沖縄県宜野湾の神前結婚式|神秘的な鍾乳洞が魅力の「普天満宮」とは?

今回ご紹介するのは、沖縄県宜野湾市にある「普天満宮(ふてんまんぐう)」。
宜野湾市文化財「名勝」に指定されている洞穴(鍾乳洞)では、幻想的な空間が広がり、自然の偉大さを感じることができます。こちらの神社では、神前結婚式を挙げることが可能です。

今回は、普天満宮の禰宜(ねぎ)である平良 真睦さんのご厚意に預かり、神前結婚式の流れや普天満宮の魅力ついて話を伺うことができました。

神前結婚式に興味がある方や、どんな結婚式にするか決めかねている方もぜひこちらの記事を参考にしてみてください。

普天満宮の神前結婚式について詳しく伺いました

普天満宮の神前結婚式について詳しく伺いました

神前結婚式を行うようになったきっかけや時期

禰宜

普天満宮で最初に神前挙式が執り行われたのは、1944年(昭和19年)頃です。

戦後は1953年(昭和28年)頃に、地域の皆様の希望により再び執り行われるようになりました。

インタビュアー

地域の方々からのご要望でお式を挙げるようになったのですね!地域との関係性が伺えるエピソードですね。

神前結婚式とその他の結婚式における違いについて

神前結婚式とその他の結婚式における違いや良さについて

禰宜

神前結婚式は、伝統的な日本の挙式スタイルを体験できます。新郎新婦両家の家族の新たな結びつきを重視しているため、家族の絆を感じることができることなども魅力です。

結婚式を終えた後も、子どもが生まれた際のお宮参りや七五三、家族での初詣などを、挙式会場に選んだ神社で行うことができます。そのため、新郎新婦や家族の節目にとても大切な場所になるのです。

日本の伝統や家族の絆を大事にしたい方は、人生の新たなスタートである結婚式を神前結婚式でなさることをお勧め致します。

インタビュアー

七五三や初詣など、神社では人生の節目に欠かせない行事がたくさんありますよね。結婚式は新郎新婦だけでなく両家の縁を結ぶものでもありますから、神社で挙式するということは実は自然なことなのかもしれません。

挙式後もお参りする機会が多いでしょうから、神社と末永くお付き合いできる点も魅力だと思います。

普天満宮における神前結婚式の流れ

普天満宮における神前結婚式の流れについて

禰宜

  • 入場
  • 開式の辞
  • 修祓(お清めお祓い)
  • 献 饌
  • 祝詞奏上
  • 新夫婦誓飲(三三九度)
  • 新夫婦と親との盃
  • 指輪の交換
  • 誓詞奏上
  • 玉串奉奠(二礼二拍手一礼)
  • 親族固めの盃
  • 撤 饌
  • 斎主挨拶
  • 閉式の辞
  • 退下

所要時間は約40分です。

インタビュアー

お清めからはじまり、祝詞奏上や玉串奉奠など神社ならではの内容ですね。自然と気が引き締まりそうです。

普天満宮の神前結婚式の特徴

神前結婚式にまつわる印象深いエピソードについて

禰宜

親族しか参列できないところもありますが、当社の御参列は親族のみではなく、友人・知人の御参列も歓迎しております。

インタビュアー

友人や知人も神前結婚式に招くことができるのは嬉しいですね。

禰宜

婚礼衣装は、和装はもちろん琉球衣装での挙式をなさる方が多いです。

また、当神社の近くには米軍基地があり、当神社で挙式をなさる方の3割くらいは新郎あるいは新婦がアメリカの方なんですよ。

インタビュアー

琉球衣装でお式を挙げられるのですか!沖縄らしさが感じられる素敵な神前結婚式になりそうですね。

お土地柄アメリカの方が挙式される場合も多いのですね。国際色豊かな神前式というのは、全国的に見ても珍しいのではないでしょうか。

普天満宮の神前結婚式申込予約について

普天満宮の神前結婚式における申込予約について

挙式予約は何ヶ月前頃から可能でしょうか

禰宜

おおよそ、1年前から承っております。

希望日程があれば、1年前より前でもできます限りご希望に沿わせて頂きます。

インタビュアー

1年前から予約が可能なんですね。お日取りの調整も可能ということですので、事前に日程や内容をしっかり決めてから依頼するとよさそうですね。

参列できる人数について

禰宜

参列人数はおおよそ70名程度です。

インタビュアー

友人や知人も招くとなると大人数になる可能性が高いですから、70名程度まで対応いただけるのは心強いですね!

