ちなみにOmiaiは公式が「Omiaiはサクラ0」と宣言している。)

でも、そーいう女子はちょっと慣れたらすぐ見極められる。

だいたい、やけに可愛い子や写真をやたら加工してる子、プロフィールが何かのコピペみたいのはダメ。活動してない幽霊会員はいるしね。

でも大手の婚活サイトなら、アクティブなユーザーがすぐわかるようになっているし、アプリごとに疑わしいユーザーを報告する機能があったり、アプリによっては24時間365日監視・不審ユーザーの強制退会とかしているらしい。

だから、いわゆる迷惑なサクラならすぐに排除される。

「月額料金以外に変な請求きたり迷惑メールきたりしないの?」

「こない!」

これは断言できるが、ペアーズにしろOmiaiにしろ、withタップル、大手が運営しているマッチングアプリならまず安心。

公式サイトに料金が明確に出ているし、課金される場合の料金表も出てるよ。

それから個人情報の扱いもきちんとしている。

大切なのは、少しでも怪しいと感じるようなサイトは使わないこと

「すごい年上ばっかじゃないの?可愛い子いる?」

「可愛い子もいるよ」

写真を見ていると、すごい美人とかモデルみたいな女性は少ないけど、クラスにいる「ちょい可愛いじゃん」レベルは沢山いる。

年齢もマッチングアプリにもよるけど、だいたい20代から30代が中心。Yahoo!パートナーなんかはもうちょっと年齢層が上かな。

「マッチングしてもメッセージとかスルーされて終わりだろ?」

「けっこう真面目に応じてくれる子が多い」

マッチングアプリって、恋人欲しいなとか、週末一緒に遊びに行きたい、なんて思っている女子が登録しているわけ。だから、マッチングしたらほとんどの場合、最初のメッセージは返ってくるよ。

そこから、本当にデートまで繋がるかは、相性もあるだろうし、メッセージのやり取り次第ってとこ。

マッチングアプリって、マッチングできないとか、スルーされることを気にしないでガンガン使うのがポイントなんだよ。

気軽にどんどん使って、そうすれば中には「え、○○小学校? そこ知ってる」とかさ「ワンコいるんだ、ウチも実家にいるんだよ〜」とかさ、共通点のある相手が出てくる。

そうなれば、メッセージもうまくいくし、流れで「今度会ってみない?」ってフツーに約束できる感じなんだよね。

まとめ マッチングアプリは驚くほど簡単に彼女が探せる!

マッチングアプリなら簡単に彼女が探せる!

こうしてオレはマッチングアプリで彼女を見つけました。めでたし、めでたし。

そう、驚くほど簡単に彼女ができてしまったんだ。それまで10年、彼女いなかったオレが。それもこれも、マッチングアプリを使ってみたら、最初の1ヶ月で彼女候補が10人以上見つかったから。

これだけの出会いがあれば、いつかオレとピッタリの相手もあらわれるだろうって思えたんだよな。あのときのワクワク感、今でも思い出すよ!

でも、彼女と出会うまで、マッチングアプリでもかなりの数の女性とやり取りしたなー。

自然消滅した相手も多いし、気が合わない感じだな〜ってお互いにわかって、なんとなく疎遠になった相手もいるし。

実際に会ってみて、なんか友達同士って関係になったり、お断りもされたりしたよ。

でもとにかく、マッチングアプリ使えば、女性との接点が増えまくる。繋がりが増えれば、それだけもっと深くつきあえる相手も見つかるってもんなんだよね。

とにかく、まずは使ってみよう。

そこに座ってスマホだらだら見てるだけじゃ、何も始まらないよ〜。婚活サイトなんて登録は無料のとこばかりだから、それで検索してみるだけでもいい。

彼女出来ると世界変わる。マジ、オレ今楽しいもん!

読者からの意見や感想

友達も登録してるって言って、何人かと会ったらしい。俺は、もし知り合いとかいたらやだなーとか思ってやってないけど、意外と普通に皆やってそうだから気にしなくてもよさそう。

29歳・男性

自分の意見を投稿する

内容
性別
年齢
メールアドレス

投稿されたコメントは編集部で確認後に公開されます。なお、批判的な内容等、問題があると判断した場合、非公開または一部削除して公開させていただきます。

公式アカウントをフォロー

マッチングアプリ大学公式ツイッターマッチングアプリ大学公式フェイスブック