月に何組くらい神前結婚式を挙げていますか

月に何組くらい神前結婚式を挙げているかについて

※例大祭の写真

禰宜

平均で月に2回程度。年間20件程度です。

インタビュアー

あまり混みあっていない点は依頼する側にとってはメリットですね。

普天満宮の神前結婚式予約申込方法・料金

禰宜

  • 電話にて仮予約
  • 説明
  • 本予約
  • 打ち合わせ

という流れになります。

神前結婚式に関する問い合わせ・予約は以下の電話またはホームページから行ってください。

電話番号 098-892-3344
公式サイト http://futenmagu.or.jp/

貸衣装、着付け、ヘアメイク、写真撮影について

貸衣装、着付け、ヘアメイク、写真撮影について

※例大祭の写真

禰宜

当神社では貸衣装・ヘアメイク・写真は承っておりませんが、境内にございます写真館で同様のサービスを提供しております。

インタビュアー

境内にある写真館でお仕度ができるのは安心ですね。準備もスムーズに進みそうです。

挙式されたご夫婦とのその後の関係

挙式されたご夫婦、または参列者の方からの感想

※例大祭の写真

禰宜

挙式後、めでたく子どもを授かりお宮参りで御来社される方が多くいらっしゃいます。

インタビュアー

結婚式の後もお付き合いが続いていくのが神社で挙式する魅力の一つですよね。お宮参りでいらっしゃる方が多い点も頷けます。

普天満宮はどのような神社ですか

普天満宮はどのような神社ですか

禰宜

琉球八社の一社に数えられる神社で、沖縄県中部最大の聖地とされ、毎年多くの人が初詣や諸祈願に訪れます。

御神徳は、諸願成就「むすび」の神として様々です。お祀りしておりますのは、「熊野権現(くまのごんげん)」(和歌山の熊野三山〔熊野本宮大社、熊野速玉大社、熊野那智大社〕)と「天照大御神(あまてらすおおみかみ)」、そして、古くから信仰を集める「琉球古神道神(りゅうきゅうこしんとうしん)」(地元の神々)です。

インタビュアー

ご利益もさまざまなんですね。地元の神様もお祀りされているということで、地域と密接につながっている神社だということが伝わってきます。

普天満宮を訪れた場合の見どころやおすすめポイント

結婚式以外で普天満宮を訪れた場合の見どころやおすすめポイント

禰宜

普天満宮には御社殿後方に元御本殿、現在奥宮と呼ばれる洞穴(鍾乳洞)がございます。普天満宮洞穴は、全長280メートルの鍾乳洞で、現在はその50メートルほどを無料で一般公開しております。

普天満宮はこの洞窟内に琉球古神道神を祀ったことが始まりとされ、色々な伝説にまつわる霊石もございます。非常に幻想的で厳かな聖域であることが感じられます。


結婚式以外で普天満宮を訪れた場合の見どころやおすすめポイントについて 例大祭

一年に一度、神社にとってゆかりの深い日に行われる祭祀である例大祭も見どころです。

普天満宮の例大祭は旧暦の9月15日(新暦では10月中)に行われます。旧暦9月は琉球国王の御参詣があった日であり、国家・地域安泰や世界平和、人々の健康と幸福への祈りが捧げられます。

雅楽や神楽舞など、古式ゆかしい厳かな祭典では琉球舞踊なども披露され、他府県の神社とはまた違った雰囲気を感じられますよ。

参列できる人数について

インタビュアー

洞穴の中は幻想的で神秘的な雰囲気が漂っていますね。これほど見事な鍾乳洞を無料で見ることができるのは貴重なことだと思います。

例大祭では琉球舞踊が披露されるのですね。鮮やかな衣装が目を惹きます!異国感さえ漂う舞踊は、見ごたえがありますね。

結婚が決まったカップルへのメッセージ

結婚が決まったまたは結婚を考えているカップルへのメッセージ

禰宜

周囲の皆様への感謝なさり、神様への誓いの下、お互いに相手を思いやり助け合い、深い愛情を持ってお二人の幸せ、家庭を育んでいって下さい。

インタビュアー

お忙しい中、本日は貴重なお話をありがとうございました。

普天満宮の基本情報

住所 〒901-2202
沖縄県宜野湾市普天間1-27-10
電話番号 098-892-3344
公式サイト http://futenmagu.or.jp/

公式アカウントをフォロー

マッチングアプリ大学公式ツイッターマッチングアプリ大学公式フェイスブック